You Tubeアフィリエイト大百科【完全版】(重正成明)レビュー

井上です。


相変わらず「Youtube関連」の情報商材の相談が多く、


「井上さんの推奨してる商材とこの商材、どっちがいいですか?」


というようなご質問も度々頂いています。


ただ基本的に私はそのジャンルの情報商材で、
一番良いと思うもの推奨していますので、


「もっと良い商材」


と言えるものが見つかったら、
当然ですが推奨する商材もそのまま切り替えます。


なので、同じ土俵に上がっているような商材であれば、
基本的には常にその中で一番「良い」と思うものを推奨しています。


ただそんな相談を頂いてよく思う事が


「Youtube系の情報商材って、意外に多いんだな。」


という事です。


わりと私も知らない商材の相談もあるので、
その中で気になったものは中身の方もきちんとチェックしています。


今日はそんな「相談を受けて知った教材」で、
実際に中味をチェックしたこちらの商材のレビューです。


You Tubeアフィリエイト大百科【完全版】(重正成明)

http://fudousantoushizyuku.com/youtube-top-/


早速いってみます。

You Tubeアフィリエイト大百科【完全版】(重正成明)レビュー


自称「月商6億円のトップアフィリエイター」の
重正成明さんというちょっと素性の知れない方の情報商材になります。


あまりに数字が飛び抜けているわりに、
どういうアフィリエイトで稼いでいる人かもわからず、
実績として公開している画像もいまいち証明になってません。


巷では悪評もちらほら・・・なので、
この「実績」についてはあえて触れないでおきます。


商材の方は「You Tubeアフィリエイト大百科」という事で、
Youtubeアドセンスなどのアフィリエイトで稼ぐノウハウが


「動画」


で解説されている教材になります。


動画は主に重正成明さんの講義動画で、
私はあまり喋りが上手い方だとは思えませんでした。


そもそも動画コンテンツという形式の時点で、
私はちょっと否定的に見てしまうのですが
せめて動画でコンテンツを提供するのであれば、
高いプレゼンテーション力を発揮して欲しいところ、、、。


ただこの「You Tubeアフィリエイト大百科」では、
私的にはそれが感じられませんでした。


ちょっと「素人感」が感じてしまう動画教材でしたね。


ただこの「You Tubeアフィリエイト大百科」は
セールスレターを読んでいく段階でも思ったのですが
その内容はこちらの教材とほぼ重複しています。


YouTube トレンドマーケティング


というかほとんど「同じ」ですね。


セールスレターの構成も何となく似ていますし、
もしかすると販売者の重正成明さん、、、


普通に「YouTube トレンドマーケティング」をパクって
今回のYou Tubeアフィリエイト大百科を作成されたのかもしれません。


それくらいセールスレターも教材内容も似すぎています。


内容的には著作権的にグレー(ほぼアウトと言う意見もありますが)な、
比較的アクセスを集め易い動画を投稿していくというノウハウで、
確かにやれば動画の再生回数は伸ばせる方法です。


イコールYoutubeアドセンスなどの収入もそこそこは得られますが、
やはり動画やアカウントの停止が多いのも事実。


実際にこの方法を実践してそういう目に合っている人は多いようで、
動画の削除やアカウントの停止、支払報酬の凍結などに
ビクビクしながら実践するしかないという少々際どいノウハウです。


まあ、その際どさを受け入れてやっていくなら、
稼げる時はそこそこ稼げるというノウハウなのは間違いありません。


ですので、そこを踏まえて購入するのでれば、
大元の「YouTube トレンドマーケティング」よりは、
この「You Tubeアフィリエイト大百科」の方が値段は安いです。


YouTube トレンドマーケティングは内容のわりに
ちょっと馬鹿みたいな値段なので、
実際、教えているノウハウは同じな分、
パクリっぽい匂いはしますが
You Tubeアフィリエイト大百科の方が良心的かもしれません。


ただ、、、。


実はこの「稼げるけどグレーなノウハウ」は、
私が推奨しているこちらのYoutube教材の中でも、
その事例コンテンツの中にサラっと収録されています。


YouTube Adsense攻略情報共有プログラム


しかもその「リスクヘッジ」的なポイントは
むしろYouTube Adsense攻略情報共有プログラムの方が的確なので、
実際のところこの「You Tubeアフィリエイト大百科」のノウハウは
YouTube Adsense攻略情報共有プログラムに参加すれば手に入ります。


その一点だけをやたらと掘り下げて、
あらゆるパターンで解説しているのが
今回の「You Tubeアフィリエイト大百科」と言う感じでしょうか。


ただ価格が同じであれば、それ以外のノウハウや動画事例も
豊富に学べてサポートフォーラムや今後の情報提供も受けられる、
YouTube Adsense攻略情報共有プログラムの方が、
やはり教材としても企画としても参加する意義があるかと思います。


まあ、バナナデスクさんの
「YouTube トレンドマーケティング」を購入するなら、
「You Tubeアフィリエイト大百科」の方でいいと思いますが
やはりは私はYouTube Adsense攻略情報共有プログラムを推奨します。


YouTube Adsense攻略情報共有プログラムに参加した上で、
そのグレーなノウハウのみをもっと掘り下げて実践したい場合、
更に1万円で「You Tubeアフィリエイト大百科」を
別途、購入すれば良いのではないかと。


とは言えグレーなノウハウである事には変わりありませんので
著作権関係については今後ももっとうるさくなるでしょうし、
私はあえてそこだけを突き詰めておくメリットは無いと思いますけどね。


以上、「You Tubeアフィリエイト大百科」のレビューでした。


それではまた次回


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ。

井上です。


ここ最近「集客」「マーケティング」について、
私なりの考え方やそれに基づく教材、
ツールなどをご紹介する記事が続いていましたので
ここで一度その「まとめ」的な記事を書かせてもらいました。

井上太一の集客「理論」


まず私の「集客」についての根本的な考え方や、
実際にこのブログなどでやっている事についての視点などは
こちらの記事に書いてある事が「ほぼそのまま」かと思います。


>投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略。


そんな私の集客の視点、捉え方、
そしてその「ノウハウ」という点に関して、
最もそれに近いものをそのまま学べる「教材」は、
やはりこちらの「本質のビジネスSEO術」かと思います。


本質のビジネスSEO術


こちらの教材は一時、販売終了となっていましたが、
ここ最近、再販売となり、また追加コンテンツも加わった事で、
一層お勧め出来る「集客教材(SEO対策教材)」になったと思います。


ちなみに私の方がお付けしている特典がこちら。


・井上流SEO効果抜群の記事の書き方
・井上式SEO対策不要の“キーワード集客”マニュアル


どちらもメイン教材をより実践的に活かせる、
私がこのブログで実際に実践している集客ノウハウになります。


ちなみに教材本体の方は「10000円」という価格ですが
こちらには「メール1通で教材代金は全額返金」という
「無条件返金保証」も付いています。


要するに


「役に立たなければ返金してもらえればいい。」


という意識で購入して頂いても一向に構わないという事です。


ただその内容は本当に本質的なもので、
ネットビジネスにおける集客の基本、理論、視点、捉え方など、
その根本的なところからをしっかりと学べる教材になっています。


それを踏まえた返金保証ですから、
これは「とりあえず」でも購入しておいて損は無いと思います。


仮に返金を請求しても教材も私の特典も手元に残りますから(苦笑)


ただこのような保証が付いている点も含めて、お勧めしています。


井上太一の集客「環境」


そして先ほどの「集客理論」において欠かせない要素が


「キーワード」


になります。


少なくとも私のブログの集客網はヤフーやグーグルなどの、
検索エンジンが主体となっていますので、
そこにはやはり「キーワード選び」が大きな比重を占めてます。


そんなキーワード選びを精巧且つ効率化させてくれるのが、
こちらのような「キーワードリサーチツール」です。


キーワードスカウターS


こちらには私の方からも以下のようなラインナップの
かなり手厚い(手厚すぎるほど)の特典一式を付けています。


・キーワードスカウターS活用講座~ゼロの視点~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・物販編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・アドセンス編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~情報商材アフィリエイト編~


こちらのお値段は「買い切りタイプ」のツールながら、
4980円という格安な値段設定で、
私の特典を抜きにしてもかなりお得なツールになっています。


そこに私の特典も含めて価値を換算して頂ければ、
もうかなりの「おつり」が永久的に出て来てもおかしくない
そんなツールと特典の一式になっていると思います。


ちなみにこのツールはPC起動が基本のツールなので、
サーバーなどを借りる必要も無く、
一度購入すれば一生涯「無料」で使い倒せます。


先程の「本質のSEO術」と私の特典で、
検索エンジン集客における理論をしっかりと身に付け、
こちらの「キーワードスカウターS」を手にすれば、
まずそうそう集客に手を焼く事はなくなると思います。


無条件保証付きの10000円の理論教材と、
4980円で永久的に使えるツール。


いずれも決して高い買い物では無いかと思いますので
ネットビジネスにおける「集客」に
知識面、実践面での手薄さを感じるような人はとくに
その双方でしっかりとした基盤を作れるはずです。


井上太一の集客「基盤」


ここでもう1つ「集客」を語る上で、
やはり加えておかなければならないのは、

「その基盤となるもの」

についてではないかと思います。


言わばその「集客理論」や「ツール」を役立てる“場”ですね。


まさにこの「ブログ」がそれにあたるわけですが、
このブログはワードプレスというブログソフトに
賢威という「有料のテンプレート」を利用しています。


SEOマニュアル+テンプレート「賢威」


仮に私が今と同じ集客作業を
他の環境(既存の無料ブログなど)で実践していた場合、
おそらくですが現状の環境ほどの成果は上がっていないと思います。


どれくらいの差が出るかは推測の範囲でしかありませんが、
やはり同じ集客作業を行っていく上でも、
その「基盤」となるものの差は作業を行っていくほど大きくなります。


「何故、テンプレートでそこまで差が出るのか」


という点は諸説あるところですし一言では語り尽くせませんが
簡潔に言えばグーグルはサイトを「ソース」で読み込んでいます。


私達が目で見ている情報とは全く異なる、
コンピュータ言語でサイトの情報を読み込んでいるわけです。


私達の目から見ると非常に綺麗なサイトでも、
グーグルから見ると物凄く見ずらいサイトである可能性もあります。


それを左右していくのがブログなどの「テンプレート」というわけです。


その上で「賢威」のテンプレートは非常に綺麗なソースで
グーグルに非常に評価されやすいと言われています。


多くのSEO関連の専門業者などにも高く評価されているわけです。


私もその手の知識に物凄く詳しいというわけではありませんが、
ある程度の原理原則は押さえていますので、
その私の目で見ても賢威のソースは確かに「綺麗」です。


24800円とお値段はやや高めですが、
長くネットビジネス、ブログを継続していくのであれば、
それ以上の費用対効果は十分に期待出来ますし、


「成果が上がっていくほどその差は大きくなっていく」


と思います。


そういう意味では私が「賢威」に受けている恩恵は
数十万、数百万円単位の金額になっているはずですし、
今後もそれは更に膨れ上がっていくと思います。


そんな賢威には「本質のビジネスSEO術」
もしくは「キーワードスカウターS」との「連動特典」として
以下のような私のオリジナルコンテンツを提供しています。


井上太一ブログ解体新書~井上式トレンドマーケティング~


こちらの案内ページには別の提供条件が書いてい有りますが、
「本質のビジネスSEO術」もしくは「キーワードスカウターS」と
この「賢威」の連動特典でも提供していますので、


「ベストな集客環境をすぐにでも整えたい」


というのであれば、


・本質のビジネスSEO術
・キーワードスカウターS
・賢威


この3点の購入で私の各特典コンテンツと連動特典。


(本質のビジネスSEO術特典)
・井上流SEO効果抜群の記事の書き方
・井上式SEO対策不要の“キーワード集客”マニュアル

(キーワードスカウターS特典)
・キーワードスカウターS活用講座~ゼロの視点~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・物販編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・アドセンス編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~情報商材アフィリエイト編~

(賢威連動特典:井上太一ブログ解体新書)
・質の高いアクセスを“突発的”に呼び込んでいく
 マッチングトレンドキーワード集客。
・質の高いアクセスを“半永久的”に呼び込み続ける
 マッチングロングレンジキーワード集客。
・井上太一「賢威」設定+カスタマイズサポート


これら全てを手にする事が出来ます。


勿論、全てが必須という事を言うつもりはありませんが、
どれも間違いなく支払うお金以上の「対価」を得られる、
本当に良質な「教材」「ツール」「テンプレート」だと思いますので


「形から入ってこそ、モチべーションが上がる」


という人やそういう自覚があるような人は、
まずは万全な「集客環境」を用意していくというのも
選択肢の1つとしては十分にアリかと思います。


本質のビジネスSEO術

キーワードスカウターS

SEOマニュアル+テンプレート「賢威」

井上太一ブログ解体新書~井上式トレンドマーケティング~


以上、井上太一流「集客・マーケティング」についての「まとめ」でした。


それではまた次回


井上


<関連記事一覧>


SEO対策とは?その考え方、方法と基本

投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ講座 SEO対策

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について。

井上です。


今日はネットビジネスにおける「集客」についてと、
その集客を効率化、自動化させる「ツール」について、
私なりの考え方、活用の視点などをお話ししたいと思います。


そもそもの集客の「自動化」というものは可能なのか。

ツールによってそれを完全にオートメーション化出来るものなのか。



この辺りの現実的なところも含めて解説していきますので
そういった集客系のツールに無駄なお金を支払ってしまった事がある人や
そういうツールの導入を検討している人は是非目を通しておいてください。


それではいってみます。

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について。


ネットビジネスにおいて「集客」というポイントは、
1、2を争うレベルで「ビジネスそのものを左右するもの」です。


ネットビジネスの世界で言う「集客」は、
トラフィック(アクセス)を集める事を言いますが、
これは言うまでも無く「数」と「質」の両方が重要です。


ここで結論的な事を言ってしまうのであれば、
「質が伴うアクセス」を大量に集められるようになれば、
そのサイトビジネスはもう成功したも同然と言って差し支えありません。


そしてこの「集客」が上手くいかず、
ネットビジネスを断念した人も世の中にはたくさんいると思います。


それくらい集客はネットビジネスにおいて重要なポイントだという事です。


そんな「質を伴える圧倒的な集客(アクセス)」を集める為に、
ネットビジネスをやっている人のほぼ全てが、
以下のどちらかを割いてビジネスを進めていっています。


・お金
・労力と時間



基本的に「大手」と言われるようなサイトは、
ほぼ例外なくその集客には莫大な「お金」をかけています。


広告費もしくは広告宣伝に繋げる為の「人件費」ですね。


ここ最近は「グーグル」「フェイスブック」「Youtube」なども
テレビCMを売っていますので、これにはまさに
億単位の広告費用がかかっているとみて間違いありません。


あれだけの大手のサイトでもそれくらい、
集客というポイントにはお金をかけているわけです。


これが「集客にお金をかけている」というケースですね。


対して私のような個人でブログを運営しているアフィリエイターの多くは
日々、ブログを更新し続ける事で集客を図っています。


現に私がこうしてブログを更新している事にも、
「アクセスを集める為」という意図が含まれていますので、
私はまさに「労力と時間」を割いてアクセスを集めていると言えます。


これまでコツコツと更新してきている、
その全ての記事にその意図が含まれているわけですね。


このように私のような個人でブログをやっている人の大半は、
そのようにコツコツと記事を書いて更新し続けるという
多大な労力と時間を割いて集客をしていっている事がわかります。


ネットビジネス活動 = 集客活動


こう言っても過言では無いほど集客には時間と労力がかかるわけです。


その労力を手っ取り早く解消して効果を上げる方法が
お金を積んで広告などを出していく事なわけです。


集客(アクセス集め)=「お金で買う」または「時間と労力をかける」


ここまでの話でネットビジネスにおいて、
集客がいかに重要であるかは十分にお分かり頂けたかと思います。
(あえて言われるまでもない事だったかもしれませんが)


集客にはお金をかけるか、労力と時間をかけるか、
基本的にこの二者択一は避けられません。


ただ「初めてのネットビジネス、サイトビジネス」で、
いきなりお金をかけて集客をしようとする人は、
普通に考えてそうそういるはずもないと思います。


つまり必然的にネットビジネスを始めていく人は、
労力と時間を費やす形で集客を行っていく事になります。


そしてどこにその時間と労力を割いていくかと言えば、
基本的には「検索エンジンからの集客」が主となり、
最近はそこに「Youtube」「Facebook」「Twitter」などの
ソーシャルサイト(SNS)という選択肢が出てきています。


そのいずれにも共通して言える事は、
その対象が既に圧倒的な集客力のあるサイトである事と、
そこからアクセスを呼び込める仕組みが出来あがっている事。


要するにその「アクセスを呼び込める仕組み」を利用して、
その対象となるサイト(検索エンジン、SNS)から
アクセスを集めていく事に時間と労力を割いていくわけです。


その為にブログに記事を投稿していったり、
Youtubeに動画を投稿していったり、
フェイスブックやツイッターに投稿をしていくんですね。


ただそこで誰もがその作業を行っていく段階、
もしくは継続している段階でその自動化、効率化を考えます。


また、そういう効率化、自動化を図れるツール等を目にすると、


「これを使えば多くの時間と労力を短縮出来るんじゃないか。」


既に稼ぐ為の仕組みを完成させているような人であれば、


「このツールを使えばほったらかしで稼げるんじゃないか。」


という考えを巡らせてしまうわけです。


勿論、実際にそういったツールで作業が効率化、自動化され、
効果的な集客を図れるようになれば、
日々の作業時間の短縮や「ほったらかし」の実現は可能です。


では実際にそんな集客効果を発揮出来るツールは存在するのか。


そもそも現実的にそんな事が可能なのか。


この辺りの「集客ツールの現実」を追求していきたいと思います。


検索エンジン集客の自動化を謳う「ほったらかしツール」の現実。


まず1つ結論的な事を言うと、
アクセスの質も含めて最も高い集客効果を発揮出来るのは、
やはり「検索エンジン(Yhaoo!、Google)」だと思います。


ただ検索エンジンを対象にするのであれば、
その集客効果を「ほったらかし」「完全自動」で、
上げていくのはまず「不可能」でしょうね。


理由を挙げ出せばキリがありませんが、
検索エンジンの特性、精度、もろもろを考えれば、
その完全自動化はどう考えても不可能としか考えられません。


仮にそれが可能なツールを開発した人がいれば、
まずそんな夢のようなツールを不特定多数の人に
情報商材のような形で公開する事は無いと思います。


そもそも検索エンジンからの集客は、
「ライバル(他のサイト)」との戦いでもありますし、
同じロジックのツールが複数出回っていけば、
確実にその利用者間で競合が起きていく事になります。


要するにどう考えてもそんな検索エンジンを対象にして
実際に効果を発揮出来るような「ほったらかしツール」が
数万円、数十万円という金額で出回る事はありえないわけです。


そんな金額で「売り」に出されている時点で、
もうそのツールは「効果の無いツール」なんですね。


こういった検索エンジンからの集客の自動化を謳うツールは


・まとめサイトを自動生成する事を謳うもの
・記事を自動生成&自動投稿する事を謳うもの
・LPをアップすればリストがほったらかしで集まるというもの



などが挙げられます。


まとめサイト系はYoutubeのまとめサイト、
2ちゃんねるのまとめサイト、キュレーション系のサイトなど、
こういったサイトの「自動構築&自動更新」を謳うツールは、
これまでも多数出回ってきたと思います。


こういうものは検索エンジンからの集客の自動化を謳うものですが、
こういうツールで成果を上げたという声は、
私の知る限りでは一切ありませんし聞いた事もありません。


ここ最近レビューしてきている商材の中にも、
この手の「自動化集客」を謳う商材は多数あったかと思いますが
ことごとく全て「惨敗」的な結果に終わっていると思います。


名指しで商品名を挙げていけばこの辺りですね。


・リスト収集ブースターキット「リスト魂」
・半自動報酬発生システム完全版
・YouTube動画を自動収集「全自動メディアシステムVAP」
・馬場式フルオート型アフィリエイトスクール
・キュレーションサイトを量産して不労所得を得る仕組み
・羽田和弘さんの完全放置塾改
・奥村明久(みのごり)さんのメルマガZERO2
・メイン・サイト・リライター“MSR”


これはここ数カ月の販売商材ですが、
遡っていけばまだまだたくさん出てきます。


現にこの手の「ほったらかし系の集客ツール」で、
痛い目を見た経験がある人はたくさんいると思います。


まあ、、、成果が上がらないのは当然というもの。


基本、検索エンジンからの集客モデルを
自動化、ほったらかしを謳うツール系の教材などは
まず手を出すべきではない・・・と思いますね。


検索エンジンからの集客の完全な自動化、
ほったらかしはまず不可能ですし、
仮に実現出来るようなツールがあっても
それが不特定多数の人に公開される道理がありません。


公開する側に「メリット」がないからです。


ですので「検索エンジンからの集客ツール」は、
自動化を謳うものは基本、有効性は無いと思ってください。


その有効性があるとすれば「効率化を図るツール」ですね。


例えば「キーワードリサーチツール」や、
SEO対策を施したテンプレートやサイト作成ツールなどです。


こういったツールは利用者が適正に活用していけば、
実際に高い集客効果を発揮していく事が出来ます。


労力と時間を短縮して集客効果を発揮出来るわけです。


検索エンジン集客の「効率化」を図る2つのポイント


検索エンジンからの集客では2つの重要なポイントがあります。


「キーワード」と「コンテンツ」です。


これらの最適化を図る行為を俗に「SEO対策」と言いますが、
検索エンジンからの集客を効率化させていくには、
この「SEO対策」をいかに効率化させるかにかかっています。


一時期はその効率化に「被リンク対策ツール」やなども
それなりには有効だった時期があったようですが、
今はそのようなツールで行える被リンク対策に効果はありません。


むしろ逆効果になるくらいだと思った方が良いかと思います。


となると、いざその有効性を発揮出来るのは、


・キーワードリサーチを最適化、効率化していくツール
・コンテンツの作成を最適化、効率化していくツール



このようなツールこそが検索エンジンからの集客において、
本当の意味で「有効な成果」を発揮していってくれます。


まさに私が推奨しているこちらのSEOテンプレートや
キーワードリサーチツールなどですね。


SEO最適化テンプレート「賢威」

キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」


「賢威」は私のブログでも利用しているテンプレートで、
グーグルが読み取り易い「綺麗なソース」を実現している為、
利用している事自体が既にSEOにおける最適化を図れます。


そして「キーワードスカウターS」は集客効果の高いキーワードを
効率的に選び出していく事に活用していく事が出来ます。


検索エンジンからの集客を効率化、最適化させるツールとしては
私は「賢威」によるコンテンツの最適化と
「キーワードスカウターS」によるキーワードリサーチの効率化、
この2つが高い集客効果を発揮出来るものだと考えています。


集客の自動化を実現出来る集客ツール


ただ「完全な自動化を実現出来る集客ツール」としては、
検索エンジンからの集客ほど質は良くないものの、


「SNSからの集客」


であれば、SNSによっては実現出来るものもあるかと思います。


ただSNS集客はそこを入口にする事に適したSNSと、
決してそうとは言えないSNSに分かれます。


集客の入口に適したSNSの条件としては、


1、サイトそのものまた利用者間にとってオープンなSNSである事
2、集客行為や商用行為における規制が少ない事
3、コンテンツの投稿が容易である事



この3つかと思います。


例えばFacebookなどはサイトそのものもそうですが、
利用者間においてあまりオープンなSNSとは言えません。


どちらかと言えば友達同士のみで繋がる事を目的とした
閉鎖的なSNSという特性を持っていると思います。


LINEなどもそうですね。


Facebookはやり方によっては集客にも利用出来ましたが
今は更に規制も厳しくなってきていますので、
「1」「2」の条件両方を満たせないSNSになっています。


「3」のコンテンツの投稿が容易という点は、
集客の「完全自動化」を目指すのであれば、
やはりその利用時における情報の発信、
すなわちコンテンツの投稿等が容易である必要があります。


例えばYoutubeやニコニコ動画などの動画サイトは、
「動画の投稿」という行為が前提になりますので、
これを「ほったらかし」で行う事はまず不可能ですね。


となると、、、


やはり今、最も集客に利用しやすく、
且つ、完全自動化を実現出来るSNSとなると、
それは「Twitter(ツイッター)」ではないかと思います。


ツイッターであれば先程の3つの条件を見事にクリア出来ています。


現にツイッター系のツールのみが唯一と言っていいレベルで、
「自動集客」を謳うようなものでもロングヒットしていると思います。


有名どころで言えばフォローマティックなどですね。


ただフォローマティックはツイート投稿の自動化が出来ない点で、
完全な「ほったらかし集客」を実現するまでには、
自らコツコツとツイート文を研究して作成する必要がありました。


そこの「ツイート文の作成」という工程さえも効率化させ、
実質的な「完全自動化」を実現してくれたのが、
私が推奨しているこちらの「Twitter Brain」です。

>ツイッターブレイン(Twitter Brain)


完全に集客を自動化できるとすれば、こういったSNS系。


今で言えばツイッター系のツールなどは、
属性なども絞り込めばそれなりに質の高い見込み客も、
実質的に「ほったらかし」で自動集客していく事が出来ます。


まあ、私はそこだけに依存するのは良くないと思いますので
やはり王道的なグーグルからの集客網も構築しておくべきだと思いますが


「ツールによる自動集客」


という点ではツイッター系のツールは唯一それを可能にしています。


グーグル集客で目指すべきは「効率化」。


自動化を狙うならSNS(今であればツイッター)。


これが「ネット集客」における建設的な視点かと思いますね。


現状、ネットビジネスで結果を出せていない要因が「集客」にあるなら、
是非、効率化、最適化、もしくは自動化を実現出来る、
今回ご紹介させて頂いたツールの導入も検討してみてはどうかと思います。
(むしろ結果を出せていない人の半数以上はそこにあると思いますが)


それではまた。


井上


<関連記事一覧>


SEO対策とは?その考え方、方法と基本

投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ講座

【まとめテン】SEOを無視した集客でアクセス爆発を実現!(株式会社シャリバン)レビュー

井上です。


今日も前回の「キーワードスカウターS」に続いて
“集客系ツール”のご紹介になります。


インフォトップでは現在、それなりに売れているみたいですが、
前回の「キーワードスカウターS」とはある意味、
真逆の方向性を訴求している集客ツールで、
とにかく「誇大広告がヒドイ」です。


まあ、その辺りも含めてレビューしておきます。


【まとめテン】SEOを無視した集客でアクセス爆発を実現!

http://www.sharivan.com/matometen_infotop/


それでは、早速いってみます。

【まとめテン】SEOを無視した集客でアクセス爆発を実現!レビュー


基本、こういう「集客系のツール」というのは、
何かの作業を効率化させたり自動化させたりするもので、
そこを謳い文句としてアピールするのは当然だと思います。


ただその謳い文句が行き過ぎになっているような集客ツールは、
とにかく「不労所得」「ほったらかし」的な事を謳い始めます。


今回の【まとめテン】はまさにその典型的なツールだと思います。


素直に機能性やツールの特徴を普通にアピールしておけばいいのに、
何故か「不労所得」「ほったらかしで月収○万円」などと、
到底実現不可能な謳い文句で誇大広告をブチ上げます。


確かにそういう謳い文句に反応してしまう消費者層や、
そういう謳い文句の商材を好んで紹介する
煽りエイターという部類のアフィリエイターもいるとは思います。


でも、良識のあるアフィリエイターからしてみれば、
そんな「嘘八百」としか言えないような
明らかな誇大広告が並べられたツールを推奨出来るはずがありません。


「セールスレターに書いてある事は真に受けないでください。」

「完全な誇大広告ですのでご注意ください。」



こんな批判的なレビューになってしまうのは仕方がない事だと思います。


まあ、稼げる、稼げないの観点以前に、
この【まとめテン】についてはその集客効果についても
かなり疑問、懸念を感じてしまうところが多いので、


「稼げる系のセールスレターでは無かった」


としても、到底勧められるようなツールではありませんが、
それにしてもこの【まとめテン】のセールスレターはヒドイと思います。


インフォトップもよく審査を通しましたね、、、。


またいつものごとく「身内に甘い審査」をしたのかもしれません。


まあ、おおよそこれが【まとめテン】に対しての私の批評なのですが
とりあえず既にお伝えした通りこのセールスレターは
全く持ってアテにならない誇大広告のオンパレードだと思います。


「今回ご紹介するツール(まとめテン)だけを使って
 副業で月収50万円以上を稼いでいます。
 1日の副業動労時間は一切ありません。」

「オネショの卒業できない小学1年生でも、
 わずか3ページの説明書通りに5クリックすれば再現性100%」



この2つの謳い文句だけでも、


“5クリックのツール起動で誰でも月収50万円を100%稼げる”


という事を言っているのと一緒ですからね。


先着100名限定価格というような事を謳ってますが、
もしもその再現性が事実のツールなら、
その100名分のツール起動を自社で行えば
月収5000万円の仕組みが出来るのでは?という話になります。


・・・まあ、そんな事は「100%」ありえないんですけどね。


要するにこの【まとめテン】は、
そんなありえない事を謳っているツールなんです。


しかもそのロジックが「まとめサイトの自動構築」ですからね。


確かにまとめサイトはうまく運営すればアクセスも集めやすいですし
コンテンツの更新等も楽に出来るメリットはあると思います。


ですが完全にほったらかしでうまくいくほど、
甘いビジネスモデルではありません。


それこそ「自動更新」を謳ったまとめサイトの
自動構築ツールはこれまでも2ちゃんねる系、Youtube系、
キュレーションサイト系と色々出て来ていますが
そういうツールに頼って成功した人はほぼ皆無だと思います。


そもそもそういうツールを売っている側も
そのツールを作ったサイトで稼いでいく事はほとんどありません。


結局、それらしいツールを作って売っているだけなんです。


そういうまとめサイト構築系ツールを売っている販売者は、
いざ「サンプル」と称したサイトは公開しても、


「実際に稼いでいるサイト」


みたいなものやその実績を公開する事はまずありませんから。


現にこの【まとめテン】でも、
サンプルらしいサイトは公開していますが、
実際に稼いでいるサイトや実績は一切公開していませんよね。


まあ、それが現実だって事です。


こういう非現実的な集客ツールに夢を描いている暇があったら
もっと現実的な集客効果を発揮出来るツールを使ってください。


それこそ「ほぼほったらかしに近い集客効果」という点なら、
断然こちらのツイッター集客ツールの方が現実的です。

>ツイッターブレイン(Twitter Brain)

基本「完全自動での集客」というものは、
グーグル相手にはもう無理な時代になっていると思います。


それがまだ可能なのはツイッターなどのSNSですね。


グーグルからの集客に求めるべきは「自動化」では無く、
「効率化」であるべきだと思います。


そういう観点では前回ご紹介したこちらが断然お勧めです。

>キーワードスカウターS


グーグル集客で目指すべきは「効率化」で自動化を狙うならSNS。


これがネット集客における建設的な視点かと思います。


この視点から逸れた集客ツールには基本、期待しない方が身の為です。


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

キーワードスカウターS(株式会社Catch the Web)松井宏晃、手厚い特典付で。

井上です。


今日は「トレンドアフィリエイト」をやっている、
トレンドアフィリエイターさん。


ターゲットとなる属性を特化したブログやサイトで、
キーワード重視で記事を書いているような人。


あとは、一生懸命記事を書いているのに、
一向にアクセスが伸びず、集客に苦労をしているような人。


そういう人達にはかなり役立つ「即戦力になるツール」が
ちょっと「驚きの価格帯」でリリースになっていたようなので、


「私のオリジナル特典付き」


でご紹介させて頂きたいと思います。


今回もかなり「手厚い特典」(勿論「質」の方。)を
バッチリと作り込ませて頂きましたので、


・トレンドアフィリエイトをやっている(または始めようとしている)
・キーワード重視で記事を書いている
・アクセスアップ、集客に苦労している



上記に該当するようなら特典の詳細だけでも読んでみてください。


私の特典と併せてツールの価格帯を考慮すると、
これは「お得どころじゃないオファー」じゃないかと思います。


では本題の「ツールの紹介」からいってみます。

キーワードスカウターS(株式会社Catch the Web)


先程のような条件に当てはまる人達に対し、
かなり役立つであろう「即戦力になるツール」というのは、
こちらの「キーワードリサーチツール」になります。


キーワードスカウターS
http://az.ctwpromotion.net/amc/keyword/top.html


ザックリと言えば、


「検索数が多く、競合の薄い上位表示を狙い易いキーワード」


を効率的にリサーチ出来るようになるというツールで、
お値段は驚きの「4980円(税抜)」というプライスになってます。


思わず月額利用料??と思ってしまうような価格帯ですが、
一度ポッキリの「買い切り」価格というお得ぶり。


しかもこの「キーワードスカウターS」はPC上で起動する
「PCツール}なのでサーバーなどを借りる必要もありません。


要するに4980円という価格で一生涯使い倒せるツールという事です。


まあ、一生涯使い倒す価値があるかどうかはここから判断してください。


まずその「機能」ですがこのキーワードスカウターSには、
5つのリサーチ機能(4つの基本機能+追加機能1つ)が付いてます。


機能1:キーワードアドバイスツールからのキーワードリサーチ

Yahoo!キーワードアドバイスツールの出力情報を元にして、
その対象キーワードの関連キーワードを抽出できると共に


・PCとスマホを対象にした月間検索数


が一覧表示されると共にそのキーワードを狙って
コンテンツを作っているライバルサイトの数を示す


・対象キーワードの一部をタイトルに含んだ検索サイト数(intitle数)
・対象キーワード全てをタイトルに含んだ検索サイト数(allintitle数)



に加え、その同じくライバルサイトの「強さ」の目安を図れる


・対象キーワード検索時のTOP10位のページランクの平均
・被リンク数の平均
・MOZデータの平均(MOZという米国法人の評点)
・TOP10サイトのタイトルに該当キーワードが含まれている比率



上記のような情報も一覧表示してくれます。


Yahoo!キーワードアドバイスツールは、
ヤフーが提供している無料のフリーツールで、
キーワードを入力するだけで様々なデータを出力してくれるのですが、
そのデータをそのままツールにドラック(貼り付ける)するだけで、
上記のようなデータを一括で一覧表示してくれます。


あまりこういったデータ解説をしていない人が、
上記のような数値データを一気に示されても
どこを見て何を判断していいか迷ってしまうかもしれませんが
そこは「ザックリとした目安が数値化されているもの」と捉え、
以下のいずれかの基準で見ていくのが効率的です。


1:検索数、関連記事数に対して
  特化したライバル記事が少ないキーワードに目星を付ける
 (検索回数、intitle数に対してallintitle数が少な目のキーワード)

2:上位表示サイトの「強さ」を表す数値が低いキーワードを狙う
 (ページランク、被リンク数、MOZ数値が低めのキーワード)


この流れは私の特典マニュアルではこの辺りも図解入りで、
より詳しく解説していますので


「ツールの数値を効率的に見てお宝キーワードを掘り出していく事」


は、そちらを参照頂ければわりと簡単に出来るようになると思います。


基本的にはそれぞれの数値をザックリと
「高いか低いか」で見ていけばそれで問題ありません。


これはこの「キーワードスカウターS」に限らず。
この手のツールで出てくる数値データは、
それくらいの基準で見ていくくらいが丁度いいと思います。


実際、ザックリとした数値で十分「お宝キーワード」は判断出来ますから。


機能2:競合が薄い「複合キーワード」の発掘

これはメインキーワードに対して、
複合キーワードとして狙っていくべきキーワードを
一気に出力してくれるという機能になります。


対象となるのは、


グーグルの「関連キーワード」




ヤフーの「虫眼鏡キーワード」




kizasi.jpの「連想キーワード」




メインキーワードに対してこれら全てを
「複合キーワードの候補」として3つまで出力してくれます。
(意外と「kizasi.jpの連想キーワード」がお宝キーワードを出してくれます)


グーグルの関連キーワードと虫眼鏡キーワードを
手動で追いかけて検索結果をリサーチしているような人は、
わりと多くいると思いますのでこれはその「手間」を大幅に省けます。


更にその複合キーワード3つ分までの出力結果も
キーワードスカウターSではそのまま先ほどの
「機能1」で解析できてしまうという仕組みになっています。


この2つの機能の時点でもかなり多くのトレンドアフィリエイターや
属性ごとのキーワード重視で記事を書いているような人にとって
「このツールの利便性」はかなり明確になってきているかと思います。


ですが、キーワードスカウターSでは
ここからもまだ3つほど「手厚い機能」が続きます、、、。


機能3:トレンドキーワードの検出

トレンド系の情報をいち早く発信している、
7つほどの情報源をもとにトレンドキーワードを
ワンクリックで一気に出力してくれるという機能です。


セールスレターで7つの情報源を伏せた理由がよくわかりませんが
トレンドキーワードを引き出すには悪くはないサイトだと思います。


トレンド系のアフィリエイターさんの一部(わりと多く?)が
実際にトレンドキーワードを見つけていく際にも利用しているサイトなので、


「トレンドキーワードを探す手間を軽減させる」


という点ではかなり役立つ機能かと思います。


キーワードスカウターSではこの機能での検出結果も「機能1」で、
各キーワードごとのライバルチェックが出来ますので、


「手薄な(ライバルの少ない)トレンドキーワード」


も併せて見つけだしていく事が出来るというわけです。


機能4:ライバルサイトが狙っているキーワードを検出

これは、若干「上級者向け」の機能かと思いますが、
特定のサイトを対象にしてそのサイトが
意図して狙っているであろうキーワードを検出する機能になります。


要はそのサイトで出現頻度の高いキーワードを抜き出す機能ですね。


この機能で検出されたキーワードが
その対象サイトの運営者が意図して狙っているキーワードとは
100%は言い切れないところがありますが、
それでも気になるサイトの「キーワード観点での分析」は可能です。


勿論、私のブログも(笑)


ただこの機能はそもそも対象にするべきサイトや、
そのサイトのその他のSEO対策まで全てがわかるわけではないので、
そこまで「有益な情報を引き出せる機能」というわけではありません。


あくまでも特定のサイトの出現頻度の高いキーワードを
一覧で検出できる「だけ」の機能だと思っていいと思います。


有効に使う方法もあると言えばありますが、
それ自体が少々上級者向けですしあまり効率的とは言えない為、
私はキーワードスカウターSの機能の中では
あまり使い勝手を感じない機能です。
(まあ、中にはそういう機能もあるというくらいで。)


追加機能:上位10サイトの詳細解析

セールスレターでは何故か「追加機能」として紹介されていますが、
私的にこれは1~2を争う、利便性の高い重要な機能だと思います。


その対象キーワードの検索結果として表示される上位10サイトから
以下の情報を一覧として検出してくれる機能です。


・サイトタイトル
・サイトURL
・ページランク
・被リンク・MOZデータ
・タイトルにキーワードが入っているか



サイトタイトルやURLを見れば、
それが大手のサイトか無料ブログかなどもわかります。


またそのタイトルにキーワードが入っているかなどは、
わりと多くのトレンドアフィリエイターが
キーワードリサーチの際、チェックしているポイントです。


これも一覧で表示されるようになっていますので、
おそらくトレンドアフィリエイト系の情報商材として、
「あの商材」や「あの有名商材」などを実践している人などは
まさに手動でコツコツとやっている事、やってきた事を
より高精度な解析情報と共に一覧表示してくれるツールかと思います


これらの機能を備えたツールに加え、
販売者さんの方から付与されている特典が以下の3つ。


・トップアフィリエイターが実際に稼いでいるアフィリエイトジャンルで
 月10万円を稼ぐまでの具体的な動画講座

・キーワードスカウターSでお宝キーワードを見つけだす動画講座

・トップアフィリエイターが使っているツール&サイト集



動画講座の内容はスッキリとまとまりがあり、
ツールの解説などはかなり分かり易い内容になっていました。


こういうツールの使い方などを解説する動画講座は、
初心者層の人にとっては非常にありがたいと思います。


以上5つの機能を備えたツールと3つの特典、
全てをパッケージにして「税抜4980円」という価格です。


このようなキーワードリサーチツールはこれまでもありましたが
大抵価格帯としては2万円代前後というのが相場でした。


ただこのキーワードスカウターSはこれまでのどのツールよりも
その情報の解析精度や「痒いところに手が届く機能」が付いて、
これまでの相場の4分の1くらいの価格帯で提供されています。


こういう「価格破壊」は私達にとっては本当にありがたいですね。


アフィリエイターとしても紹介のし甲斐があります。


まあ、アフィリエイターさんによっては、
「報酬が安くなる」という観点で、
高額なだけの精度の低いツールを紹介し続けるんでしょうけど(笑)


更に私からの「手厚く」「即戦力」になる特典。


これはトレンド系のアフィリエイターさんや、
日々、キーワード重視で記事を書いているような人、
検索エンジンからの集客に行き詰っている人には
本当にお勧め出来るツールなので私も本気で特典を作りました。


以下、私からの特典コンテンツの一覧になります。


井上限定特典1:キーワードスカウターS活用講座~ゼロの視点~

この手のキーワードリサーチツール的なものは、
わりと精度が高いものもこれまで幾つか出ているのですが、
それでも「うまく使いこなせていない人」が多い傾向にあるのは、
そもそもの根本的、原則的な「ゼロの視点」が
疎かになっている事が大きな要因になっている傾向にあります。


この「ゼロの視点」というのは、要するに、


“そもそもどのキーワードをリサーチしていくか”


という根本的な視点です。


この手のキーワードスカウターSのようなキーワードリサーチツールは、
あくまでも「こちらが指定したキーワードを解析するツール」なので
そもそもの「検証対象にしていくキーワード」の的が外れていると、
どんなに精巧なキーワード解析をしても全く意味を成しません。


これが言うなれば「ゼロの視点」です。


これは決してトレンドになっているキーワードを
どんどん調べていけばいいとか、そういった事ではありません。


重要なのは「自分のサイト、ブログの特性、ターゲットを知る事」と
その「目的」をしっかりと明確にしてその道筋を立てる事です。


狙っていくべきキーワード、解析していくべきキーワードは
その道筋を辿れるものでなければいけないわけですね。


これはトレンド系のブログだろうと、
私のような情報商材系、ビジネス系のブログでも同じです。


どんなブログにも特性、ターゲット、目的があるべきですし、
それらがあって初めて「狙うべきキーワード」が決まるんです。


かなり根本的なところですが「ネットビジネスで稼げてない人」は
この視点がそもそもズレていたり、ブレていたりします。


今回はせっかくこのような有益なツールを手に出来るんですから
その根本的なところからしっかりと講義を進めて、
ガチであなたをこのツールで「稼がせる」講座を用意しました。


まずはこの講座の内容をしっかりと頭に擦り込んで、
自分がどういったキーワードを狙って
キーワードスカウターSというツールを活用していくべきか。


その視点をしっかりと定めるところからスタートしてください。


井上限定特典2:キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
        ~トレンドアフィリエイト・物販編~

この手のキーワードリサーチツールを最も有効に活用出来るのは、
やはり「トレンドアフィリエイト」だと思います。


初心者層にも取り組みやすく、また即効性も高い点で、
トレンドアフィリエイトにこの手のツールの相性は抜群です。


むしろトレンドアフィリエイトで稼げていない人の半数くらいは
キーワードリサーチが上手くいっていないか、
それが面倒になってしまい途中で辞めてしまった人かと思います。゙


その労力と手間をほぼ完全にクリア出来るとなれば、
トレンドアフィリエイトの成功確率は格段に上がります。


またトレンドアフィリエイトの中でも、
「ターゲット」をピンポイントに絞り込みやすいい点で、
物販を主体にしたトレンドアフィリエイトは
更にこの手のキーワードリサーチツールには打ってつけです。


物販、トレンドアフィリエイトには興味が無いという人は
こちらを飛ばして次の講座にステップしても構いませんが
初心者層の人はまずここからスタートしてみてください。


キーワードスカウターSのようなツールがあれば、
その成功確率はかなり高くなるはずです。


それこそ「その商品を欲しい人」「欲しがる人」を
ピンポイントに集客していけますので、
さほど「売り込み」などをしなくても売上を上げられます。


この講座ではそういう「購買意欲の高い見込み客」を
キーワード集客していく戦略を解説しているという事です。


キーワードスカウターSを活用していく事を前提として、
私が以前ある商材の実践検証で結果を出した手法を
その商材顔負けのレベルで公開しています。


勿論やり方次第ですが物販アフィリエイトの集客戦略としては、
初月で5~10万くらいを目指せる即効性があるノウハウです。

※実践はワードプレスをお勧めしますが無料ブログでも問題ありません。


井上限定特典3:キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
        ~トレンドアフィリエイト・アドセンス編~


こちらは「グーグルアドセンス」を主体にしたトレンド系の記事投稿で
更に収入の幅を広げて頂けるアフィリエイト講座になります。


同じトレンドアフィリエイトでも「物販」を主体にする戦略と
「アドセンス」を主体にする戦略はキーワードの狙い方、
記事の書き方が少々ながら異なる部分があります。


また一見はクリック課金型のアドセンスの方が、
初心者には稼ぎやすいように思われがちです。


ですが、私の経験則、またノウハウの特性的には、
キーワードスカウターSのようなツールを利用するのであれば、
物販の方がある程度の成果を上げるのは「早い」と思います。


ただそこにアドセンスを主体とする記事を加えていく事で、
数カ月周期の長い目で見ていった際に、
アドセンスからの収入の方が
記事投稿を重ねるごとにじわじわと収入を上がってきます。


なので、初心者層の人はまず物販を主体としたトレンドブログを作り、
そこである程度の結果を出せて余裕が見えてきたら
そのブログにアドセンス広告を主体にする記事を追加していくか、
別にアドセンスに特化したブログを作成していく事をお勧めしています。


ただ、これは双方のノウハウや戦略等をご覧になって、
自分に合いそうな方、向いてそうな方のみを実践しても構いません。


やはり人には相性や記事の性質などによって向き不向きもありますので。


それこそ私的に「最も実践して欲しい」のは次の戦略ですから。


井上限定特典4:キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
        ~情報商材アフィリエイト編~

キーワードスカウターSのようなツールがあれば、
ある程度属性を絞り込んでキーワード集客を重視した
情報商材系のアフィリエイトでも十分に成果を出せると思います。


勿論、前項2つのトレンドアフィリエイトに比べれば、
情報商材系は多少なりと「ブランディング」や「売り込み」が必要なので
当然それなりに上級者層向けのノウハウにはなってしまいますが、
やはり最終的にはこちらにまでシフトしてもらいたいですね。


現に私は「情報商材系のアフィリエイト」で実績を積んで、
今はこのブログを3~4日に一度更新して、
稀にこういうコンテンツを提案していくくらいの活動で、
一般サラリーマンの年収を「月収」で稼げるようになっているわけですから。


意欲がある人はいきなりここから始めても構いません。


是非、これをスタートラインに、
アフィリエイトで生計を立てられるステージ、
そして私くらいのステージまで昇ってきて頂ければと思います。


以上、今回の特典は「ゼロの視点」講座を皮切りとした、
3つのアフィリエイト戦略を前提とした集客講座で構成されています。


価格帯は4980円と本当にリーズナブルなツールですが、
私の特典だけでもそれ以上の価値は
十分以上に感じてもらえるものになっているかと思います。


というか、何でここまで「手厚い特典」を、
この価格帯のツールに付けてしまったのか・・・。


ツールの出来が良かっただけに、
その辺りの損得勘定が完全に度外視になってしまいました(笑)


何にせよツールの精度、私の各特典コンテンツの完成度、
共に自信を持って推奨出来るものになっています。


良い意味で「価格に見合わないもの」を提供させて頂きますので、
是非、ツール、特典コンテンツ共に有効にご活用頂き、
あなたのアフィリエイター人生を大きく飛躍させるきっかけにしてください。


>キーワードスカウターS+井上太一特典講座

タグ

2014年12月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

稼げるSNS「Tsu(スー)」の仕組み。フェイスブックとの比較。

井上です。


何やら「情報業界(ネットビジネス業界)」では、
あちこちで「Tsu(スー)」というSNSの話題を見かけます。


ブログで、メルマガで、SNSで。


あちらこちらでTsu(スー)の事を取り上げて、


「登録するなら今がチャンス!」

「この波に乗り遅れるな!」



的な事を謳って登録を煽っている節もありますね。


今日はこの稼げるSNS?「Tsu(スー)」についてです。

稼げるSNS「Tsu(スー)」の仕組み。フェイスブックとの比較。


ちなみに私はまだ登録さえしていません(笑)


今のところ、登録する気もゼロです。


なのでTsu(スー)については実際に使ってもいませんから、
「利用者」としての意見や批評は一切ありません。


ただ今の段階でとくに登録する気が無い事には理由があります。


まあ、さほど大した理由ではありませんが、


「別に今、登録する事に全くメリットを感じないから」


というのが一番大きいです。


一応、簡単に「Tsu(スー)」の説明をしておくと、
ザックリと言えば「フェイスブック」のようなSNSで、
普通に日記を書いたり友達と交流したりという点で、
機能的にはほぼフェイスブックそのものらしいです。


ただ、「Tsu(スー)」がやたらと話題になっているのは、
「Tsu(スー)」はSNSとしての広告収入の方を
その約9割を会員(ユーザー)に還元する仕組みになっていて、


「フェイスブックと同じように記事を投稿していくだけで稼げる」


みたいな謳い文句で広まっているようです。


確かにフェイスブックなどのSNSでは、
どんなに記事を投稿して自分のページにアクセスを集めても
フェイスブック側から報酬の還元される事はありませんでした。


それが「Tsu(スー)」なら報酬が還元される・・・という事で、


「どうせやるなら今はフェイスブックよりTsu(スー)だ!」


的な風潮を、多くの情報起業家系の人達は作り出したいみたいです。


確かにフェイスブックは今やビジネスに活用するには窮屈になりましたので、
今は規制などもユルユルな「Tsu(スー)」に人が集まった方が、
SNSを軸にマーケティングをしたい人には都合が良いのかもしれません。


あと、「Tsu(スー)」には自分が「Tsu(スー)」に紹介した人からも
紹介者として報酬を受け取れる仕組みや、更にその紹介者からも
2ティア、3ティア、4ティア的な報酬を得られる仕組みもあり、


「今からたくさんTsu(スー)に人を紹介しておけば…」


的な感じで、不労所得を夢見る人達が、
やっきになって「Tsu(スー)」を紹介しているところもあるみたいです。


ただ肝心の「Tsu(スー)」自体には今のところ、
日本語対応で解説された報酬プランの解説ページや
サイトの利用についてのヘルプページなども存在しません。


つまり今、横行している情報の大半は
Tsu(スー)利用者のユーザー間の情報から派生したものだという事です。


要するにイマイチ信頼性に欠けるものだという事ですね。


実際、まだ「Tsu(スー)」からの報酬を
日本円で受け取ったという人もいないみたいですし、
今の段階でそこまで一生懸命このサイトを紹介したり、
記事を投稿したりするのは私的には「まだ早い」と思ってます。


「Tsu(スー)」に飛びつくのはまだ早い?


まあ、あらゆる観点で「問題の無いサイト」であればそれでいい話ですが
別に今、急いで登録してどうこうしたところで、
こういうサイトに「先行者利益」なんて実は存在しません。


よくよく考えてみてください。


ツイッターやフェイスブックで「○○万円稼ぎました!」とか言っていた
いわゆるこの手のSNSの先行者を名乗っていた多くの人達、、、。


今、何をやってますか?


変わらずツイッター、フェイスブックを利用して、
その第一線で稼ぎ続けているような人、普通にいますか?


いませんよね。


紹介者報酬やら2ティア報酬やらについても同じですよ。


例えば今はもう情報商材ASPとしては当たり前になったインフォトップ。


インフォトップも発足時は先行者利益、先行者利益と言われて
いち早く登録して2ティアを集めれば、
一生安泰の「不労所得」なんて言われていた時期もありました。


でもインフォトップの2ティアで実際に稼いでいる人、
ランキングなどを見れば分かりますが本当にタカが知れた金額です。


結局こういう紹介者報酬なんてそんなもんなんです。


自分が紹介したユーザーが多額の広告収入を稼ぐユーザーになるとでも?


そんな僅かな可能性に賭けて一生懸命ユーザーを集めるなんて、
「労力」と言う名の投資をして宝くじを買っているようなものです。


ビジネスの世界は運任せ、他力本願じゃまず上手くいきませんから。


そんな甘いもんじゃないって事です。


仮にこ「Tsu(スー)」というSNSが物凄く流行ったとしても、
今から始めている人の先行者利益なんてほぼ「無い」と思ってください。


後発組で始めていく人でも稼ぐ人は稼ぎますし、
「ビジネス」なんて本当にそんなもんです。


それこそ今、ツイッターやフェイスブックで稼いでいる人は、
ツイッター、フェイスブックがいざ流行ってから、
それこそ後発組で始めた人がほとんどだと思いますよ。


少なくとも「早く始めていた人」に有利な事なんて
何1つ無いんじゃないかと思います。


それはこの「Tsu(スー)」でも同じだと思います。


仮に今後「Tsu(スー)」がどんなに流行ろうと、
今、利用しておこうが流行ってから利用し始めようが、
稼げる人は稼げるし稼げない人は稼げません。


早く始めておけば先行者利益が・・・なんて、
このサイトを広めたい人達のただの「煽り文句」です。


そんな口車に乗せられてこういう目新しいサイトに飛びついていっても、
結局、何も得られず無駄な労力だけを使いますから気を付けてください。


「Tsu(スー)」は今後、本当に流行るのか。


まあ「そこそこ」は流行るのかもしれませんが、
私はツイッター、フェイスブックに並ぶことは無いと思ってます。


例えばコンテンツを作っていくだけで収入が入るサイトだと
「NEVERまとめ」などもそうですが、
こういうサイトはいざやってみればわかりますが
実際はそこまでまとまった収入を稼げるようなものでもありません。


結局、自分でブログなどを作って
アドセンス広告を貼っているのとさして変わらないわけです。


「Tsu(スー)」の自分のページにアクセスを集めるのと
自分のブログにアクセスを集める事の違いです。


実際、アクセスを集めないと稼げない事には変わりありません。


要するに「稼げるSNS」というような事を言われていますが
自分でブログを作って広告を貼っているのと、
そこまで物凄い大差があるわけではないって事です。


少なくとも私はそう見てますし、それが「現実」です。


今、その目新しさで人が集まっていますが
その現実が見えてくると結局そこで頭打ちになる気がします。


「稼げる」というところで集まった人達は
結局、稼げなければ離れていくわけで、
「楽しい」「友達と繋がれる」を前提に人を集めている
ツイッターやフェイスブックには適わないんじゃないかと、、、。


広告収入の9割を還元するという点も、
利用者にとってはありがたい話に聞こえますが、
運営者側は残りの10%のみでサイトを運営して、
サービスを提供していく事になります。


運営にかかる諸経費や人件費も全て、、、です。


それで優秀な技術者を雇えるのか。


質の高いサービスの提供を継続できるのか。


時代のニーズに合わせたサイト運営を継続できるのか。


広告収入をしっかりと事業として回せるフェイスブックに対し、
その10%しか事業に回せない「Tsu(スー)」。


あなたが「投資家」ならどっちに出資しますか?


私なら断然、フェイスブックですけどね。


以上が私の「Tsu(スー)」への見解です。


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

転売TRADER(前村健輔)レビュー

井上です。


ここ最近はYoutube、アフィリエイト系が
情報商材業界のトレンドらしく、
以前は様々な売れ筋商材が見られた


「せどり、転売系」


の情報商材を売上ランキングであまり見かけなくなりました。


そんな中、珍しく上位にランクインしていたのが
こちらの「転売TRADER」という教材です。


転売TRADER(前村健輔)

http://maeken2117.com/


転売TRADER(前村健輔)レビュー


店舗転売、電脳(ネット)転売、両方のノウハウと、
本やCDなどの王道的な「せどり」には手を出さず


・家電
・おもちゃ
・ゲーム



などに的を絞った転売教材で、
それなりに「基本」は押さえられていると思います。


ただザッとコンテンツを見ていって思った事は


「いまいちコレと言ったポイントが無いな・・・。」


というところでしょうか。


家電転売、おもちゃ転売、ゲーム転売で、
わりと「一般的な事」を丁寧に説明していると言う印象で、
いまいち「情報商材」としての強みは感じられませんでした。


まあ、王道的と言えば王道的なのですが、
これくらいの情報ならグーグル検索や
無料レポートを読み漁っても十分網羅出来るんじゃないかと思います。


少なくともこの「転売TRADER」は2万円ものお金を払ってまで
あえて手に入れるような教材内容では無いという印象です。


これから家電、おもちゃ、ゲームの転売をしようという人が
本当にゼロから他の情報源をシャットアウトして
これ一本で基礎から実践までを学ぶというならアリかもしれません。


ですが今はこの手の転売系のノウハウの情報は、
普通にググるだけでもかなりの情報が普通に出てきます。


無料レポートでも相当質の高いものが出て来ていますので
このレベルの「無難な内容」で24800円はちょっと割高ですね。


十分の一くらいの価格帯なら、
転売の基礎教材としてアリだったかもしれませんが
とにかく内容に値段が見合っていないという印象が否めません。


あと、いざこのノウハウの内容を読んでいくと
あえて本やCDのせどりノウハウを排除した理屈が
いまいち見えないというか、逆に排除した事に矛盾さえ感じました。


「そういう理屈なら本やCDのせどりでもいいのでは?」


と思うところもかなりありましたね。


本やCDのせどりノウハウを排除したのは単純に
「情報商材としての差別化」をしたかっただけなのかもしれません。


むしろこの「転売TRADER」の内容なら、
CDや本のせどり転売についても十分言及出来たはずですし、


・家電
・おもちゃ
・ゲーム



この辺りの店舗転売、ネット転売を推すなら、
本やCDのせどりも内容に含めてくれて良かった気がします。


まあ、それでもこの商材の切り口では、
2万円以上もの価値のある情報にはならないと思いますが


「転売の基礎を幅広く押さえた基礎教材」


的なものとしては、いっその事、
本、CDのせどり転売も含めて欲しかったですね。


実際にこれからせどりや転売を始めていく人にとっては、
やはり本やCDのせどりは手を出し易いジャンルですから、
そこをあえて外すメリットは私は無いと思います。


「本やCDのせどりは競合が多いから」


みたいな理屈もあるのかもしれませんが、
今や転売業界はどの市場を見ても競合はあります。


むしろ「競合を前提」としてどう稼ぐか。


そこがせどり、転売の重要なポイントではないかと思います。


その辺をむしろ「逆手」に取っているのがこのノウハウですね。

>次世代せどり、転売メソッド「せどりインサイダー」


まさに「競合」をそのまま逆手に取り、
より利益を伸ばしていく事が出来るノウハウとしては、
このせどりノウハウは“秀逸”かと思います。


この「せどりインサイダー」の登場依頼、
せどり系、転売系の情報商材は何を目にしても、


「せどりインサイダーの無料マニュアルの内容にも及んでいない」


というのが実状ですね。


せどりや転売をやっている人ほど分かりますが
やはりこの内容の「インパクト」は大きいと思います。


その有効性は「理屈を理解するだけ」で十分に見えてきますから。


本当に下手な転売系、せどり系の情報商材なんかより、
こちらの無料版マニュアルの方がよほど価値があります。

>>「せどりインサイダー」無料版はこちら


まずは一度、読んでみてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

使える?YouTube Optimizer(花岡宏明)レビュー

井上です。


インフォトップのランキングの方で、
Youtube系のツールが目に付いたので取り上げておきます。


こちらですね。


YouTube Optimizer

http://youtuber-jp.info/yo/index.html

YouTube Optimizer(花岡宏明)レビュー



「Youtubeでアクセスを集める方法を完全暴露」という事で、
セールスレターはほぼ「動画」で作られています。


5分くらいの動画なのでこの「YouTube Optimizer」が、
どういうツールなのかは見て頂ければほぼ分かると思います。


要するに「Youtubeの動画投稿を手軽に出来るツール」ですね。


実質的にはそれ以上でもそれ以下でもありませんので、


「Youtubeでアクセスを集める方法」


とは、ちょっとかけ離れている感じは否めません。


ただ「YouTube Optimizer」の理屈として、
投稿したYoutube動画が投稿されていく「流れ」は、


・Youtube、Google検索からのアクセス
・関連動画からのアクセス



この2つが基本であり、この2つを押さえる為に、
最適なキーワードを散りばめた「説明文」と
タグを手軽に自動生成してくれるというツールになります。


投稿したYoutube動画が再生されていく流れについては、
まさにその理屈通りでこれに間違いはないと思います。


ただその上で提唱されている、


・説明文のキーワード対策と関連動画対策
・タグの自動生成



この2つがアクセス数を伸ばしていく事に有効なのかと言えば、
私的には「ちょっと微妙かな。」と感じています。


「YouTube Optimizer」の理屈では、
この2つがアクセス回数を伸ばす事に繋がるとしていますが、
これは要するにこの2つの対策によって


・Google、Youtubeの検索に強くなる(上位に表示される)
・関連動画への表示率が高くなる



という事を言っていることになりますが、
これに関して「そうでもない。」というのが実際のところです。


まずこれが「YouTube Optimizer」で作り出せる説明文です。


↓↓↓




一番上の【限定プレゼント】のリンクは
自分がアクセス誘導をしたい
オプトインページ等のリンクを貼るポイントとなり、
それ以下の説明文が言わば


“キーワード対策と関連動画対策を施した説明文”


として「YouTube Optimizer」が自動生成してくれるポイントになります。


まず【関連動画】の部分が事前に設定したキーワードに沿って、
再生回数の多い「人気動画」のリンクが自動生成される部分で、
これを貼り付ける事でその人気動画との関連性が高いとされ、


「関連動画としての表示率が上がる」


という理屈らしいのです。


ただまずこれが「有効な対策」と言える根拠はどこにもありません。


むしろ実際にYoutubeで動画を目にしている際、
そこに表示されている「関連動画」と「説明文」は、
私はそこまで深くは関係していないと考えています。


全く関係していない事は無いと思いますが
実際に「関連動画」として表示されている動画を再生しても、
動画の説明文は何も書かれていない動画がたくさん目に付きます。


要するに「説明文が無くても関連動画には表示される」という事です。


・・・となると、あえて人気の関連動画の情報を
リンクごとそこに貼る意味が本当にあるのか?という事になります。


むしろアクセスがそっちに流れてしまう分、
私は「損なのでは?」とさえ思ってしまいます。


少なくとも「説明文が無くても関連動画には表示される」以上、
そこまで説明文が重要視されていない事は明らかかと思います。


なので私はこの「関連動画を表示してURLを貼る」という機能自体、
実際はそこまで意味の無いものなのではないかと考えています。


続いて【関連キーワード】として、
ズラっと並んでいるものですが、
これが「YouTube Optimizer」曰く、
Youtube、Google検索からのアクセスを集める対策らしいです。


要するにこれで検索時に上位表示がされると、、、(苦笑)


これは考えるまでも無く「ありえない」と思います。


まずGoogleはこんな無意味なキーワードの羅列を評価しません。


これは普通に考えればわかると思います。


で、このYoutubeの運営元はどこですか?


ご存知の通り「Google」です。


つまりYoutubeのキーワード検索も、
ある程度はGoogleのアルゴリズムが導入されているわけで、
当然こんな無意味なキーワードの羅列を評価してくれるわけがありません。


現にこんなキーワードが羅列している動画が
Google、Youtubeの検索上位にバンバン来ているかと言えば、
ほとんど来ていませんので、これもあまり意味が無い対策だと思います。


要するにこの「YouTube Optimizer」で自動生成出来る
検索対策、関連動画対策を施したとされる「説明文」自体、
実際のところ何の意味も無いものなんじゃないかという事です。


タグについてもYoutubeではどこまで重要視されいるかも不明で、
これはGoogleの検索エンジン対策と同じようなものかと思いますね。


現に「YouTube Optimizer」の動画でも
タグについては一切触れていないので
ツールの販売元自身もあまり明確な事はわかっていないのだと思います。


ただ詳しく言及していた説明文の方も、
あまり有効性があるとは言えないものなので、
私的にはこの「YouTube Optimizer」は、
ちょっと価値の感じようが無いツールかと思いました。


無料のツールとしてであればまだアリだと思いますが、
2万円というお金を支払うほどの価値はありませんね。


それこそ1万円以下で物凄いボリュームの
実際に「稼げる」コンテンツと情報共有環境を提供している、
こちらのプログラムと比較すると、
2万円でこのツール1つでは全くワリに合わないと思います。

>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム


やはりYoutube動画の投稿時に重要なポイントは


・タイトルとキーワード
・動画の内容(再生された動画の継続観覧率)



この2つが大きいと思います。


やはりYoutubeとしては「面白い動画」を優先して
ユーザーに見せていきたいわけですから、
動画の内容、すなわち「最後まで再生されているか」が、
何だかんだ言っても一番の判断基準になっていると思います。


再生されてすぐに消されているような動画は評価されません。


これはGoogle相手の本質的なSEO対策と同じ理屈ですね。


結局は「コンテンツ次第」だという事です。


説明文に関連する動画を貼ったり、
キーワードを羅列すれば再生回数が爆発的に上がるとか、
そんな事をやっていてもGoogle先生やYoutube先生は欺けません。


もっと本質的な事や先を見た戦略を施すべきだと思います。


こういうツールに頼っても駄目だって事ですね。


それでは、また。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

レビュー:アフィリエイター特化型リスト収集ブースターキット「リスト魂」大田賢二

井上です。


以前「配布型アフィリエイト戦略ツール【D-TOOL】」という、
再配布系のリスト収集教材をリリースしていた
株式会社オタケンの大田賢二さんが、
また似たような趣旨の教材をリリースされた模様です。


アフィリエイター特化型リスト収集ブースターキット「リスト魂」

http://lisdama.com/


インフォトップでは度々ランキングに入っていますが、
以前の【D-TOOL】同様、私的には、
こういった趣旨のツール、教材はちょっと・・・ですね。


まあ一応、取り上げておきたいと思います。

アフィリエイター特化型リスト収集ブースターキット「リスト魂」大田賢二



一応、販売者の大田賢二さんは、
わりと古株の有名アフィリエイターの一人かと思いますが
ここ最近はインフォトップのアフィリエイターランキングでは、
そのお名前さえも全く見かけません。


おそらく「アフィリエイター」としては、
もうあまり数字を上げる事が出来ていないんだと思います。


この手の名前を売ってナンボのアフィリエイターさんは
調子が良い時はどんどん実績を前に出しますが、
それを維持できなくなった時は苦しいですね。


実際に「以前は有名で稼げていたアフィリエイター」さんが、
急にランキングから名前を非表示にする事はよくあります。


あの人やあの人・・・


以前はバンバン実績を前に出して、
アフィリエイターランキングにも名前を出していた人が
今はランキングに名前さえも表示していないケースは
本当に「よくある」んですね。


試しにでも思い当たる有名人の名前を
ランキングの中から探してに見てみたらいいと思います。


たぶん、以前はよく見かけた大半の人は名前さえ出てきません。


まあ、実際はそこそこ稼げているんでしょうけど、
全盛期、実績を大々的に謳っていた時に比べると、
遥かに実績が低迷している為、表に名前を出せないわけですね。


それならいっその事「非表示」にして、
全盛期の過去の実績をこのまま謳い続けよう・・・となるわけです。


私はもともと実績を全面に出してのブランディングはしていませんし、
主要ASPもインフォトップとアドモールで分散していますので
インフォトップのAFランキングに名前を出したところで
報酬額100~200万円代の10~20位あたりですから


「あまり意味が無い」


と思い、とくに名前は表示はさせていません。


どうせランキングに名前を出すならトップを狙いたいですから。


ただASPの機能性的にアドモールの優位性も大きいので、
インフォトップ一本化でランキング上位を狙うより、
アドモールとの分散で活動した方がメリットが大きいんですね。


対して多くの有名どころのアフィリエイターさんは、
インフォトップさんに特化して活動している人が多いので、
ランキングから名前を消した時点で、
単純に実績が低迷しているという見方が正しいと思います。


今回の「リスト魂」の大田賢二さんは、
まさにその傾向にあるアフィリエイターさんの一人かな、と思います。


もうアフィリエイターとしてはいまいち結果を出せていない、、、


そういう状況になってインフォプレナー活動にシフトする人も多いので
大田賢二さんはどうもそれっぽい感じがしますね。


現にこうして売り出している「リスト魂」は、
コンセプト、趣旨、いずれもあまり賛同出来るものではありません。


「ランディングページを用意しました」

「配布出来るツールも用意しました」

「ステップメールのテンプレートも用意しました」



イコール、これがあれば誰でも稼げます!的な
メルマガアフィリエイト系の情報商材・・・。


もうこういうものはいい加減、辞めて欲しいというのが私の意見です。


そもそもこういう手法、やり方では稼げないと思いますし、
そもそもメルマガアフィリエイトはそういうものじゃないんですよね。


当の大田賢二さんも実際、そのランディングページで
この「リスト魂」で提供しているようなツールを配布して
そのステップメールを使ってそこまで稼げているのかと言えば、
実際のところ、決してそうではありません。


もしそれらで本当にバンバン稼げているなら、
絶対にこういうような売り方はしませんから。


そもそもこんなものに頼ろうという人が、
そのランディングページに集客が出来るかも疑問です。


「ランディングページを用意しました」

「配布出来るツールも用意しました」

「ステップメールのテンプレートも用意しました」



でも肝心な集客はやっぱり自分でするしか無いんです。


で、その肝心な集客を自分でするというなら、
やっぱりランディングページもメルマガも自分で作るべきです。


その為のスキルを磨いてこそ稼げるのがメルマガアフィリエイトです。


そしてその為に必要なスキルことが私が重要性を常に強調している
コピーライティングというスキルなんです。


なので、私はこういう教材は基本的に否定的な見方しか出来ません。


メルマガアフィリエイトの本質に沿っていないと思うからです。


あとは「ランディングページ」「ツール」「ステップメール」、
これらが本当に価値があって、反応が取れるものなら、
それをそのままフルセットにして、
不特定多数の人に提供しようとは絶対に思いません。


要するに「そのレベルのもの」でしか無いという事です。


そういうものにお金を払う価値があるかと言えば、、、
私は「無い」と思います。


実際、そこまで配布されて価値のあるツールでもありません。


今やほぼ同じものが幾らでも無料で手に入る時代ですので、、、。


このレベルのツールを一生懸命配布している時点で、
微妙にしか思われないだろうというのが私の見解ですね。


それでは、また。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ