ビットコイン自動売買ツールBPEに待った!

井上です。


今、巷では「ビットコイン」やら「仮想通貨」やらが話題で、
インフォトップの方でも、こういうツールが売れているみたいです。


ビットコイン自動売買ツールBPE

http://clearism.jp/bpe/


まさにビットコインの自動売買を行っていく事で、
ほったらかしで資産を拡大できるというツールです。


要するに株やFXのトレードを自動で行うツールの、
仮想通貨(ビットコイン)版という事ですね。


FXしかり、バイナリーオプションしかり、
世間的にこういった新たな金融商品が話題になれば、
その自動売買を担うツールがこうして必ず出てきます。


そして、その精度の良し悪しや成果の有無に関わらず、
こういうものはわりと売れてしまう傾向にあるんです。


ですが、このような自動売買ツールを使って、
実際に資産を増やす事が出来たというケースはほぼ皆無で、
資産を増やすどころか減らしてしまうケースがほとんどです。


結局、このようなツールで稼ぐ事が出来るのは、
この手のツールを売っている業者だけという図式になるわけです。


ですので、ここ最近、インフォトップで売れている、


「ビットコイン自動売買ツールBPE」


についても、実際にそうなってしまう可能性が高く、
何より、この「ビットコインの売買ツール」というものには、
決して見落とすべきではない大きな「落とし穴」があるんです。


今日はそんな「落とし穴」も含めて、
このビットコイン自動売買ツールについて、
幾つか、注意点となるポイントを促しておこうと思います。

ビットコイン自動売買ツールBPEの落とし穴とは。


まずこれは仮想通貨(ビットコイン)に限る話ではないのですが、
株やFXのトレードにせよ、バイナリーオプションにせよ、
その相場は常に上がるか、下がるかのどちらかしかありません。


要するに、どこの誰がどんなタイミングでトレードしようと、
そこから相場が上がるか、下がるかは常に50%&50%であり、
それはお猿さんが適当にトレードをしても同じなわけです。


ですので、この手の相場を対象とした自動売買ツールは、
それがどんなに適当なロジックを組み込んだものであっても、
それは少なくとも半々の確率で勝つ事ができるツールになるんです。


その前提の上で、仮にその相場自体が「上昇傾向」にあれば、
その上昇傾向の相場では「買って売る」というロジックを、
それこそ、それらしく適当な形にでも備えておけば、
おのずと、そのツールは勝率の良いツールになります。


言わばその「上昇傾向の相場」にある時に関して言えば、


「勝てるツール(稼げるツール)」


のように見えてしまうという事です。


そして、この手の相場を対象とした「自動売買ツール」は、
その大半は、その対象となる相場が上昇傾向にある時に、
次から次へと、新たなツールが世に出てくる傾向にあります。


まさに、先ほど説明を加えさせて頂いた理屈を前提に、
その上昇相場に準じた「買って売る」というロジックを備えた、
それらしい自動売買ツールが次々と出てくるわけです。


ですが、そのような自動売買ツールにあたるものは、
ただ、その相場の上昇傾向に乗っかっているというだけで、
そのツール自体のロジックが何ら秀逸というわけでも何でもありません。


それこそ、そのような上昇傾向にある相場においては、
そのような自動売買ツールなどに売買を頼らずとも、


「買って、相場が上がったタイミングで売る」


もしくは


「買って、しばらくほったらかしておく」


という事を単純に行っていれば普通に稼げてしまうからです。


要するに、そのような自動売買ツールに価値は無いという事であり、
実際のところ、世の中の自動売買を謳うツールの大半は、
そのようなレベルのシロモノなのが実状です。


そして、今現在の「仮想通貨」及び「ビットコイン」に関して言えば、
もはや誰の目にも明らかな上昇相場にあたる状況かと思います。


つまり、今の仮想通貨、ビットコインなどの相場ほど、
自動売買ツールを銘打つものを売り易い相場は無いわけです。


それこそ「買って売る」という事を繰り返すだけのロジックで、
それなりの勝率と結果を簡単に出せてしまうんですから。


ですが、仮想通貨全体の相場にぜよ、ビットコインの相場にせよ、
現状の上昇相場がいつまで続くのかは誰にも分かりません。


まだ何カ月、何年とこのような相場が続くかもしれませんし、
あと1~2カ月も続かない可能性もあると思います。


ただ、このような自動売買ツールを売る側としては、
ハッキリ言って、それが何カ月後になろうと、
その間までツールが売れればそれで御の字なわけです。


もちろん、長い期間、たくさんのツールを売れた方が得ですから、
そのような上昇相場が長く続く事に越したことはありません。


ですが、仮にその上昇相場がいつ反転したとしても、
ツールを売っている側は全くもって痛くも痒くも無いんです。


それが長く続けば尚良いというくらいの喜楽な商売で、


「今の上昇相場に便乗して売れるだけ売って店仕舞い」


というのが、この手の自動売買ツールの手口に他なりません。


少なくとも、今の仮想通貨、ビットコインなどの相場は、
次々と新規参入者が増えて相場が上昇している状況ですから、
このような自動売買ツールを作って売る上で、
これ以上、適した相場はありません。


よって、今現在、インフォトップで売れ筋になっている、


「ビットコイン自動売買ツールBPE」


というツールも、ただその上昇相場に便乗していく事を前提に、
買って売るというロジックをそれらしく組み込んだだけの、


「今だけ有効に見えるツール」


の可能性が非常に高いと思います。


何より、この「ビットコイン自動売買ツールBPE」を販売している、


「クリアイズム有限会社」


という業者は、長年に渡りネットビジネスの業界で、
アフィリエイト等のツールを販売している業者ですので、
言わば、こうしたツールの販売を生業としているような業者です。


要するに、この「ビットコイン自動売買ツールBPE」というツールは、
今現在の仮想通貨、ビットコインの顕著な上昇相場を見越した上で、
その上昇相場に便乗できるツールをそれらしく形にしただけの、


「それを売って稼ぐ事だけを目的に開発されたツール」


である可能性が非常に高いという事です。


今の仮想通貨、ビットコインの相場であれば、
そのレベルのツールでもそれなりの勝率、成果を
実際に上げていく事が出来てしまうからです。


ですが、これは先ほどもお伝えした通り、
お猿さんが「買って売る」という売買行為を
ただ適当に行っていても同じ結果が得られますので、
このような自動売買ツールに頼る必要はとくにありません。


今の仮想通貨、ビットコインの相場であれば、


「買って、相場が上がったタイミングで売る」

「買って、しばらくほったらかしておく」


これをするだけで普通に稼げるような状況だという事です。


ただ、そのような相場がいつまで続くかは誰にも分かりません。


そして、そのような上昇傾向にある相場が変わってしまうだけで、
この手の自動売買ツールはたちまち「稼げないツール」になります。


というか、もともとが「稼げるツール」というわけではなく、
ただ、相場の上昇傾向に便乗しているだけのツールなので、
その相場が「終わり」を迎えてしまった時点で、
当然、そのツールも「終わり」を迎えてしまうわけです。


というか、仮想通貨、ビットコインの売買で稼ぐ当面の課題は、


「現状のトレンド傾向にある上昇相場がいつ終わりを迎えるか」


を、いかに見極められるかどうかが全てだと思います。


それが数年後なのか、数カ月後なのか、明日なのか、、、。


「まだ間に合う」

「まだまだ上がる」



と言う人もいれば、


「もう遅い」

「これからは下がっていく」



と言う人もいますので、それが分かれば、
このようなビジネスで損をする人は誰もいません。


それが分からないから「難しい」わけです。


ただ、少なくとも相場が上昇傾向にあれば、


「買って、相場が上がったタイミングで売る」

「買って、しばらくほったらかしておく」


という売買ルールでそれなりに勝ててしまうのが現実です。


そのような明らかな上昇傾向にあるような相場において、
その相場を対象とする「自動売買ツール」などは、
ほぼ「無意味なツール」でしかないため、
私はそんなツールにお金を出す事はお勧めしません。


まして、今回、取り上げた


「ビットコイン自動売買ツールBPE」


を販売している「クリアイズム有限会社」は、
そのような手口でツールを販売している事が常ですし、
過去にこの業者が販売していたアフィリエイト関連のツールは、
いずれも全く使えない「ヒドイもの」ばかりでした。


そこも含めて、このツールは、私はお勧めしません。


この手の相場を対象とする自動売買ツールの落とし穴も含め、
是非、参考にしていただければ幸いです。


井上太一


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年11月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ