せどり、転売、中国輸入など「物販ビジネス系の情報商材」について。

井上です。


いざ、ネットビジネスを始めていく際の選択肢として、
まず多くの人が行き当たるのが


・アフィリエイトなどの広告ビジネスをやるか
・せどり、転売系の物販ビジネスをやるか



という「どっちのビジネスを始めるかの選択」ではないかと思います。


この2つは個人が手軽に、気軽に始められるという点で、
ネットビジネスにおける選択肢としてはまずその筆頭に上がります。


アフィリエイトなどはまさにネットの普及によって生まれた
パソコン世代ならではのビジネスモデルだと思いますし、
物販系のビジネスもネットの普及によって、
完全在宅でも取り組めるようになってきているからですね。


そしてこの2つの選択肢では、比較的に多くの人が、


「初心者が稼ぎやすいのは、せどりや転売などの物販ビジネス」


というような事を主張している傾向にあります。


それこそ私のような「情報商材」を扱っているアフィリエイターなどは、


「まずは物販ビジネスで稼いで実績を積みましょう。」


という事を提唱している人が非常に多い傾向にあると思います。


まあ、これは何名かの有名アフィリエイターが
実際にそういう流れで成功してきている(らしい?)事もあり、


「ネットビジネス初心者はまずは物販ビジネスから」


という事を「当たり前」のように思っている人も多いみたいです。


そういう風潮もあってか、この情報商材業界を見ても、
せどりや転売、ここ最近では中国輸入など、
物販系の情報商材やツールなどが常に数多く出回っています。


そして「まずは物販から」という事を主張している人達が
そういった物販系の情報商材やツールなどを、
あれこれと「推奨」しているような流れになっているわけです。


ただ、そのせどりや転売などの「物販系の情報商材」は、


「幾つか注意するべき点がある」


というのが現実ですので、
今日はその辺りの話をさせていただきたいと思います。

せどり、転売、中国輸入など「物販ビジネス系の情報商材」について。


この「物販ビジネス系」の情報は、
本やCDを扱うオーソドックスな「せどり」を筆頭に、
家電関係の国内転売や中国輸入系の貿易ビジネスなど
かなり多様化されたものが次々とリリースされています。


高額塾であったり、教材系のマニュアルであったり、
ツールであったりとその形態も様々になっていますが
まず1つ大前提として頭に入れておいた方がいいのは、


物販系の情報商材はとにかくハズレが多い傾向にある


という事です。


そして大半の情報商材が極めて「短命」に終わる傾向にあります。


要するに「長く売れ続ける」という事がほとんどないんですね。


まあ、これは「ハズレが多い」という事とほぼイコールなのですが
結論的な事を言えば「物販系」の情報商材は、
すぐに「悪評」が広がって売れなくなってしまうんです。


それこそアフィリエイト系の情報商材であれば、
少なからず「ロングヒット」という形で、
多くの人に評価され、売れ続けている商材というのがありますが
物販系の情報商材はそれが極端に少ない傾向にあります。


ただ、よくよく考えればこれは当たり前の事で、
そもそも物販ビジネスは「需要と供給の隙」を突いて
そのバランスが売る側にとって都合が良くなっているところを狙い
利益を上げていくというのが基本になります。


結局は「仕入れて売る事」がメインになるのですから、
同じ場所で同じ商品を仕入れる人が増えても
同じ場所で同じ商品を売る人が増えてもダメなわけです。


要するに本当に稼げる情報を公開するメリットが無いんですね。


仮に物販系のビジネス情報で本当に稼げる情報があったとしても、
そんな情報を「情報商材」として世に出す人はまず「いない」か、
仮に「いた」としても世に出た時点で使えなくなるわけです。


言い方を変えれば、物販系の情報商材は、
そのほとんどが「机上の空論」に近いものであり、
大半は情報起業家(インフォプレナー)と呼ばれる人達が


「情報商材として売る為に作っているノウハウがほとんど」


というのが現実だと思います。


あるいは物凄く内容を「抽象的」にしているか、ですね。


その内容をより具体的にするほど、
情報を買った人達が同じ商品を仕入れる、
同じ商品を転売していく事になってしまうからです。


要するにそれが「せどり」の情報であれ、
転売系の情報であれ、輸入、輸出系の情報であれ、


そのまま稼げる情報が公開されている事はほぼありえない


という事であり、大半は「売る為に作られた情報」だと思ってください。


もしくは「物凄く抽象化された情報」であり、
かなりの応用を効かせていく事を前提に考えた方がいいと思います。


仮にそれが「具体的で本当に稼げる情報」であったとしても、
もう情報商材として売り出されている時点で「アウト」です。
(だからこそ本当に稼げる具体的な情報は誰も公開しないのですが。)


そしてこれは「ツール」でも同じ事が言えます。


本当に「仕入れて売るだけで稼げる商品」を
ザクザク見つけられるようなツールなんてものは、
仮に「あった」としてもすぐに使えなくなるのが関の山です。


ただ実際にそんな「夢のようなツール」を公開するような人なんて、
普通に考えて「いるはずもありません」ので、
結局、そういった「物販系のツール」と称されているものも


「実際はほぼ実用性に乏しい机上のツール」


であるか、


「かなり抽象度の高い情報を大量に引き出せるだけのツール」


だと考えるのが妥当な線かと思います。


そもそもの「物販ビジネスというものの理屈」を考えれば、
そのようなツールになってしまうのが必然的なわけです。


本当に価値のある「物販系情報商材」の見極め方。


では、そもそも物販系の情報商材には、
価値があるようなものは「全く無いのか」と言えば、
私はとくにそこまで極端な事を言っているつもりはありません。


ただ大半の物販系情報商材のセールスレターは、


「この情報を買ってマニュアル通りに売買すれば稼げます!」


とか


「このツールの通りに商品を売買すれば稼げます!」


というような事を謳っているものが大半なので、
こういう「謳い文句」はあまり真に受けない方がいいと思います。


要するにこういう謳い文句のものはほぼ「アウト」です。


販売者側にそんな情報を公開するメリットがありませんし、
100歩譲って「本物」だったとしても、
情報として出回った時点ですぐに稼げなくなるからですね。


では、どういう情報、ツールならアリなのか、と言うと、
そもそもの視点として物販系の情報商材やツールは、


「使える情報、ツールほど抽象度が高いもの」


という事を大前提に考えていくようにした方がいいと思います。


そのまま情報通り、ツール通りに・・・というものを
そもそも「求めてはいけない」という事ですね。


そんな情報はすぐにまず「ありません」し、
仮にあったとしても「すぐに稼げなくなるから」です。


結局のところ物販系のビジネスを始めていくにしても、
そういう「甘い考え」では稼げないというのが現実だという事です。


ただ、それでも出来る限り「具体性のある情報」や、


「その情報にそのまま従うだけで稼げる情報」


を求めたいのであれば、
こういった条件を満たせるものを見極めるようにしてください。


1:情報の公開による競合をクリア出来る物理的な余地がある事
2:その物販ビジネスにおいて情報提供者にメリットがある事



冷静に考えてこの「どちらか」がクリアされていれば、
その情報商材は「手にするだけの価値がある可能性」があります。


例えば「1」の「競合をクリアする物理的な余地」という点では
ある程度の「地域性」などを利用している情報などが考えられます。


その地域ごとに「仕入れのポイント」があり、
それ以上の圧倒的な需要やその地域ごとの需要がある。


そんな商品を扱うような情報商材ですね。


ただ基本的にそういった情報は「完全在宅」では無理かと思います。


それこそ完全在宅で「ネット完結」するのであれば、
その「地域性」の意味がありませんから。


要するに地域性などの要素から
限られた人しか仕入れが出来ないような要素があり、
そういう商品に確固たる「圧倒的な需要」があれば、


・仕入れにおける競合
・販売における競合


いずれも結果的にはクリアされる事になりますので、
そういった情報であれば手にする価値は大いに「ある」と思います。


私の知っている限りではこちらの教材などですね。

>●●●●転売ビジネス


これはまさに「地域性」を利用した教材ですが、
それだけに「完全在宅での仕入れ・転売」は出来ません。


それくらいのネックを受け入れないと、
こういった転売系の情報で価値があるものなどは、
そうそう「ありえない」という事です。


ただこうした「地域性」などを抜きにしたものとなると
あとは先ほど挙げた2つの条件のうち
「2」のような「情報提供者側のメリット」を、
その情報を公開する事で満たしている情報に絞り込まれます。


まあ、こんな条件を満たしている情報商材は滅多にありませんし、
私の知る限りでもこれは「1つ」しかありません。


私が唯一「推奨」し、且つ「実践」しているこちらの教材ですね。

>次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」


せどりエイターれお☆さんという方が公開している情報ですが
この情報が「情報提供者側のメリット」を、
この情報を公開する事で満たしているという点については、
もはやセールスレターを目にすれば「一目瞭然」になっています。


ノウハウの実質的な全容となる「全て」を
そのままセールスレターで完全に「公開」しているからです。


「ノウハウを公開する事で私にメリットがあります。」


と言うような事を謳っているような情報は稀にありますが
そういう情報に限って肝となる部分は一切公開せず


「その重要なポイントはお金を払ってくれれば教えます。」


と、結局は情報を「有料で売っている場合」がほとんどです。


ただこの「せどりインサイダー」に関しては、


「ノウハウを公開する事で私にメリットがあります。」


と言うのが決してただの「謳い文句」では無く、
その証拠にその「ノウハウ」に関しては、
もうセールスレターの中でその全てを公開してしまっています。


そして「多いにこのノウハウを実践して稼いでください」と言っている訳です。


ちなみにこちらではそのノウハウを「マニュアル」にして、
完全に「無料」で提供するような事まで行っています。

>「せどりインサイダー」無料版


ここまで徹底した事を実際に行っているのは


・このノウハウを公開していく事
・このノウハウを実践していく人が増えていく事



が、情報提供者である「レオさん」の
直接的な「メリット(利益)」に繋がるからであり、
だからこそ実際にこうして「全て」を無料で公開しているわけです。


まあ、その「理屈」は実際に無料版のマニュアルか
セールスレターの案内の方を読んでみてください。


実際「せどりインサイダー」の有料版マニュアルの方は、
インフォトップの売上ランキングなどにも
常にランクインしている「物販系の情報商材」としては
非常に珍しい「ロングヒット教材」です。


そもそもの「手法」をセールスレターで全て公開しているので、
有料版はより詳しいノウハウの解説と「サポート」が主ですから、
根本的に「悪評が広がる余地」が無いんですけどね。


何だかんだで最終的には
私が推奨する物販系情報の紹介になってしまいましたが
ハッキリ言って、私の知っている限り物販系の情報で


「その情報にそのまま従うだけで稼げる情報」


というのは数ある情報商材の中でも、
ここで紹介したものくらいしか「無い」というのが本音です。


勿論、それなりの数の情報は見て来ていますが、
本当に物販系の情報は「ハズレ」が多いので、
そこは出来る限り注意を払うようにしてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年4月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ