モゲステーションのレビュー(田中一成)株式会社PND

井上です。


先日、クリスマス・スナイパーEX-Revolutionという、
クリスマス時期特有の需要に特化した


「おもちゃせどり」


の教材を取り上げたのですが、
そちらの記事をご覧になられた方から、


「それなら、こっちの商材はどうですか?」


と、何件かこちらの教材のレビュー依頼を頂きました。


モゲステーションの(田中一成)株式会社PND

http://moge-world.com/?page_id=2739


同じく「おもちゃに特化したせどりの教材」ですが、
とくにこちらはクリスマスなどの、
シーズンに特化した教材にはなっていません。


要するにオールシーズン?活用出来る事を前提とした
おもちゃに特化したせどり教材だという事です。


では、早速、取り上げていきたいと思います。

モゲステーションのレビュー(田中一成)株式会社PND


まず、前回取り上げた、


「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」


と比較して、ですが、内容的には格段に、
この「モゲステーション」の方が具体的且つ実践的だと思います。


おもちゃのせどり教材としては、
遥かに「モゲステーション」の方が優良と言えますね。


正直「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」は、
私的には全く「足しにならない情報」だったので、
それと比較するなら、雲泥の差と言ってもいいかもしれません。


アニメもの、キャラクターものの転売ノウハウから、
フィギア、プラモデル、トレカ(トレーディングカード)と、
その商品の特徴に合わせた具体的なポイントが解説されています。


ですが、こうした具体的なノウハウや、
その上で押さえていくべきポイントが見えてくるほど、
やはり私はつくづく


「おもちゃのせどりは大変で難しい」


という印象になってきますね。


とどのつまり、この「モゲステーション」のノウハウの大半は、
需要が供給を上回って品薄になっている商品を狙い、
本来の定価より高めのいわゆる


「プレミア価格」


でおもちゃを転売していく事が前提になっています。


あとは、いかに安く仕入れて高く売るかという、
当然のポイントを押さえていくというところは変わりません。


ですが、やはりおもちゃ系の商品はその商品ジャンルによって、
全く押さえていくべきポイントが変わってくる傾向にあり、
それがどうにも「難しく」「大変」というのが率直な印象です。


この「モゲステーション」のコンテンツ自体は、
非常に具体的で重要なポイントを、
本当に詳しく解説してくれているとは思いますが、
このポイントを全て押さえて稼いでいくのは至難の業です。


ただ、おもちゃのせどりで稼いでいくには、
これくらいの情報をきちんと網羅していく事は避けられません。


在庫を抱える際もかなり場所を取りますから、
商品をどんどん回転させていかないと、
在庫の保管場所という点でもリスクを抱えていく事になります。


また、商品の扱いもわりとデリケートな部類に入るので、
おもちゃのせどり自体が、やはりどう考えても


「初心者向けとは言い難い」


というのが率直なところですね。


この「モゲステーション」はおもちゃのせどり教材としては、
かなり優良な部類に入るものと言っていいと思いますが、
その「優良な教材」をこうして手に取った上でも、


「お勧めです。」


と言い切れないのは、
おもちゃせどりというビジネスそのものの、
根本的なデメリットやリスクがどうしても拭い切れないからです。


むしろ、あえて「おもちゃのせどり」をやるくらいなら、
もっと手軽にリスクを押さえて稼ぐ事が出来る商品が
他に幾らでもありますからね。


根本として、


・フィギア

・プラモデル

・トレーディングカード



などの特定のおもちゃが好きな人が、
そういう好きなものを扱っていくというような場合でも無ければ、
あえておもちゃのせどりをやるメリットは「あまり無い」と思います。


それこそ、こういったものが好きな人は、
好きなジャンルのおもちゃのみに特化していく事で、
合理的に稼いでいく事が出来るかもしれません。


知識も十分でしょうし、トレンドなども分かるでしょうから。


でも、根本としてこういうものが好きではない人は
その知識を蓄えるだけでもかなり大変ですし、
長期的に稼いでいく上でトレンドを見極めていくのも至難だと思います。


何より、そういう商品の在庫が山のように積み上がっていく事自体が
ただただ苦痛でしかないと思いますので、
もしも仕入れをミスして商品がただの在庫になろうものなら、
それは本当にただ場所を取るだけの邪魔な置物でしかありません。


そういうところも好きな人であれば、
色々な意味で喜んで実践出来るのでしょうが、
好きではない人にとっては、ただただマイナスの方が大きく、
それが「おもちゃせどり」の現実だと思います。


おもちゃはCDや本などと違って本当に場所を取りますからね。


何より商品の判断に少なからず「知識」を要するので、
根本的に興味が無い人にはそこがネックになると思います。


まあ、興味の無い事でもビジネスと割り切って、
知識をしっかりと吸収できる人は問題ありませんが
そうではない人には向かないビジネスです。


少なくとも、おもちゃせどりで稼いでいくには、
そういった「売れる商品のトレンド」を把握していく上でも、
最低限の知識を継続的に押さえていく事が必要不可欠だと思ってください。


そこに輪をかけて、下手に知識が不足していると、


「ハズレの商品を仕入れてしまう可能性」


がそれなりに高いジャンルの商品でもありますので、
どう考えてもあえて


「おもちゃのせどりをやりましょう!」


と言えるだけの「メリット」が私にはちょっと見当たりませんね。


少なくとも私が推奨している、せどりエイターれお☆さんの
合理的なプレミアCDのせどりノウハウと比較してしまうと、
どう比較しても、こっちの方が手軽に手堅く稼げると思ってしまいます。


プレミア音楽CD特化型ノウハウ「せどりインサイダー」


それこそ、このせどりインサイダーのノウハウであれば、
商品の仕入れ判断は全て「相場」の数字判断のみでイケますので、
商品についての特別な知識などは何1つ必要ありません。


本当に「数字(相場)を見ての機械的な判断」だけで稼げてしまうので、
下手に「稼げない商品を仕入れてしまう」というリスクも無いわけです。


おもちゃせどり特有の「知識力」も必要無ければ、
それ故に付きものの「リスク」も無いという事ですね。


この時点で、もはや比較の余地も無いと思ってしまうのですが、
あとは実際に取り扱っていく商品への「愛着」だと思います。


おもちゃ系の商品を扱う事に愛着を持てる人はアリですが、
そうではない人は、おもちゃせどりは辞めておきましょう。


ただ、せどりインサイダーのノウハウに関しては、
その手法の特性的に、プレミアCDへの愛着は必要ありません。


音楽なんて、全く興味なしという人でも全然大丈夫です。


その理由は全て、無料で公開されているマニュアルの方を読むだけで、
普通に納得頂けると思いますので、興味があればこちらからご覧ください。


次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版


最終的には同じプレミア系の商品を扱うなら、


『おもちゃせどりよりCDせどり』


という話になってしまいましたが、
この「モゲステーション」という教材そのものは、
おもちゃせどりの教材としては十分に優良なものだと思います。


おもちゃ系の商品で何か詳しいジャンルのものがあるようなら、
チャレンジしてみる価値は多いにあると思いますが、
とくにそうではないなら、辞めておいた方がいいですね。


おもちゃは好きな人で無ければ厳しいジャンルの商品だと思います。


あくまでも私の個人的な見解ですが参考にして頂ければ幸いです。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

|

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ