Twister(ツイスター)+イメージングアフィリエイト 株式会社バンザイ レビュー

井上です。


私がトレンドアフィリエイト教材の中で推奨している。
こちらのイメージングアフィリエイトという教材。

イメージングアフィリエイト(田中雄一)レビュー


この教材の販売者である田中雄一さんが、
自身のブログでこのイメージングアフィリエイトと、
非常に相性の良い教材として推奨している、
ある「ツール付き」の一風変わったトレンド教材があります。


こちらですね。


Twister(ツイスター)株式会社バンザイ
http://twister-mk1.info/

Twister(ツイスター)株式会社バンザイ レビュー


Twister(ツイスター)というツール付きの、


「ツイッターを対象にしたトレンドアフィリエイト教材」


なのですが、イメージングアフィリエイトの販売者、
田中雄一さんがこちらの記事でかなり強力な特典を付けて推奨しています。

Twister(ツイスター)+田中雄一さんのレビュー


このTwister(ツイスター)には、
ツイッター上で稼働するツールが付いているのですが
ツイッターのツールと言えば今はインフォトップなどで
「フォローマティックXY」というツールが売れ筋になっています、

フォローマティックXYのレビューはこちら


ただこの「フォローマティックXY」の売り込みが全盛のこの時期に
イメージングアフィリエイトの田中さんを含め、
一部の有力アフィリエイターさんもあえて推奨していた教材。


それがこの「Twister(ツイスター)」です。


ではそんなにもこのTwister(ツイスター)のツールが良いのか。


・・・というと、ツールに関してはとくにそういうわけではありません。


ツールの機能性のみを比較するなら、
圧倒的に「フォローマティックXY」ないしは、
こちらの「フォローブースターPRO」の方が上をいっています。

フォローブースターPROとフォローマティック


にも関わらず「Twister(ツイスター)」を推奨する
有力アフィリエイターがちらほらいる理由。


それはツールの機能性では無く「ノウハウ」の方にあります。


要するに「ツイッターのツール」として見るなら、
この「Twister(ツイスター)」は「フォローマティックXY」や
「フォローブースターPRO」などには明らかに負けています。


ただこれを1つの「アフィリエイト教材」と見るなら、
確かにこれは私も評価できる「面白いノウハウ」だと思いました。


要するにこの「Twister(ツイスター)」を推奨している人は、
新たな切り口のアフィリエイト教材としてこれを推奨し、
その上で「それなりのツールも付いてくる」という感じで、
ツールを1つの付属ツールとして評価しているわけです。


ただその「ノウハウ」に付属させるツールという意味では、
この「Twister(ツイスター)」に付いてくるツールは
普通に十分な動きをしてくれる優良ツールだと思います。


むしろ1つのツイッターツールとして見ても、
この「Twister(ツイスター)」は決して悪いものじゃありません。


メインとなる機能はフォロー&アンフォローの自動化による
フォロワーの収集機能とツイート設定に伴うBOT機能。


要するにBOT機能付きのフォロワー収集ツールです。


これについてはまさに「フォローマティックXY」や
「フォローブースターPRO」などと同じ役目を果たすツール。


基本的には「フォローマティックXY」も
「フォローブースターPRO」もフォロワーの収集ツールです。


ただそれぞれのツールが切磋琢磨して、
それ以外の機能性等を充実させていった結果、
今は「フォローマティックXY」がその最新バージョンとして、
リツイートの拡散機能などを付けて人気を博しています。


とは言えそういうプラスαの機能を使いこなして
実際に大きな成果を上げている人がいるかと言えば・・・。


結局のところメインのフォロー&アンフォローの自動化による
フォロワー収集ツールとしての機能と、
ツイートを自動化するBOT機能を使いこなしていればいいところで
それ以上の機能はあまり意味を成しているとは言い難い状況です。


少なくともこの2つの機能以外を使いこなしている人や
それを使いこなして高い成果を上げている人を
私は実際に見た事がありません。


何より当の私も「あまり意味ないな」と思っているクチです。


いざそれぞれのツールを利用している人も
結局はフォロワー収集とBOT機能以外の機能は
さほど重宝していないというのが現状ではないでしょうか。


そう考えるとこの「Twister(ツイスター)」は
そのフォロワー収集機能とBOT機能については、
むしろこの2つのみに特化したツールなだけあって、
非常にシンプルで使いやすいツールになっています。


ある意味、右も左もわからない初心者が
ツイッターのツールを使っていこうという場合。


下手に「フォローマティックXY」のような
多機能過ぎるものに手を出すより
この「Twister(ツイスター)」レベルのツールの方が
遥かに主要となる機能のみを楽に使いこなせるのではないか。


そう思うくらいですね。


まあ、そういう多種多様の補足機能も
無いよりはあった方が何かと使える可能性もありますので
ツール単体で見れば「フォローマティックXY」を推奨しますが、
決して「Twister」のツールが使えないわけではありまえん。


むしろメインとなるフォロワー収集とBOT機能については
かなり精度が高いツールだと言ってもいいと思います。


何せそれだけに特化しているツールなんですから。


なので、それだけのツールが欲しいという人は
価格だけを見ても「Twister(ツイスター)」の方が
割安でシンプルなツールが普通に手に入ります。


ただ冒頭からお伝えしてきたように
この「Twister(ツイスター)」のウリは、
そのツールでは無く「ノウハウ」の方にあります。


そのノウハウというのが


ツイッターを対象にしたトレンドキーワード集客を主体とする
トレンドアフィリエイトで稼いでいくノウハウ



というものになっています。


ツイッターを主体としたトレンドアフィリエイトとは


ノウハウの概要をザックリ説明すると、
要するにこのTwister(ツイスター)」では、
検索エンジンからの集客を主体とするのではなく、
ツイッターからの集客を主体として収入を得ていきます。


その集客方法が「トレンドキーワード」であり、
言わばツイッターで話題に上るキーワードを狙って
トレンドキーワード集客を図り、
そのアクセスから収入を得ていくというわけです。


なので基本的な流れとしては


ツイッター → ブログ


です。


ブログに沿えるキャッシュポイントはアドセンスが基本で
物販のアフィリエイトにも応用が可能。


そのポイントはやはりツイッター集客が主体なところですね。


意外にツイッターでも「キーワード検索」をする人は
今やかなりのユーザーに見られる傾向なので、
スマホユーザーを中心にその検索数は相当なものです。


総数的に検索エンジンほど多くはないでしょうけど、
その分ライバルが少ない利点があります。


何よりツイッターの検索機能はその上位表示の基準が


そのキーワードを含む最も新しいツイートが最上位に来る


という明確なルールがあります。


要するに検索エンジンのキーワード集客のように、
その上位表示に不透明な要素が全く無い事から、
その上位表示対策などをする必要も全く無いわけです。


むしろその対策は


マメにトレンドキーワードとなるキーワードを
とにかく頻繁にツイートしておけばいい



というシンプルなものになります。


そしてそれをBOTによって自動化できるのがツイッター。


・・・何となくこのノウハウの趣旨は見えてきましたか?


勿論、検索エンジンを主体とするトレンドキーワード同様に、
トレンドとなるキーワードは多種多様、
時間の経過と共にどんどん移り変わるので、
基本的に競合のようなものはあって無いようなものです。


少なくとも検索エンジンよりは
遥かに競合が少ない事は間違いありません。


ザックリ言うとそのツイッターからのトレンド集客、
トレンドアフィリエイトのノウハウを体系化した教材です。


ツールの方にはBOT機能が付いているので、
主にやっていくべき事は、ツイッターのアカウントをブログを作り、
トレンドキーワードを含むツイートをBOTに登録。


ツイートの方にはブログのURLを貼り付けて
ブログにはアドセンスなどの広告を貼った記事を投稿。


あとはトレンドキーワードの定期的なリサートと
それに伴う自動ツイート設定の入れ替え。


アクセスを集められなくなったツイートは削除して
また新たなトレントツイートを追加していく流れですね。


かなりシンプルですが、シンプルだからこそ稼げます。


だって、ポイントはここで説明した事だけですから。


勿論、その細かいノウハウや具体的なテクニック等が
教材の方に書かれているわけですが、
これはこれで普通に合理的な戦略だと思います。


少なくとも検索エンジン集客を主体とする
従来のトレンドアフィリエイトよりは確実性が高いです。


キーワード選びさえ間違わなければ、
確実にアクセスを集められるので。


検索エンジンが主体の場合は、
そこから記事の書き方やキーワード対策が必要で、
アクセスが入るまでどうしても時間がかかる上に、
幾らやっても稼げない可能性が「ゼロ」ではありません。


記事の書き方やキーワード対策が下手だと
検索エンジンで上位表示がされずアクセスが入ってこないからです。


でもこのツイッターを主体とするキーワード集客なら
そのキーワードに一定の検索数があれば、
アクセスは間違い無く入ってきます。


そのキーワードを含めたツイートをしておけば
必ずその検索時にそのツイートが上位表示されるからです。


それも今日作ったツイッターアカウントでも、
1年前に作ったツイッターアカウントでも、
その検索時の表示条件は全く同じ。


要するにキーワードの選定さえ間違わなければ
今日、今すぐにでも大量のアクセスを集められるわけです。


要するに従来のトレンドキーワード集客は


・トレンドキーワードのリサーチと選定
・複合キーワードのリサーチと選定
・タイトルの付け方
・記事の書き方
・総合的なキーワード対策



と言ったあらゆる要素が全て「重要」だったのに対し、


ツイッターのトレンドキーワード集客は


・トレンドキーワードのリサーチと選定


これさえ間違わなければ、
今日作ったアカウントでもすぐに稼げるわけですね。


その上でツールによる「フォロワーの収集」も同時に行い、
フォロワーからのアクセスも安定させると、


・トレンドキーワードからの集客
・フォロワーからの集客



これが相乗して出来るようになるので、
よりアクセスと収入は安定していくという事になります。


なので、セールスレターに書いてあるような
それなりの収入を手にしていくには、
やはりフォロワーの収集に時間をかける必要もありますが、


・トレンドキーワードからの集客


の方はわりとすぐにでも実現させていく事が出来ます。


ただどちらにしてもブログは作っていくわけですから、
この「ツイッターによるトレンドキーワード集客」をしながら
従来のトレンドアフィリエイトも並行していくと、


・ツイッターからの集客
・検索エンジンからの集客



を両立出来る事になります。


当然これによってアクセスと収入はより安定して大きなものになります。


ツイッターの利用者やその検索ボリュームは
今後も確実に伸びていくであろう事は間違いありません。


今現在の段階でトレンドアフィリエイトをやっているような人は
この「Twister(ツイスター)」のノウハウを取り入れて
アクセスの入り口と幅を広げておいても損は無いと思います。


これからトレンドアフィリエイトをやるという人も、


・ツイッターからのトレンド集客
・検索エンジンからのトレンド集客



この2段戦略はかなり有効だと思います。


ツイッターの即効性とフォロワー収集による継続性、
そこに検索エンジンからの集客力を足していけば、
かなり安定感のあるトレンドブログを構築していけるはずです。


Twister(ツイスター)お勧め購入特典


というわけでこのTwister(ツイスター)は
ツイッターからのトレンド集客を図りながら、
連携させるブログの方も検索エンジンからの集客を図り、
本格的に構築していく流れをお勧めしたいと思います。


もともとこのTwister(ツイスター)のノウハウは
定期的なトレンドキーワードのリサーチと、
それに伴うトレンドツイートの入れ替えが主で、
さほど毎日のように時間を取れる手法じゃありません。


ですので、同時に構築していくブログの方も
検索エンジンからのトレンド集客を主体とする
トレンドブログの方を作成していく事は十分に可能です。


よってこのTwister(ツイスター)の購入は
私がお勧めしているこちらのトレンドアフィリエイト教材、
イメージングアフィリエイトとの並行した実践をお勧めします。

イメージングアフィリエイト(田中雄一)特典付きレビュー


その上でこのイメージングアフィリエイトの販売者、
田中雄一さんも自身のブログの方で、
この「Twister」と自分のノウハウの相性が良いとして
下記のような特典コンテンツを提供してくれています。


・ツイッターを活用してアフィリエイト成約に無関係で
 報酬を増やす方法(フォロワー数に比例して収入が上がる方法)

・その為のキャッシュポイントの構築手順※図解説
 (ほぼリアルタイムで収入になる方法)

・収益増加プログラム一覧

・自動でサイトにアクセスを集める為の自動化構築手順

・田中も最近目をつけていた”ツイッターから
 アクセスの流し易いあるコンテンツ”

・ネタが無くても文章力が無くても最短分6分で記事を作り、
 投稿して大きなアクセスを狙える方法

・絶対注意すべき よくやりがちなNG行為

・好反応を選られ易いツイッターつぶやき集※コピペ利用可能

・ネタが無くても文章力が無くても最短分6分で記事を作り、
 投稿して大きなアクセスを狙える方法



トレンドアフィリエイト市場の一線で活動されているだけあって、
この特典コンテンツもかなり強力なものになってます。

Twister(ツイスター)+田中雄一さんの特典詳細はこちら


イメージングアフィリエイトの方には私の方からお付けしている、
これまた「強力な特典コンテンツ」があります。


私達の特典を抜きにしてもこの「イメージングアフィリエイト」と、
「Twister(ツイスター)」を並行してい実践する流れは、
私的にかなりお勧めしたいトレンドブログ戦略です。


初回アクセス時の特別価格で購入すれば
「イメージングアフィリエイト」は9800円ですし、
「Twister(ツイスター)」は18800円ですから、
併せて購入しても価格的には“30000円以下”です。


私と田中さんの特典を含めると下記のようなラインナップで
トレンドアフィリエイトとしては最強のノウハウが揃いますから
価格に対しての「価値」は十分にあると思います。


<イメージングアフィリエイトのコンテンツ>

・検索エンジンからのトレンドアフィリエイト教材

・イメージングアフィリエイト田中雄一さんのサポート


<Twister(ツイスター)のコンテンツ>

・ツイッターを利用したトレンドアフィリエイト教材

・Twisterフォロワー収集+自動ツイート(BOT)ツール

・Twister(ツイスター)近藤さんのサポート


<井上太一からの特典コンテンツ>

・検索エンジンからトレンドキーワードを絞り込むノウハウ

・ロングレンジトレンドキーワードのリサーチノウハウ

・井上式ツイッタートレンドキーワード集客のノウハウ

>イメージングアフィリエイトの特典詳細はこちら


<田中雄さん一からの特典コンテンツ>

・ツイッターを活用してアフィリエイト成約に無関係で
 報酬を増やす方法(フォロワー数に比例して収入が上がる方法)

・その為のキャッシュポイントの構築手順※図解説
 (ほぼリアルタイムの収入になる方法)

・収益増加プログラム一覧

・自動でサイトにアクセスを集める為の自動化構築手順

・田中も最近目をつけていた”ツイッターから
 アクセスの流し易いあるコンテンツ”

・ネタが無くても文章力が無くても最短分6分で記事を作り、
 投稿して大きなアクセスを狙える方法

・絶対注意すべき よくやりがちなNG行為

・好反応を選られ易いツイッターつぶやき集※コピペ利用可能

・ネタが無くても文章力が無くても最短分6分で記事を作り、
 投稿して大きなアクセスを狙える方法

Twister(ツイスター)+田中雄一さんの特典詳細はこちら


これら一式の代金が30000円以下と考えれば
私の特典付きでのイメージングアフィリエイト、
田中雄一さんの特典付きでの「Twister」の購入は
決して高くは無い“トレンドノウハウへの投資”です。


勿論、いずれか一方でも再現性は十分にありますし、
1つ1つ堅実に実践していこうというのもアリですが、
意欲があれば並行購入と並行した実践を試みてもいいと思います。


今後、上記2つを並行して実践する人が増えてくるようなら
私の方で2つのノウハウを誘導させた、
オリジナルの特典コンテンツの作成なども検討致します。


アドモールの2ティアアフィリエイトシステム
(アフィリエイターの特典等をアフィリエイト出来る仕組み)で、
私のブログを介して田中さんのブログにアクセスし、
特典付きでこの「トレンドブログ講座」にお申し込み頂いても
私の方にも普通にメリットがあるようになっています。


その辺りはお気になさらず田中さんの特典付きでお申し込みください。
(稀に私にメリットが無いなら井上さんから買いますという方がいるので。)

>イメージングアフィリエイトの特典購入はこちら

>トレンドブログアフィリエイト講座+田中雄一さんの特典付き購入はこちら


それでは。


井上

タグ

2014年4月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

何故、せどりエイターれお☆さんの次世代型せどりインサイダーは競合するほど稼げるのか。

井上です。


私が企画しているこちらのせどり企画ですが…


>井上式せどりインサイダープロジェクト


どんどん参加者様が増えている状況にある中で、
企画内の軸としているせどりノウハウ、


>せどりエイターれお☆さんの次世代型せどりインサイダー


について、このような質問を頂くようになりました。


「何故、せどりインサイダーは競合する懸念がないのですか?」

「何故、競合するほどメリットがあり、稼げるんですか?」

「何故、れお☆さんはノウハウを無料で公開しているんですか?」



一応、この理屈はれお☆さんのセールスレターや私のブログ、
それぞれのメルマガなどでも、ある程度はお伝えしているのですが、
その理屈がどうも100%腑に落ちないという人もいるみたいです。


これは私のせどり企画に参加している人からも頂いている声なので、
意外とその理屈が伝わってないんだな、、、と思いました。


でも、この理屈はこのノウハウを実践していく上でも
実際に稼いでいく上でもかなり重要なポイントなので、
きちんと理解して欲しいところでもあります。


この理屈を理解しているかどうかで、
仕入れや転売の際の考え方も変わってきますし、
何より実践時の「モチベーション」が違ってきます。


なので、今日はその辺りの「理屈」を、
もう少し噛み砕いて分かり易く説明していきたいと思います。

何故、せどりインサイダーは競合が「メリット」になるのか


まずこの「せどりインサイダー」というノウハウの競合性については
下記2つの観点を基にした考え方があります。


・市場全体に対する競合の観点
・1つ1つの商品に対する競合の観点



ひとまずはこの2つの観点を分けて、
それぞれのポイントを解説していきたいと思います。


<市場全体に対する競合の観点>

まずこのせどりノウハウはプレミアが付いている
ありとあらゆる音楽系商品全てがその仕入れ対象になります。


そしてこれはそういう商品をリサーチしていけばわかるのですが
そういったプレミアものの音楽系商品は
その種類や数がほぼ無数に近いレベルで存在するわけです。


更にそういったプレミアがつくような限定商品は、
今日も明日も明後日も誰かしらのアーティストが
常にそういう商品をリリースしていっている状況にあります。


例えば「嵐」などのジャニーズ系のアーティストは
大抵「初回限定盤」というものを出します。


そういう限定盤が全てのシングル、アルバムで出てくるんです。


それも初回盤A、Bのようなものも多数あり、
その1つ1つが「限定盤」とは言え
10万枚、20万枚とプレスされ、リリースされます。


現に嵐などの人気アーティストになると、
それだけの数の商品がリリースされていっても、
その全てに「プレミア」が付いていく状況にあり、
それだけプレミア商品はかなの種類と数に分類されるわけです。


こういった限定盤商品が全てのジャニーズアーティストの
ありとあらゆるほぼ全ての種類のCDにあると考えれば
それだけでも途方もない数のプレミア商品が存在する事が分かります。


同じようにポップス、ロック、洋楽、ジャズ、クラシックなど、
あらゆるジャンルのものに限定盤商品が存在するわけですから、
その種類の多さはまさに「無数」と言って差し支えないはずです。


要するにプレミア系の商品は「数えきれないほど」あるんです。


更にまた新たなプレミア盤が今日も明日も明後日も、
どこかしらのアーティストがリリースしていくわけですから
このプレミア商品の買占めを軸としていくノウハウにおいて、
仕入れるプレミアCDが無くなってしまうという可能性はほぼ皆無です。


対象となる商品は毎日増えていくんですから。


これがこの「せどりインサイダー」のノウハウにおける、
市場全体を視野に入れた際の「競合の観点」になります。


では、1つ1つの商品に対しての競合性はどうなのか。


1つ1つの商品にはやはり競合があるのではないか。


確かにその通りだと思います。


でも、この「せどりインサイダー」では、
その1つ1つの商品に対する「競合」はメリットでしか無く、
それが更に利益を伸ばす要因になっていくわけです。


その理屈をもう少し噛み砕いてはお話ししていきます。



<1つ1つの商品に対する競合の観点>

そもそもこれは「投資に近い視点」で考える必要があります。


そもそもプレミアものの商品は数に限りがある為、
その価格は「需要」と「供給」のバランスで決まります。


そこでいざ「買い占め」という目的で商品を買い漁り
在庫としてストックしていく人が増えていくと
当然その商品は「市場」から数を減らしていきます。


そうなれば純粋にその商品が「欲しい」という人の中で
その商品の需要と供給のバランスは
当然「需要」の方が高まっていく事になりますよね?


需要が高まるという事は価格はどんどん高騰していきます。


株や為替の相場が動くのは、まさにこの道理と同じですね。


つまり「買い占めている側」からしてみれば、
その商品を同じように「仕入れていく人」が増える事は

「その商品の相場を更に引き上げる事」

に繋がります。


結果的に特定の商品に関して言えば
競合すれば競合するほど価格が高騰していくわけです。


特定の会社の株を既に持っている人からすれば、
その株を買おうという人が増えて
競合していく事は願っても無い事です。


相場が上がるのですから。


どんどん競合してくれればどんどん株価は上がります。


この転売ノウハウではこれと同じ理屈が
1つ1つのプレミア商品に対して成り立つわけです。


つまりこのノウハウは競合さえメリットになるというわけです。


そういう意味ではこのせどりノウハウはいち早く初めて
いち早く色々な商品を買い占めておくほどメリットがあります。


このノウハウを実践していく人が増えておけば
あらゆる商品を買い占め目的で仕入れる人が増え、
手元の商品の価値は更に高騰していく事になるからです。


せどりエイターれお☆さんは、まさにそれを見越して
このノウハウをあえて「無料」で公開しているわけですね。


この「買い占め戦略」のノウハウを無料で公開する事で、
プレミア商品の「買い占め側」に回る人を増やしているわけです。


結果、大量の商品を買い占めているれお☆さんは
相場の高騰によって更に稼げてしまうという図式です。


れお☆さんのブログやセールスレターに掲載されている、
これらのプレミアCDの在庫の山が
その事を何よりも物語っていると思います。






これがれお☆さんがこのノウハウを無料で公開し、
あえて競合を促進させている理由だという事です。


まあ、考え方としては賛否両論あると思いますが
私は素直に「天才的」だと思いました。


これを「株」などの金融商品でやってしまうと、
これは完全な「インサイダー取引」で違法行為になりますが
音楽CDならそれを咎められる事も無いわけです。


そもそも株のインサイダーが違法なのは、
それをやれば誰でも簡単に大金を稼げてしまうからで、
市場を健全なものにする為、それを取り締まっているんです。


それを合法的、且つ少ない資金からでも出来てしまう、
この音楽CDの買い占め戦略は、私は本当に天才的だと思います。


現にこの方法でれお☆さんはガンガン稼いでいるわけですし、
私もその恩恵に預かっている事は間違いありません。


そしてれお☆さんの教材の購入者や
私のせどり企画への参加者さんなども
ガンガンこの方法で稼ぎまくっている訳です。


勿論、これからこの市場に参入して、
実際にプレミア商品を買い占めようという人からすれば
あえて既に相場が上がっている商品を仕入れるメリットはありません。


要するに普通に他の商品の買い占めていけばいいだけの話です


先ほど「市場全体に対する競合の観点」でお伝えした通り
プレミア系商品の数は膨大にあり、
そんなプレミア商品は今日も明日も新たなものが出てきます。


仕入れる商品そのものが無くなるという事は考えられません。


新たな商品がどんどん出て来るわけですから。


そう考えるとこのプレミア商品の買い占め戦略は
まさに死角無しの完璧な理屈が成り立っているわけです。


先駆者は先駆者の利益を追及出来て、
新規参入者は新規参入者なりに新たな商品を狙えばいい。


ただそれだけの話だからです。


本当に凄い転売ノウハウですよね。


以上が私が自身のせどり企画で軸としている、
れお☆さんの「せどりインサイダー」のノウハウが
競合そのものをメリットに変えられるという事の理屈です。


「何故、競合する懸念がないのですか。」

「何故、競合するほどメリットがあり、稼げるのか。」

「何故、れお☆さんはノウハウを無料で公開しているのか。」



その理屈は少なからず理解出来たのではないでしょうか。


「それ、凄いですね!」


と思って頂けたなら、是非一度、
私のせどり企画のご案内の方をお読みになってみてください。

>井上式せどりインサイダープロジェクト


この理屈を理解した上でお読み頂ければ、
いかに私のせどり企画やれお☆さんのノウハウが理に適っているか。


その根本的なところが見えてくると思います。


もう、参加しない手はないな・・・と、そう思ってもらえるはずです。


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年4月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり

Unlimited Affiliate アンリミテッドアフィリエイト(株式会社ミスリル、小林憲史)レビュー

井上です。


先日インフォトップでロングセラーとなっている
LUREA(ルレア)というアフィリエイト教材について、
私なりの独自の視点でレビューしたところ、


「こちらもお願いします。」


というレビュー依頼を頂いたので、
同じインフォトップでロングセラーとなっている、
こちらのアフィリエイト教材の方も取り上げておきます。


Unlimited Affiliate(株式会社ミスリル、小林 憲史)

http://www.unlimited-affiliate.com/

Unlimited Affiliate アンリミテッドアフィリエイト(小林 憲史)レビュー


まず率直に言うとこのアンリミテッドアフィリエイトは
アフィリエイト教材としては非常に良い情報商材だと思います。


内容の方もかなり伴ったものになっていますし、
テンプレートなども含め価格に対してのボリュームもそれなりのです。


何より実践内容が私がやっている事にも近い部分があって、
そういう意味でも再現性は十分にあると思います。


そもそも私が実際に結果を出せているやり方に近いわけですから。


ただ私がやっている事に「近い」という事は、
おのずとこちらの教材との比較になってきます。

>Copyrighting Affiliate Program


要するにこのアンリミテッドアフィリエイトも、
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)主体のノウハウで、
ブログとメールマガジンで情報商材を紹介していく手法になります。


ただ、その路線でCopyrighting Affiliateと比較してしまうと・・・


やはり軍配はCopyrighting Affiliate Programに上がってしまいます。


私が勢力を上げて推奨している以上、
そう言うのは当然だとうと思われてしまいますが、
もしこのアンリミテッドアフィリエイトが
Copyrighting Affiliate Programより優れている教材なら
私は迷わず推奨教材を乗り換えます。


そもそも私がCopyrighting Affiliateを主体に進めている、
こちらの井上太一アフィリエイト倶楽部の提供コンテンツは
基本的にはどんなアフィリエイト教材にも適応できる内容です。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


その中で私がCopyrighting Affiliateを推奨しているのは
DRMを主体とする教材ではやはりこれが一番だからであり、
更にこれ以上ないレベルのコンサルプランが付いているからです。


アンリミテッドアフィリエイトの方が
そのあらゆる面で優れているというなら、
私はその主軸商品を迷わず切り替えます。


値段とアフィリエイト報酬を考慮すれば、
アンリミテッドアフィリエイトの方が
実質的な私の「儲け」は増えるんですから。


でも、それをしないのはやはりコンテンツの内容、
コンサルティング体制、そして値段。


どれを比較してもCopyrighting Affiliateが上をいっているからです。


それでもあえてCopyrighting Affiliateには無い
アンリミテッドアフィリエイトの強みを述べていくなら、


・Copyrighting Affiliateには無い集客ノウハウがある
・各使用サイトの細かな図解解説マニュアルが付いている
・専用のテンプレートが付いている



この3つですね。


対してCopyrighting Affiliateが圧倒的に勝っている点は


・無駄なノウハウが一切無い事
・サポート、コンサル体制が手厚い事
・文章の添削サービスが付いている事
・コピーライティングを本質から学べる事
・教材一式9800円から



という感じです。


ちなみに教材一式のみの価格は
アンリミテッドアフィリエイトが22800円、
Copyrighting Affiliateが9800円で
1カ月間のサポート・コンサルが付いてきます。


アンリミテッドアフィリエイトは実質的にサポートはありません。


この2つの強みと価格の違い等を比較して、
アンリミテッドアフィリエイトの方が良いというなら、
まあ・・・購入してもいいと思います。


ただそれぞれの内容を把握している私からすると
ハッキリ言ってアンリミテッドアフィリエイトを購入するメリットは
実質的に何1つ無いと言っていいです。


まず強みの1つである「多種多様な集客ノウハウ」ですが、
正直これはマニュアルのボリュームを増やす為に
あれこれ詰め込んだだけという感じがあります。


少なくとも私的な感覚では意味の無いものが多いので、
これをやらされる事自体がマイナスという印象ですね。


そんな集客作業に時間を取られるくらいなら、
1記事、2記事と記事を追加していく方がいいというのが私の考えです。


キラーページやサテライトブログ、SNSからの集客など、
私からすると無駄な集客ノウハウが多いかなと・・・。


初心者向けのマニュアルは丁寧でありがたいものですが
実際のところ、この内容は各サイトのヘルプページで調べられます。


要するにあっても無くてもいいものだと私は思います。


グーグルでも調べられる事ばかりですし、
あえてこのマニュアルに金銭的価値があるかと言えば微妙です。


そして3つ目の強みであるテンプレートも、
賢威のような強いテンプレートを使っていれば、
ハッキリいって必要のないものです。


というか要りません。


対してCopyrighting Affiliateは
初心者には必要不可欠な手厚いサポートと
スカイプコンサルに文章の添削サービスも付いてます。


何よりDRMに最も重要なスキルである
コピーライティングのマニュアルが手厚い。
(というかこれは間違いなく業界最高レベルの内容)


これが決定的な要因ですね。


もしCopyrighting Affiliateという教材が無ければ、
アンリミテッドアフィリエイトはお勧めしていたかもしれません。


まあ、そうなると私もアフィリエイトの業界で
ここまで頑張ってこれたかもわからないので、
その仮定話はあまり意味がありませんが、
いずれにせよ以上のような理由から、
私はアンリミテッドアフィリエイトはお勧めしていません。


アンリミテッドアフィリエイトなら、
断然Copyrighting Affiliate Programが上をいっているからです。


更に私が提供している井上太一アフィリエイト倶楽部のコンテンツ。


これらを加えて貰えれば、もう完全に
アンリミテッドアフィリエイトを購入するメリットはないかと。
(Copyrighting Affiliate単体でも既に無いんですけど。)

>井上太一アフィリエイト倶楽部


以上が私なりのアンリミテッドアフィリエイト評価です。


まあ、あくまでも個人的な意見ですので、
購入を迷われているなら、後の判断はあなたにお任せします。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年4月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

お勧めしない理由:3MブログサイトアフィリエイトLUREA(ルレア)レビュー

井上です。


以前こちらの記事でイメージングアフィリエイトと比較した、
こちらのLUREA(ルレア)というアフィリエイト教材について。

>イメージングアフィリエイト vs LUREA(ルレア)


この教材単体でのレビュー依頼があったので、
今更ながら取り上げておきたいと思います。


3MブログサイトアフィリエイトLUREA(ルレア)

http://lurea.net/


3MブログサイトアフィリエイトLUREA(ルレア)レビュー


ショートレンジ、ミドルレンジ、
ロングレンジという3つのアフィリエイトノウハウを主体に
無料ブログ用、ワードプレス用のテンプレート、
SEO対策に特化した集客マニュアルまで、
かなりのボリュームがあるアフィリエイト教材です。


3つのノウハウを解説するそれぞれのマニュアル1つ1つも、
かなりのボリュームで「手抜き感」は全くありません。


当然、そんな「本気レベル」の教材ですので、
詐欺的という事も全くないですし、
それだけのボリュームですから学べる事もたくさんあります。


ただ、それでも率直な意見を言わせてもらうと、
私はあまりこの「LUREA(ルレア)」を初心者の人、
中級者以上の人を問わず、あまりお勧めはしていません。


何というか、私からすると、
かなり「無駄の多い教材」だと思っているからです。


まあ、厳密に言えば「無駄」というわけではないのですが
私からすると「覚える必要も実践する必要も無い」と思う事が多く、
これだけ色々な事をやらされるわりに、
その見返りとして得られる収入が少な過ぎます。


正直、マニュアルを読んでいった際、


「うわっ・・・めんどくさっ!」


と思ってしまいました。


何というか、私はとにかく無駄な事はしなくない以上に、
最も成果が上がる事だけを徹底してやりたいタイプなので


「やれる事はとにかくやる。」


という感じのこの教材の内容は、
私にはちょっと受け付けられませんでした。


自分に受け付けられないものは人にも勧められません。


初心者の人にとっては情報過多になってしまい、
逆にうまくいかないのではないかと思いますし、
中級者以上の人は私と同じ事を思うと思います。


何故、ルレアを推奨するアフィリエイターが多いのか


ただこのLUREA(ルレア)を推奨しているアフィリエイターは、
トップアフィリエイターも含めて比較的多い傾向にあります。


その理由としては、確かにLUREA(ルレア)は
マニュアルのボリュームも満点で
色々なノウハウを広い範囲で細かく学べる為、


とにかくいろんな事を学べる方が
ボリュームのある情報商材の方が価値がある



と考えているアフィリエイターさんは、
このLUREA(ルレア)を推奨する傾向にあります。


ある意味ではそれが間違っているとは思いませんが
私は初心者にはもっと重要なポイントだけを
的確に教えている教材の方がいいと思ってます。


まあ、マニュアル一式に目を通していった際の


「何となくの満足度」


という点では、こういうボリューム満点の教材は
初心者の人にとっては「稼げるかどうか」は別として、
それなりに得られる傾向にあります。


そういう観点でボリューム重視型のアフィリエイターさんは、
それも見越してこのLUREAを推奨して可能性もありますね。


ただ1つ明確に言える事は、
LUREA(ルレア)を推奨しているアフィリエイターさんも
実際にこの内容を忠実に実践しているかと言えば
99%の人がほとんど実践さえしていません。


そもそもこのLUREA(ルレア)の内容は
物販アフィリエイトがメインの教材なので、
情報商材系のアフィリエイターからすれば、
そこまで関連性は深くないノウハウなんです。


なので情報商材系のアフィリエイターからすれば


「こんな単価の低いアフィリエイトなんてやってられるか。」


と思ってしまうのがわりと一般的。


現にこのLUREA(ルレア)には、
無料ブログとワードプレスのテンプレートが付いてますが
このLUREA(ルレア)を推奨しているアフィリエイターが
そのテンプレートを使っているかと言えば、
実際に使っている人はほとんどいません。


要するに情報商材のアフィリエイトで稼げているような人は
LUREA(ルレア)をアフィリエイトする事では稼いでいるものの
LUREA(ルレア)のノウハウでは稼いでいないわけです。


で、実際にこのLUREA(ルレア)を実践して
実際に稼いでいる人がいるかと言えば、
これもほぼ皆無に近いと思います。


それはそうでしょう。


あれだけ「あれもこれも」とやらされれば、
大抵の初心者は間違いなく挫折します。


だから私はこういう教材は推奨しないわけです。


「これを実践して稼げなければ返金」


というような事も言っていますが、
そもそも全てを実践していく事自体に
かなり無理がある内容なんですね。


せめてその内容を全体的に把握して
効果がある事と無い事を自分なりに見極められる
ある程度の経験者じゃなければ
このLUREA(ルレア)の内容は消化しきれないと思います。


そういうところも含めてこのLUREA(ルレア)は、
どう考慮しても初心者向けの教材ではないと思うわけです。


当のLUREA(ルレア)の販売者も・・・


また、極めつけのポイントとして
このLUREA(ルレア)は、当のその販売者さんも
この内容を実践して稼いでいるわけではありません。


何故ならこの教材を作成した3名のアフィリエイターさんは
皆、完全に情報商材系のアフィリエイターで
物販アフィリで実績を出している人達ではないからです。


現にセールスレターに掲載されている
それぞれの筆者の実績の方を見ても
当人の物販アフィリエイトの実績は掲載されてません。


松山太郎さん、マメボーこと小林雅博さん、加藤洋さん。


いずれもアフィリエイターとしての実績は
インフォトップの売上実績のみです。


要するに物販アフィリエイトで稼いでいる人達じゃないんです。


つまりこのLUREA(ルレア)は、
そういう情報商材系のアフィリエイターさんが、
情報として「売る為」に作り込んだ教材というわけです。


ただ冒頭でもお伝えした通り、
この教材は決して手を抜いたものではありませんし、
実際に学べる事もたくさんある教材である事は認めます。


3名の実績のあるアフィリエイターが
が本気で作成した教材である事は事実だと思います。


だからこそ、あれもしも、これもしろ、と
やれる事は何でもやらせる教材になっているわけですね。


LUREA(ルレア)の決定的な欠点。


あと、このLUREA(ルレア)の決定的な欠点は、
私がネットビジネスで最も重要視している、


「コピーライティング」


というスキルを疎かにしている点です。


SEO対策に特化したマニュアルはもとより、
ウェブデザインに特化したマニュアルも付いていながら
何故かライティングに特化したマニュアルは付いてません。


ウェブデザインに特化させるくらいなら、
コピーライティングを特化させていく方が
よっぽど大きな実績に繋がると思うんですけどね。


そもそもLUREA(ルレア)には、
デザインが施されたテンプレートも付いてるんですから
あえてデザインに特化したマニュアルなんて、
さほど必要なものでは無かったと思います。


まあ、ウェブデザインのマニュアルは、
これはこれで勉強になるものでしたが、
初心者にウェブデザインを勉強させるくらいなら
私はコピーライティングを勉強させます。


その辺りの観点の違いが私的に見る、
このLUREA(ルレア)の一番の欠点ですね。


まあ集客などののノウハウや考え方は
色々と学べるボリューム満点のマニュアルに
無料ブログとワードプレスのテンプレート。


更にSEOやデザインも学べるマニュアルが付いて
価格は22800円ですから、
価格に対しての価値という点ではそれなりです。


ただテンプレートなら賢威の方が遥かに上をいってますし
私的にはさほど必要性を感じる内容では無いので
正直22800円の価値は感じられません。

>SEO対策ブログテンプレート「賢威」レビュー


テンプレートが欲しくて、デザインもそこそこ勉強したくて
集客系のノウハウを広い範囲で学びたい・・・。


そういう人にはいいと思いますが、
これ一本で稼ごうという初心者さんにはお勧めしません。


以上が多くのアフィリエイターが推奨する
LUREA(ルレア)を私が推奨しない理由です。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年4月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

街ぶら ネット小売りスクール(松浦 公基)株式会社ケイファクトリー・エンタテインメント

井上です。


またまたインフォトップで転売系の高額塾が
ランキング上位に食い込むほど売れているみたいですね。


勿論、例によってその売り方は、
私が先日の記事で批判(的な意見)を述べた
コンテンツ後出し式の先行公開型の高額塾・・・。


何でこういうものに参加するのかな~と思ってしまいますが
既にそれ以前のボロ?が出ているようなので
一応、そこに便乗して取り上げておきたいと思います。


街ぶら ネット小売りスクール(松浦 公基)

http://www.kf-entertainment.jp/machibura/index-b.html?utm_expid=84020796-74.k2Ba6QtjS5S-f5SP5iSLfg.1&utm_referrer=http%3A%2F%2Fwww.infotop.jp%2Fafi%2F


街ぶら ネット小売りスクール(松浦 公基)批評


私がこの手のコンテンツの後出しを前提として
先行募集をかけるような高額塾教材を推奨しない事。


その理由については先日の記事で述べた通りです。

>私が先行公開型の高額アフィリエイト塾などを推奨しない理由


ただこの街ぶらネット小売りスクールは、
私からすると本当に不可解なところが多いですね。


そもそも100人ものモニターを稼がせるくらい
既にカリキュラムが出来上がっていて、
それだけのサポート実績まであるにも関わらず、
何故、コンテンツを後出しする必要があるんでしょう。


出来上がっているなら、申し込みがあった順に
どんどん提供していけばいいじゃないですか。


現に100人に提供してるんですから。


人数を限定するわけでも無くあえて募集期間を決めて
コンテンツを後出しする意味がわかりません。


これこそまさに


「悪評を避けてるだけなんでしょ?」


と思ってしまいますね。


それ以外にコンテンツを後出しにする理由が無いですもん。


サポート体制に目をやると尚、そう思います。


1、24時間受け付けの無期限メールサポート

2、前代未聞の無期限スカイプサポート



条件だけ聞けば魅力的ですし、
無期限でサポートしてくれるのはありがたい事です。


・・・でも、じゃあ何で募集期間を限定して
コンテンツを後出しするの?と私は余計に思ってしまいます。


サポート期間を限定するわけでもないなら、
3カ月の受講期間というのは
ただの一方的な動画コンテンツの提供なわけですから、
期間を限定する理由は全くもって1つもありません。


既に100人を稼がせた完成されたカリキュラムがあって、
サポートも期限を定める無期限で・・・というなら
何のメリットがあって先行募集をかけて、
コンテンツを後出しするのか全くもって意味不明です。


まあ、正しくは意味不明ではないですね。


要するにコンテンツを渡してしまうと
たちまち悪評が広がるからこその
悪評を避けたマーケティング戦略だと思うのが妥当でしょう。


少なくとも私はそういう見方しか出来ません。


それ以外に理由が考えられないからです。


そういうところを抜きにしても
この街ぶら ネット小売りスクールは、
モニターさん?という方々の実績がかなり異常です。


異常だからこそ喰いつく人がいるんでしょうけど、
よくよく考えたら「おかしな異常さ」なんですよね。


例えばこのモニターさん。


M.Yさん(男性)

年代:49歳
職業:自営業、フリーランス
地域:近畿

総売上:8040万円
純利益:2790万円


総売上8040万円、純利益2790万円って・・・。


余裕で6000万円分くらいの仕入れを1年でやってるって事ですよね?


1カ月あたり500万円?


週に一度、街をぶらぶらするレベルの仕入れで??


それや幾ら何でも無茶でしょ・・・。


こんなレベルのモニターさんが他に2人くらいいる状況ですからね。


随分、資金力のあるモニターさんを集めたもんです。


少なくとも初月から500万円の仕入れを出来るような人、
ど素人の枠に入れるべきなんでしょうかね。


まあ、実際にそんなモニターさんがいたのかも疑わしいですけど。


モニター平均でもこの数字ですからね。


・平均年商2,800万円
・平均利益率35%
・平均年収980万円


1年で2000万円の仕入れという事ですから、
1カ月平均170万くらいの仕入れですか・・・。


100人の人が1週間に一度、街をプラプラして、
毎月200万円近い仕入れをしていたって事になりますけど、
申し込んでいる人はそれが現実的な数字だと思っているんでしょうか?


まさか初めから月に200万の資金を投入できるような
お金持ちのモニターさんばかりを集めたわけでもないでしょうから、
尻上がりで資金を増やしていったとなると、
1カ月あたりの仕入れがもっと多額になる月もある事になります。


どう考えても「おかしい」と思うんですけどね。


まあ、こんな数字の話はどうでもいいんですけど、
とりあえず私はこういうコンテンツ後出し系の
先行募集型の高額塾系はほぼ例外なく批判的に見ます。


そうする確固たる理由が無ければ尚更です。


その時点でこの街ぶら ネット小売りスクールは、
どう考えてもおかしいところだらけですよ。


ただこういう高額塾に30万円ものお金を支払っている人は
せどりや転売で本気で稼ぎたいと思っている人なんだと思います。


ハッキリ言ってその熱意と30万円もの資金があれば、
私の推奨しているせどり教材や私のせどり企画の方で、
もっと現実的に稼げるって事だけは強調しておきたいです。

>せどりインサイダープロジェクト


少なくとも30万なんて情報料は全く要りません。


私のせどり企画は1万円代からでも参加できますし、
1万円代の参加でもサポートから
仕入れる商品の情報提供まできっちりやってます。


何より私はそれをきっちりやって参加者さんを稼がせてます。


ノウハウだけなら無料で提供してますからね。

>次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」


コンテンツを後出しする理由もわからない高額塾に
30万円もの大金を支払うなら、
この無料のマニュアルを読んでその内容に沿って、
総額30万円分の仕入れをした方が余裕で稼げると思います。


少なくともこのノウハウなら40~50万円には出来ますよ。


そういうノウハウですからね。


嘘だと思うならまずはマニュアルだけでも読んでみてください。


無料ですから。


その無料マニュアルを読んで実際に可能性を感じて、
サポート付できっちり取り組みたいと思ったなら、
の時に有料版のマニュアルの購入や
私の企画への参加をそ真剣に検討してくれればそれでいいです。


もしあなたがこの「街ぶらネット小売りスクール」への参加を
本気で検討しているなら、こう考えてみてください。


ノウハウの中身も明かさずに
悪評を避けているとしか思えない手口で
先に代金を支払わせる高額教材に30万円を支払うのと、
絶対の自信があるからこそ無料で公開しているノウハウで、
実際に30万円分の仕入れをして稼いでいくのと。


一体どっちが賢明で賢い選択か。


まあ、中身が見えないものに期待する気持ちもわかりますが
こういう後出し系の高額塾で被害者が出なかった試はありません。


今回は違うと言える根拠はありますか?


今回も一緒だと思う根拠はこの記事で述べました。


あとはあなたが判断してください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年4月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

在宅ブルーオーシャン貿易(木野瑛太)レビュー

井上です。


アフィリエイト報酬が高額なせいなのか、
珍しく輸入転売の教材が売れ筋になっているようです。


こちらですね。


在宅ブルーオーシャン貿易(木野瑛太)

http://www.infotop.jp/click.php?aid=255888&iid=58813


在宅ブルーオーシャン貿易(木野瑛太)レビュー


インフォトップでもランキング上位に食い込んでいて
かなりの売れ筋商材になっているようですが、
冒頭でもお伝えした通りそこにはちょっとした裏があります。


まあ、裏というほどではない話なのですが、
この「在宅ブルーオーシャン貿易」は
アフィリエイト報酬が88%に設定されてるんですね。


販売価格は19800円なので、
1件の成約で18000円近い報酬が入るわけです。


要するにアフィリエイターとしては、
かなりおいしい情報商材という事になりますから、
おのずと報酬目的のアフィリエイターが増える事になります。


ですので、この「在宅ブルーオーシャン貿易」に関しては
手放しで絶賛しているようなアフィリエイターの意見は
あまりそのままは鵜呑みにしない方がいいと思います。


ただの報酬目的という事も多いに考えられますので。


・・・とは言え、こういう高額報酬の商材は
必然的にその良し悪しが完全に二分される傾向にあります。


物凄く質が高いか、そうでもないか。


まあ、情報商材というもの自体がそういうものなのですが、
とくにこういうアフィリエイト報酬が最高額のものは、
基本的に販売者側はこの教材を売る事で利益を得てません。


決済手数料とアフィリエイト報酬で利益はほぼ0です。


にも関わらずセールスレターとマニュアルを
こうして作り込んで公開する理由は
他でもなく「バックエンド商品」を売る為です。


要するにこれは「フロント商品」というわけです。


その上でバックエンドを売る目的のフロント商品は
必然的に下記の2つに二分されます。


・フロント商品で顧客満足を追求したコンテンツ

・実質的にはほぼ何の中身も無いに等しい
 ただのバックエンドの売り込みコンテンツ



要するにフロント商品で顧客満足を追求して
バックエンド商品に更なる期待を持たせる販売者と、
フロント商品にはほとんど中身が無いに等しいものを渡して


「これ以上詳しい事はこちらの商品で…」


という感じで、ただの売り込みコンテンツを
平気でよこしてくるような販売者です。


当然、消費者目線では前者であって欲しいわけですが、
情報業界は圧倒的に後者の方が多い傾向にあります。


結局、顧客満足を追求できるレベルのノウハウを
ほとんどの情報起業家が持てていないのが現実というわけです。


では、この「在宅ブルーオーシャン貿易」はどうなのか。


これについては先ほど、

「手放しで絶賛しているアフィリエイターはするな」

と言った矢先でアレですが、私は純粋に
かなりまともに仕上がっている教材だと思いました。


ページ数が650ページという段階で、
さすがに手を抜いた売り込みコンテンツが
650ページという事はまず無いだろうと思い、
実際に購入した上で中身を確認しましたが、
本当に一から輸入転売の手法が丁寧に解説されている印象です。


ただこれだけのページ数ですから、
購入するからにはそれなりに本気の人じゃないと
ただの読み物で終わってしまう可能性もあると思います。


言っても仕入れて売っての転売ビジネスですし、
海外アマゾンからの転売なので、
普通の仕入れよりも面倒な手間が少なからずあります。


その面等な手間をどうクリアするかも
マニュアルにはきちんと書いてますので
この内容をきちんと押さえていけば
おそらくそこそこは稼げるんだろうと思います。


ただこういう輸入転売の手順や
その稼ぎ方などを読むとますますこう思いますね・・・。


レオ☆さんのせどりインサイダーのノウハウは
やっぱり最強だな・・・と。

>次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」


まあ、せどりと輸入転売じゃ
それくらいの違いがあって当然なのですが、
結局のところは「仕入れ」と「転売」という流れは同じなので、
そう考えるとどこをどう比較しても
れお☆さんのノウハウの方が圧倒的に稼げますし、
圧倒的に簡単ですし、圧倒的に「確実」です。


その「確実」というのが大きいですね、やっぱり。


何故、確実に儲かるかの理由は
無料版のマニュアルかセールスレターの方を
きちんと読んでもらえればわかると思います。


こういう真面目な転売系のマニュアルを読むほど、
れお☆さんのノウハウの質の高さと完成度を再認識させられます。


このノウハウを主体にしている、
私のせどりインサイダー会員の方々も
かなり順調に利益を上げていっていますので、
その再現性も私からの購入者だけでも折紙付きです。

>せどりインサイダープロジェクト


せどりや転売系に手を出すなら、
やっぱり私はれお☆さんのノウハウを推奨しますね。


ハッキリ言って「非に打ち所」がありませんので。


ただこの「在宅ブルーオーシャン貿易」も決して悪くは無いです。


内容としては「当たり」の方のフロント商品だと思います。


どうしても輸入転売に拘りたい人は、
入門マニュアルにも使える内容だと思いました。

>在宅ブルーオーシャン貿易(木野瑛太)


ただ既にそこそこやれている人には不要かと思います。


内容やボリュームに文句はありませんが
価格も19800円はちょっと高いかもしれませんね。


アフィリエイト報酬に18000円近く還元するくらいなら
価格を半額くらいにしても良かったんじゃないかと思います。


以上「在宅ブルーオーシャン貿易」のレビューでした。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年4月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

私が先行公開型の高額アフィリエイト塾などを推奨しない理由。

井上です。


最近は以前よりはだいぶ数は減ったように思いますが
それでもたまにリリースがあるとかなりの人が申し込まれる
先行公開型の高額なアフィリエイト塾。


ここ最近で言えばSKナレッジさんが手がけた
大西良幸さんの「アンダーグラウンドメゾット」や
羽田和広さんのパトリオットアフィリエイター養成学校など、
こういう高額塾が開催されると数百人規模の人が申込み、
売上規模で言えば億単位の売上が上がっている事になります。


その売上の中には当然ですが、
アフィリエイターの方に還元されている分もあって
その2~4割くらいの金額については
アフィリエイターに流れているのではないかと思います。


つまりそれだけこの手の高額塾を
アフィリエイターの方も売り込んでいるわけですね。


その中には有名なアフィリエイターさんもいれば
とくにそうではないアフィリエイターもいると思います。


ただ私はほぼ例外なくその手の
先行公開型の高額なアフィリエイト塾などは推奨しません。


紹介することはあっても、どちらかと言うと
その案内内容に対して苦言を呈す事の方が多いです。


確かにああいう高額塾を売り込んでいくのは、
価格のわりに成約率も高い傾向にあって
高額な報酬ももらえるので儲かる事は儲かります。


現に「おいしい」からこそ、
多くのアフィリエイターもああいうものを紹介して
実際に多額の報酬をゲットしているわけです。


でも、私は長い目で見てそれは
目先のお金だけを追いかける愚行だと思ってます。


少なくとも私からすれば、
そういった先行公開型の高額塾を紹介する事は
ほとんど「リスクでしかない」と思っているんです。

私が先行公開型の高額アフィリエイト塾などを推奨しない理由。


何故、そういった「先行公開型」の
高額なアフィリエイト塾などを紹介する事がリスクなのか。


それは他でもなく、その「中身」が確認できないからです。


セールスレターでは幾らでもうまい事が言えますので
結局のところ情報商材で重要なのは、
その中身やそれに付随するサポート体制などだと思います。


でも「先行公開型の高額塾」はそれを確認する術がありません。


ハッキリ言って外見のパッケージでしかない、
セールスレターしかその判断材料が無いんです。


そんなものを人に勧められますか?


まして20万、30万という値段がするものを、ですよ。


例えそれが一攫千金的な報酬が入るとしても
私はそんなものは間違っても人には勧められません。


中身もわかならい数十万円のものを人に勧めるなんて、
普通に考えればおかし過ぎる事だと思うからです。


ただこの情報業界の高額なアフィリエイト塾などは、
決まってその中身を明かさない状態で「先行公開」をして


先行募集 → コンテンツは後日


という流れでコンテンツの中身を後日明かします。


こういったものが本当に「塾」を謳えるような
徹底したマンツーマン体制やリアルタイム感のあるものなら
いざこういった先行公開型の売り方をするのも頷けます。


ただここ最近の高額アフィリエイト塾などは、
とくにこういう売り方をする必要が無いものばかりで、
いざ蓋を開けてみればただ動画等のコンテンツを
一方的に提供していっているだけのものばかりなんです。


高額なアフィリエイト塾がコンテンツを後出しする理由


ハッキリ言ってこの手のアフィリエイト塾を謳っているものは
あえて先行募集のような事をして
コンテンツの方を後出しする必要など全くないものばかりです。


とくにリアルタイム感なんて必要のない
一方的なコンテンツ提供に
受け身のサポートを付けているだけの「教材」なんですから
募集期間なんて定めずに申し込みと同時に
どんどんコンテンツを提供していけばいいと思います。


その教材が本当に価値のあるものなら
それでどんどん良い評判が広がるはずです。


その方が販売者としての収益も長期的に大きくなります。


この業界で実際に評価されている教材は
実際にそうやって高い評価を得て売れ続けていますからね。


購入者へのサポートという面を考えても
期間を限定して一気に販売すると
その分、大量のサポート依頼が殺到しますから
対応する側、される側のメリット、デメリットを考慮しても
やはり一気に教材を売り切るメリットは何1つありません。


何よりその内容を確認できないという理由で
私のような「コンテンツの中身を重視するアフィリエイター」は
その商品の販売に協力することも出来ません。


でも、本当に価値のある教材を作ったなら、
本来、味方にするべきは
そういうアフィリエイターではないでしょうか。


中身も見ずになりふり構わず
そのセールスレターだけを読んで
こういう高額な教材を推奨するアフィリエイター達。。。


この手の「期間限定→コンテンツの後出し提供」の高額教材は
そんなアフィリエイターに教材を売らせる戦略を
あえて意図的に取っているわけです。


少なくとも私はそんなビジネスの姿勢には全く賛同できません。


むしろ賛同できる要素が1つも無うです。


結局そういった高額塾の販売者達は
コンテンツの内容に自信が無いか
悪い評判が出る事を見越しているんですね。


とくに中身を正当に評価するような
正統派のアフィリエイターには、
その中身を見て欲しくないわけです。


こういった「コンテンツの後出し提供」系の高額塾教材は
そういう売り方を意図的にしているという事です。


意図的にコンテンツを後出しする販売者達


私としてはインフォトップのようなASP側が
こういう売り方はやめさせるべきだと思っています。


でも結局はASP側も儲ける事を優先してしまって
こういう不条理な売り方を許容しているというのが実情ですね。


ただ本当に消費者側の事を考えるなら、
こんな売り方を許すのはおかしいですから。


そういうところがこの業界が
いまいち明るく見られない理由の1つだと思います。


まあそういう売り方をする販売者もASPも、
そしてそういう商品を紹介するアフィリエイターも悪いですが、
そういうものにお金を支払ってるのは、
他でもない消費者側の方というのも現実ですからね。


正当な評価が出てこないような、
コンテンツ後出し系の高額教材などには、
誰一人として手を出さなくなれば、
販売者側もやり方を変えざる得なくなるはずなんです。


でも、コンテンツを後出しにして、
悪評を立てないようにして価格を高く設定し、
募集期日を煽って売れば多くの消費者は
次から次へとバンバン大金を支払っていってしまう。。。


それが何よりもの元凶になっている気がします。


「本当に価値のある情報ならそんな売り方はしない。」


何故そう気が付かないのでしょうか。


実際に本当に価値のある情報は
そのように堂々と売られているんですけどね。


まあ、そういう高額塾などにお金を支払っている人は
現実にはありもしないような、
魔法のようなノウハウを求めている人達だと思うので、
そういう人達はいつまでも騙されて続けてしまうんだと思います。


普通に考えればわかる冷静な判断も出来ず、
あれよあれよと大金を叩いていってしまっているのですから。


私のブログやメールマガジンを読んでくれている人は
間違ってもそういう情弱層には成り下がらないで欲しいですね。


そうなって欲しくないからこそ、
こういう情報や本当に価値のある情報を
日々、私なりに一生懸命発信しているんですけどね。


私は別に健全化なんて綺麗事を述べる気はありません。


ただ情報を買う側、物事を学ぶ側の人達の意識が
もう少し高くなって欲しいとは常日頃から思ってます。


私に出来ることはその為の情報発信を続ける事。


それしかないと思ってます。


そんな私の考えに少しでも賛同いただけるなら
今後とも引き続きお付き合い願えればと思います。


それではまた次回。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年4月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

凍結検証。フォローマティックがフォローマティックXYにバージョンアップ。

井上です。


ツイッターのフォロワー収集ツール「フォローマティック」が
フォローマティックXYにバージョンアップされた模様です。


フォローマティックXY(株式会社Manifold Knowledg )

http://xn--dcklt3fn2gyc8fzf.com/


フォローマティックXY(株式会社Manifold Knowledg )レビュー


このフォローマティックXYは、
フォローマティックXとフォローマティックY、
2つのツールがセットになって販売されているもので、
今は2つセットで特別価格22800円という
フォローマティックからの据え置き価格になってます。


今なら2つセットで・・・!


という事で多くのアフィリエイターさんが「売り」に入ってますが
ひとまずは冷静に「フォローマティック」と、
一体、何がどれくらい変わったのか。


その辺りから批評しておきたいと思います。


まずは「フォローマティックX」。


これが実質的に旧フォローマティックを
バージョンアップさせた新フォローマティックなのですが、
正直・・・これはほとんど変わってません(笑)


セールスレターではあたかも
大幅なバージョンアップ!を謳ってますが、
この「フォローマティックX」に関しては、
フォロー収集の機能性がやや向上したくらいだと思ってください。


正直、これくらいのバージョンアップなら、
既存のフォローマティック購入者に対し
無償でやってもいいレベルの微々たる違いです。


いざこの「フォローマティックX」を単体で売り出さず、
「フォローマティックY」とセットにしたのは、
このレベルのバージョンアップではお金を取れないからですね。


機能性が上がったポイントを強いて挙げるなら、
「根こそぎムーバー」という機能くらいです。


これはフォローマティックがフォローしたユーザー以外で
アンフォローされたユーザーのフォローを外す機能ですね。


フォローマティック導入前のフォロワーがいたとして、
そのフォロワーがアンフォローしてきた場合、
片思い状態になったフォローを外すという機能です。


まあ、そこまで重要な機能ではありませんが
人によって助かる機能だと思いますので
強いて言えばこの機能が付いたところを挙げるくらいでしょうか。


それ以外のバージョンアップポイントは、
正直言って、どれもあまり意味の無いものばかりです。


一応1つ1つ挙げていくと


・凍結対策ストッパー

これはもともと使い方次第なのでとくに不要かと。


旧フォローマティックで
よほど凍結に悩まされたという人でなければ
とくに必要のないバージョンアップだと思います。


逆にこれが重要だというなら、
旧フォローマティックはそんなに凍結だらけだったのかと(笑)


実際、そんな事はありませんでしたし、
アカウントの凍結は簡単に解除する方法があるので、
そこまで凍結を恐れる理由もないと言うのが実際のところです。
(こんなところをやたらアピールしているのもどうかと思いますね。)


・独自ツールが不要になった

これもフォローマティックを普通に使えていた人なら
何ら意味の無いバージョンアップです。


要するに設定が楽になったというだけの話。


もともとのフォローマティックが
そんなにもややこしかったのかと(笑)


こういう無駄なバージョンアップが普通に多いです。


・地域検索機能

これ、私は全く必要性を感じません。


少なくとも情報業界でツイッターを利用している人で
地域検索なんて使っている人、いるのでしょうか。


まあ、リアルビジネス利用者を対象にしたのでしょうけど、
大半のツイッターユーザーには不要な機能だと思います。


・・・以上。


どう考えても「対して変わってません」よね。


だから、フォローマティックXは
単体では売り出せなかったわけです。


フォローマティックと対して変わってないので(笑)


よってフォローマティックXYの本当のバージョンアップは
フォローマティックXともう1つ付いてくる、
フォローマティックYの方にあります。


ただ1つ言うとフォローマティックYの方は、
やや上級者向けのツールだと思った方がいいですね。


普通にこれまでのフォローマティックや
フォローブースターなどをビジネス活用して、
マーケティングに適応できていないような人は、
間違いなくろくに使いこなせないと思います。


逆に余計な労力を費やす事になる可能性さえあります。


まずは素直にフォロワーを集めて、
そのフォロアーの集客や収益化が出来てからですね。


そういう観点でも、フォローマティック、
もしくはフォローブースターで稼げていないような人は
フォローマティックXYを買ったところで無意味だと思います。


フォローマティック、フォローブースターPROで
そこそこの実績も出せているような人であれば、
フォローマティックXYの機能等を読んだ上で、
何かピンと来る使い方があるならどうぞという感じですね。


ただこれから初めてツイッターのツール導入を考えて、
フォローの収集ツールを購入しようという人であれば、

フォローマティックXY

でいいと思います。


明らかにフォローブースターを意識して
ツールとマニュアルを作った感じがありますが、
それだけにフォローブースターよりは
ツールの細かな機能やマニュアルの出来栄えも良くなってます。


まあ、それも使いこなせなければ意味が無いので、
メインとなる「フォロワーの収集」という機能と、
そのフォロワーへのマーケティング活用の王道的な使い道は
フォローブースターでもフォローマティックXYでも大差はありません。


それ以上の機能やノウハウは、その王道的なノウハウで
実際に結果を出せている人向けのものという事です。


その辺りを見越して活用していくのであれば、
フォロワーの収集ツールとしてはいずれも優良なツールですが、
今は細かな機能性とマニュアルの質という点で、
フォローマティックXYの方が一歩リードしていますね。

フォローマティックXYの購入特典


フォローマティックXYですが、
私から購入頂けた場合の限定特典の方をご用意してます。


既存の購入者さんからはフォローマティックXY、
フォローブースター、どちらの付属マニュアルと比較しても、

「井上さんのマニュアルが一番分かり易くて的確でした!」

と好評を頂いていますので、
こちらも併せて是非ご検討頂ければと思います。


井上限定特典1:ツイッターマーケティングマニュアル

ツイッターをネットビジネスに利用していく際のメリットは、
「集客効果」や「成果」を上げやすいところだと思います。

とくに初心者が「稼ぐ」という事を実感していく上では
ブログやメルマガなどを利用していくよりも
遥かに簡単で手っ取り早く「成果」に繋げていけると思います。

例えばブログ集客やメルマガのリスト収集などを主体とした場合、
どうしても実際に成果を上げていくまでには
最低でも1~2カ月ほどは構築期間的なものが必要になります。

勿論、目先の収入に捉われる事がかえって遠回りになっては意味がありません。

それでもその「目先の収入こそが重要」という方は多いと思いますし、
そういった収入こそがモチベーションになるという側面もあると思います。

そんな「目先の収入」を手っ取り早く稼げるのは「ツイッター」なわけです。

メールマガジンで言う「リスト数」やブログで言う「アクセス数」は
ツイッターでは「フォロワー数」という形で現れますが、
リストやアクセスと比較してフォロワーは極めて集めやすい傾向にあります。

言うなれば今日作ったツイッターアカウントでも、
今日の今日からそのフォロワー数を
1件、2件と着実に増やしていく事が出来るわけです。

その成果が分かりやすいだけに初心者はモチベーションを保ちやすく、
きちんとしたノウハウで集めていった「フォロワー」は
その数が多くなるほど大きな集客力を発揮してくれるようになります。

そんな集客力のあるツイッターアカウントは
まさに「お金そのものを生み出せる資産」となっていきます。

フォロワーを集めてフォロワー数を増やしていく事は
そんな「将来の収入源となる資産」を構築しているに等しいわけです。

この「ツイッターマーケティングマニュアル」では
そんな“手っ取り早くツイッターで稼ぐ為のノウハウ”を提供しています。

フォローブースターPROの方とは一部重複するところもありますが
私なりの視点よりわかりやすく解説している部分もありますので
是非有効に活用して“手っ取り早く”稼いでもらえればと思います(笑)


井上限定特典2:ツイッター×トレンドキーワードマニュアル

こちらは「トレンドキーワード」を利用した
ツイッターにおける集客マニュアルになります。

既にブログやメルマガなどを持っているような人は
すぐにでもこのノウハウを買う超して頂けるはずです。

トレンドキーワードで集めていったフォロワーに対して、
ツイッター内のみで成果を上げていく事も出来ます。

先立つ特典「ツイッターマーケティングマニュアル」とも連動して
是非とも有効に活用して頂ければと思います。


井上限定特典3:井上太一のメールサポート

最後に3つ目の特典が私、井上のサポートです。

私から1つでも何かの教材を購入してくれたなら、
その瞬間からあなたは同じ教材をもとにビジネスを進めていく仲間です。

あなたが望む限り私は私の知っている限り、
そのノウハウやスキルを惜しむことなく提供させて頂きます。

実際に私は近い友人やその知人などを
しっかりと稼がせている実績もありますので
稼がせる」という点のスキルもある程度は持っています。

稼ぐため、稼がせるために必要なスキルと
その正しい道筋をしっかりと持っているという事です。

本人にやる気と行動力さえがあれば他に必要なものなの何もありません。

ですので何か聞きたい事などがあればいつでもこちらに相談してください。

可能な限りあなたの環境にあった的確なアドバイスをさせていただきます。


>フォローマティックXYの購入はこちら<


「自動化」こそが“成功への鍵”です


自動化出来る事は自動化していく。


これが本当の意味での「成功」への鍵になります。


少なくとも地道なフォロワー集めの作業などは
このツールで自動化させても仕事の質はそこまで変わりません。


あなたがフォロワーの収集作業等に
毎日数十分、数時間という時間を取られているなら
こういった自動化ツールの購入代金は
その「時間」そのものを買う事と同じなわけです。


例えば1万人のフォロワーを集める為に1日1時間、
計100時間の時間がかかったとすれば、
こういった自動化ツールによってその時間はほぼゼロになります。


その100時間を他の仕事に充てられるわけです。


こうやってレバレッジをかけてビジネスを拡大していくわけですね。


こういったツールの購入代金はそんな時間への投資という事です。


2万円ちょっとで今後費やすであろう
膨大な時間を買えるなら安いものだと思います。


むしろこれを「安い買い物」にしてこそ、その先に成功があるわけです。


ツイッターマーケティングをその足がかりにしてください。


尚、私は自分が実際に使って価値があった教材以外は
絶対にお勧めする事はありません。


私が「これは価値がある!」と紹介するツールや教材は全て
私自身もそれを活用しているものです。


そして私は私を信じて私の勧める教材を、
私を信用して購入してくださった方を絶対に裏切りません。


私を信じてくれた全ての方を稼がせ、
稼げないような人は一人も出さないというつもりで
日々パソコンに向かって仕事をしています。


勿論この教材をこのサイトから購入し、
私に入ってくるお金などはそう大きい金額ではありません。


ただそんな事はどうでもいいんです。


私は優れた教材にはそれに見合うだけの特典を付けていますので、
そこに価値を感じてくださる人は
「私から買ってくれ!」と言わなくても、
その後も私の勧める教材を買ってくれるようになってくれています。


私が日々手にしているお金は
そういった方々から頂いている感謝の対価だということです。


少なくとも私から提供させて頂く特典のみでも、
お支払い頂く価格以上のものは提供させていただきますので、
私の方で対応させて頂くメールサポート等の体制も含めて、
その代金は私に支払うくらいの気持ちでも構いません。


私もそのつもりで真剣に対応させてもらいます。


キーワードは“自動化こそが成功の鍵”。


それでは共に次のステージへ飛び立ちましょう。


>フォローマティックXYの購入はこちら<


2014年5月10日追記事項

現在、ツイッターのフォロワー収集ツールとしては、
フォローブースター、フォローマティックXYは推奨していません。

両ツールに欠陥等が生じたわけではありませんが、
歴然とした「差」を付けて、両ツールを大きく上回る、
非常に機能性の高いツール兼マーケティング教材が、
両ツール以下の金額で公開されている為です。

フォローブースター、フォローマティックXY、
もしくはフォロー収集兼BOTツールをお求めでしたら、
一度こちらのツールの私のレビュー、
及びセールスレターの方を一読してみてください。


>ツイッターツールの究極系「Twitter Brain」レビュー


タグ

2014年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

羽田和広さんの羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校について。SRシステム

井上です。


公開以来インフォトップで売上1位を継続中の
こちらの高額アフィリエイト塾。


羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校

http://affiporter.jp/sl/


羽田和広さんというインフォトップアフィリエイターの
ルーキー賞なるものを取得した方の高額塾ですが、
こちらのアフィリエイト塾について、
参加を検討されていた方から興味深い意見を頂きました。


そのご意見と合わせてこちらを取り上げてみたいと思います。

羽田和広、羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校


私はさほどこの羽田和広さんという方には詳しくないのですが
セールスレターには「2年半の実践と検証」とありますので、
3年近く前からアフィリエイトはされていた方のようです。


情報を集めると与沢翼さんに弟子入りした経歴や
小玉歩さんの300万円?の
高額なコンサルを受けている(受けていた?)事。


また斉藤和也さんのラストランプさんを介して
オプトインリストを集めていたり、
そのオプトイン動画では以前まで与沢翼さんの
一番弟子を公言していた藤沢涼さんと対談していたりと、
何というか「あっち系」の人なんだという事は分りました。


まあ、誰とどう繋がっていようと、
この羽田和広さん自身が素晴らしいノウハウを提唱し、
参加者の方々を稼がせられるなら、
その結果が全てだと思いますのでそれでいいと思います。


ただ私は「こっち系」の方々のような
「塾」を称した俗に言う「高額塾教材」の
その売り方に賛同できないため、
こういうものを推奨することはありません。


限定募集 → コンテンツは後日まとめて提供


こういう流れの高額教材は
そもそもの「コンテンツの中身」が分からないわけですから
アフィリエイターという立場では勧められるわけがありません。


こういう売り方をしている教材は根本として
コンテンツの中身を重視するアフィリエイターを避け、
中身も見ずにそのセールスレターだけを読んで
なりふり構わず売り込んでくれる、
言わば「品格の無いアフィリエイター」を
意図的に集めて販売に協力させているわけです。


必然的にそういう図式になってしまいますからね。


このパトリオットアフィリエイター養成学校では
羽田和広さん自身が冒頭から


「品格のあるアフィリエイターを育成する」


と言われていますが、何故それなら、
こういう売り方をするのかと疑問を覚えてしまいます。


こんな売り方では中身を重視する
羽田和広さんの言うような
品格のあるアフィリエイターは誰も動きません。


肝心なコンテンツ内容を確認できないんですから。


この状況でパトリオットアフィリエイター養成学校のような
高額な教材を押し売りしてくれるのは
それこそ品格の無いアフィリエイターだけです。


そういうところで私は既に羽田和広さんという、
この方自身の品格をちょっと疑ってしまいますね。


このパトリオットアフィリエイター養成学校結局も含めて
この手の高額塾を謳う教材は結局は動画やコンテンツを
ただ一方的に提供していくだけなんですから
とくにこんな売り方をする必要なんて1つも無いんです。


何故あえて募集期間を限定した上で
全てのコンテンツを後出しする必要があるのか。


結局は「悪評」を避けているようにしか思えないんですよね。


とくにリアルタイム感なんて必要のない
一方的なコンテンツ提供に
受け身のサポートを付けているだけの「教材」なんですから
募集期間なんて定めずに申し込みと同時に
どんどんコンテンツを提供していけばいいんです。


その教材が本当に価値のあるものなら
それでどんどん良い評判が広がるはずですし
その方が販売者としての収益も長期的に大きくなります。


この業界で実際に評価されている教材は
実際にそうやって高い評価を得て売れ続けていますからね。


購入者へのサポートという面を考えても
期間を限定して一気に販売すると
その分、大量のサポート依頼が殺到しますから
対応する側、される側のメリット、デメリットを考慮しても
やはり一気に教材を売り切るメリットは何1つありません。


結局コンテンツの内容に自信が無いか
悪い評判が出る事を見越しているんです。


少なくとも私はこういう高額塾系の教材は
例外なくそういう目で見ています。


実際にこういう売り方をした教材で
後々、消費者の方々から批判の声が上がらなかったものは
過去を振り返っても何1つとしてありませんから。


そういった前例や事例も踏まえてそう思っているわけです。


羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校の内容


ただ一応そのセールスレターを読むだけでも、
そのカリキュラムやコンテンツの傾向や方向性等は、
少ならず垣間見えるところがあります。


そういうところも踏まえて、先日、
このパトリオットアフィリエイター養成学校に対し、
入塾を検討されていたという方から、
非常に興味深いお便りをいただきました。


結論から言うとその方は、
このパトリオットアフィリエイター養成学校には入らず、
私の「井上太一アフィリエイト倶楽部」を選んで下さったのですが
それを決断された理由をメールでこのように言われていました。


正直、井上さんのアフィリエイト倶楽部に
参加しようかどうしようか悩んだ時もありました。

今、もっとも注目を集めています、
羽田和広さんのコンテンツ
「パトリオットアフィリエイト」のレターや動画を見て、
心がグラッと揺らぎました

ましたが、羽田さんはどうやら、
コピーライティングをちょっと軽視してる傾向があるようで、
マーケティングが第一と言っておられます。

僕はコピーライティング軽視がどうも腑に落ちないのと、
メルマガをテンプレートでやるみたいなので、
これでは長期に稼げないと判断しました。

僕のもとにも違う方が発行されてる
同じ文章のメルマガが何通もきます。

正直げんなりです。

余計な事ですね。


これは非常に適格な意見だと思いました。


このパトリオットアフィリエイター養成学校のような
高額なアフィリエイト塾教材に限らず、
アフィリエイト系の教材にはとにかく

「テンプレート」

というものが付き物になっています。


初心者層の人はこういうものに惹かれてしまうようですが
実際のところ、それは大きな間違いです。


それがブログのコンテンツ等を構成する
賢威のような「ソース」系のテンプレートならまだしも
メールマガジンやステップメール、
LP(ランディングページ)等のテンプレートなんて
ハッキリ言って間違っても使ってはいけません。


そんなもので稼げるはずが無いんです。


先ほどご紹介した方の意見がまさにそれでしょう。


多くの人から同じようなメルマガが届いたら
あなたはどう思いますか?


そんな人の意見やメールを今後、聞きたいと思いますか


メールマガジンはあなたの「言葉」なんです。


決められた事をテンプレート的に話す人をあなたは信用しますか?


しませんよね。


でも、それで稼げるというような事を公言している
レベルの低い教材がとにかく多すぎます。


そしてこのパトリオットアフィリエイター養成学校も
この一点に関しては例外ではありません。


現に羽田和広さんはセールスレターでこう言っています。


目の前にいるのはリストじゃないんです。血の通った人間なんですよ。


と。


これはまさにその通りです。


人が人に対して発信する言葉の形が
メールという近代のテクノロジーになっているだけで
根本は人と人とのコミュニケーションなんです。


あなたが文章を書く相手は
”心も感情も持っている人間”なんです。
あなたの家族、親戚、恋人、友人に
感謝や御礼の手紙を書くのと同じことです。」

あなたが書くべき文章は”巧妙で狡猾な文章”ではなくて、
“気持ちのこもった文章”なんです。


これもまさにその通り。


それなら何故テンプレート??


支離滅裂とはこの事でしょうか。


僕がこれまで何度も実践と検証を重ねてきた
「ステップメールのテンプレート」を
そっくりそのまま差し上げます。


これを事例にしてライティングを学びましょう。


そう言うならわかります。


でも。。。


僕の思考、経験の全てがギュッと凝縮された
納得のいく結果が得られるまで
何度も何度も磨き上げ洗練された
僕の中ではこれ 以上ない「僕が最大の信頼を寄せている武器」
ステップメールテンプレート3種類を全て使ってください。

だからはじめは、このテンプレートをそのまま、
徹底的に使い倒してアフィリエイトをやってください。

そして実際に、売れる感覚を身体で覚えて、実践で
売れる文章を書くテクニックを体得してください。

最初は、必要事項を入力して変換してまずは
そのまま販売する商品名だけを変えて使ってみてください。


「はじめは」という事も言ってますが
これはコピーライティングを学ばせる上では
普通に間違っているところかと思います。


そして稼がせるという戦略の上でも大きく間違ってますね。


少なくともこのパトリオットアフィリエイター養成学校は
もう数百人単位の参加者がいるものと思います。


そんな数百人の人が同じステップエールのテンプレを使い始めたなら
それこそ同じようなメルマガがどんどん横行していきます。


それも塾生さん達は皆、同じ手法を学び
同じ戦略で「集客」を行っていくわけですから、
当然、メールを配信していく顧客リストも被っていきますね。


そこに同じテンプレートで作ったメールが
違う人から次々に送られて来たらどう思いますか?


当然ですが、結果なんて出るはずがありません。


つまりこういう高額塾で全ての参加者に
テンプレートのメールを使わせる事自体が間違いなんです。


そして何よりそんなテンプレートを使っていたら
いつまでたっても文章力、ライティング力なんて上がりません。


必要事項を入力して変換してまずは
そのまま販売する商品名だけを変えて使ってみてください。



と言われていますが、
これって要するにコピーペーストして、
商品名だけを入れ替えろと言っているんです。


こんな事をやってしまっては実力なんて全く付きません。


言うなれば、これは戦略的にも教育方針的にも
やる事自体に意味の無い「0」の行為です。


0はどんなにそれを足していっても「0」なんです。


「親や兄弟に感謝の気持ちを込めた手紙を書く」


そう言っていた人の主張、戦略とは思えない
あまりにも残念な実践の流れと教育方針という印象です。


この手の高額塾や教材に付き物の
テンプレートというものは本当に百害あって一利無し。


こういうものを使わせるから稼げず、学べず、
実力もつかず、多くの人が挫折していくんです。


教える側が本当に教わる側の事を思うなら、
テンプレートなんて耳障りのいいものは捨てて
きちんと実績が出せて、実力の付く、
しっかりとした教育プログラムを組んで欲しいものですね。


そんなパトリオットアフィリエイター養成学校にも意義がある?


ただ、最後に1つ。


これはちょっと皮肉っぽい主張になってしまいますが
こういうパトリオットアフィリエイター養成学校のようなものが
世間で話題を集めて、多くの人が注目する事は
私のようなアフィリエイターにとっては、
自分の主張を伝えられるという点で、
非常に良い題材のきっかけになっているという側面があります。


実際にこの記事を見て私の主張に共感してくれる方もいるでしょうし、
この記事がきっかけでここにアクセスしてくる人もいます。


このパトリオットアフィリエイター養成学校に興味があるからこそ、
それが動機となってこの記事を読んでくれる人もいると思います。


あなたもそういう経緯や動機があった一人かもしれません。


つまり私がこのパトリオットアフィリエイター養成学校の
セールスレターや羽田和広さんの動画などを見て、
普通に思った事をこうして伝えていくだけでも、
私に共感してくれる人や私に興味を持ってくれる人、
そういう人達が一人、二人と出てきてくる事もあるわけです。


当然そこから他の記事や私のメルマガなどを読んでくれたり、
私の推奨する教材などに興味を持ってくれる人も出てきます。


それが私の実績や受け取れる対価にも繋がっていくという事です。


でも私がやっている事はこんな感じで、
思った事、感じた事を素直に主張しているだけなんですよ。


その中で価値があると思った教材があれば、
素直に「価値がある」という事を主張して、
自分なりにその価値を更に引き出せる方法などを考え、
それもまた情報として発信しているというだけお話です。


それが私のアフィリエイトスタイル。


そしてその為の戦略や方法を具体的に「教えている」のが
先ほど紹介させて頂いたメールにもあった、
私の「井上太一アフィリエイト倶楽部」だという事です。


こんな私のようなアフィリエイトスタイルに興味があれば
是非一度、そのご案内ページだけでも読んでみてください。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


何十万円とか何万円とか、そんな参加料はかかりませんので。


でも、そんな参加料を取っている高額な教材や塾なんかより
よっぽど本当に価値のあるノウハウや
徹底したサポートをしている自信はあります。


よろしければ私と一緒にアフィリエイトを頑張ってみませんか?


興味があれば是非、参加を検討してみてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

期待できる?甲斐輝彦のM&Aトップエージェント育成塾(クロスリテイリング株式会社、山口孝志)

井上です。

インフォトップで随分と物珍しい高額塾が売れているみたいです。

こちらですね。

甲斐輝彦のM&Aトップエージェント育成塾

http://marumaruaf.com/marumaru-school/


販売元はクロスリテイリング株式会社、山口孝志さん。


M&Aの仲介業ビジネスの高額塾らしいです。


学歴も、知識も、社会的地位もないフリーターでも
わずか2ヶ月で1000万円を稼げてしまうのが私のお伝えするM&Aです。



とまで豪語していますが、それは幾ら何でも・・・と、
誰もが思うところではないでしょうか。


最初はサイト売買のM&Aかと思ったのですが、
どうやらガチで「会社」や「事業」のM&Aの仲介に入る、
本格的なM&Aの仲介ビジネスで稼ぐ為の塾なんですね。


さすがに私も全く踏み込んだ事の無い領域なので、
この高額塾が率直にどうなのかというところも
ちょっと見極められないというのが実情です。


ただこの手の高額塾としては珍しく
参加者の「限定枠」が明確に限定されています。


下記のようにインフォトップの購入画面に入ると
残りの枠数が表示されているのが分かります。




この記事を投稿した4月4日19時時点で
残り在庫数が「43」になっているので、
これまでに7件の申し込みが入っているみたいですね。


この手の高額塾では珍しいパターンですが、
教えを受ける側としては50名という限定枠は
ありがたい判断材料の1つでは無いかと思います。


何より信用に値する大きなポイントではないでしょうか。


これが詐欺的なカリキュラムで、
のらりくらりと適当なコンサルをしようとしているなら、
50名なんて限定枠を設ける必要はありません。


こういうところからは塾長の甲斐輝彦さんの
本気度や意気込みは感じ取れます。


ただそもそも数十万円ものお金を取るような
高額塾と呼ばれるものはこうあるべきだと思いますね。


そういう点では限定数も定めず、
申し込みがあっただけ塾生を受け入れる
アフィリエイト系の高額塾よりも遥かに信用出来そうです。


現実的に考えれば何百人、何千人の申し込みを受け入れて
「徹底的なコンサル」なんて絶対に不可能ですから。


そう考えるといかにこういう限定枠を定めていない
高額なアフィリエイト塾が空虚なものかがわかると思います。


その点を見てもこのM&Aトップエージェント育成塾は
50名という限定枠が定められています。


コンサル生を受け入れる数としては
50名はかなり現実的な数字ではないかと思いますので、
そこには普通に期待が持てそうですね。


ただちょっと「?」が浮かんでしまうのは


・売りたい人を見つける

・買いたい人を見つける

・間にはいって取引を成立させる



というM&Aにおける3つのステップでの、
このM&Aトップエージェント育成塾のカリキュラムが
下記のような感じでサラリと片付けられている点です。


・売りたい人を見つける為のカリキュラム

→案件リストとプログラムテンプレートを活用するだけ。


・買いたい人を見つける為のカリキュラム

→クチベタでもできるテンプレート通り話すだけ。


・間にはいって取引を成立させる為のカリキュラム

→書類テンプレートを活用し、条件をまとめるだけ。


テンプレート通り話すだけって・・・(笑)


これは幾ら何でもどうかと思ってしまいました。


「テンプレート」という言葉を使えば
初心者の人は喰いつくとだろうと、
そんな安易な感じがしてしまいましたね。


人との会話を「テンプレート」で片付けるとか、
それでビジネスがうまくいくとは到底思えません。


少なくとも何百万、何千万という取引を仲介し、
そこで多額の仲介料を頂くのですからね。


そんな取引で売り手、買い手の間に入り、
「テンプレート」通りの会話でうまくいくと思いますか?


ここは「テンプレート」なんて言葉を使わず、
人とのコミュニケーション術、会話術、
もしくはM&Aをまとめるための知識や話術を
甲斐輝彦さん自身がしっかりと教えるとか、
そういうカリキュラムにして欲しかったです。


何でもかんでも「テンプレート」と言えば、
そこで「それなら自分でも出来そうだ!」なんて思うだろうとか、
そういう感じのカリキュラムはちょっと辞めて欲しいですね。


まあ、これはアフィリエイト系の塾でも言える事なんですが。


気になったのはそこくらいですかね。


ただ、それ以外の条件や趣旨は本格的なものっぽいので、
既に経営者系の人脈がわりと多い人や
そういう人脈を作って間に入っていく仕事をしたい人は
こういう高額塾に入ってチャレンジしてみるのもアリかもしれません。


最終的には営業力と人としての信頼がモノを言う
自分を売り込んでナンボのビジネスだと思いますので
そこに自信がある人だけが参加するべき塾ですね。


テンプレートなんて言葉には間違っても流されないように(笑)


あくまでも「リアルビジネス」ですから。


この手の高額塾で50名という体制には期待できそうなので
全体的なビジネスモデルを理解した上で、
自分には向いてそうだと思うような本気の人は、
チャンレンジしてみてもいいのではと思います。


>甲斐輝彦のM&Aトップエージェント育成塾


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ