物販アフィリエイト、情報商材アフィリエイトのメリット、デメリット。

井上です。


ここ数日、物販系のアフィリエイト教材を
連続して取り上げていったところ、
そっち系(物販系)の質問を立て続けに頂いています。


「やっぱり物販アフィリエイトよりも、
 情報商材アフィリエイトの方が稼ぎやすいですか?」



やはり現状、進めているビジネスがうまくいっていない人は、


「隣の畑が良く見える」


的な感じの考えになってしまう傾向にあるようで、
私が書いているやや辛口な批評記事などを読むと


「やっぱり物販より情報商材なのかな?」


と思ってしまう人が多いようです。


ただ物販のアフィリエイトか情報商材のアフィリエイトかは、
やはり人それぞれの適正による部分が大きいと思います。


少なくとも初心者段階の人が「まず始める」という点では、
どっちが良いという事は本当に一概には言えません。


ですので、その「一概には言えないところ」を、
今日はしっかり掘り下げてある程度の指標を立てておきたいと思います。

物販アフィリエイトか情報商材アフィリエイトか。


以前には「トレンド系のアフィリエイト」と、
「情報商材のアフィリエイト」を対比する形で、
その特性や向き不向き等をお伝えする記事をこちらに書きました。


トレンドアフィリエイトか情報商材アフィリエイトか


実際のところ「物販のアフィリエイト」は
その手法によるところもあるのですが、
比較的トレンド系のアフィリエイトに近いところがあり、
おおよその見解はこの記事の内容に一致してきます。


その一番の共通点は、


「淡々とした記事をとにかく大量に書き続けていくところ」


です。


これはちょっと私の私情が入った言い表し方になってますが、
これを「良い捉え方」をしている人の言葉で言い表すと


「強いて訴求性の高い記事を書いていく必要が無い事」


という感じになるんじゃないかと思います。


要するにトレンドアフィリエイトや物販のアフィリエイトは、
あまり読み手の「興味を引く」とか、「共感を得る」とか、
そういった「文章による訴求性」を求めなくていいわけです。


究極的に言えば「強いて商品を売り込む必要が無い」という事です。


物販のアフィリエイトを全く経験していない人などは、


「アフィリエイトとは言え、何で売り込む必要がないの?」


と思われるかもしれませんが、基本的に
物販のアフィリエイトで「売り込み」は必要ありません。


少なくとも、初心者の人が「まず最初に」で始めていく、
オーソドックスな物販のアフィリエイトノウハウであれば、
まず「売り込み」を前提にするような事はやらないと思います。


むしろ物販で売り込みを前提にするのであれば、
それはもう情報商材のアフィリエイトとさほど変わりありません。


「売り込まない」が基本の物販アフィリエイト。


何故、物販のアフィリエイトは「売り込まない」のか、
そして「売り込まなくても商品が売れるのか」というと、
基本的に「初心者向けの物販アフィリエイト」のノウハウは、


「既にその商品を欲しがっている人を集客する事」


が、ほぼほぼ「集客の前提」になっているからです。


そもそも情報商材と違い、物販のアフィリエイトは、
誰もが知っているような有名商品や
テレビCMをバンバンやっているような
抜群に知名度が高い商品まで紹介する事が出来ます。


そこが既に情報商材とは違うわけです。


なので、いざ集客の戦略を立てていく上でも、
既にそういった知名度の高い商品や
買おうと思っている人が多い商品を狙っていけば、
お客さんも集めやすく、商品は勝手に売れていきます。


要は「買おうとしている人」と「その販売元サイト」の間に入り、
ただ右から左へアクセスを流せばそれで成約になるわけです。


この理屈だけを聞くと簡単に稼げそうな気がするかもれません。


少なくとも「情報商材のアフィリエイトよりは稼ぎやすそうだ」と、
多くの人が実際にそう考えて物販のアフィリエイトを始めていきます。


でも、そこから実際に稼げる人はほんの一握り・・・。


要するにクチで言うのは簡単でも、
いざやってみるとこれはこれでマイナス要因もあるわけです。


物販アフィリエイトのデメリット。


まず第一に挙げられるのは「競合の多さ」でしょうか。


むしろこれは「競合の域を超えるもの」なのですが、
知名度が高く、誰もが知っているような商品は、
とくに「ネットじゃなくても買えてしまう」という現実があります。


“家電でも食料品でも何でもアフィリエイトが出来る!”


というのはメリットと言えばメリットなんですが、
そういう商品はネット以外でも普通に買えてしまう為、
そういった「リアルな店舗」さえもライバルになってしまうわけです。


更にネット上でもアマゾンや楽天などの大手ショッピングモールは
これらのサイト自体が物凄くSEOに強いので、
商品名の単体キーワードなどではまず、負けてしまいます。


要するに横一列のアフィリエイターの競合だけじゃなく、
リアルな店舗から大手のショッピングサイトまでもが
物販のアフィリエイトでは「ライバル」になってしまうんです。


ですので、知名度が高いというメリットは、
それと同じくらいのデメリットも引き連れているんですね。


その点、情報商材は「リアルな店舗」でなど売り出されていませんし、
ほぼ全ての商品がそのインフォプレナーの独占商品です。


その独占商品をアフィリエイト出来るわけですから、
物販市場のような「勝ち目のない大敵」はハナから存在しません。


これが「知名度の低さ」を補う情報商材市場特有のメリットです。


要するにこれはどっちをどう見据えても、
メリット、デメリットが相反しているという事ですので、
必ずしも物販系の知名度の高さが売り易さに繋がるわけでは無く、
情報商材の知名度の低さがマイナスになるわけでもありません。


意外に多くの人が捉えている


「物販アフィリエイトは稼ぎやすい」


という観点は、偶像に近いものだと言える側面があるという事です。


その「決め手」にするべき指標。


ではその「決め手」としていくべき指標は何なのか。


やはりそこはやはり「自分に合っているかどうか」であり、
その判断は「継続的に行っていくべき行程」を
その一番の指標にするべきだと思います。


そして、そこが冒頭でもお伝えした、


「どういう記事(文章)を書いていく事が得意か」


だと思います。


強いて「得意」という観点で考える必要はありませんので、
どちらが「苦手か」で消去法的な考えをしてもいいと思いますが
物販のアフィリエイトで書いていく記事は、とにかく


「淡々とした紹介記事」


であり、冒頭でもお伝えしたように、
そこに訴求性や売り込み色を持たせる必要は全くありません。


対して情報商材の紹介記事は、


「訴求性のある信頼性の高い記事」





「しっかりと商品の価値をアピール出来る売り込みの記事」


などを書いていく事が出来なければ、大きくは稼げません。


ここで多くの初心者層の人は大抵、


“それなら断然、物販の記事の方が楽に書けるでしょ。”


と思いがちですが、実はそうでもない側面もあるんです。


例えばもしも私が最初に物販のアフィリエイトから始めていたら、
まず間違いなく今のようには稼げずすぐに挫折していたと思います。


理由は「そういう記事を淡々と書き続けていく事が苦手だから」です。


何というか、あまり内容もメッセージ性も無い無機質な記事を
ただただ毎日書き続けるなんて、私からすれば苦痛でしかありません。


要するに私はせっかく文章を書くなら「頭を使いたい」んです。


まあ、これは本当に人それぞれの考え方ですが、
私にとって物販のアフィリエイトなどで「更新作業」は


「ウンともスンとも言わないロボットに、
 毎日、興味の無いものの話をしてください。」


と言われて、それをひたすらやっていくに等しいイメージです。


これを聞いても「それでお金を貰えるなら全然いい」という人は、
それこそ物販やトレンド系のアフィリエイトに向いている人です。


どうせなら、私は「自分の興味のある話」を
聞き手の反応を考えながら話していく方が「楽しい」ですし、
そういう仕事でお金を貰えるなら全く苦痛を感じません。


だから、私はこういった情報商材のアフィリエイトをやっているんです。


ですので、物販のアフィリエイトか情報商材のアフィリエイトかは、
まさにそれぞれの「更新作業」をどう捉えるか。


今の私の例え話で自分がどう感じるか、が重要な指標かと思います。


ただ、1つだけ付け加えておくと、
物販のアフィリエイトはどんなにやっても
せいぜい月に数十万円クラスが限界だと思いますし
どんなに続けても、ほとんど「継続な収入源」にはなりません。


基本は労力を掛け捨てして稼ぐものだと思ってください。


対して情報商材のアフィリエイトは、
やる気とやり方次第では月に数百万円は悠に稼げますし
その戦略次第では「継続した収入源」も構築していけます。


現に私は3日に一度くらいのペースで更新しているこのブログと
既に出来上がっているステップメール講座で、
月に300万円近い継続収入を1年近く稼ぎ続けてますので、
情報商材のアフィリエイトにはそれくらいの「可能性」があります。


なので、チャレンジするべきは断然、
こっち(情報商材)というのが私の本音です。


ただまずは自分に合った手法から、、、というのであれば、
物販のアフィリエイトが性に合ってそうな人は
まずそこから始めていってもいいと思います。


一応、物販のアフィリエイト教材では、
私の特典付でこちらをお勧めしていますので興味があれば。

>疾風アフィリエイト(込山剛史)


情報商材のアフィリエイトは言うまでも無くこれですね。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


物販のアフィリエイトをスタートラインにしたとしても、
先々はもっと大きなステージを目指して、
私のアフィリエイト倶楽部に参加して欲しいというのが私の本心です。


勿論、最初からその選択肢を選んでいただくのも大歓迎。


私は最初から情報商材市場オンリーでしたので。


あとはご自身の適正を考えて進むべき道を選んでください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年3月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ