デザイン・HTMLの知識は学ぶべきか、磨くべきか。

井上です。


ここ最近、ブログやLPなどの「デザイン」について、
度々相談を受ける事がありましたので、
今日はちょっとその辺りの考え方を講義してみます。


それでは早速いってみます。

デザイン・HTMLの知識は学ぶべきか、磨くべきか。


ネットビジネスの事を題材に情報を発信している私ですが、
今回の「デザイン」というテーマを取り上げるのは初かと思います。


その時点で私がこれらのポイントを
そこまで重要視していないという事は分かると思いますが
これは決して「軽視している」というわけではありません。


ウェブサイトやブログ、LPやセールスレターなど、
やはり「デザイン」によって反応や売上が変わる要素は
少なからず「ある」と思います。


ただ私がとくにデザインについてや、
そのスキルやノウハウについて言及してこなかったのは、


“時間を割いてそのスキルを習得する必要性は感じないから”


です。


理由としては例えばブログなどであれば、
もう無料でそれなりのレベルで完成されたテンプレートや
素材などが無料で幾らでも手に入る時代ですので、
わりとそれに頼るレベルでもそれなりのブログが作れてしまいます。


実際のところ、私のブログのデザインも、
ヘッダー部分やそれ以外の細かいところを除けば、
大半は「賢威」というテンプレートをそのまま使ったものです。


要するにデザインなんて自分ではほとんどしていないわけです。


でも、こうしてそれなりのブログは運営出来てしまうわけですね。


勿論、私のブログよりデザイン性が高いブログは、
他に幾らでもあると思いますがそこについては


デザイン性の高さ = 成果(売上)


では「無い」と思っています。


あまりに素人感があるデザインや、
そもそも文字が読みにくいようなデザインは「無し」ですが
そこそこのデザインでコンテンツが読みやすければ、
私はもうそれで十分だと思っているんですね。


実際、それで十分に「成果」は上げられるからです。


ですので、私はそこそこデザイン性の高い
テンプレートなどを使えばそれで十分だと思ってます。


それ以上、デザインに力を入れる為に、
いちからデザインの勉強やHTMLの知識を身に付ける事は、
ネットビジネスで結果を出す上では私はちょっと遠回りに感じます。


そこを勉強して力を入れている時間があるなら、
やはりコピーライティングやマーケティングの勉強、
そしてその「実践」に力を入れていった方がいいと思いますね。


要するにそこは「どこに力を入れるべきか」の、
ビジネス的な判断、経営者的な自己判断だと思うわけです。


「どこに力を入れるべきか」の経営判断。


この経営判断で、私はコピーライティングや
マーケティングのスキルやノウハウを学ぶ事に力を入れ、
その実践こそが最も「結果に直結する」と考え、
それを徹底してきているつもりです。


対してデザインについては、
そこまで結果には直結しないという判断と、
そこそこのテンプレートなどを使うレベルで十分と判断し
あえてそのスキルを身に付ける事まではしていません。


それこそこのブログのヘッダーデザインやLP、
井上太一アフィリエイト倶楽部などのセールスレターも
全て「外注」してプロのデザイナーに作ってもらっています。


ブログの記事やコンテンツの外注は絶対にしませんが、
デザインについてはプロに任せてしまっても、、、


むしろ任せてしまった方が「あらゆる面でプラス」だと思います。


実際、私が外注しているようなあれくらいのデザインであれば
数万円単位でそれなりのものを作ってくれる
デザイナーさんは普通にたくさんいると思います。


現に私もそれくらいの外注費で作れていますので、
その費用対効果を考えれば、一からデザインの勉強をして
HTMLの知識を身に付けて自分でデザインをしていくより、
今、出来る人にお金を払ってやってもらった方が得策です。


これはまさに「時間と労力をお金で買う」という考えでも
デザインという部分に関してはいいと思います。


先ほどもお伝えしたようにブログの記事やコンテンツを
外注のライターで作られるのは百害あって一利無しですが
デザインについてはとくにそういう事もありません。


それこそデザインなんていざ外注するポイントは
ブログで言えばヘッダーや全体的な構成デザインくらいですし
LPなどについても基本的には一発ポッキリの依頼で済みます。


それでプロがバシッとしたデザイン案を仕上げてくれるなら、
私はそれで十分だと思うわけです。


外注するべきポイントとそうではないポイント。


ブログの記事やコンテンツはまさに売上に直結しますし
そもそも人に任せて魂がこもった記事は絶対に出来上がりません。


何より継続的に記事の更新なども必要になると考えれば、
これを外注して何を自分でやるのかという話になってきます。


ですがデザインはデザインするべきポイントを
一度仕上げてしまえばそれで「終わり」の仕事なんです。


あとあと自分がデザイナーとして仕事をしていくとか、
今後も毎日のようにブログやLPを量産していって
その度にデザインを施していくとか。


そういった日常的にデザインを手掛けるようなスタイルで
今後、仕事をしていこうというのでなければ、
あえてその「終わりのある仕事」の為に
一からスキルや知識を身に付ける必要は無いと思います。


少なくとも私はそういうスタンスは考えていないので、
デザインの勉強をする暇があるなら、
やはりコピーライティングやマーケティングを勉強して、
そちら側の実践と経験を積んでいく方が有意義だと思いました。


だからこそ賢威のようなテンプレートを使ったり、
主要なポイントはプロのデザイナーに任せてしまっているわけです。


まさにこれは「時間と労力」をお金で買い、
その分だけ私はその時間と労力を他に割いていく事で、
ビジネスの効率性を上げてきたわけですね。


要するにビジネスにおいて何を優先事項として、
その優先事項の為に自分が今、何をするべきなのか。


そこを見極めて行動していく事が重要なのではないかと思います。


私の優先事項は「ビジネスとしての成功(成果)」でしたので、
その観点で見ると私は「デザイン」という分野については
自分で時間と労力を割くべきポイントでは無いと判断しました。


だからこそ私の場合は賢威のテンプレートや
プロへの外注で済ませたわけです。


SEO対策ブログテンプレート「賢威」


ただこれは決してデザインという要素を
全くもって「軽視」したわけではありませんので
そこは勘違いしないようにしてください。


やはり素人くささがプンプンするようなブログやLPでは、
何だかんだ言っても反応が取れないと思います。


それこそせっかくのコンテンツが台無しになります。


たまにそういうブログやLPを見かけますので。


一応、私のデザインについての考え方はこんな感じです。


あと、LPについてはこういう
LP作成ツールもありますので興味があればどうぞ。


LP作成ツール「MeVIUS-メビウス-」


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ