配布型アフィリエイト戦略ツール【D-TOOL】(株式会社オタケン、大田賢二)レビュー

今日は「ただ配るだけで月収30万円」と謳う、
こちらのアフィリエイト系ツールの方をレビューしたいと思います。


配布型アフィリエイト戦略ツール【D-TOOL】

http://d-tool.biz


大田賢二さんといえば「タイニードカン」などといった、
数千円単位のアフィリエイトツールをいくつか販売していたこと。


あとは、あまり評判の良くない株式会社MTS「葉山直樹」さん、
株式会社モッティ「望月こうせい」さんと、
3者で高額なアフィリエイト塾を開催してた事もありますね。


この「D-TOOL」はその大田賢二ささんの新作のようですが、
インフォトップでもずいぶんと幸先よく売れているみたいです。


私としては過去どういった人とお仕事をされていたとか、
どのような商品を販売していたなどといったことで、
今回の商品もなどと、根拠も無く結びつけるつもりはありません。


ただ、今回の「D-TOOL」のセールスレターを読み解く限り、
ちょっと問題がいくつか見受けられましたので、
その点を中心に言及していきたいと思います。

配布型アフィリエイト戦略ツール【D-TOOL】株式会社オタケン、大田賢二


セールスレター冒頭の謳い文句は、
ただ配るだけで月収30万円稼げる」というもの。


何を配るのかと言えば「再版権利付きのツール」で、
まあこの手のツールで「ほったらかし収入」を謳う手口は、
ハッキリ言ってこの「D-TOOL」が初めてというわけではありません。


何というか、この手の配布系ほったらかしツールは、
インフォトップでも定期的に見ているような気がします。


ここ最近だと川村希一さんの「爆発感染パンデミック」でしょうか。


これもまあ、それと似たようなもんです。


で、こういうツールの「そもそもの壁」は、
どうやってそのツールを配るのか、というところ。


初心者を簡単に稼がせるツールと謳っているわりに、
そもそもそのツールを配布するという事自体に、
普通に考えれば初心者の人は躓くと思うわけです。


でもこういうツールはそういうところはノータッチで、
セールスレターではしきりに、


「このツールを配布していくだけで…」


と誰もが簡単にそれを出来るかのように強調します。


セールスレターを読んでる方もそこに押されて、


「自分がそのツールを配布していく事が出来るか」


という点も深く考えず、買ってしまうんですね。


まあ、そういう事を考えさせない構成になってるんで、
そこに多くの人は流されてしまってるわけですが・・・。


現にこの「D-TOOL」のセールスレターも


「誰にどうやってそのツールを配るのか」


という部分に関しては、
ランディングページのテンプレートを活用しろという事以外、
あまり詳しい事は何も書かれていません。


最も重要なポイントとなるそのLPへの集客に関しては
ほとんどと言っていいレベルで言及されていないわけです。。


要するに「このツールを配布する」にあたり、
最も重要となる部分がほとんど解決されてないわけですね。


・・・それじゃダメでしょ(笑)


安易に「ほったらかし」を謳うような集客ツールもどうかと思いますが
そのそもそもの前提をすっ飛ばしてるこの手の配布系ツールは
私的には正直言ってもっと「無い」ですね。


付属しているランディングページの成約率が良いだの、
ステップメールの反応が良いだの色々書いてますが


“そもそものトラフィック(アクセス)集め”

“そもそものリスト集め”



重要なのはここですからね。


仮にそのランディングページの成約率がどんなに高かろうと、
そのステップメールの反応がどんなに取れようと、
先立つアクセスやリストが無い事には何の意味も無いわけです。


では具体的にどれくらい集客ノウハウがあれば、
このD-TOOLでどれだけの収益が見積もれるのか。


私なりに試算してみたので参考にしてみてください。


D?TOOLの収益性を試算、どれくらいの集客力が必要か。


前もって伝えておきますが、この試算は
かなり販売者側の謳い文句に歩み寄って計算しています。


実際に取り組んでみた際には、おそらくこれ以下となることは
ほぼ間違いないので、そのつもりで参考にしてみてください。


前提条件として解りやすいので100アクセス、
ランディングページに流してみたと想定します。


まず、テンプレートのランディングページから、
見積もれる成約率は精々100アクセス中20件(20人)程度です。


そして、4人のうち1人が実際にツールを使ってくれる、
そう仮定すると20人中、5人が残ります。


おおよそ、ここまでの試算による期待値として、
ツール内広告報酬は、無料案件で成約率20%かつ
報酬単価800円と好条件のものを1件成約獲得とします。


20件の収集リストに対するステップメールから、
期待できる報酬、無料案件4件成約で報酬額3200円程度。


テンプレートに依存した形で
無作為に集められた20件のリストであれば、
報酬額5000円の有料案件で成約1%がいいところとすると、
20リストに対する有料案件の期待値としては、
換算値で1000円程度が限界といったところでしょうか。


まず100アクセス、テンプレートのランディングページへと
誘導させる集客力があることを前提として試算してみましたが、
この計算では5000円程の報酬が見込めることになりました。


ちなみに、私のこのブログを例として考えるなら、
1日400アクセス程度なので、10人に1人、
1日に40人くらいであればランディングページに
アクセスを流せる見積もりが立てられるかと思います。


月間にして1200人ですから、
報酬額5000×12=60000円。


私のこのブログ媒体からD-TOOLで稼ぎだせる期待値は、
おおよそ月6万円ほどが限界といったところです。


ほぼ机上の空論ですが、集客力といった意味で
私と同じくらいアクセスを集められる人であれば、
実際に月6万円くらいの報酬は稼げるかも知れません。


ただ私自身実際には毎月200~300万は
このブログから安定して売り上げているので、
非効率にすぎる手法と思ってしまいますね、、、。


このツールを配れば配るほど「損」だという事です。


まあ、かなりセールスレターに歩み寄った形での
机上の空論ですらこんな数字です。


もっと現実的な経験則を交えてお話しするなら、
そもそもテンプレートに依存する限り、月5~6万すら、
稼ぎ続けることは、実際のところ難しいと思いますね。


一応この試算値からセールスレターの25万円ほど
売り上げたとする謳い文句に照らし合わせて逆算してみると、
ブログ媒体の集客力基準では私の5倍規模ですから
一日最低でも1500アクセス。


軽くこれくらいのアクセス数は見積もれないようだと、
ある程度、現実的に稼いでいくことは難しいと思います。


私がメルマガやLPでテンプレートを推奨しない理由。


またこの手のアフィリエイト系の教材には、
「テンプレート」というものが付き物になっています。


セールスレターの謳い文句としても
テンプレートを持ち出して安易さをアピールすることが、
非常に多いため、

「テンプレートは必須アイテムなんだ」

と、刷り込まれてしまっている人が
特に初心者の方で多いです。


ひとことにテンプレートといっても
例えば「賢威」などのブログテンプレートであれば、
話しはまた違います。


ただ、それがそのまま対人メッセージとなるもの。

メルマガやステップメール、ランディングページなどといった、
「文章のテンプレート」については、
ハッキリ言って間違っても使うべきではありません。


ネットビジネスで思うように稼げない人、
文字通り失敗例の典型的パターンにハマります。


リアルビジネスでもネットビジネスでも同じですが、
ビジネス(Business)を日本語に置き換えれば、商談、商取引です。


商談・商取引とは、必ずその先に
人間の相手がいることを前提とした活動です。


ネットで直接的に人と対面することなく稼いでいくことは可能ですが、
それでもロボットと取引していくわけじゃないんですね。


インターネットだからといって、
その先に、血の通った人間がいることを全く持って考えない人。


またそこへの認識が希薄な人ほど、
この手のテンプレートなどを安易に活用し、
スパムまがいの手法を無自覚に行ってしまいます。


運良く稼げても一時的であり、ビギナーズラックですから、
すぐに通用しなくなり、その再現を行うことも出来なくなります。


アフィリエイトの本質から学ばなければ、実力での再起はまずできません。


文章は、どんなにヘタクソであっても、
漠然とテンプレートを活用するよりは自分の言葉である方が、
遥かにマシだと私は思っています。


もちろん実力のあるトップアフィリエイターのメルマガや
実際に売れているセールスレター、
反応が取れているランディングページを読んでみて
その文面や構成から、ライティング理論を学ぶなど
あくまで参考資料にするなら全く問題ありません。


文章のテンプレートであっても、
あくまでも理屈を学ぶものとしては、
教材のセットとしてあっても良いと思います。


ただ有料の教材として販売しているものに、
テンプレートがついていて、それを使えば稼げるなどとするのは、
私はとてもではありませんが受け入れられません。


そこをあえて前面に押して販売しているような教材は
逆に、ノウハウやコンテンツに自信がないと
自ら公言しているように、少なくとも私は感じてしまいます。


確かに、テンプレートを使う事で、
初心者でも、それっぽい活動が手っ取り早くできるかも知れません。


ただアフィリエイトをスタートしていくにあたって、
D-TOOLのようなテンプレート系パッケージから
スタートしていくのは、ハッキリいって下策です。


メルマガやステップメール、ランディングページは、
結局のところ、人と人との1対1コミュニケーションが基本です。


複数人が同じものを活用してしまうテンプレートでは
それを使われる相手からすれば反感しか生みません。


結果、貴重な時間と貴重なアクセス、
更には貴重なリストを腐らせるだけです。


少なくとも私がこのツールを使ったなら、
先ほど事例で挙げたような散々な結果が出て終了です。


まあ、リストやアクセスはまた集めれば良いかも知れません。


でもそこに投じた時間や労力については取り戻せませんからね。


このような間違いだらけの
アフィリエイト手法を採用した人に限って、
「アフィリエイトは稼げない」と嘆いてしまったりします。


実際のところ私自身の経験から言わせてもらえば、
明確なキャッシュポイントを作ってしまえば、
アフィリエイトは単純な集客の繰り返しだったりします。


現に私がこのブログで行っている集客活動は、
SEOを取り入れた記事更新を行っているだけです。


そういった意味では、私自身のアフィリエイトに関しては、

「ブログの更新だけで簡単に稼いでいる」

とも言えるわけです。


でも、それは捉え方の断片ひとつであって、
そこに至るまでには、まずアフィリエイトの本質を理解し、
その本質に基づいて2つの必要なスキルを学んでいます。


1、コピーライティングのスキル

2、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のスキル



これらをもっと解りやすい言葉に置き換えれば、
コピーライティングは文字で伝える「文章」のスキル。


DRMとは、「文章」を土台として
リスト集めと教育という段階を経て売り込みを行っていく、
いたって正攻法の「集客」のスキルです。


絶対的にどこかで楽をしようとすれば、
別のどこかにしわ寄せが必ずくるものです。


もっとも大切な文章をテンプレートで補うなどしてしまえば、
しわ寄せで、今度はより多くのアクセス集めに没頭しければなりません。


楽をするためにテンプレートを使ったはずが、
結局何倍、何十倍もの労力をかけて集客に没頭しなければならない。


そんな無駄な時間を使うくらいなら、
最初からコピーライティングを学ぶべきだった。


間違いなくそう思う日がくると私は思います。


私のようなアフィリエイトスタイルに少しでも興味があれば、
是非一度、そのご案内ページだけでも読んでみてください。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


何十万円とか何万円とか、そんな参加料はかかりません。


でも、そんな参加料を取っている高額な教材や塾なんかより
よっぽど本当に価値のあるノウハウや
徹底したサポートをしている自信はあります。


よろしければ私と一緒にアフィリエイトを頑張ってみませんか?


興味があれば是非、参加を検討してみてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年5月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

販売ページテンプレート「INFOPLATE 5」の必要性についてとレビュー。賢威、SRIUSとの比較。

井上です。


サイトテンプレート系教材「INFOPLATE 5」「SIRIUS」が共に、
インフォトップでランキング上位に表示され売れ筋となっています。


「INFOPLATE 5(インフォプレート)」

http://www.info-plate.com/


「SIRIUS(シリウス)」

http://sirius-html.com/


アフィリエイトビジネスを行っていく上でも、
私が推奨しているSEO対策に強いブログテンプレート

「賢威」

なども含め、業界で売れ筋となっているこの手のテンプレート教材。


>井上推奨ブログテンプレート「賢威」のレビュー


アフィリエイターによって、お勧めのものも異なったりと、
これからこの手のテンプレートを選ぼうとしている人にとっては、
様々な情報が錯綜し過ぎている状況にあるものと思います。


今日はこの「INFOPLATE 5(インフォプレート)」のレビューと、
この手の「サイト作成ツール」との正しい向き合い方について、
私なりの考え方をまとめていきますね。

「INFOPLATE」と「賢威」「SRIUS」の比較


まずINFOPLATE(インフォプレート)と
賢威、SIRIUSとの明確な「違い」について。


賢威は検索エンジン対策を最適化(SEO対策)する、
言わば「検索エンジンに強いブログテンプレート」で
SIRIUSは「SEOに強いサイトを一から作成するツール」です。


対して今回取り上げている「INFOPLATE 5」は、

「販売ページテンプレート」

として売り出されているものですね。


まあ厳密に言うとブログもサイト(webサイト)の一種なので、
その違いはあるようで無く、無いようであるのですが
ブログであっても販売ページ(セールスレター)であっても、
訪問ユーザーからすればwebサイトの外見的な構造に違いがあるだけで、
いずれも結局は1つの「ウェブサイト」なわけです。


そこに明確な区別を付けるとするなら「ブログ」は記事投稿型。


つまり「更新していきやすいシステム」に特化した
内部的な管理システムがあるサイトの事で、
この内部的な管理システムがあるからこそ、
ブログは更新頻度を保ちやすくSEOに強い傾向にあります。


対してそのようなシステムを持たない「Webサイト」の構造として、
販売ページ(セールスレター)タイプに特化したテンプレートが、
INFOPLATE(インフォプレート)というわけですね。


これは「SIRIUS」もほぼ同じ用途のツールだと思っていいです。


ただ「INFOPLATE」はSEO対策などよりも、
デザイン性に寄せている傾向にあります。


ですので理解されていない人も多いようですが、
「INFOPLATE」はブログタイプではないので、
集客効果を期待して採用するものじゃありません。


商品の販売ページや、リスト収集など、
そういう目的を持った「ランディングページ」などで、
より高いデザイン性ののあるサイトを作りたい時など、
そのページ単体の集客効果を考えないページに使うものですね。


一部のアフィリエイターは、右も左も解らないような初心者層を相手に、
「賢威」「SIRIUS」「INFOPLATE」は全て所持していて当たり前。


「もはやアフィリエイトを行う上での必須アイテム」


などと言って全てを推奨している人もいますが
実際は全然そこまで必須というものではありません。


少なくとも私は「SIRIUS」も「INFOPLATE」も、
一応は「所持」していますが全く使ってませんから。


ただ「SIRIUS」も「INFOPLATE」も
全く使い道が無いというわけでは無く、
私はそういう「ランディングページ」のようなものは、
こんな感じで自分で作れているので、
さほど必要性を感じていないというだけの話です。


>メールマガジンのオプトインレター

>井上太一アフィリエイト倶楽部の案内ページ


ただこういうページを「手軽」に、
それなりの「デザイン性」を保って作りたい場合は、
活用する価値はあるツールだと思います。


まあ、結局は自分が必要性を感じるかどうかという事ですね。


ただあれもこれもと購入を促すアフィリエイターはこのように煽ります。



アフィリエイトブログはSEOに強い「賢威」で立ち上げてください。

より強い売り込みを行うためにレビューページは、
綺麗な1カラムサイトが良いので「インフォプレート」を使ってください。

SEOは「SIRIUS」を使ったサテライトサイトが効果的ですし、
特典の宣伝ページも「SIRIUS」を使えば簡単に作れます。



でも、こういう事を言っているアフィリエイターほど、
「SEO対策」「1カラムが良い」「サテライト」と、
本質的な有効性をわからずにこういう事を主張していたりします。


実際、ツールとして考えるなら、賢威だけでも、
ワードプレスで販売ページタイプの1カラムサイトは作れますし、
サテライトサイトの構築を行っていく事も可能です。


ただ、それをどのような意図と戦略をもって
完成させていくかはまた別問題ですからね。


あくまでもこういうテンプレートツールは、
ビジネス上の補助ツールでしかないということです。


実状として大半の成功者は「売るためのノウハウ」と、
実際に自分が「実践しているノウハウ」を分別しています。


テンプレートなどのツールにしても同じですね。


本当の意味で成功できるノウハウや、
実際に使っているツールを意図的に隠していたり、
本来はシンプルで単純なはずの「答え」を
あえて複雑にこねくり回している人もいたりします。


その方が色々な情報商材を都合よく売り込めるからです。


この手のテンプレートツールをあれこれ勧めている人は
私的にはまさにその典型的な例だと思いますね。


少なくとも私は集客効果の強いブログテンプレート、
「賢威」が1つあれば、それで十分だと思ってますし、
現にこの手のテンプレは「賢威」しか使ってません。


まあ、マインド面やモチベーション面から考えても、
「形から入る」ということはある意味では良いと思います。


ただ初心者の人がアフィリエイターの言われるがまま
あれこれ色々なツールだけを手にしていっても、
何の意味も無いというのが実際のところです。


明確にその使用用途が自分の中に無い限り、
そういうものにお金を出すのは待つべきですね。


仮に一生懸命「形」から入ったところで
本当に形だけで終わってしまっては何の意味もありませんから。


現に「賢威」「SIRIUS」「INFOPLATE」で作成したと思われる、
サイトの残骸はネット上には無数に転がっていますからね。


大きな期待をもって使ってみたツールが、
思ったような結果を生まない。


だから中途半端に辞めてしまう。


そういう残骸サイトを見るたびに、私は非常に残念に思います。


本当に重要なのはそういう形だけのサイトを作るんじゃなく、
それを活かすスキルやノウハウを身に付けて、
その上でそういうツールを利用していく事なんですね。


まあ、それなりのスキルとノウハウを持っていれば
この手のテンプレートツールは、
軸となるサイト(ブログ)にSEO対策重視で、
それに強いテンプレートを1つ利用していれば、
私はそれで十分だと思ってます


その上でお勧めしているのがこちらの「賢威」ですね。

ワードプレスンプレート「賢威」+SEOマニュアル レビュー


ちなみに先ほどお見せしたような
オプトインレターやアフィリエイト倶楽部の案内ページは
ホームページビルダーという
初心者向けのホームページ作成ソフトで作成しています。


ある意味、そっちの方が自由度の高いものが作れるので。


私が「SIRIUS」や「INFOPLATE」を利用していない、
その一番の理由はそこですね。


いずれにせよアフィリエイトを行っていく上で、
ツールやテンプレートなどの導入を行っていく際は、

「それが本当に使い道のある必要なものなのか」

の冷静な自己分析が必要だと思いますね。


それこそ無駄なツールコレクターになってしまわないよう、
必要なものだけを取り入れる活動していくべきだと思います。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年5月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

YouTube トレンドマーケティング(バナナデスク)レビュー

井上です。


少し前にリリースされていたYouTubeアドセンスのアフィリエイト教材が
インフォトップのランキング上位に入っていましたので取り上げておきます。


レビューする商材はこちら。


YouTube トレンドマーケティング

http://www.youtubetm.info/top/

YouTube トレンドマーケティング レビュー


販売元はトレンドアフィリエイト教材「下克上」、
実質DRM教材だった「心理学アフィリエイト」
最近であれば「秀吉塾」などでも知られている、
株式会社moveの「バナナデスク」さん。


YouTubeを使ったアドセンスアフィリエイトで、
単純なルーチンワークから月収30万円を安定して稼ぎだす仕組みの構築、
月収200万円をも稼ぎだした手法を公開するという教材です。


率直な意見として、これはかなり誇大広告だと思います。


まず、YouTube広告で稼げる報酬の目安が
再生数10000件に対して1000円程だと
いうことはご存知でしょうか。


仮に月100万円稼ごうと思えば、
少なく見積もっても月1000万回の再生数が必要だということになります。


例えば、2010年にYouTubeで日本国内月間アクセス一位を記録し、
アメリカCBSトップニュースで取り上げられるほど有名な
Hikakin(ヒカキン)さんなんかはYouTubeの広告報酬が
年間で2000万円程(単月200万以下)だそうです。


現実問題、YouTubeの広告報酬では
世界的にも年間で2000万円稼ぐのがやっとの市場です。


月200万稼げるノウハウを公開します・・・
って、さすがに無理があると思うのは私だけでしょうか。


実際のところ、YouTubeのアドセンスは
それほどまでに収益性が高いものではありません。


ブログやメルマガを使ったアフィリエイトと比べれば、
シンプルに動画投稿だけで何とか稼げてしまうなど、
そんなイメージもあるのかも知れませんが、
結局のところ再生数を伸ばさなければどうにもなりません。


如何にして、大衆の支持を得て再生数を稼ぐのか。


そこに爆発的効果がある裏ワザ的なものがあるのかどうか。


確実に言えることは、セールスレターの論調で語られるほど
それが簡単なことではないということです。


その辺は、予め理解しておく必要があります。


結局は、価値のある動画、
つまりは面白い動画を配信しなければなりません。


その上で、大衆に目を引くキャッチコピーを作れるかなど、
細かい工夫というか、ある程度センスも必要となってきます。


まず現実的に30分で作っていけるものではありません。


また、返金保証に関しても、ちょっと無茶なことを言ってしまっています。


90日間しっかり取り組んだ上で報酬が得られなかったなら、
アカウントを教材購入代金で買い取りするというものです。


まず、月収30万程度ならば誰でも簡単に稼げると豪語し、
さらに83日で200万稼いだ実績もあるとしながら、
最終的には自信があるのかないのか解らない保証をされていますね。


ノウハウとして決してひどいものではないのですが、
あまりにもセールスレターが誇大広告であったこと。


YouTubeアドセンスに特化して学ぶにはもっと安い教材などもある中、
何のつもりか4万円などとあまりにも高額であったことが頂けません。


いずれにせよ、この教材に4万円の価値があるのかといえば、
正直、私にはその価値を感じませんでした。


普通に「高過ぎ」というのが率直な意見です。


誇大広告の「風呂敷」に価格を併せたという感じかもしれませんね。


この内容で4万円をふっかけてきた「感覚」を考えてしまうと、
今、大募集されているトレンドアフィリエイトの「秀吉塾」も、
かなりその内容に怪しいところがあるかもしれません。


秀吉塾の募集価格は約12万円。


この教材をそのまま「3掛け」しても到底・・・という感じですかね。


もともと私は世間的には評判の良い「下克上」も、
あの誇大広告はちょっと・・・と思っているので、
そういう意味ではこのバナナデスクさんは
本当に誇大広告の常習犯と言ってもいいです。


私はあまり信用できる販売者さんだとは思ってません。


まあ、そこそこのノウハウを誇大広告と
高額な価格設定で売っている業者さんという感じです。


購入者に対してのフォローも良い時は良いのですが、
明らかに乱雑になっている時もあるようなので
そういうところも「どうなの?」と思ってしまいます。


秀吉塾の募集を開始した際などは、
下克上のサポートが相当おざなりだったみたいですからね。


とくにこのYouTube トレンドマーケティングは
誇大広告だけじゃなく、価格に対する内容も星1つという感じです。


このレベルのユーチューブアドセンスのノウハウなら、
他の教材でもっと安いものがありますから、
そっちを購入された方が良いと思いました。


これなんかは価格はほぼ5分の1ですが、
内容はYouTube トレンドマーケティングより
あらゆる観点で10倍以上の価値はあると思います。

>Youtube-Ads Capture Sheet CLUB


こちらの詳しい批評はこちらの記事で行ってます。

>Youtube-Ads Capture Sheet CLUB


YouTube トレンドマーケティングには、
YouTube トレンドマーケティングのみのノウハウもありますが、
約5倍近い価格差があるYoutube-Ads Capture Sheet CLUBと、
そこに約5倍の価格差を埋められるものがあるかと言えば・・・


普通に「無い」です。


断然「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」の方が
価格に対してきちんとしたノウハウを公開してますね。


そもそも基本的なところを押さえたなら、
あとは「オリジナリティ」で勝負するビジネスモデルなので、
このYouTubeアドセンスの教材であれば、


「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」


で十分だと思います。


Youtube-Ads Capture Sheet CLUBの方も、
後日、詳しいレビューを書きますね。


※詳しいレビュー記事を書きました。

>Youtube-Ads Capture Sheet CLUB。批評


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年5月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

比較。ツイッターブレイン、フォローマティックXY、フォローブースターPRO。

井上です。


遂にツイッターツールも世代交代か・・・と言われている、
最新のツイッターマーケティングツール


「Twitter Brain(ツイッターブレイン)」


が話題の波紋を広げている模様です。


ツイッターブレイン(Twitter Brain)
http://ebook-japan.com/twitter/tokubetu.html


ツールの販売元はあの株式会社イーブックジャパンさん。


そうです。


私が推奨しているミリオンライティング、
コピーライティングアフィリエイトなどの販売会社さんです。


そして、このツールに付属しているマーケティングマニュアルと
ツイッターに特化した140文字のライティングマニュアル。


この2つの監修にはミリオンライティングの著者、
宇崎恵吾さんが名を連ねています。


宇崎さんのブログでは自身のブログへの集客効果も併せて、
このツールの機能性等が解説されていますね。

>宇崎さんのブログ:ツイッターブレインの集客効果


当然、私がこの教材を放っておくはずがありません。


既存の他社ツールであるフォローブースターPRO、
フォローマティックXYと比較する形でレビューしていきたいと思います。

比較。ツイッターブレイン、フォローマティックXY、フォローブースターPRO。


まずこのTwitter Brain(ツイッターブレイン)というツール・・・。

一言で言うなら「フォローマティック」「フォローブースター」などの


「既存の他社ツールで稼げなかった人向けのツール」


と言ってもいいと思います。


そういう人ほど「反応」してしまう機能が備わっている事が
セールスレターを見ただけで普通に分かります。


実際にこれを購入していっている人は間違いなく、
そういう人達ではないでしょうか。


ツイッターのツールで稼ぐ事の難しさ、苦労を知っている人ほど、
このTwitter Brain(ツイッターブレイン)の機能の凄さ、
魅力がそのセールスレターを読んだだけで一発で分かると思います。


そしてその機能が本当にすこぶる「優秀」なんです。


まさにツイッターツールの世代交代が遂に来たという感じですね。


フォローマティックがバージョンアップして、
「フォローマティックXY」となったのは、比較的最近の話で、
フォローマティックがややフォローブースターPROを突き放していましたが
これは一気にTwitter Brain(ツイッターブレイン)が
ツイッターツールの代名詞の座を奪っていく事になる・・・と思います。


それくらい歴然とした差が出る圧倒的な機能が
このTwitter Brain(ツイッターブレイン)には備わっているんです。


そもそも「フォローマティック」「フォローブースター」を使って
これまで稼げなかった人達がこぞって魅力を感じてしまう機能とは何なのか。


まずはそこから解説していきますが、その機能は主に
この2つのシステムに集約されています。


・リツイート数の多い過去のツイートを取り込み
 自動ツイートしていく「Attention tweet System」

・リツイート数の多いリアルタイムなトレンドツイートを取り込み 
 自動ツイートしていく「Trend tweet System」



この2つの仕組みがこのTwitter Brain(ツイッターブレイン)の目玉です。


簡単に言うと


リツイート数の多い他のユーザーのツイートをリサーチし、
そのツイートを取り込んでBOT化してくれるシステム



ですね。


この仕組みを耳にして「ふ~ん」と思う人と、
「その手があったか!」と思う人に分かれると思いますが、
これが思いのほか、本当に物凄いシステムなんです。


というか、これがツイッターツールとしては
ほぼ「完成系」に近い“答え”だったのかもしれません。


考えうる限り、これ以上ツイッターを有効に活用していく
ツイッターの自動化ツールは無いというくらい、
画期的な機能である事は間違いありません


リツイート数の多いツイートをBOT化する事の価値


そもそもこの手のツイッターツールの基本は
「フォロー&アンフォロー」を自動化させ、
フォロワーを集めていくところにあります。


フォローマティックXYもフォローブースターPROも
基本的にはそれがメインのツールです。


あとはBOTと呼ばれる自動ツイート機能が
その「フォロー&アンフォロー」機能を補佐して、
ツイッターツールはその2つの仕組みで成り立っています。


これでほぼツイッターツールとしては完成しているわけです。


フォロワーが増えるスピードや、
使用時の凍結率などを比較しているサイトも多いですが、
ハッキリ言ってそこはどちらもさほど大差はありません。


そしてその部分についてはTwitter Brainも大きくは変わらないです。
(実際はそこの部分でもツイッターブレインがややリードしているのですが)


理由はツイッター自体が1000人のフォロワーを超えた時点で
フォロワー数の1.1倍までしかフォローをしてはいけない、
実質的な「暗黙のルール」がある為、
どんなに高性能なツールを使ってもその数字を超える事は出来ないわけです。


1000人のフォロワーがいれば、
1100人までしかフォローが出来ないという事。


フォロワー数がそこから増えない場合は、
自分で既存のフォローユーザーを解除して、
また別のユーザーをフォローしていくしかありません。


つまり「フォロー&アンフォロー」の機能は
その制限がある以上、そのスピードを競い合えるような、
そういう状況にはなっていないわけです。


また凍結率についても結局はその「使い方」次第。


どのツールも最初は「相互フォロー」というキーワードで、
相互フォローをしてくれるユーザーのみを対象に
コツコツフォロワーを増やして事を推奨していますので、
この方法を用いれば基本的にはそうそう凍結はされません。


そもそも凍結されても簡単にアカウントは
復活出来ますので凍結率の低さ自体を競い合う事自体が
あまり意味の無い事なわけです。


どうせ凍結されたところで簡単に元に戻せるわけですから。


結局この手のフォロワーを増やす為のツイッターツールは
それ以上の機能性は求められない
実質最低限の「フォロー&アンフォロー+BOT」ツールで
ほぼ完成形になっていたわけです。


その上でフォローブースターは、
それ以上の機能性は追及せず、「ノウハウ」の方に力を入れ
「ツール付きのツイッター教材」という方針で売り込まれてました。


対してフォローマティックは
この「フォロー&アンフォロー+BOT」ツールに
フォローマティックYという

「リツイートによるツイート拡散を自動化させるツール」

を付属してフォローマティックXYとしてバージョンアップさせました。


ただこれは複数のアカウントを並行して
マーケティング網を敷くいう理屈なのですが、
ぶっちゃけたところ、若干複雑なノウハウな為、
初心者にはあまり向いていません。


そして何より、実際にそこまで効果があるのかというと、
微妙な感じになっているというのが実情です。


理論ばかり先行して実用的ではないというか、
そもそも自分のアカウント同志でリツイートし合っても
あまり意味を成さないというのが実際のところなわけです。


そこに登場したのはこのTwitter Brain(ツイッターブレイン)。


「フォロー&アンフォロー+BOT」が基本の
フォローマティック、フォローブースターに対して
Twitter Brain(ツイッターブレイン)は


「BOT機能の完全なオートメーション化」


を徹底して追及したものになっています。


フォローマティックもフォローブースターもBOT機能については、
自分で作成したツイートを予め登録しておけば
それを自動的にツイートしてくれるという、
言わば「それだけ」の機能だった事に対して、

Twitter Brain(ツイッターブレイン)はそのツイート自体を
完全に自動化して作成していけるようにしました。



「自動生成されたツイートなんて、どうせ大したものにならないでしょ?」


と、ブログ記事の自動生成ツールなどを使った経験がある人は
普通にそう思ってしまうかもしれません。


ところがどっこい、Twitter BrainのBOT生成機能は、
自分が頭を捻って一生懸命ツイートを作るよりも
遥かにフォロワーが反応する「面白いツイート」を
バンバン「自動的」に作り出していってくれるんです。


ツイッターで言う面白いツイートは、
すなわち「フォロワーが反応するツイート」であり、
フォロワーが反応するツイートをつぶやいているユーザーは、
当然ながらフォロワーからも「注目」されます。


「このツイートは面白い。」「この人のツイートは面白い」と。


フォロワーに日々のツイートが注目されていれば、
アフィリエイトリンクをつぶやこうと、
ブログへの誘導リンクをつぶやこうと、
そのクリック率も飛躍的に高まって、
稼げる金額も集客力も格段に上がるという理屈です。


そもそも「ツイート」こそがメインのツイッターというサイトでは、
「面白いツイートをつぶやいていく事」が、ほぼその全てなわけです。


稼いでいる人と稼げていない人の差はそれくらいしかありませんし、
それくらいしか「差別化出来るポイント」がないのが
ツイッターというサイトなんですね。


現にフォローマティックもフォローブースターもその付属マニュアルでは


「頑張って面白いツイートを作りましょう!」


という事をしきりに強調してました。


要するにどんなにツールでフォロワーを集めても
「面白いツイート」を作れなければ、
稼いでいく事は勿論、集客効果等も得られない事を、
いずれの付属マニュアルにもハッキリと記載されていたわけです。


ではその「具体的な面白いツイートの作り方」として、
実際にどのような方法が記載されていたのかと言うと、
そこには明確にこのような事が書かれていました。


「リツイート数の多いツイートを参考ににして作りましょう。」


・・・要するにこれが「答え」だったわけです。


事実、ツイッターというサイトは、
そこに入り浸っているユーザーの年齢層は非常に若く、
利用者もスマホユーザーが半数以上になっています。


ツイッターにはツイッター特有の「ウケるツイート」があり、
それをあまりツイッターを利用していないような人が
頭を回転させて絞り出していくよりも、
実際に多くの人が反応したツイートを参考にする方が、
遥かに効率的、且つ確実に「ウケるツイート」を作れるという理屈です。


そしてツイッターには「面白いツイート」を、
そのまま「リツイートする」という機能が備わっている為、
その数を見れば「ウケたツイート」は一目瞭然。


リツイートはフェイスブックで言えば「いいね!」みたいなもので、
コアなツイッターユーザーは面白いツイートを、
わりと気軽に「リツイート」していく傾向にあるわけです。


そういうよくリツイートされているツイートを参考にしていけば、
誰でも面白いツイートは作れるという事。


現にそういった事がフォローマティックのマニュアルにも
フォローブースターのマニュアルにも共通して書いてありました。


ただ言うのは簡単でもこれを実際にやるのは大変な労力で、
ツイッターのツイートは1つ、2つ作ればそれでいいものではありません。


実際にBOTを回転させてそれらしいアカウントにしていくには
100個、200個というそういう面白いツイートを作る必要があるんです。


その1つ1つを作っていく為に


1、リツイート数の多いツイートをリサーチして

2、そういうツイートを実際に見つけて

3、それを参考に面白いツイートを試行錯誤して

4、実際にそういうツイートを作って

5、そのツイートに見合った画像を探して

6、画像を見つけたらそれをPCに保存sいて

7、そのツイートをBOTに登録していく



はい、これ何分で出来ますか?


ツイッターで反応を取るには画像はわりと付き物で、
実際にリツイートの多いツイートは大抵画像が付いています。


その画像探しまでを含めると、
1つのツイートに10分、15分・・・
もしかするとそれ以上は普通にかかるんじゃないでしょうか。


これを100個分、200個分とやっていくんです。


「うわっ!キツっ!!」


と思いませんか?


まあ、今だから私もこういう事を言ってますが、
これがツイッターマーケティングの「基本」でした。


それでも100個、200個のそういうツイートを作って、
面白いツイートが詰まったBOTを作り、
あとはフォロワーを増やしていけば、
収益性や集客効果が上がっていくという図式です。


実際にフォローマティックXYやフォローブースターPROを使って、
それなりに稼いでいる人やうまく集客をしている人は
この工程を経てそこに行き着いているわけです。


逆にフォローマティックXYやフォローブースターPROを買って
ろくに稼げてない人や集客効果を上げられていない人は、
この工程に挫折した人達です。


やっている途中で嫌になってしまったか、
頑張ってやったけど反応が取れなかったか・・・。


いずれにせよ、これがフォローブースターPRO、
フォローマティックXYの最大のネックとなっているポイントでした。


結局、ツイート作りは“本人次第”であるというところですね。


まあ、ビジネスなんて大半はそういうものですが、
その「本人次第」のところを完全に自動化させる事が出来て、
しかもその「質」が高いなら、言う事はありません。


そういうオートメーション化は多いに図っていくべきです。


つまりそれを実際に出来てしまうのが、
このTwitter Brain(ツイッターブレイン)というツールなわけです。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)の他社ツールを圧倒する強み。


それはやはりこうして解説してきた、
ツイッターユーザーに確実に「ウケるツイート」を、
ものの数分で一気に自動構築出来る、

「リツイート数のリサーチ機能が付いたBOTシステム」

にあると思います。


まさに先ほど言ったような、


1、リツイート数の多いツイートをリサーチして

2、そういうツイートを実際に見つけて

3、それを参考に面白いツイートを試行錯誤して

4、実際にそういうツイートを作って

5、そのツイートに見合った画像を探して

6、画像を見つけたらそれをPCに保存sいて

7、そのツイートをBOTに登録していく



この作業をTwitter Brain(ツイッターブレイン)なら、


1、属性キーワードを入力

2、基準の最低リツイート数を入力

3、取り込みボタンをクリック



これだけの作業で100個分でも200個分でも、
それ以上の数でも5分もかからず完了してしまいます。


実際に多くのリツイートが付いた「ウケたツイート」を
画像データごとごっそりそのまま取り込んでしまうわけです。


これならツイートを作る作業そのものが「無い」ので、
やっている途中で面倒になってしまうという事はありえません。


また、いざ取り込んだツイートがイマイチ反応を取れなければ、
またキーワードを変えてツイートを総入れ替えする事も可能ですから、
何度でも何百というツイートを一気に入れ替えて反応を試せます。


100個、200個というツイートを一生懸命作ったのに、
思ったより反応が取れなくてまたやりなおし・・・という、
言わば「労力が無駄になるリスク」も無いわけです。


この非常に大きな「リスク」と「労力」が、
フォローマティックXY、フォローブースターPROには
途方も無いレベルで普通にありました。


だからこそ、実際に稼げない人、挫折する人も出ていたわけです。


でも・・・このツールならそういう人が出る可能性は極めて低いです。


そもそもツイートを作る必要が無いわけですし、
やる事は自分が集めたフォロワーの属性に合ったキーワードを考えて、
そのキーワードでヒットするリツイート数の多いツイートを
一気に取り込んでBOTを自動化させていくだけです。


要するにツールの有効性を左右する要素が


・フォロワー属性のキーワード指定

・取り込むツイートのキーワード指定

・それぞれのマッチング



言わばこれだけなんです。


これくらいの調整なら、自分なりにやっていけると思いませんか?


逆にこれくらいの差別化要素は無いと、
こういうツールは皆が同じ事をしてしまうので、
私としてはこれくらいの調整要素はむしろ丁度良いと思ってます。


まさに「絶妙」ですよね。


実際にフォロワーの属性が違えば反応を取れるツイートも違うわけで、
本当にこのツールはどんな属性のビジネス、サイトにも応用できます。


ツイッターツールの究極系。


このキャッチフレーズは決して大袈裟なものではないと思います。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)の懸念点。


ツールの「強み」が本当に強すぎて、
ちょっと大絶賛の一辺倒レビューになってますので、
一応その懸念点も挙げておきます。


と言っても実はこの懸念点は実は既に懸念点にはなっていません。


「解決されているからこそこのツールがリリースされている」


と思ってくれていいです。


ただ、そこに懸念を感じる人は確実にいると思いますので、
あえて取り上げてその懸念も普通に解消しておきたいと思います。


まずこのツールの仕様を聞いて誰もが考えそうな懸念点は


1、他人のツイートや画像をそのままパクってツイートしていいのか。

2、過去にリツイートがたくさんついたツイートを
  これからツイートして実際に「反応」が取れるのか。



この2点ではないかと思います。


まず「1」の他人のツイートと画像を
そのまま取り込んでツイートしていく行為そのものについて。


これは著作権などの「法律的な観点」と、
ツイッターの「規約上の観点」があると思います。


その上で一点補足なのですが、
Twitter Brain(ツイッターブレイン)では、
取り込んだツイートの文章や画像のみを自由に書き換えて、
いわゆる「リライト」なども自由に行う事が出来ます。


なので、必ずしも取り込んだツイートを
全てそのままBOT化していかなければならないわけではありません。


自分なりにアレンジしていく事も自由に出来ます。


ただそれが面倒という場合。


結論から言えばそのままツイートしていっても一向に問題ありません。


まずその「法律的な観点」は、
実はツイッターの「規約上の観点」とも一致していて、
ツイッターにはこういう利用規約があるんです。


ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して、自ら送信、投稿、または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。



これを前提として重要なのはここから。


ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿、表示することをもって、媒体または配布方法(既知のまたは今後開発されるもの)を問わず、かかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配布するための、世界的な非排他的ライセンスを(サブライセンスを許諾する権利と共に)当社に対して無償で許諾するものとします。

お気に入り詳細を見る 本サービスを介して送信したコンテンツを、他の媒体やサービスで配給、配信、配布または公表することを目的として、当社のパートナーとなっている他の会社、組織または個人に対して提供する権利が含まれることに、同意したものとします。


やや小難しいですが、要するに、
ツイッターにツイートや画像を投稿した時点で。


そのツイートや画像の内容については他のユーザーが、
コピー、複製、改変、修正、公表、送信することに同意している



という事です。


要するに他人のツイートや画像をそのままパクる行為は
ツイッターの規約上も許されていて、
投稿者がその規約に同意している以上、法律的にもOKという事です。


これで1つ目の懸念点はクリアされましたね。


では次の懸念点。


過去にリツイートがたくさんついたツイートを
これからツイートして実際に「反応」が取れるのか。



という点ですが、ここにも1つ補足があって、
一度お伝えしていますがTwitter Brainには、
既にこういう機能も備わってます。


・リツイート数の多いリアルタイムなトレンドツイートを取り込み
 自動的にツイートしていく「Trend tweet System」



要するにこれは過去のツイートでは無く、
ツールに設定した指定キーワードに対して、
今後ツイートされていく全てのツイートに対して、
一定のリツイートがついたツイートを取り込んでいくという機能です。


要するにTwitter Brain(ツイッターブレイン)は
何も過去のツイートのみを対象にツイートを取り込んで終わりでは無く、
そこから未来にかけてのトレンドツイートさえ、
勝手に取り込んで「進化」していってくれるんです。


ただ実際のところは過去のツイートを何百と取り込むだけでも、
普通にフォロワーからの反応は取れてしまいます。


そもそもツイッターのツイートは、
大抵の場合、そのフォロワーくらいしかそれを見てません。


1000人のフォロワーがいるユーザーのツイートは
ほぼその1000人しか見ていないわけです。


その1000人さえ全員が見てるかも怪しいくらいですね。


要するに「リツイート数の多いツイートを取り込む」と言っても、
それを実際に見た人は多くても数万人とかそんなレベルです。


あなたが今後集めていくフォロワー全員が、
そのツイートを一度見たことがあるなんて可能性は極めて低いです。


つまり過去のツイートだろうと、面白いツイートは、
これから集めていくフォロワーに対しても有効だという事です。


これで2つの懸念点も無くなったかと思います。


そうです。


このツールは本当にツイッターツールとしては「究極系」で、
フォロワーの属性とそれにマッチするツイートを取り込んでいけば、
本当に絶大な収益性や集客効果を発揮し続けられる、
完全な「ほったらかしの集客装置」に発展させられるものだという事です。


しかもそんな「絶大な集客装置」となるアカウントを
10個でも20個でも、100個でも、
同時に作っていく事が出来るツールなんですね。


一応サーバーのスペックが絶えられれば、
アカウントの数やフォロワーの数、
登録していくツイートの数に制限は無いので、
サーバーのスペックさえ上げれば
無限大の可能性を発揮していく事も出来るという事です。


基本、私はこの手の「ほったらかし系の集客ツール」は、
そもそも全く使えないレベルのものか、
いざ集客出来ても質が悪くて使えないものと判断するのですが、
このツールはその理屈から考えてもその効果は確実にあります。


価格も初回アクセス時なら19800円と手頃ですし、
月額料金などもかからないので、
一度買い切ったら一生涯使い倒していく事が出来ます。


一応販売元の株式会社イーブックジャパンさんが存続する限り、
ツイッターの仕様変更などにも対応して、
半永久的なアップデート保証も約束してくれていますので、
少なくともここ数年で使えなくなるようなツールではありません。


長い目で見えれば勝手損のしようが無いツールだと思います。


そのツールの有効性を更に加速するマーケティングマニュアル。


また、このTwitter Brain(ツイッターブレイン)の教材一式には、
このツールに加えて、とんでもないクオリティの


・ツイッターマーティングマニュアル

・140文字以内のツイートに特化したライティングマニュアル



が付いていますので、こちらを基に、
ツイッターのみで完結するアフィリエイトから始まり、
ブログ、DRMとこのツールを連携させていく事が出来ます。


このツールだけでもおなか一杯のクオリティにも関わらず、
それ並みかそれ以上のマニュアルも付いてくるんです。


マーケティングマニュアルの構成は


・ツイッターのみで完結するツイッターアフィリエイト

・ツイッターとブログを連携させるツイッター×ブログアフィリエイト

・ツイッターとメルマガを連携させるDRMアフィリエイト



と、3段階のマニュアル構成で、
ツイッターのみで稼いでいくノウハウから、
そのフォロワーをブログに誘導して稼いでいくノウハウ。


そこから読者リストを集めてメルマガで稼ぐノウハウまで、
ネットビジネスの基本的なビジネスモデルを、
ツイッターを軸に展開していくという構成になっています。


そこへ更に宇崎恵吾さん執筆の、


・140文字以内のツイートに特化したライティングマニュアル


が加わっている感じですね。


私もツイッターを集客の入口にして、
そこから徐々にブログへの集客誘導を図り、
検索エンジン主体の集客に切り替えていった経緯がありますので、
ある意味、このマニュアルのノウハウは、
私が辿ってきた軌跡に近いところもあります。


ただ私はこんなにも「優秀なツール」と共に、
ツイッターマーケティングを展開出来ていたわけでは無かったため、
途中で集客の軸を完全に検索エンジン主体に切り替えてきました。


そんな私がこのツイッターブレインを手にした事で、
またツイッター集客の方も並行して進めている訳です。


というより、このツールからの集客は、
ほとんど「ほったらかし」でイケるものなので、
これはやらない方が損だと思い、実際にやり始めています。


私の場合は既にこうして出来上がったブログと、
メールマガジンのステップメール化なども出来上がっているので
ハッキリ言ってツイッターブレインから集められるアクセスは、
ほぼそのまますぐにでも大きな実益に変えていける算段が見えています。


検索エンジンからのアクセスほど質は良くないと思いますが、
既にそれなりのオプトイン(読者登録)も取れていますし、
オプトインさえ取れれば私のメルマガ講座からは、
それなりに収益が出る事は実証済みなので、
あとはそこからリスト教育をしていけばいいだけの話です。


まだフォロワーは数百人という状態ですが、
これがどんどん増えていけば、
単純に現状のツイッターからのアクセスも増えていきます。


当然そうなればオプトイン数も増えていきますので、
どう転んでもこのツールを購入した以上の費用対効果は
今後、10倍、100倍、1000倍に膨れ上がっていくはずです。


ただマーケティングマニュアルの方では、
本当にゼロからの初心者でも取り込んでいける、
ツイッターのみで完結するノウハウから順を追って解説されてますので、
この教材そのものが初心者にはかなり向いていると言っていいと思います。


確固たる集客モデルを1から自動構築して、
そこからブログやメールマガジンを初めていけるわけですから、
ゼロからブログやメルマガを始めるより、
そのスピード感や取り組み易さは歴然とした差があります。


本音でこれは私がネットビジネスを始めた頃に使いたかった、
そんなツールと教材の一式が詰め込まれています。


そして何より宇崎さんのコピーライティングマニュアルは
もはや言うまでも無く「秀逸」です。


彼のコピーライティング教材の構成力は、
既にミリオンライティングの方で示されていますので、
この教材にもその構成力をまた存分に発揮してくれています。


140文字のツイートと言えど、突き詰めれば奥が深く、
ただそのポイントを押さえてしまえば、
面白いほどフォロワーを誘導出来るツイートが作れてしまう、
本当にその「コツ」が詰め込まれたマニュアルになっていますね、


正直、私はこのライティングマニュアルのみでも、
この教材を買ったと思いますし、満足度も得られたと思います。


基本、ツイッターに特化した書かれ方をしていますが、
140文字という縛りの中で人を動かす文章テクニックという点で、
メルマガのタイトルやブログのタイトルなど、
そういうところにも生かせるノウハウが満載のマニュアルです。


まさに詰め込めるものを全て詰め込んでくれた最高の教材。


この「ツイッターブレイン」は本気でそう言える、
本当に素晴らしい教材だと思います。


ツイッターブレイン、フォローマティックXY、フォローブースターPROの比較。総括。


ツイッターブレインとフォローマティックXY、フォローブースターPROの比較。


その総括ですが、私的にポイントと点数をまとめるとこうなります。


(付属マニュアルのクオリティ)

・フォローマティックXY  ★★

・フォローブースターPRO ★★★

・ツイッターブレイン    ★★★★★



(ツールの機能性)

・フォローマティックXY  ★★★

・フォローブースターPRO ★★

・ツイッターブレイン    ★★★★★



これが私の率直な評価です。


マニュアル、ツール共に私的には、
Twitter Brain(ツイッターブレイン)が星2つは抜けていると思います。


本当にそれくらいの歴然とした違いと差がありますね。


まあ、最も後出しされたツール件マニュアルですから、
先立った2つのツールを遥かに超えるものに仕上げられるのは、
やはり後発リリースされた教材の強みだと思います。


にしてもそのグレードの高さは本当に星2つは抜けていますね。


ただこの星の数は価格とサポート体制を考慮している部分もあります。


フォローマティックXYとフォローブースターPROは
一律して22800円という価格でサポートが付いてません。


対してTwitter Brain(ツイッターブレイン)は、
特別価格だと19800円で購入出来て、
ツールの完全代行設置や60日のビジネスサポートが受けられます。


この差は大きいですね。


あとツールの機能性については、
フォローブースターの機能は大方全て、
フォローマティックXYにもツイッターブレインにも付いています。


なので、フォローブースターは星2つ止まり。


フォローマティックXYとツイッターブレインの比較としては、
フォローマティックXYのみに付属している機能が
自身のアカウント同志をリツイートさせていく自動化機能。


ツイッターブレインのみに付属している機能が
この記事で解説してきたリサーチ型BOT機能なので、
この2つの機能の重要性と価値を比較すると、
やはり星2つくらいの差は付くのではないかと思いました。


どう考えてもツイートを自動的に何百と作れる機能の方が
この手のフォロワー収集ツールを使っていく上では重要です。


自身のアカウント同士をリツイートさせ合う事くらいは、
実際に「手動」でやっても大した手間ではありませんし、
その工程にさほど「クオリティ」は求められません。


そう考えると断然ツイッターブレインが、
重要な工程をこれ以上無い形で自動化出来ています。


その差ですね。


ツイッターツールの世代交代・・・、
ハッキ行ってもう始まっていると思います。


それでもフォローマティックXYを推奨する、
そんなアフィリエイターさんがいるとするなら、
その人はそもそもツイッターというサイトをわかっていない人ですね。


井上太一限定特典。


近々、このTwitter Brain(ツイッターブレイン)一式を題材に、
また新しい企画をやろうと思ってます。


ただ案内ページやコンテンツの作成には、
どうしても時間がかかってしまうので、
今の時点で私からこのTwitter Brainを購入頂ける場合は、
その企画に先立ってまずはこちらの特典をお付けします。
(企画発足後は自動的にそちらにも参加頂けます。)


井上限定特典1:井上式ツイッターマーケティングマニュアル

ツイッターをネットビジネスに利用していく際のメリットは、
「集客効果」や「成果」を上げやすいところだと思います。


とくに初心者が「稼ぐ」という事を実感していく上では
ブログやメルマガなどを利用していくよりも
遥かに簡単で手っ取り早く「成果」に繋げていけると思います。


例えばブログ集客やメルマガのリスト収集などを主体とした場合、
どうしても実際に成果を上げていくまでには
最低でも1~2カ月ほどは構築期間的なものが必要になります。


勿論、目先の収入に捉われる事がかえって遠回りになっては意味がありません。


それでもその「目先の収入こそが重要」という方は多いと思いますし、
そういった収入こそがモチベーションになるという側面もあると思います。


そんな「目先の収入」を手っ取り早く稼げるのは「ツイッター」なわけです。


メールマガジンで言う「リスト数」やブログで言う「アクセス数」は
ツイッターでは「フォロワー数」という形で現れますが、
リストやアクセスと比較してフォロワーは極めて集めやすい傾向にあります。


言うなれば今日作ったツイッターアカウントでも、
今日の今日からそのフォロワー数を
1件、2件と着実に増やしていく事が出来るわけです。


その成果が分かりやすいだけに初心者はモチベーションを保ちやすく、
きちんとしたノウハウで集めていった「フォロワー」は
その数が多くなるほど大きな集客力を発揮してくれるようになります。


そんな集客力のあるツイッターアカウントは
まさに「お金そのものを生み出せる資産」となっていきます。


フォロワーを集めてフォロワー数を増やしていく事は
そんな「将来の収入源となる資産」を構築しているに等しいわけです。


この「ツイッターマーケティングマニュアル」では
そんな“手っ取り早くツイッターで稼ぐ為のノウハウ”を提供しています。


とは言えツイッターブレイン本編のマーケティングマニュアルの方で、
そのおおよそのノウハウはほぼ網羅されてしまっていますので、
こちらはそのポイントの整理や再確認に活用ください。


井上限定特典2:ツイッター×トレンドキーワードマニュアル

このTwitter Brainの付属マニュアルは、
ツイッターにおけるマーケティングノウハウのほぼ全てが、
完全な形で網羅されている教材と言っていいと思います。


本当に抜け目無しという感じに・・・。


ただ、その中で取り扱われていなかった要素としては、


「ツイッターのキーワード検索からの集客」


を意図したトレンドキーワードの観点です。


このTwitter Brain(ツイッターブレイン)を活用していく上で、
この要素は網羅しておいても決して損は無いと思いますので
私の方からの特典コンテンツとしては、
まずこの「トレンドキーワード集客」のマニュアルをお付けします。


実際にこのキーワードを意識したツイートを、
自動的に取り込み続けるように設定しておけば、


“ツイッターキーワード検索からの集客”


も図っていけるようになります。


つまりツールの集客力を更にアップ出来るという事です。


井上限定特典3:ツイッター×トレジャーキーワードハンティングマニュアル

これは「特典1」のトレンドキーワード集客の延長線上にあるノウハウで、
具体的にそのトレンドキーワードを見つけ出していく、
おそらく多くの人がやっていない「ある方法」をまとめたマニュアルです。


人によっては日常生活の中で、普通にそのキーワードを
バンバン発掘していけるのではないかという方法なので、
このツールを利用していくなら、是非把握しておいて欲しいです。


この方法を理解して、意識しておくだけで、
いわゆる集客性の高いお宝キーワードが、
日常生活の中でホイホイ見つけられるようになります。


いざ見つけていったならそのキーワードでツイートを取り込み、
BOTの中に放り込んでいけばいいわけです。


そこでまた更に集客力を加速していきます。


井上限定特典4:井上太一「Twitter Brain」使用事例マニュアル

今も現在進行形で行っている、
井上太一アフィリエイト倶楽部の方で提供している、


「その対象教材を私がどう使用して実践しているか」


の事例マニュアルです。


これがモノ凄く好評で、参考にも勉強にもなると、
多くの参加者様から喜びの声を頂いています。


やはりその実践事例というのが一番参考になるものですから、
今回の企画にもこの事例マニュアルをお付けします。


ただまさに今、私はこのツールを実践的に利用中なので、
このマニュアルは後日、企画の発足後に提供させて頂きます。



現在、1から作成した5つほどのアカウントから、
ツール稼働2カ月ほどで57000円の報酬+αを稼いだ、
その2カ月間の使用事例マニュアルの方を提供しています。


こちらのTwitter Brain使用事例マニュアルは、
一定の使用事例と成果が出ていくと共に継続的に提供していきます。



井上限定特典5:「Twitter Brain」アフィリエイト戦略マニュアル

こちらはこのTwitter Brain(ツイッターブレイン)教材そのものを、
実際にアフィリエイトで売り込んでいく為のマニュアルになります。


この教材は本当に素晴らしいツール+一式教材ですので、
ネットビジネスに興味や関心を持っているような人であれば、
おそらくどんな人にお勧めしても確実に満足頂けると思います。


そして非常に「売り易い商品」でもあります。


現にセールスレターを読んで頂ければわかりますが、
セールスレターにはどこにも


「このツールをこうして私は幾ら稼ぎました。」


みたいな主張は強調されていません。


にも関わらず、既にインフォトップでは、
販売即日からツール部面での24時間ランキングは、
第1位になる売れ行きを見せています。





つまりこのツールは「幾ら稼いだ」とか、
そういう事を言わなくても普通に売り込めてしまうわけです。


セールスレター自体にそういう事が書いていないわけですから。


ちなみに私はインフォトップ販売前の、
アドモールのみでの先行販売時、「あるリスト」へのみ、
こっそりとそのこの教材を紹介していました。


そこでもこんな感じでバンバン成約が取れていました。



※右クリックで拡大出来ます。


442件のアクセス誘導で58件の成約、
アフィリエイト報酬10000円×58件で計58万円。


これをほぼまる1日で売り上げました。


日給58万円です(笑)


成約率は13%。


セールスレターの出来栄えもありますが、
私のアフィリエイト戦略による効果もあると思います。


こうして私が「こっそり」とやっていた戦略も含めて、
このマニュアルにはこのツールの売り込み方法を詰め込みます。


とくにこのツールに限らず使えるアフィリエイト戦略ですので、
色々な意味で非常に参考になり、勉強になり、
何よりやればしっかりと稼げると思います。


一応このツールは購入するとアフィリエイト報酬が
一律10000円にまでアップしてもらえる権利が付いてくるので、
買ったからにはバンバン紹介して売り込んでいくべきです。


今もまた現在進行形で別の売り込みもやっていますので、
そちらの戦略も含めて何パターンか、
この教材の売り込み戦略をまとめる予定です。



こちら、ある程度のめどを立てて体系化させて頂きました。

現在、こちらのような2つのアフィリエイト戦略を提供中です。


・手持ちリスト等を一切使わずTwitter Brainの紹介のみで
 日給にして58万円のアフィリエイト報酬を稼ぎ出した方法


・ツイッター系ツールのアフィリエイトに適した「逆算マーケティング」
・2~3分に一件のペースで上質な見込み客リストを手に入れる方法
・まさに「飛ぶように売れていく」そのシンプル過ぎる売り込み戦略


・約2カ月間でTwitter Brainを175本成約したアフィリエイト戦略

・Twitter Brainの購入に繋げやすいアクセスの集め方
・Twitter Brainの購入に繋げやすい見込み客リストの集め方
・Twitter Brainを成約しやすいレビュー記事の書き方
・Twitter Brainの購入率を高めるステップメール事例


まだまだ追加執筆予定です。


井上限定特典6:井上太一個別メールサポート90日

最後に5つ目の特典が私、井上のサポートです。


もともと教材の方には60日のサポート期間が付いていますので、
そこに更に30日分のサポート期間を追加します。


私から1つでも何かの教材を購入してくれたなら、
その瞬間からあなたは同じ教材をもとにビジネスを進めていく仲間です。


あなたが望む限り私は私の知っている限り、
そのノウハウやスキルを惜しむことなく提供させて頂きます。


実際に私は近い友人やその知人などを
しっかりと稼がせている実績もありますので
稼がせる」という点のスキルもある程度は持っています。


稼ぐため、稼がせるために必要なスキルと
その正しい道筋をしっかりと持っているという事です。


本人にやる気と行動力さえがあれば他に必要なものなの何もありません。


ですので何か聞きたい事などがあればいつでもこちらに相談してください。


可能な限りあなたの環境にあった的確なアドバイスをさせていただきます。


以上5つの特典コンテンツを提供させて頂きます。


・井上太一「Twitter Brain」使用事例マニュアル

・「Twitter Brain」アフィリエイト戦略マニュアル



この2つは現在進行形で検証&執筆中なので、
提供は本格的にこの教材を題材にした企画を発足した後になります。


現時点で購入頂いていても、完成次第、
全てお届けしますので、よろしければ是非ご検討ください。


ネットビジネスに関与している人、興味がある人は、
手にしておいて絶対に損は無いツールと教材です。


この教材1つでもツイッターマーケティングから、
ブログマーケティング、DRMまで網羅できますから、
初心者にも打ってつけだと思います。


このツールをスタートラインにして
ツイッターマーケティングから始めていく流れは、
初心者の人にとっては本当に理想的ではないでしょうか。


いきなりブログ、メルマガを始めるより、
遥かにハードルも低く、稼ぎやすいからです。


これを機会に是非、大きな一歩を踏み出していきましょう!


>Twitter Brainの購入はこちら<


井上太一ツイッター倶楽部関連記事


井上太一ツイッター倶楽部、コンテンツ提供開始のご案内

タグ

2014年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ツイッター 情報商材批評

もう古い?副業思考で月30万円稼ぐ!『ビクトリーキャッシュ』株式会社ラブアンドピース

井上です。


かなり前にリリースされていたはずのアフィリエイト教材が
ふとランキングの方に入っていましたので取り上げておきます。


こちらですね。


副業思考で月30万円稼ぐ!『ビクトリーキャッシュ』

http://web-income.biz/af/top2/

副業思考で月30万円稼ぐ!『ビクトリーキャッシュ』(株式会社ラブアンドピース)


販売元は株式会社ラブアンドピースさん。


わりと有名な情報商材販売業者さんですが、
ハッキリ言ってあまり評判の良い業者さんではありません。


一時期よく扱っていたロト6などのギャンブル系のツールとか、
この辺りがかなり評判を悪くしているみたいですね。


この『ビクトリーキャッシュ』もセールスレターの冒頭で、


「一度きりの特別オファー」


というような表示が出ますが、
実際は何度でも同じページにアクセスできます。


ご丁寧に2回目は


「間違って閉じてしまった方ためにもう一度だけ公開します。」


と表示され、この表示は何度でも出てきます。


・・・まあ、こういう手口を平気でやる業者さんという事です。


正直こういうセコい詐称行為みたいのは辞めて欲しいですね。


ただ、その評判とセコい手口のわりに、
このアフィリエイト教材自体の中身はわりとまともです。


まあ「まとも」というだけでセールスレターに書いてあるような
月30万円とか、そういう数字はさすがに非現実的ですが、
そこそこやれば稼げなくも無い内容です。


と言っても、月に5万円とかよくて10万くらいだと思いますが
マニュアルの内容はそこそこ悪くはありません。


それこそトレンドアフィリエイト系のノウハウで、
キャッシュポイントは主に物販ですが、
イメージとしてはこちらのイメージングアフィリエイトに近い手法です。

>イメージングアフィリエイト


トレンド系の物販アフィリエイトという点も共通してますね。


ただ同じ路線で見ると尚更その内容は
イメージングアフィリエイトの方が明らかにまとまってます。


『ビクトリーキャッシュ』はやや荒削りというか、
売る作るために作ったノウハウ及びマニュアル感が強く、
たぶんマニュアルを書いた人や販売者さんは
トレンドアフィリエイトを実際にはやっていないと思います。


マニュアル内に記載されている事例ブログなども
販売当初にそれらしいものを掲載したきり全く更新されてません。


やる気の無さが見え隠れというか・・・。


まあそのわりには粗削りながらも
トレンドブログのポイントはそこそこ押さえて
そこそこのマニュアルにはなったという感じでしょうか。


でもこの内容で19800円は、
イメージングアフィリエイトと比較すると、
もはやあえて『ビクトリーキャッシュ』を購入する理由が無いです。


イメージングアフィリエイトは特別価格なら
その約半額の9800円で購入できますからね。


『ビクトリーキャッシュ』を検討されるなら、
断然イメージングアフィリエイトの方をお勧めします。

>イメージングアフィリエイト


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧


それではまた。

タグ

2014年5月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

トレンドアフィリエイト加藤秀吉塾~天下統一~(下克上、バナナデスク)株式会社move

井上です。


インフォトップでは羽田和広さんの

パトリオットアフィリエイター養成学校の募集が終わり、

(こちらは今だに申し込めるという完全に意味不明な状況ですが)

次はこちらのトレンドアフィリエイト塾が売れ筋になっている模様です。


加藤秀吉×バナナデスク 秀吉塾~天下統一~

http://tenkatouitsu.com/f_top/

加藤秀吉塾~天下統一~(下克上、バナナデスク)株式会社move


トレンドアフィリエイト教材「下克上」の販売者、

バナナデスクさんが仕掛けている高額アフィリエイト塾ですね。


当然、よくある高額アフィリエイト塾の手口で、

今は「募集オンリー」という状態。


コンテンツ一式の提供は後日になるようです。


まあ、この時点で私は絶対に推奨しない教材ですね。


理由はこちらの記事を参照してください。

>私が先行公開型の高額アフィリエイト塾などを推奨しない理由。


現にセールスレターの方を見ると、

ここまで既にコンテンツは出来上がっている事がわかります。


(提供商品)
ノウハウ・マニュアル動画 合計50時間、3人の忍びツール、
マニュアルPDF30個、3ヶ月間無制限メールサポート



もうここまでコンテンツが出来上がっているのに、

何故、購入者に商品を納品しないの・・・?


と、そこに不信感を抱くのは私だけなんでしょうか。


塾の開校は6月2日からという事らしいのですが、

3カ月間のメールサポートにしても、

一気に何百人という人の対応を行っていくよりも、

順次、分散した購入者を対象にサポートをしていく方が

サポートも楽になりますし、その質も確実に向上します。


こういう売り方をするメリットが無いんですよね。


ツールやカリキュラムの内容が“しょぼくない”なら。


噂によるとこの加藤秀吉塾~天下統一~には、

高額なバックエンドも控えているそうで、

これも私からすればどうなの?と思ってしまうところです。


10万円以上ものお金を徴収するなら、

もうそこに必要な事は全部詰め込みましょうよ・・・。


それくらいの価格帯で参加を集うなら、

バックエンドなんてやっちゃいけないと思います。


その先立つものが「全力では無い」って事になるわけですから。


結局、そういうバックエンドを控えさせる事で、

実質「フロント商品」的な扱いになっている、

この加藤秀吉塾~天下統一~が不十分なものである事を、

自ら露呈しているようなものだと思います。


だから一端、募集を締め切る形で「売り切ろう」とするわけです。


先にコンテンツを渡してしまうと「クチコミ」や「評判」で

この加藤秀吉塾~天下統一~の不十分さがバレるから。


要するに自信が無いんですよ。


自信があるなら、コンテンツをバンバン提供して、

多くの人に「クチコミ」や「評判」を広げてもらうはずです。


その方が長期的に大きな利益を得られますからね。


情報販売をする業者さんは何だかんだ言っても

一番稼げる形で情報を世の出したいと思ってますから、

素直に自信のあるコンテンツやツールなら

そうやって多くの人に「クチコミ」や「評判」を広げて貰える、

そういう売り方をしていくはずです。


でも、それをしない理由。


それをしない高額塾が多い理由は唯1つです。


事前に「中身」や「内容」を批評されたくないんですね。


それをされると「売れなくなる」から。


ましてバックエンドまで控えているなら、

このフロント商品の評判が下がるのはより頂けません。


だから、コンテンツは「後で」提供するわけです。


少なくとも私はこういう売り方をする情報は、

99%例外なく、そういう意図で売っていると思ってます。


現にこういう売り方をして後々、

悪い評判が出回らなかった高額塾なんて1つもありませんから。


こういう売り方は情報商材のASP側が辞めさせるべきだと思うんですけどね。


代金を受け取ったなら、速納品を義務付ける。


これを徹底してくれるだけでも、

この業界はだいぶマシになるはずなんですが。


結局、インフォトップ側も「健全化」を謳っているわりに、

こういう売り方で「儲かる方」を取ってるって事です。


少なくとも私は10万円以上もする高額な教材を

中身がわからない状態では絶対に推奨なんて出来ません。


そして前例を見てもこういう売り方をする教材はほぼ全滅してます。


なので私はこの加藤秀吉塾~天下統一~も当然、お勧めできないです。


下克上のバナナデスクさんも下克上で見られるように、

完全な誇大広告で情報を売りつける傾向にありますからね・・・。


下克上のセールスレターなんて誇大広告以外の何物でもありませんから。


下克上のセールスレター

http://www.gekokujo.info/


この教材の内容で1日1記事で月50万とか、まず無理な話です。


にも関わらずこれを推奨しているアフィリエイターさんが多いには、

まあ・・・まさに業界内の「横繋がりの闇」ってヤツですね。


私は関係ありませんので、素直に思った事を言いますが(笑)


以上が私なりの加藤秀吉塾~天下統一~の批評になります。


この加藤秀吉塾~天下統一~のセールスレターや動画では、

しきりにバナナデスクさんが


「この手法じゃないとトレンドアフィリエイトは稼げなくなる」


というような事を言ってますが、

それは120%ありえませんのでご心配なく(笑)


というか、そう断言するなら下克上、販売中止にすればいいのに。


いずれにせよ、これはただの煽り文句です。


だから下克上は下克上で今後も売り続けるはずですよ。


それが何よりもの証拠です。


ちなみにこのバナナデスクさんが提唱する下克上のノウハウは

私がこのトレンドアフィリエイト教材に付けている、

オリジナル特典の中身でほぼ網羅されてます。

>イメージングアフィリエイト(田中雄一)レビュー


イメージングアフィリエイトは特別価格で購入すれば9800円。


実際のところこの教材と私の特典で、

トレンドアフィリエイトのポイントはほぼ網羅できます。


要するにトレンドキーワードで集客して、

アフィリエイトしていくというビジネスなわけですから、

そんなにも複雑なノウハウがたくさんあるわけじゃありません。


9800円のイメージングアフィリエイトと

私の特典で必要な知識とノウハウは十分培えます。


何十万円も支払って勉強するほど、

複雑なノウハウじゃないと思うんですけどね。


あとはこの辺りの記事も押さえておいてもらえば

私的にはトレンドアフィリエイトの知識補充、

ノウハウの吸収は十分だと思ってます。


>Twister(ツイスター)+イメージングアフィリエイト

>検索エンジンに頼らないアフィリエイト戦略


まあ、情報商材の販売者さんや多くのアフィリエイターさんが、

商売上、あれこれ色々売り付けたいと思うのは仕方がない事ですけどね。


ただ私なりのトレンドアフィリエイトという手法についての考えは

この記事に書いた事がおおよそ全てです。


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧


それではまた。

タグ

2014年5月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ