お名前
      E-Mail
              

SEOライティングで押さえるべき視点とコツ、ポイントについて

井上です。


検索エンジンの上位表示対策(SEO)においては、


『検索エンジン(Google)に優遇されるサイト作り』


が重要となり、基本原則としてGoogle(検索エンジン)は、
インターネット上に公開されているあらゆるコンテンツの情報を網羅した上で、


「検索ユーザーが求める最善のサイト(コンテンツ)を上位表示させる事」


を基本理念として「検索エンジン」というサービスを提供しています。


その上で、各コンテンツの「品質」を判断するロジック(アルゴリズム)が、
年々、向上している背景から、今現在、そのアルゴリズムの「攻略」は、


『とにかく質の高いコンテンツを作り出す事こそが最善策』


と言われています。


そして、実質的に各サイトの「コンテンツ」を構成するものは何かと言えば、
結局のところ、それは「テキスト(文章)」という事になります。


そもそもグーグル(検索エンジン)は各サイトのテキスト情報を読み込み、
それをもとにキーワードと合致するサイトを表示しているのですから、


「テキスト(文章)こそがコンテンツの質とグーグルの評価を左右する」


と言っても、これは全く持って大袈裟な話でも何でもありません。


つまり、テキスト(文章)を作り出していくライティングのスキルこそが、
実質的に最善なSEO対策のスキルを兼ねる形になるという事です。


では、具体的にSEO対策を意識したライティングにおいては、
どのような視点と考え方で文章を書いて必要があるのか。


そして、実際にどのような文章を書けば検索エンジンに評価され、
キーワード検索における上位表示を実現できるようになるのか。


ここでは、そのポイントやコツなどを解説していきたいと思います。


SEOライティングで押さえるべき視点とコツ、ポイントについて。


検索エンジンの上位対策(SEO対策)を意識したコンテンツの基本原則として、
グーグルにおける「良質なサイトとそうではないサイトの判別」は、


「そのコンテンツを目にした人達の満足度を第一の指標にしている」


と考えるべきであり、、


検索ユーザーの目線 = グーグルのアルゴリズム


もはや、この図式がほぼそのまま成り立っていると考えて問題ありません。


その上で、グーグルが「利用者目線の満足度の高さ」を計測する指針としては、


・検索エンジンを介してアクセスした人達の「滞在時間」の長さ

・検索エンジンを介してアクセスした人達の「サイト巡回率」の高さ



これらを優先度の高い指針の1つにしていると言われています。


例えば、そのサイト内のコンテンツに価値を感じれば、
訪問者はそのサイトを長時間に渡って観覧するはずであり、
逆にそのコンテンツがつまらなければ、すぐに退室する事になります。


また、そのサイト内のコンテンツに価値を感じれば、


「このサイトの他に記事にも目を通してみよう」


という心理から、その訪問者はサイト内をどんどん巡回して、
あらゆるコンテンツにどんどん目を通していくはずであり、


「書いてある事が的外れで、全く参考にならなかった」


という場合は、他のコンテンツを巡回する事もなく退室するはずです。


つまり、グーグルを経由した訪問者がどのようなアクションを起こしたのか。


そのアクション(サイト内での行動)を把握し、計測していく事で、


「そのサイトのコンテンツは質が高い情報を提供しているのかどうか」


というところを「滞在時間」や「巡回率」で判断しているわけです。


検索エンジンが利用される回数や利用者の数は途方もありませんので、


・かなりニッチなキーワードを多数、複合して検索する人

・上位表示されていないページまで、くまなく見て回る人



このようなユーザーも存在する事から、
ウェブサイトを継続的に運営、公開していれば、
必ず、このような人達のアクセスが少なからず入ってきます。


そのような時に、


・検索エンジン経由の訪問者が長時間滞在するかすぐに退室してしまうか

・その訪問者がたくさんのコンテンツを見て回るかすぐに直帰してしまうか



これがグーグルからの「評価」に直結していきます。


そこで多くの訪問者が長時間滞在し、巡回率も高い状況なら、
それによってグーグルからの「評価」も高まっていく事になります。


その積み重ねでサイト全体や各コンテンツ1つ1つの
検索結果の表示順位もどんどん上昇していく形になるわけです。


逆に、訪問者が軒並み「すぐにページを閉じてしまう」という状況では、
グーグルの評価も「下がり続ける一方」となってしまうため、
そのようなサイトやコンテンツが上位表示される事もまずありません。


つまり、グーグルからの「評価」を高めて検索順位を上げるには、


「滞在時間と巡回率を高められるようなコンテンツ作り」


こそが重要であり、それを「テキスト」によって実現していくには、
それを実現できるような文章を書いていく必要があるわけです。


訪問者が「釘付け」になり「続きを読み進めたくなる文章」が理想?


では、検索エンジン対策を意識した文章というのは、


・訪問者が釘付けになってしまうような文章

・どんどん続きを読みたくなってしまうような文章



このような文章が「理想」なのかと言えば、
これは半分は正解ですが、それが全てでもありません。


もちろん、そのような文章を自在に書ける事は確かに「理想」ですが、
実際は、そこまでの文章を書けなくても上位表示は十分に実現できます。


それこそ、上記のような「難易度の高い文章」は、
小説家、作家などに求められるようなものであって、


・長時間滞在 = コンテンツを長時、間読んでもらう事

・サイトの巡回 = 色々なコンテンツに目を通してもらう事



これをクリアする範囲であれば、そこまでの文章力は必要ありません。


これは1つの具体例として、


「Wikipedia(ウィキペディア)」


という誰もが目にした事がある情報サイトがあると思いますが、
このサイトはあらゆるキーワード検索で軒並み、上位に出てきます。


そして、実際に検索エンジンを介してWikipediaに訪問した人は、
まずは、自分が調べたキーワードについてのコンテンツを読み進めます。


その後、その途中経過で関連するキーワードなどに貼られたリンクを辿り、
そこから、どんどんWikipediaのコンテンツを巡回する事も珍しくありません。


このように多くの訪問者の長時間滞在と高い巡回率を実現しているため、
あらゆるキーワード検索で上位に出てくるサイトになっているわけです。


ですが、Wikipediaのコンテンツを構成している「文章」は、


・訪問者が釘付けになってしまうような文章

・どんどん続きを読みたくなってしまうような文章



このようなハイレベルな文章かと言えば、実際はそうではなく、
むしろ淡々と物事を説明しているだけの「普通の文章」だと思います。


ですが、そこで提供されている情報(内容)は大抵のキーワードに対して、
かなり詳しく、その物事についての情報や関連する情報を
ほぼピンポイントに示す内容になっているはずです。


そして関連性の無い余計な情報は何も出てこない内容になっています。


だからこそ、訪問者はそこに書いてある文章を「読む」わけです。


ただ、これは「Wikipedia」のコンテンツに見られる文章のような、
物事を淡々と説明していくような文章を書けば良いという事ではなく、


・求められている情報だけを的確に、端的に伝えていく事

・そこに関連する物事に対して関心を広げられるようにする事



この2つが「押さえるべきポイント」であり、
これらのポイントを押さえる事ができている文章こそが


『訪問者をそこに留め、巡回率を高められるコンテンツ作り』


において、極めて重要な役割を担っていくという事です。


「訪問者が求めている情報」を的確に。


とは言え「文章」によって、それを伝えていく以上は、


・必要な物事だけを的確に伝えていく文章の在り方やポイント

・その上で関連する物事に関心を広げていく文章の在り方やポイント



などが存在し、これらを押さえていく文章術こそが


SEOライティング = 検索エンジンからの訪問者を意識した文章術


に他ならないという事です。


***


尚、ここ最近は、やはりグーグル(検索エンジン)の進化と共に、
このジャンルの書籍なども幾つか見受けられるようになっています。


ただ、それでも、


「やはり、このジャンルの文章術は、この人達がダントツで凄い」


と思うのが、兼ねてから、このブログで推奨している、


・コピーライティング至上主義者の会(ブログ)の「宇崎恵吾」さん

・そのお師匠にあたる某コピーライターさん(通称:年収5憶円ライターさん)



この両名で、彼等が手掛けている「SEOライティング」の教材も、
この分野のライティング教材では、やはり「群を抜いて質が高い」です。


もし、興味があれば、以下の記事も併せて参考にしてください。


>年収5憶を稼ぐコピーライターが手掛けた「SEO」ライティング教材

タグ

このページの先頭へ