真相。和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 レビュー コピーライティング

井上です。


今日は多くのアフィリエイターが、
ほぼ例外なく推奨教材の1つに挙げている、
こちらの教材をレビューしておきます。


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


言わずと知れた有名教材ですが、
意外にまだレビュー記事としては取り上げてませんでした。


ちょこちょこ他の記事で名前は挙げてましたけどね。


では、早速いってみます。

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 レビュー


計10時間を超える大量の音声コンテンツ。


ネットビジネスの骨組みや全体像を総合的に学べる教材として、
多くのアフィリエイターが推奨している教材です。


ただ私の見方はちょっと違います。


まあ、大筋違うわけでは無いのですが、
私はこの教材を完全に「情報起業ビジネス」の教材と捉えています。


というか、教材のコンテンツ内容を踏まえると、
これは完全に「情報起業する為の教材」なんです。


でもこの教材を推奨しているアフィリエイターは、
あまりこの教材を「情報起業の教材です」と謳って、
そういう趣旨では紹介していない場合がほとんどです。


理由はここ最近の情報商材業界の傾向的に、
情報起業家として情報販売をしようという人が
情報商材をよく購入しているような層の人達の間では、
あまり多くはいないという現状があるからだと思います。


どちらかと言うと「アフィリエイトで稼ぐ」というような、
アフィリエイター向けの教材の方が需要があり、
情報起業の為の教材にはさほど「ニーズ」が無かったわけですね。


確かにこの「ネットビジネス大百科」は、
情報起業の為の教材という観点を抜きに考えても、
ネットビジネスの総合的なスキルを学べる教材でもあります。


ただ紛れも無くこの教材は「情報起業」の為の教材です。


そして情報起業の為の教材としては、
このネットビジネス大百科は非常に推奨出来る優良教材です。


推奨情報起業教材「ネットビジネス大百科」


情報起業ビジネスには3つの大きなハードルがあります。


1つ目はネタを決めて「情報商材を作る」ハードル。


2つ目はセールスレターを作る「コピーライティング」のハードル。


そして3つ目は情報商材を売る「マーケティング」のハードルです。


この3つのハードルが極めて「高い」が故に、
ネットビジネス初心者の人はまずこれをしようとは思いません。


ネタが無い、セールスレターも作れない、売る方法もわからない。


この3拍子が大抵揃ってしまっているからです。


それならいっその事、既に出来上がっている情報商材、
またそのセールスレターにアクセスを流していくだけで稼げる
アフィリエイトの方が楽で手軽に感じられるわけですね。


ただ「アフィリエイター」と情報商材を販売する、
その「インフォプレナー」とではビジネス上の“馬力”が違います。


アフィリエイターはどんなに頑張っても
自分の頑張りのみが見返りとなっていく「一馬力」である事に対し、
インフォプレナーはそのアフィリエイター複数人の力を借り、
100馬力、200馬力の力を発揮していく事が出来ます。


つまりその理屈上ではインフォプレナーの方が
遥かに爆発的な収入を稼げてしまうわけです。


そんなインフォプレナーとして情報商材の販売を行う為の
3つのハードルを越える具体的な方法。


それがこの「ネットビジネス大百科」には
10時間以上に及ぶ音声コンテンツの中に詰め込まれています。


・情報商材のネタを決めて作成していく方法講座

・魅力的なセールスレターを作成するコピーライティング講座

・作成した情報商材のマーケティング講座



いずれも非常に質とレベルの高い講座が展開されています。


とくに「情報商材の作成」講座はかなり具体的なもので、
いざ行動を起こせばそれを形にする事も確かに可能な方法です。


またコンテンツの質の高さという点では、
木坂健宣さんが展開するコピーライティング講座。


これが非常にレベルの高いライティング講座になっています。


ちなみにセールスレターを書く事を前提とした
コピーライティング教材としては、
私が推奨している「The Million Writing」があります。


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


このネットビジネス大百科のコピーライティング講座は
ミリオンライティングとはまた別の観点で
非常に質の高い内容が詰まったライティング講座になっています。


The Million Writingはしっかりと体系化されたテキスト教材。


ネットビジネス大百科は5時間に及ぶ音声教材です。


物事を学ぶうえではテキストを読んで学ぶ事に長けた人もいれば
音声等を聞いて学ぶ事に長けた人もいます。


またそういった2つの形式でコピーライティングを学ぶ事で、
より深く、広い視野でそのノウハウを学べると思います。


それぞれのコンテンツに共通点もあれば、
別の視点で解説されている点があるのもまたポイントですね。


現にこの「ネットビジネス大百科」の
木坂健宣さんのコピーライティング講座に関しては
The Million Writing著者の宇崎恵吾さんも
自身のブログでその内容に賞賛の声を挙げています。


コピーライティングを学んでいく際、
The Million Writingと併せて学んで欲しい教材として、
この「ネットビジネス大百科」を実際に挙げているんですね。


価格は10000円と「The Million Writing」よりやや高めですが
その目的で購入しても全く損は無い教材だと思います。


情報起業のイロハをしっかりと学びたい人、
もしくはコピーライティングの学ぶを更に深めたい人は、
是非手に取ってみてください。


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


下手なネットビジネス系のセミナーに参加するくらいなら、
この音声教材を耳にする方が遥かに意味があると思います。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ