お名前
      E-Mail
              

最新情報

2017年11月9日情報商材批評
フリマハッカーというせどりツールについて。
2017年10月30日情報商材批評
NEOノンバトルアフィリエイト(改)は実践しても稼げない?
2017年10月19日情報商材批評
三浦孝偉の「インターネットビジネスの歩き方」について
2017年10月9日情報商材批評
ユーザー目線ライティング(小川善太郎)のレビュー
2017年9月29日コピーライティング
宇崎恵吾さんのセミナーの紹介で思い知った「緊急性」の訴求力

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

NEOノンバトルアフィリエイト(改)は実践しても稼げない?

井上です。


今日はこちらの「物販アフィリエイト」の教材を取り上げます。


NEOノンバトルアフィリエイト(改)

http://nobattle.net/


かれこれ7~8年くらい前に販売されている教材なので、
何度かはリニューアルされている経緯もありますが、
最後の大幅なリニューアルが2014年となっています。


要するに最後に行われた大幅リニューアルから、
既に3年以上は経過しているという事になりますね。


それでもインフォトップの売上ランキングには度々、顔を出しますし、
ここ数日間は「価格の大幅値上げ」が告知された経緯もあって、
ランキングの上位に上がってきている模様です。


アフィリエイトの教材としては数少ないロングセラーという事ですが


「もう、この教材のノウハウは稼げないのではないか」


といった懸念もネット上で少なからず見られるようになってますので、
そういったところの真相も含めて、批評してみたいと思います。

NEOノンバトルアフィリエイト(改)


まず、このNEOノンバトルアフィリエイト(改)は、
販売開始から7~8年も売れ続けているだけあって、
内容、再現性、共に「それなり」と言える教材でした。


実際、多くのアフィリエイターがこの教材を批評してますが、
その評価は、それなりに上々なものが大半を占めています。


私から見ても「9800円」という販売価格からすると、
総合的には十分に「評価に値する教材」だと思いました。


そういう意味では足かけ7~8年のロングセラーも納得は出来ます。


ですが、この記事を書いている今現在の時点で、
強いてこの「NEOノンバトルアフィリエイト(改)」を
私が勧たいかと言えば、これは少々、微妙なところです。


その主な理由は一昔前の販売当初であれば有効であった部分も、
今現在では、少々、厳しくなっているところがあると思うからです。


また、このNEOノンバトルアフィリエイト(改)が販売された当時は、
ネットビジネス系の情報商材の価格が全体的に「高め」だったので、
それらと比較して9800円という価格にはかなりの割安感がありましたが、
今は、9800円くらいの価格帯でもそこまでの割安感はありません。


もちろん、それでも低価格な部類には入ると思いますが、
今は9800円という価格帯でもそれなりの情報商材が出回っているため、
9800円という価格帯にそこまでのアドバンテージが無くなっています。


要するに、近い価格帯の他の情報商材と比較した際、
今はこの「NEOノンバトルアフィリエイト(改)」よりも
内容や条件的に「勝っている」と思う商材があるということです。


そういった点も含めて、もう少し突っ込んだ批評をしていきますが、
まず「今現在では、少々、厳しくなっている」と評した部分は、


「コンテンツ作りの基準(在り方)」


のところで、このNEOノンバトルアフィリエイト(改)は、
とにかく「初心者を稼がせる事」に重きを置いていた点からも、
コンテンツの作り方をすこぶる簡略化しているところがあります。


販売当初はそれが1つの強みでもあり、利点でもあったわけです。


ですが今のグーグルの評価基準を前提に考えると、
このNEOノンバトルアフィリエイト(改)で提唱されている


「簡略化を優先したコンテンツ作り」


と、それによって作り出せるコンテンツは、
正直言って、かなり厳しいというのが率直なところだと思います。


要するに、一昔前まではそれでもOKだったかもしれませんが、
今は、このレベルのコンテンツではグーグルの評価を受けられず、
アクセスそのものを集められない可能性が高いということです。


ですので、素直にマニュアル通りの内容を実践するというだけでは、
一昔前ほどの成果を上げる事は出来なくなっているのが実状だと思いますね。


ただ、この「コンテンツ作り」や「検索エンジン対策」に関連する部分で、


商品を基準にしたキーワード選定


の部分は、その方法論、考え方、共に太鼓判を押せるものなので、
この部分は今現在でも十分に評価できる内容だと思います。


ですので、このNEOノンバトルアフィリエイト(改)は、


・商品を基準にしたキーワード選定

・そのキーワードで上位表示を狙う簡略化されたコンテンツ作り



この2つが主なポイントと言える内容であるものの、
前者のキーワードの部分は今も有効なものと言えるものの、
後者はそのままの内容では「厳しい」というのが私の見解です。


コンテンツの作り方や教材内で良しとしているその基準が、
今現在のグーグルの基準においては「甘い」ということです。


他の物販アフィリエイト教材との比較


物販を主体とするアフィリエイトの情報商材と言うと、
最も有名どころなのは、この「LUREA(ルレア)」ではないかと思います。


3MブログサイトアフィリエイトLUREA(ルレア)


ですが、上記のレビュー記事を読んで頂いてもお分かり頂けるように、
私はあまりこの「LUREA(ルレア)」はお勧めしていません。


価格も2万円代とやや高めですし、
「初心者向け」と言われているわりに、
私としては余計な作業、無駄なコンテンツが
どうも多すぎるような気がしてならないからです。


無駄なコンテンツが多く詰め込まれている結果、
価格も高くなっているという印象が否めないわけですね。


そういった点では、この「LUREA(ルレア)」よりは、
私は今回取り上げた「NEOノンバトルアフィリエイト」の方が
初心者が稼ぐために必要な最低限のステップを
コンパクトにまとめられていると思います。


先立ってお伝えしたような「弱点」はありますが、
実践の際にそこを意識的にカバーしていく事も、
決してそこまで難しい事でもありません。


ですので、少なくとも私はLUREA(ルレア)よりは、
この「NEOノンバトルアフィリエイト(改)」をお勧めします。


ですが「物販のアフィリエイトの教材」としては、
私がこのブログを介して以前からお勧めしていました、


疾風アフィリエイト


の方が、NEOノンバトルアフィリエイト(改)の方に見られる、
コンテンツ作りの「弱点」の部分もカバーされているんじゃないかと。


それこそ「疾風アフィリエイト」の方であれば、
その「コンテンツ作り」の部分でも
今のグーグルの評価基準に対して、
十分に「適した内容」になっていると思います。


グーグルの評価基準が甘かった頃であれば、


「簡略化されたコンテンツ作りのノウハウ」


が、初心者向けという点で大きな優位性になっていたものの、
今はこの優位性がかなり薄れているというのが実際のところですので、
そこはもう少し質を重視した作り方をしなければなりません。


そうなると、総合的には「疾風アフィリエイト」が、
今現在の市場における必要なポイントを押さえられていると思います。


ただ、とくに「物販のアフィリエイト」に拘らず、


「初心者がまず稼ぐ事」


を前提にお勧めしたいシンプルイズベストな教材としては、
私はこちらの「ラウンドアフィリエイト」がお勧めです。


1ラウンドアフィリエイト


1ラウンドアフィリエイトは価格も8800円と、
このNEOノンバトルアフィリエイト(改)よりも安いので、


「物販アフィリエイトに拘らない」

「アフィリエイトでまず稼ぐ事を優先したい」

「とにかく初心者向けのノウハウから始めたい」



という場合は、打ってつけの教材だと思います。


興味があればレビューだけでも読んでみてください。


最後は比較前提の商品紹介になってしまいましたが、
この「NEOノンバトルアフィリエイト(改)」は


・物販のアフィリエイト教材

・初心者向けのアフィリエイト教材



このどちらの視点でも今はお勧めできないという感じです。


この「NEOノンバトルアフィリエイト(改)」を推奨しているのは、
その一昔前の時点でレビューしている人だと思いますので、
そこは注意した方がいいんじゃないかと思います。


以上、今日は「NEOノンバトルアフィリエイト(改)」のレビューでした。


是非、参考にしてください。


井上太一


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2017年10月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ