西野之啓さんの小玉式パーフェクトセールスフォーミュラについて。

井上です。


インフォトップの売上ランキング上位に、
私の得意分野でもある「DRM」の教材が出ていました。


西野之啓さんという方が販売するこちらの教材です。


小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ

http://ps-formula.com/


またまだ「あのアフィリエイターさん」関連の教材ですね。


あのアフィリエイターさん=小玉歩さん


ですが、ここ最近は、小玉歩さんのノウハウを
別の人が教材にしているものが度々、出て来ています。


まあ、セールスレターの方には大々的に
小玉歩さんの実績を公開出来るので、
そういう売り方をした方がインパクトがあるからでしょうね。


“年収1億円アフィリエイター小玉歩直伝”


というような謳い文句で売りたいのだと思います。


この「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」も
そういう感じで公開された教材のようですが、
一応、中身の方もチェックしてみましたので取り上げておきます。

小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ(西野之啓)レビュー


教材本編は200P近いテキスト教材で、
情報量、文章量はそれなりの「密度」になっています。


ですが、その「密度」に対してのノウハウの「質」というか、
そこから学び取れるスキル的な部分はちょっと薄い印象ですね。


何というか、ノウハウ、テクニックの1つ1つが、


「断片的」


なので、それを1つの線に結びつけられる人でなければ、
この教材はちょっと価値を見出しにくいんじゃないかと思います。


参考にある部分や学べる部分もあるのですが、
それが文字通り「断片的過ぎる」という感じです。


あと、具体的か抽象的かと言えば、全般的に、
その内容は「抽象的」なので、


「で、それ(その理論)をどうマーケティングに活用するの?」


というところの詰めが甘い部分も多く、
少し独りよがりなマニュアルという印象を受けました。


筆者の西野之啓さんと肌というか、
感覚が合う人には良いのかもしれませんが、
私はちょっと「空虚」に感じられる部分が多い気がしましたね。


そういうところも含めてページ数とその情報量、文章量に対して、
実際にスキル、ノウハウとして得られる部分が少なく


「DRMの教材としては薄い」


という感想を出だしたのが率直なところです。


この「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」には、
サポート的なものが付いていないのですが、
これも「そもそもの内容の具体性」が乏しいので、


「サポートらしいサポートを受ける感じの内容ではない」


というのが率直なところです。


仮にこの「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」に、
メールサポートなどの「サポート」を付けた場合、、
人それぞれのビジネス状況やマーケティング状況に応じた
個別のコンサルティングに近いものが必要になってしまいます。


販売者の西野之啓さんもそれを見越して、
あえて「サポート」などは付けなかったものと思います。


メール1通で返金するという返金保証も付いているようですが、


「返金保証の申請は180日後」


という条件が付いているので、購入してすぐに請求は出来ません。


「どうせ無条件に返金するというなら即日返金にすればいいのに・・・」


と思ってしまうのですが、そこは少しでも
返金請求が来る確率、可能性を下げたかったんでしょうね。


ただ、こういう「180日後」という条件が付いていると、
どうしても私はそこに「セコさ」を感じてしまいます。


情報の内容に自信を持って無条件の保証を付けると言うなら、


「The Million Writing(ミリオンライティング)」


のように「即日返金」も可能な保証をバシッ!と付けて欲しいところです。


それこそ私がこの「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」に
内容的な薄さを感じてしまうのは、


「コピーライティングの分野が手薄」


なところが、何よりもの一番の要因になっていると思います。


むしろこの「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」の理論は
その大半が「コピーライティングのスキルがあってこそ」のものなので、
この分野のスキルこそが最も重要なポイントになるはずなのですが、
そこが圧倒的に「薄い」というのは『致命的』としか言えません。


ただ、この「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」の
コピーライティングの分野が薄い事には理由もあり、
それは、コピーライティングの分野のみの


「バックエンド」


が、別に用意されているんです。


ちなみにそのバックエンドにあたるのがこちらの教材です。


シンプルコピーライティング講座

http://hill.xsrv.jp/yukihiro/dsa/


尚、このシンプルコピーライティング講座は、
音声講座が8回に分けて届くものという事だったので、
こちらへの参加は見送りました。


教材が小分け提供なのも頂けませんし、
コピーライティングの講座を音声で・・・と言う時点で、
あまりそこから学べるものはなさそうだという判断からです。


ちなみに販売者の西野之啓さんは、
小玉式パーフェクトセールスフォーミュラのセールスレターでは、
そのコピーの中で普通にこんな事を言っています。


(この教材は)ひらがなや漢字が画面ビッチリに
叩き込まれたものが180ページ以上です。

本当は、インタビュー音声を録音して
「文章を書く」という部分は手を抜いて
楽をしようと思いました。

が、聖書などの何百年と続く本当に大切なものほど、
録音ではなく『文字』ですよね。

なので、音声を書き起こしたものや
面倒な部分をサボるのは辞めました。


私がこの「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」を
実際に購入して中身を確認しようと思ったのは、
少なからず、この発言に共感出来たところもあったからであり、


音声=手抜き

テキスト=教材として有るべき形


この考えは普通に同感出来ますし、。


「聖書などの何百年と続く本当に大切なものほど、
 録音ではなく『文字』ですよね。」



というのは、まさにその通りだと思います。


ですが、その「本当に大切なもの」なはずの、
コピーライティングの教材の方が普通に「音声講座」なのは、
私的にはちょっと「どうなの?」と思ってしまいますね。


言っている事とやっている事が・・・(苦笑)


この辺りで、西野之啓さんという方、個人への評価というか、
その見方もガラッと変わってしまいました。


自分の意見というか、ビジネスの在り方に
ちょっと一貫性が無さ過ぎますね。


ただ、「コピーライティングのバックエンド」が
こうして控えているという時点で、


「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」


の方のコピーライティング関連のノウハウが薄いのは、
普通に目に見えて分かる事ではないかと思いますし、


ただ、西野之啓さんの熱意や一生懸命さは伝わってきます。


小玉歩さんから学んだ事を件名にテキストに落とし込んで、
それを伝えようとしている姿勢は伝わってきました。


ただ、ちょっと感覚的過ぎるところが多いので、
そこはフィーリングが合わないとピンと来ないかもしれません。


そういうところも含めて情報商材の価値としては、
19800円という値段に見合う価値は感じられませんでしたね。


まあ、コピーライティングの分野が薄いDRMの教材となれば
そうなってしまうのは仕方がない事だと思います。


どうせなら、バックエンドの方で売り出している、


「シンプルコピーライティング講座」


の方もテキスト形式にした上で、


「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」


の方に併せて入れてくれれば評価も変わったかもしれませんが、
ひとまず現状のレビュー、評価はこんな感じです。


同じDRMの企画、教材を公開している者としては、
普通に「勝っているかな」と思いますね。


価格もこの「小玉式パーフェクトセールスフォーミュラ」の半額で、
コピーライティングの手厚い教材とサポートも付けてますから、
まあ、勝っていて当然と言えば当然ですが・・・。


という事で、私の企画の方に興味があれば、
一度、こちらの方もご覧になってみてください。


井上太一アフィリエイト倶楽部


DRM系の情報商材や高額塾などの中では、
間違いなく随一のコンテンツとサービスを提供していると思います。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年11月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ