意味無しせどりツール?「せどぷれ」株式会社マルチノックス、青木一実

井上です。


月額利用制の「せどりツール」が
インフォトップの売上ランキングに入っていました。


私的には「何でこれにお金を出すの?」と思うところが多いのですが
その見解も含めて一応、取り上げておきたいと思います。


「せどぷれ」株式会社マルチノックス、青木一実

http://sedopre.com/


「せどぷれ」株式会社マルチノックス、青木一実 レビュー


この「せどぷれ」のセールスレターの冒頭では


「スマホだけで全て完結」


という謳い文句が掲げられていますので、
おそらくこれを見てせどりなどの知識が全く無い、
ほぼ未経験者の人が購入していってるんじゃないかと思います。


どう考えても「せどりの経験者」や
せどり系の情報商材を幾つか手にしているような人が、
この「せどぷれ」のセールスレターを読んでいって、
魅力を感じるとは到底思えませんから。


少なくとも私は全く魅力を感じませんでしたし、


「こんな感じのツールや教材はこれまで腐るほどあったじゃん、、、」


というのが率直なところです。


例えば「せどぷれ」の最も大きなアピールポイントになっている、
スマホ対応のツール(アプリ?)は


「Amazonの価格を基準として、その価格よりも高い商品だけを抽出する」


という「定価超え商品表示機能」というのがメインらしいです。


セールスレターで説明されている、
この「せどぷれ」の説明はこちらの通り、
かなり端的な3行の説明のみでそれ以上の説明がほとんどありません。


せどぷれに搭載されている「定価超え商品表示機能」を使って商品をリサーチしていきます。 これは、Amazonの価格を基準としたとき、その価格よりも高い商品だけを抽出する機能です。 この機能によってリサーチが従来のツールよりもグッとラクになります。


よくよくこの文章を冷静に読んで考えると、
かなり分かりにくく、不親切な説明文だと思いますが、要するに


「Amazonの出品価格をその商品の定価と考えて
 そのAmazonが定める定価価格よりも
 現時点で相場が上がっている商品を抽出するツール」



という事だと思います。


要するに一般相場よりもちょっと相場が上向いている
プレミアものの商品情報を抽出するツールという事ですね。


実際にこの「せどぷれ」を利用して、
そういう商品の情報がどれくらい抽出できるのかはわかりません。


ただそもそもこの「せどぷれ」はリアル店舗での仕入れを前提とする
店舗せどりを効率化させるツールという事ですが
ハッキリ言って、この「せどぷれ」のようなツールでは
商品の仕入れ作業の効率化は全く「図れない」と思います。


仮にこの「せどぷれ」で抽出できる商品情報が
ほんの数点の絞り込まれた商品情報のみであった場合、
実際に店舗に足を運んでその商品が無かったらそれまでです。


完全に無駄足。


また、逆にその商品情報が何百点、何千点と膨大に抽出された場合は
実際に店舗に行ってその商品の在庫や販売価格を
1点1点、探しては手に取って確認していく作業が必要になります。


これもとんでもなく面倒で膨大な作業です。


要するに「どっちに転んでもあまり意味の無いツール」だという事です。


というかプレミアが付いた商品を絞り込む事なんて、
この「せどぷれ」のようなツールを使わなくても
幾らでもやりようがありますからね。


むしろこんなやり方で商品を絞り込んでも、
根本的に仕入れようがない商品も大量にヒットするだけなので、
全く持ってリサーチや仕入れの作業を効率化する事は出来ないと思います。


それどころか、非効率化してしまうだけなんじゃないかと思うくらいですね。


少なくとも私はこのようなアプリを使う事自体、
完全に非効率なせどり活動になってしまうとしか思えません。


結局、アプリで大量に抽出した情報の一覧を持って、
店舗に足を運んで一点一点商品を探しては
価格をチェックしていかなくてはならないんですから。


実際に商品があっても利益を見込めるとは限りませんので、
本当に丸1日、足を棒にして色々な店舗を回って、
商品と価格のチェックに途方も無い時間と労力を取られて、
結局、利益を見込める商品が全く見つからない可能性もあります。


要するにこのツールを使って活動する事自体が
その時間と労力を全て無駄にするリスクがあるという事です。


地方に住んでいるような人はとくにそのリスクが高いですね。


逆に都内に住んでいる人も回れる店舗が多い分だけ、
途方も無い労力が全く報われないリスクもあります。


何というか、、、今更こんなアプリ1つで、
全く持って有利にせどりを行える余地は無いと思います。


それくらいの事はこのセールスレターの案内を見るだけで、
ちょっとせどりの知識や経験がある人なら分かると思いますので
本当に右も左もわからないような人が、
セールスレターの謳い文句を真に受けて買っているんじゃないでしょうか。


それこそ定価以上の相場になっている、
プレミアが付いた商品を狙っていくせどりノウハウなら、
私が推奨している「せどりインサイダー」の
無料版マニュアルの方だけでも読んでみればいいと思います。

>「せどりインサイダー」無料版


それこそ「完全在宅」で実践が出来ますし、
このノウハウならリサーチや仕入れの労力が
根本的に「無駄になる」という事自体がほぼありえません。


今はこれくらい「完成されたノウハウ」が
普通に無料で公開されているくらい、
せどりという市場はある意味「進化」していますので、
今更こんな昔ながらの店舗せどりをやる理由は無いと思います。


それこそこの「せどぷれ」は「スマホアプリ」というところだけ
それらしく今風に演出しているというだけで、
実際にやっている事は本当に古典的な「ただの店舗せどり」です。


もうそういうやり方ではほとんど稼げないですし、
稼げても全く労力に見合わない収入にしかなりません。


もう少し「せどり」というビジネスの今の現状をリサーチして、
その上で「お金を払うだけの価値がある情報」を見極めるべきだと思います。


少なからずそういう情報収集を行えば、
この「せどぷれ」のようなツールにはさほど、
お金を払うほどの価値が無い事はすぐに気付けると思います。


まあ、実際にツールを買ったわけでも使ったわけではありませんが、
セールスレターを読む限りのこの「せどぷれ」への私の見解は以上です。


使ってみる気にもならない、、、というところですね。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

|

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ