NAVERまとめで稼ぐ事が出来るか。集客性とインセンティブ収入はについて。

井上です。


先日ご紹介した某情報商材のレビューで、
その内容が「NAVERまとめ」を利用するものだと記載したところ、


「NAVERまとめを使えば稼げるんですか?」

「NAVERまとめの集客ってどうやるんですか?」



というようなご質問を何件か受けました。


いい機会なので今日は「NAVERまとめ」について書いていきます。

NAVERまとめとは


NAVERまとめ(ネイバーまとめ)は、
あの「LINE」のサービスを提供している
LINE株式会社が運営している情報サイトです。


NAVERまとめ

http://matome.naver.jp/


様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、
ひとつのページにまとめて公開出来るというサービスで、
アクセス数に応じて報酬を稼ぐ事が出来まる
独自の広告収入プログラムを利用者に提供しています。


会員登録は無料で利用者は
ブログの記事を投稿するような感覚で

「まとめ記事」

を作成して投稿していく事が出来ます。


イメージとしてはウィキペディア(Wikipedia)に近いですが
ウィキペディア(Wikipedia)よりは遥かに敷居が低く、
お小遣い稼ぎが出来て自己アピールや集客等も自由に出来ます。


ウィキペディアのように自分が投稿した記事を
他の人にいじられる事もありません。


そう考えると感覚として言えば
ブログとウィキペディアを足したようなサービスですね。


ただ記事の投稿機能はまさに「まとめ」に特化していて
画像の挿入や文章の引用、見出しやテキスト挿入など
初心者でも簡単に「まとめ記事」が作れるようになっています。


そして自分が投稿した「まとめ記事」にアクセスが入る事で、
そのアクセス数に応じた広告収入が貰えるという仕組み。


これが多くウェキペリアにもブログにも無かった点で、
実際にお小遣い稼ぎ目的で、NAVERまとめに
そのまとめ記事を投稿し始めている人もたくさんいると思います。


ウィキペリアの編集なんてやった事が無かった人も
その敷居の低さとお金が稼げるという点で、
NAVERまとめの方は「やってみよう」という意欲が湧き、
実際にチャレンジしている人が多いようです。


そんな意欲を持って記事を投稿している人が急増しているせいもあり、
NAVERまとめは検索エンジンにも非常に好まれている傾向にあります。


ウィキペリアがあらゆるキーワードで上位表示を取れているように、
この「NAVERまとめ」も検索エンジンにはかなり好まれています。


そんな現状から、最近は「集客」の目的で、
この「NAVERまとめ」を利用し始めているブロガーや
サイト運営者なども増えて生きているというわけです。


NAVERまとめは稼ぐ事が出来るのか。


NAVERまとめの広告収入プランは
まとめインセンティブプログラムという名称で
下記のページに報酬プランの詳細が書かれています。


NAVERまとめインセンティブプログラム

http://help.naver.jp/faq?itemNo=1155


ただあまりに説明が細かすぎて正直ちょっと意味がわかりません。。。


グーグルアドセンスもそうですが、
こういう広告収入プログラムは何故かその報酬体系が複雑で、
ヘルプを読んでもイマイチ意味がわからない事が多いです。


この「NAVERまとめ」の報酬プログラムも
私としてはちょっと意味不明だったので、
理解している人の記事が無いかグーグルで調べてみたところ、
結論としてはおおよそこういうレートらしいです。


50PV=1円


要するにそのまとめ記事に50アクセスが入れば1円。


100アクセスで2円。


10000アクセスで200円くらいという事。


10万アクセスでも2000円くらいという事なので、
まあ・・・楽に稼げる話なんて無いという事ですね。


グーグルアドセンスの収益目安が
1万PVで2000~4000円くらいと言われていますから、
その目安と比較した結論を言うと報酬の目安は10分の1程度です。


ただ「NAVERまとめ」自体が検索エンジンに強いので、
ブログよりはアクセスが集めやすい傾向にある事も事実。


あとはこの目安をどう捉えるかですが、
やはりお小遣い稼ぎの域は超えないというのが実情のようです。


この「NAVERまとめ」の広告収入プログラム1本を
本業やビジネスとするのは現実的ではないと思います。


NAVERまとめを集客に利用する方法。


ではこの「NAVERまとめ」を集客に利用するのはどうなのか。


これは普通に「アリ」だと思います。


むしろNAVERまとめの広告収入プログラムを目当てにするより、
自分のブログやサイトへの集客媒体の1つとして利用し、
そのアクセスを有効に活用する方が私は賢いと思います。


現にそういう目的で利用している人もどんどん増えていますね。


例えばThe Million Writingの宇崎恵吾さんも
こういうまとめを作って集客を図っているみたいです。


>コピーライティング、マーケティング、文章の書き方のまとめ。

>心理学、行動心理学用語、マーケティング用語の一覧まとめ


このような形で集客の入口の1つとして、
自分のブログやサイトにマッチするまとめ記事を作成し、
引用元やリンク先としてリンクを張り巡らせておけば、
そこからの継続的な集客を見込んでいく事が出来ます。


この「まとめ記事」が検索エンジンの上位にヒットするようになれば、
それこそかなりのアクセス数を見込み続ける事が出来るわけです。


そう考えるとこの「まとめ記事」の方も、
ある程度、キーワードを意識して作成していけば、
その記事が狙ったキーワードで上位表示される可能性も高まります。


オーソドックスな利用方法としてはこんなところだと思いますが
やっておいて損は無いのではないかと思います。


トレンドアフィリエイトなどをやっているような人は
何かトレンドに沿ったまとめ記事を作り、
そこからブログへの誘導を図っても面白そうですね。


こういった新たな媒体を活用したマーケティングは
まずはやってみる事が大事ですから、
興味や可能性を感じた人は是非、やってみてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ネットビジネス

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ