YTM∞(MUGEN)バナナデスクの本音レビュー

井上です。


インフォトップの売上ランキングで久々に


「YouTubeで稼ぐ系の情報商材」


が連日、上位に出ています。


こちらの「YouTubeトレンドマーケティング∞(MUGEN) 」という教材です。


YouTubeトレンドマーケティング∞(MUGEN) バナナデスク

http://ytm-mugen.info/


販売元はあの「下克上」というアフィリエイト教材の販売者である、
株式会社MOVEことバナナデスクという情報販売業者さんですね。


業界的には、比較的、支持層の多いインフォプレナーさんだと思いますが、
その支持層の「支持の仕方」が過剰で不自然というところもあって、
その評判は決して良いものばかりではない方だと思います。


実際、私もこのバナナデスクさんの情報商材は幾つか批評してますけど、
どちらかと言えば「辛口な批評」をしたものがほとんどでした。


とくに私が感じたのは「広告とのギャップ」です、、、。


情報商材の内容そのものが、そこまで悪いわけではないんですが、
ちょっとその売り方というか、売り文句が過剰過ぎるので、


「セールスレターの内容との乖離に問題がある」


という視点で、辛口な批評をした教材が多かったわけです。


ですので、私は全く、このバナナデスクさんの支持層ではありませんし、
むしろ、これまでの教材は普通に辛口な批評をしてきていますので、
今回も周りのアフィリエイターの批評は気にせず、
私なりの視点で、今回のYouTubeの教材を批評してみたいと思います。

YTM∞MUGEN(バナナデスク)レビュー


まず、教材の販売者である「バナナデスク」さんですが、
業界的には「下克上」というトレンドアフィリエイトの教材が有名で、
この「下克上」の購入者へ向けた高額塾などもやっていましたので、


「トレンドアフィリエイトの情報商材を売っている情報屋さん」


というイメージが強いんじゃないかと思います。


ですが、実はこの「バナナデスク」さんは、
YouTubeアドセンス関連の情報商材もかなり前から手掛けていて、
業界的にもかなり早い段階でこのジャンルの教材も販売してました。


それが今回の「YTM∞(MUGEN)」の原型?となっている、


YouTube トレンドマーケティング


という教材です。


そして、それ以降も


「パイレーツ of YouTube」


というツール付きの高額教材なども販売していましたので、
YouTube関係の教材にも力を入れている事は普通に伺える部分です。


ただ、業界的にもYouTubeで稼ぐ系のノウハウは、
ほぼ出尽くした感がありましたので、このバナナデスクさんに限らず、
このジャンルの情報商材はしばらく目新しいものが出て来ていませんでした。


現に私のブログでも、この手のYouTube系の情報商材は幅広く取り上げ、
その中で「これを買えば十分」というものを推奨していましたからね。


強いて、そこに割って入るものが出て来ない限りは、
改めて、このジャンルの情報商材を推奨する事もしてませんでした。


ですが・・・


今回のバナナデスクさんの「YTM∞(MUGEN)」に関して言えば、
これまでの教材に見られたような「過剰な売たい文句」もなく、
その教材内容も普通にアリなんじゃないかと思います。


もともと、教材の内容そのものは丁寧に作られる業者さんですし、
サポートなどについても相応の実績がある販売者ですからね。


ですので、今回の「YTM∞(MUGEN)」はバナナデスクさんの教材として、
私的には初めて「推奨してもいい」と思えるものという感じでした。


ただ、とにかく稼ぎたい人全員にお勧め!という話ではなく、


「YouTubeアドセンス関係の情報商材を初めて買う人にはお勧め」


という条件付の推奨である点はここで強調しておきたいと思います。


言い方を変えると、既にYouTube系の情報商材を購入されているなら、
その商材によっては、強いてこの「YTM∞(MUGEN)」を購入する必要はなく、
そういう人にとっては、そこまで価値を感じられない可能性が高いです。


まあ、全く価値を感じられないという事は無いかもしれませんが、
29800円という決して安くは無い価格設定を考慮すると、
既にある程度の情報やノウハウを持ち得ている人なら、
そこまでの価値は無いんじゃないかという事です。


要するに、この「YTM∞(MUGEN)」という教材は、


「既に出尽くした感のあるYouTubeアドセンスで稼ぐ為のノウハウを
 今のYouTube事情に沿った形でイイとこ取りした総集版のようなもの」



だと思ってください。


音楽アーティストの再録ベストアルバムみたいなもんですね(笑)


そのアーティストのCDを何枚か持っているなら、
既に被ってしまっているような収録曲が多いものの、
初めて、そのアーティストのCDを買うならアリというものです。


ただ、今のYouTube事情に沿って細かいポイントは
しっかりと見直されているので、そこは普通に評価できると思いました。


ですので、既にYouTube系の情報商材を一通り手にしているような人でも、
少なからず、この「YTM∞(MUGEN)」で得られるものはあるはずです。


ですが、大枠として提唱しているノウハウなどは目新しいものではなく、
これまでのYouTube系の情報商材でどこかしら網羅されていたものなので、


「これは凄い!目新しい!!」


というものを期待して購入してしまうと、
29800円という価格に対しては割高かもしれません。


「今はそういうところに気を付ければ良かったのか。」


あるとすれば、こういう気付きだと思いますね。


ただ、一切この手のYouTube系の教材を買っていない人なら、
この「YTM∞(MUGEN)」を買えば、かなり有益な情報を
まさしく最新のYouTube事情に沿った形で総取り出来ますから、
そういう人には文句なく、推奨できる教材と言っていいと思います。


一応、私がこれまで、このブログで推奨してきた、


Youtube-Ads Capture Sheet CLUB

Evil Youtuber Subject

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-


この辺りの情報商材のポイントは普通に網羅されている感じです。


ですが、これらのいずれかを既に持っているような人であれば、


「知ってるよ、それ」


という部分がどうしても多くなってしまうんじゃないかと思います。


細かく言えば今のYouTube事情に沿ったポイントを学べる部分はありますが、
その辺りはネットを調べても普通に出て来るものが大半を占めますから、
私としては、強いて29800円を支払ってまで、
このYTM∞(MUGEN)を併せて買う必要は無いと思いますね。


なので、この「YTM∞(MUGEN)」がお勧めなのは、
この手のYouTube系の情報商材を一切買った事がないような人です。


「とりあえず1つだけ、YouTube系の情報商材を買う」


というなら、この「YTM∞(MUGEN)」だけで普通に、
YouTUbeアドセンスで稼ぐ為のポイント、ノウハウなどは、
もう十分なレベルで網羅出来てしまいますので。


ただ、上記の「私が推奨している教材」の中で挙げた


「流時」


に付属しているような「ツール」は付かないので、
YTM∞(MUGEN)の内容をより効率的に実践する上でも、
私がお勧めしている「流時」は普通に使えるツールです。


ですので、私のお勧めは、この「YTM∞(MUGEN)」と
別途、先程ご紹介した「流時」を併せて使ってみてください。


YouTubeアドセンスで稼ぐという視点では、
この2つのセットが私が今、認識しているYouTube系の教材では、
かなりベストな組み合わせなんじゃないかと思います。


>YouTubeトレンドマーケティング∞(MUGEN)

>YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-


YTM∞(MUGEN)井上太一限定特典。


こちらの「YouTubeトレンドマーケティング∞(MUGEN)」ですが、
今回、こちらの教材にはあるアフィリエイターさんとの


「コラボレーション特典」


として、以下のような特典の方をご用意させて頂きました。


井上限定特典1:“世界”を狙え!英語圏を狙う動画投稿戦略

世界・・・というか英語圏(アメリカとかヨーロッパ方面)から
アクセスを集められたら・・・というところを狙った戦略です。


Youtubeは世界各国の動画を共有して、
世界中のユーザーが見ているサイトですから、
実際は世界中のアクセスを集める事も可能なサイトだったりします。


その上でYoutubeアドセンスについては、
海外からのアクセス(動画再生)でも、
広告収入が発生する事になっているので、
もし世界的なアクセスが引っ張れると相当な再生回数になります。


例えばこちらの動画などですね。





再生回数、2700万回なので、
広告収入にして既に270万円相当を稼ぐ動画です。


しかもこの再生回数が日に日に伸びている(笑)


ゲームセンターにあるガムボールマシンを撮影しているだけなので、
日本でも普通に撮影できるような動画です。


というかガムボール計の動画は全般再生回数が凄くて、
これは完全に世界のユーザーが再生回数を伸ばしてる典型例です。


こういう世界的な再生回数を稼げそうな動画の作り方というか、
その考え方と狙い方をマニュアル化してみました。


これは「YTM∞(MUGEN)」のマニュアルでも、
詳しく解説されているポイントでもありますが、
私の方でもそこにプラスαの情報、視点を加えていますので
こちらも併せて参考にして頂くとより結果を出し易くなるはずです。


実際に私の友人はこの方法でちょこちょこプチヒット作をアップしてます。


まあ、世界のユーザーが相手なので狙って百発百中とはいきませんが
10個、20個と投稿すれば1つくらいは当たります。


でも世界的なアクセスが入ってくるとその一発がデカいんです。


ちょっと運の要素も強いノウハウですが、
当たるとデカいのでコツコツとやってみる価値はあります。


少なくともその足がかりにはなる特典内容かと思います。


井上限定特典2:動画再生数を格段に上げる6つのキーワード戦略

Youtube動画におけるキーワード戦略を
6つの具体例で明確にしたマニュアルになります。


極論、そのままのキーワードを狙っちゃってください。


と言っても、6つのキーワードを明かしているのではなく、
あくまでも6つのコンセプトでキーワードを出していく、
その「方法」を提案しているものなので、
私の特典を手にした人だけであればまず競合はしません。


ただ、これは実質的に一番重要なポイントでもあるので、
YouTubeアドセンスで稼げていない人がいるとすれば
おそらくこのキーワード戦略が本編の方では抽象的過ぎたので
そのせいで稼げていない可能性がかなり高いです。


でも私の特典があればそこは間違いなくクリア出来ます。


私からの限定特典として提供するレベルだからこそ、
かなり具体的なところまで明かせた内容ですね。

※キーワード戦略を更に3つ追加しました。 

 現在メインの7つ+追加分3つで、
 計10個の具体的なキーワード戦略を提供しています。



井上限定特典3:そのキーワード戦略に沿った3つの「在宅動画」作成方法

そして先ほどのキーワード戦略に沿った動画の作成方法です。


Youtubeも、ブログと同じようにキーワードを決めたら、
そのキーワードに沿った動画を作らなければいけません。


キーワードに沿った記事を書くのと一緒です。


とくにYoutubeアドセンスで効率的に稼ぐコツは
まず最初に再生回数を稼げそうなキーワードを決めて
そのキーワードに沿った動画を作る事です。


そしてその動画が面白い方に越した事はありません。


これもブログの記事と同じ理屈です。


いかにそのキーワードに沿った面白い動画、
もしくはニーズに沿った動画を作れるかがポイントです。


一見、そこが難しそうに感じられるのですが、
この特典コンテンツでそこは完全にクリアしました。


基本、自宅で(在宅で)動画を撮影、作成したい人向けに、
まずは3つの動画作成方法を「具体的」に解説しています。


井上限定特典4:そのキーワード戦略に沿った4つの「外出動画」作成方法

同じく、具体的な動画の作成方法を解説するコンテンツで、
こちらは在宅では無く「外で」動画を作成する方法です。


一見は「在宅動画」の方が手軽に感じられますが、
意外にやってみると「外出動画」の方が、
手軽に再生回数を稼げるものを作り易かったりします。


何故なら、在宅動画はどちらかというと、
自分で何かをする必要があるものなのに対して
外出動画は「既にあるものを撮影するもの」が大半だからです。


いざやってみると「こっちの方が楽かも」と思うものが多いです。


勿論、お住まいの地域や環境によっては、
実践出来ないものもあると思いますが
旅行先で手軽に出来るものもあるので、
方法としては知っておいて損は無いものばかりです。


逆にこれらを全てマスターすると、
日常生活が「お金になる事だらけ」に思えるかもしれません。


在宅動画を作成する方法、外出動画を作成する方法、
いずれの方法も誰もが日常的に出来る方法なので、
どれも全て実践出来ないという事は100%ありません。


間違いなく参考になる動画事例ばかりだと思います。


井上限定特典5:某Youtuber直伝。更に具体的な3つ「稼げる動画」の作り方

以前の特典マニュアルを作成した際に協力してもらった
知人の某Youtuber(実は結構有名な人)に、


「また何か、特典としてコンテンツに出来る動画ネタとか無いですか?」


と相談して渋々教えてもらった3つの動画事例です。


これ自体がかなり作り易い動画なので、
いずれも即戦力になる動画作成ノウハウかと思います。


一応、現時点で追加提供しているノウハウは下記の通りです。


・再生時間は1時間、作成時間はわずか5分。
 今の時代だからこそ求められている「癒し」をテーマにした
 あるキャプチャ画像を重ねていくだけでのPC作成動画



これは無料でサクサクと集められるあるキャプチャ画像を重ねて
ちょっと長めの動画を作る方法です。


実はこの系統の動画には信じられない程の需要があり、
長期的な再生回数を稼ぎ続ける事が出来ます。


PC一台で手軽に作れるかなりおいしい動画の作成方法です。


・実は誰でも入り込める「ある場所」でカメラを回せば撮影できる、
 幅広い層から継続的な再生回数を安定して稼ぎ出せる鉄板動画



これはネタを聞いて「なるほど!」と思いました。


こういう動画を撮影しようと思わない限りは、
まず足を運ぶような事は無いような場所ですが、
それだけにまだ競合も少ないおいしいスポットだと思います。


いつでもどこでも撮影できるものではありませんが
ある時期になるとどこの地域でも頻繁に撮影する事が可能になります。


考えようによっては各地域を回ってこの動画をひたらら撮影し、
投稿していくだけでも十分な収入源を確保できるかと思います。


・アンチがいればそこにはマニアもいる。
 男性層から安定した再生数を堅実に稼ぎ出せる、
 どこの街にもある「あの場所」で撮影できるある動画



これは正直、「こんな動画、誰が見るの?」という動画なんですが
そんな人がいる動画こそ底知れぬマニア層からの
安定した需要があるみたいです。


現にこの系統の動画の再生回数は凄い事になっているので。。


とくにこれは男性層からは絶大な需要がある動画で、
街のある場所で比較的頻繁に撮影できるある動画です。


撮影自体はわりと簡単なのでこれもかなり即効性のあるノウハウです。


銀次×井上コラボ特典1:Youtube×情報商材アフィリエイト~虎の巻~


今回、私の得意分野である、


「情報商材アフィリエイト」


とYouTubeを組み合わせるノウハウを「特典」として、
私の方でコンテンツ化しようと考えたのですが、


アフィリエイター銀次さん


という私も以前からお世話になっているアフィリエイターさんが
私が描いていたたコンテンツを既にほぼそのまま形にされていたため、
今回はコラボ特典として、そちらをそのまま銀次さんに提供頂きました。


そもそも今回の「YTM∞(MUGEN)」はあくまでも、


「Youtubeアドセンスで稼ぐ教材」


ですが、それだけ投稿していった動画が再生されるという事は、
実際はその動画にちょっとした仕込みを仕掛けていくだけで、
普通の「アフィリエイト」も十分に行っていく事が出来ます。


とくに「あるジャンルの情報商材」は、
面白いようにバンバン売れていく傾向にあるので、


「あるジャンルの情報商材をYoutubeで売り込んでいくノウハウ」


の方が、こちらの特典の方でまとめられています。


そして、その「あるジャンル」というのが


「Youtubeで稼ぐ系の情報商材」


なんです。


Youtubeを見ているような人からしてみれば、
やはり「Youtubeを使って稼ぐ」という事が謳われている情報商材は、
非常に興味を引き易く、成約も取り易い傾向にあります。


それこそ、この「YTM∞(MUGEN)」や、
以前から私が推奨しているYouTube関連の教材など、
この方法で紹介していくと、本当に面白いように売れていきます(笑)


何故なら、それだけの圧倒的な再生回数を稼ぎ続けられるからです。


下手な鉄砲も数を打てば当たるという格言がありますが、
これはかなりマッチング性の高い商品を
多くのYoutube利用者に見せていける戦略ですので、
相応の売上が上がっていく事は容易に想定して頂けると思います。


それこそYoutubeを利用している人の目線で、
私が推奨しているようなYouTube関連の情報商材における、
そのセールスレターの方を実際に読んでみてください。


YouTubeトレンドマーケティング∞(MUGEN)

Youtube-Ads Capture Sheet CLUB

Evil Youtuber Subject

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-


Youtube利用者にこれらを見せつけていけば
普通に考えて、売れていって当たり前だと思いませんか?


その「具体的な戦略」をこの特典でガツンと公開しているわけです。


銀次×井上コラボ特典2:Youtube×リストマーケティングマニュアル
続いてこちらは、先ほどの


「Youtube×情報商材アフィリエイト~虎の巻~」


を更に踏み込んだノウハウになります。


先立つ「Youtube×情報商材アフィリエイト~虎の巻~」が
ダイレクトにYoutubeで稼ぐ系の情報商材を売り込むなのに対し、
こちらは一度、リストを取ってからのDRMを仕掛けていくノウハウ。


つまり「リストマーケティング」を前提としたものになっています。


リストマーケティングは、その「仕掛け方」をうまくやれば、
ダイレクトに売り込んでいくよりも遥かに成約率を高められますからね。


既にブログやメールマガジンなどをやっているアフィリエイターさんには、
かなり良質な集客ルートを1つ開拓できるノウハウだと思ってください。


とくにLP(ランディングページ)のようなものを自身で用意しなくても、
しっかりとリストを取っていけるノウハウが提供されていますので、
これを境にメルマガアフィリエイトを始めていくのもアリだと思います。


Youtubeアドセンスからの収入をしっかりと稼ぎながら、
リストをコツコツと構築していきつつ、
相乗して収入源を構築していけるというわけです。


「Youtube」という選択肢を選ぶなら。


この手のYoutube系の情報商材は
私の本筋であるDRM主体のアフィリエイトなどとは
全く路線の違うビジネスを提唱する教材ではありますが、


「ネットビジネスにおける選択肢」


としては十分に取り込んでおく価値はあると思います。


初心者向けという観点でもかなり優位性がありますので、
トレンドアフィリエイト、せどり、転売、など、
これまで「初心者向け」と言われていたビジネスに対しても
このYoutubeアドセンスという選択肢は引けを取りません。


というかむしろ一番・・・かもしれません。


Youtubeアドセンス自体はそういう見方も十分に出来る
本当に取り組みやすく、稼ぎやすいビジネスだと思います。


月収ウン百万円とか、そういうステージを目指す
派手なビジネスモデルではありませんが
コツコツと結果を出していく上では
ある意味、かなりの確実性もあるビジネスだと思いますので、
興味があれば一度、セールスレターだけでも読んでおいてください。


>YouTubeトレンドマーケティング∞(MUGEN)

タグ

2017年5月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

確定申告で会社に副業、副収入がバレてしまう理由とバレない方法。

井上です。


アフィリエイトを副業でやっている。


このような人は非常に多いんじゃないかと思います。


そして、このような人の中には、


「実は本業(会社)の方で副業が禁止されている」


という人も、決して少なくはないんじゃないでしょうか。


当然、そのような人はバレなりように副業をしたいわけですし、
バレないように副収入を得ていきたいのだと思います。


ですが、実際にアフィリエイトで収入を得られるようになると、
当然、その副収入に関しては別途、申告が必要になります。


本業の方の収入は給料から税金が差し引かれていますが、
アフィリエイトなどでASPから支払われる報酬は、
一切、税金が差し引かれていないため、
自らその収入を税務署に申告する必要があるんです。


ただ、このような「副収入の申告」については、


「それが原因で本業(会社)に副業がバレてしまう」


という事が実際に「ある」のが実状なので、
副業、副収入を会社に隠したい人ようなにとって、
その申告をどうするかは悩みのタネの1つかもしれません。


ですので、今日のブログ講座では、


・副収入の申告で会社に副業がバレてしまう理由

・どのように申告をすれば、会社に副業がバレないのか



この辺りを言及してみたいと思います。


確定申告で会社に副業、副収入がバレてしまう理由とバレない方法。


まず1つ確実に言える事として、
確定申告をする事、した事自体がそのまま、
自分が勤める本業の会社に知らされる事はありません。


ですので、


確定申告をする = 会社に副業がバレる


というのは、大きな間違いなんです。


むしろ、アフィリエイトなどで稼いだ収入を申告しない時点で、
それは普通に「所得を隠している事」と同じですので、
金額によって、それは「脱税」にあたります。


ハッキリ言って、会社に副業や副収入がバレる可能性より、
国税や税務署に脱税がバレる可能性の方が遥かに高いですから


「副収入の申告をしない(確定申告をしない)」


というのは、会社に副業、副収入を隠す云々以前に
法律的にマズい事になってしまうのが現実です。


それこそ「脱税」の方で摘発されれば、
その調査などに会社側にもメスが入りますから、
もはやバレるバレないどころの話ではなくなります、、、。


よって、アフィリエイトである程度の副収入を得るようになったなら、
その収入を申告するという事は普通に避けられない事なんです。


一応、その申告ラインについては、


「雑所得は20万円まで申告が不要」


とされていますので、諸経費を差し引いた副収入が
年間20万円を超える場合は別途、申告が必要だと思ってください。


ただ、そのような副収入の申告を行った事自体が、
本業(会社)の方にバレるわけではないなら、
何故、会社の方に副業、副収入がバレてしまうのか。


それは「住民税の納税通知」が会社側に送られてしまうからなんです。


副業、副収入がバレる理由は住民税の納税通知。


住民税は基本的にお住まいの市町村に納付するものなのですが、
サラリーマンの場合は住民税の給料から天引きされるのが一般的です。


つまり、その天引きした住民税は会社の方が、
その社員が住民票を置いている市町村に納税しているんです。


そして、その住民税納付の流れとしては、
各市町村から天引きした住民税の支払いを求める通知が
1年の所得をもとに計算されて会社側に通達されます。


要するに会社側は1年に一度、
社員から天引きした住民税をその通達をもとに
代わりに納税していくというわけです。


その際、本業の方で手にしている収入とは別に
個人的に確定申告をした収入(所得)があった場合、、、


市町村側では、その別に申告された所得分の住民税の方も、
その人の住民税を天引きしている会社側に通達してしまうんです。


その社員に対して会社側で天引きしている住民税以上の金額が


「この社員さんの住民税は○○円なので納税してください」


という形で通達されてしまうんですね。


当然、そのような通知が市町村から届いた時点で、
その社員が会社から支給している給料とは別に、
何らかの副収入を得ている事は普通に分かってしまいます。


結果、そこで副収入、副業がバレてしまうというわけです。


副業、副収入を隠し通す2つの方法。


ただ、これが副業、副収入が会社側にバレてしまうロジックであるため、


「住民税の納税通知から副収入がバレないようにする事」


を徹底できれば、本業である会社側に対して
副業、副収入は普通に「隠し通せるもの」なのが実状です。


その方法としては大きく分けると2つあるのですが、
1つは確定申告の際に副収入分の住民税を自分で納税するようにする事。


2つ目は自分個人の所得を増やさないように、
副業で得た収入を法人の利益という形で申告する事です。


前者の方法は確定申告の際の簡単な手続きで行える分、
特別な手間などは一切かからないメリットがありますが、
これは市町村側の手違いなどで上手くいかない場合があり、


「100%ではない」


という、やや致命的なデメリットがあります。


一応、副収入の申告を個人で申告する際、
その分の住民税に関しては自分で納税するように
それを指定できるチェック項目も存在するのですが、
そこはお役所側の人為的な業務の一環になってしまっているため、


「職員の確認ミスで会社側に納税の通達が行ってしまう」


という事が少なからずあるのが実状のようです。


私自身にそういう経験があるわけではありませんが、
実際、こういう情報はよくネットでも目にしますので、


「自分で納税するように申告をしたので大丈夫」


と100%安心できる対策ではないのが現実みたいですね。


そういった点で100%確実にバレずに済むのが、
根本的に自分個人の所得を増やさない事であり、
自分個人の所得が増えなければ住民税も増えませんので、
会社側に住民税の通達云々で副業がバレてしまう事もありません。


そしてそれを実現できるのが2つ目に挙げた、


「会社(法人)を作って全ての収入を法人の利益として申告する」


という方法なわけです。


確実な対策は「会社(法人)」を作る事。


基本的に法人(会社)の利益と個人の利益は別モノなので、
法人に幾ら利益が積み上がっても個人の所得とは関係ありません。


よって、住民税が上がってしまう事もないため、
その兼ね合いで会社に副業がバレる事もなくなるわけです。


もちろん、これは実際に会社(法人)を作る必要があり、
会社の方で利益を計上していく必要がありますから、
経理という点では多少、手間が増える部分もあると思います。


ですが、長い目で見ると個人よりも法人の方が、


「節税効果」


という点では数多くのメリットがありますので、
副業の方での「儲け」が増えていけば増えていくほど、
法人化は早いに越した事はありません。


実際、私もアフィリエイトの収入は全て、
会社(法人)の売上として計上してますからね。


ですので、副業がバレるバレないで、
会社(本業)の方との兼ね合いを気にして、
確定申告の度にビクビクしている人も多いようですが、


「会社(法人)を作って申告すればいいのに。」


というのが率直なところです。


結局のところ、それが最もバレない申告方法ですし、
節税という点でもメリットが大きいからですね。


会社設立に要する費用なんてたかが知れてますし、
それ以上の費用対効果は「節税効果」の方で十分に生まれます。


そして何より、それくらいの利益をしっかりと出せばいいんです。


儲けるため、稼ぐために副業をやるなら、
稼げれば稼げるだけいいに決まってますから、


「稼げるだけ稼ぐためにやる」


のであれば、遅かれ早かれ法人化はする事になります。


稼げば稼ぐほど、法人にした方が節税効果が高くなるからです。


そういったところも含めて、会社に副業を隠したい人ほど、
すぐにでも会社を作って申告をしていけばいいというのが私の考えです。


最後は


「稼ぐ気でやるなら、すぐにでも会社を作りましょう!」


みたいな話になってしまいましたが、
確定申告で本業(会社)の方に副業がバレてしまう理由と、
その対策方法についてを簡単に解説させて頂きました。


一番確実な「対策」は会社を作る事で間違いありませんので
もし、確定申告でいつ副業がバレないかとビクビクしているようなら、
選択肢の1つとして普通に検討してみてはどうかと思います。


是非、参考にしてください。


井上太一


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2017年5月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイターの税務講座

このページの先頭へ