比較レビュー:Twipon(ツイポン)Twitterアカウント管理ツール(株式会社digo japan)堀行光昭

井上です。


価格帯に対する機能、知名度などがそこまで高くなかったので、
あえて取り上げていなかったツイッターツールがあります。


ですが先日、2件ほどのお問い合わせを頂いたので。
一応、こちらの記事で取り上げておこうと思います。


こちらのツイッターツールですね。


Twipon(ツイポン)Twitterアカウント管理ツール

http://twipon-system.net/


Twipon(ツイポン)というツイッターツールで、
私が推奨する「Twitter Brain」と比較して、
どちらのツールにどんな利便性があるのか。


その辺りの比較形式でレビューしておこうと思います。

Twipon:Twitterアカウント管理ツール(株式会社digo japan)堀行光昭


まずこのTwiponですが、ツイッターの有名ツール
フォローマティックXY、フォローブースターPROほど、
高い知名度はありませんが機能性は
これらと比較しても決して低いものではありません。


ただフォローマティックXY、フォローブースターPRO、
また私の推奨するTwitter Brainと比較して、
値段が高い点で知名度が高くなっていないものと思われます。


フォローマティックXY、フォローブースターPROは22800円。


Twitter Brainは特別価格なら19800円ですが
Twiponは29800円とやや高額です。


またTwiponの知名度が低いのは、
セールスレターの完成度も関係あるかもしれませんね。


お世辞にも魅力的なセールスレターとは言えませんので。


何にせよこのブログではフォローマティックXY、
フォローブースターPROについては、
Twitter Brainとの比較をしていますので、
このTwipon(ツイポン)についても、
Twitter Brainとの比較形式でレビューしておきます。


まずTwitter BrainとTwiponの決定的な違いは3つあります。


1つ目はやはりTwitter Brainの目玉機能である、
ツイートの自動取り込み機能でしょうか。


Twiponの方にも一応、有料オプションで、
ツイートを取り込める機能は付けられるようですが、
Twitter Brainほどその機能性は高くありません。


一番のポイントは「リツイート数の取り込み指定」でしょうか。


Twitter Brainが質の高いツイートを取り込めるのは、


“キーワード指定+リツイート数指定”


で実際に多くのリツイートが付いた、
多くのユーザーが「反応」したであろうツイートを
一気に絞り込んで取り込んでいけるところにあります。


Twiponのツイート取り込み機能はキーワードの指定のみなので、
その質までは考慮出来ず、あまり意味の無いツイートを
大量に取り込んでいってしまう傾向にあり、
その選定等がどうしても大変になってしまいます。


これが決定的な一番の違いでしょうか。


ただでさえ高いツールに有料オプションを付けての機能ですので、
このツイート取り込み機能1つと価格のみを比較しても、
Twitter brain(ツイッターブレイン)とTwiponとでは、
やはりTwitter brainの方に高い軍配が上がってしまいます。


一応、Twitter Brainに無くてTwiponにある機能としては、
自身のアカウント間でのリツイートを自動化出来る機能くらいで、
これはフォローマティックXYにも付いている機能ですね


自身のアカウント間のリツイートは、
私はそこまで大きな意味がある機能とは踏んでいませんので
この機能が備わっているという一点では、
さすがにTwiponの方を選ぶ動機にはならないです。


まあ、仮にその機能の優位性を重く見るとしても、
同様の機能はフォローマティックXYにも備わっていますので
価格的に見ればTwiponを購入するのであれば、
フォローマティックXYの方が安く同様のツールが手に入ります。


他の機能性についてはそこまで大差はありませんからね。


またTwitter BrainとTwiponを比較する上での
2つ目の違いは稼動出来るアカウント数に上限がある事です。


Twiponは30アカウントまで。


それ以上のアカウントを追加する際は、
もう1つTwiponを購入しなければなりません。


対してTwitter Brainはその上限が無く、
100個でも200個でも自由に稼動出来ます。


ツイッターはアカウント量産が比較的有効なサイトなので
アカウント数30個は痛い上限です。


むしろそれが痛い上限であるからこそ、
あえて30個までという規制を作る事で、
2つ3つとツールを買わせようとしているわけですね。


ただでさえ29800円と高額なTwiponは、
ちょっとその辺りの商売っ気が逆に悪い結果を出してる気がします。


もっと損して得取れという精神で商売をすれば、
お客さんにも喜ばれてもっと儲けられるんじゃないかと。


まあ、その辺りは私が口出しする事では無いと思いますが
何にせよTwiponは価格が高いわりに稼動アカウント数に上限があり
その上限を増やす為にツールを重複購入する必要があります。


これも利用者目線としては大きな違いの1つですね。


TwiponとTwitter Brainツール以外の決定的な違い


また、これはツールでは無い点の比較になりますが
私がTwitter Brainを高く評価しているのは、
ツールそのものの機能性が最も高いと言うだけでは無く、
その付属マニュアルの質がすこぶる高いところにあります。


私はツイッターのツールは基本的には、
どれもそこまで大きな違いは無いと判断していて、
Twitter Brainが登場するまでは、
付属マニュアルの質の高さを評価した上で、
フォローブースターPROを推奨していました。


フォローブースターPROの付属マニュアルが
最も質の高い内容になっていたからです。


ただこの付属マニュアルのクオリティ一点でも、
Twitter BrainはフォローブースターPROを大きく引き離し、
ツール、マニュアル共に断トツの一式教材になっていると思います。


だからこそ、私はツールという視点だけでは無く、
ツイッターのマーケティング教材としても、
Twitter Brainを推奨しているわけです。


優秀なツールこそ、その使い道が重要なわけですから。


その付属マニュアルという点ではこのTwiponは、
ほぼそれが「無い」に等しいものなので、
これは私的には決定的に推奨出来ないポイントの1つです。


価格も高く、ツールにも幾つかの難点があり、
それを活用する為の優良な付属マニュアルがない事。


以上の理由から私はこのTwiponは
少なくとも初心者層の人には推奨出来ません。


また何よりTwitter Brainと比較してしまうと、
あえてこのTwiponを手に取る理由が見当たらないです。


よってツイッターツールの購入を検討されているなら、
まずは私のTwitter Brainの紹介記事と、
Twitter Brainのセールスレターの方を読んでみてください。


私の言っている意味は普通にご理解頂けると思います。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ