コピーライティングの「スタートライン」「アンダーライン」について。

井上です。


私は日頃からこのブログ、メルマガの両方で、


「コピーライティングの重要性」


を言及してきていますので、
そのような記事やメルマガを読まれているような方には、
少なからず、その重要性は認識してもらえていると思っています。


現に私のブログ、メールマガジン共に、


「ネットビジネスで稼ぐ為に、まず何をするべきか。」


という点においては、このブログの開設当初より、


「コピーライティングを学ぶべき」


という事をブレる事なく今も提唱してきています。


ただ、この「コピーライティング」というスキルは、


「文章によって人を動かす為のスキル」

「人を動かす為の文章術」



であり、このようなスキルであるからこそ
文章が主体となるアフィリエイトなどのビジネスにおいて、
その重要性は極めて「高い」ものになるのですが、
実質的にこのスキル(コピーライティング)は、


「文章そのものの基礎原則」


などを、ある程度は押さえられている前提で、
初めてそのスキルを有効に使えるものでもあるんです。


故に、このコピーライティングというスキルは、
その「文章そのものの基礎原則」がその前提段階として、
ある程度は押さえる事が出来ていないと、


・スキルやテクニックそのものが空回りする可能性

・スキルやテクニックそのものを有効に使えない可能性



などが十分に考えられるという事です。

コピーライティングのスキル、テクニックを有効活用する為に


要するに、コピーライティングのスキルを学び、
それを有効に活用していく為には、


「それ以前の文章そのものの然るべき基礎原則」


などは、ある程度は前提として押さえられている必要があります。


平たく言えば、


「普通に読んで貰えるレベルの文章を当たり前に書ける事」


が、実質的なその「アンダーライン」と言っていいと思いますが、
ネットビジネスの業界でコピーライティングを活用していく上では、
このような「文章の基礎原則」を、ある程度は、


「ウェブ(インターネット)に適した形」


で押さえていく必要があるんです。


ただ単純に「文章を普通に書ける」というだけでは、
ネットビジネスにコピーライティングのスキルを活かしていく上では、
やや、その基礎原則の押さえどころが「不十分」という事ですね。


そして、この「ウェブに適した文章の基礎原則」と言えるものが、
意外に押さえられているようで、押さえられていない人というのが、
このネットビジネス業界には、本当に多くいる傾向にあります。


むしろ、コピーライティングを幾ら勉強しても、
自身のブログやメルマガから思うような成果を上げられないという人は、
その大半が、この「ウェブに適した文章の基礎原則」を、


「押さえる事が出来ていない事」


がその原因なんじゃないかと思うくらいです。


そういうレベルにある人はコピーライティングを勉強する前に、
その以前の段階として「ウェブに適した文章の基礎原則」を学び、


「普通に読んで貰えるウェブに適した読み易い文章」


くらいは当たり前のレベルで書けるようになる必要があります。


少なくとも、それくらいの文章を書けるレベルにあれば、


「トレンドアフィリエイト」


などの、さほど「文章による訴求力を求められない手法」なら、
ある程度の労力を割いていくレベルで普通に稼げるはずなんです。


言い方を変えれば、トレンドアフィリエイトなどの


「文章による訴求力を求められない手法」


でも、なかなか思うように稼げていないような人は、
普通にウェブに適した読み易い文章を書けていない可能性が高く、
そのようなレベルにある人も含めて、まずは


「ウェブに適した文章の基礎原則」


を学ぶところから始めるべき人がこの業界には多いという事です。


コピーライティングの「アンダーライン」。


ただ、この「コピーライティングのアンダーライン」は、


「教えられるまでもなく感覚的に身に付いている」

「これまでの経験によって既に自然と身に付いている」



という人も決して少なくはありません。


あえて教えられなくても自然と身に付けられる人もいるという事です。


例えば、


「日本語で喋る事、話す事」


をあえて教えられたかと言えば、日本人の両親がいて、
日本で普通に生まれ育ったような人なら、強いて、


「文法」


などから日本語での話し方を教わった人はいないと思います。


要するに、多くの人は「日本語で喋る事、話す事」は、
普通の日常生活の中で自然に覚えていったはずなんです。


ですが、


「ウェブに適した読み易い文章を書く事」


については多くの人が日本語で喋る事、話す事を
日常生活の中で自然に覚えてきたという「比率」ほど、
誰もが当然のようにそれを身に付けてきているものではありません。


人と喋る事や話す事については、
家族や友達などとの「会話」も含めた形で、
それこそ日常的に行ってきたものだと思いますが、


「文章を書く事」


はもとより、


「ネットユーザーに読ませる事を前提に文章を書く事」


は、日常の会話のようなレベルで、
誰もが普通に行ってきたものではないと思うからです。


とは言え「文章」も「日常会話」も同じ


「言葉」


を並べていくものである事に変わりはありませんので、
そこにはそれぞれ共通しているところも少なくはありません。


ですので、、ここで言及しているような


・文章の基礎原則

・ウェブに適した読み易い文章を書く事



は、普通に日常的な会話を難なく出来る人なら、
そのポイント、感覚は、わりと容易に掴めるはずなんです。


ただ、それを1から学べるような環境や機会が無いだけなんですね。


それこそ私がこのブログやメルマガで提唱していた文章のスキルも


「人を行動させる為のコピーライティング」


が前提になっているものが、大半を占めていますので、


・文章の基礎原則

・ウェブに適した読み易い文章を書き方



にあたるものは、強いてそこまでは言及していませんでした。


ですが、私自身も多くの人のブログなどを実際に見て、
そのコンサルティングなどをしてきた中で、


「コピーライティングのスキルが空回りしている」


という人が非常に多い事に気が付きました。


そして、そういう人は意外にそこを自覚出来ていない傾向にあるんです。


そういう人に多い傾向としては、
日常的に話す事、喋る事と同じ感覚で文章を書いているか、
もしくはそこに「おかしな感覚」を持ち込んで
文章を書いている傾向にあるんですね。


要するに、


・文章の基礎原則

・ウェブに適した読み易い文章を書き方



を根本的に押さえられていないか、そこを間違って捉えたまま、
その間違った感覚で文章を書いてしまっているわけです。


そして、今現在の時点でブログやメルマガをやっていて、
なかなか成果を上げられていないような人は、
まさに「そういう人」にが一応する人でる可能性が高いです。


また、根本的にブログやメルマガの文章を書く事が
そもそも「苦手」で、なかなか文章が出て来ないという人も


『それをきちんと教えられないと身に付けられない人』


であると考えていいと思います。


要するに、ブログやメルマガの文章がなかなか「書けない人」は、
まさにそのコピーライティングを学ぶ以前の段階として、


・文章の基礎原則

・ウェブに適した読み易い文章を書き方



などがしっかりと身に付いていないので、
うまく言葉や文章そのものが形になって出て来ないわけです。


それは言わば「喋る事」「話す事」を
当たり前の「感覚」として身に付けられていないに等しいので、
極端に言えば「外国語(英語など)を話せない感覚」に近いと思います。


普通に話す事、喋る事が出来ている人が、


「なかなか文章が書けない」


という感覚は極端な事を言えば


「英語を話せない」


という感覚に近いところがあり、
そもそもの基礎的な原則を押さえられていなければ、
やはり「文章」「言葉」というものはスラスラとは出てきません。


ですが、現実問題としてアフィリエイトなどで成果を上げていく為に


「文章を書く事」


は絶対的に避けられないと思いますし、
そこで人以上の成果を上げていきたいのであれば、
やはり「コピーライティング」のスキルは必要不可欠です。


ただ、その「コピーライティングのスキル」を身に付け、
それをしっかりと有効に使いこなしていくには、


・文章の基礎原則

・ウェブに適した読み易い文章を書き方



を押さえていくべきだと思います。


これらを押さえてそもそも「スタートライン」に立たない事には、
どんなにコピーライティングのスキルを表面的に勉強していっても、、
それを有効に活かしていく事は出来ないという事です。


然るべき原則を押さえ、その「スタートライン」に立つ為に。


ちなみに、そのような、


・文章の基礎原則

・ウェブに適した読み易い文章を書き方



のみを徹底的に言及している教材という点では、
私はこちらの教材が「打ってつけの内容」だと思います。

>文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”


まさに「コピーライティング」を学ぶ前の段階として、
然るべき「文章の基礎原則」はもとより、


「ウェブに適した読み易い文章を書き方」


という点では具体的な例文を豊富に交えて、
これ以上ないレベルでその原則、ポイント等を
しっかりと「体系化」してくれている教材なので、


「その然るべきスタートラインに立つ事が出来ていない人」


にとっては、間違いなく「まず手に取るべき教材」だと思います。


ですが、この分野については「教材を買う」という選択肢の前に、
普通に読んでおいた方が良いと思うものがありますので、
まずは一度、こちらのレポートの方を読んでみて欲しいです。


>PDFレポート『コピーライティングに足りない要素とは』


こちらは上記のURLから直に購読できるPDFレポートで、
私が推奨しているコピーライティング教材


「The Million Writing」


の著者、宇崎恵吾さんが無料で公開しているものになります。


レポートの内容としては、まさに、


「コピーライティングを学ぶ為のアンダーライン」


として、


『文章の基礎原則』

『ウェブに適した読み易い文章を書き方』



についてを言及するものになっていますので、


・アフィリエイトなどで思うように成果が上げられない人

・ブログやメルマガ等に文章を書く事に苦手意識がある人

・どうも文章がスラスラ出て来ないような人



などなど、このような人にとっては間違いなく、
その悩みの解決を図る糸口になる内容になっていると思います。


少なくとも、アフィリエイトなどを筆頭する


「文章を書いて成果を上げていくビジネスライフ」


を志すのであれば、絶対に読んでおいて損はありません。


そのようなライフワークを目指しているような人は
まず読んでおくべきレポートだという事です。


>PDFレポート『コピーライティングに足りない要素とは』


コピーライティングを学び、有効に活用していくには、
それに先立つスタートラインに立つ必要があり、
その然るべき「アンダーライン」にあたるものが、


『文章の基礎原則』

『ウェブに適した読み易い文章を書き方』



を普通に押さえる事が出来ているかどうかだという事ですね。


この辺りの「原則」や「書き方」に少しでも必要性を感じるようなら、
まずは一度、宇崎さんの無料レポートを読んでみてください。


以上、今日は、コピーライティングの「スタートライン」と
それを学んでいく段階における「アンダーライン」についてでした。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年10月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コピーライティング

このページの先頭へ