エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)尾上雄二

井上です。


Youtubeアドセンス系の新しい教材がリリースになっています。


“邪道なYoutuberを育成する”というコンセプトのもと、
ある分野に特化した動画の投稿で稼ぐ事を前提にしている
こちらの「Evil Youtuber Subject」という教材です。


エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)尾上雄二
http://evilyoutuber.black/


既に多くのアフィリエイターさんが取り上げ始めていますが、
ある意味、かなり「革新的」なYoutube教材なので、
その「ある意味」の部分も含めて批評しておきます。

エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)レビュー


この教材のコンセプトや趣旨は、
セールスレターでほぼ全て明確にされています。


ザックリと言うなら、


「一見、著作権違反や権利侵害になりそうな動画を扱って
 再生回数をガンガン伸ばしていきましょう。」



というもので、


・その著作権侵害等の境界線やYoutubeからの規制対策
・それらを踏まえた具体的な動画の作り方



などを中心に扱っている教材になっています。


実際にYoutubeを見ているような人は分かると思いますが
確かにYoutuebは芸能人系、アイドル系、アニメ系などを問わず
著作権違反や権利侵害になっていそうな動画が多数上がっています。


テレビ放送された映像、映画やアニメの映像など、
そういったものを元ネタにしている動画はもとより、
ほぼそのままアップしているような動画も珍しくありません。


ただ、そういった動画でもYoutubeアドセンスに連動した
広告が表示されているようなものも多く、
そういう動画は「収益化」されいる事が分かります。


要するに動画の再生回数に応じて、
投稿者には広告収入が発生していっているわけです。


当然、人気の芸能人やアイドル、アニメなどの関連動画は、
黙っていてもどんどん再生されていきますので
そういう動画をバンバン投稿しているような人は、
実は相当な広告収入を稼いでいるんです。


そういう人の事をこの「Evil Youtuber Subject」では、


“邪道Youtuber”


と呼んでいるわけですね。


邪道に対しては、当然「王道」があるわけですが、
その「王道的なYoutuber」はまさに今、私が推奨している、
こちらのYoutube教材を実践されているような方々を指します。

Youtube-Ads Capture Sheet CLUB


言わば自作のオリジナル動画を1から撮影したり、
作成したりして投稿しているようなYoutuberですね。


HIKAKINさんなどの有名どころなYoutuberも
まさにこの「王道的なYoutuber」に該当します。


私のブログから「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」に
参加された方も相当数いますので、
今も現在進行形で自作の動画を一生懸命作成し、
投稿していっているような人はたくさんいると思います。


そして実際にやっているような人は分かると思いますが、
Youtubeアドセンスは「やれば」本当にそこそこ稼げます。


動画を投稿すればしただけ稼げるものだという事は、
実際にやられている方であれば、お分かりだと思うのです。


ただ同時に動画には「当たり外れがある」という事や、
Youtubeアドセンスだけで「まとまった収入」を稼ぎ出すのは、
なかなか骨が折れるという事も体感しているかと思います。


そしてなかなか投稿した動画が「当たらない人」は、
ちょっと「割に合わない」という感じになってしまい、
Youtube動画の投稿を断念してしまう傾向にもあるようです。


現にあなたもそういう境遇にあるのかもしれません。


とくに動画の撮影などが好きな人でなければ、
カメラを回して動画を作成するのは「面倒」だと感じてしまい
なかなか思うように動画の再生回数が伸びないと
どうしてもYoutubeアドセンスは割に合わないと思ってしまいます。


まあ実際は「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」の
約20通りくらいの事例動画を3つ4つくらいづつ投稿すれば
確実に幾つかは「当たり」動画になって、
月10万、20万円くらいの収入源にはなるはずなんです。
(勿論、それ以上の収入になる可能性も多いにあります。)


ただその20通りの動画事例をくまなく押さえる事自体、
近所でその事例に見合ったスポットを探して足を運んだりと、
結構「地道な撮影作業」が必要になってきます。


その「地道な撮影作業」を楽しめるかどうか。


王道的な自作のオリジナル動画の投稿を前提に、
「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」の情報を活用して
Youtubeアドセンスで稼いでいけるかどうかは、
そこがわりと1つの分岐点になっていたわけです。


それを楽しんでやっているような人は、
日々、色々な動画を色々なバリエーションで撮影して、
動画の当たり外れをさほど気にせずに
コツコツとその収入源を増やしていっているはずです。


対して「そうではない人」はよほど「当たり動画」が
ポンポン出てこない限りは「面倒」になってしまい、
続かなくなってしまうのがYoutubeアドセンスの現実です。


ただ投稿していった動画がきちんと「当たり動画」になり、
再生回数がグングン伸びていけば、
その分だけどんどん稼げるのがYoutubeアドセンスです。


これは事実、間違いありません。


更にその「当たり動画」をいとも“簡単”に、
作るべくして幾らでも“量産”していけるとすれば


・なかなか「当たり動画」に当たらず続かなくなってしまう
・動画の撮影、作成自体が面倒になってしまう



こういったYoutubeアドセンスにおける懸念材料を
完全にクリアする事が出来ると思います。


そんな2つの懸念をこれ以上無い方法でクリアしてしまうのが
この「Evil Youtuber Subject」という
邪道なYoutuberの育成プログラムなわけです。


邪道なYoutuberの育成プログラムの有効性と懸念


事実この「Evil Youtuber Subject」のノウハウを使えば、
その「当たり動画」をまさに作るべくして作り出し、
そういう動画を幾らでも「量産」していく事が可能になります。


・人気の芸能人
・人気のアイドル
・人気のアニメ
・話題のニュース



などなど、既に確固たる「需要」がある動画を
バンバン投稿していくわけですから、
それは「ガンガン再生されて当たり前」です。


こういう動画をYoutubeでいつも見ている人が多いのは
もはや言うまでもない事ですから。


素人が撮影して投稿する自作動画などとは、
潜在的な需要が根本的に違うわけです。


そしてこの手の動画はもともとほぼ完成されている
「映像」や「素材」を使って作成出来てしまいます。


つまり自作の動画を撮影、投稿していくよりも
遥かに少ない手間と労力で動画を量産し
投稿していく事が出来るわけですね。


当然、そんな動画をバンバン量産して投稿していけば、
その動画の再生回数が伸びていくのは当然ですから、
普通に考えて「稼げないはずが無い」と思います。


稼げないはずが無い=ほぼ確実に稼げてしまう


私がこういう批評をする事は滅多にありませんが、
この「Evil Youtuber Subject」については、
“現時点では”ではこの図式がそのまま当てはまります。


要するにプログラム通りに動画を作って、
バンバン投稿していけば


「その数に応じてほぼ確実に稼げてしまうプログラム」


と言って、差し支えないと思います。


1、既に確固たる需要がある動画を
2、ほぼ完成されている映像や素材を使って
3、Youtubeという出来上がった市場に投稿していく



今のYoutubeにおいて言えば、
この流れで稼げない理由など、あるはずがありません。


仮にこの方法で「稼げない可能性」を追及するとすれば


1、Youtubeそのもののが過疎化し根本的に動画が再生されなくなる
2、権利者からの申告等で動画やアカウントが削除され報酬も無効になる
3、そもそも法律に違反する行為とみなされ稼ぐどころでは無くなる



この3つの可能性にほぼ集約されると思います。


まず「1」について。


これはもうYoutubeの今後の可能性を考えて、
インターネット界においてはもう「神」にも近い
グーグルの傘下にあるYoutubeが過疎化する可能性はほぼゼロです。


よって「世間的に需要のある動画」が、
Youtubeで全く再生されなくなるという事はありえないと思います。


続く「2」と「3」に関して言えば、
そもそもこの「Evil Youtuber Subject」は、
そこを徹底して「回避」する為のプログラムです。


「2」や「3」の懸念点をそもそも無視していいと言うなら、
それこそこういった「権利侵害」になるような動画など、
投稿していこうと思えば誰でも簡単に投稿していく事が出来ます。


それを誰もが分かり切っている中で、
そういった事を多くのYoutuberが「やっていない」のは、
それこそ権利を侵害して大事になる事を避けているからだと思います。


著作権侵害で逮捕・・・なんて事になってしまっては、
幾ら大金を稼いでも何の意味もありませんし
投稿した動画やアカウントが次々と削除されて
報酬が無効になってしまっても労力がただの無駄になります。


事実、こういった動画がYoutubeから削除され、
観覧出来なくなっているような事もザラにありますからね。


ただそれでもこういった「権利侵害になりそうな動画」が、
とくに削除される事なく残り続けながら、
グングン再生回数を伸ばしているケースもたくさんあります。


つまりそこには「セーフ」とされる境界線があり、
その境界線を超えなければこういう「邪道な動画」は、
実質的に幾らでも投稿していく余地があるわけです。


この「Evil Youtuber Subject」のウリは、
まさにその「境界線」と「規制対策」を明確にして、


「その境界線を超える事の無い稼げる動画」


を作るべくして作り、投稿していくノウハウが、
各動画ジャンルごとに解説されています。


要するに、


2、そもそも法律に違反する行為とみなされ稼ぐどころでは無くなる
3、権利者からの申告等で動画やアカウントが削除され報酬も無効になる



この可能性を徹底して回避できる、
具体的な方法、具体的な境界線、具体的な対策が、
あらゆる動画ジャンルごとに解説されているプログラムなわけです。


そもそも「その為の教材」と言っても過言ではないわけですから、
よほど「法律」や「Youtube」の基準が大きく変わらない限り、
このプログラムにおける「動画の作り方」は有効だと思います。


その「今後、このノウハウが使えなくなる可能性」も
プログラム内ではあくまでも「見通し」として解説されていますが
この見通しはあながち「的外れでも無い」と思いました。


要は「著作権法の改正」と「Youtubeの規制強化」が、
今後どれくらいの速さでどこまで進む可能性があるかという話ですが
日本の映像や音声の利権関係やメディア事情の事を考慮すると
どう考えても「著作権法の大幅な改正」はそうそうありえません。


イコールその国の法律を主に重視するYoutubeの規制強化も、
そこまで大きくは変わらないだろうというのがおおよその見解です。


ただこのレベルの「可能性話」を今、幾ら展開させたところで、
結局、そこまで先の法律規制の事など誰にもわかりません。


駄目になったら駄目で、それはそれでいいと思います。


重要なのは「今」このノウハウが有効なのかどうか。


その点で言えば、現時点では間違いなく有効なノウハウです。


そして今日、明日というレベルで、
急に使えなくなるという事もまずありえません。


大幅な法律の改正にはある程度の前兆がありますから。


ですので、考えようによっては、


「稼げるうちに稼げるだけ稼いでおく」


という観点で、有効なうちに
稼ぎ倒しておくのも1つの手だと思います。


今、現在進行形で「結果を出せるビジネス」に
ありつけていないような人からしてみれば、
そんな先の事を考えて「今、稼げるビジネス」を
可能性レベルの先々の見通しで避けるメリットなど何もありません。


事実「他人にふんどし」で相撲を取るような稼ぎ方ですので、
色々、他者の要素に依存しているところも多い為、


「今後一生涯稼ぎ続けられる方法」


というような捉え方で手にするような情報ではありませんが、
今、現時点で「拾えるお金を拾っておく」くらいの観点であれば
現時点のプログラムの参加価格である


「19800円」


は、本当にほぼ一瞬、幾つかの動画投稿ですぐに回収出来ます。


基本として「長く稼ぎ続けられる仕組み作り」を
モットーとしている私の理念からはやや外れている教材ですが


・今現在の段階では継続的な収入も見込める事
・再現性、即効性は極めて高い事
・初心者でも相当なレベルの収入を見込んでいける事



これらの観点ではかなり優れたプログラムになっていると思います。


それでも「邪道Youtuber育成プログラム」と称しているだけあって、
先程も言ってように「他人のふんどしだけ」で
お金を稼いでいくようなノウハウである点は否めません。


まともに動画を自作して投稿しているYoutuberからしてみると、


「そんな動画で稼ぎやがって・・・」


と思われてしまうような側面も事実、あると思います。


そういうところへの抵抗感があるなら手を出すべきではありませんが、
そこをスッパリと割り切って


「稼げるなら、やる」

「稼ぎたいから、やる」



という気持ちの整理が付くような人や、


「え?これの何が駄目なの?やらない理由ある?」


というようなサバサバした考え方を出来る人は、
今、ネットビジネスで「これより楽に稼げる方法」は無いかもしれません。


実際、せどりやアフィリエイトは全くダメダメなのに、
この方法で月収100万円オーバーという人も少なくありません。


私の知人やコンサル生の中にも、
この「Evil Youtuber Subject」がリリースされる前から、


「実はYoutubeを使ってこういう方法で稼いでるんです。」


という人は少なからずいましたので、私的には


「ついにこの境界線を攻める教材が出て来たか・・・」


という感じで見ていました。


事実、やればやっただけ、本当に稼げますし、
継続的な収入源になっていく側面もありますので


「これで一生、安泰なんじゃないか。」


と思ってしまう人も出てくるかもしれませんが、
あくまでも「他人の多くに依存している稼ぎ方」である自覚を忘れず
私はあまり依存し過ぎずに他の稼ぎ口も開拓していくべきだと思います。


それこそひとまずこの方法で稼げるうちは、
お金にも時間にも困らなくなると思いますから、
そういう「稼ぎ口」があるうちにどういう行動を取っていくかです。


そこが「成功し続ける人」と「一発屋で終わる人」を分けると思いますので。


何にせよ「今、確固たる収入源をとにかく確立したい」という人には、
今現在の段階では筆頭にお勧めしてもいいくらいの教材です。

>エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)


Evil Youtuber Subject+銀次さんの特典コンテンツ


この「Evil Youtuber Subject」ですが、
私の方で推奨特典の方を用意しようと思い、
色々と考えを巡らせていたのですが、


アフィリエイター銀次さん


が、私が概ね頭に描いたコンテンツの方を
ほぼそのまま形にされていました。


>Evil Youtuber Subject+銀次さんの特典コンテンツ


このプログラムはYoutubeアドセンスで稼ぐ教材ですが、
それだけ投稿していった動画が再生されるという事は、
実際はその動画にちょっとした仕込みを仕掛けていくだけで、
普通の「アフィリエイト」も十分に行っていく事が出来ます。


とくに「あるジャンルの情報商材」は非常に売り易く、
銀次さんの特典ではその「あるジャンルの情報商材」を
Youtubeを使って売り込んでいくノウハウがまとめてあります。


その「あるジャンル」というのが、
いわゆる「Youtubeで稼ぐ系の情報商材」です。


Youtubeを見ているような人からしてみれば、


「Youtubeを使って稼ぐ」


という事が謳われている情報商材などは、
非常に興味を引き易く、成約も取り易い傾向にあります。


それこそ、この「Evil Youtuber Subject」や、
私が推奨している「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」。


先日取り上げた「NICO☆TUBE」なんかも、
この方法で紹介していくと、かなり売り易いと思います。


このプログラムのノウハウで動画を投稿していけば
それだけの圧倒的な再生回数を稼ぎ続けられるわけですから。


Youtubeの利用者がこの辺りのセールスレターを
目にしていけば、それはそこそこの成約率で売れていって当然です。


Evil Youtuber Subject:http://evilyoutuber.black/
Youtube-Ads Capture Sheet CLUB:http://yutubeinfo.org/info/tokuad.html
NICO☆TUBE:http://niconico.blue/


それこそ「下手な鉄砲も数を打てば当たる」という格言がありますが、
これはかなりマッチング性の高い商品を
多くのYoutube利用者に見せていける戦略ですので、
相応の売上が上がっていく事は容易に想定出来る事かと思います。


更にYoutubeからブログにアクセスを集める方法や
Youtubeからのリストマーケティングなども解説されてますので
私のアフィリエイト倶楽部に参加されているような方は、
集客の入口を広げる事も出来ると思います。


このノウハウは私の方で特典コンテンツにしようと考えたのですが、
ほぼそれをバッチリと形にしたものを、
銀次さんが既に作成して提供していましたので、
今回は素直にそちらに便乗させて頂く事にしました。


>Evil Youtuber Subject+銀次さんの特典コンテンツ


銀次さんには以前より私の特典コンテンツや企画の方を
アドモールの2ティアオファーで紹介してもらっていましたので、
今回はそのお返しも兼ねて銀次さんの特典を推奨させて頂きます。


銀次さんの特典内容の詳細ついては、
銀次さんの紹介記事をご覧になってみてください。


それこそEvil Youtuber Subjectの本編で稼ぎながら、
銀次さんのYoutubeマーケティングの特典内容を実践し、
ブログ集客やリストマーケティングを行っていく事で
相乗した収入源を構築していく事をお勧めします。


井上

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

|

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ