被リンクのIPアドレスを分散させる効果とSEO対策への有効性について。

井上です。


今現在における「有効性」はともかくとして、
一般的に「SEO対策」と呼ばれているものの中には、


「被リンク対策」


と呼ばれる「被リンクを増やす対策」があり、
その被リンク対策の効果を高める上では、


「被リンク元となるサイトのIPアドレスを分散させる」


といった「IPアドレスの分散対策が有効」と言われています。


ただ、そもそもの「被リンク対策」が有効と言われていたのは、


・ペンギンアップデート

・パンダアップデート



と呼ばれる検索エンジンの大幅なアップデートが行われる前の話です。


ですので、今は、そのような「以前の風潮」と比べても、
色々と勝手が違っている状況にある事は間違いありません。


そういった数々のアップデートを重ねた、
今現在の検索エンジンにおいて、


・被リンクを増やしていく被リンク対策

・IPアドレスを分散させるIPアドレス分散対策



これらの有効性やその効果について講義してみたいと思います。

被リンク対策の有効性とその効果について。


まず、今現在の検索エンジンにおいても、
多くの被リンクが付いたサイトやブログがSEO対策上、


「検索エンジンに高く評価される」


という事は、現実として間違いありません。


例えば、


「出口」


というキーワードをグーグルやヤフーに入れて検索してみると、
その検索結果1ページ目の最上段には必ず


「Yahoo! JAPAN」


のトップページが表示されますが
本来「出口」というキーワードとはほぼ関係性の薄い
ヤフージャパンのトップページがその最上段に出て来る理由は、


「出口」


というキーワードによる「被リンク」が
ヤフージャパンのトップページに対し、
数多くのサイトから貼られている為に他なりません。


これは「アダルト系のサイト」などで、


「あなたは18歳以上ですか?」


というような年齢確認を求めるページにおいて、
18歳未満の人を誘導するリンクに


「出口」


というキーワードリンクが貼られている事が多く、
その誘導先の多くがヤフージャパンのトップページである為、
結果としてヤフージャパンのトップページが、


「出口というキーワードによる被リンクが多数付いているサイト」


となっている事から、その「被リンク」が判断の基準となり、
実際に出口というキーワードで検索を行った際には、
ヤフージャパンのトップページがその最上段に出てくるわけです。


つまり、これはグーグルが「被リンク」やその「キーワード」を、
検索結果を定める際の「判断基準の1つにしている」という事であり、
現実として多くの被リンクが付いているサイトやブログが、
検索エンジンに評価されている事は「間違いない」ということです。


ですが、


「被リンクの多いサイトが検索エンジンに評価される事」


と、


「被リンク対策が有効である事」


は決して「イコール」ではありません。


少なくとも、一般的に言われる「被リンク対策」は、


「意図して人為的に被リンクを増やしていく対策」


の事を指しますので、このような行為については、
主要の検索エンジンであるグーグルが「対策」を講じているからです。


それこそ、


「被リンク数の多いサイトが検索エンジンに評価される」


という事実から、多くのSEO対策業者などが、
被リンクを人為的に増やしていくような行為を繰り返し、
そのような対策を講じたサイトが横行し始めた事で、


「グーグルにとって本意ではないサイトが上位に表示される」


という状況が度々、垣間見えるようになってきた為、
グーグル側としてもそこを対策してくるようになったわけです。


それが俗に言う「ペンギンアップデート」というわけですね。


よって、基本的に「人為的に被リンクを増やしていく対策」は、
現在の検索エンジン対策においては、さほど効果は無く、
むしろ「ペナルティ」を受けるリスクさえあるというのが現実です。


被リンクが検索エンジン対策に対して、
一定の効果がある事については間違いありませんが
これはあくまでも「自然に増えていった被リンク」が前提であり、
それが人為的なものでは「意味が無い」という事です。


ただ、そんな「人為的な被リンク対策」を人為的に見せない為の対策。


それが冒頭でも挙げた「IPアドレスの分散対策」です。


IPアドレスの分散対策とその有効性について。


ウェブサイトは基本的に「サーバー」に置かれてものであり、
サーバーには全てIPアドレスというものが割り振られています。


要するに1つのサーバーに複数のサイトを作成し、
それらのサイトから「被リンク」を貼っていっても、
サイトのIPアドレスが全て同じであれば、


・被リンク対策としての効果も薄くなる

・それが人為的な被リンク対策とみなされる



という点から、複数のサーバーにサイトを作成していけば
結果的にその「IPアドレス」も分散させる事が出来るため、


・被リンク対策としての効果も高くなる

・人為的な被リンク対策とみなされる可能性も低くなる



というのがIPアドレスを分散される対策のメリットです。


確かにIPアドレスが同じサイトからの被リンクは、
実質的に同じサイトからの被リンクとみなされる傾向にあり、


・被リンク対策としての効果も薄くなる

・それが人為的な被リンク対策とみなされる



というような事も現実としてある模様です。


よって、この「IPアドレスの分散」を前提とすれば、
被リンクを人為的に増やしていくSEO対策も、
現実として有効であり「効果がある」と考えて問題ありません。


ですが、ここで注意が必要なのは、


「IPアドレスの分散」


を謳い文句にしているような「被リンク対策サービス」や、
そのような被リンクを増加させる「ツール」などです。


確かにIPアドレスを分散させる被リンク対策は「有効」ですが、
これを「サービス」や「ツール」として提供しているものは、
ハッキリ言って、効果が無いどころか


「ペナルティのリスクがある」


というのが現実であり、まず利用等は避けた方がいいと思います。


その理由として、どんなに複数のサーバーにサイトを作り、
そのIPアドレスを「分散」させていたとしても、
それらのサイトからの「被リンク」を


・被リンクサービス

・被リンクツール



というような形で不特定多数の人へ提供していく以上は、
結果的にそのサービスやツールを利用していくサイト全てに対し、
同じサイトの被リンクが付けられる事になります。


例え、完全にIPアドレスを分散したサイトが
100サイト、200サイトと大量にあったとしても、
そのサービスやツールを利用していくサイト全てに対し、
全く同じような被リンクが貼られていく事になるわけです。


このような被リンクの規則性、類似性も、
グーグルはしっかりと監視し、チェックしている為、
そのような規則性、類似性が確認された時点で、
そのサービスやツールを利用しているサイトは全て


「人為的な被リンク対策を行っている」


とみなされてしまうという事です。


その結果として、被リンク対策の効果が無くなるどころか
最悪はペナルティの対象になってしまう事も考えられるため、
例えIPアドレスを分散している事が強調されているとしても、


・被リンクサービス

・被リンクツール



などの利用は、少なくとも私は避けた方がいいと思います。


そのようなサービスやツールを「商品」として、
不特定多数の人に提供している時点で、
それはもはや「無意味なもの」になっているか、
今後、グーグルからの対策を受けると考えられるからです。


被リンク対策、IPアドレスの分散対策の効果。まとめ


結論として、検索エンジン対策においては、


「被リンクが多いサイト」


がSEO対策上、有利になる事は間違いないものの、


「人為的」


とみなされるような被リンク対策はほぼ意味が無く、
あくまでも自然な被リンクこそがその「評価」の対象となり、
SEO対策においても効果を発揮出来るものと言えます。


故に、被リンク対策における「IPアドレスの分散」を徹底すれば、


「個人的にそれを徹底していく範囲」


であれば、ある程度の有効性や効果はあると言えますが、
そのような「IPアドレスの分散」を売り文句とするような


・被リンクサービス

・被リンクツール



などについては、それらを不特定多数の人に提供する時点で、
グーグルからは「人為的な対策」とみなされる可能性が高い為、
まず、SEO対策における効果は「期待できない」と考えるべきです。


よって、IPアドレスの分散対策などは、


「自分自身を主体に個人的な対策として講じる」


というのであれば、一定のSEO対策効果は見込めますが、
それを前提とするようなサービスやツールなどは、
基本的に「利用しないに越したことはない」という事ですね。


ただ、このような被リンク対策やIPアドレスの分散対策は
結局のところ、小手先レベルの「外部SEO対策」でしか無い為、
実質的にそこにかかる労力ほど、高い効果を見込めるものではありません。


ですので、私自身も「ほとんどやっていない」というのが現実です。


そのような小手先レベルのSEOに時間と労力を割くなら、
もっと別のところに時間と労力を割いていく方が、
遥かに効果的な「SEO」を講じていけるという事です。


もし興味があれば、その他のSEO関連講座も
以下より併せて参考にしてみてください。


井上


集客・SEO対策講座一覧


SEO対策とは?その考え方、方法と基本。

SEO対策におけるキーワード選定について。

ブログ記事の文章量、文字数は何文字以上がSEO対策に最適なのか。

投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略。

ワードプレス(WordPress)と無料ブログサービスの比較。

日本語ドメインのSEO対策効果、優位性、メリットについて。

中古ドメインの有効性と効果、リスクと懸念点、選び方について。

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について。

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ。

費用対効果、労力対効果の高い集客方法とは。


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SEO対策

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ