井上太一は詐欺師で最悪の批判系アフィリエイターらしいですww

井上です。


一応、私もインフォトップのアフィリエイターランキングに
自身のアフィリエイター名を出すようにしてから、
何だかんだで上位に名前を連ねるようになっていますので、


「有名アフィリエイター」


として、他のアフィリエイターさんや、
インフォプレナーさんのブログで
良くも悪くも取り上げられるようになってきています。


そうなってくると必然的に出てくる事になるのが、


「コイツは詐欺師だ。」


という批判的な意見、コメントです。


まあ、私の場合はわりと多くの情報商材に対して、
批判的なレビューをしている事も多いので、
インフォプレナー系の人には嫌われているのかもしれません。


当然、そうなると今は大抵のインフォプレナーさんに
その取り巻き的なアフィリエイターさんもいますので、
そういう人達からも良くは思われないと思います。


自分達が一生懸命売ろうとしている商材に対して、
批判的な意見を述べて記事を上げているわけですから。


そしてそういう人達は口を揃えてこう言います。


「井上太一は詐欺師だ!」

「最悪の批判系アフィリエイターだ!!」



と。


この「批判系」というのは「ぶっ叩き系」とも言うらしく、
自分が売り込みたい情報商材以外をひたすら批判して、
最終的に自分の売りたい商品に誘導し、
売り込んでいるアフィリエイターをそう呼ぶらしいです。


で、私、井上太一は典型的な「それ」なんだとか(笑)

井上太一は詐欺師で最悪の批判系アフィリエイター?


では、私、井上太一はここで宣言致します。


「私は批判的アフィリエイターです!」(笑)


というか、情報商材のアフィリエイターって、
そもそもそういうものじゃないの?


というのが私の率直な考えです。


勿論、本当は価値のある良質な情報商材まで、
ろくに確認もせずに適当なレビューをして
批判していくような行為はよくないと思いますが
少なくとも私はそんな事は一切していません。


何より私が中身を批判しているような商材は、
それこそかなり数えるほどしかないくらいです。


実際に私が書いている過去の記事を読んでもらえば分かりますが
私の情報商材の批評はセールスレターを読んで、
その段階で私が思った事や意見を述べているものが大半です。


購入していない商材は購入していないとキッパリ明記した上で、
あくまでもセールスレターを読んで思った事を書いているだけなんです。


当然、そういう記事で「この商材は詐欺だ」なんて事を
断定的に書いているような事は一切ありませんし、
購入してもいない、中身を見てもいない商材を
適当に批判するような事も一切していません。


なので、もしもその「批判系アフィリエイター」の定義が


「自分が売り込んでいきたい商材以外のものを
 なりふり構わず適当に批判していくアフィリエイター」


である言うなら、


「そんな事は一切していません。」


と私はキッパリと否定します。


なりふり構わず適当なレビューは一切書いてませんし
素直に思った事を書いているだけですから、
良いものは良いときちんと評価しますし、
おかしいと思うものをおかしいと普通に書いているだけです。


ただ、その批判系アフィリエイターの定義が、


「自分なりの意見で情報商材を批評し、
 その結果として自分の売り込みたい商材を
 推奨していくアフィリエイター」



というのであれば、私はまさにそれをやっています。


その行為については全く否定するつもりはありません。


というか、情報商材を扱うアフィリエイターの存在意義は、
それをする為にあるのでは?というのが私の考えです。


良いものは良い、悪いものは悪い。


それを自分なりの意見で情報発信し、
それに共感してくれる人が「応援」してくれる。


その結果が収入に繋がっていくビジネスだと思います。


それの何が「詐欺」なんでしょうか。


次から次へと出てくる目新しい商材を取り上げて


「遂に最高の商材が出ました!」


と、次から次へと新しい商材を推奨していくのが
アフィリエイターの在るべき姿だとでも言うのでしょうか。


それはインフォプレナーの目線で言えば好都合なのかもしれませんが
消費者の目線で言えばそんなアフィリエイターは信用できませんし
そんな事をやっていたら、誰も信用してくれなくなります。


少なくとも私自分が本当に良いと思った商材だけを推奨し、
それに代わる更に良い商材が出てこない限りは、
常に決まった商材だけをお勧めし続ける方針で情報を発信しています。


まあ、ろくでもない情報商材を販売している
インフォプレナーやその取り巻きのアフィリエイターからすれば
自分達の商材を批判するアフィリエイターは皆、
邪魔な存在であり、目の上のたんこぶなんだと思います。


だからこそ、そういう商材を売っているような人達は、


「批判系アフィリエイター」

「ぶっ叩き系アフィリエイター」


というような言葉を持ち出して私のようなアフィリエイターを批判し、
そういうアフィリエイターが皆、自分が売りたい商材以外を
とくにく適当に批判しているという事を言い張ります。


自分の扱う情報商材はただその「的」にされたんだ、と。


勿論、中にはそういうアフィリエイターもいるかもしれませんが
少なくとも私は価値のある商材を批判した事は無いつもりですし、
本当に価値のある商材のみを推奨しているつもりです。


そして大半の情報商材の批評は、
セールスレターを見た時点での矛盾点や違和感を
自分なりの意見としてお伝えしているだけです。


結果的にそれが批判的な意見になっているとしても、
セールスレターの感想を述べているだけなんですから、
私の発言が全く持って「的外れなもの」なら、
そんな意見には誰も耳を貸さないはずなんです。


それで売れ行きが落ちる、落ちたと思っているのは、
おそらく私の指摘が図星だったからではないでしょうか。


少なくとも私は特定のインフォプレナーや商材を
詐欺師、詐欺商材と断定して記事を書いた事など一度もありません。


本当にただその商材、セールスレターに対して、
素直に思った事を「意見」として述べているだけです。


それで「都合が悪い」と思ってしまう人達は、
それこそ自分の商材やセールスレターの欠陥を
自ら自覚しているような人達なのではないでしょうか。


事実、この業界の商材は価値の無いものだらけ。


実際のところ、これが現実だと思います。


価格のわりに中身が見合わないものが多すぎるんです。


なので、情報商材の批評をまともにやっていれば、
やはり大半の記事は批判的な記事になってしまいます。


まして私も明らかに価値が「なさそう」な商材に、
あえてお金を投じて中身を確認し批評していくほど、
お金も時間も無限にあるわけではありません。


明らかにセールスレターを読んで矛盾や違和感を感じたものに
お金を払ってまで中身の確認をしていっても、
大抵、無駄な出費、無駄な労力で終わってしまいます。


ただ、実際に多くのレビュー依頼等も頂いていますので


「購入するまでも無い」(する気にならない)


という判断に至った商材に関しては、
その理由を素直に記事にしているだけの話です。


あとはそれを読んだ人がどう感じるか。


本当にその商材のセールスレターが魅力的なもので、
何の矛盾も違和感も感じさせないものになっていれば、
私が何を言おうと買う人は買うはずなんです。


ただ、そこに自信を持てていない人達ほど、
私のようなアフィリエイターが「邪魔」だと感じ
自分の商材の売上を妨げていると思い込みます。


そしてこう言いだす訳です。


「あのアフィリエイターは詐欺師だ!」

「最悪の批判系、叩き系アフィリエイターだ!」


と。


事実、私のようにビジネス系の情報商材を扱い、
このようにアフィリエイト活動をしていれば、
実際に影響力のある情報を発信できるようになるほど、
売上と共に自分を批判する人が出てくる事もあると思います。


確かに「詐欺師だ」言われるのはいい気分ではありません。


ですがそういう事を言っている人は
ほとんどが自分の商材が批判されたというインフォプレナーや
そういう商材を売り込もうとしていたアフィリエイターの人達です。


そういう人達に詐欺師だ、何だと言われるという事は、
それだけ私は消費者側にとっては、
意義のある記事を書けているという事でもあります。


それこそアフィリエイターとして、
在るべき姿を貫けているんだと考えて励みにしています。


勿論、そういった「井上太一は詐欺師」という記事を読んで、
私が詐欺師なんだと思いこんでしまう人もいると思いますが
そういう人はおそらく私の記事やメルマガを
ろくに読んでいないような人達です。


きちんと読んで頂けていれば、


「どっちが正しい事を言っているか」


は一目瞭然でわかるはずですので。


仮にそれでも「あっちが正しい」と思う人は
もともと感性が合わない人だという事ですので、
どちらにしても「分かり合えない人」です。


感性、考え方、物事の捉え方は人それぞれですから、
分かってくれる人が分かってくれればそれでいいじゃないですか。


10人に可も無く、不可も無いと思われるより、
9人に嫌われても、1人に好かれた方がビジネスはうまくいきます。


ビジネスとして成果を上げる為にアフィリエイトをしているなら、
そういう考え方で自分を信じてくれる人を大切にすればいいと思います。


自分の話をろくに聞いてくれない人、
根本的に分かり合えない人の事を気にするより
自分のスタンスを貫いていく事の方が大切だという事です。


少なくとも私はそういうスタンスで情報発信をしています。


PS


あと、私が宇崎恵吾さんの商材を主に推奨している点で、


宇崎恵吾=井上太一


みたいな事を一生懸命、2chや掲示板サイト、
いろんなブログのコメント欄に書きこんでいる人がいるみたいです。


それこそ書き込みのテイストが全て同じなので、
特定の人が一生懸命その情報を拡散しようとしているようですが
その時点で同業者系の人の書き込みなのは間違いありません。


でなければ、そこまで一生懸命あらゆるサイトで
そういう書き込みをする理由がありませんので。


その人曰く、せどりエイターのレオ☆さんや尾島幸仁さん、
アフィリエイターの足立博さん、イーブックジャパンの佐藤潤さん、
更に言えば宇崎恵吾さんの師匠に至るまで、
その全員が「同一人物」による自作自演なのだとか。
※他にも何人か「誰それ?」という名前が一緒に挙がってました。


そもそも私は過去に宇崎さんと宇崎さんの師匠、
両名が主催するセミナーに参加しているんですけどね。


なので 宇崎さん=宇崎さんの師匠 説は全くのデタラメですし
足立博さんは普通にお店の住所や画像などもブログに乗せています。
(これもダミーだと??)


まあ、仮に私も含めて全員が一人による自作自演なら
その方が逆に「凄い」と思うんですけど、、、。


それこそほぼ全員がそれなりに有名で、
アフィリエイター、インフォプレナーとしても
全員分で「結果」を出しているわけですから
一体その人は自作自演で幾ら稼いでるの?という話になります。


もしそうなら私がブログに掲げている年収3000万円なんて
あまりにも小さすぎる数字になると思います。


あえて実績を小さく言って信憑性を出しているとでも?


何にせよ、宇崎さん、宇崎さんの師匠のブログや
メルマガでその文章、記事は読む事が出来ますので
それを踏まえて「同一人物」と思われている事は
私にとってはただただ光栄な事でしかありません。


なのでその噂、もっともっと広めてください(笑)


そんな凄まじい自作自演をしている人がいるという事で、
このブログのアクセスや注目度がより高まるくらいだと思います。


ネットビジネスの都市伝説として語り継がれるレベルだと思いますね。
(宇崎さん等にとっては、迷惑な話かもしれませんが)


まあ、見る人が見れば「ありえない」という判断で終わる話ですが
私の目標は宇崎さんであり、宇崎さんの師匠ですので
もっとそう思ってもらえるように頑張るだけです。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年8月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ