キュレーションサイトを作成するメリットとその集客について。

井上です。


先日「キュレーションサイト」の作成ツールと、
それをマーケティング、集客に活用していく教材がセットになった


「Curation Agent System」


というサイト作成ツール兼マーケティング教材をご紹介したのですが
実際に多くの人がその「新たな集客プロセス」に可能性を感じ、
かなりの勢いでお申込みを頂いている状況です。


それと同時にこれまでのブログによるSEO対策や、
ツイッターなどのSNS集客とは全く異なる、
新しい集客メディアの構築していくという事もあって、
かなり数のご質問も頂いています。


Curation Agent System(キュレーションエージェントシステム)


そんなご質問の中で最も多いのは、
やはりキュレーションサイトそのものを構築、運営していく


・難易度(初心者にも構築、運営が可能なものなのか)


についてと、競合なども含めた観点での、
キュレーションサイトそのものの、


・集客力(本当に高い集客効果を見込めるのか)


主にはこの2点です。


結局のところメディアビジネスで成果を上げられるかどうかは


「そのメディアに見込み客になる人達を集客できるか」


が非常に重要なポイントになってきます。


要するにネットビジネスで成果を上げられるかどうかは


「自分の知識レベル、スキルレベルで、
 集客効果の高いメディアを作れるかどうかにかかっている」



と言っても過言ではないわけです。


その上での構築メディアの選択肢として、
最もオーソドックスに活用されてきたのが「ブログ」であり、
そこに今は「ツイッター」や「フェイスブック」など、
SNS系のメディアもその選択肢として挙がってきています。


そこに新たなメディアの選択肢として、


「キュレーションサイト」


というものを数日前の記事で挙げさせて頂いたわけですが、
今日はもう少しその「難易度」「集客力」という点を
掘り下げていく形でお話ししていきたいと思います。

キュレーションサイトを作成するメリットとその集客について。


まずネットビジネスにおける「集客」の基本は、


「既に人が集まっているところから見込み客を集める」


というところで、ネット集客というものについては、
実質的に「これが全て」と言っても過言ではありません。


そこで多くの人が行っている「集客」は、
ヤフーやグーグルなどの検索エンジンからの集客か、
SNSからの集客のどちらかに集約されてくるわけです。


たくさんの人が利用している検索エンジンを攻略するか
たくさんの人が利用しているSNSで集客を図るか。


今はほぼこの二者択一というのがネット集客の現実です。


あとはそれ以外の集客力があるメディアに
広告を掲載していくような手法が挙げられますが、
これはそもそも広告資金の投下が前提になりますので、


「広告費を伴わない長期的な集客効果をもたらす仕組み作り」


という点ではやはり検索エンジンかSNSが、
今のネット集客の主な選択肢に挙がる事は間違いありません。


その上で私の基本的なスタンスとしては、
やはり「検索エンジン」を主体にした集客を主として、
SNS系の集客をメインにはしていません。


これは「集客の質」という点ではやはり、
集客エンジンからのアクセスの質が圧倒的に高いからです。


「利用者が確固たる目的を持って入力したキーワードに対して、
 それに適したコンテンツを提供していく集客スタイル」



が取れる検索エンジン集客は、
やはりSNSから集められるアクセスに比べて、
その「質」が圧倒的なレベルで高くなる傾向にあります。


その点、大半の利用者が遊び感覚、暇つぶし感覚なSNSは、
どうしてもそのアクセスの質が低くなる傾向にある為、
私はあまりこれをメインにする事はお勧めしていません。


ただSNSはその攻略次第で「集客の自動化」が図れる為、
その範囲で集客利用していく分には、


「どうせ自動なら、やらないよりやった方がいい」


というスタンスです。


そういう考えで利用しているのが、
私の場合はこちらのTwitter Brainというツールですね。


ツイッターブレイン(Twitter Brain)



その上で、先日から取り上げている、
キュレーションサイトがどちらの位置づけになるのかと言えば、
これは完全に前者の集客スタイルにあたる


「検索エンジンからの集客を行う為のメディア」


になります。


検索エンジンからの集客を最も図り易いメディアとしては
これまでは主に「ブログ」というメディアが活用されていましたが
そこに新たな選択肢として先日ご紹介したツールでは、
キュレーションサイトという選択肢を提案しているわけです。


現に私も、検索エンジンからの集客はブログで行っていますが、
ブログが検索エンジン集客で最も広く活用されている理由としては
主に以下の3つが挙げられるのではないかと思います。


1、コンテンツの作成、投稿が容易に行える事

2、投稿したコンテンツの整理をほぼ自動的に行える事

3、検索エンジンに好まれ易いソース構成でコンテンツを作成出来る事



「1」についてはさほど説明の必要はないと思いますが、
大抵のブログは記事を書いて投稿ボタンを押すだけで
簡単に記事(コンテンツ)を投稿していく事が出来ます。


本来のウェブコンテンツの作成、投稿に必要な工程を、
ブログの管理画面から容易に行えるわけです。


そして「2」は「カテゴリ分け」や「新着記事」など、
投稿していったコンテンツ(記事)はほぼ自動的に
ブログ内の構成に沿った形で整理されていくという点で、
コンテンツの整理は基本、ブログが勝手にやってくれます。


これもブログにおいては「当たり前の事」ですが、
自作のウェブサイトなどにこういう仕組みを備える事は
決して簡単な事ではありません。


「3」はとくにSEO対策などをさほど意識しなくても
大抵のブログサービスは最低限のSEOを意識して、
タグやソースを自動的に構成してくれるようになっている点で、
これもSEOの知識が無い人にとっては大きな優位性になります。


ブログに対してひたすら記事を書き続けていくだけで、
何だかんだでコンテンツが上位表示され始めるのは、
ブログ側がそういう最低限のSEOを意識しているからです。


以上3つがブログが検索エンジン集客に有効なポイントで、
現に私もこれらを理由に今も実際にブログを運営しています。


「コンテンツの作成に専念できる事」


これが何よりも大きいメリットであり、理由ですね。


ではこの「ブログ」というメディアに対して、
新たな検索エンジン集客用のメディアとして提案されている、


「キュレーションサイト」


が、どういうメリット、優位性があるのか。


ブログと比較していく形式で掘り下げてみたいと思います。


ブログ vs キュレーションサイト


キュレーションサイトとして最も知名度が高いのは、
あの「LINE株式会社」が運営する


「NEVERまとめ」


だと思います。


いわゆる「まとめサイト」と呼ばれるものが
このキュレーションサイトに相当するわけですが、
この「NEVERまとめ」を筆頭にこの手のまとめサイトは


「検索エンジンに強いサイト」


として知られてきています。


事実、今はあらゆるキーワードで検索を行っても、
NEVERまとめや2ch、ツイッター等のまとめサイトが
かなりの比率で検索エンジンの上位を占めています。


ただ、このような状況になっているのは
とくに複雑な理由や得体のしれない要因があるわけではありません。


端的に言えば検索エンジンを利用している利用者達が、
こういったまとめサイトを「求めている」というだけの話で、
検索エンジンは単純にユーザーが求めているサイトを
素直に上位に掲載しているだけというシンプルな話です。


それだけ「まとめサイト」には、
言わば「手軽」に情報を求める人達には需要があり、
検索エンジンはそのニーズに答えているだけに過ぎません。


何かの情報についてを検索していく際、
そういった「まとめサイト」を観覧していく事が
最も手っ取り早く、手軽であるという点で、
多くの人が現にこの「まとめサイト」を求めているわけです。


それこそ多くの人がやっているブログ等のメディアは、
特定の個人が自分の主観的意見を書いているものが大半です。


そんないち個人の主観的な情報を目にするより
客観的な情報を多くまとめたものを目にしていった方が
端的に「情報を得る」という観点では、
偏りのない情報を得られると考える人が多いようです。


それが検索エンジン利用者の「需要」ですので、
検索エンジンはその需要に答えているに過ぎません。


これが「キュレーションサイト(まとめサイト)」が
検索エンジンに強い状況にある要因であり、理由の全てです。


検索エンジンはそのサイトの訪問率、滞在時間等を計測し、
その統計的な情報も検索結果に反映させていると言われています。


そういうところも含めて検索エンジンは
検索する人の多くが「まとめサイト」を求めていると判断し
多くのまとめサイトが実際にその恩恵を受けています。


要するに下手な主観的意見を綴っていくブログよりも
既存の情報をただまとめているだけの「まとめサイト」が、


「訪問者に価値を感じてもらえるサイト」


を作る上では“明らかに有利な状況にある”という事です。


勿論、ブログ(サイト)の「ファン」を作り、
情報発信者としてのブランディング構築を図っていくという点では、
そういった「まとめサイト」は適したものとは言えません。


出来る限り運営者個人の「主観的な情報」を排除して、
客観的な情報をまとめていくのが「まとめサイト」だからです。


ただ単純に「検索エンジンからの集客効果を高める」という点では、
情報をまとめる事を主体に出来る「コンテンツの作り易さ」的にも
明からかな「優位性がある事」は間違いありません。


それこそ自分の意見を自分なりにまとめて
ブログ等に投稿していく事に苦労していたような人は、
この風潮に乗ってキュレーションサイトを構築していく事は
あらゆる点で「メリット」しか無いと思います。


そして、このような「まとめサイト」を手軽に構築し、
運営していける仕組みをパッケージ化しているのが
先日、ご紹介させて頂いた「Curation Agent System」です。


言わば先ほどブログのメリットとして挙げた


1、コンテンツ(まとめページ)の作成、投稿出来る

2、投稿したコンテンツの整理をほぼ自動的に行える

3、検索エンジンに好まるコンテンツを作成出来る



これらの機能を備えたキュレーションサイトの構築と運営が
このツール1つで普通に行っていく事が出来るわけです。


キュレーションサイトの運営における優位性、まとめ。


少なくとも、今現在の段階でキュレーションサイトは
NEVERまとめなどのようにその「まとめページ」を
そのサイト上に投稿出来るようなサイトはありますが
1から「自身のサイト」を運営出来るサービスはありません。


ブログで言うところの「無料ブログサービス」のような、
キュレーションサイト運営サービスは無い状況にあるわけです。


そういうサイトが無いという事は、
そういう仕組みを持っている人でなければ、
サイトを構築して参入する事が出来ないという事であり、
そういう意味ではまさに今は「チャンス」だと思います。


そしてそのメリットは既存のサイトをまとめていくだけで
インターネットユーザーが「価値」を感じるサイトを
手軽に作成していく事が出来るという点で、


「検索エンジンに強いサイトを容易に作成出来る」


というのが何よりもの強みだと思います。


自分主体の情報発信がとくに苦痛では無く、
それで問題なく集客が出来ているような人であれば、
強いて取り入れなくてもいいかもしれませんが
集客の幅を広げるという点では多いにメリットはあるはずです。


下手に検索エンジン集客目的のサテライトブログや
トレンド系のブログなどに時間と労力を割くるくらいなら、
このシステムを使った集客メディアの構築は非常に有効だと思います。


インターネット集客、検索エンジン集客に悩んでいる人、
その効率性や集客力を更に高めたい人には、
十分、取り入れるだけの価値はあるツールだと思いますので、
可能性を感じる人は導入を検討してみてもいいと思います。


Curation Agent System(キュレーションエージェントシステム)


以上、キュレーションサイトの優位性についてでした。


参考までに。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年8月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ