検証。●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)レビュー

井上です。


こちらの転売教材がじわりじわりと話題を集め、
かなり評判がいいようですので私の方でも取り上げておきます。

●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)

http://resale-business.net/

せどり・・・というよりはネタ一発型の転売ノウハウですね。


仕入れを行う場所はフリーマーケット、バザーといった
いわゆる「リアルな個人売買市場」。


そこで仕入れた「あるもの」をそのまま
ヤフーオークションの方で転売していくと
その市場格差からわりと簡単に利益を出せるという情報です。


ノウハウというよりはまさに「ネタ一発情報」という感じでしょうか。


実際にセールスレターにもそのような事が記載されていて
要するにこの情報はその仕入れていく商品が「何か」がわかれば、
それだけの情報を基に稼ぐ事も出来る内容と書かれています。


“それだけの情報にお金を払う価値があるかどうか。”


は、まさしく「人それぞれの価値観次第」ですね。


かっちりとしてノウハウが詰め込まれたテキストや動画。


そういうものを基に物事を「学びたい」という人。


そういうものにお金を払いたい人は、


「こんなものは情報商材じゃない!」


と言うかもしれません。


ただ逆に


「とにかくシンプルに稼げる方法が知り合い」


という人にはこういう情報こそ、
まさしく「価値がある」のではないでしょうか。


何かを学んだり、何かのスキルを高める必要も無く、
その「仕入れた情報1つ」で稼げるわけですから。


で、セールスレターには仕入れていく商品の
そのヒントとして下記のような商品の特徴が挙げられています。


・複数の商品を片手で持ち運べるレベルの大きさと重さ
・フリーマーケットでは山積みにされて売られているのが普通
・ネットオークションでは数千円で取引されている
・まとめ買いも当たり前の消耗品
・カタカナ4文字の名称が一般的


言ってみればこの情報はそのカタカナ4文字が分かれば
それだけでも普通に稼げてしまう情報というわけです。


とは言えこの情報のマニュアルはカタカナ4文字だけで
そのまま完結しているわけではありません(笑)


きちんとその商品の特徴やオークション出品の際のポイント。


そういうところもきちんと書かれています。


この商品がフリーマーケットやバザーなどでは
数百円くらいで山積みになっているわりに
ネットオークションでは数千円で売れていくという話。


ひとまず中身を見た率直な感想は。


「え?これ??」


という感じでした。


勿論、そのモノ自体は知っているものでしたが
自分はあまり馴染みの無いもので、
買った事も使った事も無いものだったからです。
(まあよくよく考えると手に取った事くらいはあるかもしれませんが)


ひとまずはカタカナ4文字のキーワードで、
過去3年間のヤフーオークションの取引相場を調べてみました。



※クリックすると拡大出来ます。


ご覧の通り2011年3月から
2014年2月までの平均取引相場が4870円。


1件1件の取引額を見ても
1000円以下という取引はほとんどありませんでした。


要するにこの商品が「数千円で売れる」というのは間違いなく、
これは私としてもわりと「意外」な結果でした。


というのも、これはセールスレターにも書いてある通り
「消耗品に近い特性」のあるものだった為、
私の感覚的には「新品」を利用するのが常識という、
そんなイメージを抱いているものだったからです。


ただこの商品のオークション相場は明らかに
中古品の取引で出来上がっているものだった為、


「これは中古品でも物凄く需要があるものなんだ」


と改めて痛感させられたわけです。


あとはこの商品がフリーマーケットやバザーで
実際に数百円単位で幾つでも仕入れられるのかどうか。


そこさえクリア出来れば普通に「稼げる情報」という事になります。


これについては率直に。


「確かにこの商品はフリマでかなり安く売られています。」


わりと近所で開催されているフリマ会場があったので行ってみましたが
山積みとは言わないまでも、何店舗?か、
その商品を数点出している出展者さんがいた事は事実です。


1000円以下でわりと状態のよさそうな商品もたくさんありました。


ただ・・・何となく転売目的で「それ」を購入して
転売の検証まではやってみようという気がしませんでした(笑)


とくに買うのが恥ずかしいような商品ではありませんでしたが
何となく「面倒くさい」と思ってしまったのが本音です。


それをやって稼げるとしてもせいぜい数千円とか、
それなりの数をこなして数万円という話ですからね。


アフィリエイターとして情報を紹介する上では
それくらいやってナンボだと思うのですが、
私的にはそれで「稼げた」からと言って、
強いてこの情報をそこまで推奨するつもりも無かった為です。


ただ思ったより文句の付けどころが無い感じで
状況証拠が出揃っていったところと、
実際に転売の方をやって「稼いだ」という実績を出している
他のアフィリエイターさんの事例などを見る限り、
普通に再現性のある稼げる情報という事は間違いないと思います。


それでも私的がこれを「効率のいいお金儲け」と思えないのは
何だかんだで「仕入れ」の為に外出が必要な事と、
そこそこ稼ぐにはそれなりの数の仕入れを行い、
出品作業をして、いざ売れたら取引や配送の為も生じます。


一応私は「せどりインサイダー」というノウハウでは
商品の仕入れや出荷が伴う「せどり」も
サイドビジネス的にはそれなりにやってますが
これはあくまでも「在宅」で仕入れが出来るという点で、
私はそこが大きなポイントだと思ってやっています。


もしこれが外出を伴うものだったとしたら、
やってもいなかったと思いますし、
ノウハウとしてもそこまで推奨していなかったと思います。


要するにこういう「外出しての仕入れ」が必須のものは
どう手早く取り組んでも自宅からの往復に1~2時間。


地域によってはそれ以上の時間を取られる上に
1件1件の転売利益は数千円程度なので、
何というか私的には「肉体労働」にしか思えないわけです。


それならその1~2時間、ブログの記事を書いたり
メルマガのステップメール講座を書いたりしている方が
今後の継続的な収入源に繋がっていくので、
こういう転売ノウハウは私のスタンスとはややズレてるんです。


少なくとも私は月収300万ペース。


1日10万円以上は稼げているので、
1日5時間の「労働時間」にその収入を割り当てても
時給で2万円以上は稼げている計算になります。


そう考えるとこういう転売ビジネスはどう考えても非効率。


同じくらいの「時給」を稼げるとしても
外出しての仕入れなどを考慮すると
とくに「おいしい」と言えるほどのものではありません。


勿論、今の段階で私ほどの収入を手に出来ていない人は
こういう転売ビジネスで稼ぐのもアリだと思いますが
私の今の収入は過去の積み重ねで出来ているものなので、

「1回の作業が1度きりの収入にしかならない」

という観点で、こういうビジネスは
私的にはそこまで推奨したいと思えるものではありません。


せめて私が推奨している「せどりインサイダー」のように、
最低でも「完全在宅で出来るもの」じゃないと、
こういう単発的なビジネスにはそこまで魅力は感じられませんね。


ただ今日、明日にでもそれなりに「確実なお金」が稼げる
こういうビジネスを求めている人にはいい情報だと思います。


都内、都心部に住んでいる人なら仕入れも容易でしょうし、
やればやっただけ稼げるというのも間違いないと思います。


セールスレターを読んで純粋に魅力を感じるようなら
購入してみてもいいのではないでしょうか。

>●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)



ただ私のように日々の時間や労働を
長期的に見た資産構築や収入源の構築に充てていきたい人。


出来れば完全在宅で効率的に稼ぎたいという人は
私の井上太一アフィリエイト倶楽部や
せどりインサイダープロジェクトの方が
そのニーズに合っているのではないかと思います。


■長期的に見た資産構築や収入源の構築をしたい人はこちら

>井上太一アフィリエイト倶楽部


■完全在宅で効率的に稼ぎたい人はこちら

>井上せどりインサイダープロジェクト


ただ、●●●●転売ビジネス公開マニュアルは、
これはこれで再現性のある良い情報だと思います。


それでは。

井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ