YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-(鷹場禎)レビュー

井上です。


一時期、次から次へと出てくる傾向にあった、
YouTubeで稼ぐ系の情報商材ですが、
ここ最近はいよいよあらゆるノウハウが「出尽くした」のか、
あまり見かけない時期がここしばらく続いていました。


事実、私としてもYouTubeで稼ぐ系のノウハウとしては、


「正攻法で再生される動画作りをしていくノウハウ」
「著作権の隙間を狙って邪道な動画を量産していくノウハウ」


この2つを軸としている教材それぞれを紹介している状況で、
ハッキリ言ってこの2つかいずれかを手にしておけば、


・YouTube動画で稼ぐ為のノウハウ、稼ぎ方、
・稼げる動画の作り方のポイント



などは、ほぼ押さえられるという判断で、
それ以降、YouTube系の教材は勧めてませんでした。


ただ、ここでまさかの『その牙城を崩すもの』が出てきた為、
今日はこのYouTube系の教材(兼ツール)の方を、


「久々のお勧め教材兼ツール」


として、ご紹介しておきます。

>YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-レビュー


単刀直入に言うと、この流時(RYUJI)」というツールは、


「人気のトレンド動画をリサーチ・解析していくツール」
「そのリサーチ結果を基に類似動画を生成・投稿していくツール」


この2つを掛け合せた、トレンド動画のリサーチと、
その生成から投稿までを担う動画作成ツールです。


ただ、名目上はYouTube専用の動画作成ツールとなっていますが、
実際のところ「動画作成」を担う機能については、


「付属レベル」


のものでしかなく、このツールの「本当の強み」は、
トレンド動画をリサーチ・解析出来る機能に、
そのほぼ全てが集約されていると言っていいと思います。


率直に言って「動画の作成を担う機能そのもの」は、
そのリサーチ結果、解析結果を踏まえた上で、
そのトレンド動画とした「類似した動画」を
ただ手早く作る為のツールというのが実際のところです。


ただ、とにかく


「稼げる動画を作って投稿する事」


に特化し「そこの一点に拘る」と言うのであれば、
クオリティの高い動画を1から作れるような機能などは
ハッキリ言って何の意味もありません。


そういった点でこの「流時」というツールは、


「とにかく稼げる動画を作る事の一点に特化されたツール」


であり、その一点への拘りの「結果」こそが、
トレンド動画のリサーチを解析を徹底する事に行き着いた、
このツールの機能性にあるのだと思います。


また、これまでのYouTubeで稼ぐ系の情報商材では、


“再生される動画=ユーザーが面白いと思う動画”


という前提で、そのような動画を作り、
投稿していく事に重きを置いていた傾向にありました。


ですがこの「流時」はその「面白さ」という点を、
実質的にほぼ「度外視」しています。


その主な視点、着眼点としては、


世間の話題(トレンド)に乗る動画こそが、
最も確実、且つ爆発的に再生される



というものであり、その視点でトレンドを追った動画、
そのトレンドに乗る事が出来る動画を、
実際にそのトレンドに乗っている動画を基にして、
その類似動画を作り出すという事に重きを置いているわけです。


まさに今、リアルタイムに再生数を伸ばしている動画を
実際に話題になってるキーワードから絞り込み、
その動画を基にした類似動画を作っていく事が出来るわけですね。


言うなれば「トレンドアフィリエイト」と呼ばれる手法を、
そのままYouTubeで再現していくイメージでいいと思います。


まさに「YouTubeアドセンス」というフィールドで、
トレンドアフィリエイトを実践していくようなツールだという事です。
 


あの“トレンドアフィリエイト”を「YouTube動画」で。


意外に思えるかもしれませんが、
このような「トレンドを押さえていく」という視点は、
これまでのYouTube系の教材にはあまりありませんでした。


トレンド = ヤフー、グーグルでよく検索されるもの


このような観点で、そのキーワードを狙っていくのが、
ブログなどを利用したトレンドアフィリエイトでしたが、
この「トレンド」というものは、実はそのまま
YouTube動画にも大きく現れるものだったわけです。


正しくは、


そのトレンド(話題)によっては、
その需要が動画を主体とするYouTubeに向く



というのが適切かもしれません。


まさにそのトレンドの「需要」が


「動画によってこそ満たされるもの」


である場合、その動画には圧倒的な需要が集まり、
そのネタを扱う動画は軒並み爆発的な再生数を集められるわけです。


まあ、このような事がこの「流時」の販売ページに書かれていて、
私自身、実際にそれを読みながら


「なるほど、確かにそういう動画需要もあるな。」


と思いながらも、そういった「トレンド動画」の需要が、
正直、そこまで凄いものとまでは考えませんでした。


ただ、そこで一気に度肝を抜かれたのが、
実際にセールスレターにも示されている以下のような、
その「トレンド動画」における『圧倒的なまでの再生数』です。
 

「五郎丸ブーム時、その関連動画」



「ベッキー不倫騒動時、その関連動画」



「スマップ解散騒動時、その関連動画」



これは実際にYouTubeで検索をすると尚、分かるのですが、
その時々のリアルタイムなトレンドを押さえた動画は、
上記のようにほぼ全てが短期間で爆発的に再生されているんです。


動画によっては投稿から数日で何万回、
更に何十万回と再生されている動画もある事が分かります。


YouTubeアドセンスの広告収入は、
この再生数に対して10%ほどが目安となっていますので
これらの動画は投稿から数日で数千円、数万円という
高額な広告収入を悠々と稼ぎ出しているわけです。


たった1つのトレンド動画を投稿するだけでも、
ものの数日で数万円という収入が転がり込んでくるわけですね。


正直、これまで推奨してきたYouTube系のノウハウでは、
ここまでの「瞬発性」や「爆発力」はありえませんでした。


というのも、私がこれまで推奨してきた、


「正攻法で再生される動画作りをしていくノウハウ」
「著作権の隙間を狙って邪道な動画を量産していくノウハウ」


などでは、どちらかと言うと継続的に再生され続ける動画や、
長期的な需要が見込める動画を作成し、
それを投稿して稼ぐ事が前提になっていましたので、
そこにはさほど「トレンド」という視点は含まれていなかったわけです。


少なくともこのような「トレンド動画」の一点に特化した教材は、
私の知る限りでは無かったんじゃないかと思いますし
当の私もトレンドを押さえた動画というものに、
まさかここまでのに再生需要があるとは思いもしませんでした。


それほどこのYouTubeにおけるトレンド需要、
トレンドを押さえた動画の再生需要というものが、
ある意味「盲点」となっていたんじゃないかと思います。


まさにこの「流時」というツールは、
そんな「盲点」となっていた


「YouTubeにおけるトレンド動画の再生需要」


を押さえるべくして押さえ、


「リアルタイムなトレンドをリアルタイムに押さえた動画」


を合理的に作成し、投稿していくツールであるという事です。
 

「トレンド動画」作成のロジック


この「流時」では、まずそのリアルタイムなトレンドを、


・グーグル
・ヤフー
・Goo
・HATENAブックマーク
・ツイッター



この5つの主要サイトの急上昇ワードを、
ツールがそのまま「自動表示」してくれるようになっています。

↓↓




まさにリアルタイムな話題のキーワードを、
上記のような形でツールが自動取得してくれるわけです。


そして、このツールでは、これらのキーワードを基に、
YouTubeに実際に投稿されている動画を


・1日あたりの推定広告収入が多い順
・再生回数が多い順(累計広告収入が多い順)
・評価が高い順
・YouTubeの検索結果順



で、一気に絞り込み、一覧表示していく事が出来るんです。

↓↓




まさにこうしたトレンド動画のリサーチ機能によって、
その話題のトレンドキーワードに対して、


「短期間で一気に再生回数を伸ばしている動画」
「現在進行形で、爆発的に再生されている動画」



をワンクリックでリサーチ&解析しているわけですね。


この「流時」では、こうした、
主要検索エンジン、SNSを対象とした
リアルタイムなトレンドワードから


その時、現在進行形で再生されている動画(稼げている動画)


を絞り込み、そこから。、


・そのトレンド動画そのものの動画データの取り込んでいく
・その取り込んだ動画を基にオリジナルの類似動画を作成する



といった事もそのまま「ツール任せ」で行えるようになっているんです。


まさに、トレンド動画のリサーチと解析、
そしてその類似動画の生成から投稿までの全てを
この「流時」というツールが担ってくれるわけです。


この時点で、このツールをしっかりと活用していけば、
それなりのレベルで「稼げる動画を作っていける事」は、
少なからず、お分かり頂けるんじゃないかと思います。


1:リアルタイムなトレンドキーワードから
2:リアルタイムなトレンド動画を絞り込み
3:リアルタイムなそのトレンド動画を基にして
4:そのトレンドを押さえた類似動画を作っていく



このプロセスを「そのまま」踏めるツールなわけですから、


“これで作った動画が全くもって再生されない(稼げない)”


なんて事は普通に考えて「まずありえない」と言っていいと思います。


勿論、このプロセスを踏んだ作った動画全てが
数日で数万、数十万回という再生数を稼げるとは言いませんが、
その5分の1、10分の1くらいの再生数しか稼げなくても
数千回、数万回という再生数にはなるわけです。


仮にそれくらいの再生数しか稼げなくても、
数百円、数千円相当の収入にはなってしまうんですね。


このツールを使って動画を作成していくプロセスは、


1:キーワード指定
2:動画の絞り込み
3:動画の作成



というステップですから、どんなに時間がかかったとしても、
せいぜい20分、30分程度というところだと思います。
(実際は5分、10分でも可能なレベルです。)


そう考えれば、セールスレターにもある通り、
確かにこのツールはその「時給換算」などを考慮すると、


“どう転んでもコンビニのバイト以上は稼げるツール”


と言っても差し支えの無いものだと思います。


それくらいを「最低ラインの目安」と考えた上で、
それ以上の可能性も多いに追及出来るツールだという事です。


更に手厚い「マニュアル」の一式


また、このような「ツール」を前提とする情報商材は、
そのツールのクオリティが高いものになっている程、
売る側はそれで十分な商品価値を感じてしまうのか、


「ツールだけを提供して終わり」


というスタンスのものになってしまう傾向にあります。


ただ、この「流時」は、ここまでのツールに加えて、
かなり手厚い「利用解説マニュアル」が付いてきます。


更にその1つ1つの工程におけるポイントを解説した、
以下4つのような別冊マニュアルも提供してもらえます。


・トレンド動画リサーチマニュアル
・トレンド動画作成マニュアル
・チャンネル対策マニュアル
・コンプライアンスマニュアル





正直、この教材は「ツールを抜き」にした形で、


リアルタイムなトレンド動画を絞り込んで、
その類似動画を作っていくノウハウをまとめた教材



として、このマニュアルのみを販売していても、
それだけでも十分に価値のある内容になっていたと思います。


勿論、そこに今回の「ツール」が付属する事で、
その「有益なノウハウ」をより『確実』に、
より『効率的』に進められるようになっているわけですが、
それだけこの「流時」という教材に付いてくるコンテンツは


・マニュアル(ノウハウ)
・ツール



どちらを取っても一級品レベルのものになっているという事です。


・・・ただ、私が今回、ここまでこのツール教材を


「推している」


のは、その「提供条件」及び「価格」が、
飛び抜けて「良心的」なところにあります。


このコンテンツ一式が、


“月額1980円から”


という価格設定で「全て」を手に出来るようになっているんです。


その一式全てがサポート付きで月額1980円から。


セールスレターの方では、この「月額プラン」に加えて、
年間19800円という「年間プラン」も用意されているのですが、
この2つの提供条件を見て、私は、


『よっぽど利用者の継続率に自信があるんだな。』


と思いました。


でなければ、例え「ひとまず」とは言え、
ここまで手厚いマニュアルを付けたコンテンツの一式を、
1980円という料金のみで提供しようとは思わないはずだからです。


仮にこのツールを提供して利用された時点で、、


「言うほど、大した事が無いツールだな。」
「セールスレターに書かれていた事とは全然違うな。」


という感じになってしまった場合、
当然そう思った人は即、ツールの継続利用を辞めると思います。


要するに販売者には1カ月分の利用料しか入らないわけです。


ただ、この業界に出回っているツールはその大半が、
いざ実際にそのツールを使ってみると、


「言うほど、大した事が無いツールだな。」
「セールスレターに書かれていた事とは全然違うな。」


と思われるようなツールばかりの傾向にある事から、
大半のツールはそれなりの価格設定を付けた上で


「売り切りタイプにする」
「年間利用契約のみを提示する」
「月額料金そのものも高額にする」


というようなパターンのものがほとんどでした。


とくにビジネス系のツールは、
その「結果」が出るまでに時間がかかってしまうと、
その時点で利用を断点してしまう人も非常に多く、
どうしてもその「継続率」は低くなる傾向にあります。


そんな中、ここまで手厚いマニュアル一式が付いて、
月額利用料が1000円代というビジネス系のツールは、
私が知る限りでもほぼ「初」に近いわけです。。


よほど、その「結果」をすぐに出させる事や、
再現性を確信させる事に自信が無い限りは、
このような条件でのツール提供は出来ないという事です。


実際に、このツールの販売者が、
がめつく1円でも多くのお金を稼ごうと思うなら、
月額1980円のみで一式全てを提供するプランを用意せず、
年間19800円のプランのみで十分だったはずです。


そこにあえて月額1980円の支払いのみで全てを提供し、
そこから継続するかどうかの選択肢を与えるというプランは、
その継続率そのものの自信の表れ以外の何者でもありません。


要するにこの「流時」の販売者は、


『まずは月額プランでツールを試してくれ。』
『それで気に入らなければすぐに解約して結構。』


と言っているわけです。


要するに、このツールの再現性やその価値を感じるまでに、
1カ月という期間があれば、もうそれで十分だという事なんです。


何故なら、実際にこのツールによってトレンドを見極め、
リアルタイムなそれを押さえた動画を作成し、投稿すれば、
その再生数はすぐにツールの利用料を超えるものになり、
利用者の大半は間違いなく利用を継続すると考えられるからです。


事実、その自信があるからこそ、このツールは、
月額料金の支払いのみでマニュアル一式も含めて、
その全てを提供してもらえる条件になっているんですね。


その「良心的な提供条件」も含めて、この「流時」は、


『まずは「試し」でもいいので使ってみる価値はある』


というのが、私の率直な批評です。


YouTube系のツールとしても、


「トレンドに乗っている再生需要を押さえる」


というロジックは随一であり、
質の高い動画を作るというところはさて置き、
稼ぐ事に特化した動画作成ツールとしては、
これ以上のものは無いんじゃないかと思います。


正直、トレンド系のブログやアフィリエイトの教材、
ツールなども数多く出回っているご時世ですが、
初心者層の人がその「トレンド」を収入に変えていく上で、
これよりも再現性の高い教材、ツールは無いかもしれません。


これはまさに「動画が再生さえされれば稼げる」という、
YouTubeアドセンスというビジネスならではの利点でもありますが、
そこに「トレンド」という要素を持ちこんだこのツールは、
かなり再現性が高く、確実性の高いものと言っていいと思いますね。


正直、これは私が本筋とするようなブログ、
メルマガ系のビジネスモデルとは全く異なるものですが


「稼げる」「稼ぎ易い」


という点では求めざるを得ないツールです。


少なくともあなたのニーズが、


・とにかく稼げる動画を作れればいい
・とにかく稼ぐ為にYouTubeに動画を投稿している



というものなのであれば、
この「流時」というツールは間違いなく、
その「あなたのニーズ」を的確に満たせるツールだと思いますね。


何より、この記事にもまだまだ書ききれていない、
このツールの機能や特典が実はまだまだありますので、
興味があれば販売ページの方も併せて目を通してみてください。


>YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-


私が説明した部分もより具体的な事例等を交えて
10倍は詳しく解説してくれていますので(笑)


「流時」+井上太一限定特典。


こちらの「流時(RYUJI)」ですが、
私のこのブログ経由での購入者様限定で、
以下のオリジナルコンテンツの方も特典提供させて頂きます。


井上限定特典1:「井上式」YouTubeアフィリエイト


このツールにおける主なキャッシュポイントは
あくまでも「Youtubeアドセンスによる広告収入」であり、
基本前提はその再生数に応じた収入を稼ぎ出していく事です。


ただそれだけ「再生される動画」を作成していけるなら、、
実際はその動画にちょっとした「仕組み」を仕掛けていく事で、
もう1つのキャッシュポイントを仕込んでいく事が出来ます。


その「もう1つのキャッシュポイント」というのは、


“あるジャンルのみに特化した情報商材のアフィリエイト”


であり、その「あるジャンル」というのが、
まさしく今回取り上げている「流時」のような、


「YouTubeで稼ぐ系の情報商材」


です。


基本「YouTubeを見ているような人」は、
少なからずYouTubeを日常的に利用している人なので、


「YouTubeを使って稼ぐ」


という事が謳われている情報商材には非常に興味を抱き易く、
且つ、その成約をそのまま取り易い傾向にあります。


それこそこの「流時(RYUJI)」や、
私が兼ねてから推奨していた、


・Youtube-Ads Capture Sheet CLUB
・Evil Youtuber Subject



なども、この方法で紹介していくと、
本当に「面白いように」売れていきます。


それだけYouTubeの利用者には、
YouTube系の情報商材を売り込みやすいわけです。


それこそ


「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」


という格言がありますが、
これはかなりマッチング性の見込み客に対して、
マッチング性の高い商品をアフィリエイトしていく戦略なので、


「絶妙な鉄砲を何発も打ちこむ」


ようなもの(笑)


そこから商品が売れていくのは「必然的」ではないでしょうか。


それこそ、この「流時」のセールスレターを、
普通にYouTubeを利用している人の目線で読んでみてください。


>YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-


たぶん「吸い寄せられるように買ってしまう」という事が、
少なからず目に浮かんでくるんじゃないかと思います。


この特典ではそんな「YouTube系の情報商材」を、
YouTubeを使ってYouTubeのユーザーに売り込んでいく、
その具体的な戦略とそのポイントを余す事なく公開しています。


井上限定特典2:「井上式」YouTube×リストマーケティング※事例解説付


続いてこちらは先立つ「井上式YouTubeアフィリエイト」を、
より踏み込んだ形で実践していく次の段階のノウハウになります。


先立つ「井上式YouTubeアフィリエイト」が、


YouTubeユーザーのダイレクトなアフィリエイト誘導


を前提にしていく戦略である事に対し、
こちらのノウハウは一度「オプトイン(リスト)」を取り、
そこからリストマーケティングを仕掛けていくノウハウになります。


その「リストマーケティングの仕掛け」を上手く構築出来れば、
ダイレクトに商品をアフィリエイトしていくよりも
遥かに高い成約率を叩き出していく事が可能になります。


そして何よりそこで取得していったオプトインリストは、
後々も見込み客として売り込み等をかけていく事が出来る為、
まさにアフィリエイターにとっては1つの「資産」となっていきます。


この「流時」によって作り出さる動画が、
短期的に爆発的な再生数を稼ぎ出せるからこそ、
そこから一気に「良質なリスト」を抜き取る事が出来ますので、
そのアクセスをただ広告収入に留めるのではなく、


「アフィリエイターとしての資産構築」


に繋げていく仕掛けをここでしっかりと作っていくようにしてください。


尚、ここでは方法の1つとしてLP(ランディングページ)などを
自身で一切用意しなくてもリストを取れるノウハウも提供します。


それこそ、まだリストマーケティング等が未経験でも、
このYouTubeからのオプトイン戦略を境に


・リストマーケティング
・メルマガアフィリエイト



を実際に始めていくのも十分に「アリ」だと思います。


Youtubeアドセンスからの収入をしっかりと稼ぎながら、
オプトインリストをコツコツと構築し、
2つの収入源を相乗して構築していけるというわけです。


そのマニュアル内ではその事例として、
実際に私が作成した仕組みもそのまま実際に公開しています。



その事例も含めて私的には「かなり有効なノウハウ」を、
十分な形でコンテンツ化出来たと思っていますので、
多いに「期待」してください


私自身、本当に自信を持ってお勧めしたいオリジナル特典ですので、
これを機会に是非、大きな一歩を踏み出してください!


まずは一度、以下より「流時(RYUJI)」の詳細のご確認を。


>YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-


尚、この「流時」に関しましては、もう1つ、
別経路によるYouTube特化型の特典もご案内していますので、
興味があれば、こちらの記事も併せて参照してください。

>トレンドムービーメーカー「流時」と、杉山健一さんの特典について

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年2月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ