コピーライティングの情報商材、教材の比較ランキング

コピーライティングの情報商材、教材の比較ランキング


  1位:The Million Writing(ミリオンライティング)(宇崎恵吾)

  2位:文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”(浅川義人)

  3位:和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科(木坂健宣)

  4位:本質のコピーライティング大全(戸田丈勝)

  5位:悪魔のステップメール(兵法家けん)

  6位:Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)(横山直広)

  7位:新・魔法のコピーライティング(岡村元紀)


今もロングヒットを続けているコピーライティングの教材として、
大手ASPの売上ランキングにも定期的に名前が出てくる、
上記6つの情報商材を個人的に「順位付け」させて頂きました。


それぞれの教材における詳細レビューについては、
上記のリンクよりそれぞれご確認頂けますので、
ここではそれぞれの「比較」を前提にした批評を
各教材1つ1つに対して述べていきたいと思います。


1位:The Million Writing(ミリオンライティング)


1位はやはり「The Million Writing」で、
内容にしても価格にしても、群を抜いていると思います。


何よりその販売条件が「無条件返金保証付き」なので、
この教材に関して言えば「推奨しない理由」がありません。


気に入らなければメール1通でお金は全て戻ってくるからです。


一時期は3位の「ネットビジネス大百科」の方にも
無条件の返金保証が付いていましたが、
今は「条件付きの返金保証」に変わっている為、
実質的にはあって無いような保証内容になっています。


それだけ「無条件の返金保証」というのは、
内容に絶対の自信が無ければ付けられないものであり、
私が3位に挙げた「ネットビジネス大百科」でさえ、
継続的に無条件保証を付け続ける事は出来なかったわけです。


販売者自身は自信を持って保証付きで教材を公開したものの
思いの他、全額返金の請求が多かった為、
新たに保証条件を加えるしか無かったわけですね。


そんな中、販売当初から今現在にかけて、
既に○年間に渡り無条件保証付きで販売され続けている
1位の「The Million Writing」は、やはり驚異的であり、
それだけ多くの購入者が満足している事を意味しています。


世間的にすこぶる評判の良い「ネットビジネス大百科」でさえ、


「保証し続ける事が出来なかった無条件返金」


を今現在も継続して保証し続けているという一点でも、
1位の「The Million Writing」については、


・コピーライティング教材としての完成度の高さ

・購入者の満足度の高さ



は現在進行形で実証されていると考えて問題ありません。


事実、The Million Writingというライティング教材は、
本当にそれくらいの文句の付けようがない
最高峰のコピーライティング教材と言っていいと思います。


何にせよ、買って満足出来なければ、
メール1通で購入代金は全て戻ってくるのですから、


・ネットビジネスやアフィリエイトで稼ぎたい人

・コピーライティングを勉強したい人



は、まず買って読んでみればいいんです。


初心者層の人、上級者層の人、どちらの層の人にも推奨出来る、
基礎的な原則から、それ以上のテクニックまで一様に学べる
本当に有益なライティング教材だと思います。

>The Million Writing(ミリオンライティング)詳細レビュー


2位:文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”


続く2位に挙げた教材は通称「才ゼロ」こと、


「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ」


で、販売ページそのものの方では、


「コピーライティングの教材ではない」


というところが強調されている教材なのですが、


コピーライティングの教材=文章の書き方を学べる教材


という捉え方を前提とした上で、
こちらの教材をその「2位」に挙げさせて頂きました。


その「内容」については


「コピーライティングの教材ではない事」


が強調されていた通り、教材の趣旨としては、


コピーライティング = 人を行動させる為の文章術


というものに先立つ文章そのものの「基礎」や、
ウェブ(ネット)に用いる文章の「原則」を学べる、


『初心者層向けの教材』


と捉えていいと思います。


故に、ある意味では、1位に挙げた


「The Million Writing」


よりも、その「段階」によっては、
この「才ゼロ」の方が然るべき必要なポイントを
しっかりと学べるような人も少なくはないかもしれません。


ただ、価格の方が「The Million Writing」の3~4倍で、
教材自体のボリュームは「ほぼ同じくらい」という点や、
「才ゼロ」の方には保証等が一切付いていないという点から、


「推奨順位」


としては「The Million Writing」に及ばないと判断しました。


ですので、考え方としては、まずは無条件保証付きの
「The Million Writing」の方を読まれた上で、


「その内容以前の基礎原則が自分には足りていない」


と思われる場合に限り、この2位に挙げた
「才ゼロ」の購入を検討してみてはどうかと思います。

>文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”の詳細レビュー


3位:和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


3位に挙げるのがこの「ネットビジネス大百科」で、
この順位までの教材が基本的には「推奨教材」の範囲に入り、
4位以下の教材は基本的には「推奨できない教材」の範囲に入ります。


この「ネットビジネス大百科」については、
今回挙げた6の教材の中では最も知名度が高く、
また「売れている教材」と見ていいものだと思いますが


知名度が高く売れている = 内容が良い


という事は必ずしもそう言えるものではありません。


少なくともこの「ネットビジネス大百科」は、
1万円という販売価格に対して8800円と高額報酬が付いている為、
やや過剰なまでの肯定評価が出過ぎている傾向にあります。


要するにアフィリエイターが「高額な報酬」を目的として、
あまり的を得ない肯定的なレビュー等を並べて、
やや強引にこれを売り込んでいる傾向にあるという事です。


ですので、この「ネットビジネス大百科」については、
少しその評判や評価を押さえて捉える必要があります。


とは言え、この教材自体は私も基本的には「肯定派」で、
価格に対しての内容は大いに評価出来る教材であり、


「コピーライティングの教材」


としても、十分に評価出来る内容になっていると思います。


というのも、この「ネットビジネス大百科」は、
基本的にはネットビジネスの「総合教材」的なもので、
その内容はコピーライティングのみを扱っているわけではなく、
かなり広い範囲に及ぶネットビジネスのノウハウが


「大ボリュームの音声講義」


という形で詰め込まれているものなんです。


その「音声講義」が主軸の教材という点が、
私としては「テキスト」がベースの教材と比較すると
どうしても大きなマイナスポイントになってしまうのですが
その講義内容は本当に多くの事を学べるものになっています。


その中でも「コピーライティングの音声講義」は、
非常に「聞き応え」がある内容になっていますので、


「音声主体のライティング教材」


として、この教材を3位に挙げさせて頂きました。


やはりコピーライティングは「文章のスキル」ですから、
その教材は例文なども含めてテキスト(文章)が適している為、
どうしても「The Million Writing」「才ゼロ」に比べると
順位は落ちますが、講義内容は間違いなく「本物」です。


私が1位に推奨している「The Million Writing」の筆者、
宇崎恵吾さんも推奨しているライティング教材でもありますので
音声講義という形でコピーライティングを学びたい人は、
テキストベースの教材と併せて取り入れていってもいいと思います。

>和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科の詳細レビュー


4位:本質のコピーライティング大全


この「本質のコピーライティング大全」も、
音声講義がベースのライティング教材なのですが
同じ音声講義がベースとなっている


「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」


と比べると、その講義レベルの内容に明らかな「差」があります。


むしろ、その講義内容自体が「ネットビジネス大百科」を
そのままトレースしたようなものになっていますので、
その内容は「ネットビジネス大百科の劣化版」と言わざるを得ません。


その割に、販売価格はネットビジネス大百科よりも高く、
ネットビジネス大百科のような他のネットビジネススキルの講義等は
とくに含まれていない内容になっていますので、


「これを買うなら、断然ネットビジネス大百科を買った方が良い」


という結論に至る為、この本質のコピーライティング大全は、
基本的には「お勧め出来ないライティング教材」として、
第4位の位置付けとさせて頂きました。

>本質のコピーライティング大全の詳細レビュー


5位:悪魔のステップメール


ステップメールに特化した教材という事で、
こちらもライティング教材の1つとして取り上げますが、
こちらはその内容の大半が「ライティング」よりも


「マーケティング」


の方に特化された教材内容になっている為、
ライティング教材としてはこの順位にさせて頂きました。


ステップメールを駆使した仕組み作りや、
マーケティングを学ぶ為の教材としてはアリですが、
この教材1つで「稼ぐ仕組みを作る事」は難しいと思います。


理由は他でも無く、コピーライティングをほとんど学べないからです。


よって、この「悪魔のステップメール」は、
ここで挙げた1~3位までの教材と併せて手にしてください。


コピーライティングの基礎や原則を学べるような、
良質なライティング教材と併せて購入すれば、
十分にその有効性を発揮出来るのではないかと思います。

>悪魔のステップメールの詳細レビュー


6位:Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)


こちらは横山直広さんという方が販売しているライティング教材で、


「コピーライティングのセミナー動画」


が約4時間分ほど提供されるというものなのですが
その4時間にも及び動画講義のうち、
本格的に「ライティングの講義」をしているのは、
その中でもせいぜい1時間ちょっとくらいで、その大半が


「コピーライティングの重要性や可能性を説く講義」


に終始しているというライティング教材であった為、
順位としては「6位」という位置にさせて頂きました。


要するに「コピーライティングを学ぶ教材」というより、


「コピーライティングを学ぶ意識を高める為の教材」


というものでしかなく、私としては後々の段階で、
高額な「バックエンド教材」を売る為の
フロンド商材的なものとしか思えなかったという感じです。


もちろん、そのような位置付けのフロンド教材であっても、
それが「為になる教材」で学べる事が多ければ言う事はありません。


ですが、この「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」は、
正直、その「学べる事」が非常に薄く、ほぼ取り上げられているのは、


「コピーライティングの重要性や可能性を説く話」

「どこかで聞いた事があるようなコピーライティングの基礎話」


に終始している為、少なくとも一定レベルの
コピーライティング教材、書籍などを目にした事がある人なら、


「そんな前置きはいいから早く本題に入って欲しい」


と思ってしまうような講義が続く時間があまりに長く、
いざライティングの講義に入っても、そのほぼ全て講義内容が


「どこかで聞いたような話」


としか思えないような印象のまま講義が終わってしまうものと思います。


そのような「基礎的な講義」をするにしもて、
そこに「独自性」と言えるような要素がほぼ無いに等しく、
本当に基礎的なコピーライティングの講義を、
講師の横山直広さんが掻い摘んで行っているだけという感じですね。


要するに4時間の動画教材というわりに、
あまりに内容が薄く、その販売価格も高額な為、
上位で紹介している教材を踏まえると、


「あえてこの教材を手にする必要、メリットは無い」


というのが率直なところです。

>Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)


7位:新・魔法のコピーライティング


アフィリエイターの中には、この「新・魔法のコピーライティング」を、


「お勧め出来るコピーライティング教材」


として、強いて推奨している人もいるようですが、
おそらく、これを推奨しているアフィリエイターさんは、
私が1~3位に挙げた教材を読んでいない人ではないかと思います。


少なくとも、私が先立って推奨した


・The Million Writing(ミリオンライティング)

・文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ

・和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科



の内容や価格を前提に捉えた上であれば、
この「新・魔法のコピーライティング」の方を
あえて推奨するはずが無いと思うからです。


それくらい、その「教材内容」については、
歴然過ぎるほどの大きな「違い」があり、
人によってはどうこうという感覚云々の話ではなく


「明らかに」


コピーライティングの教材としての「質」が、
先立つ3つの教材に対して低過ぎる為、
順位としては最下位の6位という順位です。

新・魔法のコピーライティングの詳細レビュー


もし、この「新・魔法のコピーライティング」を既に購入済みで


「コピーライティングの教材って、こんなもんか」


という感想を抱いているような人は、
一度、騙されたと思って私が「1位」に挙げた


「The Million Writin」


だけでも実際に購入して読んでみてください。


もし内容に満足出来なければ、メール1通を送るだけで、
その購入代金は全額、普通に戻ってきますので。


コピーライティングの情報商材、教材の比較ランキング総括


以上、コピーライティングを題材とする情報商材、教材の、
比較ランキングとその比較を前提とした批評でした。


1位:The Million Writing(ミリオンライティング)(宇崎恵吾)

2位:文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”(浅川義人)

3位:和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科(木坂健宣)

4位:本質のコピーライティング大全(戸田丈勝)

5位:悪魔のステップメール(兵法家けん)

6位:Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)(横山直広)

7位:新・魔法のコピーライティング(岡村元紀)


是非、参考にしてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年8月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材ランキング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ