キーワード発掘ツール「ももんが」(中沢成志)とキーワードスカウターS、特典レビュー

井上です。


今日は「キーワードリサーチツール」として、
私が推奨している「キーワードスカウターS」と、
もう1つ、わりとよく比較対象になっている
こちらのキーワードリサーチツール「ももんが」について。


キーワード発掘ツール「ももんが」

http://momonga.lab-n.info/


何件か「どっちがお勧めですか?」という質問も頂いていますので、
それぞれを比較形式でレビューさせて頂きたいと思います。

キーワード発掘ツール「ももんが」(中沢成志)レビュー


まず基本的にこのキーワード発掘ツール「ももんが」も
私が推奨しているキーワードスカウターSも、
使い勝手や用途はほぼ同レベルのツールだと思って問題ありません。


ですので、ツールの有用性などについては、
キーワードスカウターSのこちらのレビュー記事を
そのまま参照して頂いて結構かと思います。


キーワードスカウターS+井上豪華特典のレビュー


ただ、私が推奨している「キーワードスカウターS」は、
おそらくですがキーワード発掘ツール「ももんが」を意識して、
その使い勝手や機能性を少しづつプラスαされています。


リリース自体がキーワード発掘ツール「ももんが」より、
キーワードスカウターSの方が「後」ですので、
開発者の人が実際に「ももんが」を参考にした可能性もあります。


要するに「後出しじゃんけん」的な形で、
キーワード発掘ツール「ももんが」の良い点は
そのままほぼ全ての機能を取り入れた上で、
少しづつ機能性や使い易さを加えたんじゃないかという事です。


それくらいキーワード発掘ツール「ももんが」の良い点は
キーワードスカウターSにそのまま反映されています。


業界によってはそれを「パクり商品」とか、
その「大元の商品がいい」という事になるのかもしれません。


ですが、少なくとも情報商材業界に関して言えば、
そのような観点で情報やツールを選ぶ意味は無いと思います。


もともと「情報」という形の無いものを売買している業界ですし
ツールは言うなれば「プログラムソース」が元ですから
利用者としてはより「良い動作をするもの」を求めて当然です。


ですので、基本的に情報業界にどんどん出てくるツールは
よほど精巧で誰も真似が出来ないような複雑なもので無い限り、
新しく出てくるツールの方が「出来が良い」ものになってきます。


後からリリースする方は先に公開されているツールをもとに、
もっと良いものを改良して作り出せるからですね。


勿論、同じプログラムソースを転用するのは
著作権上の問題がありますがプログラマーからすると
ソースだけを巧みに書きかえて同じ動作をするツールを作るのは
ハッキリ言って全く難しい事ではないのだそうです。


とくにキーワードリサーチツールのようなものは、
そこまで複雑なプログラムでは無いらしいので、
ある程度の知識を持っているプログラマーからすると、
既に出来上がっているツールをそのまま再現して
より精巧なツールにするのはわりと簡単なのだとか。


それこそキーワード発掘ツール「ももんが」も、
それ以前に公開されていたような同系統のツールをもとに
より良い機能を加えて作られたツールの可能性もあります。


少なくともキーワードスカウターSの機能は、
かなりキーワード発掘ツール「ももんが」に類似していますので
開発者の人が「ももんが」+αを意識した線は間違いないと思います。


現に販売価格(値段)も以下の通り明らかに
キーワード発掘ツール「ももんが」を意識してますよね。


キーワード発掘ツール「ももんが」:5980円(税込)

キーワードスカウターS:4980円(税抜)



どう見てもキーワード発掘ツール「ももんが」を意識して
ももんがより少し安くしているような価格設定です。


ただ、ここまでお伝えしてきた通り、
キーワードスカウターSはおそらくですが
キーワード発掘ツール「ももんが」+αを意識してますので、
細かい機能性や細かいところに手が届く配慮などは、
やはりキーワードスカウターSに軍配が上がります。


後出しで開発&リリースしているのですから当然ですね。


ただそこまで卓越してキーワード発掘ツール「ももんが」を
大きく凌駕するような機能が備わっているわけではありません。


ですので基本的には「ほぼ同じツール」と考えてください。


既にキーワード発掘ツール「ももんが」を持っているような人が
あえてキーワードスカウターSを購入する必要は無いですね。


まあ、それでも私の特典目当てで
キーワード発掘ツール「ももんが」を持っていても
あえてキーワードスカウターSを
買ってくれているような人もわりと多くおられますが、
ツール単体で考えると乗り換えるほどの違いはありません。


キーワードリサーチツールとして、
やりたい事、やるべき事はどちらでも十分出来ます。


ただ先ほども補足した通り、
私の特典に魅力を感じてくれたなら、
細かい機能性等はやはりキーワードスカウターSが上なので
価格もそこまで高くありませんから


「私の特典コンテンツありき」


という観点であれば乗り換える余地、価値はあるかと思います。


まあ、これからキーワードリサーチツールを
初めて購入するというのであれば
断然、私の特典付でキーワードスカウターSを推奨しますけどね。


キーワードスカウターS+井上豪華特典のレビュー


以上、キーワード発掘ツール「ももんが」と
キーワードスカウターSの比較レビューでした。


それではまた回。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

|

カテゴリー:情報商材批評

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ