売れる情報商材の見極め方。セールスレターのチェックポイント

井上です。

今日のアフィリエイト講座は「売れる情報商材の見極め方について」です。


アフィリエイターとして「売り易い」情報商材。

その見極めをセールスレターから行っていく為の講義ですね。


それでは早速いってみましょう。

アフィリエイターにとって「売り易い情報商材」とは。


アフィリエイターとして情報商材を扱っていく場合、
やはりその情報商材が「売れる商材である事」が、
実際に稼いでいく上では必要な条件の1つであると言えます。


勿論、その「売れる情報商材」は、
そのブログやメルマガにおけるテーマや、
そのターゲットの属性によっても異なります。


ですが、どのようなテーマ、ターゲットであっても、
情報商材という商品における「売り易さ」は、
実質的にその「セールスレター」で決まる傾向にあり、


「売れるセールスレターで売られている情報商材」


ほど、結論的に言えば「売り易い」です。


ただ、情報商材は、


セールスレターの出来栄え=情報商材そのものの出来栄え


とは言えない特性がある商品となっていますので、
セールスレターの完成度が高く「売り易い」からと言って、
安易にその商材を売っていく(アフィリエイトしていく)事が、
そのまま、より大きな「儲け」に繋がるとは限りません。


どんなに「売り易い情報商材」であっても、
その内容が粗悪なものであった場合、
売れば売るほど顧客からの信用を落としていきます。


つまり、長期的に見ればそれは「損失」になっていくという事です。


とは言え、その情報商材の内容が伴っている事、
その内容に価値がある事を前提とするのであれば、
そのセールスレターの完成度が「高い」に越した事はありません。


言い方を変えれば、どんなに内容が伴っている商材であっても、
そのセールスレターの完成度が低いという時点で、
その情報商材は「売りにくい商品」となってしまうわけです。


よって、情報商材をアフィリエイトしていく際は、
先ずは先立つ「セールスレターの完成度」をチェックし、
その上で、実際の内容が伴っているかを確認していった上で、
本腰を入れて扱っていく情報商材を選んでいく事が賢明と言えます。


情報商材はその「内容の確認」にはお金がかかりますが、
セールスレターのチェックのみであれば、
実質的にタダで幾らでも「確認」していく事が出来るからです。


つまり、実際に売っていく(アフィリエイトしていく)
情報商材を絞り込んでいく上では、


1:売れるセールスレターの情報商材を選ぶ

2:その中からその内容が伴っているかどうかを確認する



このような流れが極めて「建設的」であり、
その為には先立つセールスレターを見極める目を養う必要があります。


実際にその情報商材のセールスレターが、


「売れるセールスレターになっているのか」


を見極めていく必要があるという事です。


売れる情報商材の見極め方。


尚、一般的に言われているそのチェック方法としては、


・ASPの売上ランキングから上位の情報商材を選ぶ

・ASPで公開されているEPC、購入率をチェックする



などの方法が挙げられ、確かにこのような方法であれば、
実際にセールスレターの中身を自分でチェックする必要も無く、
客観的なランキングや数字の確認のみで、


「実際に売れている情報商材」

「実際に成約が取れている情報商材」



を容易に見極めていく事が出来ます。


そういう意味で言えば、
これらの方法は十分に「合理的」と言えますが、
それでも「穴が無い」わけではありません。


ランキング上位の商材、EPCや購入率が高いからと言って、
いざアフィリエイターとしてアクセスを流した際、
実際に「成約が取れるとは限らない」という事です。


例えば、ランキング上位で且つ購入率が高い商材であっても、
その商材の売れ行きが実質的に「販売者自身による」ものであり、
販売者自身が教育を施したリストなどに売り込んでいる場合は、
当然、EPCや購入率の数字は高くなります。


そして実際に売れていればランキング上位にも出てきますので、
仮にそのセールスレターの完成度が低くても、


「自分が抱え込み、教育している見込み客リスト」


に対しては十分に成約が取れるというケースは普通によくあります。


まあ、それはアフィリエイターにも同じ事が言えますので、
私が提唱しているコピーライティングやDRMを突き詰めて、
自分の顧客リストをきちんと教育して信頼関係を結べていれば
セールスレターの完成度が著しく低い情報商材であっても、


「売るべくして売れない商品(情報商材)は無い。」


というのが実際のところです。


ですが、それでも全ての読者を完璧に教育する事は出来ませんし、
誰もが初めからそこまでのライティングスキルや
DRMの流れを作っていけるものではありませんので、
やはりセールスレター自体の完成度は高いに越した事はないわけです。


ですが、実際に売れている情報商材に至っては、
自分が顧客リストを抱え込んでいるインフォプレナーなどが
その自分のリストをどんどん誘導して成約を取っているケースがあり、
そういう情報商材は必然的に、


・ランキング上位

・高いEPC、購入率



となっていく事になる為、この数字はもはや、
アフィリエイターから見る「売り易さ」や
その「成約の取り易さ」の目安にはならないわけです。


実際、教育した顧客リストに対してであれば、
完成度の低いセールスレターからでも成約が取れるからです。


そういう観点でも、実際にセールスレターをその目で見て、
実際に成約が取れそうな完成度になっているかを
自分で判断出来るようになっていれば、
やはりそれだけでもその「見極めの力」は武器になります。


自分の目だけで「売れる情報商材」が、
そのまま普通に見極められるようになるのですから。


それこそ販売者自身にアクセスを集めるマーケティング網が無く、
ほとんどのアフィリエイターが気付いていない商材などは、
アクセスそのものが集まらない為、
ランキングにも入りませんし、EPC、購入率も0のままです。


例えその商材のセールスレターの完成度がどんなに高くても
根本的にアクセスが無ければ、ランキングはおろか、
EPCも購入率も低いままとなる為、
それらの判断材料では、そういう商材は見つけられないのです。


ですが、売れるセールスレターを見極められる目があれば、
そのような商材もいち早く自分の力で見つけだしていく事が出来ます。


そのセールスレターを実際に「見れば」分かるからです。


それこそ、新着商材として出てきたばかりで、
まだ誰もアフィリエイターが紹介などをしていない段階でも


・ASPの売上ランキング

・ASPで公開されているEPC、購入率



こういったものに一切頼らず、
売れる情報商材を見極められるようになれば、
そういったものだけをアテにしているライバル達よりも
いち早く売れる商材をアフィリエイトしていく事も可能になります。


それだけアフィリエイターとしては「有利になる」という事です。


売れるセールスレターのチェックポイントとは。


では、その「セールスレターの見極め方」ですが、
実は、これには根本的に2つの「方向性」があります。
(「方法」ではなく、あくまでも根本的な「方向性」です。)


それは、ターゲットを右も左も分からない初心者層で、
その考えが甘い安易な人達を対象にする方向性。


もう1つは、ある程度の知識や経験がある人で、
もう少し意識の高いような人達を対象にする方向性です。


情報商材はこの2つの方向性(ターゲット層の違い)によって、
根本的に「売れるセールスレターの方向性」が変わってきます。


ただ、情報商材と言えば、前者の、


「右も左も分からない初心者層で考えが甘い人達」


が多い印象を持たれている方が多いかもしれません。


確かに一昔前までは、そういう人が非常に多く、
そういう人達こそが情報商材を買い漁っている傾向にありました。


勿論、今も一定数、そういう人達はいますし、
そういう人達を相手に商材や高額塾を連発している人もいます。


ただ、一昔前より、そういう人達は
明らかに「減ってきている」というのが現実で、
以前ほど、この業界はそういう人達だらけではなくなりました。


基本的にそういった考えの甘い初心者の人達を対象にする情報商材は、


「クリックだけで月収100万円」

「コピペだけで不労所得」

「あなたは○○をするだけ」



というような甘い謳い文句がひたすら並んでいるものが多く、
その内容も全く伴っていないものばかりというが現実である為、
徐々にそういうものにお金を払う人はいなくなってきています。
(それでも、未だに「いる」というのが悲しい事ですが)


そもそもネットビジネスはそんなに甘くありませんので、
こんな謳い文句で売られている時点で、
それに見合う情報商材など、到底「ありえない」わけです。


ですが、強いて、こういう安易な初心者層を相手にするなら、
先ほど挙げたような「楽に稼げそうな話ばかり」を並べている
安易な謳い文句のセールスレターを狙っていけばいいと思います。


ただ、そういった謳い文句のセールスレターを扱っても、
決して長続きはしませんし、これからもそういう客層の人達は
どんどん減っていくと思いますので、私はお勧めしません。


やはり今後は、私のブログでもターゲットにしているような
もう1つの方向性として挙げた、


「ある程度の知識や経験がある、それなりに意識の高い人達」


を対象にしていけるようなセールスレターを見極め、
アフィリエイトしていくようにした方がいいと思います。


そして、その「見極め」の際の一番のポイントは、


『結果論のアピールよりも、その結果をもたらす前提、
 そのプロセスの方を明確にアピールしているセールスレター』



を選んでいく事です。


つまり、ただ漠然と


「あなたはこうなれます。」

「こんな結果が得られます。」



というような結果論ばかりを並べているものではなく、


「何故、そうなれるのか(何故、稼げるのか)」

「どうやって、そんな結果をもたらすのか(どうやって稼ぐのか)」



その理由、理屈、プロセスが明確に示されていて、
それを実行していく為のツールや教材を提案している、
そういうセールスレターこそを選んでいくべきという事です。


あとは、そこに示されている理由、理屈、プロセスを読んで、
あなた自身がそれを「納得」できるかどうか。


あなた自身がそれを「知りたい」と思えるかどうか。


その感覚で素直に判断していって問題ありません。


そういうものこそが、結局のところ、


「売れる情報商材セールスレター」


だからです。


結果論よりも、その前提を重点的にアピールしているもの。


そういうセールスレターこそが、
どんどん目が肥えていく多くの人達にとって、
本当の意味で反応が取れるものになっていきます。


そして、実際にそういうセールスレターの情報商材は、
その「内容」の方にも自信があるからこそ、
その前提となる部分をセールスレターでアピールしている為、
実際の内容の方も「伴っている」傾向にあるのです。


実際に価値がある情報商材ほど、
その前提やプロセスを曖昧にせず、
そういうところを明確にアピールしている傾向にあり、
価値の無い情報商材ほど、そこを曖昧にしているんですね。


そういう意味でも情報商材を選定していく際は、


「結果論よりも、その前提を重点的にアピールしているかどうか」


という視点でセールスレターを読んでいくようにしてみてください。


売れるセールスレターの見極め力を培える商材。


尚、こういった「売れるセールスレター」を、
もっと根本的な視点から見極められるようになりたければ、
そういうセールスレターの原理原則から勉強してみてください。


そういう意味では、その「見極めの力」を培う上で、
最も「適している」と言える教材は、
やはりこの「ミリオンライティング」だと思います。

>The Million Writing(ミリオンライティング)


ちなみに、この「ミリオンライティング」には、


『44項目のチェックシート』


という、セールスレターのチェックシートが付属しているのですが、
このチェックシートが実は、今日の講義でテーマに掲げた、
売れる情報商材のセールスレターを見極める上で、
物凄く役立つものになっています。


本来は、自身が書いたセールスレターに対して、
そのチェックシートの項目にセールスレターの内容を当てはめ、
全ての条件を満たせているかをチェックしていく為のものなのですが
それを既存のセールスレターを対象に行うわけです。


つまり、そのチェックシートに対して、
より多くの条件を満たしているセールスレターは、


「成約が取れる(売れる)セールスレター」


という事であり、その条件をほとんど満たせていないものは


「成約の取れない(売れない)セールスレター」


という事になります。


私のブログの読者さんであれば、
ミリオンライティングをお持ちの方も多いと思いますので、
付属のチェックシードは是非、アフィリエイトの活動においても
その情報商材の判断基準にそのまま有効活用してみてください。


何よりこのチェックシートを活用して、
実際にセールスレターをチェックしていくだけでも


「見る目」


を養えるだけでははく、


「コピーのスキルそのものの向上」


も少なからず図っていく事が出来ると思いますので、
非常にお勧めの付属シートです。


是非、使ってみてください。

>The Million Writing(ミリオンライティング)


以上、今日は「売れる情報商材のセールスレターについて」でした。


それでは。


井上


関連講座


物販アフィリエイトで売れる販売ページを見極める方法

売れる情報商材、物販の販売ページを見極める「違い」とは

情報商材レビューの書き方とその集客効果を高めるポイント

情報商材レビューにおける集客効果を重視した商材選びのポイント


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合 ブログ講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ