RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ)レビュー

井上です。


インフォトップの売上ランキングの方で、
かなり久々にアフィリエイト系の


「高額塾」


の位置付けに入る教材が上位に入っている模様です。


こちらの「RTL第4期せどりアフィリ塾」という、
文字通り「塾」を謳っている教材です。


RTL第4期せどりアフィリ塾(岩崎秀秋)

http://roadtoliberty.jp/


「せどりアフィリ塾」というネーミングは、
せどりの塾なのか、アフィリエイトの塾なのか
少々ややこしい感じになっていますが「塾の概略」としては、


「せどり関連の情報発信を前提とするアフィリエイト」


を提唱しているものになります。


販売元は、それこそよくせどり関係の教材は販売している、


株式会社キュリアスコープ


という、わりとよく目にする情報商材の販売業者さんです。


このブログでも、この業者さんのせどり教材は度々取り上げてますし、
実際に購入してレビューしたせどり教材も幾つかありますので、
この業者さんの「過去の販売教材」等の批評結果も踏まえて、
今日はこの高額アフィリエイト塾を「批評」していきたいと思います。

RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ)レビュー


まず、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」のノウハウですが
平たく言えば、せどりに関係する情報を発信して、
せどり関係の情報商材をアフィリエイトするというものですので、
これは実質的に、私自身もこのブログでやっている事だったりします。


現にこのブログでは「せどり系」の情報商材を取り上げてますし、
せどりに関係した情報提供を目的とする記事も幾つか書いてますので、


せどり系の情報発信 → せどり系情報商材のアフィリエイト


というステップは、現に私も実際に行っているわけです。


ただ、私の場合は「ネットビジネス全般」の情報を扱ってますので、
この「RTL第4期せどりアフィリ塾」のノウハウでは、
その扱う情報の範囲を「せどり関連に絞る」というイメージになりますね。


それこそ、私が推奨しているせどり教材の著者である、


「せどりエイターれお☆さん」


などは、まさにその「せどり関連」に絞った情報発信から、
自身の教材や、せどり関連の情報商材を取り上げ、
その販売やアフィリエイトをやっている人に該当すると思います。

>せどりエイターれお☆さんのブログ


この「RTL第4期せどりアフィリ塾」の販売ページには、


1、読者を集める

2、せどり関係の情報を発信する

3、メールマガジンで商品を売り込む



というステップが主となる旨が記載されていますので、
これはまさに私がこのブログでやっている、


DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)


の流れそのものと捉えて問題ありません。


要するに、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」は、


「せどり関係の情報発信とそのアフィリエイト」


を前提とするDRMのノウハウを提唱する教材なわけです。


ただ、これがDRMを前提とする教材なのであれば、
実質的に、その「重要なポイント」はほぼ限られてきます。


・集客のノウハウ

・コピーライティングのスキル



結局のところ、DRMで成果を上げられるかどうかは、
この2つのポイントにほぼ集約されますので、


・せどりに関心のある「読者(見込み客)」をどう集めるのか

・その教育と販売を担う「文章のスキル」をどう教示してくれるのか



この2つがほぼ全てだという事ですね。


それこそ、このようなDRMを前提とするアフィリエイトは、
私も「井上太一アフィリエイト倶楽部」という企画を立ち上げて、
この2つのポイントを重点的に教示していけるものを主催しています。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


ただ、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」の販売ページを見る限り、
DRMのプロセスにおいて、最も重要となるはずの、


・せどりに関心のある「読者(見込み客)」をどう集めるのか

・その教育と販売を担う「文章のスキル」をどう教示してくれるのか



この2つのポイントがほぼ完全に「ブラックボックス」になっていて、
具体的にどういうノウハウ、スキルを教示してくれるのかが、
実質的に「何も書かれていない」と言う状況です。


例えば、私のアフィリエイト倶楽部であれば、
読者(見込み客)の集客は主にこの「ブログ」が主体で、
そこにツイッターなどからの集客ノウハウも教示しています。


ですが、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」では、
その読者(見込み客)を集める方法論やノウハウが完全に伏せられていて、


「せどりに関心のある読者(見込み客)をどう集めるのか」


が、実質的に何も解説されていません。


正直、この手の「情報商材」や「高額塾」において、
こういった重要なノウハウやポイントを意図的に「伏せている」ものは、


「いざフタを開けてみてガッカリさせられるもの」


の典型例と捉えた方が身の為だと思います。


もし、そこに本当に有効なノウハウ等があるというなら、
それが「どういうノウハウか」をある程度はアピールするはずですので、
そのような具体的な方法論のアピールが何もされていない時点で、


「アピール出来るだけのノウハウが無い(持ち併せていない)」


という可能性が極めて高いからです。


それこそ、このような情報商材や高額塾に免疫の無い人は
そのような「ブラックボックス」になっている部分に


「何か物凄いノウハウがあるんじゃないか」


と、都合の良い妄想を膨らませてしまいがちですが、
それこそが、この手の高額塾を販売する販売者側の「策略」なんです。


そこに大したノウハウを持ち併せていないポイントほど、
そこに「何かがあるような謳い文句」を並べてくるんですね。


ですが、いざフタを開けてみると、そこには、
ネット検索で入手できるようなレベルの
手薄な情報やノウハウしか提唱されていなかったりします。


まして、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」では、


「どういうメディアを使って読者(見込み客)を集めるのか」


さえ、何らその販売ページには記載されていませんので、
30万円もの高額な料金を支払っても、
そこで提供される教材の方には、


「頑張ってブログを作って集めましょう。」

「無料レポートを作って集めましょう。」



というような事が簡単に説明されているだけかもしれません。


それこそ、ネット検索で簡単に調べられるようなレベルの情報が、
端的に並べられているだけかもしれないわけです。


少なくとも「どういうノウハウなのか」さえ提唱されていないのですから、
そのような「不透明な部分」は、そういうレベルのノウハウ、
情報が提供されているだけの内容だと思ってください。


本当に有効なノウハウなら、それを全面的にアピールするはずですからね。


それがアピールできるほどのノウハウや情報ではないからこそ、
あえてそういったポイントは大々的に「アピールしない」わけです。


これはもう1つの重要なポイントとして挙げた、


「その教育と販売を担う文章のスキル」


にも同じ事が言えますので、この手のDRMの教材で、


「読者(見込み客)をどう集めるのか」

「その教育と販売を担う文章のスキルをどう教示してくれるのか」



この2つが明確にアピールされていないものは、
まず手を出すべきではないと思います。


それでなくとも、このRTL第4期せどりアフィリ塾の販売業者である、


株式会社キュリアスコープ


という業者さんは、過去の販売教材のクオリティも含めて、
決して、質の高い情報商材を提供している業者さんとは言えません。


その「評判」なども実際に調べてもらえば分かりますが、


「販売している教材内容が価格に見合わない」


というような評価が過去の販売教材全般に見られ、
私も、その内容を確認した情報商材については、
ほぼ全てそのような評価に終わっています。


要するに、販売業者さんの過去の販売教材の内容や評価を踏まえても、
その教材内容には、全くもって「期待を持てない」という事です。


それこそ、この販売ページの冒頭に出ている


「売上総額1億円突破!」

「2カ月で3000万円を稼ぎました!」

「2カ月で売上5000万円を達成!」



などの実績を掲げている人達は、
他でも無い「株式会社キュリアスコープ」さんから
情報商材を販売しているノウハウの提供者?にあたる人達です。


販売ページ内では、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」の


「塾生」


という形で名前を顔と動画コメント等を掲載してますが、
この人達の実績はあくまでも「情報商材の販売売上」ですので、
アフィリエイトによって稼いだ収入でも何でもありません。


まして、その全員が「株式会社キュリアスコープ」さん名義で、
株式会社キュリアスコープさんが販売責任を担う形で、
せどり関連の情報商材を販売している事からも、


「内々の関係者」


である事は、ほぼ明らかではないかと思います。


普通に考えて、いち「塾生」が販売するような情報商材に対して、
株式会社キュリアスコープさんが「販売責任」を担う形で、
特定商法表記に名義を掲げて販売を行うのは不自然ですからね。


まあ、その真相はよくわかりませんが、
アフィリエイトを提唱する高額塾の冒頭で


「インフォプレナーとしての売上実績」


を並べるというのは、さすがにどうかと思います。


しかも、この「売上実績」はどう考えても、
株式会社キュリアスコープさんが貯め込んでいるリストに対し、
一気にその情報商材を売り込んで上げている売上ですから、
実質的には「何の指標にもならない実績」でしかありません。


そこに輪をかけて、肝心なポイントが全て不透明な販売ページ・・・。


そこに30万円という高額な代金を支払うには、
あまりにも不安材料が多過ぎるというのが実状だと思います。


ただ、実際にDRMを軸とするアフィリエイトをやっている者として、
結局のところ、このビジネスモデルで収入を得ていくには、


・集客のノウハウ

・コピーライティングのスキル



この2つが必要不可欠であり、
その「読者(見込み客)」を集まる集客方法としては、
やはり、私がやっているような「ブログ(メディア)」を作り、
そこで情報発信を行っていくという方法が一番の「正攻法」です。


その正攻法の中で「コピーライティング」のスキルを勉強しつつ、
情報発信の質を高めていくというのが「王道」だと思いますので、
結局は、この「王道を行くノウハウ」以上の方法は無いと思うんです。


その中で、


「せどり関連の情報発信」


に特化していくというなら、その知識や実績などは、
結局、自分でいちから身に付けていくしかありません。


それはこの「RTL第4期せどりアフィリ塾」に参加しても同じだと思います。


・せどり関連の勉強、実践による知識収集と実績作り

・読者(見込み客)集め

・読者の教育と販売



結局、このプロセスは全般的に避けられませんので、
その1つ1つでどういうノウハウが提供されるかも分からない「塾」に
30万円という大金を支払うのは、さすがに危険だと思いますね。


少なくとも、


・集客のノウハウ

・コピーライティングのスキル



この2つを王道的な「正攻法」で実践していくノウハウなら、
私のアフィリエイト倶楽部の方で「その全て」をしっかり提唱しています。


料金も9800円から参加頂けますので、
このような「DRM」を軸とするアフィリエイトを始められるなら、
是非、一度、私のアフィリエイト倶楽部の案内ページを読んでみてください。


それこそ、、


「読者(見込み客)をどう集めるのか」

「その教育と販売を担う文章のスキルをどう教示してくれるのか」



などは、全てしっかりと「明確」にした上で、
その具体的なノウハウやポイントをアピールしてますので。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


以上、RTL第4期せどりアフィリ塾の批評でした。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ