ネットビジネスにおける集客は「費用対効果」「労力対効果」が全て。

井上です。


今日はネットビジネスにおける「集客」について、
これまでとはちょっと違った視点でお話ししてみたいと思います。


題して『集客における費用対効果と労力対効果について』です。


早速いってみましょう。

集客は「費用対効果」と「労力対効果」が全て。


ネットビジネスで収入を得ていく上で欠かせないものは


・販売力

・集客力



主にはこの2つだと思います。


少なくとも直にモノを売るようなビジネスや、
私がこのブログでやっているような
成約型のアフィリエイトにこの2つの要素は欠かせません。


どっちが重要か、という議論も出来ますが、
最終的に行きつくところは「どっちも重要」であり、
どちらが欠けても大きな成果は上げられないと思います。


そんな「販売力」と「集客力」の2つの要素のうち、
販売力という要素についてはほぼ私は


「コピーライティング」


という“スキル”がモノを言うと考えています。


人を動かせる文章を書ければ実質的に
販売力というところで「困る事」はなくなります。


では「集客力」という要素は“何が”モノを言うのか。


コピーライティングというスキルと同じ目線で言うなら


「マーケティング」


がモノを言う、、、のですが、
これはもう少し「掘り下げ」が必要だと思います。


例えば私のブログで言えば主なマーケティングは


・アクセスを集めるマーケティング

・リスト(読者)を集めるマーケティング



に細分化されます。


それらを併せて「DRM」と呼ばれる戦略を取っていますが、
実質的には上記2つのマーケティングを同時に行っているわけです。


アクセスを集めるマーケティングは、
主にこのブログで行っているものであり、
検索エンジンからの集客をメインにしています。


リストを集めるマーケティングは
主にこのブログ“内”でアクセスを循環させ、
オプトインページに誘導していく「流れ」を作っています。


要するにアクセスを集めるマーケティングは、
結局のところリストを集める為に行っているわけで、


“リストを集める為にアクセスを集めている”


というのがDRMを主体とする私の主な戦略です。


アドセンスや物販などを主体とするブログなどであれば、
アクセス数そのものが「収入」に直結していく余地もありますが
私のような高額な情報商材などを扱うブログであれば、
まずは「リストを集める事」を重視するのが集客のポイントになります。


つまり情報商材系のアフィリエイターにとっては、
オプトイン(読者登録)に繋がらないようなアクセスは
それをどんなに大量に集めてもあまり意味が無いという事です。


オプトイン率の高い質の良いアクセスをいかに集められるか。


これが集客(マーケティング)における1つのポイントになってきます。


そして基本的に「集客」はお金をかけるか労力をかけるか、
この2つに1つが基本になってくる為、


・費用対効果(費用に対してのリターン)

・労力対効果(労力に対してのリターン)



何よりもまずこの2つがモノを言うと言っても過言ではありません。


費用対効果、労力対効果の高い「集客方法」とは。


お金をかける集客は言わば広告を利用するもの。


労力をかける集客は私がこのブログでやっているような、
記事の更新作業などを主とした検索エンジン集客などが該当します。


というより広告を利用しない集客は全般的に「労力をかける集客」です。


今はツイッターなどのSNSからの集客を
完全に自動化出来るツールなども登場していますが、
これはその「労力」をツールで自動化させているだけですので、
基本的には「労力をかけた集客」である事に変わりはありません。


そして実際にどういう集客を行っていくべきかは、
そのお金、労力に対する「対比効果」で判断するのが適切と言えます。


極論を言えば最も費用対効果の高い広告にだけお金をかけ、
最も費用対効果の高い集客作業にだけ労力を費やすべき、、、なんです。


ただ、広告にせよ、集客作業にせよ、
その「最も効果が高いもの」が見分けられず、
無駄な費用や無駄な労力を費やす人は後を絶ちません。


そもそもネットビジネスで上手く稼げなかった人達は
大半、そういう人達と言ってもいいと思います。


もしくは「正しくその広告を使えていないケース」や、
「正しくその集客作業を行えていないケース」もありますので
一概に「その選択肢が間違っていた」とは言えない側面もあります。


例えばPPC広告などは使い方次第では大きなリターンを生みますし
SEO対策などの検索エンジンからの集客も
SNSを利用した集客なども結局はその「やり方次第」です。


そういう点を踏まえると「集客」には


“難易度がある”


という事が分かります。


よって初心者の人やあまりスキルがない人はその「難易度」が低い、


「誰が利用しても大きなリターンを得られる広告もしくは集客方法」


を選んで集客を行っていった方が良いという事になります。


となると、そもそも「お金をかけて集客をする」という考え方自体が
ある意味「リスクを取ってリターンを得る行為」とも言える為、
その広告の良し悪しを判断出来る知識、経験も無いという観点から、
最初の段階からそこを狙っていくのは得策ではないと思います。


ではどういった集客方法が「難易度」が低く、
誰が実践しても大差の無い集客効果を得られるのでしょうか。


私が考える労力に対する集客効果の高い初心者向けの集客方法。


私が考える限り何だかんだ言っても


「検索エンジンからの集客」


は、難しいと考える人も多いようですが、
その集客効果を考えるとやはりこれは避けるべきではありません。


ただこれにはそれなりの労力と時間と「文章力」が
必要最低限、必須になってきている傾向にありますので、
出来る限りこれを「避けたい」となると、
私は以下の2つがそれに代わる方法として挙げられると思います。


・ツイッターを使った集客

・YouTubeを使った集客



これらは私が実際に「リスト集め」に活用している方法であり、
質を伴った集客という観点での労力に対する集客効果は
いずれも検索エンジンほどでは無いにせよ「高い」と思います。


ただそれぞれの「集客効果の高さ」はその性質が異なり、
ツイッターはそれこそこのブログでも紹介している


Twitter Brain(ツイッターブレイン)


というツールでほぼ完全に自動化が出来ている為、


“0の労力でそこそこのリターンがある”


という状況です。


ただ労力0に対するリターンというのは、
絶対的にやっておいて損は無い集客作業とも言える為、
これは十分取り入れておく価値があるものだと思います。


ただしこの自動化にはTwitter Brainのようなツールが必要になりますので
そこには最低限の設備投資的な費用がかかる方法になります。


逆にそのような自動化ツールを用いなければ、
労力に対してのリターンはそう大きくは無い為、
強いてお勧めするほどの集客効果を発揮出来るとは言えません。


対してもう1つの「YouTubeからの集客」に関しては、
動画さえ投稿してしまえばそこが自動的な集客の入口となり、
その動画の観覧者がその集客対象になっていきます。


その投稿動画を作成し、投稿していくのがその「労力」になりますが
その集客効果は動画ジャンルによる属性の絞り込みなどによって、
十分に高いものにしていく事が出来ますので、
やり方次第では検索エンジン集客にも匹敵する効果も見込めます。


ブログ記事の更新などとはまた違う作業や労力がありますが、
既存の動画素材を編集して動画を作るノウハウなどをマスターすれば
この集客戦略の方に手軽さを感じる人も少なくないと思います。


私はもともと文章を書き続けるような集客戦略に
そこまで苦痛を感じる方ではありませんが、
そこに苦痛を感じる人には打ってつけの集客戦略かもしれません。


この戦略は私も以下の「GigaTube」という教材をきっかけに
主には「リスト収集」を目的として活用し始めるようになりました。


GigaTube(ギガチューブ)


ある程度のポイントを押さえた動画を投稿してしまえば、
その動画が再生され続ける限り集客効果を発揮してくれますので、
ある意味これは「継続性」のある集客方法と言えます。


そういう点では非常に労力に対しての集客効果は高く、
また、検索エンジン集客には無い「即効性」があります。


検索エンジン集客の一番のネックは、
やはりそこにある程度の時間を要してしまうところであり、
多くの人はその集客効果が現れる前に挫折してしまう傾向にあります。


そのインターバル期間的なものがほぼ無いに等しいのが
YouTube集客の大きなメリットかと思います。


あとはその集客効果を発揮しながら、
再生回数に応じたYouTubeアドセンスの広告収入を得られる事。


これは先ほど紹介した「GigaTube」で詳しく解説されている戦略ですが、
これも「稼ぎながら集客が出来る」という大きなメリットかと思います。


意外にもこの「YouTubeを利用した集客」が、
私が行っている情報商材アフィリエイトには相性が良く、
この「GigaTube」の登場を皮切りにその風潮も広がっていますので


「新たな集客ルートを開拓したかった」

「これまでに無いアプローチで出来る集客方法を求めていた」



という人はやってみる価値は十分にあるのではないかと思います。


一度こちらの教材案内の方にも目を通してみてください。


GigaTube(ギガチューブ)


以上、ネットビジネスにおける『集客効果についての講義』でした。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年5月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ