アルティメットせどり(株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋)レビュー

井上です。


ここ最近では珍しく「せどり」系の教材が
インフォトップのランキング1位になっていました。


こちらの「アルティメットせどり」という教材です。


アルティメットせどり

http://jsedori.com/ultimate/product/


私的にはセールスレターを読んだだけで、
ある意味「めまい」がするような情報なのですが、
一応、売れているようなので取り上げておきます。

アルティメットせどり(岩崎秀秋)レビュー


販売元はせどり系の教材の販売ではわりと名の知れた
株式会社キュリアスコープの岩崎秀秋さん。


せどり系の情報商材を販売している人は、


「実際はせどりをやっていない、ただの情報屋さん」


というケースが非常に多いです。


ただ、この株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋さんは
過去にリリースしてきている情報商材の傾向や
今回の教材のセールスレターを目にする限り、


「本当にせどりをやっている人」


だと思います。


そういう意味では、数少ない、


「本物のせどりノウハウを売っている人」


かもしれません。


実際、こういう画像も堂々と公開しています。





ただ、この画像を見ても分かる通り、
この株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋さんの手法、
すなわちこの「アルティメットせどり」の手法は


「家電等の大型商品も平気で扱うせどりノウハウ」


になっています。


要するに一般的なCD、本などのせどりでは無いわけです。


だからこそCD、本などのせどりに比べると
このアルティメットせどりのノウハウは


「ブルーオーシャン(競合が少ない)」


である事がメリットだとしていますが、
さすがにこれはそれ以上のデメリットが多すぎると思います


どんなに「稼げる」と言っても、
中古家電のせどりはとにかく「リスクが高い」です。


これは例えどんなに競合が少なくても
私は拭え切れないデメリットだと思います。


それこそ先ほどの「在庫の画像」を見ても分かると思うのですが
あれはどう見ても「整理された在庫商品」ではありません。


どう見ても仕入れていった商品が、
どんどん無造作に山積みになっているという感じですよね、、、。


要するに「ああなる事」が既に高いリスクなわけです。


そして現にこのアルティメットせどりを実践している、
株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋さんが「そうなって」います。


どう見てもあれは「1日、2日で仕入れた商品」には見えませんし
いつ売れてもいいように整理されている商品でも無いと思います。


結局、売れない商品がどんどん増えていき、
山積み状態になってしまっているんじゃないでしょうか。


そもそも仕入れた商品が「売れない」という時点で
中古家電の仕入れは仕入れの単価が高いだけに痛手が大きいです。


とくに本やCDなどと違って中古家電は
ほんの短期間で次々に新しい商品が出てくる為、
値落ちが非常に激しいというのもデメリットの1つかと思います。


そういうところで根本的に商品としての性質が違うわけです。


結局、競合が少ないのは単純に


「リスクが高くて稼ぎにくいから」


という要因が非常に大きいんじゃないかと思います。


本やCDは主な需要が「作品へのファン心理」から来ますので、
その1つ1つの商品の需要が根本的になくなる事はありません。


ですが家電は「最新の家電」のようなものが出てくると
古い型の商品はその最新の商品に比べて
明らかな劣化商品になってしまいますので、
その時点で需要はどんどんなくなっていきます。


勿論、型が古くても安ければいいという人はいますが、
最新の家電が出る度に相場が下がっていく事は避けられません。


そこがこの「アルティメットせどり」で提唱されている
中古家電せどりの「リスク」でありデメリットだと思います。


そして何よりも大きなデメリットは、
まさに株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋さんの画像の通り、
仕入れた商品の在庫保管に物凄く場所を取る事です。


ましてそれがなかなか売れずに在庫になっていった場合、
まさにあの画像のような状況に追いやられざるを得ません。


相当、自宅にスペースがあるような人でなければ
とても本腰を入れて実践していくのは不可能だと思います。


仮にアマゾンの方で在庫や配送を変わりにやってくれる
FBAというサービスを利用していくとしても、
FBAは商品の大きさによって多額の「保管手数料」が、
在庫を保管してもらっている限り「毎月」かかります。


月額の利用料はちょっとピンと来にくいですが
10センチの立方体で70円くらい・・・


まあ、大きな家電だと1つあたり数百円くらいは平気でかかります。


そんなランニングコストを抱えながら
中古家電のせどりを行っていくのは本当にリスクが高過ぎます。


私からすると取り組む事自体に全くメリットを感じられないビジネスですね。


せどりが本やCDが主流なのはそれ相応の理由があり、
中古家電のせどりが主流になっていない事には相応の理由があるわけです。


だからこそそれを「逆手」に取って稼ぐ余地はあると思いますが、
それでもここで述べたリスクは現実として「ある」ものです。


そこを受け入れてでもやってみる意欲が湧くかどうか。


このアルティメットせどりの購入を検討するのであれば、
まずはそこを冷静に考えてみるべきだと思います。


少なくとも私は「プレミアCDに特化したせどり」で、
ほぼ確実な線で利益を出せるノウハウを
こちらのせどり教材でマスターしてますので
このようなリスクの高いせどりはやる気になりません、、、。


次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」


ですので、当然「お勧め」も出来ませんね。


どう考えても先ほどの「せどりインサイダー」の方が
遥かにリスクを押さえて手堅く稼げますから。


ちなみにこの「せどりインサイダー」における、
ほぼ確実な線で利益を出せるノウハウについては、
こちらの無料版マニュアルの方で「全て」公開されていますので
興味があればこちらだけでも読んでみてください。

>「せどりインサイダー」無料版はこちら


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年4月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ