ネットビジネスで「稼げない人」の共通点。

井上です。

今日の記事は「ネットビジネスで稼げない人の共通点」というテーマです。


私がネットビジネスを始めた際に集中して研究した1つの要素が
この「稼げていない人の共通点」でした。


そして今も多くの人の相談を受けている中でも
稼げていない人には「落とし穴」と言ってもいいくらい、
大半の人が陥っている共通点がある事が見えてきています。


今日はその落とし穴の中でもとくに重要な点を紹介していきます。


「あれ、それって自分に当てはまるぞ…」


そんな部分があった場合は即、改善した方がいいと思います。


稼げない人の共通点1:嘘で押し売り。


「こんなに一生懸命レビューを書いているのに売れません。。。」


そんな相談を持ちかけてくる人には大抵この共通点があります。


もちろん、一生懸命レビューをするのは全然いいです。


本当にいいものを強く推奨する事も悪いとは言いません。


ただダメなのは自分が何の実績も成果も得られていないものを
あたかもそれが確実な情報であるかのように「押し売り」する事です。


実際のところ新しい情報商材を盛んに取り扱う、
大半のアフィリエイターはこれに該当しています。


私はだからせいぜい10万とか、
良くて100万くらいしか稼げないんだよ。と言いたいです。


いや、それでも十分です!という人はいいかもしれませんが
それでもそんな事をやっていたら絶対に長続きはしません。


何故なら情報商材の大半はハズレだからです。


そんな実際はなかなか再現性の低いノウハウを
あたかも確実だと言われて売りつけられた人はどう思いますか?


間違いなくそのブログからは二度と情報は買いませんよね。


そもそも発売後2~3日とか1~2週間の情報を
これは本当に最高の情報です!みたいな売り方をしている時点で…。


そんな短期間で情報の再現性なんてまだわからないでしょ、普通。


そういう意識で書いている文章に人が惹きつけられるはずがありません。


その記事を書いている人が根っからの一流詐欺師だというなら話は別です。


それでも先ほども言ったように売上が上がるのはほんの一瞬ですし、
仮に一流の詐欺師なら発売して数日の情報をベタ褒めしたりはしません(笑)


そんなバレバレの嘘はつかないですね、間違いなく。


要するにやっている事がどういう視点で見てもダメダメという事です。


それなら素直に価値のありそうな情報を見つけて
その検証実績をありのまま載せていく方が絶対にいいと思います。


価値のある情報がわからない?


それならまず私が推奨している情報を試してみてください(笑)


少なくとも私は自分が実証できた本当に価値のある情報しか薦めてませんので。


ひとまずの鉄板教材はやはり「ミリオンライティング」ですかね。


では次にいきます。


稼げない人の共通点2:エセ成功者を意識し過ぎる。


私はネットで目立っている人の大半はエセ成功者だと思っています。


稼いでいないのに稼いだという言い張る事は誰でも出来ます。


そしてそんな人達の言葉を真に受けてしまっている人は大抵うまくいきません。


当然ですよね。


実際に稼いでもいない言葉に耳を傾けてそれを真に受けてるんですから。


大抵そういうエセ成功者の意見はあれは詐欺、これは詐欺という中傷と
「だけどこれは本物です。」というような押し売りレビューです。


実際にその押し売りレビューにさえ流されてしまい、
ほとんど価値の無い情報にまで手を出してしまうという始末…。


結局自分の意見やノウハウを持っていないようなエセ成功者は
そうやって適当な中傷記事を書いて信用を得ようとします。


まあ批判意見というのはどんなものでも説得力を感じるのが人間です。


実際にこの業界は詐欺的な情報が多いので
その意見が最ものように聞こえてしまう事も多い。


でもあれが詐欺だこれも詐欺だと言っている人ほど
その人も同じ穴のムジナだという可能性は極めて高いです。



そうやって適当な中傷記事を書いて
自分自身や関係者の情報を押し売りしていくわけですね。


そんなものに引っかかっていては話になりません。


価値の無い情報を示していくより
価値のある情報を提供していく方が人のためになる事は明白です。


実際にインフォトップなどのアフィリエイターで
売上上位に入っているような人の媒体を見てみてください。


あれが詐欺だこれが詐欺だと
他人の批判をしているような人は一人もいないはずです。


それぞれが自分なりに価値のある情報を提供しているはずです。


そういう姿勢でビジネスをしている人は
その人自身も常にスキルやノウハウを向上させているものなんです。


他人のあら探しをしていても身に付くものなど何もありません。


そんなエセ成功者の意見に振り回されず、
自分なりに価値のあるものを提供していく姿勢が
結果として自分自身も向上させていけるという事です。


もうそんな情報に振り回されるのはやめましょう!


では次。

稼げない人の共通点3:
テーマ、目的、ターゲットが明確になっていない。


今回の記事はどれも重要な要素ですがとくにこれが一番大事です。


うまくいっていない人は大抵そのコンテンツに
テーマや目的、そのターゲットが明確になっていません。



逆に言えばうまくいっている人が皆これらを一貫させているという事です。


SEOが大事です、ライティングを勉強しましょう、これからは動画の時代です。。。


これでは読んでくれている人達に愛想を尽かされて当然です。


勿論ネットビジネスで稼いでいくためにはどれも重要ですし
その分野で価値のある情報を紹介していくのもいいと思います。


ただどの情報を紹介していく時も「これが最も大事!」みたいな言い方をされれば
聞いている方も当然ウンザリしてきます。


複数のテーマを取り扱っていく事が悪いとは言いませんが
テーマを広げていくのは1つのテーマで多くの人と信頼関係を築いた
その後にするべきだと思います。


まずは1つのテーマで信頼関係を築いていく事が大切です。


目的やターゲットに関しても同じです。


ターゲットを広げるのは結構ですが広げるほど
多くの人に共感を得られるだけの文章スキルが必要になります。


趣味も思考も違う人達から共感を得られる文章というのは
そう簡単に書けるものではありません。


だからこそ最初はある程度ターゲットを明確にして、
その人に向けた文章を書いていくわけです。


ターゲットを明確にすればそれだけ特化した文章が書けます。


そういう文章にこそ人は共感するわけです。


この辺りの考え方ははまさに「ミリオンライティング」の受け売りですが
この点の「文章に宿る無意識の力」というのは、
あまり文章などを書いた事の無い初心者ほど強く出てくる傾向にあります。


ある程度スキルを上げていけばそれをコントロールすることも可能ですが
やはり最初は自分自身の意識が無意識的に文章に現れるわけです。


ただ重要なのはターゲットを明確にするというだけではありません。


その上で「目的」を明確にする事も大切です。


メールマガジンに登録して欲しいのか、
無料オファーを受けて欲しいのか、
紹介する情報を買って欲しいのか。


あれもこれもと要求すれば読み手は結局どうしていいかわからなくなります。


1つのテーマ、1つのターゲットに1つの目的。


まずはこれが基本原則だと考えてください。


1つ1つのコンテンツ、1つ1つの記事、1つ1つの文章、
これら全てにこの基本原則が当てはまっていくわけです。


何をするにもまずはこれを意識していくようにしてくださいね。


追記

ちなみにこの記事の目的をあえて言わせてもらうなら、
1つは「この人の話はタメになる」と思ってもらう事です。


そう思ってもらえればまたブログに来てもらえると思いますし、
メールマガジンに登録してみようと思う人も出てきます。


勿論、純粋にこういう大切な事を多くの人に学んでもらいたい、
そのために大事な事を伝えたいという気持ちもあります。


今の私のビジネス自体がそういう観点からスタートしているわけですから。


そういうわけで私のメール講座の方では
こういったブログ講座でお伝えしているような内容を更に掘り下げて、
より具体的な事やそのノウハウなどをシェアしていっています。


興味があれば是非登録してみてください。


井上太一の無料メール講座


追記2

あと、記事の中で名前が出ていたミリオンライティング。

私が知る限り最高のライティング教材です。

興味がある人はこちらを読んでみてください。

ミリオンライティングのレビュー


それではまた。

>ブログ講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ネットビジネス ブログ講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ