レビュー:5pointsプログラム。ノウハウコレクターリベンジマニュアル(有本ルミ子)

井上です。


色々な意味でちょっと目を引いたので、
こちらのアフィリエイト教材の方を取り上げておきます。


5pointsプログラム。月収20万円稼ぐ5つの柱を構築して
安定的に月100万円を稼ぎ続けるノウハウコレクターリベンジマニュアル


http://www.mmmagic.jp/5points/infotop.html


商品名、なが(笑)


これも目を引いたポイントの1つなのですが、
何より「セールスレター」がチープ・・・。


でも何故か売上ランキングは上位入り。


そんな感じで逆に興味を持ったので購入してみました。

レビュー:5pointsプログラム。ノウハウコレクターリベンジマニュアル(有本ルミ子)


まずこの5pointsプログラム。


グーグルで商品名検索をする限り、
もともと横繋がりが豊富な販売者さんみたいですね。


明らかに身内の絶賛っぽいレビューがたくさん見受けられます。


売れているのはそのせいでしょうか。


内容(概要)としては「5つの柱」として、


・Facebookを利用したアフィリエイト

・PPCアフィリエイト

・グーグルアドセンス

・情報販売

・情報商材のメルマガアフィリエイト



この5つのノウハウをそれぞれ別々のマニュアルで解説しています。


各ノウハウに繋がりが全く無いというわけではありませんが
基本的には全く別の5つのノウハウを学べると捉えて問題ありません。


要するに上記のような5つのノウハウを学べる教材を
個別で5つ購入するという感じになります。


だいたい1つのマニュアルあたり70~90ページくらいで、
印象的にはいずれも「初心者向き」という感じですね。


そこまで深堀はせずにポイントを押さえて、


「これはこれさえやっておけば結果は出ますよ。」


的なスタンスで淡々と書かれている感じです。


全体を通して私的に「良」と感じたのは、


“キーワードの考え方、捉え方、戦略”


でしょうか。


アドセンス、PPCあたりのこのポイントは
初心者には即戦力になるノウハウだと思います。


ただそれ以外のポイントを含めて総合的に批評するなら、
ちょっと「表面的過ぎる」という印象がありますね。


なので、一通りのノウハウを一度通過しているような人や
ある程度やっている人からすると、
あわりと「当たり前の事」しか書かれてない印象を受けると思います。


まあ、1つ1つのマニュアルは初心者向けですし、
教材そのものは初心者に向けて作られているんだと思います。


ですが、この「5pointsプログラム」「5pointsプログラム」を、
初心者の人に推奨出来るかと言えば・・・正直ちょっと微妙です。


これはあくまでも私の考えになりますが、
私は初心者の人はあまり手を広げ過ぎずに、
1つ決まったノウハウをしっかりと学んでいって
ひとまずはその土俵で結果を出していくべきだと思っているので
やはりこういう「色々なノウハウを学べる」系の教材は、


「初心者に推奨出来る情報商材です!」


とは、どうしても言えません。


大抵、あれこれ色々なノウハウだけを
先立って頭に詰め込んでしまったような初心者さんは
どれも中途半端に終わってしまう傾向にあるからです。


ちょっとでも壁にぶつかったり思うようにならない事があると、


「やっぱりこっちにしよう。」


と別のノウハウにシフトしてしまうんですね。


実際はそういう段階からの「試行錯誤」が重要なわけで、
なまじ色々なノウハウを頭に詰め込んでしまうと
どうしてもその「逃げ道」が常に見えてしまうので、
その「試行錯誤」を避けて次々と他の道に行ってしまうわけです。


それが私が初心者の人がこういう教材を手にして
あれこれ複数のノウハウを学ぶ事に反対する理由です。


まあ人によっては


「一通り色々なノウハウを学んで
 自分に合ったノウハウをやっていけばいい」



みたいな事を言っている人もいますが、
それは私は「学ぶ以前」の段階で判断すべきだと思います。


表面上、そのノウハウが「どういうものか」くらいは、
本格的に情報商材等を買って「学ぶ」前の段階で
ネットで検索して出てくる情報で判断出来ると思うんです。


その情報を見て「自分にも出来そうだ」と思ったものや
「可能性を感じたもの」を本腰を入れて学んで
実践していけばいいというのが私の考えですね。


「まず一通り学んでやってみましょう。」


というような事を言っている情報起業家さんや
アフィリエイターさんは、それこそ
色々なノウハウを最初に売り付けたいからそう言ってるのでは?
と思ってしまうところもありますね。
(実際、そういうところも多分にあると思いますが)


そういうわけで、私はこの


5pointsプログラム。ノウハウコレクターリベンジマニュアル


は初心者さんにはあまりお勧めしません。


・Facebookを利用したアフィリエイト

・PPCアフィリエイト

・グーグルアドセンス

・情報販売

・情報商材のメルマガアフィリエイト



これらいずれかに興味があるものがあれば、
いずれか1つで「やってみたいもの」を選んで、
それに特化した教材で取り組んでいった方がいいと思いますね。


まあ、教材本体は \13,800とそこまで高額ではありませんので、
1つ1つのマニュアルは70~90ページくらいですから、
1編あたり4000円くらいだと思えば、
ちょっと割高ですが手っ取り早く基礎を学ぶにはアリな教材です。


まずはこの教材を指標にして、


「自分にどれが合っているか」


を見極めるという使い方もあるかもしれません。


ただ、それくらいの「見極め」目的の情報くらいは
実際のところグーグル検索だけでも十分に拾えます。


ですので、私的に推奨するとすれば、


これ以外の手法(物販アフィリやツイッターアフィリ)や、
このいずれかの手法で既に結果を出していて、
丁度、別の手法にも手を広げようと思っているような中級者層以上の人。


そういう人が購入してその基礎を手っ取り早く勉強して、
即席で「とりあえず取り組んでみる」というならアリかと思います。


教材そのものは全体的に言えば
価格に見合う以上の内容だと思いましたので、
初心者層には別の意味でお勧めする商材ではありませんが、
そんな中級者層以上の人なら活用する余地はあると思います。


「私、丁度そんな感じでした。」


という人は購入してみても良いかと思いますよ。


>5pointsプログラム。ノウハウコレクターリベンジマニュアル


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年9月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

続報。ランボーアフィリエイトカレッジは稼げない?(岩崎秀秋、安川等)

井上です。


半年くらい前に募集を行っていた
アフィリエイト系の高額塾


ランボーアフィリエイトカレッジ


が再度、塾生を再募集しているみたいです。


もう17期生にもなるのだとか・・・。


ランボーアフィリエイトカレッジ

http://rac358.info/17th/letter/r/17th/

セールスレターも前期からかなりリニューアルしてますね。


ただ基本的なカリキュラムの方は変わっていない模様です。


一応こちらの塾については一度批評していますので、
大筋の批評はこちらの記事を参照してください。


>ランボーアフィリエイトカレッジが稼げない理由


一応、17期生の再募集という事で、
リニューアルあるされたセールスレターの方で、
更に気になったポイントなどを取り上げておきたいと思います。

ランボーアフィリエイトカレッジ(岩崎秀秋、安川等)レビュー


今回のランボーアフィリエイトカレッジ17期では、
いつものカリキュラムに加えて、
株式会社キャリアスコープの岩崎秀秋さんから、
かなり手厚い特典?らしきものが提供されるみたいですね。


ただこのランボーアフィリエイトカレッジは、
文字通り「アフィリエイト」の高額塾なのですが、
株式会社キャリアスコープの岩崎秀秋さんは
どちらかと言うとアフィリエイトを畑にしている人ではありません。


せどりや転売で実績を伸ばして、
そこからせどり系の情報商材を売っていたような方のようです。


要するに「インフォプレナー」ですね。


一応セールスレターの方には岩崎秀秋さんの実績も掲載されてますが
インフォプレナーの累計報酬が2000万円くらい。


アフィリエイトの実績については800万円くらいのようです。


アフィリエイト歴3年という事ですから、
アフィリエイトでの年収はに関して言えば、
200~300万円程度という事でしょうか、、、。


月収で言えば20~30万円というところですね。


勿論、アフィリエイトで年収200~300万円は立派ですが、


「個人コンサルのコンサルフィーが100万円」

「教え子がアフィリエイトで月100万円以上がゴロゴロ」



というのは「ん?」と首をかしげたくなりますね。


アフィリエイターとしての実績としては、
月収20~30万円くらいの人が
何故、月収100万円以上の教え子をゴロゴロ育てられるのか。


そもそもアフィリエイトと言う分野に関しては
100万円のコンサル料を取るほどの
実力も実績も無いのではないですか?と思います。


あと、こんな事も書かれてますね。


一度のアフィリエイトで300万円以上を軽く稼ぎだす私が、
メルマガでのアフィリエイト文章を徹底的にチェックします。



アフィリエイターとしての実績は、
どう見ても3年間のアフィリエイト歴で、
累計800万円ほどとしか見受けられませんが、
どこでこんな実績を出したんでしょうね、、、。


ちょっとこの辺りは実績の画像と
言っている事に大きな矛盾を感じますので、
あまり真に受けない方がよさそうです。


ランボーアフィリエイトカレッジ更なる疑問。


あと、こちらも「どうなんだろう?」と思ったところです。


万が一稼げなくても奥の手がありますのでご安心ください。


下記、セールスレターそのままの引用文です。


ランボーアフィリエイトカレッジのノウハウを
しっかりと実践していればあり得ないことですが
もし万が一、カリキュラムを実践したのにも関わらず
稼げないなんてことがあっても奥の手があります。

「自己アフィリエイト」とかつまらないものなんがではなく、
しっかりとしたビジネスノウハウです。

これは長期的に大きく稼ぐためのノウハウとはずれますが、
短期的に、どんな初心者の方も
月100万円を稼いだ実績者さえもいるノウハウもあります。

それはスマホやiPadでも実践可能で、
あきれるほどにシンプルで簡単なノウハウ。

20分程度で作成した無料のアフィリエイトブログに
ある場所へ文章を投稿し、
ターゲティングに合った莫大なアクセスを集める というもの。

これは稼ぎのノウハウの一例ですが、
1日10分これを行っただけで初月7万円、
1日30分で30万円 を得た方もいるようなアフィリエイトノウハウです。

この業界においてネットビジネスを長く実践してきた安川は
短期的にはなりますが、そのような即効性のある稼ぎのノウハウなども
いくつかお教えすることができますのでご安心ください。


なんですかね、これ(笑)


といーか、こんな方法があるなら、
まずそれを教えてくださいよ、、、という人も
普通に多いんじゃないでしょうか。


20分程度で作成した無料のアフィリエイトブログに
ある場所へ文章を投稿し、
ターゲティングに合った莫大なアクセスを集める



これで月100万稼ぐ人もいるらしいです(笑)


何故、これを基本のカリキュラムに入れず、
「奥の手」として濁しているのかがイマイチわかりませんね。


以前のレビューでも取り上げた通り、
私としては全く魅力の感じないツールの一式と、
何を軸にしたいのかわからない多岐に渡るカリキュラム・・・。


「初心者向け」を謳っていますが、
やはり私にはこのランボーアフィリエイトカレッジが
初心者向けのアフィリエイト塾には思えません。


その辺りの理由の詳しいところは、
以前のこちらのレビュー記事を参照してください。


>ランボーアフィリエイトカレッジが稼げない理由


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年9月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

批評。最新型ノウハウ!「30ミニッツ・スマホアフィリエイト」原田陽平

井上です。


スマートフォン系のアフィリエイト教材が
インフォトップのランキング上位に出てましたので、
取り上げておきたいと思います。


こちらですね。


最新型ノウハウ!「30ミニッツ・スマホアフィリエイト」

http://www.shin-smartaf.com/affiliate/open/


販売元は情報商材業界では
多ジャンルの情報商材の販売を手掛けている
株式会社ラブアンドピースさんで、
ノウハウ提供者は原田陽平さんとなっています。


株式会社ラブアンドピースさんの情報商材は、
正直あまり評判がよくないものも多く、
私も比較的辛口レビューをしてきた教材が多いのですが、
一応、そういう先入観を抜きに批評しておきたいと思います。

最新型ノウハウ!「30ミニッツ・スマホアフィリエイト」


内容を見た限りの率直な「感想」としては、
評価できるポイントと「う~ん」というポイント、
双方向、どちらもあるという教材ですね。


まず「う~ん」と思ってしまうポイントは、
やはり「セールスレターとのギャップ」ですかね。


これはもう株式会社ラブアンドピースさんの教材では
ほぼお決まりのパターンと言ってもいいと思います。


突っ込みどころは結構あるのですが、
株式会社ラブアンドピースさんの情報商材で
とにかくいつも思うのは、


「そのモニター(実践者?)さんの声と実績、本物!?」


というところです。


セールスレターにはところ狭しと、
そのモニターさん?の声みたいのが並んでますが
そのノウハウの内容を見る限りでは、


「どう考えてもこのノウハウで、
 こんな金額をこんな期間中に初心者の人が
 バンバン稼ぐの、絶対無理でしょ!」



と思ってしまうような実績ばかりです。


要するにこのモニターさん達の実績は
まず「真に受けない方がいい」って事ですね。


このモニターさんの声、実績的なものは
ラブアンドピースさんの教材には決まってあるのですが
私はほぼ決まって同じ疑問を抱いている気がします。


私が素直に実践していったとしても、
到底こんな実績は無理!と思うような実績が
あたかも簡単に稼げたかのように書かれているんです。


そもそも、そのモニターテスト的なもの自体、
本当にやったの?という感じですからね。


現に私のメールフォルダには
この原田陽平さんという人のメルマガが届いていましたし、
株式会社ラブアンドピースさん関係の
アフィリエイト系教材を買った事もあるので、
そういう案内があってもおかしくないはずなのですが
私の認識している限りではこのような
スマホアフィリ教材のモニター募集は一切ありませんでした。


何にせよこの辺りの「モニター実績」や「感想」などは
かなり盛りに盛られたものだと思ってください。


あと、セールスレターの方ではノウハウそのものが
かなり簡単、手軽に楽々稼げるような印象になってますが
実際にやる事は結構大変というか簡単ではありません。


1日30分でサクサクと・・・という感じではありませんね。


ただそれだけにきちんとやれば、
情報商材代金くらいの回収は出来ない事もないと思います。


一応、スマートフォンのアフィリエイトノウハウとしては、
私も勉強になった内容もあったのでそこは評価出来ます。


セールスレターの誇大広告はともかくとして、
価格に見合うだけのコンテンツとノウハウは
それなりに作り込んだものを提供してもらえる教材です。


ですので、月5~10万円くらいをイメージして、
1日1~2時間以上は本腰を入れられる覚悟があるなら、


「スマートフォンユーザー向けのアフィリエイト戦略」


という視点でチャレンジしてみても良いかと思います。


>最新型ノウハウ!「30ミニッツ・スマホアフィリエイト」


ただ、とにかくセールスレターのモニター実績、
その感想などは一切アテにしない事と、
簡単、手軽、楽に稼げるという印象は捨ててください。


そこだけは要注意です。


純粋にスマートフォンユーザーに特化した
アフィリエイト戦略とノウハウを学べる教材としては
価格に見合うコンテンツを提供してくれていると思いますので、
そういう教材に15800円を払うというならアリかと思います。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年9月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

辛口批評。扇動マーケティング(だいぽん)株式会社GRASP 濱田大輔

井上です。


以前からレビューしようと思っていて、
ちょっと後回しになっていた教材がありました。


こちらの「扇動マーケティング」という教材です。


扇動マーケティング

http://afr9.net/sendou/letter/


アフィリエイターの「だいぽん」さんこと、
濱田大輔さんのマーケティング教材で、
比較的ロングヒットしている教材の1つではないかと思います。


この「扇動マーケティング」は、
有名なアフィリエイターさんもプッシュしているせいか、
私のところにも質問や相談が度々来てました。


その中でちょくちょくあった相談が
私のアフィリエイト倶楽部の参加条件教材である、


Copyrighting Affiliate Program


との比較というか、違いというか、
ザックリ言うと「どっちがいいんですか?」的な質問です。


どっちがいいか?と聞かれれば、
私は現にCopyrighting Affiliate Programをプッシュして
扇動マーケティングは取り上げてもいなかったわけですから、
当然その回答は


「Copyrighting Affiliate Program」


と答えていたのですが、一応その際には
幾つか理由や比較のポイントも添えていました。


今日はその「Copyrighting Affiliate Program」との
「比較」という観点で「扇動マーケティング」を取り上げてみます。

扇動マーケティング(だいぽん)濱田大輔 レビュー


まずこの「扇動マーケティング」を単体で批評するなら、
多くのアフィリエイターが推奨しているだけあって、
ネットビジネス初心者は初心者なりに、
経験者や中級者はその人なりに学べるポイントはあると思います。


その価格を「度外視」するのであれば、
十分に価値を感じられる教材と言って差し支えありません。


少なくともインフォトップのランキング実績を見る限りで、
月収200~400万くらいを推移しているとみられる、
著者の「だいぽん」さんより「稼げていない人」であれば、
確実に学べるポイントは出てくるであろう教材です。


私は丁度アフィリエイターとしての実績は同じくらいなのですが
まあ、それなりに「おっ!」と思えるポイントがある内容でした。


それこそ「Copyrighting Affiliate Program」や
コピーライティング教材「The Million Writing」、
あとは「ネットビジネス大百科」あたりが“無ければ”、
この「扇動マーケティング」を推していたかもしれません。


でも、こうして名前を挙げた


・Copyrighting Affiliate Program
・The Million Writing
・ネットビジネス大百科



あたりと比較してしまうと、
価格も考慮すると私は上記3つの教材より、
この「扇動マーケティング」が優れているとはちょっと思えません。


それぞれの


・著者と著者の実績
・サポート体制
・価格と販売条件



この辺りを一通り比較してみると、、、


扇動マーケティング
・著者     :だいぽんさん
・著者の実績  :月収200~400万くらい
・サポート体制 :無し
・価格と販売条件:3万円(保証無し)

ネットビジネス大百科
・著者     :和佐大輔さん、木坂健宣さん
・著者の実績  :現在の実績は不明
・サポート体制 :無し
・価格と販売条件:1万円(保証有り)

The Million Writing
・著者     :宇崎恵吾さん、師匠某氏
・著者の実績  :年収5億円
・サポート体制 :無し
・価格と販売条件:3980円(無条件保証)

Copyrighting Affiliate Program
・著者     :宇崎恵吾さん、師匠某氏
・著者の実績  :年収5億円
・サポート体制 :メール&スカイプコンサル、添削サービス
・価格と販売条件:9800円(保証有り)


と、こんな感じになるのですが、
扇動マーケティングはネットビジネス大百科、
Copyrighting Affiliate Programと比較しても
3倍にあたる3万円という価格帯で公開されています。


そのわりに保証もサポートも無いという強気な販売体制。


でも実際のところ比較対象の2商材に比べて
3倍の価値があるかと言えばそうでもありません。


仮に価格が同じだとして、ようやく
人それぞれの好みによっては
扇動マーケティングを選ぶ人がいるかな?というくらいです。


でもそこに保証体制やサポート体制を加えると、
Copyrighting Affiliate Programの方とは
ほぼ比較のしようもないくらいの差が付いてしまいます。


むしろ教材の内容のみで言えば扇動マーケティングは
The Million Writingに劣るというのが私の批評です。


まあ、これは好みによっても分かれそうなところですが、
実状として扱っているテーマは近い教材なんです。


他のアフィリエイターさんのレビューなどでは
扇動マーケティングはコピーライティングの教材では無いとか、
人を誘導(洗脳)する文章の書き方が学べるとか、
そのような趣旨のレビューを良く見かけますが
私はれっきとしたコピーライティングの教材だと思います。


そのセールスレターを読んでも
扇動マーケティングはコピーライティングを否定して、
それとは違うもののような演出をしていますが
これはもう定義をどう定めるかの違いで、
私なりの定義で言えば扇動マーケティングは
普通にコピーライティングの教材だと捉えています。


文章で人を動かす文章のスキルとテクニック。


私はこれを「コピーライティング」と位置付けているからです。


The Million Writingなどは完全にその為の教材ですし、
むしろそれ以外の事は書かれていないと思います。


人の心の動きに作り、その流れに沿った文章を書いていくスキル。


これが扇動マーケティング、The Million Writingで学べる内容です。


ですので、扱っているテーマはほとんど一緒なんですよ。


となるとこれはほとんど同じ土俵での勝負になるのですが、
そうなると3980円という価格で無条件保証が付いた
The Million Writingと3万円で保証無しの扇動マーケティング。


価格と内容だけを比較しても扇動マーケティングに
「9倍の価値」は無いと思います。


仮に同じ価格帯で比較しても、
私はThe Million Writingの内容の方がしっくりきます。


まあ、私の場合はThe Million Writingを先に読んで
その後に扇動マーケティングを手に取ったせいもあるかもしれません。


ただ教材の形式にも私の評価が反映しているところがあります。


というのもThe Million WritingはテキストのみのPDF教材で、
扇動マーケティングは音声&動画がメインの教材で
一応PDFも付いてますがこれはほぼ補足資料的なものなので、
実際のお勉強はその動画と音声でする必要があります。


私的にはこの時点で教材としては手抜き感を感じてしまうんですよね。


情報商材業界では「動画教材」というところを
無駄に持てはやす起業家やアフィリエイターさんがいますが
動画教材って私からすれば物凄く学びにくいコンテンツだと思います。


作る方は実際、動画の方が簡単なので、
「売る側」はその都合で動画教材をもてはやしますが、


「どっちが物事を的確に学びやすい形式か」


と言えば、多少は人によるところもあるでしょうけど、
総体的に言えばこれは確実に「テキスト」だと思います。


でもテキスト教材って「誤魔化し」が効かないので、
こういうコピーライティング系の教材は、
大抵、動画や音声で内容を誤魔化している傾向にあります。


勢いに任せて音声やセミナー形式でなら口頭で話せても、
いざそれを文字に起こして「体系化しろ」と言われたら、
それが「出来ない」という人が多い分野だからです。


あとは単純にそれが大変だからやらないかどちらかですね。


その点、The Million Writingはその体系化が難しい、
本当に実力がある人しか出来ない
コピーライティングという分野のスキルとテクニックを
本当に見事なまでに体系化出来ている教材だと思います。


目次を引いて学びたいところをピンポイントに
何度でも学べてプリントアウトしたものに
書き込みや赤線を引いていくような事も自由に出来ます。


その点でテキストの方が絶対に学びやすいはずなんです。


動画教材や音声教材ではそういう事が出来ませんし
「あの事を話していたのはどこだっけ?」と思っても
なかなかその部分を見つけ出せません。


それこそ人によっては動画や音声を見聞きしながら、
自分でメモを取ったりもするのではないでしょうか。


でもそれってもともとがテキストの教材なら
メモとか取る必要も無いわけですよね?


わざわざメモを取らせなければならない時点で、
もう既に教材としてまとまったないと思いますし
何より不親切だと思うんです。


とくに私はテキストで勉強したい方なので、
音声系、動画系の教材はその時点でかなりマイナスなんですね。


なので、私は断然コピーライティングの教材としては
扇動マーケティングよりThe Million Writingなんです。


そしてそのThe Million Writingが付属している、
サポート+コンサル付きのアフィリエイト教材が


Copyrighting Affiliate Program


です。


The Million Writingに加えて、
そのコピーライティングスキルを存分に活かせる
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を駆使した
アフィリエイト戦略の「テキスト教材」が付属してます。


更にそこへ


・宇崎恵吾さん、及び宇崎さんの師匠による記事の添削
・宇崎恵吾さんのメールサポート
・宇崎恵吾さんの師匠によるスカイプコンサル


これらを月額9800円で何度でも受けられます。


教材そのものは初月分の9800円を払えば全て手に出来て
それ以降は各サポートサービスを継続するなら
9800円を払い続ければずっとコンサルしてくれます。


不要なら初月で解約してもOK。


要するに教材一式自体は1カ月間のサポートサービス付きで
9800円のみで全て手に入るって事です。


この条件を踏まえて扇動マーケティングを推す理由、あります?


多少なりと「好みの問題」というところを含めても
3倍もの価格差とサポート体制と教材の形式を考慮すると、
扇動マーケティングを選ぶ理由は無いというのが私の意見です。


まあ、それでも「だいぽんさん」という人の
ビジネススタイルや文章が大好きという人であれば、
そういう人の動画講義がしっくり来るのかもしれません。


そこも含めて3万円という価格ですので、
それで納得できる人は購入しても良い教材かと思います。


ただ私の率直な意見はもうここまででお伝えした通りです。


あとはThe Million Writing、
もしくはCopyrighting Affiliate Programの
レビュー記事もそれぞれ読んでみてください。


The Million Writingのレビュー

Copyrighting Affiliate Programのレビュー


更にCopyrighting Affiliate Programには、
私のアフィリエイト倶楽部の特典一式も付けてますからね。


井上太一アフィリエイト倶楽部


こちらも是非、ご覧になって見て頂ければと思います。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年9月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

微妙です。池本式オンラインセールス実践会(池本太郎)レビュー

井上です。


最近のアフィリエイト教材のトレンドは一周回って
メルマガアフィリエイト系の教材になってるみたいですね。


入れ替わり立ち代わりでメルマガアフィリエイト、
リストマーケティング系の教材がランキングに入ってきてます。


でも・・・どれもこれもちょっとメルマガアフィリエイト、
リストマーケティング、DRMの本質とズレてるんですよね…。


今日取り上げるこちらもそんな感じの教材の1つです。


池本式オンラインセールス実践会(池本太郎)

http://iktr.jp/iknw_wb/han/

池本式オンラインセールス実践会(池本太郎)レビュー


以前も「STEP」という教材の方で取り上げた
ネット上での評判はあまりよろしくない
池本太郎さんという方のアフィリエイト教材です。

>STEP(シークレット・エキスパート・プログラム)


というより、今回の「池本式オンラインセールス実践会」ですが、
この「STEP(シークレット・エキスパート・プログラム)」と
一体何が違うんでしょうね、、、。


かたやSTEP(シークレット・エキスパート・プログラム)は
189800円という値段設定でかなり高額ですが
池本式オンラインセールス実践会は29800円という価格帯です。


でも、それぞれのカリキュラムや内容を見る限り、
どっちもそんな変わり映えが無い気がするんですけど・・・。


サポート体制?


まあ、違いがあっても無くてもどっちでもいいんですけど、
どっちにも共通しているのは、


「メルマガアフィリエイトの教材」


というところと、


「テンプレートをほぼそのまま使えば稼ます!」


と言っているところですね。


私からすると、この時点でメルマガアフィリエイトの教材、
DRMの教材としては既に論外なのですが、
とにかくここ最近のインフォトップのランキングでは、
こういう「コピーペースト系」「テンプレ系」の
メルマガアフィリエイトの教材が売れている傾向にあります。


でも、おそらくこういうメルマガアフィリエイト教材に
手を出している人達は99%は稼げないと思います。


逆に残り1%の稼げる人は、
そんな教材じゃなくても稼げた人達になるでしょうね。


要するに「教材」としての意味を成して無いという事です。


もう「コピーペースト系」「テンプレ系」の
メルマガアフィリエイトが何故稼げないのかは、
過去のこっち系の教材のレビューも併せて参照してください。


羽田和弘さんの完全放置塾改

メルマガZERO2期

STEP(シークレット・エキスパート・プログラム)


どれもここ最近のインフォトップで売れていた教材ですが
共通して「コピーペースト系」「テンプレ系」の教材です。


何度も言いますがメルマガアフィリエイト、
DRMで稼ぎたければコピーライティングのスキルは必要不可欠です。


「コピーペーストで稼げる」

「魔法のテンプレートを使えばOK」



こんな事を言っている時点でその教材は完全にNGですし、
当のご本人達は絶対にそんな事、してませんよ。


何だかんだでちゃっかりと自分で文章を書いて、
自分なりの文章でメルマガを送って稼いでますから。


これだけは間違いないです。


そもそもそんなテンプレート配信で稼げるなら、
そのテンプレートでメルマガ媒体を
どんどん量産すればいいじゃないですか(笑)


そういう視点で見るなら、


「ノウハウを提供する」


という人や教材と、


「稼げるテンプレートを提供する」


という人や教材とは全く趣旨が違いますからね。


ここ最近のメルマガアフィリエイト教材は完全に


「このテンプレートさえ使えば稼げます!」


的な感じになっているので、
この主張の時点で完全にいろんなところが矛盾してるんです。


でもそこにお金を落としていく人達が多いという現実・・・。


これがこの情報業界で情報を買っている人達のレベルなんですね。


それこそ先日、コピーライターの宇崎恵吾さんが書いていた
この記事なんかはその真理を的確に突いていると思います。


低レベルな情報弱者層にウケるコピーの書き方


この記事はホント全ての「情報弱者層」と呼ばれる人や
ノウハウコレクターの人達に読んで欲しいですね。


そして「気付いて欲しい」です。


本気でアフィリエイトやネットビジネスで稼ぎたいなら
コピーペーストで、とかテンプレートで、とか、
こういうものに手を出している時点で間違ってます。


そういうものに手を出す思考も悪いですし、
そういうもので稼げると思ってしまうビジネスセンスも悪い。


もっと本質を見極めて、しっかりと
「ビジネス」というものを捉えていくべきです。


池本式オンラインセールス実践会のような教材が売れ、
こういう教材を推奨しているアフィリエイターを見る度、
ホント、「やれやれ」と思ってしまいますね。


私のブログやメルマガを好んで読んでくれている人であれば、
もうこういうものがダメって事は分かってると思いますが
この業界にはまだまだそこに気付けない人が多いみたいです。


だからこそ「本当の事を言えるアフィリエイター」に
確実に需要があるんですけどね。


そういうところを目指したい人は一度、
私のアフィリエイト倶楽部の案内ページも読んでみてください。


井上太一アフィリエイト倶楽部


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年9月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

レビュー?コピペチェックExpressⅡ~プロ仕様の爆速ツール(株式会社ディーカム)

井上です。


ふとインフォトップの売上ランキングを見ていたら
このようなツールが目に入りました。


コピペチェックExpressⅡ~プロ仕様の爆速ツール

http://www.copycheck.jp/lp/


ザックリ言うと外注ライターに出して納品された記事が
コピーペーストで作成されていないかどうか、
それをチェックしていくというツールになります。


私は外注ライターなどは一切使った事もありませんし
使おうとも思わないのでは無縁なツールなのですが、


「こんなツールにも需要があるんだな~」


と思いましたので、ちょっと取り上げてみます。

コピペチェックExpressⅡ~プロ仕様の爆速ツール(株式会社ディーカム)


まずこのツールの批評については、


「コピペで書かれた記事が何故ダメなのか。」


の一点に尽きると思います。


私は一切「外注ライター」というものは使いませんので
その辺を脅威に感じる事も無いのですが、
もし外注ライターを使っているような人がいたなら、
確かにこのツールは「有意義」だと思います。


理由はそのままコピーペーストで書かれた記事を
未然に見つけ出していく事が出来るからですね。


事実、外注ライターにブログ記事の執筆などを依頼したなら、
その記事の大半がコピーペーストで書かれたものが
そのまま納品されるという事は普通に「ある」と思います。


そもそも私はそれ“も”嫌で外注ライターを使わないのですが、
私から言わせれば外注ライターなんてそんなもんだと思ってます。


コピーペーストの記事を納品されて当たり前。


仮にきちんと記事を書いてくれているとしても、
その記事のレベルは知れたもんでしょ?と思ってます。


だから私は外注ライターは一切使いません。


だって普通に考えれば絶対分かる事ですよね?


外注ライターって1記事100円とか200円とか、
そんな単価で記事を書いてくれる人達なんです。


どんなに「良い記事」を書いたって、
その報酬は変わらないんですから、
そんな報酬体制で記事を書くライターさんが、
必要以上に力を入れて良い記事を書くメリットがありますか?


むしろ、いかに手を抜いて「それらしい記事」を書いて、
それをサクサク納品していくか。


そこに力を入れるのが普通だと思います。


だって、時間をかけて頭を使って、
質の高い記事を納品していくメリットが何も無いんですから。


そんな外注ライターの性質を考えれば、
少なくとも私のブログ、メールマガジンのような


「ブランディング前提の情報発信媒体」


を運営しているアフィリエイターは、
絶対に外注ライターなどを使うべきではないと思います。


そんな外部のライターに記事を書いてもらう時点で、
もうそれは自分の意見でもメッセージでもありませんからね。


更にその記事も「手を抜かれる事」が前提になりますし、
手を抜かれないにしても「本気で書かれた記事」なんて
どう転んでも納品されるはずがありません。


そんな記事を投稿し始めたものなら、
どんどんブログの反応は落ち込んでいきます。


そしてそれが「コピペ記事」の連続だったら・・・。


検索エンジンからの評価もどんどん下がり、
最悪はスパム判定を受けてしまう事も考えられます。


ヤフー、グーグルからのアクセス0という自体を招くわけです。


これはもう完全に死活問題ですね。


なので、外注ライターを使っているような人は、
こういうツールの導入は確かにした方がいいと思います。


むしろ導入しないのは「危険」そのものですね。


まあ、私のようなスタイルでアフィリエイトをしている人は
そもそも外注ライターなんて使うなよ、、、という話ですが、
トレンド系のブログなどである程度収益化を図れているなら、
程度の良い外注ライターの活用は「アリ」だと思います。


ただそれは勿論、コピペ記事じゃない事が前提です。


トレンドアフィリエイトこそ、
検索エンジンからのアクセスが命ですから、
コピペ記事の連続投稿なんてもっての他ですからね。


コピペチェックExpressⅡ~プロ仕様の爆速ツール


ただ、私的に外注ライターにお金を払っていくなら、
こういう質の高い記事生成ツールを使っていった方が
経済的にも記事の質的にも良いのでは?と思います。


メインサイト専用リライトツール『メイン・サイト・リライター“MSR”』


このツールのリライト機能はかなり質が高いので、
下手にコピペ記事を納品されるデメリットを感じながら
外注ライターに毎月お金を支払っていくくらいなら、
このような質の高いリライトツールの方が
グーグルのスパム判定を受けない記事をしっかりと作ってくれます。


その反面、文章として読むと、どうしても
ちょっと違和感を感じてしまう事もありますが
それでもトレンド系のブログ記事であれば、
そこまで文章的な質に拘る必要はありません。


そう考えると私は外注ライターなどより、
先程のようなリライト記事生成ツールの方が


「検索エンジン対策」


という観点では「マシな記事」を投稿していけると思います。


あくまでも「マシ」のレベルなので、
実際は自分できちんと記事を書いていった方がいいんですけどね。


ライティング力(文章力)向上の観点でもその方がいいと私は思います。


まあ、それでも記事の量産を必要とするような手法を採用している人は
外注ライターを雇っていく方がビジネス的に効率性が上がるというなら
今回ご紹介している


「コピペチェックExpressⅡ~プロ仕様の爆速ツール」


などは有効性を発揮出来るツールだと思います。


私は経済面、リスク面、効率性的にも外注ライターを使うなら
こちらのようなリライト記事投稿ツールを推奨しますが。


メインサイト専用リライトツール『メイン・サイト・リライター“MSR”』


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧


タグ

2014年9月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

羽田和弘さんの完全放置塾改(移植式放置型セールスシステム)レビュー

井上です。


何かここ最近、メルマガアフィリエイト系の教材が
ちらほらインフォトップのランキングに顔を出しますね。


また新たなものが目に入ったので取り上げておきます。


完全放置塾改(移植式放置型セールスシステム)

http://完全放置塾.jp/sl/


販売元は数カ月前「パトリオットアフィリエイト養成学校」で、
高額なアフィリエイト塾を開催していた羽田和弘さん。


その時は30万円近い高額塾だったのが、
今回の「完全放置塾改」は14800円とかなりの落差がありますね。


パトリオットアフィリエイト養成学校については、
塾生募集段階で私なりの懸念点を批評したのですが、
いざ開催された後、その懸念はかなり的中したみたいです。


実際の参加者さんからちょこちょこ情報を頂いていますが
あまり良い結果は出てないみたいですね、、、。


私的には「何故うまくいっていないのか」は、
そのカリキュラムを聞いて一目瞭然なのですが、
今回の「完全放置塾改」もほぼ同様の懸念点が見受けられます。


その辺りも含めて批評しておきたいと思います。

完全放置塾改(移植式放置型セールスシステム)羽田和弘


まず「塾」の趣旨としては、
メールマガジンを利用したアフィリエイトが主体で、
メインとなる手法は私も実際に実践している、


DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)


を主としていくアフィリエイトノウハウとなっています。


ただこの「完全放置塾改」もそうなのですが、
ここ最近、インフォトップで売れ筋になっている、
DRM系、メルマガアフィリエイト系の情報商材は、
ほぼ決まってこういう事を謳っています。


・このテンプレートをそのまま使うだけでOK
・コピーペーストで稼げる
・ほったらかし(放置)状態で稼げる



・・・この時点でどうなの?という感じなんですが、
やはり初心者層の人などはこういう謳い文句に弱いのか、
こういう教材ばかりに貴重なお金をつぎ込んでいます。


でも、ハッキリ言いますがメルマガアフィリエイトや
DRMを主体にしている情報商材で、
こういう事を謳っているものは私的には全部「論外」です。


もう根本的な本質、原則を踏み外してるんですよね。


論外 = 稼げない


それどころか


論外 = 学べるものもほとんどない


これが情報商材としては一番のマイナスポイントだと思います。


もう私はこのブログやメルマガで何度も言ってますが
アフィリエイト、とくにメルマガアフィリエイトやDRMには、


「コピーライティング」


のスキルが必要不可欠です。


この辺りを置き去りにしている時点で、


・このテンプレートをそのまま使うだけでOK
・コピーペーストで稼げる
・ほったらかし(放置)状態で稼げる



こっち系の教材はもうハナから
購入者を稼がせる気が無んだと思いますね。


DRMやメールマガジンというものが何たるかを分かっていれば
絶対にそんな事は言わないと思いますし、
まず何よりコピーライティングの重要性を説くべきだと思います。


にも関わらず、そこに触れる事無く


・このテンプレートをそのまま使うだけでOK
・コピーペーストで稼げる
・ほったらかし(放置)状態で稼げる



こんな事を言う理由は1つしかありません。


要するにとくかく初心者層を「引っ掛けたい」わけです。


初心者に媚びた謳い文句を並べて売り込みたいわけですね。


コピーライティングとか文章が重要という事を言うと、
多くの初心者層は「じゃあ、自分には無理だ」と思いがちなので、
あえてその「真実」を告げずにこういう教材を売り込んでいるんです。


少なくとも私にはそうとしか思えません。


テンプレートのコピーペーストで、
本当にDRMやメルマガアフィリエイトで稼げると思いますか?


それこそ私はステップメール化したメルマガとこのブログで
今は月に200~300万円は売り上げてます。


ですが仮に私のメルマガをそのままコピペしてステップメール化し、
メルマガアフィリエイトを始めていったとしても、
その人はほぼ間違いなく「稼げない」と思います。


理由は簡単です。


それは私のメルマガは私が作った私のメッセージであり、
過去から今に至るリアルタイムなブログの更新状況を含めた上で、
それを見た人が「私のメルマガを読みたい」という意図で読者登録し、
そんな人に対して送っていくからこそ反応が取れるものだからです。


付け焼刃で私のステップメールだけを使って
どっかで集めてきたようなリストや
付け焼刃の無料レポートやLPで集めたリストに送っても
ハッキリ言ってほどんど反応は取れません。


過去から今にかけてのブログの更新状況と
こうして毎日積み重ねているリアルタイムな記事。


そこに私のメルマガが乗っかるからこそ反応が取れるものなんです。


要するに「反応が取れたステップメール」というものを
そのまま付け焼刃で利用しても売上には繋がらないって事です。


ましてそれを多くの人が同じようにやっていって、
その誰もが稼げるようになるほどネットビジネスは甘くありません。


結局この「完全放置塾改」に参加した人は
同じLPに対して同じ様な集客をして、
同じステップメールをばら撒いていく事になるんですから、
それで全員が稼げると思ってしまうような人は
ちょっとイチから「ビジネス」というものを見直すべきですね。


こういう空虚なメルマガアフィリエイトの教材や
中身の無いに等しいDRMの教材に
幾らお金を使って時間と労力を割いていっても、
ほぼ間違いなく結果が実る事はありませんよ。


メルマガアフィリエイト、DRMで稼ぎたいなら、
まずコピーライティングをしっかり勉強して
自分の文章で反応が取れる文章を書けるようになってください。


結局、それが一番の最短ルートなんです。


そしてその最短ルートを進みたいのであれば、
それこそ私のアフィリエイト倶楽部でも推奨している、
こちらのプログラムに参加する事をお勧めします。


Copyrighting Affiliate Program


コピーライティングのスキルを高めていくと共に、
リスト収集、リスト教育、セールスの仕組みを構築していく、
ダイレクトレスポンスマーケティングの教材ですが、
これこそが本当に王道的なメルマガアフィリエイトの手法でもあります。


余計な教材に手を出して余計な事をやればやるほど遠回りになりますよ。


実際、この業界はそういう「遠回り」を推奨する教材だらけですから。


初心者にはその「遠回り」が魅力的に見えてしまうからなんですけどね。


でも、いざ結果を出していく為にはビジネスの本質は避けては通れません。


そこにいつ気付くか、です。


先程のCopyrighting Affiliate Programにご参加頂ければ
連動して私のアフィリエイト倶楽部にもご参加頂けます。


井上太一アフィリエイト倶楽部


こちらも併せて是非、参加を検討してみてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年9月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

ツイッターアカウント大量凍結とTwitter Brain、フォローマティックの対応策。

井上です。


今日はツイッターについての情報です。

ツイッターアカウント大量凍結の一件について


つい先日ツイッター社の方から、


「大量のスパムアカウントを凍結・削除した」


という情報が公式発表され、
実際にかなりのアカウントが凍結、削除された模様です。


ツイッター系のツールを利用しているユーザーも
かなりの数のアカウントが凍結されたようですね。


この件については私が推奨しているTwitter Brainの販売元、
イーブックジャパンの佐藤さんからも、
Twitter Brain購入者向けのメールがきちんと来ていて
その対応策、現状等について詳しい情報が書かれていました。


私がTwitter Brainで稼動していたアカウントは
1つも凍結されていなかったので私は無傷だったのですが
Twitter Brain利用者の中にも今回の騒動で、
実際にアカウントが凍結された人もいたようです。


ただTwitter Brain利用者でアカウントを凍結された人には
ある程度、明確な共通点があるという事で、
その対応策もハッキリしているだけでに
Twitter Brainについては何ら問題は無いみたいですね。


現に私のアカウントは今もイキイキと稼動中ですし、
Twitter Brainを公開当初から利用している、
宇崎恵吾さんの公式アカウントなども普通に今も稼動しています。


そういう意味ではTwitter Brainは、
今回の凍結騒動の対象にはなっていないと考えて問題なさそうです。


対してネット上でも情報を収集していく限り、
打撃的に一番ヒドかったのは、
フォローマティックXYの利用者さんで、
これについてはほぼ「全滅」に近い状況みたいですね。


厳密に言えばフォローマティックYがまずいようで、
一度でもフォローマティックYを利用して、
自動リツイートを行った事があるアカウントは
全て凍結されたという声も実際に挙がっています。


ツイッター側としては自己所有しているアカウント間の
自動リツイートを「スパム行為」とみなした可能性があります。
(現状を見る限り、ほぼ間違いなくそうだと思います。)


フォローマティックYの自動リツイート機能に危険信号。


自動リツイート機能はフォローマティックが唯一
Twitter Brainには無い機能として備えていたものだけに、
こうなってしまっては何のメリットの無いツールになってしまいました。


というよりTwitter Brainはあえて
この「自動リツイート機能」のみを備えずに、
今回のようなリスクを回避していたのかもしれませんね。


ただこれはTwitter Brainの販売元である、
イーブックジャパン佐藤さんのメールにも書いてありましたが
今回、ツイッター側が行った一斉凍結対応は、
強いてTwitter BrainやフォローマティックXYなどの、
ツイッターツールを取り締まる目的では無いものと思います。


とくにそれらのツールで稼動されているアカウントが
全て凍結されているというわけでもありません。
(フォローマティックYはその傾向にあるみたいですが。)


これはツイッター社も公式発表をしている通り、
今回、取り締まり、一斉凍結の対象となったのは
あくまでも「スパムユーザーのアカウント」であって、
BOTやツールで運用しているアカウントというわけではありません。


この「スパムユーザー」の定義までは明確になっていませんが
決して「BOTユーザー等を全て凍結する」という意図ではないようです。


現に私や宇崎さんなどが利用している、
Twitter Brainで稼動中のアカウントは凍結されていませんし、
大半の利用者様はとくにそのような状況にはなっていません。


何よりツイッター側の目的が
BOT、ツールで運用しているアカウントを凍結させる事なのであれば
その大元のAPIアカウントの凍結を行えばいい話です。


ですが、私の元に届いている、
ツイッター倶楽部参加者様の情報を頂く限り、
Twitter Brain利用者の中でアカウント凍結を受けた人も
とくにAPIアカウントの方は凍結されてはいないと伺ってます。


要するにツールの稼動させているアカウントのみが
何らかの別の要因で凍結されている傾向にあるわけです。


今回のアカウント一斉凍結騒動の凍結基準。


よって今回の一斉凍結の基準は決してBOTや
ツールで運用していたアカウントを凍結させたわけでは無く


「大量のアカウントを所持しているユーザーの中で、
 その利用方法、活用方法に一定基準の問題がある
 所有者のアカウントのみ一斉凍結の処置を行った」



と考えるのが妥当な状況かと思われます。


これはメールでイーブックジャパンの佐藤さんも仰っていた通り、
その「一定基準」は大量保有している所持アカウントにおける、


・ブロック数
・スパム申請数



の累計数、またはフォロワー数に対しての比率で
機械的に線引きが行われたと考えて問題なさそうです。


傾向として大量のアカウントを所持していても、
その1つ1つのアカウントをしっかりと運用していた人や
一切の類似性等を排除してツールを利用されていた方などは、
とくに凍結等の処置は受けていない状況にあります。


逆に一括凍結の処置を受けた方のアカウント傾向としては
ややアカウントの利用状況に「手抜き感」や
多くの類似性が見られるアカウントを利用されている方に多いです。


この事から


「大量の“質の低いアカウント”を所持している利用者」


に対して、今回一括凍結の処置が行われた可能性があり、
その質の低いアカウントの大量所持行為がスパムとみなされ、
今回の一斉凍結の対象になったものと思います。


要するにその基準は、


“累計ブロック数、スパム申請数、またフォロワー数に対しての比率”


と考えるのが妥当かと思いますね。


少なくともツイッター社スタッフが
1つ1つのアカウントを目で見て確認し、
その凍結判断を行っているとは考えられませんので、
おそらくこの見解でおおよそ間違いは無いと思われます。


今後のアカウント凍結の回避対策。


よって今後のアカウント凍結の対処法としては、
やはり他のユーザーからの


・ブロック
・スパム申請



これらを受けないようなアカウントを作成していく必要があり、
それが最も合理的な対処法かと思います。


ただこれはTwitter Brainの取り込み機能や
マニュアルに記載されているアカウント作成のポイントを押さえ、
1つ1つ、きちんと類似性の無いアカウントを作成していけば、
必然的に回避できる要素と考えて問題ありません。


だからこそTwitter Brainユーザーの多くは
私を含め今回の凍結騒動では被害は極度に少なかったわけです。


それはもともとTwitter Brainを有効に活用すれば


・ブロック
・スパム申請



これらをほとんど受けないアカウントを
1つ1つきちんと稼動させていく事が出来るからですね。


これは根本的なツイッターマーケティングの原則でもある、


「質の高いアカウントユーザーを作成していく事」


に直結しているところかと思いますので
むしろ今後の凍結対策における「結果論」としては、


“凍結される = 他のユーザーに質の低いアカウントと見られた”


と判断して、それを1つの指標にすべきかと思います。


何にせよ、この部分はTwitter Brainをきちんと活用していけば
何ら問題なく回避していけるポイントの1つです。


逆にTwitter Brain以外のツールでは、
なかなか超えるのが難解なハードルが立ったかもしれませんね。


これはある意味Twitter Brainユーザーにとっては
大きなチャンスが到来したと、
前向きに考えても良いくらいの状況ではないかと思います。


既存の「数」にモノを言わせている、
古株の量産ユーザーが一気に姿を消した可能性もありますからね。


まさにTwitter Brainのポテンシャルを発揮して、
大きな成果を上げていけるのは「今」であり、
そして「これから」なのかもしれません。


このようなタイミングをマイナスに捉えるかチャンスと捉えるか。


世の中で大成功を掴む人は多くの人が臆病になっている時、
こういうタイミングで一気にアクセスを踏み込める人だったりします。


何にせよ、大きなリスクがあるというわけではありませんから、
既にTwitter Brainをお持ちの方はこれを機に一気に攻めていきましょう。


導入を検討されていた人は、まさに今が好機かと思います。


私のツイッター倶楽部の特典も含めて是非前向きに検討頂ければ幸いです。


Twitter Brainレビュー記事+井上太一ツイッター倶楽部参加案内


井上太一ツイッター倶楽部関連記事


井上太一ツイッター倶楽部、コンテンツ提供開始のご案内

タグ

2014年9月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ツイッター

奥村明久(みのごり)メルマガZERO2期<株式会社MTS>アフィリエイト

井上です。


「みのごり」さんこと、奥村明久さんの
メルマガアフィリエイトの教材(塾)が売れているようです。


メルマガアフィリエイトZERO2期(奥村明久)みのごり)

http://ma-dyn.com/dy7/t/


インフォトップでも度々ランキング入りしているみたいです。


58000円という価格帯的にも
実際に参加して批評しても良かったのですが
セールスレターを読んでちょっとその気も失せました。


その理由と併せて一応、批評していきます。

メルマガアフィリエイトZERO2期(奥村明久)みのごり)


まずこの手のメルマガアフィリエイトの教材や
塾などを謳うものがあった場合、
私は下記、2つのポイントに絞ってセールスレターを見ます。


1、読者リストの収集はどうやって行うのか
2、コピーライティングをきちんと学べる内容になっているか



私的に、この2つが腑に落ちないものの場合、
メルマガアフィリエイトの教材、塾としては、
お金を支払ってまで批評する価値も無い教材とみなします。


結局のところメルマガアフィリエイトは
上記2つのポイント「のみ」が重要だからです。


この観点で見るとこの「メルマガZERO」は、
いずれのポイントも完全に「スルー」している感じでした。


この時点で、私的にはもうメルマガアフィリエイトの教材としては
完全に「アウト」という判断です。


一応、セールスレターには「メルマガZEROで学べる事」として、
3ステップのカリキュラムが組まれているのですが
コピーライティンングの「コ」の字も出てきません、、、。


それどころか「文章を書く」という事について、
そこを言及している記述さえ全く見当たらないという有様です。


セールスレターでこの部分が完全にスルーされている時点で、
この「メルマガZERO」は私的には
もはや“評価にも値しない”というのが率直なところです。


メールマガジンのアフィリエイトで文章力、
コピーライティングより重要なものはありませんから。


その観点が既に「みのごり」さんこと、奥村明久とは、
完全にズレているみたいなので、
まずこの時点で「メルマガZERO」への興味は一気に削がれました。


ただそれ以上に私の興味を削いだのは、
下記の「読者リストの収集」についての記述です。


今回のメルマガZERO第2期では
最強のリスト収集ツールをご用意しました。

このツールを使うと他のアフィリエイターと、
競合しないリストが数千単位で獲得出来ます。

更に、リストを収集するだけでなく
数万円~数十万円単位の報酬を見込むことが可能です。


何か特殊なツールを付けてくれるのかと思い、
斬新なリスト収集の仕組みを手に入れられるならと、
この部分にのみ、ちょっと興味を持ったのですが・・・


非常に特殊なツールの為、
詳細をここで全てお伝えする事は出来かねますが…。


(苦笑)


何でしょうね、この理屈。


特殊なツールだから詳細を伝えられない?


どういうツールなのか、どういうリストを集めるのか、
どういう動作をするものなのかも教えられない??


これで逆に興味を膨らませてしまう人もいるのでしょうけど、
もうこの手口は低俗なノウハウやツールの常套手段です。


あえて詳細を伏せる事で興味を膨らませて、
とりあえず「申し込ませたい」んですね。


でもいざ蓋を開けてみるとガッカリさせられるというのが
こういう謳い文句で公開されているノウハウのオチです。


結局「たいしたものじゃないから」中身や仕組みを明かせないんですよ。


それが本当に「たいしたもの」なら、
むしろそここそ大々的にアピールしてナンボです。


まして「ツール」と言ってるんですから、


“こんな仕組みを自動化するツールです!”


と言われて、それが魅力的なものなら、
それこそ多くの人がそれを「欲しい!」と思うはずです。


要するに「ここでは詳細は言えません」と言っている時点で
そのツールは何ら大したものじゃないって事です。


大したものじゃないからこそ、
このような謳い文句で興味を引いて、
まずは「申し込ませる事」を優先してるんですね。


そこを明かしてしまうと誰も興味を持たなくなってしまうからです。


要するにそんなレベルの仕組みだって事ですね。


もうこれはほぼ鉄板で間違いありません。


これが本当に価値のあるものなら、
それこそ大々的にアピールしない理由が無いんですから。


「特殊なツールだから」なんて理由になってませんよ(笑)


この部分では情報提供者としてのスタンスにも共感出来ず、


・読者リストの収集については意図してそこを曖昧にしている
・コピーライティングの「コ」の字も見当たらない



という明らかに重要なポイントをぼかし、
疎かにしているとしか思えない点から、
教材内容を確認して批評するまでもないと判断しました。


結局のところメルマガアフィリエイトで最も重要なのは、


「文章」


であり、その文章を作るコピーライティングのスキルです。


そこを疎かにしているノウハウでは絶対に稼げません。


結局は「コピーライティングを勉強しよう」というところに行き着きます。


その最短ルートを進みたいのであれば、
それこそ私のアフィリエイト倶楽部でも推奨している、
こちらのプログラムに参加する事をお勧めします。


Copyrighting Affiliate Program


コピーライティングのスキルを高めていくと共に、
リスト収集、リスト教育、セールスの仕組みを構築していく、
ダイレクトレスポンスマーケティングの教材ですが、
これこそが本当に王道的なメルマガアフィリエイトの手法でもあります。


余計な教材に手を出して余計な事をやればやるほど遠回りになりますよ。


実際、この業界はそういう「遠回り」を推奨する教材だらけですから。


初心者にはその「遠回り」が魅力的に見えてしまうからなんですけどね。


でも、いざ結果を出していく為にはビジネスの本質は避けては通れません。


そこにいつ気付くか、です。


先程のCopyrighting Affiliate Programにご参加頂ければ
連動して私のアフィリエイト倶楽部にもご参加頂けます。


井上太一アフィリエイト倶楽部


こちらも併せて是非、参加を検討してみてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年9月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

レビュー:ツイッターファンアフィリエイト~TFA~特典【再配布権付】田中利彦

井上です。


ツイッター系のちょっと面白い?、
風変わりなツールがあったので取り上げておきます。


こちらですね。


ツイッターファンアフィリエイト~TFA~(田中利彦)

http://tools-saloon.com/tfa2/top/

ツイッターファンアフィリエイト~TFA~(田中利彦)特典


こちらツイッター系のアフィリエイトツールなのですが、
Twitter Brainやフォローマティック、フォローブースターなどの
フォロー収集やBOT系のツールでは無い、
ちょっと変わった仕組みを提供しているツールになります。


ツールそのものの一番肝心な「機能説明」のところが、
セールスレターでは「動画解説」になっていて、
そこが物凄く不親切なのですが、
簡潔に言うと「無料診断サイトを作るツール」ですね。


これはもう実物を見た方が早いので、
そのまま実際に作られたツールのURLを貼っておきます。


動物タイプ分析

http://umiumi-affiliate.net/fta/index.php?n=doubutu


こちら、ネットで検索したら出てきたツールなので、
とくに私が作ったものでも何でもありません。


ただ間違いなくこのツール、
ツイッターファンアフィリエイトで作られた診断ツールです。


ツイッターのアカウントIDを入れると、
その分析結果みたいなものが表示されるという


「お遊びツール」


ですね。


同じIDを入れても毎回結果は違いますし、
適当なアルファベットを入れても何かしら結果が出ます。


仕組みそのものは本当に全然大したもんじゃないです(笑)


ただ意外にツイッターユーザーは
こういうくだらないものが好きだったりもするので、


「こんなん、何が楽しいの?」


というものに意外と多くのユーザーが喰いついたりします。


なので、このツールも使い方次第では、、、という感じですね。


先程例に挙げたツールは作った人に商売っ気が無いのか、
とくに広告などは何も貼られていませんでしたが、
本当は「分析結果」のページにアマゾンや
楽天のアフィリエイトバナーを自動表示させる事が出来ます。


また、分析結果の方にもリンクを貼れるので、
そこにアフィリエイトリンクを仕込む事も可能。


この分析ツールが「面白い」と思ってもらえれば、
他のツイッターユーザーが広めてくれるかも・・・という理屈です。


まあ、何にせよ、既存の状態で、
ある程度のフォロワーがいないと意味の無いツールですね。


ある程度、まとまったフォロワーがいれば、
使い方次第では広めていけるかも・・・というところです。


ただデザインも仕組みも物凄くチープなので、
これなら、ちょっと知識がある人なら
自分で作った方が早いくらいかもしれません(笑)


そこまで複雑な仕組みじゃないので、
技術者さんに知り合いなどがいるようなら、
デザイン等はともかく1~2時間で作れるレベルのものです。


御飯くらい奢ってあげれば作ってくれるかもしれません(笑)
(私の知人のSEなら、きっとその条件で作ってくれるレベルです。)


なので、このツイッターファンアフィリエイトは、
これ単体でどうこう出来るようなツールではありませんね。


既にツイッターをやっていて、
そこそこのフォロワーがいる人が
それなりに工夫を凝らせば使えるかも・・・というツールです。


ただある程度、属性を絞り込んだフォロワーが
そこなりの数、集められていないと反応は取れないと思います。


属性を絞ってナンボのツールなので。


あくまでも私が推奨しているTwitter Brainのような
属性を絞り込めるフォロワー収集ツールありきで
始めて活用出来るようなツールという感じですね。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)


このツイッターファンアフィリエイトについては、
ツールの機能や特性を理解した上で、


「こんなツールを作ったウケるかも!」

「使い方したら、面白いかも!」



というアイデアが浮かんでくるようなら、
Twitter Brainなどと併せて活用すれば面白いかもしれません。


「こんなもん、誰がやんの?」


と思ってしまうドライな人は(実際、私もそうなんですが)
ちょっと魅力がわからないかもしれませんが、
意外にこういうツールはツイッターユーザーには、
その作り方、使い方次第では本当にウケたりするんです。


そもそも私の感覚ではツイッターというサイト自体、
そこまでのめり込むほど面白い?という感じですから(苦笑)


でも実際にのめり込んでいる人が多く、
集客などには使えるので多いに活用してますけどね。


感性は本当に人それぞれ。


ツイッターみたいな次世代メディアなどは、
まさにそういう特性があると思います。


平成キッズなどの若い世代のスマホユーザーなどは、
何だかんだでツイッター好きが多いですから、
こういう「くだらないツール」でも普通に楽しみます。


昔で言う「箸が転がっても面白い年代」が
こういうツイッターなどのサービスに現れてますね。


良くも悪くも時代を感じます、、、。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年9月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ