エンタメブログ魂は詐欺?人気ブロガー養成スクールの真相。

井上です。


メルマガの読者さんからレビュー依頼があったので、
今日はこちらのアフィリエイト教材の方をレビューします。


エンタメこと及川慶則さんというアフィリエイターさんが販売している、
こちらの「エンタメブログ魂」という教材です。


エンタメブログ魂(及川慶則)

http://entameblogsoul.com/


もう2~3年前くらい前から販売されている商材ですが、
ブログ、メルマガを主体にした情報商材アフィリエイトの教材なので、
これは私が基本戦略として実践しているものでもあります。


ですので、私が推奨している同ジャンルの商材との比較も含めて、
レビュー、批評の方をしてみたいと思います。

エンタメブログ魂は詐欺?人気ブロガー養成スクールの真相。


確かこのエンタメブログ魂が販売されたのは、
2012年頃だったと思いますので、
この商材にはややその頃の「流行」的な部分が垣間見えます。


それこそ今はこうしたブログ、メルマガ系の
王道的なアフィリエイト教材はあまり目にしなくなりましたが、
2012年頃はわりとこういう商材がよくリリースされていました。


それこそこの2012年辺りを境目に、
SNS系の手法が流行り出したり、
今で言えばYouTube系のビジネスが流行り出したので、
こういった王道系の教材があまり見られなくなったわけです。


で、その2012年頃にリリースされている、
この手の王道系のアフィリエイト教材は
とにかく「ボリューム重視」という傾向にあり、
このエンタメブログ魂も完全にそこを重視している感があります。


とにかく大量のコンテンツを詰め込むだけ詰め込んで2万円くらい。


これが2012年頃にリリースされている、
アフィリエイト教材にほぼ共通している特徴です。


有名どころで言えば「LUREA(ルレア)」なども、
2012年発売のボリューム重視系、2万円台の教材ですね。


まあ、そこ頃にリリースされて、
未だに「残っている教材」というのはかなり限られていますが
一応このエンタメブログ魂は、こうして問い合わせを頂くくらいですから
生き残っている教材の1つと見ていいんじゃないかと思います。


販売者のエンタメこと及川慶則さんが、
今もブログアフィリエイトを続けていますので、
それが何よりも「生き残れている要因」ですね。


ただ、「エンタメ」というハンドルネームで検索をしても
本人のブログが出てきません。


エンタメ=エンターテイメントの略称


で、そっち系の記事ばかりが出て来てしまいますので、
この時点でハンドルネームの付け方に失敗してますね(笑)


ハンドルネームは自由に付けられたわけですから、
どうせならその名前で検索して確実に上位表示を取れるような
もっと分かり易いハンドルネームを名乗れば良かったんじゃないかと。


悪評が広がった際の悪評検索を避ける目的で、
あえてこういうハンドルネームを名乗る人もいますが、
この及川慶則さんに関してはそういう感じではなさそうなので、
単純にハンドルネームを安易に付けてしまったパターンだと思います。


まあ、それはいいとして商材の方の批評です。


先程もお伝えしたようにこの頃のアフィリエイト教材は
とにかくPDF形式のコンテンツであればページ数。


音声や動画系のコンテンツであれば再生時間。


そのボリュームがあってナンボという風潮があり、
このエンタメブログ魂は音声、動画、その書き起こしのPDFと、
とにかくボリュームについてはかなりのものです。


ただ、やはりこういったボリューム重視系の教材を見て思うのは、
本当に重要なポイントも薄まってしまい、
私的には無駄な内容や解説が多い


「水で薄めた牛乳」


みたいな教材になってしまっているという感が否めません。


ボリュームはありますが、やはり「薄い」わけです。


これなら逆にきちんと要点を絞って「濃い教材」にした方が、
私は顧客満足度も取れたと思いますし、
何より「分かり易い教材になったんじゃないか」と思いますね。


まあ、右も左も分からないような初心者さんには、
丁寧で助かるというところもあるのかもしれません。


ですが私は検索すれば分かるようなレベルの事は、
有料の教材の中であえてコンテンツ化する意味を感じませんので
この頃のアフィリエイト教材はそういうものが非常に多いです。


ましてこのエンタメブログ魂は音声、動画解説が主なので、
そういう「調べれば分かる事」レベルの解説が続くと
私的には聞き続けるのも無駄に思えてきてしまい
ただただ無駄な時間を費やしているような気になってしまいます。


正直、コンテンツの4分の3くらいは、そのレベルの内容でした。


また、ノウハウ、マーケティングの視点や戦略的な面でも、
私的には「ちょっと違うんじゃないかなー」という部分が多かったです。


まあ、こういう情報商材は結果を出せたアフィリエイターさんが
それぞれ独自にノウハウをまとめて販売するものなので、
人それぞれの考え方や戦略があって当然です。


ただこのエンタメこと及川慶則さんは少々、
勉強不足、経験不足なところが否めない気がします。


実際、今現在の段階でこのエンタメこと及川慶則さんが
現在進行形でどれくらい稼げているのかはわかりませんが、
2012年時点で公開している、


「ネットビジネスで4000万円を稼いだ」


という公開実績以降、この手の数字は一切公開していないようなので、
おそらく、あまり数字は伸びて無いんじゃないかと思います。


インフォトップのアフィリエイターランキングでも
一切名前が見当たりませんから。


まあ、ランキング表示を非公開にしているだけだと思いますが、
このような実績を公開している手前、
その数字が伸び悩んでしまうと相応の数字を出せていない限り、
名前をランキングに出す事も出来なくなります。


インフォプレナーとしての活動を始めて、
アフィリエイターとしての実績を隠し、
ランキング等を非公開にし始めるアフィリエイターさんは
この業界には物凄くたくさんいます。


実績が低迷している状態でランキングに名前を出すと、


「こいつ、今は全然稼げてないんじゃん。」


という事が露呈してしまい、
インフォプレナーとしての活動もうまくいかなくなるからです。


現にこのエンタメこと及川慶則さんも、
今はこの「エンタメブログ魂」の販促を入口に、
インフォプレナーとしての活動がメインになっていて
裏ではコンサルティング等でもお金を取っているようなので
ハッキリ言って今はアフィリエイターとしては、
さほど稼げていない可能性が高いです。


ただその低迷したアフィリエイターとしての実績を公開してしまうと
この「エンタメブログ魂」も売れなくなり、
コンサルティングの方でもお客さんが取れなくなるので、
ランキング等にも名前を公開していないんだと思います。


まあ、これはあくまでも「憶測」ですが、
実際にこの「エンタメブログ魂」のノウハウ、内容を見る限り、
マーケティング面でかなり詰めの甘さが目立ちますから、
このエンタメこと及川慶則さんが


「ネットビジネスで総額4000万円を稼いだ」


というような2年前の実績以上を示せないのは、
単純にその「実力不足」から来ているんじゃないかと思います。


逆に言えばこのエンタメこと及川慶則さんが、
それ以上の数字を伸ばせない要因が
この「エンタメブログ魂」の内容で垣間見えた気がします。


総額4000万円を稼げた理由よりも
総額4000万円しか稼げていない理由が分かった感じですね。


とくにマーケティング面での勉強不足が垣間見えたのは、


・ターゲッティング
・コピーライティング



この2つです。


それこそブログアフィリエイトやDRMにおいては
これらは物凄く重要なポイントですが、
この「エンタメブログ魂」で解説されている内容としては
この2つの内容がかなり「あまい」です。


率直に言えば「根本的な視点が間違っている」と言わざるを得ません。


逆にこの部分をもっと勉強しなおせば、
このエンタメこと及川慶則さんは
もっと結果を出せるんじゃないかと思いましたね。


この「エンタメブログ魂」の内容を見る限りでは、
私の方が教えてあげられる事の方が圧倒的に多い気がしました。


まあ、私のこの分野の知識やスキルは、
コピーライター宇崎敬語さんやその師匠に教えを受けたものなので、
厳密に言えば、それを右から左にお伝えするだけなのですが(笑)


少なくともこの「エンタメブログ魂」を読む限り、
エンタメこと及川慶則さん自身が自分の理論、ノウハウを


「何故、それが有効なのか」


をしっかりと落とし込めていない感じがしました


「こうすればいいんです。」


という一方的な解説のみで、
それが何故、有効なのかを全く説明できていなかったからです。


結局、自分もそれが何故、有効なのかを理解していないんだと思います。


というより、その「有効だと思っているもの」が、
そもそも間違っているという部分が非常に多かったので、


「自分はこうやって結果を出せたから。」


というところで思考が止まってしまっている感じがしました。


まあ、それで結果を出せるなら問題はないのですが、
その際の全てのプロセスが「ベスト」であり「正解」とは限りません。


ノウハウを人に提供する立場で提唱するのであれば、
その「うまくいった理由」に相当する理論、理屈を
きちんと自分なりにまとめて提案するべきだと思うのですが、
この「エンタメブログ魂」ではそれがほとんど成されていないんです。


ただ、淡々と無根拠な「こうしてください」話がひたすら続くので、
主張の1つ1つに全く説得力が無い感じが否めませんし、
知識がある人が聞くと根本的に間違っているところも非常に多いです。


とくにコピーライティングについての講義は、


「本当にそれでいいんですか?」

「何故、それでいいと思っているんですか?」



と突っ込みたくなる部分が物凄くたくさんありました。


ただ、実際にそう突っ込んでも
当の本人が理屈を追及出来ていない感じがしますので


「いや、これで私はうまくいったので。」


的な回答しか返せないんじゃないかと思います。


とにかく1つ1つの講義内容が根拠不足、理屈不足で、
論理的に情報を整理して腑に落としていきたい人が聞くと、
この講座はちょっと聞くに堪えないんじゃないかと思います。


少なくとも私はそういう印象を受けました。


細かい理屈を抜きに言われた事を愚直に真に受ける人であれば、
こういう教材でもいいのかもしれません。


ただ私的には「無し」ですね。


まあ、22800円という価格帯で、
スカイプ等のサポート体制は手厚いので、
それなりの熱意は感じますし詐欺的な商材ではありませんが
説得力、理屈に欠けるという点は否めません。


講義の大半は検索すれば分かるレベルの内容という点も含めて、
私的にはちょっと無駄が多く、説得力に欠ける
詰めの甘い教材というのが率直な感想です。


参考までに。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年7月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ