情報商材レビューの書き方とその集客効果を高めるポイント

井上です。


情報商材のアフィリエイトをブログなどで行っていく上で、
最もその「集客効果」が高い集客方法は、やはり


「類似、関連する情報商材のレビュー記事を書く事」


だと思います。


ここで言う「集客効果」というのは、
単純な「アクセス数」だけの話ではなく、
そのアクセスの「質」も含めて考えるべきですので、


集客効果 = 集客数×その属性のマッチング傾向(質)


という図式で考えるべきであり、この前提で考慮するなら、
やはり類似、関連する情報商材のレビュー記事を書く事は、
最もそのこの図式に沿った高い集客効果を望める方法にあたります。


そのようなレビュー記事は必然的に、
そのレビュー対象となる情報商材の名称や
その販売者名をキーワードとして狙っていく事が出来ますので、


・既に類似、関連する情報商材に興味、関心を示している人

・既に類似、関連する情報商材に対して購買意欲を抱いている人



を検索エンジンを介して集客していく事が出来るわけです。


ただ、そのような「集客効果」をより高く発揮していく為にも
幾つか押さえていくべきポイントがありますので、
今日はそんな情報商材のレビュー記事の書き方、
そのポイント等を併せて講義しておきたいと思います。

集客効果の高い「情報商材レビュー記事」の書き方


まず、その前提的な考え方として、
検索エンジンから集めてきたアクセスにおける「質」は、
アクセスを集めた時点の質のみで決まるものではなく、


「実際にその記事でどんな情報を与えるか」


によっても大きく変わってくるものになります。


集客というものをただ純粋な「数」で捉えるなら、
それは検索エンジンからのアクセス数のみが全てになりますが、
そこから何らかのレスポンス(反応)を取っていくとなれば、
その記事における反応が先立つものとして重要になるからです。


まずはその見込み客との「接点」となる記事によって、


「もっと他の記事も読んでみよう」

「この人が推奨している情報商材が気になる」

「この人のメールマガジンを読んでみたい」



という反応を取れてこそ、その「集客」は意味を成します。


逆に、どんなに質の高い見込み客を呼び込んでも、
その先立つ接点となる記事で良い反応を取れなければ、
その記事を読んでいる途中や読み終えた段階で、
やはり、その見込み客はページを閉じてしまうわけです。


つまり、ブログにおける「集客」本質は、
その集客の入口となるコンテンツにおける最初の反応を含め、
それによる反応を含めて「集客効果」を意識していく必要があります。


故に、情報商材のレビュー記事において重要なのは、
ただその商品名キーワードや販売者名キーワードを狙って
検索エンジンから見込み客を集める事だけを意識するのではなく
そのレビュー記事を実際に読んだ人が


「もっと他の記事も読んでみよう」

「この人が推奨している情報商材が気になる」

「この人のメールマガジンを読んでみたい」



と思うような良質な記事を書いていく事が必要不可欠になります。


少なからず、そのレビュー内容において「価値」を感じてもらい、


『読んで良かった』『為になった』


と思ってもらう必要があるという事です。


その上で、最もそう感じてもらいやすいのは、
やはり、その情報商材の中身を批評、レビューして、
その情報商材の内容の良し悪しを的確に分析し、


「説得力のあるレビューでその情報商材の価値を判別させる事」


だと思います。


そもそもの前提として、情報商材の名称や、
その販売者名のキーワードで検索しているような人は、
そのような価値判断における的確な情報を求めているからです。


ですが、そのようなレビュー記事を的確に書いていくには、
実際にその情報商材の中身をきちんと確認していく必要があります。


言わば集客を目的とするレビュー記事を書く為だけに、
その対象となる情報商材を購入していく必要があるわけです。


勿論、方法の1つとして、インフォプレナーの方に直談判をして、
レビューする事を目的として商材の無料提供をお願いする事も出来ますが、
仮にそのような形で情報商材を無料提供してもらった場合などは、
その商材の内容がいまいちでもあまり辛口な批評はしにくくなります。


故に、自由に辛口で的確なレビューをしていくには、
やはり実際にその商材を購入していくのがベストと言えますが、
集客目的のレビュー記事を書く度に情報商材を購入していくというのは、
アフィリエイトを始めたばかりの段階では経済的にも厳しいはずです。


ある程度、アフィリエイターとしての活動も軌道に乗って来れば、
実際にレビュー目的でどんどん情報商材を購入していっても、
その情報商材の内容について的確なレビューを書いていける事が、
その購入代金以上の集客効果を生んでいきますので、


「費用対効果の仕入れ」


というような感覚で情報商材を購入していけるようになりますが
そこまでの経済的余裕がない段階ではやはり、
そのようなレビュー目的の商材を購入していく事は厳しいと思います。


よって、そのような段階においては、


「実際の情報商材の内容(中身)を確認していないスタンス」


での、批評、レビューを書いていくしかありません。


ですが、実際にそのようなスタンスの批評であっても、
その記事の内容に「価値」を感じさせた上で、


「もっと他の記事も読んでみよう」

「この人が推奨している情報商材が気になる」

「この人のメールマガジンを読んでみたい」



と思ってもらえる記事を書いていく事は十分に「可能」であり、
それこそ私のこのブログには、そのようなスタンスのレビュー記事が
レビュー記事全体の半数以上の割合で投稿されています。


現に私はそのようなレビュー記事で、
それなりの集客効果を得て結果を出してきているわけです。


その「中身」を確認せずに集客効果の高い記事を書く方法


このような実際の「中身」を確認する事なく、
その情報商材の批評、レビューを書いていく方法は1つしかありません。


それは「セールスレターを読んだ上での意見、見解」を述べていく事です。


というより、そのスタンスのレビューや批評であっても、
十分に「意義のあるレビュー記事」を書けてしまうような情報商材が、
この業界には多数出回っているというのが実状であり、
そのような情報商材は実質的にあえて買う必要はありません。


とくに買うまでも無く、集客効果を得られるだけの、
相応の価値を感じてもらえる記事を書く事が出来てしまうからです。


勿論、全ての情報商材がそうであるとは言いませんし、
中には実際に買って中身を確認していかない言には
それなりに意義のある記事を書く事が困難なものもありますが、
大半の情報商材はセールスレターの情報のみでも批評は可能と言えます。


例えば、そのような記事を書いていく際は、


・セールスレターのみから見て取れる矛盾や整合性を指摘する

・ビジネスモデル、ノウハウに対して見解、意見を述べる

・販売者の過去の販売経歴や評判とその見解、意見を述べる

・他のレビュアーのレビューを総括し、その見解、意見を述べる



などの書き方、方法があり、このような記事の書き方でも、
読み手に価値を感じてもらえる記事を書ける余地は十分にあります。


勿論、知識や経験が浅いうちは大変かもしれませんが、
それは誰もは通る道ですので、そこはしっかりと勉強し、
他のアフィリエイターの記事などを参考にした上で経験を積んでください。


次第に、情報商材を実際に買わずとも、
読み手にそれなりに価値を感じてもらえるような
集客効果を見込めるレビュー記事が書けるようになるはずです。


現に私のブログでも、先程挙げた4つの方法、
それぞれの方針で書いたレビュー記事が幾つもありますし、
そういう記事を書いて実際にそれなりの集客効果を得て来ています。


そうして、私自身が実際にブログのアクセス数を伸ばし、
メールマガジンの読者を増やして結果を出してきているんです。


あとは本当に内容勝負。


これに尽きると言っても過言ではありません。


今はそれで十分にグーグルが評価してくれる時代になっているからです。


ハッキリ言って、もう被リンクを増やしてどうこうとか、
サテライトブログを作ってどうこうとか、
そんな小手先レベルのSEO対策はする意味がほとんどありません。


むしろ、それをやっている暇があるなら、
質の高い記事、読者にとって為になる記事、
価値を感じてもらえる記事を書く事に時間と労力を使い、


・記事そのものの質の向上させていく事

・質を向上させた記事をとにかく増やしていく事



この2つだけを徹底していく方がよほど効果があります。


今はそれが一番の究極的なSEO対策であるという事です。


この辺りの理屈にはついては過去にも
集客関連の講義をしていますので併せて参考にしてみてください。


SEO対策とは?その考え方、方法と基本

投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ


尚、今回は「レビュー記事の書き方」に特化した講義をしましたので、
次回は、このレビュー記事の書き方のもう一歩「手前」のステップである、


「集客効果の高いレビュー記事を書く為の商材選びのポイント」


ついて、追って講義していきたいと思います。


よろしければまたお付き合いください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング SEO対策

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ