PASONAの法則とアフィリエイト。

井上です。


今日は既存のマーケティング理論に
私なりのアフィリエイト理論を併せてみたいと思います。


取り上げるマーケティング理論はPASONAの法則。


国内では経営コンサルタントの神田昌典氏が提唱された法則ですね。


PASONAは下記のような思考の流れを取ってつけられた名称です。

P:Problem(問題を提起)

A:Agitation(問題の描写)

S:Solution(解決策の提示)

N:Narrow down(緊急性)

A:Action(行動)


まずは問題を指摘し、その具体的な描写をイメージさせ、その解決策を提示する。


そしてそれが今しか手に入らないものである事を伝え、行動させる。


簡潔に言えばこれを意図的に行うマーケティングや文章の法則です。


情報商材のセールスレターなども
大筋これに沿って書かれているものもあると思いますが
この法則はどちらかと言うと、
アフィリエイターによる情報商材レビューに適していると思います。


実際にの法則を意識してレビューを書く事もありますし、
この法則がうまくあてはまるようなものは
それで飛ぶように売れていくような反応を取れます。


その際のポイントは下記の3つ。


・問題を指摘し、イメージさせやすい情報かどうか。
・その解決策が明確になっているかどうか。
・緊急性があるかどうか。



これが揃っている情報商材のレビューは
この法則を利用するとかなりいい反応が取れます。


更に言えばこの3つが揃っている情報は売り易いという事。


情報商材を紹介してみようと思う際は
まずこの3つのポイントが揃っているかどうかをチェックしてみてください。


問題が明確にイメージ出来ていて
その解決策がハッキリとしている期間限定の情報商材。


こういうものがあればまさにピンポイント。


この法則を利用した紹介記事を書いて
メルマガやブログなどで宣伝していけばいいんです。


これを意識するだけでもかなり違った反応が取れると思います。


「こんな法則、本で読んで知ってるよ。」


とか、知識だけは持っているという人は世の中にたくさんいますが
実際にビジネスでうまくいっていない人はそれ以上にたくさんいます。


何故アフィリエイターの大半が稼げていないのか。


それはこういう使えるマーケティング戦略を
しっかりと自分のビジネスにあてはめ、
正しく使いこなせていないからではないでしょうか。


ビジネスの答えや成功法は意外と身近なところにあるものです。


知っているだけではダメ。


応用力と適応力は何においても必要な要素です。


こういう王道的なマーケティング理論こそ、
しっかりと使いこなしていけば大きな成果を生み出していきます。


変に裏ワザを求めるよりもこういう手法を
うまく適用させて使っていくべきだという事ですね。


それではまた次回。

>ブログ講座一覧へ


PS

メール講座もやっていますのでよろしければご登録ください。

メール講座への登録はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合 コピーライティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ