フィードマティック(田島文忠)は稼げるの?

井上です。


インフォトップの売上ランキングの方で、


「フィードマティック」


というツール付きのアフィリエイト教材が、
ここ数日間ですが、上位の方に出て来ています。


フィードマティック:http://フィードマティック.com/


インフォトップの他、アドモールでも販売されているようで、
質問も何件か頂いている状況でしたから、
早速ですが、購入して中身の方をチェックしてみました。


まだツールそのものは使っていないのですが、
ひとまずノウハウ、教材を一通り目にした上での批評をしてみます。

フィードマティック(田島文忠)レビュー


まず、この「フィードマティック」ですが、
ツールやノウハウの提供者は、


田島文忠さん


という方になっているものの、
その販売元はあの「フォローマティック」の販売元、
北川雅嗣さんが代表を務める


株式会社Manifold Knowledg


となっています。


フォローマティックと言えば、
業界でもかなり知名度の高い「ツイッターツール」で、
今もロングセールスを記録しているツールの1つです。


私も「Twitter Brain」というツールが登場するまでは、
ツイッターツールのお勧めツールとして、
その「フォローマティック」の方を推奨し、
実際にそれなりの数の本数を販促していました。


その上で、この「フィードマティック」は、
教材のネーミングもフォローマティックに通じるところがあり、
今回の「フィードマティック」の教材そのものにも、
バージョンアップされる前の


「初代フォローマティック」


が付属ツールとして付いてくる形になっています。


「何故、バージョンアップされたものがあるのに初代なの?」


と思うところもありますが、
これは要するに「販売者さん都合」というか、
この「フィードマティック」の購入者に
現在進行形で販売しているフォローマティック。


「フォローマティックXY」


を購入させたいという意図があるようです、、、


ただ、これは幾ら何でも露骨というか、
既に「より最善の最新版ツール」があるにも関わらず、
それに劣るものを付属して販売しているという姿勢は
私はハッキリ言って、好きになれませんね。


この「フィードマティック」という教材のクオリティ、
その再現性を最大限にまで高める姿勢があるなら、
素直に最新のツールを付属してくれればいいと思うんです。


ですが、この「フィードマティック」では、
そこをあえて旧式のツールを付属しているわけですから


「それってどうなの?」


と思ってしまうのが率直なところです。


というのも、この「フィードマティック」は、
そのセールスレターにも書かれている通り、


「コンテンツを自動生成するツール」


がその「メイン」にあたるもので、
そのツールによって生成したサイトへは


「ツイッターからの集客誘導」


をメインに据えたノウハウが基本となっています。


要するに「集客」の王道ルートである、
検索エンジンからの集客をほぼ度外視して、
ツイッターからの集客のみでアクセスを集め、
収益を上げていく事を前提としているわけです。


つまり、この「フィードマティック」で稼ぐには、


「ツイッターからいかに集客出来るか」


が非常に重要なポイントになるのですが、
この肝心なポイントを以前の「旧式」である、
初代フォローマティック頼りとなっている為、
これではかなり「厳しい」というのが現実です。


というより、そこを「厳しい」と体感させ、
最新版のフォローマティックである、


「フォローマティックXY」


を買わせようという「魂胆」がどうも、
私には見え見えに感じられてしまったわけです。


事実、この「フィードマティック」を購入した人は、
そのほぼ全ての人が付属のツールに限界を感じ、
最新版のフォローマティックの購入を検討する事になり、
そして多くの人が購入するんじゃないかと思います。


ですが、ここもあえて先に言っておくと、
この「フィードマティック」のツール、ノウハウでは、
おそらく最新版のフォローマティックを購入しても、
実際に稼いでいく事は「出来ない」可能性が高いです。


というより、おそらくですが稼げません、、、。


そもそも、この「フィードマティック」によって
実際に自動生成していく事が出来るコンテンツ自体が、
どう考えても稼げるようなものではないと思うからです。


まあ、これは実際にツールを使った上での感想ではないので
購入したマニュアルの内容やツールのロジックを捉えた上での
私なりの見解、意見でしかありません。


ですが、そのロジック等を捉える限りでは、


「全くもって有効性を感じなかった」


というのが率直なところであり、それ故に、
実際にツールを設置してみようとも思えなかったわけです。


そう思ってしまった要因は何点かあるのですが、
やはりその一番の要因はこの「フィードマティック」によって、
実際に自動生成出来るコンテンツの「薄さ」にあり、
この生成出来るコンテンツの「薄さ」については


「検索エンジンからの集客を期待出来ないコンテンツ」


という時点で、その生成されていくコンテンツが、
質に乏しいものである事は容易に想定出来ると思います。


そして、実際にそのロジックを捉えた上でも、


「確かにこれは検索エンジンからの集客は無理だろうな」


という思いが率直なところでしたし、
それどころか「これで稼げる」というイメージも
全く見えて来ないものだったというのが率直な感想です。


というのも、このフィードマティックで
実際に自動生成していく事が出来るコンテンツは


「まとめサイト」

「まとめコンテンツ」



と呼ばれるものであり、それをかなり「雑」に、
自動生成していくだけのツールというのがその実情です。


ハッキリ言って、それ以上でもそれ以下でも無い、
コンテンツ生成ツールとしては、
私的にはかなり低俗なものとしか思えませんでした。


そもそも検索エンジンから評価されないという時点で、
そんなまとめコンテンツで収入を得る事は
私はどう考えても難しいと思いますし、
それはツイッターからアクセスを流しても同じだと思います。


そして、そのコンテンツにおけるキャッシュポイントも、
クリック課金型の広告収入が前提になりますから、
それなりの収入を稼ぎ出していくには、
それなりのアクセスを集めていかなければなりません。


ですが、ツイッターという集客ルート1つで、
そこまでのアクセスはハッキリ言って集められないです。


まして旧式のフォローマティックでは到底不可能ですし、
最新のフォローマティックXYを使ったところで、
これもそこまで大きく結果が変わるものではありません。


まあ、ツイッターからの集客力次第では、
全く稼げないという事もありませんが、
強いてこの「フィードマティック」を使うメリットは、
さほど無いんじゃないかと思います。


クリック課金型の広告収入を狙い、
ツイッターからの「受け皿」としていくなら、
このフィードマティックによるコンテンツではなくても、
普通に同等の報酬を手にしていくは出来ると思うからです。


それこそ、この程度のツール、ノウハウであれば、
今現在、販売している「フォローマティック」に対して
そのまま加えてくれても良かった気がしますね。


それこそ私が推奨しているツイッターツール、


「Twitter Brain」


には、既にこの「フィードマティック」以上の、
ツイッターを利用したアフィリエイトマニュアルが、
そのまま「付属マニュアル」として付属されていますので、
この「フィードマティック」を購入するのであれば、


「Twitter Brain」


を購入された方が良いかと思います。


当然ですがツイッターツールとしての性能も
Twitter Brainの方が格段に上ですし、
ツイッターを利用したアフィリエイトノウハウとしても、
遥かに質の高いノウハウ、マニュアルを提供してもらえますので。

>Twitter Brain(ツイッターブレイン)


少なくとも、私のこの「フィードマティック」の印象は、


・検索エンジンに評価されないレベルの
 質の低いまとめサイトを自動生成するだけのツール

・バージョンアップ前の旧式のツイッターツール

・ツイッター集客のみに頼った
 合理性の薄いアフィリエイトノウハウ



これらの寄せ集め教材という感じなので、私的には
あえてこの「フィードマティック」を購入するメリットは、
ノウハウ的にもツール的にも「無い」と思います。


せめて「フォローマティックの販売者」なんですから、
最新版のフォローマティックを付属すべきだったと思いますね。


実際、Twitter Brainには「フィードマティック」以上の
アフィリエイトノウハウを凝縮したマニュアルが付いてますから、
このようなツールやマニュアルを販売する販売者としては、


「可能な限りベストなコンテンツを提供する姿勢」


を示して欲しかったです。


作為的に旧バージョンのツールを付属して、
別売りの最新版のツールを買わせようという姿勢が
私的にはどうもいただけませんでした。


まあ、どういう売り方をしようと販売者さんの自由ですが、
私はこういう売り方をする販売者さんはちょっと「嫌」ですね。


そこがこのフィードマティックで一番、残念に感じたところです。


以上、フィードマティックの批評でした。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ