ブログ記事の文章量、文字数は何文字以上がSEO対策に最適なのか。

井上です。


このブログでは「アフィリエイト」を主として、
ネットビジネスで稼ぐ為の情報を発信しているのですが、
そのブログ、メルマガの読者さんから非常によく頂くのが、


“ブログに記事を書く際の文章量、文字数”


についての質問です。


ブログ内でのアフィリエイト系のネタとしては主に


・情報商材を扱うブログとメルマガを使ったアフィリエイト

・物販、アドセンスなどを扱うトレンドアフィリエイト



この2つを主に取り上げている事が多いのですが、
ブログ記事における文字数、文章量についての質問は、
この双方のアフィリエイターさんから非常によく頂くので、
これはまさにあらゆるアフィリエイターが抱いている


「ブログ運営における共通の疑問」


なのだと思います。


ただ、多くのアフィリエイターがこれに悩んでしまうのは無理も無く、
このブログ記事における文字数、文章量については、
この手の情報を発信しているアフィリエイターによっても、
どうするべきかの意見が分かれている傾向にあります。


また、ブログ運営を前提とするアフィリエイト系の情報によっても、


「文字数はとにかく多くしましょう。」

「○○文字以上の記事は必ず書くようにしましょう。」



というものもあれば、


「文字数にばかり捉われず内容を重視しましょう。」


というものもあり、更にその


「○○文字以上の記事を書け」


という文字数のところも情報商材によってまちまちなので、
そういう多様な情報をあちこちで目にしてしまう度、
ブログを初めたてのアフィリエイターさんは迷ってしまうわけです。


ただ、これには実際のところ、この


“ブログ記事の情報量、文字数をどうするのが最適なのか”


というところには「明快な答え」がありますので
今日は、私が「誰もが納得できる形」で解明しておこうと思います。

ブログ記事の文章量、文字数は何文字以上がSEOに最適なのか。


まず1つの前提として、ここで言う、
ブログ記事における最適な文字数、文章量というのは、
あくまでも「検索エンジン(SEO)対策」を前提として、


「より検索エンジンに優遇されやすい記事の文字数、文章量」


という視点で解説していくものになります。


その上で、まず1つ明確な事を言っておくと、
検索エンジン(今でいえばGoogle)は、
その検索キーワードに対しての上位表示判断において、


「文字数(文章量)」


という要素そのものは、実質的にほぼ指標にしていません。


つまり、


「とにかく文字数の多い記事を書けばSEOに有利になる」


というのは嘘(間違い)だと思ってください。


これは実際に検索エンジンの検索結果を見れば分かります。


必ずしも文字数、文章量の多い記事やサイトが
検索結果の上位に来ているわけではありませんよね?


実際に文字数が少ない記事やサイトが上位に来ている事もあるはずです。


まあ、当然と言えば当然ですが、
文字数、文章量がどんなに多くても、
それだけでは検索エンジンはとくにその記事を評価してくれません。


「それでも文字数が少ないよりは多い方がいいんですね?」


と思われている人もいるかもしれませんが、
厳密に言えばそれも「間違い」です。


ハッキリ言って、文字数、文章量そのものは、
SEO対策の観点ではほとんどと言っていいレベルで関係ありません。


理由としてまず明確に言える事は、


「検索エンジン(Google)は決して、文字数、
 文章量が多いサイトを求めているわけではないから」



です。


検索エンジンは全く文字数、文章量を求めてはいない。


基本原則として検索エンジン(Google)が求めているのは、


“検索エンジンを利用してキーワード検索をする人達が求める情報”


であり、


“そういう人達が価値を感じ、満足する情報”



こそを求めています。


そういう情報を提供している記事やサイトを上位に上げてこそ、
検索エンジンを利用してそのキーワード検索を利用した人は、


「やっぱりこの検索エンジンは役に立つなぁ」


という気持ちになり、またその検索エンジンを利用して、
キーワード検索を繰り返し行っていってくれるようになります。


つまり、検索エンジン(Google)がやりたいことは、


「キーワード検索をする人達にとって役立つ情報を与える事」


であり、


「そういう情報が載っているサイト、記事を上位に上げる事」


なわけです。


全くもって、そこに文字数やら文章量などは無関係であり、
あくまでも「利用者目線の情報の質」が全てなんですね。


ただ、確率論的に、文字数、文章量に乏しい記事よりも、
文字数、文章量が豊富な記事の方が、情報量も多くなる事から、
その記事を読んだ人が満足する可能性は少なからず高くなります。


強いて文字数、文章量が多い記事が「有利」なのは、
ほぼその「情報の手数」に近いような発想であって、


“文字数、文章量そのものが検索エンジンに評価されるわけでない”


という事です。


ただ、この検索エンジン(Google)側の目的を捉えて、


「価値のある情報さえ提供していれば文字数なんて無関係」

「質が高い記事は文字数は少なくても上位表示される」



という事を高らかに断言している情報商材やアフィリエイターもいますが、
実を言うと、これも決して正しいとは言えないところがあります。


つまり、価値のある質の高い情報を記事に載せていても、
極端に文字数、文章量が少なければ、
検索エンジン対策の観点では「不利」になるという事です。


言い方を変えれば、文字数、文章量という要素は、
それ自体を検索エンジンが求めているという事はありませんが、


「文字数、文章量が多い記事」


は、その質がそれなりに伴っている事を前提とするなら、
結果的には検索エンジン対策においても、


「極めて有利に働くもの」


になっているわけです。


何故、求められていない文字数、文章量が「有利」に働くのか


検索エンジン(Google)が、検索エンジンを利用し、
そこで検索を行う人達が価値を感じる情報、
満足する情報を求めている事は「揺るぎない事実」です。


ただ、グーグルの検索エンジンがどんなに進化しても、
実際に記事を目にしていった人達の「心の中」を覗き込み、


「どれくらいその記事に満足しているか」


などを図っていく事は絶対に出来ません。


その検索結果というものを機械(システム)で判断している以上、
生身の人間の心の中までを覗いていくことは出来ないわけです。


そこをグーグルは精密なアルゴリズムを組み込んで、
出来る限りロジカルにそれを判断していくようにしています。


その精度が年々高まっている事も揺るぎない事実であり、
それがグーグルが多くの人に支持される理由でもあるのです。


ですが、やはりその判断が「機械(システム)」である以上、
そこには少なからず「明快なロジック」というものが存在し、
そのロジックを突いていくのが俗に言われる


「SEO対策」


というスキルでもあります。


以前はそのロジックに「被リンク数」というような要素や、
記事内における対策キーワードの出現頻度などの要素が挙げられ、
そこを巧妙に突けば上位表示が取れる時代もありました。


ただ、そのような「被リンク対策」「キーワード対策」も、
今はそれを無理に増やすような対策してもほぼ評価はされません。


これもグーグルの進化の賜物ではあるのですが、
そのような「進化」を実際に遂げて来たからこそ、
グーグルがその記事やサイトの良し悪しを判断する際、
大きな比重を占めて重視しているポイントがあります。


それが、


「そのサイト(記事)の滞在時間」


という要素です。


要するに、検索エンジンから利用者が
特定のサイト、記事に訪問していった際、


「その訪問者がそのサイト(記事)にどれくらい滞在するか」


をグーグルは計測し、大きな判断材料にしていると言われています。


事実、この判断基準は、


訪問者が長くそのサイトに滞在する(滞在時間が長い)
⇒ そのサイト(記事)は役立つ情報を提供している

訪問者がすぐにそのサイトを閉じてしまう(滞在時間が短い)
⇒ そのサイト(記事)は役に立たない情報を提供している



という事ですので、これほど合理性のある判断基準はありません。


普通に考えて役に立たない記事、価値を感じられないサイトに
長々と滞在し、その記事やサイトをくまなく見る人はいないからです。


となると、やはりブログの記事は、その内容は伴っていれば、
その文字数、文章量は多ければ多いほど、
その記事の文章を長く読んでもらえる事になりますので、
必然的に検索エンジン対策には「有利」に働く事になります。


逆にそれなりに価値のある情報を提供していても、
その文字数、文章量が少ない記事の場合は、


「知りたい事は知れたし、もういいや。」


と思われた時点で、記事やサイトを閉じられる可能性があり、
そのような場合は、必然的にグーグルのロジックでは、


訪問者がすぐにそのサイトを閉じた(滞在時間が短かった)
⇒ そのサイト(記事)は役に立たない情報を提供している



という判断になってしまう可能性があるわけです。


いかにグーグルのアルゴリズムが進化してきたとは言え、
訪問者の「心の中」までは読み取れませんので仕方がありません。


決してはそうはならない為にもブログの記事は
やはりそれなりの文字数、文章量を伴い、


「グイグイとその続きを読みたくなるもの」


にする事が最もSEO対策的にも有利に働きます。


理想はその滞在時間をより伸ばす為に、
その記事で情報を得た人が次に知りたくなるような情報や、
その取っ掛かりになるような情報を与えた上で、
また別の記事に誘導を図り、ブログを巡回させていく事です。


このようなブログの巡回率を高める事で、
必然的にブログの滞在時間も高まっていく事になり、
それがそのまま検索エンジンの評価にも繋がっていきます。


これをまさに理想的な形でやっているのが、


「ウィキペディア」


ではないでしょうか。


現に「ウィキペディア」はあらゆるキーワードで
軒並み上位に出てくるグーグルに非常に好かれているサイトです。


ただ、実際に何かのキーワード検索を介して
ウィキペディアにアクセスした人は、
その大半がその記事の中にあるリンクを踏んで、
また別の記事、別の記事を読んでいく事になります。


あなたも「ウィキペディア」でそういう経験がありますよね?
(私は本当によくあります。)


多くの人が実際にそうなっているからこそ、
ウィキペディアは訪問者の滞在時間が長いサイトとなり、
それがグーグルの評価にそのまま表れているわけです。


記事の文章量、文字数は何文字以上が最適なのか。総括


それこそウィキペディアはどのページを見ても、
その大半は文字数、文章量がとんでもないボリュームだと思います。


結局、それも含めて検索エンジンに対しては、
非常に有利に作用しているわけですね。


よって、ブログ記事における文字数、文章量は、


「質が伴っているものなら、あればあるほど良い」


というのが1つの結論になると思います。


つまり、○○文字以上書けばSEOに有利だとか、
○○文字以上はかかないとスパムになるのか、
そんな「文字数的な線引き」のようなもの基本存在しません。


訪問者(=グーグル)はそんな事に拘っていないからです。


やはり、重要なのはあくまでも「内容」であり、
その内容にこそ拘っているという事だけは間違いありません。


ただ、グーグルが機械(システム)によって、
そのサイト(記事)の質や価値を判断していく以上は、


「訪問者の滞在時間」


というのは、非常に分かり易い判断指標になりますので、
これを伸ばせるほど、その記事はSEOに有利なわけです。


故に、文字数、文章量は、


「質が伴っているものなら、あればあるほど良い」


というのが結論になるという事です。


まず重視するべきはその内容。


その上で、文章量はあるに越した事はないということですね。


これはSEO対策、検索エンジン集客を前提とする
ブログ記事における文字数、文章量についての「答え」です。


異論、ありますか?


無ければ、しっかりと意識していくようにしてみてください(笑)


間違っても、ペラペラの内容で文字数だけをひたすら稼いだり、
検索キーワードに対して端的な「答え」だけを書いて終わり、、、
みたいな記事を量産しないように。


そういう記事は結果的にどちらも検索エンジンの評価を下げますよ。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SEO対策

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ