悪魔のステップメールのレビュー(上野健一郎、兵法家けん)

井上です。


今日は約7年前の2008年頃にリリースされている、
こちらの教材を取り上げたいと思います。


悪魔のステップメール(上野健一郎、兵法家けん)
http://www.akumanostepmail.net/s/


商材名の通りステップメールを題材とした、
コピーライティング兼マーケティングの教材で
長期的にロングヒットしているわりと有名な教材です。


ただ、私はセールスレターを読む限りで、
あまりそのコピーに魅力を感じなかった為、


「コピーライティングの教材としてはイマイチそう」


という理由で、この教材はあえてスルーしていました。


ですがここ最近、立て続けにレビュー依頼を頂いたので、
コピーライティングの重要性を説き、
ステップメールを使ったDRMを推奨している者として、
やはり取り上げておくべきと思い立った次第です。


早速、購入して一通り中身を確認してみましたので、
コピーライティング教材、マーケティング教材、
両方の観点で私なりにレビューしていきたいと思います。

悪魔のステップメール(上野健一郎、兵法家けん)レビュー


まず教材本編は一昔前にリリースされていた教材だけあって、
しっかりと作り込まれた200P程のテキスト教材になっています。


ここ最近はインフォプレナー的に「手抜き」が出来る、
音声教材、動画教材が主流になっていますので、
テキスト教材推奨派の私としては、その一点でもかなり好印象でした。


ただ、この「悪魔のステップメール」は、


「ステップメールマーケティングの教材」


というところで「ステップメールの書き方」的なところを
コピーライティングの観点で追及している教材なのかと思いきや、
その内容はその想定とはちょっと異なるものでした。


勿論、ステップメールを題材にしている以上、
多少はコピーライティング的な観点による
文章(ステップメール)の書き方的な解説も含まれていますが
マニュアル全体に対して言えば1~2割くらいだと思います。


その内容もかなり表面的なレベルの基本的なもので、


読まない:Not Read
信じない:Not Believe
行動しない:Not Act


など、コピーライティング関連の一般書籍はもとより、
今となってはコピーライティング関連の情報を扱うブログなどで
そのまま普通に公開されているようなものがほとんどです。


まあ、この「悪魔のステップメール」は、
もう7年も前の2008年頃に販売された教材ですので、
その頃に比べれば上記のようなマーケティング理論や
コピーライティングの原則はかなり一般化された傾向にあります。


ですので「当時」はこのレベルの内容でも、
かなり斬新に思われた可能性はあると思います。


ですが今はその「スタンダードの基準」がかなり上がっているので、
この「悪魔のステップメール」レベルの内容では、
今はかなり「物足りなさ」を感じる人が大半になるんじゃないでしょうか。


少なくとも私は「ライティング関係の解説内容」については、
そのような「物足りなさ」をかなり大きく感じました。


それこそ私が推奨している「ミリオンライティング」を読んでいる人は、
間違いなく私と同じような感想になるんじゃないかと思います。


基本的に「ステップメール」という題材に対して、
その「文章(ライティング面)」についての解説は


「○通目ではこういう事を書いた方がいい」


というような「何を書くべきか」の解説止まりで、
その「書くべき事」の具体的な「書き方」的なものが、
ほとんど解説されていない為、かなり「表面的」なんです。


勿論、ステップメールにおいてその段階ごとに


「何を書くか」


も重要ですが、コピーライティングの教材に求めるものは、


「それをどう書くか」


の具体的な書き方のポイントや、視点だと思います。


ですが、この「悪魔のステップメール」は、
そういった具体的なライティング面の解説が
ほとんど「無い」に等しいわけです。


ただ、この「悪魔のステップメール」が、
内容が薄く、価値の無い教材かと言えばそうではありません。


確かにコピーライティングの教材としては物足りない内容ですが、


「マーケティングの教材として」


であれば、その内容はかなり良質なものになっていると思います。


というより、この「悪魔のステップメール」という教材は、
セールスレターの方を見る限りでも、完全に、


『ステップメールマーケティングの教材』


としてアピールされているんです。


要するにこの教材自体が根本的に、
コピーライティングの教材という土俵に上がっているものでは無く
あくまでも「マーケティング教材」として販売されているものなわけです。


そしてその観点であればこの「悪魔のステップメール」は、
私は「十分に価値がある教材」だと思いました。


価格はそれこそ「7年前の情報商材の価格相場」なので、
29800円という価格帯はやや割高ですが、
それでもその価格に見合うだけの


「ステップメールに特化したマーケティング理論」


はしっかりと解説されている教材だと思います。


ただ、その内容はとにかく「セールス」に特化している為、
「売り込み」という点では非常に勉強になる内容なのですが、


「ブランディング」


という点では、かなり物足りないところがあります。


要するにこの「悪魔のステップメール」は、
既に「これ」と決めて売り込み続けたい商品を持っている、
インフォプレナーやマーケッターの人などには、


「セースルに特化したステップメールマーケティング」


を学ぶ上では非常に価値を見出せるものになっていると思います。


ですが長期的な目線でブランディングを図ってこそ利益を最大化できる
アフィリエイターなどには、少々「適さない教材」という印象です。


勿論、アフィリエイターにも「売り込みのスキル」は必要ですので、
段階や状況においては十分に活用出来る余地はあると思います。


ですがアフィリエイターにとって重要なポイントは、
私は「セールス」より「ブランディング」だと思いますので、
この教材で学べるものはあくまでも、


「特定の商品をセールスするステップメールマーケティング」


の一点だと捉えてください。


その一点については本当に学べる事が多い教材だと思います。


よって、この「悪魔のステップメール」の総括的な批評としては、


『ステップメールを使った「セールス」を徹底的に学べる教材』


としては29800円を払っても損は無い教材ですが、


「コピーライティング、ブランディングについてはかなり表面的」


ですので、この辺りを期待して購入するのはお勧めしません。


よってアフィリエイターとして活動している人が、
この「悪魔のステップメール」を購入するのであれば、
あくまでも「セールスのノウハウを特化して学びたい場合」に限ります。


ただ、それこそコピーライティングという分野については、
私が推奨している「ミリオンライティング」を併せていけば、
この「悪魔のステップメール」という教材は、
更に高いポテンシャルを引き出していけるんじゃないかと思います。


The Million Writing(ミリオンライティング)


もしくは、こちらのアフィリエイトプログラムの実践における、
セールスの面で活用していくというのもアリですね。


Copyrighting Affiliate Program


29800円という価格帯は決して安くはありませんが、
この金額を支払ってでも「ステップメールセールス」の一点では、
かなり学べる事が多い教材ですので、


「その一点に価値を見出せそうな状況、環境にある人」


であれば、購入する価値は多いにあると思います。


是非、参考にしてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ