クリスマス・スナイパーHyper(久保田哲)について。

井上です。


現在、インフォトップの方で、


「クリスマス・スナイパーHyper」


というせどり、転売系の教材が売れ筋になっている模様です。


クリスマス・スナイパーEX-Revolution(久保田哲)

http://www.sedori-paradise.com/csh/


ただ、この「久保田哲」という方が販売する、


「クリスマス・スナイパー」


という教材は、つい1年ほど前にも、


「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」


というタイトルで販売されていた経緯があり、
こちらについては私の方で教材内容の方をチェックし、
内容についての「レビュー」の方もこちらに公開しています。

>クリスマススナイパーEXのレビュー


要するに、現状、インフォトップで売れ筋になっている、


「クリスマス・スナイパーHyper」


は、私が去年、取り上げた、


「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」


の最新版?という位置付けになるようです。


ですが、先ほどの


「クリスマススナイパーEXのレビュー」


の方を見て頂ければお分かり頂けるのですが、
前回の「クリスマス・スナイパーEX」の教材内容は、
私的には、かなり「不満だった」というのが実際のところで、
その昨年のクリスマス・スナイパーを考慮する限りでは、


「バージョンアップされていれば期待が出来る」


というレベル以前の内容だったというのが率直な感想です。


ですので、今回の、


「クリスマス・スナイパーHyper」


については、また教材を購入して中身をチェックし、
その上でレビューをしようとまでは全く思えませんでした。


何より、この「クリスマス・スナイパー」という教材における、


「クリスマス時期を狙った特定の商品の転売で大儲けする」


というノウハウそのものが、前作の教材内容を見て、私的に


「ん・・・!?」


と思うところが、正直なところ非常に多かったので、
今日はこのクリスマス・スナイパーという教材が提唱する、


「クリスマス時期を狙った転売ノウハウ」


というものの「有効性」「再現性」についてを、
この教材の根本的なところを踏まえて改めて言及しておきます。

「クリスマス・スナイパー」の転売ノウハウは有効なのか。


まず基本的な考え方として、
このクリスマス・スナイパーで提唱されているような


「特定の時期にしか使えない転売ノウハウ」


みたいなものは、その特性を踏まえても、
その特定の時期にしか稼げないノウハウなので、


「あえてお金を払ってまで、その情報を買う」


となると、普通に考えれば、


「いつでも使える(稼げる)転売ノウハウ」


にお金を出す方が確実に「有益」なはずです。


ですが、数多くあるせどり、転売系の教材で、
この「クリスマス・スナイパー」が売れているのは、


「クリスマス時期だからこそ、転売で儲かりそうな商品」


というものが、実際に「ありそうな気がするから」に他なりません。


クリスマス時期を狙った転売ノウハウというもの自体に、
何となく「再現性」や「信憑性」を感じてしまうわけですね。


更に、この「時期」に販売されているところも、


「クリスマスに向けて、ちょうど今が仕入れ時なんじゃないか」


というリアルタイム感もあり、そういうところも含めて、


「何か稼げそうな気がする」


と思わせる要因が、このクリスマス・スナイパーにはあるわけです。


そういう意味で言えば、このクリスマス・スナイパーという教材は、
情報商材としての「売り方」は普通に「うまい」と思います。


ですが、少なくとも、前作の、


「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」


の内容を実際に目にした限りでは、この教材の内容は、


「クリスマス時期だからこそ、転売で儲かりそうな商品がありそう」

「クリスマスに向けて、ちょうど今が仕入れ時なんじゃないか」


というような「期待」に応えてくれるような内容ではなく、
私的には、完全に期待外れの内容に感じたのが率直なところでした。


要するに、情報商材としての「売り文句」や「売り方」は秀逸でも、
その肝心な教材内容が、それらに全く見合っていなかったわけです。


とくに私がそう感じる要因となったのは、
それこそ、最もこの「クリスマス・スナイパー」に期待した、


「クリスマス時期だからこそ、転売で儲かる商品」


に相当する商品を、実際に見つけだしていく「ノウハウ」が、
その教材内では、ほぼ触れられていなかったというところです。


「あれ?肝心な商品の探し方、
 仕入れについてのノウハウが無いな・・・」



と思っていたら、そのまま最後のページに至ってました(苦笑)


ハッキリ言って、この手のせどり、転売関連の情報商材は、


「稼げる商品の探し方、仕入れ方」


にあたるノウハウが、最も「重要」と言っても過言でないので、
そこが手薄な情報商材というのは、その時点で致命的にマイナスです。


というより、そこが手薄な情報商材では、まず稼げません。


稼げる商品を探す事も仕入れる事も出来ないからです。


その点で、この「クリスマス・スナイパー」では、


「クリスマス時期だからこそ、転売で儲かる商品」


を、クリスマスシーズン前にバンバン見つけ出し、
それを一挙に仕入れていくようなノウハウを期待していたのですが、
その肝心な「商品の探し方」「仕入れ方」についての解説が、
マニュアル内では、ほぼされていないに等しかったわけです。


では、この「クリスマス・スナイパー」のマニュアルには、
具体的に、どういう事が書かれているのかというと、
強いて、そこで言及されているポイントと言えば、


・クリスマス時期に売れそうな商品はこれくらいの時期に仕入れましょう。

・仕入れた商品は、これくらいの時期まで寝かしておきましょう。

・多くの人がプレゼントを買うこれくらいの時期に売りましょう。

・商品を一気に売る時はこういうところに注意しましょう。



というような、言わばクリスマスに標準を合わせ、
実際に商品を転売していく上での


「仕入れの時期」

「転売の時期」



といったポイントや、その転売時の注意点など、
その全てが「クリスマスに売れそうな商品」に対して、
既に目星を付けられている前提の話ばかりで、
肝心な「そういう商品の見つけ方」は完全にスルーされてるんです。


むしろ、肝心なのは、そこなはずなんですが、


「そういう商品の目星を付けたなら」


というようなテイストで、普通にそこには触れないまま、
先程挙げたような仕入れの時期や転売の時期などの話ばかりが展開され、
そのままのテイストで普通にマニュアルが終了してしまっていました。


あとは、ひたすら、


「去年のクリスマスはこんな商品がよく売れました。」


というような去年、よく売れた商品の事例が羅列されているだけで、


「去年、この商品がよく売れたから何なんですか?」

「そんな去年よく売れた商品をひたすら示されて、どうしろと?」



と、私としては、普通にそのようにしか思えませんでした・・・。


マニュアルのスタンスとしては、それらを「参考」にして、


「儲かりそうな商品」

「今年のクリスマスにも売れそうな商品」



の目星をつけろという事なのかもしれませんが、


「去年のクリスマスによく売れた商品」


として、その「事例」として並べられているものは、


・妖怪ウォッチ

・仮面ライダー

・ガンダム

・プリキュア



と言ったアニメ関連の王道的な商品の「限定モノ」や、
去年のクリスマス前にメーカー側が狙って出した「新商品」が大半で、


「そういう商品がクリスマスに値上がりしそうな事くらい、
 あえて事例を示して言われなくても普通に分かりますけど・・・」



というのが私の率直な印象でした。


この「クリスマス・スナイパー」という教材は、
そういった「限定モノ」や「新商品」を


「去年のクリスマス時期によく売れた商品」


という形で「事例」として、ひたすら並べているだけで、
特段、クリスマス時期に値上がりしそうな商品を探し出したり、
その目星を付けていくような「ノウハウ」にあたるものはなく


『その「事例」を自分なりに参考にして、
 今年も売れそうな商品に目星を付けてください。』



という感じの内容だったわけです。


あとは、先ほど挙げた、


・クリスマス時期に売れそうな商品はこれくらいの時期に仕入れましょう。

・仕入れた商品は、これくらいの時期まで寝かしておきましょう。

・多くの人がプレゼントを買うこれくらいの時期に売りましょう。

・商品を一気に売る時はこういうところに注意しましょう。



このようなクリスマス時期に標準を合せた、
仕入れ時期、転売時期のタイミングの見計らいにおける目安が、
その「事例」の値動きと共に解説されているというだけの内容なので、
正直、私的には、全くもって期待外れのマニュアルという感じでした。


実際に、そのマニュアル内で取り上げられている


・妖怪ウォッチ

・仮面ライダー

・ガンダム

・プリキュア



この辺りの人気アニメや特撮モノの限定モノや、
クリスマス前に販売された新商品に需要が高まる事くらいは、
あえてその事例を1つ1つ提示されなくても分かる事でしたし、
こういう商品の去年の「値動き」や「取引数」を調べれば、


「どういう時期に仕入れて、どういう時期に売ればいいのか」


というのも、普通に調べられるレベルの情報なので、
そのレベルの情報がまとめられているだけのマニュアルに、
少なくとも、私はそこまでの価値は感じられなかったという事です。


「クリスマスに標準を合せて、転売で稼ぐ。」


という事を前提に、私なりに想定できる範囲の事が、
単純にそのままマニュアルに書いてあったという感じですね。


ですが、実際はこのクリスマス時期に出てくる、


・限定モノ

・新商品



に相当するおもちゃは「非常に多い」のが現実なので、
人気アニメ関連の限定モノや新商品でも、その全てがヒットし、
需要が高騰して「高値での転売」が可能になるわけではありません。


そこにも、少なからず「当たり外れ」があるわけです。


よって、いざ目星を付けて仕入れた商品の需要、相場などが
クリスマス時期になってもさほど高まらない事も考えられます。


ですが、この「クリスマス・スナイパー」のマニュアルには、
とくにその辺りを見極めるポイントなどは書かれていないため、
そういったリスクを回避する方法なども完全にノータッチ・・・。


結局、そういったところも含めて、
自分なりの判断で商品に目星を付けていくしかありません。


結局のところクリスマス時期に実際に需要や価格が高騰し、
高値で転売できそうな商品「目利き」が必要になってくるんです。


その「目利き」次第で稼げるかどうかが分かれてしまうんですね。


それこそ、その「目利き」の方法やポイントが
マニュアル内に少しでも書かれていれば良かったんですが、
このクリスマススナイパーにはそういう事は一切書かれてませんでした。


もちろん、これは前回の、


「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」


においての話ではありますが、これはもはや


「情報商材としての在り方」

「ノウハウを提供する上でのスタンス」



の問題だと思いますので、そこれが今回の、


「クリスマス・スナイパーHyper」


で一気に改善されているとは到底、思えません。


また、その「サポート体制」も、前回と同様、


「最高10回まで」


と、そのサポート回数に制限があるところにも変わりはなく、
少なくとも、前作のような教材内容であれば、
10回のみのサポートでは、かなり厳しいのが現実です。


そのようなサポート体制も含めて、
このような「スタンス」の教材内容で


14800円


という価格設定は、私的には「無し」なのが率直なところです。


ちなみに去年の、


「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」


は16800円という価格設定だったので、
マニュアルの代金を値下げしたところも気になりますね。


普通に考えて、前作より内容が「強化」されていて、
その自負が販売者側にあるなら「値上げ」をするはずです。


前回の「クリスマス・スナイパーEX」の購入者に対しても、


「後々になって内容を強化した教材を値下げして売る」


というのは、普通にどうかと思いますので、
そういうところも含めて、さほど内容は強化されておらず、


「前回の内容であまり満足度を取れなかったので価格を下げた」


というのが実状なんじゃないでしょうか。


まあ、私的には2000円の値下げで、
その満足度が上がるレベルの内容ではありませんでしたが・・・。


何にせよ、前作の


「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」


に関しては、クリスマスに特化したせどりノウハウという事で、


「何かそれらしい戦略があって稼げそう」


というイメージを抱いて購入した人も多かったようですが、
実際の教材内容には、とくに戦略らしい戦略、
ノウハウらしいノウハウは書かれていないの実状でした。


そして、前作のマニュアル内容に見られた傾向は、
この情報商材、及びこの販売者さんの、


「情報商材、情報提供者としての在り方」

「ノウハウを提供する上でのスタンス」



にあたる根本的なところだと思いますので、
今回の「クリスマス・スナイパーHyper」についても、
私はおそらく同じレベルの内容である可能性が高いと踏んでます。


それこそ、


「この時期に稼ぎ易いせどりノウハウ」


という点で言えば、私が推奨している教材で提唱されている、


「音楽CDの転売ノウハウ」


は、年末時期の「懐メロ特番」による影響や


「レコード大賞」

「紅白歌合戦」



などの効果で売れ筋になる商品が出てくる傾向にあるため、
実はこの時期が稼ぎ易いノウハウだったりします。


こちらの「せどりインサイダー」という教材ですね。

>プレミア音楽CD特化型ノウハウ「せどりインサイダー」


少なくとも、前作の


「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」


ような教材にお金を出すくらいなら、
私が推奨している「せどりインサイダー」は、


「この時期が稼ぎ易い」


というだけでなく、


「年中、いつでも有効なノウハウ」


でもありますので、確実にこちらの教材の方がお勧めです。


何にしても、今回取り上げた、


「クリスマス・スナイパーHyper」


は前作に対して大幅に「強化」されたと言っていますが、
前作の内容があまりにも「ズサン」だったので、
私としては、到底、改めて内容をチェックしようとは思えませんでした。


というか「値下げ」をして強化版を「売る」というくらいなら、
前作の購入者には、今回のバージョンアップ版を
そのまま無償提供するくらいの姿勢は見せて欲しかったですね。


少なくとも、私が推奨している教材の販売者さんは、
こうしたバージョンアップ版の教材を普通に無償提供してくれています。


まあ、そこは販売者さんの自由なので、
この「クリスマス・スナイパー」の販売者さんは、
自身が販売した情報商材をバージョンアップさせても、
既存の顧客には提供しないというようなスタンスらしいです。


ですので、来年はまた新たな「クリスマス・スナイパー」が
更に「強化」された形で安く販売されるのかもしれませんので、
どうせなら、そっちを買った方がいいかもしれません(笑)


前作の「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」の内容的に、
この「クリスマス・スナイパー」という教材自体、
私的には、あまりお勧め出来ないというのが率直なところです。


まあ、あくまでも前作を踏まえての意見ですが、
一応、参考にしてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年11月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ