せどりフォーエバーのレビュー(久保田哲)

井上です。


ここ数日、インフォトップのランキングの方に、
せどり系の情報商材が幾つかランク入りしている模様です。


それもわりと王道路線の情報商材が主で、
価格もそこまで高くないものが売れています。


情報商材の低価格化は大歓迎ですが、
価格が下がっても質は下げて欲しくないものですね。


その辺りも含めて、ひとまず今日は、
こちらのせどり教材から取り上げておこうと思います。


せどりフォーエバー(久保田哲)

http://sedori-paradise.com/forever/


早速いってみましょう。

せどりフォーエバーのレビュー(久保田哲)


この「せどりフォーエバー」ですが、
ゲーム、DVD、CD、おもちゃ、本、と、
せどりと言えば誰もが思い浮かべるような商品。


それこそ「王道系の商品」を全般的に扱う教材で、
ページ数も700P超えと結構なボリュームです。


価格も7800円とお手頃で、
1Pあたり11円ほど計算になりますね。


そう思いながら700Pにザッと目を通しましたが、
1P11円と考えるとかなり無駄なページが多いです(笑)


まあ、情報商材なんて、そんなものと言えばそんなものですが
明らかに無駄な説明や画像でページ数を割り増ししてますね。


普通にコンパクトにまとめれば半分以下の容量でも
十分に納まったんじゃないかな、、、と思う内容です。


これもかなり甘く見て、なので、


「情報商材として価値がある情報を凝縮する」


という意味でこの「せどりフォーエバー」の内容をまとめたなら、
10分の1くらいの容量でも十分だった気がします。


要するに大半は「多くの人が分かり切っている事」だったり、
ネットで検索して調べれば出てくるレベルの情報です。


つまり、全体的に「薄い」って事ですね。


というか販売者の久保田哲さんという方ご自身が、
この「せどりフォーエバー」の内容、ノウハウを
どこまで実際に「実践しているのか」も少々、疑問です。


というより、ほとんど実践はしていない気がしますね。


少し、空論感が否めないような気がしました。


それこそどこかで聞いた事がある情報、
その辺で得られる情報を「まとめた感」があります。


実際、この「せどりフォーエバー」のセールスレターを見ても、
つい最近リリースされた情報商材のわりには、
販売者の久保田哲さんの「せどり実績」として示されている情報が


2013年12月、月商1119万円、月収200万円オーバーを達成


と、何故か2年以上も前の数字を示しているだけなので、
もしかすると、今は「情報を売って稼ぐ人」になってしまい、
現役ではせどりをやっていない販売者パターンの可能性もあります。


そして、あまり購入前にセールスレターをしっかり読まなかったので、
この「せどりフォーエバー」を実際に購入してから気付いたのですが
この「せどりフォーエバー」の販売者さんは以前に


クリスマススナイパーEX


というクリスマス時期に特化したせどり教材を販売していた人で、
この商材も、私的にはかなり内容が「薄い」と思い、
実際にそういう批評をした経緯がある教材でした。


クリスマススナイパーEXのレビュー


ただ、この「せどりフォーエバー」の販売者さんが、
クリスマススナイパーEXの販売者さんと同じと知って、


「ああ、確かにそんなレべルのクオリティだな・・・」


と、ある意味で、ちょっと納得でした。


ただ、以前のクリスマススナイパーEXよりは、
まだこの「せどりフォーエバー」の方が、
価格に対して学べるものはあるんじゃないかと思います。


そういう意味では情報提供者としては、
少しではありますが成長が見られたのかもしれません。


ですが、私の水準で見ると、このレベルの商材内容で、
情報商材としてはあまり売って欲しくない・・・ですね。


せめて3000円・・・くらいなら、


「せどりのあらゆる基礎知識が学べるハウツー本」


的な捉え方で、まだアリだと思いますが、
7800円でこの「せどりフォーエバー」の内容は、


「せどりのあらゆる基礎知識が学べるハウツー本」


としてはハッキリ言って、イマイチです。


要するに、私的なこの「せどりフォーエバー」の評価は、


「せどりのあらゆる基礎知識が学べるハウツー本レベル」


という事です。


ただ、今はこのレベルの基礎知識情報やノウハウは、
普通にネットを検索していっても得られるレベルです。


現に今は個人でせどり系の情報を発信されている方なども、
今は本当にそれなりの情報を発信してくれている時代ですからね。


それこそ、私が推奨している「せどりインサイダー」の販売者、
せどりエイターれお☆さんのブログなんかでは、
そういうレベルの情報をバンバン発信してくれているます。


せどりエイターれお☆のブログ


今はこういう情報ブログが増えて来ていますので、
正直、基礎知識レベル、基礎レベルのノウハウをまとめて
数千円という情報商材は、私はどんなにボリュームがあっても、


「情報を探す手間を省いてくれているだけのハイツー本」


としか感じられないので、正直、お勧めしたいとは思いません。


実際、このレベルの情報だけで実際に「稼ぐ」のは難しいと思うからです。


やはりそこに目ぼしい戦略や独自性などが無いと、
今から王道的なせどりの知識だけで大きく稼ぐのは厳しいと思いますね。


勿論、月に数万円とか、そこそこのお小遣い稼ぎレベルなら、
全然、可能だと思いますが、そのレベルの収入でいいなら、
自分で必要な情報をリサーチして勉強して実践しても達成出来ます。


あえて、この「せどりフォーエバー」のような、
基礎情報、基礎ノウハウの詰め合わせみたいな商材を買わなくても、
せどりというビジネスなら、十分に成果は上げられるはずです。


要するに、この「せどりフォーエバー」を買って、
その情報レベルの取っ掛かりで稼げるような人であれば、
ネットで検索して得られる情報を基に頑張っても
十分に同じ結果は得られるんじゃないか、という事ですね。


あと、これは購入前から分かっていた事ですが、
いざこれからせどりをやってみようと思う段階で、
ここまであれこれ、色々なノウハウを網羅しても、
私はハッキリ言って、あまり意味がないと思います。


ゲームの転売

DVDの転売

CDの転売

おもちゃの転売

本の転売・・・


と、この「せどりフォーエバー」では、
その基礎知識や基礎的なノウハウは一通り学べますが
結局、どれも広く浅い内容なので、やはり実用性に乏しいです。


勿論、その中で、自分に合いそうなノウハウや、
自分がやってみたいものを自分なりに掘り下げればいいのですが、
こういう「せどりフォーエバー」のような教材を最初に手に取ると、
半端に全てをやろうとする人が出てくるので、それは注意です。


まずは1点集中で得意分野を作った方がいいと思いますね。


ですが、結局、そういう方針でせどりを始めるなら、
初めからその「一点集中」でもっと濃いノウハウを学べる、
その分野に特化した教材を購入する方がいいわけです。


そういう教材は、大抵、それを専属でやっている人が販売してるので、
そういう人のサポートやコンサルを受けられるのも心強いですよね。


情報商材というものにあえてお金を払うのであれば、
少なくとも私は、そういう方向性で考えた方がいいと思います。


そういう意味で、この「せどりフォーエバー」は


『どの転売、せどりが自分に合っているか』

『どのジャンルの商品を扱うノウハウがよさそうか』



の「見比べ教材」としてはアリかもしれませんが、
その「見比べ」の為に7800円の教材を買う意味があるかと言えば、
私は「無い・・・」と思います。


そのレベルの「見比べ」はネット検索でも十分に出来るからです。


結局、本気で「せどりで稼ごう」と思ったなら、
こういう「広く浅く」系の教材では『役に立たない』わけですね。


少なくとも、私はそう思います。


ちなみに、先程紹介したれお☆さんは、
私も少しかじってますが、


「CD」


に特化したせどりをやっている人で、
そこに特化した、かなり独自性のあるノウハウを提唱しています。


というか、そのノウハウは無料で見る事が出来ますので、
もし興味があれば、こちらからダウンロードしてみてください。


次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版


それこそ、


『情報としての独自性、再現性』

『その内容を実際に実践して稼ぐ』


というところだけに着目するなら、
「広く浅い」だけの「せどりフォーエバー」より、
この「無料マニュアル」の方が遥かに価値があると思います。


無料なのに(笑)


勿論、あらゆるせどり、転売の
基礎知識や基礎情報を広く浅く押さえたい人などは、
「せどりフォーエバー」みたいな教材でいいと思いますけどね。


ただ、そういう情報の押さえ方をしても、
せどり、転売の世界で「稼いでいく事」は難しいので、
そこは一応、強調しておきます。


以上「せどりフォーエバー」のレビューでした。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

|

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ