Buyma(バイマ)関連の情報商材について。

井上です。


無在庫販売が出来るという点をウリに、
Buyma(バイマ)というモールサイトを利用した
無在庫転売系の情報商材がここ最近よく出回っています。

Buyma(バイマ)


とくに多いのがBuyma(バイマ)関連のリサーチツール。


「このツールでリサーチした商品を転売するだけで・・・」


的な謳い文句のツールが次から次へと出てきています。


ただ私的に言うとこの手のツールは全くもって「無意味」です。


要するに「稼げない」という事。


理由は簡単です。


1、競合するから。
2、売れないから。
3、意味がないから。


この3拍子はほぼ確実と言ってもいいです。


勿論これは「ツール」に限らずノウハウ系のものもですね。


少なくとも私の知っている限り、
現時点で情報業界に出回っているBuyma系の情報商材や
ツール系、ノウハウ系ともに全てほぼ「詐欺」だと思っています。

Buyma(バイマ)系の情報商材が「詐欺」と言える理由


まあ「詐欺」は言い過ぎかもしれませんが、
少なくとも「稼げる情報では無い」という事は間違いありません。


そもそもBuyma(バイマ)というサイトは海外のバイヤーから
世界中のブランド品を購入できるというのがウリのサイトなんです。


にも関わらずBuyma系の情報商材は決まって、
無在庫販売のところをフォーカスした在宅転売を謳っています。


ハッキリ言って、もうその時点で全く話にならないんですよね。


・完全在宅でBuymaでを利用する。
・インターネット完結でBuymaを利用する。


こんな事を謳っている時点でもうその情報は普通に「アウト」です。


確かに「無在庫販売」はBuymaの大きな魅力の1つですが、
これは決して「他のサイトの商品情報を転載する事」を
目的にしているものでは無いんですよ。


実際のところ、この手の情報を売っている人もその点は分かっています。


分かっていないのは「そういう情報に踊らされている人達」ですね。


単純にその「無在庫販売」というメリットは
目新しいサービスを大々的に持ち上げて

“初心者でもリスク無く稼げる在宅ビジネス”

を謳いたい情報販売者にとって都合の仕組みだったわけです。


「在庫を抱えるリスクも無い転売ビジネスで月収●●万円」


なんて事を言っていれば無知な初心者は喰いついてくれますから。


結局「Buymaはノーリスクで誰でも簡単に稼げる」なんて話は、
そういう情報を売りたいだけの情報起業家や
アフィリエイターなどが焚き付けているだけの風潮に過ぎません。


こういう目新しいビジネスモデルには
そういった多くの情報起業家が
それらしいツールやノウハウで飛び付いてくるものなんです。


そして無垢な初心者さんはまんまとそれに騙されてしまうわけですね。


例えばほんの数年前は「ドロップシッピング」というビジネスが
こんな感じで多くの起業家やアフィリエイターの間で取り上げられてました。


今は見る影もありませんが多くの起業化やアフィリエイターが

「ドロップシッピングは稼げます!」

とドロップシッピング関連の情報を勧めていたわけです。


自分達はそんなビジネスでは全く稼いでないくせに(笑)


ただ時間が経過していくとさすがに真実が浮き彫りになってきます。


“ドロップシッピングは言う程稼げない。”


世間がそういう風潮になる頃には、
彼等はもう別のビジネスや情報を勧め始めます。


悲しいかな、この業界にはそういう人達が非常に多いわけです。


そしてそういう節操のないやり方をしている人ほど、
普通に稼いでいるからタチが悪い(苦笑)


それがこの業界の現実なんです。


流行にのって「それらしい情報」を売っている人が稼げて
まともな情報をまともに売っている人が報われない業界。


結果的に多くの人が「騙す側」に回っていくわけです。


それに応じて「騙される人」が増えていく。


まさに「負のスパイラル」ですね。


ただ消費者側もようやく「グーグルで調べる」とか
最低限の防衛策を立てられるようになってきていますので
今後は「まともな情報を売っている人」が報われて
そうじゃない人達は淘汰されていくようになると思います。


というかそうなって欲しいですし、そうしなきゃダメなんです。


まあ、そういったこの「業界の現実」は置いといて、
このBuymaも遅かれ早かれ確実に
以前のドロップシッピングと同じような末路を踏んでいくと思います。


Buyma自体は素晴らしいサービスを提供しているサイトですし、
ドロップシッピングだって稼げている人は稼げているビジネスです。


ただこういう新しいビジネスを取り上げていく
情報起業家やアフィリエイターの「取り上げ方」が悪いんですね。


メリットになるようなところだけをフォーカスして、
あたかも簡単に稼げるかのような謳い文句で
ただそれらしいだけの情報やツールを売り捌いていくんですから。


少なくとも今この業界に出回っているBuyma関連の情報やツールは
全てそういうレベルのものしか無いと思います。


Buymaを利用して稼ぐ主婦。


Buymaは「ガイヤの夜明け」というテレビ番組で、
ある主婦がBuymaを利用して月に50万くらい稼いでいると、
そのドキュメンタリーが放送されていたのを覚えています。


ただその主婦は「海外在中」で日本に住んでいる人ではありませんでした。


更に言えば「完全在宅」でBuymaを利用していたなんて事もありません。


あくまでも現地のショップで商品をチェックし、
その場で商品の撮影をしてそれをBuymaに出品し、
注文が入ったらその商品を買いつけて配送するという
まさにBuymaを「本来のあるべき形」で利用している人でした。


だからこそ月に50万円くらいを稼げていたわけです。


ヨーロッパなどは日本で人気のブランド品が安いので
この流れでも十分に利益を出していけるんですね。


この主婦が稼げていたポイントはあくまでも
安い商品を「現地」で見定められる環境にあった事にあります。


要するに現時点でネット上に上がっていないような商品を
現地のショップで撮影して出品していたわけです。


決して他のサイトに売られている商品の情報だけを
そのままBuymaに引っ張ってきていたというわけでは無いんです。


在宅、ネット完結のBuyma転売がいかに理に叶っていないか。


ガイヤの夜明けの主婦の事例も見てもわかる通り、
Buymaのメリットを生かせるのは
日本では手に入らない商品や格安な商品を
現地で物色できてその商品を出品出来るような人に限られます。


少なくともネット上で売られている商品を
そのままBuymaに引っ張ってきたところで
そう簡単に稼げるほどビジネスの世界は甘くありません。


よくよく考えてみてください。


多くの人が全く同じ手軽なリサーチノウハウとツールで
同じような商品の情報を次から次へと
Buymaに出品していったらどうなると思いますか?


「無在庫販売が出来る」という事は
誰でもそれが簡単に出来てしまうという事なんです。


ただそれは誰もが無制限に「空売り」出来るという事ですから、
Buymaはたちまち「空売り出品者」だらけになっていきます。


そこで同じようなノウハウやツールで、
同じような商品を出品していく出品者が増えていくわけですから、
とんでもない競合が生まれていく事は誰の目にも明らかです。


どんなに商品数が増えていったところで、
その商品を「買いたい」という思う人の数は限られているわけですから。


無在庫販売でリスクが無いと言っても、
その出品作業にかかる「労力」は間違いなく無駄になっていきます。


儲かるのはその情報やツールを売っていた人だけという図式ですね。


実際にそういう情報やツールを売っているような人は
間違いなくそれらを利用して稼いでいるなんて事はありませんから。


結局は情報を売って稼いでいるだけなんでうs。


仮にネット完結でBuymaで稼げる方法があるとすれば
それは自分だけが独占的な商品を出品していく事くらいですからね。


要するにそういう商品を見つけられるノウハウやツールがあれば
確かにBuymaを利用してネット完結で稼ぐ事も不可能ではないと思います。


要するに不特定多数の人に公開されるような
情報やツールに頼ってしまう時点でそれはもう不可能という事です。


実際にそういう方法で稼いでいる人が
そういうノウハウやツールを公開していくなんて事も考えられません。


これがBuyma関連の情報がほぼ全て「詐欺」と思う私なりの根拠です。


少なくとも完全在宅のネット完結を謳う
Buyma関連の情報やツールは「使えない」と思った方がいいです。


世の中、そんなうまい話は無いって事ですね。


現実を見据えて「まとも」に稼いでいきましょうという事です。


そういう「現実的な転売ノウハウ」でよければ、
私が推奨しているせどり教材の方に目を通してみてください。

井上太一推奨せどり教材「せどりインサイダー」


ちなみにですがこの教材はそのノウハウを「無料」で読めます。


騙されたと思って読んで実践してみてください。

ブログ講座一覧へ


PS

メール講座もやっていますのでよろしければご登録ください。

メール講座への登録はこちら

タグ

2013年12月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ講座

このページの先頭へ