「クイックアクセス」というアクセス収集ツール?について。

井上です。


先日、コンサル生の方から、


「クイックアクセス」


というアクセス収集ツール?らしきものの相談を受けました。


クイックアクセス:http://qasg.sg/jp.php


私は、その相談を受けて初めて知ったものだったのですが、
その方が何かの情報商材を購入して提供されたマニュアル内に、


「このツールでアクセスを集めれば簡単に稼げます!」


みたいな事が書かれていたそうです。


ただ、この「クイックアクセス」のサイトを見て、
あまりに「ツッコミ」を入れたくなるところが多過ぎたので、
これは記事にして突っ込んでおこうと思いました(笑)


でも、このようなレベルのアクセス収集ツール(サービス?)は
実際のところネット上にたくさんあるんじゃないかと思いますので、
そういうものを全てひっくるめた話として、読んでおいてください。

「クイックアクセス」というアクセス収集ツール?について。


まず、この「クイックアクセス」というアクセス収集ツールですが、


「ウェブサイトのアクセスアップを目的とした自動アクセスツール」


という事が書かれているだけで、それがどういうツールなのか、
どういうアクセスをどこから集めるツールなのか、など、


・アクセスの大元

・アクセスの属性



これらが分かる情報は何も書かれていませんでした。


いざ実際に書かれている事は、


「パソコンが苦手な方でも大丈夫」

「簡単なクリックのみ」

「ツールにログインした対象URLを入力するだけ」



といった簡単さ、手軽さのアピールくらいで、
それ以上の事は文字通り「何も」書かれていないわけです。


しかも、その「アクセス収集ツール」にあたるものを、


「買う」


というわけではなく、その料金設定を見ると、


2000アクセス : 10万円
6000アクセス : 30万円
10000アクセス: 50万円
14000アクセス: 70万円
20000アクセス:100万円



と、アクセス数で料金が変わるサービス?になっているようなんです。


要するに、ツールの利用権利、使用権利のようなものを、
アクセス数分に応じて支払うという事なんですかね?


まあ、その形式がどういったものであれ、
この料金設定はハッキリ言って「異常」だと思います、、、。


最安の料金設定でも「2000アクセスで10万円」という事は


「1アクセスあたり50円」


という単価ですからね。


これは普通に「高過ぎる」と言っていいくらいの価格設定だと思います。


まして、そのアクセスがどこから集められるもので、
どうやって集めるものなのかも分からないわけですからね。


そんな「不透明さ」しかないアクセスに10万円というのは、
どう考えても「高過ぎる」としか言いようがありません。


少なくとも1クリック50円という単価は、
よほど質の高いアクセスだけを集められる前提があって、
それで初めて「妥当」と言える価格設定だと思います。


例えば、グーグルの検索結果に出て来る、


「グーグルアドワーズ」


などであれば、利用者の検索キーワードのみを狙って、
自分で任意のテキスト広告を表示できるようになっていますから、


・検索キーワードによって属性やニーズを絞り込む
・テキスト広告によって更にアクセスを絞り込む



といった前提を踏んで「アクセスの質」を上げられるわけです。


言い方を変えれば「無意味なアクセスを排除できる」わけですね。


とくに「○アクセスで○円」といった形で、
アクセス数に準じて料金が加算されるようなサービスは、


「いかに質の高いアクセスだけを集めるか」
(いかに質の低いアクセスを排除するか)



が重要なポイントになります。


そして、そのようなアクセス数に応じて料金が決まるサービスは、
そのため対策方法などをしっかりと明確にしているものなんです。


ですが、そもそも、どこからどのようなアクセスを、
実際にどうやって集めるのかさえ分からないサービスでは、


「いかに質の高いアクセスだけを集めるか」
(いかに質の低いアクセスを排除するか)



の対策もクソもありません。


結局のところ、広告(アクセス)なんてものは、
結果に繋がってナンボなものなんですからね。


シビアに言えば「結果に繋がらないようなアクセス」は、
何万アクセス、何億アクセスあろうと「無意味」なんです。


ですので、この「クイックアクセス」というツール(サービス?)は、
それがどういうアクセスなのかも全く分からないツールである以上、
私なら、まず100%、絶対に手を出しません。


これに10万、20万という広告料を支払うなら、


「どこからどういうアクセスを集められるのか」


がしっかりと「明確」になっていて、


「いかに質の高いアクセスだけを集めるか」
(いかに質の低いアクセスを排除するか)



をしっかりと対策できるものにお金を払うからです。


それこそ、現在進行形で私が利用している「広告」で言えば、


「インフォゼロ」


さんのの「読者リストの収集サービス」でも、


5000件の読者リスト収集:10万円(税抜)


という料金設定ですからね。

>インフォゼロのリスト収集サービス


不透明なだけの「アクセス」が5000ではなく、


・名前
・メールアドレス



がセットになったハウスリストの収集が5000件で、
この「クイックアクセス」より遥かにリーズナブルです。


まあ、読者収集サービスの相場としては、
5000件で10万円くらいはわりと「普通」なので、


「アクセス元も属性も不透明なアクセスが2000件で10万円」


というクイックアクセスの料金設定がいかに「高い」かは、
この読者増サービスの料金と比較しても明らかじゃないかと、、、。


ただ、インフォゼロの読者増サービスは、


「無料レポートの購読申請時にアドレスを収集する」


という仕組みになっていますので、
そのメールアドレスを所有している「読者」が


「どういうレポートに興味を抱いた読者か」


も分かるようになっていますし、リスト収集の際、
そのレポートの「ジャンル」も指定できるようになっています。


要するに、読者の「属性」もしっかりと絞り込めるわけです。


そういう読者リストを5000件収集するサービスでも、
その広告料は「10万円」という価格設定なわけですから、
どこからどう集めるのかもわからない、ただの「アクセス」に、
その2倍以上のお金を払おうと思えるはずがありません、、、。


まあ、1アクセス50円という単価は、


「どこからどういうアクセスを集められるのか」


がしっかりと「明確」になっていて、


「いかに質の高いアクセスだけを集めるか」
(いかに質の低いアクセスを排除するか)



の対策がかなり精巧にできるツール(サービス)なら、
使い方次第でそれ以上のリターンを得る事は十分に可能です。


先ほど例に挙げた「グーグルアドワード」であれば、
実際、1アクセスがそれ以上の単価になる事も普通にありますからね。


ですので、1アクセス50円がただ「高い」というのではなく、
そのアクセスがどこからどのように集まるアクセスなのかが不透明で、
その「絞り込み」も出来ないようなサービスに対しては、
あまりにも高過ぎるというのが率直なところです。


基本的にこういった「アクセス収集」を前提とするサービスなどは、
その「質」がこそ「全て」ですから、そこを見極めて利用してください。


そこが根本的に「不透明なもの」は手を出すべきではないという事です。


集客における広告、サービス選びの際の参考にして頂ければ幸いです。


井上太一


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年6月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:有料広告

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ