斉藤和也さんの「ネットビジネス大学」は詐欺?

井上です。


この業界でもかなり悪名高いあの「斉藤和也さん」が、
ネットビジネス大学なる高額塾を開催しているようで、
募集開始日から頻繁に「スパムメール」が飛んできてます。


ネットビジネス大学(斉藤和也)

http://kazuyasaito.com/nb/sl/00/index.html


斉藤和也さん個人については、
あえて私の方で「どういう人か」は言及しませんが、
スパム的なメールを送っている人である事は間違いありません。


少なくとも私は斉藤和也さん関連の
無料コンテンツ等には一切オプトインした事はありませんが、
今もひっきりなしに売り込みのメールが届いてます。


こういうところが悪名を更に高める原因だと思うのですが、
まあ、それ以上の「見返り」があるのでやっているのだと思います。

ネットビジネス大学(斉藤和也)レビュー


そして今現在、この斉藤和也さんが猛烈な勢いで売り込んでいる、
ネットビジネス大学という30万円ほどの高額塾ですが、
主な趣旨としては「メルマガアフィリエイト」の塾らしいです。


一応は「コピーライティング」「DRM」という言葉も出て来ていて、
まあ、私の井上太一アフィリエイト倶楽部と、
そういう視点での「コンセプト」はほぼ一緒です。


価格は断然、斉藤和也さんのネットビジネス大学が高額ですが、
ここはあえて対抗させてもらうと内容は絶対的に
私のアフィリエイト倶楽部が勝っていると思います。


勿論、斉藤和也さんのネットビジネス大学は、
まだコンテンツが提供される前の段階ですので、
実際にそれらの中身を確認した上で言っているわけではありません。


加えてこれまでの斉藤和也さんの悪評を踏まえて、


「どうせ詐欺的な塾なんだろう。」


という観点で「勝っている」と言っているわけでもありません。


普通にネットビジネス大学のセールスレターの趣旨、
主張やコンセプトやコンテンツの案内を見る限りで、


「これはダメだわ」


と思ったので「勝っている」と言ったわけです。


まあこれは斉藤和也さんのネットビジネス大学に限った話では無く、
この手の「メルマガアフィリエイト」や
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を提唱して、
初心者層の塾生を集めている高額塾は決まってこういう事を言います。


「あなたはツールで集客するだけ。」

「教育と売り込みのメールはテンプレートを使えばOK。」



斉藤和也さんのネットビジネス大学でも、
これをそっくりそのまま同じように謳っているわけですが、
ハッキリ言ってこの時点でその高額塾は「アウト」です。


まず、そもそもですがメルマガアフィリエイトで、
きちんと成果を上げられるような「リスト」は
ツールによるほったらかし集客で集まるほど甘くありません。


というか、そんな集客方法は当の斉藤和也さんもやってませんからね。


それこそ斉藤和也さんのスパムメールの常習犯ですし、
高額な報酬を付けて無料のオプトインオファーも頻繁にやってます。


要するにツールによる「ほったらかし集客」では、
自分の商品を買ってくれるような
見込み客のリスト(アドレス)は到底集められないからです。


あのような頻繁なスパム行為や
高額な報酬をばら撒いたオプトインオファーはやっているのは、
それくらいの事をやらないと「稼げるリスト」が手に入らないからであり、
そもそもネットビジネスは「そういうもの」です。


ツールをほったらかしてリストを集められるほど甘い世界じゃありません。


それは当の斉藤和也さん自身が普段の行動で示しているはずです。


そもそもそんな「ほったらかしツール」を
このネットビジネス大学に参加した人全員が同じように使い始めて、
みんながみんなそれぞれ良質なリストを集められると思いますか?


そんなわけがありません。


そして何よりメルマガアフィリエイトやDRMで重要なのは、
そのリストに対しての「教育」や「売り込み」です。


そこを「テンプレートをそのまま使えば・・・」と言っている時点で、
もう「稼げるはずが無い」のは目に見えていますし、
そもそも「その為のスキルを1から教える気が無い」という事が分かります。


この時点でもうメルマガアフィリエイト、
DRMの教材、塾としては「終わってる」わけです。


どう見込み客を教育していくか

どうその教育した見込み客に売り込みをしていくか。


それを解決するのが「コピーライティング」というスキルなのですが、
それをテンプレートで解決しようとしている時点で話になりません。


初心者層の人は総じて「文章を作る事」を避けたがりますので
そういう人達のニーズに合わせてテンプレートなどを用意し、
それをそのまま使えば稼げるというような事を言っているみたいですが
それこそそれは机上の空論でしかありません。


それがどんなに精巧なテンプレートだとしても、です。


何故、テンプレートでは稼げないのかという点は、
私が尊敬するコピーライター宇崎恵吾さんが
こちらの記事でそのメカニズムを言及した講義を公開してくれています。


宇崎恵吾さんのブログ講座:テンプレートの文章では稼げない理由


今だに「テンプレートのコピーペーストで稼げます」というような
馬鹿らしいメルマガアフィリエイト教材やDRM教材に
気を引かれてしまうような人は絶対読んでおいた方がいいと思います。


そういう教材では「まず稼ぐ事が出来ない理由」が分かりますよ。


まあ、斉藤和也さんのネットビジネス大学に関して言えば
このテンプレート以前の「集客の段階」で、
全く持ってその再現性が薄いのは目に見えていますけどね。


今回の私の記事と宇崎さんのブログ講座を見てもまだ、


「あなたはツールで集客するだけ。」

「教育と売り込みのメールはテンプレートを使えばOK。」



こういう謳い文句に再現性を感じてしまうなら、


「どうぞ参加して現実を知ってください」


としか言えませんね。


その現実に打ちのめされた後にでも、
また縁があれば私のブログを改めて読み返してみてください。


きっと身に染みて気付ける事がたくさんあると思います。


そして「ネットビジネスで稼ぐには何が必要か」が分かったなら、
今度は私のアフィリエイト倶楽部への参加を考えてみてください。


井上太一アフィリエイト倶楽部


ある意味、そこがスタートラインになると思いますよ。


勿論、それは「成功への」です。


その時は是非、一緒に頑張りましょう。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年2月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

アメブロATMシステム(高野明)レビュー

井上です。


私的にはまた「残念な教材(ツール)」が、
インフォトップの売上ランキング上位に来ていましたので、
一応、取り上げておきたいと思います。


こちらのツールですね。


アメブロATMシステム(高野明)

http://samurai-marketing.co.jp/owner/


まあ、何というか、、、


やっぱりこういうツールにお金を出しちゃう人って、
後を絶たないんだな~という感じですが、
とりあえず突っ込むべきところは突っ込んでおきます。

アメブロATMシステム(高野明)レビュー


3分で終わりシステム設定後、
あとは「ほったらかし」で稼げるツールらしいです(笑)


ほったらかしで5万、10万、15万。


まあ、本当ならすごい話かもしれませんが、
セールスレターだけでもツッコミどころが満載です。


例えば冒頭から謳っている「返金保証」。


セールスレターの「中」では、
こういう事しか謳われていません。


実践したにも関わらず、
3ヶ月で5万円も稼げないのならば、
代金をご返金させていただきます。


“実践したにも関わらず”と随分抽象的ですが、
特商法取引法に基づく表記ページには
このような「条件」がちゃっかり記載されています。


商品を購入頂いた日から3カ月間で、
教材の内容を全て実践し、システムを組み上げた方で
最低200人の読者さんにステップメールが配信され
それでも3カ月間でアフィリエイト報酬が5万円に満たない場合


・・・随分と色々条件を付けてきていますね。


まず「教材の内容を全て実践し」というのが
何とも不透明なところで


“3分で設置するだけ”


と謳っているツールにそこまで「実践する事」があるのでしょうか。


そして極めつけは「200人の読者さんに」というところですね。


要するにこのツールを使って、
3カ月で200人の読者を集められていない場合、
返金には応じてもらえないって事です。


でもそもそも「ほったらかし」のツールを謳ってるんですから、
200人の読者を集められるかどうかはツール次第です。


そこを返金保証の条件に加えている時点で、
そもそもこのツールが200人の読者も集められない
全く話にならない粗悪なツールだった場合、
結局は返金保証の条件を満たせない事になります。


言うなれば販売者にだけ異常に有利な条件が付け加えられています。


これをセールスレターでは「あえて」謳っていないところも
何ともまあ、用意周到というか、、、。


こういうセールスレターを読んで衝動的に買ってしまうような人は
特商法取引法に基づく表記ページなんてそうそう読みません。


この時点で明らかに作為的なものを感じますね。


まあ、こんな条件をセールスレターに掲載していたら、
私みたいなツッコミを入れる人も増えたでしょうし、
そうなると当然、売上に響いてしまいます。


だからあえてセールスレターには書かずに
特商法取引法に基づく表記ページにちゃっかりと書いたわけで、
いざ購入してから返金を請求した人に対しては


「特商法取引法ページの条件をきちんと読んでください。」


的な事を言ってお金を返さないつもりなんだと思います。


そもそもこういう「ほったらかし」「自動拡散」を謳うツールで、
月収5万円、10万円という数字を謳っている時点で、
冷静に考えれば普通に「ありえない話」なんです。


仮にこのツールを1000人に売った時、
その1000人全員が月収5万円を稼げるとしたなら、
実質的にこのツールで「計5000万円」が稼ぎ出せるわけです。


まあ、この時点で「何であんたは一人で使わないの?」と、
販売者に突っ込みを入れるしか無い話になります。


月に5万、10万、15万という収入を
ほったらかしで増やせるツールなら、
それを単発5万円くらいの価格で売るよりも、
自分で量産して稼動させていった方が稼げるじゃないですか。


このツールを5万円で売るメリット、ありますか?


そもそも複数の購入者達が全く同じオファーページで
全く同じツールを無料で配布し始めれば、
既にその時点で「競合」が生まれるのは必然的です。


まあこんなツールを幾ら配布していったところで、
実際に稼げるお金なんてたかが知れていますし、
こんなツールで集めたリストに
出来合いのステップメールを送ったところで結果は知れています。


要するに何もかも「話にならない」という事です。


もうこんなツールが「売れている」という事自体、
本当にこの業界にいる一定数の人は


「物事を冷静に見極められる判断力が無いんだな」


と思ってしまいますね。


そこに加えて意図的に伏せられた用意周到な返金保証・・・。


その「悪意」に気付ける要素は幾らでもあると思うのですが、
どうも「気付けない人達」が多いというのが現実らしいです。


この記事で少しでもその「知恵」と「判断力」、
何より「現実」というものを知って欲しいですね。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年2月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

ローカルターゲティングPPC(橋北 友樹)と人情PPCの極意 レビュー

井上です。


少々「風変り」なPPCアフィリエイト教材が
インフォトップで売れ筋になっているようですので、
今日はその教材の方を取り上げておきたいと思います。


こちらです。


ローカルターゲティングPPC(橋北 友樹)

http://localtargetppc.yuukinet.info/top/


このローカルターゲティングPPCにおける
PPCアフィリエイトの主となる「戦略的なもの」は
ほぼセールスレターの中で明かされていますが


「地域名キーワード」


を使って「穴場」的なキーワードを見つけ出し、
少ない広告費用でリターンを狙っていくというものです。


PPCアフィリエイトは私の本筋では無いのですが、
キーワード戦略としては面白そうだったので、
とりあえず内容の方も確認してみました。

ローカルターゲティングPPC(橋北 友樹)レビュー


まず結論的に言うとこの教材は、


「既にある程度アフィリエイトで結果を出している人向け」


だと思います。


よく言えば


“それなりの経験者でも学べるものがある教材”


ですが、悪く言えば


“この教材単体で初心者が「稼ぐ」のは難しい教材”


と言う感じですね。


まさに私が「面白そう」と思った、
地域名キーワードを狙っていく戦略については、
そこを追及している教材だけあって「独自の着眼点」も多く
私はPPCアフィリエイトに限らず「役立つ」と思いました。


それこそ、トレンド系のアフィリエイトにも
物販系や金融系などのアフィリエイトにも使える戦略です。


要は「ライバルの少ないキーワードを狙える」という点で、
これは「PPC広告に限らず有効性がある内容」だと思います。


応用次第では私のような情報商材のアフィリエイターも
キーワードからの集客の幅を広げるという視点で
多いに活用出来る余地がありますし学べるポイントも多いです。


ただ、このポイントのみで約1万円ほどという価格帯を考慮すると、
今は1万円前後で「手取り足取り」レベルの良い教材や
かなり有効性の高いツールも手に入る時代ですので、
少々金額的には「高い」と言わざるを得ません。


例えば私がやっている「アフィリエイト倶楽部」は、
実質9800円で参加出来る条件で、
かなり豊富なコンテンツと手厚いサポート体制も付いてきます。


井上太一アフィリエイト倶楽部


メイン教材のコンテンツと私からの提供コンテンツ、
双方を併せてその一式が9800円ですから
これと比較すると「アフィリエイト教材」としては・・・


自画自賛みたいになってしまいますが、
どう比較しても私は自分の倶楽部が勝ってると思います。


まあ、このローカルターゲティングPPCは
PPCアフィリエイトに特化した教材ですし、
私のアフィリエイト倶楽部はDRMに特化した教材ですから
そもそも内容を比較するようなものではありません。


ただ「PPCアフィリエイトに特化した教材」としては、
このローカルターゲティングPPCは、
総合的にはちょっと「弱い」気がします。


先程お伝えした「ノウハウの軸」となっている
地域名キーワードを狙っていく戦略は多いに学ぶ価値がありますが
PPCアフィリエイトの基礎やその本質。


また、そのキーワードで広告を出していく際の
肝心な広告文やサイト作成についてのコンテンツが手薄に感じられます。


この教材単体で初心者層の人を稼がせようとするなら、
やはりこの辺りのポイントも重点的に補充するべきですし、


「地域名キーワードを狙う」


という着眼点を展開させた上でのノウハウも
もっと多様に展開できたんじゃないか?という気もします。


それこそ私にマニュアルを作らせてくれたら、
その「地域名キーワードを狙う」というところを軸とした形で
広告の出し方からサイト作成のポイントまで、
もっと完成度が高いマニュアルを作れる自信がありますね。


何より主となっているのが「動画マニュアル」なので、
これがやはり「ネック」になっている気もします。


一応、補足的なPDFマニュアルも付いていますが、
本当に補足的な資料にしかなっていませんので、
私的には「動画」になっているメインコンテンツを
きちんとまとまった「テキストマニュアル」にして欲しかったです。


これも私が「初心者向きではない」と思う理由の1つですね。


やっぱり教材はきちんとテキスト形式にして、
図解などを入れて分かり易い「文章」で説明してくれた方が
重要なポイントを何度も復習しやすくなります。


こういう動画系のコンテンツを主にする教材は
やはり私は「手抜き感」しか感じられません。


自分のノウハウをマニュアルに落とし込んで体系化できないので
それを動画でそれらしくまとめているようにしか思えないわけです。


まあ、私が完全に「文章で勉強する派」なのもありますが、
動画をメインにしている教材で「分かり易い」と思ったものは
ハッキリ言って過去に1つも無いので、
それはこのローカルターゲティングPPCにも同じ印象を持ちました。


あと、この「地域名キーワードを狙う戦略」は、
私はPPCアフィリエイトに活用するよりも
普通に物販やトレンド系のサイトアフィリに活用した方が
より有効に活用出来るんじゃないかと思いましたね。


ここまで「穴場」的なキーワードを狙う事を徹底するなら
もうあえてお金を払ってPPCに依存する必要は無いと思いました。


実際はいざ広告を入稿してもほとんど検索もクリックもされず
無駄な労力に終わる広告やサイトも出てくるのが現実だと思います。


そこを考えても普通にコンテンツを重ねていく形で、
物販やトレンドなどに活用した方が効率的じゃないかと、、、。


まあ、そういう意味でも「学べる事」はありますが、
その一点を学ぶ為にあえて購入する価値があるかと言えば
私は正直「微妙な教材」だと思います。


またPPCアフィリエイトにこの戦略を活用して稼いでいきたいなら、
私はこちらの教材との同時購入をお勧めします。


人情PPCの極意


3000円ほどのPPCアフィリエイト教材ですが、
それこそローカルターゲティングPPCで至らない
基礎的なポイントや本質的なポイントは
こちらの「人情PPCの極意」がしっかりと押さえてくれています。


「1からPPCアフィリエイトで稼ぎたい!」


というなら、人情PPCの極意だけでもいいと思いますが、
よりキーワード戦略の「幅」を広げていきたいなら、
ローカルターゲティングPPCはそれを満たせるだけの内容になってます。


まあ、「人情PPCの極意」が3000円という価格で
かなり手厚い内容になっている分、
ローカルターゲティングPPCは内容のわりに割高感が否めませんが、、、。


ローカルターゲティングPPC


以上、ローカルターゲティングPPC のレビューでした。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年2月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

ゴーストリライター3(近藤武)レビュー

井上です。


インフォトップでまたSEO対策を兼ねた
コンテンツ作成系のツールが売れ筋になっている模様です。


こちらですね。


ゴーストリライター3(近藤武)

http://ghost-rewriter.net/


ブログの記事を自動生成出来るというツールですので、
基本、私は「受け付けない系統のツール」になりますが
一応、取り上げておきたいと思います。

ゴーストリライター3(近藤武)レビュー


この手の「ブログ記事の自動生成ツール」は、
大きく分けてその切り口が2つあります。


1つは「サテライト用の記事はこれを使ってください」というもの。


もう1つは「これを使えばほったらかしで稼げます」というものです。


このゴーストリライター3は完全に「前者」で、
SEO対策等を兼ねたサテライトブログやサイトの記事は
このツールでバンバン自動生成していってくださいというものですね。


稀に後者の「これを使えばほったらかしで」系の
こういったツールがありますが、
ハッキリ言ってそういうものは完全に「論外」です。


そんな自動生成された文章で売上が上がれば苦労はありません。


それこそ世の中でアフィリエイトで稼げない人なんていなくなります。


なので、こういう記事の自動生成ツールを取り上げて
ほったらかしで稼げると言うような事を言ってるものは
基本的に「ただの虚偽広告」だと思ってください。


ツールの精度は別としてまずそんなツール任せで作った記事から
バンバン売上や成約、報酬が上がってくる事はありません。


「そんな都合の良いツールや上手い話は無い」


と片付けたおいた方が無難だと思います。


そういう意味では今回のゴーストリライター3のような
サテライト用の記事(集客用の記事)の生成ツールは
まだ現実的にネットビジネスを捉えているツールと言えます。


要するにこういうゴーストリライター3のようなツールで作れる記事は、
せいぜいサテライト用に使うのがいいところ、、、なんです。


ただこれはあくまでも「私の考え」ですが、
今回のゴーストリライター3のように
あくまでもサテライト用と割り切られているような記事では、


「もうSEO対策という観点での集客効果は期待できない」


と思った方がいいと思います。


理由としては「サテライトにしか使えない記事」という時点で、
もうその記事は「人が読んでも何も感じない記事」という事です。


要するに「読み手の反応を取る事は出来ない記事」という事ですね。


確かに自動で生成出来るような記事では
読み手からの「反応」など到底出来るはずもありません。


そんな「反応」が取れる記事をバンバン自動生成出来るなら
それこそそのツールに頼るだけで「稼ぐ事」も出来るはずですから。


つまり「サテライト用に過ぎない記事」というのは、
読み手からの反応を期待できるような記事では無いという事です。


そして今のグーグルという検索エンジンの傾向や精度を考慮すると
そんな「読み手の反応を引き出せないような記事」は、
もはや検索エンジンとしては評価の対象にはならない可能性が高く、
その傾向は今後もどんどん強まっていくものと思います。


要するに「訪問者目線で価値の無いコンテンツ」は、
グーグルから見ても「価値の無いコンテンツ」であり、


「そんなコンテンツがグーグルに評価される事は無い」


という事です。


という事はその記事が上位表示されるような事も無ければ、
そういう記事だらけのブログからのバックリンクなどが
グーグルの評価に繋がるという事も無いと考えるのが妥当な線です。


グーグルに評価されていないコンテンツばかりのブログから
どんなに被リンクを引っ張ってきても、
結局、そのメインブログのグーグルからの評価は何ら変わらず
そのようなバックリンクを増やす意味も全くないと思います。


結論的な事を言えば、そんな記事を幾ら量産して
ブログを構築していってもそのブログ単体の集客効果は勿論、
もはやバックリンク(被リンク)効果も無いに等しい為、
そんなブログを作る事自体「無意味」だという事です。


まあ、これはあくまでも私の考えですが、
グーグルという検索エンジンが「やりたい事」でもあり、
実際にどんどんそういう傾向は強まっていますし
それくらいグーグルという検索エンジンは
コンテンツ(記事)の質を判断する精度を高めてきています。


一昔前は自動生成されたような記事が
上位にヒットしているような事もあったかもしれませんが、
今はほとんどそんな質の悪い記事は見受けられなくなっていますからね。


それだけ検索エンジンとしての精度が高くなってきているんです。


それを考えると、今回のゴーストリライター3のような
サテライト記事の自動生成ツールなどは、
もはや使う価値があるのかどうかも疑わしいというのが実状です。


何故、この販売者さんは9800円という格安な値段で
このツールを「販売」しようと思ったのか。



もしかするとこの記事で私がお話しした事が
そっくりそのまま「答え」なのかもしれません。


どうせもう効果が無いから格安で売り捌いて小銭を稼いでおこう・・・。


こういうツールを作った側の人間だったら、
そんな考えを巡らせてしまうのも仕方がない事だと思います。


それだけグーグルという検索エンジンは、
本当に人工知能並みの精度でコンテンツを判別しているんです。


なので、今は例え「サテライト用の記事」であっても、
しっかりとそれなりの記事を書いていかない事には
グーグルからの正当な評価は受けられないようになっています。


どんどん「楽に攻略する事が出来なくなっている」という事ですね。


まあ、それならそれで本当に価値のあるコンテンツだけを
自らの手でしっかりと作っていけばいいんです。


本来はそれが「ビジネス」というものの有り方だと思いますから。


まあ、それでもこういうツールを使ったサテライト記事で、
集客が出来る、被リンク対策が出来ると思われるなら、
そこまで高額なツールでもありませんから、
実際に使ってみてもいいのではないかと思います。


私は意味無し、効果無し、だと思いますが、、、。


それではまた次回。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年2月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

イマチャンせどり塾第2期(株式会社サスケネット)荒川清

井上です。


ご存知の通り私の本業は「アフィリエイト」であり、
私はあくまでもアフィリエイターなのですが、
私のブログから一定数売れ続けている商品ジャンルとして


「せどり」


というジャンルの情報商材があります。


アフィリエイトで稼いでいる私が主に推奨しているのは
やはり「アフィリエイトに役立つ教材」なのですが、
それでも「せどり」のようなシンプルな転売ビジネスに
一定数の需要があるようです。


インフォトップのランキングを見ていても
度々「せどり」関連の情報商材が売れ筋になっています。


今日はそんな「せどり」系のこちらの教材のレビューです。


イマチャンせどり塾第2期(株式会社サスケネット)荒川清

http://2.imachansedori.com/

イマチャンせどり塾第2期(株式会社サスケネット)荒川清 レビュー


こちらの「イマチャンせどり塾」は、
せどり、転売系の情報商材を主に扱っている
サスケさんというアフィリエイターさんが公開している教材で、
2014年頃に第一期生の募集が行われていました。


私はそのイマチャンせどり塾第1期のコンテンツを入手済みなのですが、
セールスレターを見る限りではほぼ内容に代わりは無いようなので、
そちらの内容に沿った批評をしていきたいと思います。


まず現状のセールスレターでは、


●「イマチャンせどり場所」から仕入れて、アマゾンで販売する


という事以上の情報が公開されていませんので、
その「仕入れ場所」も曖昧な形で公開されています。


私的にはもうこういった「手法をボカす販売ページ」は、
情報商材の販売手口としてもどうかと思うところがありますので、
この「仕入れ場所」については私の方で明かしてしまいます。


一応セールスレターには


●アプリをダウンロード出来る環境にある方。
●スマホ、アイフォン、アンドロイドのタブレットPCをお持ちの方。



という条件が掲げられていますので、
ある程度、お察しの方もいるのではないかと思いますが
このイマチャンせどり塾での「仕入れ」は
こちらのスマホアプリを使って行っていく流れになっています。


フリマアプリ「メルカリ」

http://mercari.jp/


メルカリというスマホ専用のアプリケーションで、
一時期はテレビCMもやっていたスマホアプリになります。


メルカリは商品を無料出品出来るアプリで、
今はスマホユーザーの急増と共に利用者も増え、
ヤフオクやモバオクには無い手軽さがウリになっているようです。


イマチャンせどり塾ではこの「メルカリ」で、
商品を格安で仕入れ、アマゾンなどに転売する事で
利益を得ていくというせどり手法が公開されています。


で、、、実際に稼げるのか、と言うと、


「稼げない事は無い」

「稼げると言えば、まあ稼げる」



というのが率直なところかと思います。


ただこれはこのイマチャンせどり塾の内容がいいとか、
メルカリが仕入れの穴場になっていて稼ぎやすいとか、
決して「そういうわけでは無い」という事は付け加えておきます。


それこそ稼ごうと思えば、
ヤフーオークションで仕入れた商品を
アマゾンで転売していく方法でも稼げなくはないと思いますし、
その逆の方法でも稼げる人は稼げると思います。


要するに市場が違えば利益を取れる可能性は十分あるわけです。


このイマチャンせどり塾の内容や、
メルカリを使ったせどりノウハウは、
言ってみれば「そのレベルの内容」でしかありません。


一応、利益を見込みやすい商品の探し方や
それを見極める方法やコツなども解説されていますが
そこまで「目から鱗」という程の内容ではありませんし、
ちょっと考えれば誰でも気が付くようなノウハウが大半を占めてます。


「そりゃ、そうでしょうね。」


という感じの内容が大半で、
私はまあ、値段相応と言えば相応かな?と思いました。


一応90日間のサポートを付けて4980円という価格帯ですので
サポートの使い方によっては価値はあると思います。


ただマニュアルの内容だけなら無料でもいいレベルですね。


というかこれくらいの内容なら無料レポートで普通にありそうですし、
私がせどり関連の教材に付けている特典の方がもう少し手厚いです。


それくらいマニュアルは至って「普通(並)」です。


本当にメルカリというサイトの知名度が低く、


「こんなサイトあったんだ!」


と思うような人が多い状況なら、
こういうサイトを知れるだけでも価値を感じられるのかもしれませんが
今やテレビCMまでやっていたようなサイトですし、
普通に使っている人が相当数いるようなサイトです。


そこをセールスレターでボカしているところも
ちょっとセコさを感じますね。


既にメルカリをそこそこ使っているような人からすると、
この内容で4980円はやや不満が出るのではないでしょうか。


本当にそこまで「斬新」と言える事は書かれてませんので
既にメルカリを利用者しているような人からすれば
本当に「普通の事」しか書かれていない印象に映ると思います。


少なくとも私はそう思いました。


ですので、いざサポートを利用するとしても、
この内容ですとそこまで活用するポイントも無いんじゃないかと・・・。


それでも90日間は色々せどりの事、
メルカリの事、アマゾンでの販売の事を聞けるらしいので、
せどり初心者の人が90日間、基本的なところから
色々教えを受けられるという点では4980円は妥当かなという判断です。


メルカリの事もアマゾンでの転売なども知ってるし、
今更な普通のせどりの流れで聞く事なんて無いという人は
あえて購入するまでもない内容だと思います。


それこそ私が推奨している「せどりインサイダー」の
無料マニュアルの内容と比較してしまうと、
マニュアルの内容だけを比較すれば


「こんな内容で4980円も取るな!」


と思ってしまいますね。


やっぱりせどり系のノウハウですと、
私はどうしても「せどりインサイダー」と比較してしまうので
こういう「並レベル」の教材は無料レポートレベルに見えてしまいます。


現にせどりインサイダーのこの素晴らしいノウハウですら、
こうして無料で公開されているわけですから。


せどりインサイダー無料版マニュアル


せどりの情報商材に手を出すなら、
まずはこの無料マニュアルだけでも読んでみて欲しいですね。


その後にでも何かしら有料の情報商材を買ってみれば
いかに有料の情報商材の内容がそれほどでも無く、
この無料マニュアルの質が高いかが分かると思います。


やはりせどり系の情報商材ではこの「せどりインサイダー」が
頭3つくらい飛び抜けているのが分かると思いますよ。


少なくとも「メルカリ」なんかを使って
ちまちませどりをしている場合じゃないという事は
無料マニュアルを読んでもらうだけでも痛感出来るはずです。


そして実際にそれくらいの可能性を感じられたなら
是非、このせどりインサイダーを基にした、
私のせどり企画の方にも目を通してみてください。


井上太一のせどりインサイダープロジェクト


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年2月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

4次元占拠型アフィリエイト(株式会社ホワイトスペース)小泉尚広 レビュー

井上です。


目新しいアフィリエイト教材が
インフォトップのランキング上位に出てましたので、
取り上げておきたいと思います。


こちらですね。


4次元占拠型アフィリエイト(小泉尚広)

http://www.yojigen-senkyo.com/

4次元占拠型アフィリエイト(小泉尚広)レビュー


4次元占拠型アフィリエイトというだけあって、
4つの軸(戦略?)を基にしたノウハウが提唱されています。


ただセールスレターを読んでも少々4次元の定義が曖昧で、
実質的には3つでは?という感じがするのですが
ノウハウの軸となっているのは以下4つの戦略になります。


・PPC広告からの集客戦略1(見込み客への広告)
・PPC広告からの集客戦略2(潜在顧客への広告)
・Youtube度がからの集客戦略
・検索エンジンからのSEO集客戦略



これらの集客戦略を基に物販のアフィリエイトで稼ぐというのが、
この「4次元占拠型アフィリエイト」のコンセプトです。


PPC広告からの集客戦略が2段階に分かれていますので、
実質的には3つの集客戦略を軸とするアフィリエイト戦略ですね。


ただ一応これはマニュアル内容にも目を通した上での批評ですが
やはり戦略そのもののが全体的に「中途半端」です。


いまいちこれらのノウハウを3つ一緒に詰め込んだ理由というか
そのメリット、優位性が見えてこない内容だと思いました。


これはセールスレターを読んでいる時点でも感じたのですが、
その違和感はマニュアル内容を読んでも解消されませんでしたね。


要するに1つ1つのノウハウの繋がりや連携が
あっても無くても良いレベルのものになっているので、
これらを1つの教材に詰め込んだ事自体が
ただのデメリットにしかなっていないという印象を受けました。


まあ、この手の「あれもこれも学べます」という教材は
だいたいこんな感じになってしまうので、
販売者側として「あれもこれも学べてお得だろう!」と、
ちょっと自己満足気味に思ってしまうものですが、


「一からこの教材でアフィリエイトを学んで実行していく」


というような人にとって、こういう教材の構成は
あまりメリットにならないのが実状だと思います。


少なくともPPC広告から誘導していくサイトの構成と
Youtubeや検索エンジンからの集客を主にしていくサイトの構成は
根本的に違うものになりますし、同じにしてはいけません。


勿論、この4次元占拠型アフィリエイトでは、
その辺り分けて考えている内容になっていますが
それなら一緒の教材にする意味があったの?と思ってしまいます。


私的にはもう少し値段をリーズナブルにして
PPCアフィリエイトの教材として
単体で公開していれば良かったんじゃないかと・・・。


ただPPCアフィリエイトの教材としてであれば、
3000円という価格帯で「人情PPCの極意」という
格安なわりにかなり手厚い教材が出ています。


人情PPCの極意


この4次元占拠型アフィリエイトのPPCアフィリの内容のみでは、
せめてこの「人情PPCの極意以下の価格設定」にしてくれないと
ちょっと勝ち目は薄いかな・・・と思いますね。


あと、そこに加えれているYoutube動画集客からの
サイトアフィリエイトのノウハウについても、
ちょっと単体では弱いと思います。


これで本当にうまくいくんですか?というところが
私が見てもそう思ってしまう部分が多かったので
初心者層の人ならもっとそう思ってしまうかもしれません。


もしくはその疑問も湧かずひとまずやってみるものの、
なかなか結果が出ずに何が悪いかもわからない・・・


そんなパターンになってしまうような気がします。


Youtube動画からの集客やグーグルからの集客は
言う程甘いものじゃないですからね。


結局この辺りのノウハウだけでは弱いので、
4次元占拠型アフィリエイトでは、
PPCアフィリエイトを先立つポイントにして、


「まずはこれで稼いでください」


的な構成にしているんだと思います。


動画マーケティングなら動画マーケティングで
値段はほぼ同等になりますがこちらの教材で
本質的なノウハウをしっかりと学んだ方がいいと思いました。


Youtubeプレナー育成プログラム


そこから検索エンジンからの集客を行っていく段階は、
物販のアフィリエイトに特化している点以外は、
明らかに手薄感がある内容なので、それこそ


「これでうまくいくなら苦労しませんよ」


という内容でした。


これなら私が特典として提供している、
集客関連のコンテンツの方が遥かに勝っている気がします。


やっぱり検索エンジンからの集客をきちんと学びたいなら
こちらのようなSEOに特化した教材でその本質を学んだください。


本質のビジネスSEO術


PPCならPPC。


YoutubeならYoutube。


SEO対策ならSEO対策。


どれも有効な手法ですし並行して実践する事は可能ですが、
いきなりその全てを1つの教材に詰め込んだのはどうかと思います。


少なくとも初心者層の人がこの全てを
この4次元占拠型アフィリエイトの内容のみでマスターして
しっかりと結果を出していくのは相当無理があると思いますね。


どの分野にしてもかなり中途半端勘のある内容なので、
私はそれぞれの分野に特化した優良な教材を
1つづつ手に取って学んでいく事。


実践していく事をお勧めします。


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年2月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

MeVIUS-メビウス-(株式会社Billionaire Design)中川侑人

井上です。


今日は「MeVIUS-メビウス-」という、
LP(ランディングページ)の作成ツールを紹介したいのですが
こちらのツールについては数日前にこんなメールを頂きました。


「井上さん、さすがですね!
 MeVIUS-メビウス-の販売アフィリエイターキャンペーン
 1位を爆心中じゃないですか!!!」



・・・私はちょっと身に覚えが無かったので、
「何の事ですか?」的なやりとりが始まり、
そうこうして受け取ったメールがこちらでした。

■1月31日13時現在のランキング(10位まで)

1位  井上太一 様
2位  斎藤 様
3位  匿名希望 様
4位  サトリ(金山慶允)@進化型自由人 様
5位  大富豪プロジェクト今 様
6位  匿名希望 様
7位  葉山直樹 様
8位  川島和正 様
9位  poki 様
10位 椎名 大 様

キャンペーンは2月8日までとなりますので、
引き続きメビウスのご紹介の程お願い申し上げます。


こちらは「MeVIUS-メビウス-」の販売業者である、
株式会社ビリオネアデザインさんからのメールだそうで、
ツールの先行販売キャンペーンをやっていたそうなんです。


私はそのキャンペーン自体、全く「知らなかった」のですが、
何故か私の名前がキャンペーンランキングの1位に・・・。


ちなみに私にメールをくれていたのは2位の斉藤さんという方で、
1位には何か賞品か賞金が用意されていたみたいなんです。


そこで斎藤さんがちょっとブチ切れモードに・・・。


要するにランキングの捏造に、
私の名前が使われた可能性があるわけです。


まあ「井上太一」という名前は苗字も名前も
そこまで珍しいものではないので(太一は珍しいかな?)、
同性同名の人がいる可能性も「ゼロ」ではありませんが、


アフィリエイター 井上太一


というキーワードで検索をしても、
私や私のブログ以外の情報は全く出てきません。


まあ、真相はどうなのか知りませんが、
そんな事があったというお話しです。
(斉藤さんは販売者に問いただすと言ってましたが。)

MeVIUS-メビウス-(株式会社Billionaire Design)レビュー


少々、ツールのレビューとは関係の無い話になってしまいましたが
そんなこんなで知る事になったこちらのツール。


MeVIUS-メビウス-(株式会社Billionaire Design)
http://メビウスlpテンプレート.com/mevius/


率直に「どうなのか」を言うと、
価格に対してのパフォーマンスは「良し」だと思います。


先に価格を行ってしまうと販売価格は5980円で、
この価格帯でこのツールや素材の一式は、
こういうツールを求めている人はアリだと思いました。
※価格は2月8日で「大幅値上げ」になるそうです。


実際に私の井上太一アフィリエイト倶楽部参加者さんからも
LP(ランディングページ)については、


「どうやって作ればいいんですか?」


という質問を頂く事もわりと多かったので、
こういうツールはそういう人には打ってつけだと思います。


もうこれは「どういうツールなのか」を
こちらの動画で見て頂くのが一番早いと思いますね。





こちらを見て、「あっ、こういうの欲しい」と思う人は
5980円という価格帯なら買っておいて損は無いと思います。


LPに使える色々な画像素材やヘッダー素材なども、
豊富に付いていますのでそこを含めても価値はあるかと思いますね。


例えば私のこのLP。


井上太一無料メルマガ講座


これは「MeVIUS-メビウス-」で作ったLPではありませんが
これくらいのLPは本当にほぼ同等なものを
サクサクッとデザインや素材の選択で簡単に作れるツールです。


むしろデザイン性だけを言えば
私のLPなんかよりもっと綺麗なものを作れると思いますね。


ただLPの反応はデザインで決まるわけではありませんので
そこは勘違いしてはいけません。


「このツールを使えばリストが取れるLPが簡単に作れる!」


という甘い考えで購入されるなら辞めた方がいいと思います。


やっぱりLPの反応を左右するのは「コピー」の方ですので、
反応が取れるコピーがそこにある事を前提として、
そのコピーを引き立たせるデザインがあれば尚良しというものです。


ですので、本当に反応を取れるコピーを作りたいなら、
こういうツールと併せてこの教材も購入しておくべきですね。


コピーライティング教材「The Million Writing」


ただ良いコピーを作れるほど、
見やすくて綺麗なデザインでLPを作っておけば
よりその反応を高められるのは本当に紛れも無い事実です。


むしろデザインで大損しているようなLPを
私は幾つも目にしてきています。


そういうような人こそ迷わず購入して
LPのデザイン性をアップさせて欲しいところですね。


デザイン性を上げて実際にLPの反応が上がれば
5980円なんてお金は何十倍、何百倍で返ってきますから。


そういうところも含めて、
自分のブログのLPがデザインで損をしている、、、と、
そう思うような人は一度使ってみてもいいんじゃないかと思います。


LP作成ツール「MeVIUS-メビウス-」


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年2月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

デザイン・HTMLの知識は学ぶべきか、磨くべきか。

井上です。


ここ最近、ブログやLPなどの「デザイン」について、
度々相談を受ける事がありましたので、
今日はちょっとその辺りの考え方を講義してみます。


それでは早速いってみます。

デザイン・HTMLの知識は学ぶべきか、磨くべきか。


ネットビジネスの事を題材に情報を発信している私ですが、
今回の「デザイン」というテーマを取り上げるのは初かと思います。


その時点で私がこれらのポイントを
そこまで重要視していないという事は分かると思いますが
これは決して「軽視している」というわけではありません。


ウェブサイトやブログ、LPやセールスレターなど、
やはり「デザイン」によって反応や売上が変わる要素は
少なからず「ある」と思います。


ただ私がとくにデザインについてや、
そのスキルやノウハウについて言及してこなかったのは、


“時間を割いてそのスキルを習得する必要性は感じないから”


です。


理由としては例えばブログなどであれば、
もう無料でそれなりのレベルで完成されたテンプレートや
素材などが無料で幾らでも手に入る時代ですので、
わりとそれに頼るレベルでもそれなりのブログが作れてしまいます。


実際のところ、私のブログのデザインも、
ヘッダー部分やそれ以外の細かいところを除けば、
大半は「賢威」というテンプレートをそのまま使ったものです。


要するにデザインなんて自分ではほとんどしていないわけです。


でも、こうしてそれなりのブログは運営出来てしまうわけですね。


勿論、私のブログよりデザイン性が高いブログは、
他に幾らでもあると思いますがそこについては


デザイン性の高さ = 成果(売上)


では「無い」と思っています。


あまりに素人感があるデザインや、
そもそも文字が読みにくいようなデザインは「無し」ですが
そこそこのデザインでコンテンツが読みやすければ、
私はもうそれで十分だと思っているんですね。


実際、それで十分に「成果」は上げられるからです。


ですので、私はそこそこデザイン性の高い
テンプレートなどを使えばそれで十分だと思ってます。


それ以上、デザインに力を入れる為に、
いちからデザインの勉強やHTMLの知識を身に付ける事は、
ネットビジネスで結果を出す上では私はちょっと遠回りに感じます。


そこを勉強して力を入れている時間があるなら、
やはりコピーライティングやマーケティングの勉強、
そしてその「実践」に力を入れていった方がいいと思いますね。


要するにそこは「どこに力を入れるべきか」の、
ビジネス的な判断、経営者的な自己判断だと思うわけです。


「どこに力を入れるべきか」の経営判断。


この経営判断で、私はコピーライティングや
マーケティングのスキルやノウハウを学ぶ事に力を入れ、
その実践こそが最も「結果に直結する」と考え、
それを徹底してきているつもりです。


対してデザインについては、
そこまで結果には直結しないという判断と、
そこそこのテンプレートなどを使うレベルで十分と判断し
あえてそのスキルを身に付ける事まではしていません。


それこそこのブログのヘッダーデザインやLP、
井上太一アフィリエイト倶楽部などのセールスレターも
全て「外注」してプロのデザイナーに作ってもらっています。


ブログの記事やコンテンツの外注は絶対にしませんが、
デザインについてはプロに任せてしまっても、、、


むしろ任せてしまった方が「あらゆる面でプラス」だと思います。


実際、私が外注しているようなあれくらいのデザインであれば
数万円単位でそれなりのものを作ってくれる
デザイナーさんは普通にたくさんいると思います。


現に私もそれくらいの外注費で作れていますので、
その費用対効果を考えれば、一からデザインの勉強をして
HTMLの知識を身に付けて自分でデザインをしていくより、
今、出来る人にお金を払ってやってもらった方が得策です。


これはまさに「時間と労力をお金で買う」という考えでも
デザインという部分に関してはいいと思います。


先ほどもお伝えしたようにブログの記事やコンテンツを
外注のライターで作られるのは百害あって一利無しですが
デザインについてはとくにそういう事もありません。


それこそデザインなんていざ外注するポイントは
ブログで言えばヘッダーや全体的な構成デザインくらいですし
LPなどについても基本的には一発ポッキリの依頼で済みます。


それでプロがバシッとしたデザイン案を仕上げてくれるなら、
私はそれで十分だと思うわけです。


外注するべきポイントとそうではないポイント。


ブログの記事やコンテンツはまさに売上に直結しますし
そもそも人に任せて魂がこもった記事は絶対に出来上がりません。


何より継続的に記事の更新なども必要になると考えれば、
これを外注して何を自分でやるのかという話になってきます。


ですがデザインはデザインするべきポイントを
一度仕上げてしまえばそれで「終わり」の仕事なんです。


あとあと自分がデザイナーとして仕事をしていくとか、
今後も毎日のようにブログやLPを量産していって
その度にデザインを施していくとか。


そういった日常的にデザインを手掛けるようなスタイルで
今後、仕事をしていこうというのでなければ、
あえてその「終わりのある仕事」の為に
一からスキルや知識を身に付ける必要は無いと思います。


少なくとも私はそういうスタンスは考えていないので、
デザインの勉強をする暇があるなら、
やはりコピーライティングやマーケティングを勉強して、
そちら側の実践と経験を積んでいく方が有意義だと思いました。


だからこそ賢威のようなテンプレートを使ったり、
主要なポイントはプロのデザイナーに任せてしまっているわけです。


まさにこれは「時間と労力」をお金で買い、
その分だけ私はその時間と労力を他に割いていく事で、
ビジネスの効率性を上げてきたわけですね。


要するにビジネスにおいて何を優先事項として、
その優先事項の為に自分が今、何をするべきなのか。


そこを見極めて行動していく事が重要なのではないかと思います。


私の優先事項は「ビジネスとしての成功(成果)」でしたので、
その観点で見ると私は「デザイン」という分野については
自分で時間と労力を割くべきポイントでは無いと判断しました。


だからこそ私の場合は賢威のテンプレートや
プロへの外注で済ませたわけです。


SEO対策ブログテンプレート「賢威」


ただこれは決してデザインという要素を
全くもって「軽視」したわけではありませんので
そこは勘違いしないようにしてください。


やはり素人くささがプンプンするようなブログやLPでは、
何だかんだ言っても反応が取れないと思います。


それこそせっかくのコンテンツが台無しになります。


たまにそういうブログやLPを見かけますので。


一応、私のデザインについての考え方はこんな感じです。


あと、LPについてはこういう
LP作成ツールもありますので興味があればどうぞ。


LP作成ツール「MeVIUS-メビウス-」


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ講座

このページの先頭へ