天才脳開発パーフェクトブレインを買ってみた【東大医師監修】森田敏宏

井上です。


以前より何件かレビュー依頼を頂いていたものの


「結局は自己啓発的な内容なんだから、解釈は人それぞれでは?」


という思いから取り扱うつもりは無かった商材なのですが、


『こういう教材にこそ私のレビューを求めている人がいる。』

『こういう教材のレビューを書いてこそ客層が広がる』



というアドバイスを私の「メンター」さんに頂いた為、
遅れながらも取り上げてみる事にしました。


こちらの現役東大医師の先生が監修しているとして、
話題になっている「天才脳の開発」教材ですね。


天才脳開発パーフェクトブレインを買ってみた【東大医師監修】森田敏宏

http://perfect-brain.net/sp/


あくまでも実際に購入して内容を見てのレビューですが、
私の個人的な解釈、意見という事を踏まえてお読みください。

【東大医師監修】天才脳開発パーフェクトブレイン(森田敏宏)レビュー


まずこの「天才脳開発パーフェクトブレイン」の教材全体への
率直な「感想」をサッと並べてしまうと。


「中身が薄っぺらい」

「ハッキリ言って価格に見合わない」

「要点をマニュアル化すれば30ページで納まる内容」



これが私の「個人的な感想」です。


普通に脳科学や「集中力」の勉強をした事がある人や
そういった関連の本を何冊か読んだ事がある人であれば、
大半の人は私と全く同じような感想になるんじゃないかと思います。


ハッキリ言ってこの天才脳開発パーフェクトブレインでは、
余りにも「当たり前過ぎる事」しか解説してませんし、
この分野であればもっと詳しくて実践的な書籍が
他に幾らでもあると思いました。


少なくとも49800円ものお金を取るような内容じゃないと思います。


それこそ49800円分、この分野の書籍を買って読んだ方が
もっと為になると思いますし色んな事を学べますね。


まあ、49800円分の本を読むという事自体が大変ですが、
ハッキリ言ってこの内容であれば、
そこそこポイントを押さえた書籍1~2冊で
ほぼ十分、同じレベルの内容を押さえられると思います。


この教材の形式は「音声」と「動画」なのですが、
その「薄っぺらな内容」をその「形式」で
うまく誤魔化しているパターンですね。


それこそこの天才脳開発パーフェクトブレインの
動画と音声で学べる要点をマニュアル化すれば、
ページ数的には30ページもいかないんじゃないかと思います。


この天才脳開発パーフェクトブレインに限った事ではありませんが
こういった動画や音声のみで構成されている教材は、
本当にこういったパターンのものが多いです。


要点をまとめれば数ページで十分なものを
それらしい音声、動画の説明で無駄な話を織り込んで
教材にボリューム感を付けているように感じさせる手口ですね。


私的にはこの天才脳開発パーフェクトブレインは、
そういう印象の教材にしか感じられませんでした。


解説されている内容のほぼ全てが
過去に読んだ事のある書籍に書いてあった事や
ネットで調べられる情報に終始していた感じです。


現にやたらと講義が長く感じたものとしては


「脳を集中させるには適度な休憩とエネルギーが必要です」


という理屈からの「睡眠」と「食事」についての講義です。


その内容はほぼ全てネットで調べれば出てくるような情報ばかりで、
むしろ大半の人が一般常識的に認識しているような


「そんなの改めて言うまでも無く当たり前だろ。」


という話をやたら理屈面から長々と
無駄に詳しく解説しているような印象を受けました。


実際、この部分の講義が時間的にも一番「長い」ので、
この天才脳開発パーフェクトブレインの監修者である
森田敏宏先生的にはそこが最も「重要」だと思ったのかもしれません。


まあ、確かに脳を集中させていく為には
休憩は大事かもしれませんし食事も大事だと思います。


ですがこういう教材にそんな情報を求めますか?


49800円ものお金を払って、
そんな当たり前過ぎる「私生活の一般論」を
長々と講義されて誰が「満足」するんでしょうか。


実際、そんなレベルの情報はネットを調べれば
幾らでも出て来るんですから。


血糖値を上げ過ぎるといけないからこういう食物の過剰摂取はダメとか、
睡眠は出来るだけ部屋を暗くして取った方がいいとか、
そんな講義が長々と、淡々と続くような「薄っぺらな教材」です。


そういう情報がネットや普通の本で一切手に入らず、
この教材で無ければ知る事が出来ないというのであれば、
それは多いに価値のある教材だと思います。


ですがハッキリ言ってこの天才脳開発パーフェクトブレインに
そういう他では知る事が出来ないというレベルの内容は
一切含まれていません。


たぶん、この中で講義されている情報はほぼ全部、
ネットで調べれば出てくる情報ばかりだと思います。


普通にもっと専門的な書籍を49800円分、
自分なりに買い漁って勉強した方が絶対に為になりますね。


この天才脳開発パーフェクトブレインの監修者である
森田敏宏先生もそこは自覚してるんじゃないでしょうか。


もし「いや、これは唯一無二の価値ある教材です」と言い張るなら、
この先生は根本的にネットで情報を収集する事や
世間でどういう本が出ているかを分かっていないだけだと思います。


まあ、あくまでも私の個人的な感想です。


ですが客観的な事実としてもっと為になる本や
ネットで情報を収集しても同じレベルの情報は手に入ります。


それくらい教材内の動画講義、音声講義では、
この分野の情報としては「普通の事」しか解説されていません。


明らかに値段には見合わない講義内容ですし、
セールスレターの表現も明らかに「大袈裟」だと思います。


どこが


「天才脳の開発」

「脳科学のトップシークレット」



なのか、、、という感じですね。


まあ、「当たり前の事を当たり前に積み重ねる」というのが
「脳開発の本質である」というなら、
この天才脳開発パーフェクトブレインという教材内容は
ただその「当たり前の事を当たり前」に示しているだけのものです。


セールスレターに書いてあるような事を期待して購入しても、
間違いなく「肩すかし」を喰らったような感覚になると思いますね。


少なくとも私はそういう感じでした。


別に安易に「天才になれる方法」を求めたつもりは全くありませんが
あまりにも内容が「普通」過ぎて拍子抜けしたというのが本音です。


「睡眠不足で空腹で喉も乾いた状態」


よりも


「よく睡眠を取って水分、エネルギーをきちんと取った状態」


の方が集中力が高まり、仕事がはかどるのは当然の事です。


その「当然な事」を栄養素の話や
レム睡眠、ノンレム睡眠の話などに掘り下げて
「こういう食事がいい」とか「睡眠はこう取るべき」とか、
そういう講義がやたらと多い、私的には「物足りない教材」でした。


あえてそういう内容の講義を受ける事に
49800円の価値を感じるというなら、
この天才脳開発パーフェクトブレインでもいいと思います。


ですが私は率直に


「それなら、普通にそっち系の本でも買って勉強すればいいのでは?」


と思いました。


まあ、全て私の個人的な意見ですので、あくまでも参考までに。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年4月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ