ネットビジネスを始める際の「競合・ライバルの多さ」をどう捉えるか。

井上です。


今日はネットビジネスに限らず、
自ら何かの「ビジネス」を始めていく際に


・競合の多さ
・ライバルの多さ



というものをどう捉え、どう判断していくべきか。


そんなお話しをテーマにしてみたいと思います。


おそらく何かのビジネスを始めていく際など、
誰もが一度はこれを視野に考える事があると思いますので、
きっと何かしらの役には立つ重要なテーマではないかと思います。

ネットビジネスを始める際の「競合・ライバルの多さ」をどう捉えるか。


例えば私の場合、基本的には


「情報発信を主体とするビジネス展開」


を推奨しています。


現に私はその「情報発信」を主にブログを入口にして行い、
メールマガジンなどを介してダイレクトに行っていく事で、
アフィリエイターとしてそれなりの収入を得る事が出来てます。


初心者の人であればツイッターやYoutubeなど、
今は手軽に情報発信を始められるメディアが増えましたので、
そういうものを使って始めていくのも1つの方向性だと思っています。


現にメルマガ講座でも私はそういった
情報発信を主体とするビジネス展開を推奨しているわけですが
その「情報発信を行っていく」という段階においても


「こういうテーマで情報を発信している人は既にたくさんいる」


というような観点でその「情報発信テーマ」に悩む人が数多くいます。


また同じように「ネットビジネスを始めていく」という際も、


「せどりはもう競合だらけで稼げない」

「情報商材のアフィリエイトは今からではもう遅い」

「ツイッターは今からの後発組には不利過ぎる」



と言ったように、やはり現状の競合や
ライバルの多さを考慮して二の足を踏んでしまい、
なかなか行動出来ずにいるという人も多くいるものと思います。


確かに「競合」や「ライバル」が多い市場やビジネスは、
それだけ「パイ」を奪い合う競争率が高くなりますので
普通に考えれば「稼ぎにくい」という理屈が成り立ちます。


だからこそ、


“ブルーオーシャン(競合の少ない市場)を狙え!”


みたいな情報も数多く出ているものと思います。


まあ、情報商材として出てくる時点で
その市場は既に「ブルーオーシャンでは無い」のですが、
多くの人は


「競合が少ない市場やビジネスほど稼ぎやすく成功しやすい」


と思っている傾向にある事は間違いないと思います。


ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?


一見、当たり前に思える事が実は「そうでもない事」というのが
世の中にはたくさんありますので、
一度はその「当たり前の事」を疑ってみる事も必要だと思います。


そして実はこの「競合・ライバルの多さ」という点は、
ビジネスや市場を選ぶ上で、


「必ずしも少ない方が稼ぎやすく、成功しやすいとは限らないもの」


だと言うのが率直な私の考えであり「結論」でもあります。


ではその理由をお話ししていきます。


競合が多い事、少ない事のメリット、デメリット。


多くの人がそれを当たり前のように捉え、
世間一般的に言われている、


「競合が少ない市場やビジネスほど稼ぎやすく成功しやすい」


という理屈は、実質的に競合が多い市場、ビジネスの
デメリットとなるところだけを捉え、
競合が少ない市場、ビジネスのメリットだけを捉えています。


・ライバルが多い市場は決められたパイの奪い合いになりやすい
・先行する多くのライバル達に既に市場を制圧されている
・大きな差別化を図らない事には後発組に勝ち目は無い



このようなものが競合が多い市場、ビジネスの「デメリット」であり、
この逆が「競合の少ない市場のメリット」にあたるものと思います。


ですがこのような偏った見方をすれば、


“競合が少ない市場、ビジネスの方が有利である”


という結論に至るのは当然の事です。


では、逆に競合が多い市場、ビジネスのメリット、
そして競合が少ない市場、ビジネスのデメリットは無いのでしょうか。


・・・実を言うと、これがいずれも「多いにある」わけです。


例えば競合が多い市場というのはそれだけ「市場が大きい」という事であり、
それなりに利益を得ている人が多くない限りは参入者も増えていきません。


参入者が増え続けているという事はまだまだ稼げる余地があるわけです。


そしてそういった参入者が増え続けている市場は、
大抵、先行して参入した人達が多くの「成功事例」を作っています。


少なくとも「その市場、ビジネスでは成功出来る事」を証明しているわけです。


これだけでも物凄く大きな「メリット」だと思いませんか?


逆に競合が少ない市場、極論で言えば、
全く競合が無い「ブルーオーシャンな市場」があった場合、
当然その市場には既存の参入者はいません。


既存の参入者が「いない」という事は、
その市場規模も完全に未知数であり、
その「成功事例」なども皆無という事になります。


突き詰めて言えばその市場で本当に収支が取れるのか、
成功出来るのかも「わからない」という事であり、
それは言うまでも無く大きな「デメリット」だと思います。


その先に「成功」が待っているかもわからない道筋を
自らの予見と感覚だけで切り開き、
まさに「道なき道」を突き進んでいかなければならないのですから。


多くの人は競合が少ない「ブルーオーシャン」という市場を
あたかも「稼ぎやすい市場」のように捉えがちですが
突き詰めたブルーオーシャンにはそういった現実が待っているという事です。


ブルーオーシャンが楽園であるという妄想と現実


それこそネットビジネスで挫折する人の多くの要因は、
先々の成功が見えない事が不安になってしまい、
モチベーションを継続出来ない事にあります。


そんな「成功者事例がゼロ」の市場で、
その先々に成功が待っているかも分からない道筋を
自らの感覚だけを信じて突き進めるだけのモチベーションが
始めてネットビジネスに足を踏み入れる人達に「ある」のでしょうか。


あなた自身、そんな市場を自らの感覚だけで切り開いていけますか?


私はハッキリ言って「難しい」と思います。


今の私であれば、これまでの経験と実績から、
そういった「新たな市場」でもやっていけるかもしれません。


ですが右も左も分からない初心者の頃に
そういった成功事例、競合0の
ブルーオーシャン的な市場に参入していたなら
間違いなく途中でモチベーションが続かず挫折していたと思います。


要するに今回の記事で私が言いたかった事は、
競合、ライバルが多い市場、ビジネスは、
必ずしもそこにデメリットばかりが多いというわけでは無いという事。


そして競合、ライバルがほぼゼロに等しい
ブルーオーシャン的な市場が必ずしも稼ぎやすく、
成功しやすい市場にあたるわけではないという事です。


むしろ私は確固たる成功事例が豊富にあり、
先行して成功している人達の足跡を辿っていける、
ある程度、確立された市場の方が初心者は稼ぎやすいと思います。


ですので、いざネットビジネスを始める際や
情報発信を始めていこうと思う際、
競合、ライバルが多いという理由で二の足を踏んで、
それとは逆の市場を求めるのは得策ではありません。


むしろそのような市場の現状を「メリット」と捉え、
多いにその「成功事例」や「先駆者の足跡」を辿って、
モチベーションを保っていく方が堅実だと思います。


少なくとも私もこの情報商材のアフィリエイト業界に参入したのは
決して早い方ではありませんし、むしろ「後発組」の部類に入ります。


私が情報発信を始めた頃には、既に情報商材アフィリエイトで
圧倒的に実績を出している人がたくさんいました。


ビジネス系の情報発信でブログやメルマガをやっている人なんて、
私がこれを始める5年、10年前からたくさんいたわけですから。


ただ、そういう成功者や先駆者の人達が目の前にいたからこそ、
私は「このビジネス、市場は稼げる」という確信を持ちながら
そういった先行して成功している人達のノウハウをうまく取り入れ、
こうして今のような実績を作る事が出来ています。


競合する事のデメリットよりも「メリット」を取ったわけですね。


ですので、情報商材のアフィリエイトや、
私のようなビジネス系の情報発信ビジネスにおいて、
競合やライバルが多い事はむしろメリットだと思います。


このビジネスで成功している人がいる事は実証されているわけですし、
そのやり方を真似ていくような余地も多いにあります。


モチベーション面でも戦略的な面でも、
誰も手を出していないような未知のビジネス、市場に手を出すより
遥かに優位な点が多いとは思いませんでしょうか。


「だから臆する事なくまずは一緒にやってみましょうよ!」


というのが今回の記事の結論です(笑)


私の存在、実績が少しでもあなたの行動の動機、
モチベーションになるなら、その協力は惜しみませんので。


そんな「情報発信ビジネス」を推進しているのか、
私の無料メルマガ講座であり、こちらのアフィリエイト倶楽部です。


井上太一の無料メルマガ講座

井上太一アフィリエイト倶楽部


片方は無料の講座、もう片方は条件付きの講座になりますが、
もし少しでも今日の記事で「やってみよう」という気になったなら、
まずは無料講座の方からでも良いので受講してみてください。


このビジネスで成果を上げていくために必要なたくさんの事を
しっかりと学んで頂けるはずでので。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ