Copyrighting Affiliate Programのレビューと井上太一アフィリエイト倶楽部。

私が最も影響を受けた「The Million Writing」の筆者であり、
今も多大な影響を受け続け、尊敬し続けている
宇崎恵吾さんというコピーライター。


そしてその宇崎さんが「師匠」と仰ぎ、
この業界の“影のトップライター”と呼ばれる某氏。


この両名が打ち出したあまりにも“正直”過ぎる、
ネットビジネス業界の真実を突いたアフィリエイト教材。


それがこの「Copyrighting Affiliate Program」です。


Copyrighting Affiliate Program



この教材がリリースされた際、
宇崎さんのメールマガジンを介してその案内が届き、
そのセールスレターを読んでいった私は正直こう思いました。


「うわっ!やれらた!!」


そう思った理由はこのアフィリエイト教材が
まさに私がやりたかった事だったからです。


コピーライティングの重要性とそのスキルを伝えて、
ダイレクトレスポンスを主体とする
アフィリエイトマーケティングを教える教材。


これは私がもっと実績を積んだら
いつかはやってやろうと思っていた企画でした。


それを私が考えうるレベルを遥かに超える、
とんでもない「クオリティ」と「環境」で。


それがどんなレベルのものかは
Copyrighting Affiliate Programの詳細を見れば
誰もが一目瞭然で直感的に理解出来ると思います。


「こりゃもう同じ路線じゃ勝ち目はないわ。」


私は素直にそう思いました。


単刀直入、セールスレターの冒頭で並べられた、
下記5つのメインコンテンツ。


・Copyrighting Affiriate Manual:アフィリエイトを主体とするDRM教材
・The Million Writing:コピーライティング教材
・Consulting support:メール、スカイプなどによるコンサルティングサポート
・Millionwriter Correction:ブログ、メルマガ等の記事監修及び添削サービス
・Technical support:専属の技術者を従えての徹底した技術サポート



私のアフィリエイター人生を左右したと言っても過言では無い、
あの「The Million Writing(ミリオンライティング)」が、
そのコピーライティング教材として含まれているという豪華さ。

※ミリオンライティングのレビューはこちらから


そのクオリティをこれ以上無いほど痛感させられている私は、
そのアフィリエイトを主体とするDRM教材の方も
間違いなくクオリティの高い教材になっているだろうと思いました。


そんな2つの教材がセットになっているだけでも、
教材はもう十分過ぎるものであるにも関わらず、
下記のような3つの“考えられないプラン”が付いてきているのです。


・宇崎さん、その師匠によるメール、スカイプコンサル
・同両名によるブログ、メルマガ等の記事監修及び添削サービス
・専属の技術者さんによる技術サポート



何ですかこれ(笑)


全般的なサポートやコンサルをメールとスカイプで受けられて、
ブログやメールマガジンの記事なども見て添削してもらえて、
更に技術的なサポートもその専門家にお願い出来る?


もう、これ以上必要なものなんて無いじゃないですか(汗)


それもコンサルしてくれるのは全て
億を稼ぎ出すような本物中の本物のマーケッター。


実際に私もスカイプコンサルは利用していますが
その相手は正真正銘、宇崎さんのその「師匠」でした。


ちなみにこのプログラムに参加すれば、
それが「誰」だったかもコンサルの際に明かされます。


というか、普通に名乗って挨拶してくれますので、
ブログやレターではあえて明かしていないというだけで、
そこまで隠し通したい事ではないらしいです(笑)


実際、このブログの構成や企画案内のレターなど、
このアフィリエイトプログラムのコンサル等で、
それらがより洗練されたものになっている事は
私自身が誰よりも一番わかっています。


アドバイスを受ける度、自分のライティングスキルや
マーケティング力はまだまだだと痛感させられますが
その度に実力も知識も付いている気がするからです。


コピーライティングとDRMアフィリエイト、
これらの教材だけでも十分過ぎる内容にも関わらず、
それ以上のコンサルやサポートを受けられる、
そんな考えられないコンテンツが出揃ったプログラム。


それがこの「Copyrighting Affiliate Program」だという事です。


その内容以上に“異常”な参加条件。


ただその内容以上に“異常”なのが、
このプログラムへの参加条件ではないかと思います。


正直、ここまでのコンテンツとサポート体制、
更に付け加えられている大量の特典コンテンツを含め、
そのセールスレターを読み進めるごとに、

“一体このプログラムの参加料は幾らになるんだ!?”

という衝動に駆られてきます。


世間的な傾向を言えばこのプログラムの体制は
俗に言われる“高額塾”の部類に入ります。


その質や彼等の実績を考慮すれば
安くても30万、場合によっては100万円代もありえる…。


そう思いながらも次から次へと明かされる
そのプログラムの全容に息を飲みながら
遂に明かされたその参加条件。


単月お試しプラン9800円から。


え?


私は思わず画面を二度見してしまいました。


“単月プラン9800円で全てのコンテンツを提供します。”


そこには間違いなくそう書かれていたのでした。


年間プランでも98000円という価格設定。


ミリオンライティングの3980円にもど肝を抜かれましたが
今回もこの2人はガツンとやってくれました。


ここまでのコンサル条件を付けて月9800円なんて
正直、頭がイカれているとしか思えません。


むしろイカれているんだと思います(笑)


だから一人で5億とか、ありえないお金を稼げるんでしょう。


ただその価格設定の理由もしっかりと書かれていました。


要は今回のアフィリエイトプログラムに限らず、
彼等が育てていったアフィリエイターは
必然的に今後彼等がコピーライターとして関与していく
多種多様の情報商材を売ってくれる「仲間」になっていくと。


そんなマーケッター集団を作っているという意識があるから、
プログラムへの参加料は必要最低限のものでいいというのです。


これは確かに彼等らしい思考だと思いました。


そしてそれがまさに億を稼ぎ出すマーケッターの思考なのだと思います。


現に私もとくに頼まれたわけでもなく、
宇崎さんのミリオンライティングを鬼のように売っていますし、
この「Copyrighting Affiliate Program」も
おそらく今後、誰よりも売りまくる自信があります。


それは彼等の教材のクオリティが他の教材よりも
圧倒的に高いというのが一番の理由ですが
確かに彼等への恩義というのも無いわけではありません。


そんな2つの理由から私は彼等の教材をこうして売っているんです。


つまり彼等はこう思っているんだと思います。


「どうせ“本当に価値のある情報”を売るのが一番という
 ビジネスの本質に気付けば、自分達の教材を売ってくれるだろう。」



実際にそれだけのクオリティの教材を公開し、
それらを介して一流のマーケッター集団を育成し、
その実績を経て彼等がまたその教材を売り込んでいく。
(私のように(笑))


そうやって価値のあるものを広めていく“バイラル”を作り出し
その収益をより爆発的なものにしていくというわけです。


現に彼等はそうやって億単位の売上と収入を叩き出し、
人知れずこの業界でトップクラスの実績を叩き出していたわけですね。


そして遂にそのスキームが1つのアフィリエイト教材として、
こうして一般公開されるに至っているという事です。


何と理想的なマーケティング戦略・・・。


それを裏付ける“本物のノウハウ”が
この教材の中には一切の無駄無く詰め込まれているわけです。


教材の内容、サポート体制、そしてその再現性。


更にその価格面においてもこれ以上のアフィリエイト教材は
もう今後出てくる事は無いかもしれません。


世間の流れとは完全に逆行するアフィリエイト教材


ただこの教材はあまりにも“正直”過ぎる
この業界の真実を突いたものになっている為、
言うなれば世間の流れとは逆行している、
そんなアフィリエイト教材になっていると思います。


そもそも今、この業界で売れ筋となるアフィリエイトの教材は
その大半が「トレンドアフィリエイト」等の手法を中心とする
いわゆる「お手軽系」のものがほとんどだからです。


文章力、ライティング力不要。ブログだけでOK。コピペで稼げる。


こういうあたかも「手軽」に稼げそうなものが流行していて、
実際に多くのアフィリエイターがそういうノウハウを勧めています。


私も幾つかはこの手のトレンドアフィリエイト教材を
このブログやメルマガで紹介している事もありますが、
その都度、私はいつもこう言っています。


“どうせネットビジネスをやるなら、もっと上を目指しませんか?”


私がこう語る理由は文章やライティングの力を抜きに、
ブログやコピペだけで取り組めるノウハウなんて、
どう頑張っても稼げる金額は知れたものだろうという事。


私の知人の中にもそういうトレンド系のアフィリエイトで
実際にそこそこの収入を稼いでいる人はいます。


ただ実際にやっている事と言えば、
毎日毎日コツコツとキーワードをリサーチして
ダラダラと取りとめも無い日記のような記事を投稿、


何だかんだで毎日3~4時間の「労働」をしているんです。


で、実際に稼いでいる金額がせいぜい30~40万円。


まあ、完全在宅でパソコンに向かい、
一日3~4時間で30~40万というのは
一般的に見れば十分素晴らしい実績なのかもしれません。


彼も実際にそれで満足している傾向にあります。


ただ、ネットビジネスの世界というのは
本当はもっと可能性に溢れている業界なんですよ。


現に私は彼よりも短い労働時間で彼の10倍近くは稼いでます。


実際にそういう仕組みを構築したからそれが出来ているんです。


彼と比較して自分がどうという事ではありませんが、
彼はあえて「楽そうな道」を選んだが為に、
今のような「ぬるま湯」から抜け出せなくなりました。


「今更コピーライティングとか勉強する気にならないし・・・。」


そこそこの労力でそこそこ稼いでしまう事の恐怖。


私はほんの少し歩む道が違っていれば、
私も彼のようになっていたかもしれないと思いました。


勿論、彼のように強いて「アフィリエイト労働」の道を選び、
コピーライティングやリストマーケティングといった
知恵と戦略の上で利益を上げるような手法を避けたいのであれば、
この「Copyrighting Affiliate Program」のようなものは
とくに必要のない教材なのかもしれません。


そういう人は流行のトレンドアフィリエイト等の教材で
アフィリエイト労働の道を選んでいけばいいと思います。


ただそういった「トレンドアフィリエイト」等の情報商材や
そういったものをアフィリエイトしているアフィリエイター達。


彼等は皆、一同に私や宇崎さん等のような
DRMマーケティングを主体としている事を忘れてはいけません。


よく考えてみてください。


あなたはアフィリエイターのブログやメールマガジン、
これらに書かれている巧妙な紹介文に誘導され、
情報商材のセールスレターに目をやった事はありませんか?


そしてそこで目にした巧妙な「セールスレター」を読み、
期待に胸を膨らませて情報商材を購入した事はないでしょうか?


それこそが既に“コピーライティング”のスキルを駆使した
ダイレクトレスポンスマーケティングによるものなのです。


この情報業界で大きな成果を上げているインフォプレナー、
そしてアフィリエイターは皆、同様にこの手法を使っています。


「文章力不要。」「コピペで稼げる。」「●●するだけ。」


そんな事を言いつつも彼等は皆、文章力、ライティング力を駆使して
多くの消費者にそういった「手軽そうな情報」を売り込んでいるんです。


これらのスキルを無視して実績を上げているような販売者、
アフィリエイターなど一人も存在しません。


にも関わらず彼等はいざ情報を売り込む時だけは
そういった「手軽に稼げそうな情報」を売り込んでいます。


理由は簡単です。


そういった「手軽そうな情報」の方が“売り込みやすいから”です。


しかし彼等自身は決してそのような「手軽な手法」は使わず、
きっちりと「王道」と言える正攻法で自身の扱う情報を売り込んでいます。


それは他でも無くその「王道的な手法」こそが
この業界で最も結果を生み出せるノウハウだからであり、
それ以外の手法は「遠回りにしかならない」と知っているからです。


ただこの「真実」を口にする起業家や
アフィリエイターはそう多くはありません。


何故ならそういった「本当に稼げるノウハウ」は、
彼等がよく取り扱っている「手軽に稼げそうな情報」に比べ、
多くの人に売り込んでいく事が困難だからです。


そして何よりそういったノウハウを人に教え、
売り込んでいく事は本当に「実力」が無ければ出来ません。


しかしそれが出来るような「本物の実力者」は
この業界でも本当にごく僅かしか存在しないというのが現実です。


「文章力不要。」「コピペで稼げる。」「●●するだけ。」


こんな謳い文句でそれらしい情報を売り込んでいく事は出来ても、
ある程度の「努力」を前提とするノウハウを
その「真実」を伝えた上で売り込む事は出来ないという事です。


結局のところ右も左もわからないような初心者層の人達に
誇大広告まがいの「手軽に稼げそうな情報」を売り込む情報起業家や
そういった情報に群がる取り巻きのアフィリエイター達と
そんな人達の「手軽な情報」に踊らされ続ける多くの消費者。


結局のところ、それが「情報商材業界の現実」だと思います。


ただその「現実」に気が付いたごく一部の人達が
その本当に学んでいくべきスキルをしっかりと身に付け、
「仕掛けられる側」から「仕掛ける側」への転身を果たしています。


まさに「稼ぐべくして稼ぐノウハウ」を身に付け、
「稼げる情報起業家」「稼げるアフィリエイター」となっているわけです。


そしてその「稼ぐべくして稼ぐノウハウ」を、
身に付けるべくして身に付ける事が出来る教材。


それがこの「Copyrighting Affiliate Program」という事ですね。


今回は特典“以上のもの”をお付けします。


尚、今回この「Copyrighting Affiliate Program」には、
普段お付けしているような井上特典なるものは付けません。


ただ“それ以上のもの”を付けさせて頂きたいと思います。


というのもこの教材がリリースされた際、
私はブログでもメルマガでもあえてすぐには紹介する事もせず、
それをグッとこらえて「ある企画」の準備に取り掛かっていました。


丁度それが12月の序順から中旬あたりだった為、
その企画コンテンツの作成の重要な局面を迎えていたのは
まさに年末年始の世間的な「骨休み」の次期。


ただ私は正月を完全に返上し、
まさに寝る間を惜しんでパソコンに向かっていました。


紅白歌合戦をBGMに机にかじりつき、
カウントダウンの瞬間もそのまま机に座って迎えたわけです。


それはその企画におけるコンテンツを
高まるテンションと共に一気に作り込みたかったからに他なりません。


それらを仕上げていく事に何か使命感のようなものを感じたのでした。


まさに無我夢中でコンテンツの作成に没頭し、
ようやく作り終えたその企画の提供コンテンツの数々。


今回のコンテンツに関しては、いち「アフィリエイター」として、
その集大成とも言えるものを作り上げる事が出来たと思っています。


その「企画案内ページ」の方も含めてですね。


それがこちらの企画になります。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


そしてこの企画への参加条件が
「Copyrighting Affiliate Program」の教材を
こちらのブログや企画案内ページを介して購入頂く事。


お申し込みは単月プラン9800円のものからで構いません。


その参加料のみで「ありえないコンテンツ」を
まさしく“大量”に「継続提供」させて頂きます。


「Copyrighting Affiliate Program」のコンテンツに加え
私の集大成的な企画コンテンツの数々。


数々のアフィリエイト教材を見て来ていますが
正直、これ以上のものは無いという自負さえあります。


勿論、半分以上は宇崎さんサイドのコンテンツで
もともとそれが超強力なものなのですが
私が付け加えた企画コンテンツも
その実用性を最大限に引き出せるものになっているはずです。


もしもあなたが本気で王道を突き詰め、
年収ベースで8桁、9桁台の大台を目指し、
そしてそれを達成していきたいなら、
是非この企画への参加を真剣に検討してみてください。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


こちらより「Copyrighting Affiliate Program」を
直接ご購入頂いても問題ありません。


Copyrighting Affiliate Program



以上、「Copyrighting Affiliate Program」のレビューと、
井上アフィリエイト倶楽部のご案内でした。


関連記事


コピーライティングアフィリエイトプログラムは初心者向けではない?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年1月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ