集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ。

井上です。


ここ最近「集客」「マーケティング」について、
私なりの考え方やそれに基づく教材、
ツールなどをご紹介する記事が続いていましたので
ここで一度その「まとめ」的な記事を書かせてもらいました。

井上太一の集客「理論」


まず私の「集客」についての根本的な考え方や、
実際にこのブログなどでやっている事についての視点などは
こちらの記事に書いてある事が「ほぼそのまま」かと思います。


>投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略。


そんな私の集客の視点、捉え方、
そしてその「ノウハウ」という点に関して、
最もそれに近いものをそのまま学べる「教材」は、
やはりこちらの「本質のビジネスSEO術」かと思います。


本質のビジネスSEO術


こちらの教材は一時、販売終了となっていましたが、
ここ最近、再販売となり、また追加コンテンツも加わった事で、
一層お勧め出来る「集客教材(SEO対策教材)」になったと思います。


ちなみに私の方がお付けしている特典がこちら。


・井上流SEO効果抜群の記事の書き方
・井上式SEO対策不要の“キーワード集客”マニュアル


どちらもメイン教材をより実践的に活かせる、
私がこのブログで実際に実践している集客ノウハウになります。


ちなみに教材本体の方は「10000円」という価格ですが
こちらには「メール1通で教材代金は全額返金」という
「無条件返金保証」も付いています。


要するに


「役に立たなければ返金してもらえればいい。」


という意識で購入して頂いても一向に構わないという事です。


ただその内容は本当に本質的なもので、
ネットビジネスにおける集客の基本、理論、視点、捉え方など、
その根本的なところからをしっかりと学べる教材になっています。


それを踏まえた返金保証ですから、
これは「とりあえず」でも購入しておいて損は無いと思います。


仮に返金を請求しても教材も私の特典も手元に残りますから(苦笑)


ただこのような保証が付いている点も含めて、お勧めしています。


井上太一の集客「環境」


そして先ほどの「集客理論」において欠かせない要素が


「キーワード」


になります。


少なくとも私のブログの集客網はヤフーやグーグルなどの、
検索エンジンが主体となっていますので、
そこにはやはり「キーワード選び」が大きな比重を占めてます。


そんなキーワード選びを精巧且つ効率化させてくれるのが、
こちらのような「キーワードリサーチツール」です。


キーワードスカウターS


こちらには私の方からも以下のようなラインナップの
かなり手厚い(手厚すぎるほど)の特典一式を付けています。


・キーワードスカウターS活用講座~ゼロの視点~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・物販編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・アドセンス編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~情報商材アフィリエイト編~


こちらのお値段は「買い切りタイプ」のツールながら、
4980円という格安な値段設定で、
私の特典を抜きにしてもかなりお得なツールになっています。


そこに私の特典も含めて価値を換算して頂ければ、
もうかなりの「おつり」が永久的に出て来てもおかしくない
そんなツールと特典の一式になっていると思います。


ちなみにこのツールはPC起動が基本のツールなので、
サーバーなどを借りる必要も無く、
一度購入すれば一生涯「無料」で使い倒せます。


先程の「本質のSEO術」と私の特典で、
検索エンジン集客における理論をしっかりと身に付け、
こちらの「キーワードスカウターS」を手にすれば、
まずそうそう集客に手を焼く事はなくなると思います。


無条件保証付きの10000円の理論教材と、
4980円で永久的に使えるツール。


いずれも決して高い買い物では無いかと思いますので
ネットビジネスにおける「集客」に
知識面、実践面での手薄さを感じるような人はとくに
その双方でしっかりとした基盤を作れるはずです。


井上太一の集客「基盤」


ここでもう1つ「集客」を語る上で、
やはり加えておかなければならないのは、

「その基盤となるもの」

についてではないかと思います。


言わばその「集客理論」や「ツール」を役立てる“場”ですね。


まさにこの「ブログ」がそれにあたるわけですが、
このブログはワードプレスというブログソフトに
賢威という「有料のテンプレート」を利用しています。


SEOマニュアル+テンプレート「賢威」


仮に私が今と同じ集客作業を
他の環境(既存の無料ブログなど)で実践していた場合、
おそらくですが現状の環境ほどの成果は上がっていないと思います。


どれくらいの差が出るかは推測の範囲でしかありませんが、
やはり同じ集客作業を行っていく上でも、
その「基盤」となるものの差は作業を行っていくほど大きくなります。


「何故、テンプレートでそこまで差が出るのか」


という点は諸説あるところですし一言では語り尽くせませんが
簡潔に言えばグーグルはサイトを「ソース」で読み込んでいます。


私達が目で見ている情報とは全く異なる、
コンピュータ言語でサイトの情報を読み込んでいるわけです。


私達の目から見ると非常に綺麗なサイトでも、
グーグルから見ると物凄く見ずらいサイトである可能性もあります。


それを左右していくのがブログなどの「テンプレート」というわけです。


その上で「賢威」のテンプレートは非常に綺麗なソースで
グーグルに非常に評価されやすいと言われています。


多くのSEO関連の専門業者などにも高く評価されているわけです。


私もその手の知識に物凄く詳しいというわけではありませんが、
ある程度の原理原則は押さえていますので、
その私の目で見ても賢威のソースは確かに「綺麗」です。


24800円とお値段はやや高めですが、
長くネットビジネス、ブログを継続していくのであれば、
それ以上の費用対効果は十分に期待出来ますし、


「成果が上がっていくほどその差は大きくなっていく」


と思います。


そういう意味では私が「賢威」に受けている恩恵は
数十万、数百万円単位の金額になっているはずですし、
今後もそれは更に膨れ上がっていくと思います。


そんな賢威には「本質のビジネスSEO術」
もしくは「キーワードスカウターS」との「連動特典」として
以下のような私のオリジナルコンテンツを提供しています。


井上太一ブログ解体新書~井上式トレンドマーケティング~


こちらの案内ページには別の提供条件が書いてい有りますが、
「本質のビジネスSEO術」もしくは「キーワードスカウターS」と
この「賢威」の連動特典でも提供していますので、


「ベストな集客環境をすぐにでも整えたい」


というのであれば、


・本質のビジネスSEO術
・キーワードスカウターS
・賢威


この3点の購入で私の各特典コンテンツと連動特典。


(本質のビジネスSEO術特典)
・井上流SEO効果抜群の記事の書き方
・井上式SEO対策不要の“キーワード集客”マニュアル

(キーワードスカウターS特典)
・キーワードスカウターS活用講座~ゼロの視点~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・物販編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・アドセンス編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~情報商材アフィリエイト編~

(賢威連動特典:井上太一ブログ解体新書)
・質の高いアクセスを“突発的”に呼び込んでいく
 マッチングトレンドキーワード集客。
・質の高いアクセスを“半永久的”に呼び込み続ける
 マッチングロングレンジキーワード集客。
・井上太一「賢威」設定+カスタマイズサポート


これら全てを手にする事が出来ます。


勿論、全てが必須という事を言うつもりはありませんが、
どれも間違いなく支払うお金以上の「対価」を得られる、
本当に良質な「教材」「ツール」「テンプレート」だと思いますので


「形から入ってこそ、モチべーションが上がる」


という人やそういう自覚があるような人は、
まずは万全な「集客環境」を用意していくというのも
選択肢の1つとしては十分にアリかと思います。


本質のビジネスSEO術

キーワードスカウターS

SEOマニュアル+テンプレート「賢威」

井上太一ブログ解体新書~井上式トレンドマーケティング~


以上、井上太一流「集客・マーケティング」についての「まとめ」でした。


それではまた次回


井上


<関連記事一覧>


SEO対策とは?その考え方、方法と基本

投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ講座 SEO対策

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ