下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~のレビュー(バナナデスク)

井上です。


トレンドアフィリエイトを題材とした教材で、


「下克上」


という、わりと有名な教材があるのですが、
この「下克上」がつい最近、大幅リニューアルという事で、
再注目?されている模様です。


下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~

http://gekokujo-mugen.info/


インフォトップの売上ランキングの方でも、
ここ数日で再度上位に浮上してきている模様ですので、
今日はこのリニューアルされた「下克上」の方を、
そのコンテンツ内容も含めて取り上げてみたいと思います。

下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~レビュー


一応、リニューアル前の「下克上」については、
こちらの記事で他のトレンドアフィリエイト教材と併せて、
それらを「比較」する形でレビューした事がありました。

>「下克上」「PRIDE」「イメージングアフィリエイト」比較レビュー


こちらの記事でも解説している点として、
そもそもこの「下克上」などが題材としている、


「トレンドアフィリエイト」


という手法は、さほど押さえるべきポイントが多いわけでも無く、
言ってみればそのステップは以下の3つに集約されます。


1:トレンドキーワードをリサーチする

2:トレンドキーワードを狙って記事を書く

3:1と2をひたすら継続する



これだけと言えば本当にこれだけの手法なわけです。


基本は「ブログ」を使って展開する手法なので、
あとはそのブログに何らかのキャッシュポイントを入れれば、
そのブログへのアクセス数に応じて稼ぐ事が出来るという寸法です。


オーソドックスなのは「グーグルアドセンス」などですが、
ブログのジャンルや記事内で扱うテーマによっては、
物販系のアフィリエイトにも応用出来ます。


トレンドアフィリエイトという手法は、
言ってみれば本当に「これだけ」の手法なので、
それを実践していく上で押さえるべきポイントというのは、
本当にそう多くはないというのが実際のところなんです。


それでも、この「トレンドアフィリエイト」という題材では、
実際に幾つかの情報商材が世に出ている傾向にありますが、
その主な違いは先ほどの3つ(実質2つ)のステップにおける、


・キーワードの調べ方、絞り込み方、狙い方の違い

・キーワードを狙った記事の書き方、ポイントの違い



この2つにそれぞれの独自性があるというくらいの違いです。


故ににトレンドアフィリエイト教材における「良し悪し」は、
この2つのポイントの良し悪し次第と言えない事もありません。


ですが、実質的に2つ目の「記事の書き方」については、
今はほとんど、小手先だけのテクニック論では、
主要検索エンジンであるグーグルに評価される事は難しくなってます。


「○○文字以上の記事を書けばいい」


とか


「狙いたいキーワードを何回以上使えばいい」


とか


「タグを使った方がいい」


とか・・・


こういう一辺倒な基準では、ほぼ通用しなくなっているわけです。


本当の意味で「内容」が重視されるようになっていますので、
この「記事の書き方」という部分については、
下手に小手先だけのポイントを押さえていっても、
今の検索エンジンにおいては、さほど意味がありません。


とは言え、もともと


トレンドキーワード = 世間的に話題性の高いキーワード


をいち早く狙っていく事を前提としているのが
トレンドアフィリエイトの特徴ですので、


“キーワード重視、記事の内容、文章力は二の次”


というのが実際のところであり、
それでも「そこそこは稼げる」というのが、
トレンドアフィリエイトが初心者向けと言われている所以です。


ですので、


「キーワードを狙った記事の書き方」


という部分に関して言えば、
大半のトレンドアフィリエイト教材は、
どれもこれも「どんぐりの背比べ」状態です。


それこそ記事の書き方、文章の書き方的な部分を学びたいなら、
私が推奨しているこちらの教材1つで十分だと思います。

>The Million Writing(ミリオンライティング)


3980円という安価なライティング教材ですが
ウェブに特化した文章術という点では、
これだけで十分以上のスキルが手に入るはずですから、


「文章」


で、他のトレンドアフィリエイターと差を付けたいのであれば、
是非、一度、手にして教材を読んでみてください。


内容に満足出来なければメール1通で全額返金の保証もついてますので。


話を戻します・・・


ちょっと話が脱線したので話を戻します。


トレンドアフィリエイトの教材として主要となる、


・キーワードの調べ方、絞り込み方、狙い方

・キーワードを狙った記事の書き方、ポイント



この2つのうちの後者については、
どの情報商材も「どんぐりの背比べ」状態であり、
記事の書き方についてはもともとどの教材も
さほど力を入れてその内容を追及することはしていません。


そもそもの前提として、


「ライトな記事を書くだけで稼げる」


というのがトレンドアフィリエイトの強みなので、
実質的にトレンドアフィリエイトを題材とする情報商材は、


「キーワードの調べ方、絞り込み方、狙い方」


この1点で差別化を図っていると言っていいくらいだと思います。


実質的に、それ以外のポイントは、


「トレンドアフィリエイト」


という手法を前提とするのであれば、
もはや、あっても無くてもさほど大差はありませんので、
トレンドアフィリエイトの教材は実質的に、


「キーワードの調べ方、絞り込み方、狙い方」


これが全てと言っていいと思います。


そして、そのキーワードという点に関して言えば
今回、取り上げる「下克上∞MUGEN~」は、


「ライバルの少ないキーワードを合理的に絞り込むノウハウ」


を主として提唱しているものになります。


これはリニューアル前も今もほぼ変わらないポイントで、
下克上という教材の「ポイント」や「強み」は、
ほぼこの一点に集約されると言っても過言ではありません。


その上で強いてリニューアルで変わった点、追加された点は、


・PDFマニュアルが動画中心のコンテンツになった事

・セミナー動画などの補足的なコンテンツが増えた事

・動画コンテンツの充実化に併せて事例が豊富になった事

・ブログテーマを特定の分野に特化させる応用編
 物販アフィリエイトへの応用編が加わった事



という感じでしょうか。


こう見ると、結構なリニューアルに見えますが、
先ほどもお伝えしたように、


「トレンドアフィリエイト」


という手法を前提とするのであれば、
キーワードの調べ方、絞り込み方、狙い方以外のポイントは
実質的にあっても無くてもさほど大差はありません。


結局、そこが最も重要なので、
今回の下克上のリニューアルは、
私的には細かいポイントが追加されただけで、


「PDFマニュアルが動画中心のコンテンツ教材になった」


という捉え方以上にはなっていないというのが率直なところです。


そして、私個人の意見を言えば、
以前のPDFマニュアルの方が分かり易く、
取り組み易かったような気がします、、、。


やっぱり動画主体のマニュアルというのは、
アフィリエイトの教材としては不適切だと思いますね。


まあ、これはあくまでも個人的な感想ですが。


よって、私から見ると、今回の


「下克上の大幅リニューアル」


というのは、トレンドアフィリエイトの教材としては、
そこまで大きく何かが変わったというわけでもなく、
その評価は以前とほぼ変わらず・・・という感じです。


尚、この「下克上」の最も主要なポイントである、


「ライバルの少ないキーワードを合理的に絞り込むノウハウ」


についてについては、先程もご紹介させて頂いた、
以下の記事内で批評していますので、
その有効性等についてはこちらを改めて参照してください。

>「下克上」「PRIDE」「イメージングアフィリエイト」比較レビュー


以上、リニューアルされたトレンドアフィリエイト教材、
下克上∞(MUGEN)の批評、レビューでした。


以前の批評記事と併せて参考にして頂ければと思います。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ