配布型アフィリエイト戦略ツール【D-TOOL】(株式会社オタケン、大田賢二)レビュー

今日は「ただ配るだけで月収30万円」と謳う、
こちらのアフィリエイト系ツールの方をレビューしたいと思います。


配布型アフィリエイト戦略ツール【D-TOOL】

http://d-tool.biz


大田賢二さんといえば「タイニードカン」などといった、
数千円単位のアフィリエイトツールをいくつか販売していたこと。


あとは、あまり評判の良くない株式会社MTS「葉山直樹」さん、
株式会社モッティ「望月こうせい」さんと、
3者で高額なアフィリエイト塾を開催してた事もありますね。


この「D-TOOL」はその大田賢二ささんの新作のようですが、
インフォトップでもずいぶんと幸先よく売れているみたいです。


私としては過去どういった人とお仕事をされていたとか、
どのような商品を販売していたなどといったことで、
今回の商品もなどと、根拠も無く結びつけるつもりはありません。


ただ、今回の「D-TOOL」のセールスレターを読み解く限り、
ちょっと問題がいくつか見受けられましたので、
その点を中心に言及していきたいと思います。

配布型アフィリエイト戦略ツール【D-TOOL】株式会社オタケン、大田賢二


セールスレター冒頭の謳い文句は、
ただ配るだけで月収30万円稼げる」というもの。


何を配るのかと言えば「再版権利付きのツール」で、
まあこの手のツールで「ほったらかし収入」を謳う手口は、
ハッキリ言ってこの「D-TOOL」が初めてというわけではありません。


何というか、この手の配布系ほったらかしツールは、
インフォトップでも定期的に見ているような気がします。


ここ最近だと川村希一さんの「爆発感染パンデミック」でしょうか。


これもまあ、それと似たようなもんです。


で、こういうツールの「そもそもの壁」は、
どうやってそのツールを配るのか、というところ。


初心者を簡単に稼がせるツールと謳っているわりに、
そもそもそのツールを配布するという事自体に、
普通に考えれば初心者の人は躓くと思うわけです。


でもこういうツールはそういうところはノータッチで、
セールスレターではしきりに、


「このツールを配布していくだけで…」


と誰もが簡単にそれを出来るかのように強調します。


セールスレターを読んでる方もそこに押されて、


「自分がそのツールを配布していく事が出来るか」


という点も深く考えず、買ってしまうんですね。


まあ、そういう事を考えさせない構成になってるんで、
そこに多くの人は流されてしまってるわけですが・・・。


現にこの「D-TOOL」のセールスレターも


「誰にどうやってそのツールを配るのか」


という部分に関しては、
ランディングページのテンプレートを活用しろという事以外、
あまり詳しい事は何も書かれていません。


最も重要なポイントとなるそのLPへの集客に関しては
ほとんどと言っていいレベルで言及されていないわけです。。


要するに「このツールを配布する」にあたり、
最も重要となる部分がほとんど解決されてないわけですね。


・・・それじゃダメでしょ(笑)


安易に「ほったらかし」を謳うような集客ツールもどうかと思いますが
そのそもそもの前提をすっ飛ばしてるこの手の配布系ツールは
私的には正直言ってもっと「無い」ですね。


付属しているランディングページの成約率が良いだの、
ステップメールの反応が良いだの色々書いてますが


“そもそものトラフィック(アクセス)集め”

“そもそものリスト集め”



重要なのはここですからね。


仮にそのランディングページの成約率がどんなに高かろうと、
そのステップメールの反応がどんなに取れようと、
先立つアクセスやリストが無い事には何の意味も無いわけです。


では具体的にどれくらい集客ノウハウがあれば、
このD-TOOLでどれだけの収益が見積もれるのか。


私なりに試算してみたので参考にしてみてください。


D?TOOLの収益性を試算、どれくらいの集客力が必要か。


前もって伝えておきますが、この試算は
かなり販売者側の謳い文句に歩み寄って計算しています。


実際に取り組んでみた際には、おそらくこれ以下となることは
ほぼ間違いないので、そのつもりで参考にしてみてください。


前提条件として解りやすいので100アクセス、
ランディングページに流してみたと想定します。


まず、テンプレートのランディングページから、
見積もれる成約率は精々100アクセス中20件(20人)程度です。


そして、4人のうち1人が実際にツールを使ってくれる、
そう仮定すると20人中、5人が残ります。


おおよそ、ここまでの試算による期待値として、
ツール内広告報酬は、無料案件で成約率20%かつ
報酬単価800円と好条件のものを1件成約獲得とします。


20件の収集リストに対するステップメールから、
期待できる報酬、無料案件4件成約で報酬額3200円程度。


テンプレートに依存した形で
無作為に集められた20件のリストであれば、
報酬額5000円の有料案件で成約1%がいいところとすると、
20リストに対する有料案件の期待値としては、
換算値で1000円程度が限界といったところでしょうか。


まず100アクセス、テンプレートのランディングページへと
誘導させる集客力があることを前提として試算してみましたが、
この計算では5000円程の報酬が見込めることになりました。


ちなみに、私のこのブログを例として考えるなら、
1日400アクセス程度なので、10人に1人、
1日に40人くらいであればランディングページに
アクセスを流せる見積もりが立てられるかと思います。


月間にして1200人ですから、
報酬額5000×12=60000円。


私のこのブログ媒体からD-TOOLで稼ぎだせる期待値は、
おおよそ月6万円ほどが限界といったところです。


ほぼ机上の空論ですが、集客力といった意味で
私と同じくらいアクセスを集められる人であれば、
実際に月6万円くらいの報酬は稼げるかも知れません。


ただ私自身実際には毎月200~300万は
このブログから安定して売り上げているので、
非効率にすぎる手法と思ってしまいますね、、、。


このツールを配れば配るほど「損」だという事です。


まあ、かなりセールスレターに歩み寄った形での
机上の空論ですらこんな数字です。


もっと現実的な経験則を交えてお話しするなら、
そもそもテンプレートに依存する限り、月5~6万すら、
稼ぎ続けることは、実際のところ難しいと思いますね。


一応この試算値からセールスレターの25万円ほど
売り上げたとする謳い文句に照らし合わせて逆算してみると、
ブログ媒体の集客力基準では私の5倍規模ですから
一日最低でも1500アクセス。


軽くこれくらいのアクセス数は見積もれないようだと、
ある程度、現実的に稼いでいくことは難しいと思います。


私がメルマガやLPでテンプレートを推奨しない理由。


またこの手のアフィリエイト系の教材には、
「テンプレート」というものが付き物になっています。


セールスレターの謳い文句としても
テンプレートを持ち出して安易さをアピールすることが、
非常に多いため、

「テンプレートは必須アイテムなんだ」

と、刷り込まれてしまっている人が
特に初心者の方で多いです。


ひとことにテンプレートといっても
例えば「賢威」などのブログテンプレートであれば、
話しはまた違います。


ただ、それがそのまま対人メッセージとなるもの。

メルマガやステップメール、ランディングページなどといった、
「文章のテンプレート」については、
ハッキリ言って間違っても使うべきではありません。


ネットビジネスで思うように稼げない人、
文字通り失敗例の典型的パターンにハマります。


リアルビジネスでもネットビジネスでも同じですが、
ビジネス(Business)を日本語に置き換えれば、商談、商取引です。


商談・商取引とは、必ずその先に
人間の相手がいることを前提とした活動です。


ネットで直接的に人と対面することなく稼いでいくことは可能ですが、
それでもロボットと取引していくわけじゃないんですね。


インターネットだからといって、
その先に、血の通った人間がいることを全く持って考えない人。


またそこへの認識が希薄な人ほど、
この手のテンプレートなどを安易に活用し、
スパムまがいの手法を無自覚に行ってしまいます。


運良く稼げても一時的であり、ビギナーズラックですから、
すぐに通用しなくなり、その再現を行うことも出来なくなります。


アフィリエイトの本質から学ばなければ、実力での再起はまずできません。


文章は、どんなにヘタクソであっても、
漠然とテンプレートを活用するよりは自分の言葉である方が、
遥かにマシだと私は思っています。


もちろん実力のあるトップアフィリエイターのメルマガや
実際に売れているセールスレター、
反応が取れているランディングページを読んでみて
その文面や構成から、ライティング理論を学ぶなど
あくまで参考資料にするなら全く問題ありません。


文章のテンプレートであっても、
あくまでも理屈を学ぶものとしては、
教材のセットとしてあっても良いと思います。


ただ有料の教材として販売しているものに、
テンプレートがついていて、それを使えば稼げるなどとするのは、
私はとてもではありませんが受け入れられません。


そこをあえて前面に押して販売しているような教材は
逆に、ノウハウやコンテンツに自信がないと
自ら公言しているように、少なくとも私は感じてしまいます。


確かに、テンプレートを使う事で、
初心者でも、それっぽい活動が手っ取り早くできるかも知れません。


ただアフィリエイトをスタートしていくにあたって、
D-TOOLのようなテンプレート系パッケージから
スタートしていくのは、ハッキリいって下策です。


メルマガやステップメール、ランディングページは、
結局のところ、人と人との1対1コミュニケーションが基本です。


複数人が同じものを活用してしまうテンプレートでは
それを使われる相手からすれば反感しか生みません。


結果、貴重な時間と貴重なアクセス、
更には貴重なリストを腐らせるだけです。


少なくとも私がこのツールを使ったなら、
先ほど事例で挙げたような散々な結果が出て終了です。


まあ、リストやアクセスはまた集めれば良いかも知れません。


でもそこに投じた時間や労力については取り戻せませんからね。


このような間違いだらけの
アフィリエイト手法を採用した人に限って、
「アフィリエイトは稼げない」と嘆いてしまったりします。


実際のところ私自身の経験から言わせてもらえば、
明確なキャッシュポイントを作ってしまえば、
アフィリエイトは単純な集客の繰り返しだったりします。


現に私がこのブログで行っている集客活動は、
SEOを取り入れた記事更新を行っているだけです。


そういった意味では、私自身のアフィリエイトに関しては、

「ブログの更新だけで簡単に稼いでいる」

とも言えるわけです。


でも、それは捉え方の断片ひとつであって、
そこに至るまでには、まずアフィリエイトの本質を理解し、
その本質に基づいて2つの必要なスキルを学んでいます。


1、コピーライティングのスキル

2、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のスキル



これらをもっと解りやすい言葉に置き換えれば、
コピーライティングは文字で伝える「文章」のスキル。


DRMとは、「文章」を土台として
リスト集めと教育という段階を経て売り込みを行っていく、
いたって正攻法の「集客」のスキルです。


絶対的にどこかで楽をしようとすれば、
別のどこかにしわ寄せが必ずくるものです。


もっとも大切な文章をテンプレートで補うなどしてしまえば、
しわ寄せで、今度はより多くのアクセス集めに没頭しければなりません。


楽をするためにテンプレートを使ったはずが、
結局何倍、何十倍もの労力をかけて集客に没頭しなければならない。


そんな無駄な時間を使うくらいなら、
最初からコピーライティングを学ぶべきだった。


間違いなくそう思う日がくると私は思います。


私のようなアフィリエイトスタイルに少しでも興味があれば、
是非一度、そのご案内ページだけでも読んでみてください。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


何十万円とか何万円とか、そんな参加料はかかりません。


でも、そんな参加料を取っている高額な教材や塾なんかより
よっぽど本当に価値のあるノウハウや
徹底したサポートをしている自信はあります。


よろしければ私と一緒にアフィリエイトを頑張ってみませんか?


興味があれば是非、参加を検討してみてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年5月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ