NAVERまとめで稼ぐ事が出来るか。集客性とインセンティブ収入はについて。

井上です。


先日ご紹介した某情報商材のレビューで、
その内容が「NAVERまとめ」を利用するものだと記載したところ、


「NAVERまとめを使えば稼げるんですか?」

「NAVERまとめの集客ってどうやるんですか?」



というようなご質問を何件か受けました。


いい機会なので今日は「NAVERまとめ」について書いていきます。

NAVERまとめとは


NAVERまとめ(ネイバーまとめ)は、
あの「LINE」のサービスを提供している
LINE株式会社が運営している情報サイトです。


NAVERまとめ

http://matome.naver.jp/


様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、
ひとつのページにまとめて公開出来るというサービスで、
アクセス数に応じて報酬を稼ぐ事が出来まる
独自の広告収入プログラムを利用者に提供しています。


会員登録は無料で利用者は
ブログの記事を投稿するような感覚で

「まとめ記事」

を作成して投稿していく事が出来ます。


イメージとしてはウィキペディア(Wikipedia)に近いですが
ウィキペディア(Wikipedia)よりは遥かに敷居が低く、
お小遣い稼ぎが出来て自己アピールや集客等も自由に出来ます。


ウィキペディアのように自分が投稿した記事を
他の人にいじられる事もありません。


そう考えると感覚として言えば
ブログとウィキペディアを足したようなサービスですね。


ただ記事の投稿機能はまさに「まとめ」に特化していて
画像の挿入や文章の引用、見出しやテキスト挿入など
初心者でも簡単に「まとめ記事」が作れるようになっています。


そして自分が投稿した「まとめ記事」にアクセスが入る事で、
そのアクセス数に応じた広告収入が貰えるという仕組み。


これが多くウェキペリアにもブログにも無かった点で、
実際にお小遣い稼ぎ目的で、NAVERまとめに
そのまとめ記事を投稿し始めている人もたくさんいると思います。


ウィキペリアの編集なんてやった事が無かった人も
その敷居の低さとお金が稼げるという点で、
NAVERまとめの方は「やってみよう」という意欲が湧き、
実際にチャレンジしている人が多いようです。


そんな意欲を持って記事を投稿している人が急増しているせいもあり、
NAVERまとめは検索エンジンにも非常に好まれている傾向にあります。


ウィキペリアがあらゆるキーワードで上位表示を取れているように、
この「NAVERまとめ」も検索エンジンにはかなり好まれています。


そんな現状から、最近は「集客」の目的で、
この「NAVERまとめ」を利用し始めているブロガーや
サイト運営者なども増えて生きているというわけです。


NAVERまとめは稼ぐ事が出来るのか。


NAVERまとめの広告収入プランは
まとめインセンティブプログラムという名称で
下記のページに報酬プランの詳細が書かれています。


NAVERまとめインセンティブプログラム

http://help.naver.jp/faq?itemNo=1155


ただあまりに説明が細かすぎて正直ちょっと意味がわかりません。。。


グーグルアドセンスもそうですが、
こういう広告収入プログラムは何故かその報酬体系が複雑で、
ヘルプを読んでもイマイチ意味がわからない事が多いです。


この「NAVERまとめ」の報酬プログラムも
私としてはちょっと意味不明だったので、
理解している人の記事が無いかグーグルで調べてみたところ、
結論としてはおおよそこういうレートらしいです。


50PV=1円


要するにそのまとめ記事に50アクセスが入れば1円。


100アクセスで2円。


10000アクセスで200円くらいという事。


10万アクセスでも2000円くらいという事なので、
まあ・・・楽に稼げる話なんて無いという事ですね。


グーグルアドセンスの収益目安が
1万PVで2000~4000円くらいと言われていますから、
その目安と比較した結論を言うと報酬の目安は10分の1程度です。


ただ「NAVERまとめ」自体が検索エンジンに強いので、
ブログよりはアクセスが集めやすい傾向にある事も事実。


あとはこの目安をどう捉えるかですが、
やはりお小遣い稼ぎの域は超えないというのが実情のようです。


この「NAVERまとめ」の広告収入プログラム1本を
本業やビジネスとするのは現実的ではないと思います。


NAVERまとめを集客に利用する方法。


ではこの「NAVERまとめ」を集客に利用するのはどうなのか。


これは普通に「アリ」だと思います。


むしろNAVERまとめの広告収入プログラムを目当てにするより、
自分のブログやサイトへの集客媒体の1つとして利用し、
そのアクセスを有効に活用する方が私は賢いと思います。


現にそういう目的で利用している人もどんどん増えていますね。


例えばThe Million Writingの宇崎恵吾さんも
こういうまとめを作って集客を図っているみたいです。


>コピーライティング、マーケティング、文章の書き方のまとめ。

>心理学、行動心理学用語、マーケティング用語の一覧まとめ


このような形で集客の入口の1つとして、
自分のブログやサイトにマッチするまとめ記事を作成し、
引用元やリンク先としてリンクを張り巡らせておけば、
そこからの継続的な集客を見込んでいく事が出来ます。


この「まとめ記事」が検索エンジンの上位にヒットするようになれば、
それこそかなりのアクセス数を見込み続ける事が出来るわけです。


そう考えるとこの「まとめ記事」の方も、
ある程度、キーワードを意識して作成していけば、
その記事が狙ったキーワードで上位表示される可能性も高まります。


オーソドックスな利用方法としてはこんなところだと思いますが
やっておいて損は無いのではないかと思います。


トレンドアフィリエイトなどをやっているような人は
何かトレンドに沿ったまとめ記事を作り、
そこからブログへの誘導を図っても面白そうですね。


こういった新たな媒体を活用したマーケティングは
まずはやってみる事が大事ですから、
興味や可能性を感じた人は是非、やってみてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年3月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ネットビジネス

ついにあの話題の手法が公開!○○アフィリエイト塾(鈴木寛)小野達也 株式会社バリューブレイン 詐欺

井上です。


よほど販売者側にマーケティング力があるのか、
「今更こんな情報がよく売れるな~」というものが
インフォトップの売上ランキング上位に食い込んでます。


こちらですね。

ついにあの話題の手法が公開!○○アフィリエイト塾(鈴木寛)


http://marumaruaf.com/marumaru-school/


○○アフィリエイト塾って・・・(苦笑)


情報商材名で検索しても、まとなレビュー記事も無く、
目立ってこれを売り込んでいるような人も
ウェブ上を見る限りではそこまで見受けられません。


仕掛け人は株式会社バリューブレインの小野達也さんなので、
この方関連の所有リストに売り込まれているのかもしれませんね。


ただ売れ筋となっているわりにまともな「レビュー」で出て来ないのは
おそらくアフィリエイター側もこの商材に関しては


「あえて購入して内容を批評するまでも無い。」


と大半の人が判断しているものと思われます。


価格が69800円と無駄に高い点も挙げられますが、
情報商材系のアフィリエイターも
明らかに「詐欺的」としか思えない情報を購入したりはしません。


そしてそれは私も同様です。


それが69800円という価格ですから、
あえて中身を確認してまで批評しようとは誰も思わないわけです。


セールスレターを読んでいく限りでも、
その価値が無い情報である事はほぼ明らかですから。


多くのアフィリエイターがおそらくそう判断し、
そして私もそう判断した理由を幾つか述べていきます。


○○アフィリエイト塾(鈴木寛)のセールスレター批評


・1日3分から実践可能

・1日30分の○○作業で月収30万円


そんな謳い文句から


1、無料ブログの作成

2、掲載したい広告の紹介記事を書く

3、○○○に文章を投稿する



という3ステップで毎月10~30万円を稼げると豪語し、
肝心なところは○○○で伏せられているというセールスレター。


何というか、こういう情報商材にまんまと魅了され、
お金を出してしまう人が未だにいるという事が残念ですね。


実際に成果を上げている「アフィリエイター」という立場の人が
アフィリエイトというビジネスの本質や現実を伝えていれば
こういった情報に手を出してしまう人はいなくなるはずなんです。


でも、それが出来ていないから実際に
こういう情報に手を出してしまう人がいるという現実。


少なくとも私のブログやメルマガを読んでいる人は
こういう情報には手を出していない事を願うばかりですが
とにかくセールスレターの内容は「ヒドイ」の一言に尽きます。


内容の一部を伏せて高額な値段をふっかけると、
知識の乏しい人や意識の低い初心者層は
そこに勝手な価値と妄想を膨らませてしまい、
まんまとそこに高額な情報料を支払ってしまいます。


これは完全にそれを意図したセールスレターですね。


それが見え見えだからこそ、
ある程度の経験や知識のあるアフィリエイターからすれば


「どう見ても詐欺としか思えない情報。」


に映ります。


そもそも1日3分、3ステップの作業で10~30万円とか、
アフィリエイトはそこまで甘いビジネスじゃありません。


もしそれが可能ならその10倍、100倍、
更には人も雇ってその作業を徹底すれば
数千万円、数億円という収入を稼ぎ出せる理屈になります。


そんな話、ありえるはずがありません。


現に情報商材の概要を解説する部分では、


・キーワード選定、参入ジャンル選定はまるで、お宝探し!

・稼ぐために必須の具体的なキーワード選定とは??

・有名商品キーワードを見つけるための、超穴場サイトとは?

・ロングレンジキーワードを見つけるコツとは??

・莫大な広告費をかけている商品キーワードを狙え

・特定のキーワードを丸裸にする完全無料のサービスとは??

・商品名キーワードで競合しない手法とは??



と、キーワード集客を前提とする事が多数書かれています。


この時点でトレンド系のブログ作りか、

キャッシュポイントは物販か情報商材系である事がわかり、


1、無料ブログの作成

2、掲載したい広告の紹介記事を書く

3、○○○に文章を投稿する



という3ステップ「だけ」では無い事が

この時点で多分に見てとる事が出来ます。


セールスレターの段階で既に矛盾が出ているわけです。


そして肝心な○○○に該当する部分については・・・


・そのあるサイトは、FacebookやTwitterよりも訪問者数が多い。

・月間訪問者数は、1,335万人以



この数字でピンと来た記事がありましたので紹介しておきます。


「NAVER まとめ」月間訪問者数1,300万人突破

http://markezine.jp/article/detail/17280


ニールセンは、インターネット視聴率データ
「Nielsen NetView」の2012年12月データをまとめた。

その結果によると、「NAVER まとめ」の訪問者数が
1,335万人に達したことが明らかになった。

これは前年同月の593万人と比較すると2.3倍と大幅な増加であった。

リーチでは22%となり、
PCでインターネットを利用する5人に1人が月に1回以上
「NAVER まとめ」を閲覧している事になる。


ハッキリと「1,335万人」という数字が出ていますので、

この○○○を意味する「あるサイト」は

99%「NAVER まとめ」サイトと見て間違いありません。


で、このサイトを利用すればそこまで簡単に

アフィリエイトで稼ぐ事が出来るかと言えば・・・NOですね。


利用する価値の無いサイトではありませんが、

このサイトに頼って1日3分で月収30万なんて絶対不可能です。


まあ、セールスレターにはこういう事も書かれてます。


・文章を最初から最後まで読んでもらうためのテクニックとは?

・上級者テクニックで読者をグッと惹きつけるブログの書き方



要するに「ライティングのスキル」の必要性が

このような形で書かれていますので

結局は王道的な「物販アフィリエイト」を主とするトレンドブログに

「NAVER まとめ」サイトを利用した集客方法が付加されている、

そんなアフィリエイト教材だと思った方がいいと思います。


この系統のノウハウで69800円は幾ら何でも高すぎますね。


「NAVER まとめ」サイトをアフィリエイトや

集客に利用していく選択肢はかなり限られていますので

あえてお金を払ってまで学ぶようなノウハウではありません。


そう考えるとこの手の物販アフィリエイトを主体とする

トレンドブログノウハウで69800円はあまりにも高すぎます。


アフィリエイト塾を謳っていますが

サポートもわずか1カ月間のみという手薄なものなので、

同じトレンド系の情報商材でももっと手厚いサポートで

もっとリーズナブルな情報商材は他にたくさんあります。


物販アフィリエイトのトレンドブログ教材という路線なら、

私が以前から推奨しているイメージングアフィリエイトなどは

9800円という価格で「365日間のサポート」が付いてます。

>イメージングアフィリエイト レビュー


イメージングアフィリエイトの価格とサポート体制を考慮するなら、

鈴木寛さんの○○アフィリエイト塾の価格とサポート、

69800円で30日間のサポートというのは

アフィリエイト塾を謳うにはいくら何でも手薄過ぎますね。


また、講座形式でトレンドブログのノウハウを学びたいなら

こちらのトレンドブログ講座も低価格で

かなり手厚い教材とサポートが受けられます。

> 毎月10万円を稼ぐ為のトレンドブログアフィリエイト


それでも、強いてこの鈴木寛さんの○○アフィリエイト塾で

「NAVER まとめ」サイトを集客やアフィリエイトに利用する、

そのノウハウを知りたいという需要があるようなら、

私の方で特典マニュアルでも作ってあげますので

ご希望の際はお気軽にメールでもください。


おそらく○○アフィリエイト塾で解説されているものと

ほぼ同等かそれ以上のものを特典にして、

先ほど挙げたような情報商材の特典にしてお付け出来ると思います。


たった1カ月のサポートしか受けられないアフィリエイト塾に

69800円なんてお金を支払う必要は無いですね。


実際にご希望があれば本当にやりますのでお気軽にお申し出ください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年3月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

見込み客ゲッター(株式会社ビジトリー、七星明、七里信一)エキスパートメール レビュー

井上です。


エキスパートメールの運営者としても知られる。
株式会社ビジトリーの七星明さんが、
見込み客ゲッターなる集客?ツールを販売された模様です。

見込み客ゲッター(株式会社ビジトリー、七星明、七里信一)


http://m-getter.com/lp/info/


どういうツールなのかはセールスレターを読むと、
まあ、それなりの知識がある人なら普通に分かります。


「見込み客」のリストを「業種別」に集められて、
且つ、都道府県別で収集出来るという時点で、
どんな情報を対象にしていくかはほぼ明白でしょう。


要するにインターネット上に、
メールアドレス等の情報を公開している「事業者」向けに
そのリストを収集してアプローチをかけていくツールです。


まあ、この見込み客ゲッターはそれだけのツールなんですが、
率直に言うと「価格」がべらぼうに高いです。


147000円ですからね。


これがどういったツールかはセールスレターに書かれてますので、
これを読んで147000円以上の「価値」を感じた人が
自分自身の判断でこちらを購入するのは特に問題ありません。


それは本人の自由です。


でも・・・この価格はちょっと高すぎますね。


私も今はこういうツールを作れる技術者の知り合いがいますから、
こういうツールを作成する難易度や工数は
そういうエンジニアさんに聞けば普通に分かります。


この見込み客ゲッターレベルのツールで147000円は
ハッキリ言って「ボッタクリ」だと言ってました。


株式会社ビジトリーの七星明さん自身が開発しているとして、
一体どれくらいの工数をかけたのかが気になりますが
技術者の一般的な日当を3万円と計算すると
5日間の工数がかかったツールで開発料が15万円です。


私の知り合いの技術者さん等は口を揃えて
この見込み客ゲッターレベルのツールにの開発には
工数として5日はかからないと言っていました。


仮に5日の工数がかかったとしても、
その開発料15万円を単価にして「売る」のは、
どう考えても価格設定が高すぎると私は思います。


まあ購入する人が納得してこの見込み客ゲッターを購入し、
それ以上の対価を生み出せるならとくに構いませんが
ツールの性能や特性を見聞きする限りでは、
147000円という価格設定はどう考えても異常です。


「あなたの為にだけに同じツールを作ります。」


という技術者を探しても、
これと変わらないかそれ以下の価格で、
もっと気の利いたものを作れる可能性もあると思います。
(というか私の知り合いの技術者さん達はそう言ってました。)


何なら紹介しましょうか?


まあ、私が気付いていないレベルの
高度な機能が実は付属しているのかもしれませんし、
特典として付いている「使い方セミナー」や
「テンプレート」などの付加価値もまた人それぞれなので、
購入を検討される際はその辺りも考慮してみてください。


見込み客ゲッターの効果について


ちなみにこの見込み客ゲッターのような、
ウェブ上にメールアドレス等を掲げているような
事業者の情報を収集するようなツールは既に幾つか存在します。


つまりこういうツールを使って
アプローチされているような事業者さんは
既に数多くいるという事です。


こういう事業者さんにアプローチをかけても、
そうそう反応は取れないというのが実情なんですね。


勿論、それはオファーの内容にもよると思いますが
少なくとも情報商材アフィリエイトなどで
それなりの成果を上げるのはかなり難しいと思います。


そういう活用法で147000円の回収は厳しいですね。


よほど魅力的な商品やサービスを取り扱っていて
それが特定の事業者向けのものなら、
この見込み客ゲッターを活かせる可能性はあります。


ただ業種によってはその見込み客のリストのみを集められる、
特化したツールを1から作った方が安い可能性もありますので、
その辺りの見積もり等はしてみてもいいと思いますよ。


結局この見込み客ゲッターはある特定のサイトを対象にして
そこに表示されているアドレス等を拾ってきているだけですから。


そんな事業者のリストなんてそこまでの価値はありません。


そういうリストを集めるツールだという事です。


まあ、これはあくまでも私なりに
知人の技術者さん等に聞いた話を解釈した上での話なので、
あとはあなたがご自身で判断してください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年3月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

BUMAビジネス(合同会社ディスティニー早乙女潤)古物市場での稼ぎ方。レビュー

井上です。


「BUMA」なる転売系の教材が度々インフォトップの
売れ筋商材ランキングに顔を出します。


3つほど購入プランが分かれていた為、
どれを検証するか検討していた情報商材でした。


ただ転売はそこまで私自身も力を入れている分野では無いので、
ひとまずは一番ビギナーなプランを購入しました。


まずはそのマニュアルの容だけでも批評していきたいと思います。

BUMAビジネス(合同会社ディスティニー早乙女潤)レビュー


http://sukima-challenge.jp/BUMA/


しかしセールスレターでブチ上げている数字は凄いですね。


時給換算8415円で平均利益率73%ですから(笑)


内容は古物市場を利用したブランド品の転売。


ブランド品の転売ってそんなに利益率が高いの?という感じですが、
正直、その疑問はマニュアルを読んでも拭い去れませんでした。


何というか、モチベーションも可能性もそこまで感じられず、
淡々と古物市場を利用する際のポイントや方法などが
「普通」にまとめられているマニュアルという感じでしたね。


そのマニュアルをザッと読んでいって思った事は
この情報商材は「教材」というよりも、
コンサルやその他のツールなど、
この辺りを売り込みたいものなんだと思いました。


要するに最安の「ナレッジプラン」で提供される
「BUMA」の教材マニュアルのみでは何とも消化不良な感じが残ります。


結局、そのツールやコンサルプランなどを利用しないと
うまく稼げないようなイメージを持ってしまうわけです。


ただ、それなら素直にこの「ナレッジプラン」の教材内容は
そのままセールスレターの方でバンバン明かしてしまうか、
普通に無料で配布して上位版のツールや
コンサルプランの魅力を率直に伝えて欲しかったですね。


イメージとしては私が推奨している
「せどりインサイダー」のような売り方をして欲しかったです。

>次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」


せどりインサイダーの方は、まさにノウハウの「全て」を
そのままセールスレターで公開し、
そのノウハウのみを無料マニュアルで配布してくれています。


その上で上位版のマニュアルとコンサルプラン等を
別途「有料」として案内してくれているわけです。


願わくば、この「BUMA」もこういう売り方をして欲しかったです。


むしろマニュアルの内容については、
「BUMA」のマニュアルは本当に普通に書店に並んでいる
古物市場の手引き的な書籍を購入すれば十分な内容なので、
この内容で14800円は普通に高すぎます。


せどりインサイダーなどは、その無料マニュアルのみでも、
到底、他では手に入らない有益なノウハウを公開してくれています。

>せどりインサイダー無料マニュアル


こういうせどり系の無料マニュアルを読んでしまうと、
多少畑は違えど「BUMA」のような内容の薄いマニュアルに
14800円ものお金を取られると物凄く損をした気分になりますね。


その上位版に付いているツールやコンサルの方の質が
どれほど高いものかは実際に体験していないのでわかりませんが、
14800円というお金を取ってこのクオリティのマニュアルでは、
正直なところあまり期待が持てないというのが本音です。


仮にこの14800円のマニュアルを「フロント」的な商品にするなら、
こちらのクオリティをもっと高めて欲しかったですね。


この内容ならオプトインを目的とする
無料マニュアルレベルで配布してくれても良かったのではないかと思います。


ノウハウというよりは「知識」に毛が生えた程度の内容なので、
これなら古物市場関連の書籍を読み漁っても十分に同じ知識は培えます。


どうしてもこの「BUMA」でブランド品転売のビジネスに参入したいなら、
ナレッジプランよりも上のプランで申し込んだ方がいいかもしません。


ただ上位版についての検証は
とくにする気にもならなかったのが私の率直な感想です。


そのマニュアルを読んでもブランド品の転売や
古物市場での転売というビジネスに魅力を感じなかったという事です。


でも、私が目にしたマニュアルそのものが
各プランのメイン教材である点に変わりはありません。


以上が私なりのこの教材の評価です。


それでは。

井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

自己アフィリエイトツールの必要性。インペリアルゴールドさくさく君(千石信風)

井上です。


何やらインフォトップで「自己アフィリエイト」のツールが
売上ランキングの上位に入ってきているようです。


それ必要?と私は思ってしまうのですが、
意外に「自己アフィリエイトってどうなんですか?」という質問も、
メルマガやブログ読者の人から受けるので、
その辺りも含めてレビューの方もしておきたいと思います。

インペリアルゴールドさくさく君(千石信風)レビュー


http://1000goku.net/zakuforweb/index.html


1カ月で50万、その後も月10万円を稼いで
総額100万円を達成した手法をシステム化。


そんな謳い文句で売られている自己アフィリエイトツールですが、
まずこの数字が可能なのか不可能なのかについて。


率直な回答としては不可能ではありません。


要するに「可能」です。


ただこのセールスレターには、
そのお金を得る為に出費したお金の事は書かれてません。


自己アフィリエイトにも色々とありますので
中には「お金のかかる自己アフィリエイト案件」もあります。


そもそも自己アフィリエイトは自分のアフィリエイトリンクから
自分でその商品やサービスに申し込みを入れる事で、
まさに「自己アフィリエイト」が成立して報酬を貰えるというもの。


勿論、これは不正行為でも何でも無く、
そのアフィリエイト案件を出している広告主が
その案件に対して「自己アフィリエイト」を許容しています。


金融口座の口座開設や保険の資料請求、
クレジットカードの作成案件などにこういう
自己アフィリエイトを許容している案件が多く、
これらは「無料」で申し込める自己アフィリエイト案件です。


ただこういう案件は数に限りがあるので、
基本的には一度のみの自己アフィリエイトで終了。


何度も行える事ではありませんので
基本的には自己アフィリエイトで継続的に稼いでいく事は出来ません。


あとは何かしら申し込みにお金がかかる案件で
一応報酬による還元もあるという
自己アフィリエイト案件に手を出すしかないわけです。


1カ月で50万円もの報酬となると、
おそらくそういう案件にも手を出す必要があり、
そう考えるとこの50万円はおそらく「利益」ではありません。


何かしらの有料サービス等にもお金を使っての収入です。


その後の月収10万円というのもそれに近そうですね。


無料でそれなりの報酬が入る自己アフィリエイト案件は
時間が経過するとまた出て来るものですが
毎月10万円に相当するほど出て来るかと言えば・・・

それはかなり厳しいです。


一応このインペリアルゴールドさくさく君は
そういう自己アフィリエイト案件をASPから検出していくツールで、
あとは追加でそういう案件が出てきたら知らせてくれるというもの。


このインペリアルゴールドさくさく君は
言ってみればそれだけのツールです。


だから価格も安い。


4980円ですからね。


ただ実際はASPにアクセスして、
幾つかの検索条件を付けて検索ボタンをクリックすれば
自己アフィリエイトが可能な案件は数秒で何件も出てきます。


とくにこういうインペリアルゴールドさくさく君のような
自己アフィリエイトツールに頼るほどの労力でもありません。


その後の追加案件も1カ月に一回くらいチェックすれば十分。


それで新たな案件も十分にカバーしていく事が出来ます。


まあ、それ以前にサービスの申し込み等が面倒なので
結局、自己アフィリエイトは最初に高額報酬なものを数件、
せいぜい数万円ちょっと稼いで終わるという人がほとんどです。


そこから気合を入れて申し込み手続きを続け、
中には10万ちょっと稼ぐ人もいるのかもしれませんが、
それはそれで結構、骨が折れる作業です。


言っても一回ポッキリのお小遣い稼ぎですしね。


ですので私的にこの自己アフィリエイトはビジネスとは言いません。


ただの小遣い稼ぎ。


このインペリアルゴールドさくさく君は
その小遣い稼ぎの手間をちょっとだけ楽にしてくれる程度の
数回使ったらそれまでのツールだと思った方がいいです。


まあ、自己アフィリエイトはやれば数万円は稼げますので
このインペリアルゴールドさくさく君が無ければ
その自己アフィリエイト報酬を稼げないわけではありませんが
あればあったで少しだけ手間は軽減出来ます。


ただそれだけのツールですね。


この話を聞いて自己アフィリエイトに興味を持って
こういうツールもアリだと思うなら購入してもいいとは思います。


やれば4980円くらいはすぐに元も取れますし、
このツールがその動機になればそれはそれでいいと思います。


まあ、ビジネスでは無いのでただの小遣い稼ぎツールですけどね。

>インペリアルゴールドざくざく君for web


それでは。

井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

検証。●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)レビュー

井上です。


こちらの転売教材がじわりじわりと話題を集め、
かなり評判がいいようですので私の方でも取り上げておきます。

●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)

http://resale-business.net/

せどり・・・というよりはネタ一発型の転売ノウハウですね。


仕入れを行う場所はフリーマーケット、バザーといった
いわゆる「リアルな個人売買市場」。


そこで仕入れた「あるもの」をそのまま
ヤフーオークションの方で転売していくと
その市場格差からわりと簡単に利益を出せるという情報です。


ノウハウというよりはまさに「ネタ一発情報」という感じでしょうか。


実際にセールスレターにもそのような事が記載されていて
要するにこの情報はその仕入れていく商品が「何か」がわかれば、
それだけの情報を基に稼ぐ事も出来る内容と書かれています。


“それだけの情報にお金を払う価値があるかどうか。”


は、まさしく「人それぞれの価値観次第」ですね。


かっちりとしてノウハウが詰め込まれたテキストや動画。


そういうものを基に物事を「学びたい」という人。


そういうものにお金を払いたい人は、


「こんなものは情報商材じゃない!」


と言うかもしれません。


ただ逆に


「とにかくシンプルに稼げる方法が知り合い」


という人にはこういう情報こそ、
まさしく「価値がある」のではないでしょうか。


何かを学んだり、何かのスキルを高める必要も無く、
その「仕入れた情報1つ」で稼げるわけですから。


で、セールスレターには仕入れていく商品の
そのヒントとして下記のような商品の特徴が挙げられています。


・複数の商品を片手で持ち運べるレベルの大きさと重さ
・フリーマーケットでは山積みにされて売られているのが普通
・ネットオークションでは数千円で取引されている
・まとめ買いも当たり前の消耗品
・カタカナ4文字の名称が一般的


言ってみればこの情報はそのカタカナ4文字が分かれば
それだけでも普通に稼げてしまう情報というわけです。


とは言えこの情報のマニュアルはカタカナ4文字だけで
そのまま完結しているわけではありません(笑)


きちんとその商品の特徴やオークション出品の際のポイント。


そういうところもきちんと書かれています。


この商品がフリーマーケットやバザーなどでは
数百円くらいで山積みになっているわりに
ネットオークションでは数千円で売れていくという話。


ひとまず中身を見た率直な感想は。


「え?これ??」


という感じでした。


勿論、そのモノ自体は知っているものでしたが
自分はあまり馴染みの無いもので、
買った事も使った事も無いものだったからです。
(まあよくよく考えると手に取った事くらいはあるかもしれませんが)


ひとまずはカタカナ4文字のキーワードで、
過去3年間のヤフーオークションの取引相場を調べてみました。



※クリックすると拡大出来ます。


ご覧の通り2011年3月から
2014年2月までの平均取引相場が4870円。


1件1件の取引額を見ても
1000円以下という取引はほとんどありませんでした。


要するにこの商品が「数千円で売れる」というのは間違いなく、
これは私としてもわりと「意外」な結果でした。


というのも、これはセールスレターにも書いてある通り
「消耗品に近い特性」のあるものだった為、
私の感覚的には「新品」を利用するのが常識という、
そんなイメージを抱いているものだったからです。


ただこの商品のオークション相場は明らかに
中古品の取引で出来上がっているものだった為、


「これは中古品でも物凄く需要があるものなんだ」


と改めて痛感させられたわけです。


あとはこの商品がフリーマーケットやバザーで
実際に数百円単位で幾つでも仕入れられるのかどうか。


そこさえクリア出来れば普通に「稼げる情報」という事になります。


これについては率直に。


「確かにこの商品はフリマでかなり安く売られています。」


わりと近所で開催されているフリマ会場があったので行ってみましたが
山積みとは言わないまでも、何店舗?か、
その商品を数点出している出展者さんがいた事は事実です。


1000円以下でわりと状態のよさそうな商品もたくさんありました。


ただ・・・何となく転売目的で「それ」を購入して
転売の検証まではやってみようという気がしませんでした(笑)


とくに買うのが恥ずかしいような商品ではありませんでしたが
何となく「面倒くさい」と思ってしまったのが本音です。


それをやって稼げるとしてもせいぜい数千円とか、
それなりの数をこなして数万円という話ですからね。


アフィリエイターとして情報を紹介する上では
それくらいやってナンボだと思うのですが、
私的にはそれで「稼げた」からと言って、
強いてこの情報をそこまで推奨するつもりも無かった為です。


ただ思ったより文句の付けどころが無い感じで
状況証拠が出揃っていったところと、
実際に転売の方をやって「稼いだ」という実績を出している
他のアフィリエイターさんの事例などを見る限り、
普通に再現性のある稼げる情報という事は間違いないと思います。


それでも私的がこれを「効率のいいお金儲け」と思えないのは
何だかんだで「仕入れ」の為に外出が必要な事と、
そこそこ稼ぐにはそれなりの数の仕入れを行い、
出品作業をして、いざ売れたら取引や配送の為も生じます。


一応私は「せどりインサイダー」というノウハウでは
商品の仕入れや出荷が伴う「せどり」も
サイドビジネス的にはそれなりにやってますが
これはあくまでも「在宅」で仕入れが出来るという点で、
私はそこが大きなポイントだと思ってやっています。


もしこれが外出を伴うものだったとしたら、
やってもいなかったと思いますし、
ノウハウとしてもそこまで推奨していなかったと思います。


要するにこういう「外出しての仕入れ」が必須のものは
どう手早く取り組んでも自宅からの往復に1~2時間。


地域によってはそれ以上の時間を取られる上に
1件1件の転売利益は数千円程度なので、
何というか私的には「肉体労働」にしか思えないわけです。


それならその1~2時間、ブログの記事を書いたり
メルマガのステップメール講座を書いたりしている方が
今後の継続的な収入源に繋がっていくので、
こういう転売ノウハウは私のスタンスとはややズレてるんです。


少なくとも私は月収300万ペース。


1日10万円以上は稼げているので、
1日5時間の「労働時間」にその収入を割り当てても
時給で2万円以上は稼げている計算になります。


そう考えるとこういう転売ビジネスはどう考えても非効率。


同じくらいの「時給」を稼げるとしても
外出しての仕入れなどを考慮すると
とくに「おいしい」と言えるほどのものではありません。


勿論、今の段階で私ほどの収入を手に出来ていない人は
こういう転売ビジネスで稼ぐのもアリだと思いますが
私の今の収入は過去の積み重ねで出来ているものなので、

「1回の作業が1度きりの収入にしかならない」

という観点で、こういうビジネスは
私的にはそこまで推奨したいと思えるものではありません。


せめて私が推奨している「せどりインサイダー」のように、
最低でも「完全在宅で出来るもの」じゃないと、
こういう単発的なビジネスにはそこまで魅力は感じられませんね。


ただ今日、明日にでもそれなりに「確実なお金」が稼げる
こういうビジネスを求めている人にはいい情報だと思います。


都内、都心部に住んでいる人なら仕入れも容易でしょうし、
やればやっただけ稼げるというのも間違いないと思います。


セールスレターを読んで純粋に魅力を感じるようなら
購入してみてもいいのではないでしょうか。

>●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)



ただ私のように日々の時間や労働を
長期的に見た資産構築や収入源の構築に充てていきたい人。


出来れば完全在宅で効率的に稼ぎたいという人は
私の井上太一アフィリエイト倶楽部や
せどりインサイダープロジェクトの方が
そのニーズに合っているのではないかと思います。


■長期的に見た資産構築や収入源の構築をしたい人はこちら

>井上太一アフィリエイト倶楽部


■完全在宅で効率的に稼ぎたい人はこちら

>井上せどりインサイダープロジェクト


ただ、●●●●転売ビジネス公開マニュアルは、
これはこれで再現性のある良い情報だと思います。


それでは。

井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年3月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

セドリーム~お宝発掘せどりツール~(ワークスエッジ株式会社、大宮高志)レビュー

井上です。


先日、私のせどりインサイダープロジェクトとも相性が良いとして、
こちらのせどりツールの方を紹介させて頂きました。

>電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン


しばらくはこちらのツールが売れ筋だったようなのですが、
また別のせどりツールがランキングトップになっていますので、
レビューしておきたいと思います。


こちらですね。

セドリーム~お宝発掘せどりツール~(ワークスエッジ株式会社、大宮高志)


http://ad.sedream.jp/


せどりツールというよりは「せどりアプリ」ですね。


スマートフォン専用のせどりに使えるアプリケーションです。


用途としてはスマートフォン専用のバーコードリーダーか、
スマホに搭載されているカメラを使って商品画像を取り込み、
その情報を基にネット転売時の利益等を計算してくれるというもの。


要するにリアル店舗で売られている商品を、
そのままネット転売して稼げるかどうかをリサートしてくれるアプリです。


率直に言って、こういうせどりツール(アプリ)は、
以前「阿部せどり塾」というせどりの高額塾で大問題になり、
その高額塾では中国製?の欠陥だらけのツールを入塾者に提供して、
それが火種となって大炎上という事態を招いていました。


その後もこの「セドリーム」のようなアプリは度々リリースされていますが、
こういうツールはとにかくこういう謳い文句で売り出されます。


「目利きが出来ない出来なくてもこのツールがあれば稼げます!」


まあ、確かにリアルに売られている商品と
ネットの相場とを比較して差額があるかどうかを教えてくれるわけですから、
こういうツールがあれば一見、目利きは不要になるように思えます。


・・・でも実際はそんなに甘いもんじゃありません。


じゃあ、この「セドリーム」を使ってせどりをするという際は、
どっかのお店に出向いてそこに置かれている商品を
一つ一つ取り込んでいくんですか?・・・という話になってきます。


商品情報の取り込みはバーコードかカメラで出来るという事ですが
1つ、2つ、3つくらいなら怪しまれる事もないでしょうけど、
それを何十個もやっていたらさすがに怪しまれます。


怪しまれても構わずやっていたら、たぶん外につまみ出されます(笑)


要するに実状としてはあまり現実的じゃないという事です。


仮に「怪しまれない」としても、
古本屋にせよ、ディスカウントショップにせよ、
そこには何百点、何千点という商品が羅列しています。


そういう商品1つ1つ、全ての情報を取り込んで
一体、何点、儲けの出る商品があるというのでしょうか。


まあ、くまなく情報を取り込んでいけばそれなりにはあると思います。


でも、その労力に見合ったお金がその行為で得られるかどうか。


・・・普通に厳しいというのが現実です。


それでなくても、今、ネットと一般店舗の価格差は
どんどんなくなってきているので、
こういう「セドリーム」のようなアプリの有効性や
そこで得られる収益などはどんどん薄くなっています。


そして今後は更に労力に見合わない状態になっていくと思います。


そもそもネットとリアル店舗で
そこまで大きな価格差がある方が不自然な時代なんですから。


あと、これは蛇足ですがこの「セドリーム」は
あくまでもアマゾンとの価格差をリサーチしてくれるツールです。


でもアマゾンの価格相場なんて、
商品のキーワード検索一発で調べられるんですよ。


・・・それでもこの「セドリーム」がそこまで魅力的に感じますか?


まあ、根本として「リアル店舗せどり」のツールなので、
完全電脳せどり派の私としては、どうしても魅力を感じられません。


転売目的でお店に出かけるくらいなら、
正直もっと効率よく稼ぎますよ・・・と思ってしまいます。


こういうツールで稼げる金額なんてたかが知れてますからね。


どうしても「ツール」というものに頼りたいなら
こちらの電脳せどりツールを検討してみてください。

>電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン


それでは。

井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年3月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

スマートフォンのアフィリエイトは稼げる?集客の方法と現実。

井上です。


最近ちらほらとスマートフォンユーザーを対象にした、
次世代のアフィリエイトノウハウ的な情報商材を目にします。


数万円の情報商材もあれば高額塾系も目に付きますね。


私は全般的にそのスマートフォン系の情報商材は
推奨もしていなければ批判的な事も書いていないのですが、
最近は相談依頼の中にもスマートフォン系の
アフィリエイト商材や塾などの問い合わせも増えてきました。


「これからの時代はスマートフォンだ!」


なんて言われていたのはもう数年前で、
普通に考えて、もうスマートフォンの時代になってると思います。


ただそれはあくまでも「携帯端末」が
スマートフォンになっただけの話。


事実、スマートフォンからインターネットをする人は増えてますが
その事がPCでネットをする人を減らす事には
おそらくですがさほど繋がっているとは思えません。


まあ、全く影響がない事は無いと思いますが
どんなに携帯で地上波TVが見られるようになっても、
テレビで地上波を見る人が減るわけではないのと一緒です。


要するにこうしてスマートフォンが普及しても、
パソコンとは別の端末でネットをする人が増えただけで、
PCのアフィリエイト市場においては
正直なところそこまで大きな変動は生じていないわけです。


で、そのスマートフォンを利用している人は
何を入口にしてネットを利用しているかと言えば
結局は「グーグルやヤフーの検索エンジン」を窓口にしています。


要するにそこのところはPCと何ら変わらないわけですね。


その検索結果にしてもパソコンの検索結果と
スマートフォン端末の検索結果に違いはありません。


要するにスマートフォンだスマートフォンだと言っても
その集客の入口などについては結局のところ
検索エンジンからの集客が主である事に変わりは無いんです。


そんな中、スマートフォンのアフィリエイトが熱いとか、
しきりにスマートフォンのアフィリエイトを進めている
スマートフォン系の情報商材や高額塾は、
一体何を指してスマホのアフィリエイトが熱いと言っているのか。


ちょっと前置きが長くなりましたが
今日はその辺りを言及しておきたいと思います。

スマートフォンのアフィリエイトは稼げる?集客の方法と現実。


まずスマートフォンのアフィリエイトは稼げるという論理ですが
あえてそこに根拠を付け加えるとするなら、
これまでパソコンを利用していなかったような人達が
スマートフォンという携帯端末を手にした事で、
いつでもどこでも「ググる」という事をし始めた事が挙げられ、
それによって拡大した市場を拾っていく行為が

「拡大するスマートフォン市場を取り込むアフィリエイト」

と言えるのではないかと思います。


逆に言えばスマートフォンの普及によって拡大した市場は
そういうパソコンを持っていなかった人達が
スマートフォン端末でネットを使い始めたというくらいで、
それ以上でもそれ以下でもありません。


結局のところアフィリエイトは
自分自身の媒体を持ってそこに集客をしない事には
何をどう転んでも基本的には稼げないわけですから、
スマートフォンだ何だと言ったところで、
結局集客の入口は「検索エンジン」なわけです。


どんなに新しい層のネット利用者が増えたところで、
ネット集客という観点での「大変さ」は変わらないという事。


これまでのアフィリエイトで稼げなかった人が
スマートフォンのアフィリエイトなら稼げるとか、
そんな根拠はどこにも存在しません。


結局のところ「やるべき事」「求められる事」は同じだからです。


なので「スマートフォンのアフィリエイト」などというフレーズに
何かこれまでのビジネスには無い魅力を感じている人がいるなら
そんなものは「幻」だと気付いた方がいいです。


とくに情報起業家さんやアフィリエイターさんは
そういった「目新しい感じがする市場」を魅力的に伝え、

「これまで稼げなかった人でもこれなら稼げます!」

的な言い方で巧妙にその手の情報を売り込んできます。


でも、いざ蓋を空けて現実を見れば、
結局のところ端末の対象がスマートフォンになっただけで、
アフィリエイトで稼ぐ為の集客戦略などは何も変わらないわけです。


「スマートフォン端末でも見れるサイトを作りましょう。」


せいぜいこれくらいの違いではないでしょうか。


結局、集客の要はこれまでのPCサイトと変わりませんし
検索エンジンを主体とするなら
キーワードの狙い方とその上位表示は必須になります。


スマートフォン端末でネットをする人が幾ら増えようと
その根本的なところは何も変わっていないわけですから。


あたかも「新しい市場」のような言い方をして、

これまで何をやってもダメだった人でも、
これからのスマートフォン市場なら・・・


的な言い回しで公開されている、
スマートフォン市場押しのアフィリエイト教材は、
ちょっと注意して見た方がいいですね。


スマートフォンのアフィリエイトだろうと、
これまでのアフィリエイトだろうと、
結局やるべき事は変わりません。


質の高いコンテンツ、面白いコンテンツを作り、
検索エンジンから集客して訪問者を広告や成約に導く。


そこに変化は何も無いと考えた方がいいです。


下手に「これからのスマートフォン市場」とか、
それらしいことを言っている情報商材に手を出すなら、
王道路線でしっかりと評価されている、
そういうアフィリエイト系の情報商材に手を出してください。


結局はそれが一番の近道です。


スマートフォンのアフィリエイトが熱い!


なんて話は普通に「ガセ」です。


目新しそうな市場を売り物にしたい人達の策略ですね。


ご注意を!


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

相性バッチリ!電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」(株)e-FLAGS 楠山高広

井上です。


月末、月始めと、若干忙しくてちょっと出遅れてしまいましたが、
私の「せどりインサイダープロジェクト企画」でお世話になっている、
せどりエイターれお☆さんが自身のブログで、
こちらのせどりツールを推奨していました。

>電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」


私の企画「せどりインサイダープロジェクト」の推進教材である、
「せどりインサイダーマニュアル」との相性もバッチリという事で、
私の方でも早速検証させてもらいました。


尚、私のせどり企画の方をご存知無いという方は、
興味があれば一度、こちらの案内もご覧になってみてください。


>井上太一せどりインサイダープロジェクト


一応、れお☆さんのこのツールへのレビューページも紹介しておきます。

>電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」れお☆さんの評価


では早速、本題の私のレビューの方へ。

電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」(株)e-FLAGS 楠山高広

http://trend-af.info/adm/

この「サヤ取りせどらーシリーズ」は
この情報業界でもわりと有名なせどりツールのシリーズもので、
リリースされるごとにかなりの売れ行きを見せてます。


実際にこの「サヤ取りせどらー最終バージョン」も、
販売から数日間、しばらくインフォトップの
24時間ランキング1位に貼りつきっぱなしなので、
現時点でもかなりの本数が売れているのではないかと思います。


ただこの「サヤ取りせどらーシリーズ」のうち、

「サヤ取りせどらー3種の神器」

という前作のツールに関しては私のブログでも既に批評済みで
正直言って、あまり良い評価は下していませんでした。

>検証。電脳せどりツール「サヤ取りせどらー3種の神器」


理由は簡単で、せどりツールとしては、
どう考えてもあまり意味が無いツールだと思ったからです。


ただ今回の「サヤ取りせどらー最終バージョン」は、
その仕様用途や使い道が全く異なるツールで、
せどりエイターれお☆さんが推奨しただけの事はあって、
ザッとツールの仕様を読んだだけでこれは私もピンと来ました。


「たぶんこのせどりツール、れお☆さんのノウハウに使えるな。」と。


一応、補足しておくとれお☆さんのせどりノウハウは、
プレミア系の音楽商品を買い占めて価格を吊り上げ、
吊り上げた価格でその商品を転売していくというもの。
※詳しくは文頭で紹介した私の企画ページを参照。


この「サヤ取りせどらー最終バージョン」は、
その「買い占め戦略」に間違いなくマッチすると思ったわけです。
(そもそもマッチすると当のれお☆さんが言っていたわけですが。)


何故そう思ったのかと言うと、
この「サヤ取りせどらー最終バージョン」のツール仕様が、
ちょっと「マイナー」とも言える中級規模の
7つほどのネットショップなどを対象に商品のリサーチをかける、
言わば「穴場狙い」のツールになっていたからなんです。


その対象となっているショップは下記の通り。


・駿河屋
・楽天
・ブックオフオンライン
・7ネット
・ネットオフ
・フルイチ
・ビックカメラ


全部知ってる、という人はわりと少ないのではないでしょうか。


勿論、知っているという人もいると思いますが
実際にせどりをやっている人でも、
これらのネットショップを対象にして、
毎日のように仕入れのリサーチをしているような人は
おそらくですがほとんど「いない」のではないかと思います。


やはり「せどり」の中心はヤフーオークションか
アマゾンというのがセオリーになっていますので、
こういう中級規模のネットショップを含めて、
毎日その在庫チェックをしているような熱心な人は稀です。


ただこのツールはその熱心な在庫チェックを
一括したツール機能でザッと行えてしまう、
そういうせどりツールなわけです。


しかも!


アマゾンで最安値になっている商品に対して、
その価格差が大きい商品が一目でわかるように、
その商品データを一括して出力してくれます。


要するにそういう商品をサッと仕入れて、
そのままアマゾンに出品すれば、
あとは売れるのを待つだけで稼げるますよ、というツールです。


それがこのせどりツールの基本的な使い方。


そんなツールの使い道も含めて、
このせどりツールにはせどりの基本等を押さえた
300ページ以上のマニュアルも付いてきますので、

「このツールからせどりをスタート!」

というような事も普通に可能。


ここまでの内容と概要だけでも、
十分に評価するだけの価値はあるツールだと思います。


価格も19800円とツールとしてはそれなりですが、
月額料金等がかからないせどりツールなので、
一度入手してそれをパソコンにインストールすれば、
今後一生涯、半永久的に使い続ける事が出来ます。


少なからずこのツールの仕様を聞けば、
長い目で見て利用していった際に
19800円の代金分も回収出来ないという事は
普通にせどりをやっていればまず考えられません。


勿論、それはこのツールを使う事が前提ですが、
きちんと使う事を前提としておくなら、
どう転んでも損のしようが無いツールだという事です。


とは言えこの仕様を聞いて懸念点が無いわけではありません。


やはり「せどりツール」である以上、
同じものを多くの人が利用していけば、
同じデータを弾き出して仕入れをする人が増えるわけで、
本来このツールで見つけ出せるであろう

「アマゾンとの価格差が大きい稼げる商品」

は、常にツール利用者間で競合して仕入れる事になります。


オークションサイトなどを対象にするわけではないので、
とくに仕入れの際の価格が高騰するという事はありませんが
見つかっていく商品のほとんどが既に売り切れ状態で、
常に「早い者勝ち」状態で仕入れが出来なければ意味がありません。


それでも長い目で見れば代金分の回収は
「いつか」は可能だと思いますが、
それがズルズル長期化するのであれば、
ツールを稼働させて商品をチェックする労力も馬鹿にならず、
何の為のせどりツールなのかさえわからなくなります。


・・・で、その懸念点は実際のところどうなのか。


私なりにツールを稼働させて情報を見ていき、
同時にこのせどりツールの保証なども踏まえて考えましたが
おそらくこのツールで検出できる商品全般を
その仕入れ対象にしていくならほとんど問題は無いと思います。


それくらい多くの商品が入れ代わり立ち代わりで、
次から次へとバンバン見つかるという印象ですね。


一応、せどりツールの方にも
下記のような返金保証が付いています。


「2千円以上利益の出る商品が千点以上見つからなければ返金」
購入後、180日以内のどこかのタイミングで、週に1回、1ヶ月間、本、CD、DVD、ゲーム、ホビーから、 各5カテゴリづつデータを取って提出して頂き、差額が2000円以上の商品が1000点以下なら全額返金。

「30日でツール以上の利益が出なければ返金」
2千円以上の利益が出る商品を40個出品してから、
30日以内にツール代金以上の利益が出なければ全額返金。


要するに常に1000点以上は
2000円以上の差額のある商品が見つかり、
それを実際に転売していけば30日で
ツール代金の回収も可能という保証を付けてます。


保証を100%アテにしろとは言いませんが、
ツールを動かしてみた感想として、
私はこれは現実的にクリア出来る保証だと思いました。


販売者側もそれが可能だからこそ付けているものなので、
これは「安心材料の1つ」として見ていい保証だと思います。


要するにツール利用者同士の競合という点については
販売者側も問題なくクリア出来ていると判断しているわけです。


仮に予想以上にこのツールが売れ続けるようなら、
このような保証を付けている以上、
販売本数を把握して問題が生じる前の段階で
ツールの販売を止めるはずですので、
その点はあまり心配しなくてもいいのではないかと思います


ただ、ここまではあくまでもこのせどりツール、
「サヤ取りせどらー最終バージョン」単体の評価。


私や私のせどり企画に参加している方々は、
ここからの内容がより重要なポイントになってきます。


サヤ取りせどらー最終バージョン+せどりインサイダー


まず率直に言ってこの「サヤ取りせどらー最終バージョン」は
せどりインサイダーのプレミア音楽商品買い占め戦略に対し、
かなり効果的な利用方法が2つほど考えられます。


1つは他のせどりインサイダー実践者による、
買い占めによって価格が既に高騰している商品を
7つのネットショップを対象に見つけ出していくという活用法。


そして2つ目はこのツールの「ある特性」を利用して、
“逆引き”的に稼げるプレミア商品を
バンバン見つけ出していくという活用法になります。


このツールの特性上、どちらもその利用用途は
商品のリサーチに利用していく事になりますが、
せどりインサイダーのノウハウは
その「商品のリサーチ」が全てですから
そういう点でこのせどりツールは「かなり」使えます。


本当にれお☆さん本人が推奨しただけの事はありますね。


例えばこれはれお☆さんの記事からの拝借になりますが
れお☆さん自身はこのせどりツールで、
下記のような商品を見つけ出しています。


Doom/Incompetent…

アマゾン最安値:9,800円


7netショッピング:2,310円 → 差額:7,490円



氷室京介/炎の化石

アマゾン最安値:10,124円


BOOK-OFF online:3,450円 → 差額:6,674円



DESTROSE/Deathless Memories

アマゾン最安値:7,000円


駿河屋.jp:3,780円 → 差額:3,220円



沢田研二/Royal Straight Flush

アマゾン最安値:8,327円


BOOK-OFF online:3,450円 → 差額:4,877円



全商品のアマゾン相場との差額総額が22,261円ですから、
この時点でほぼツールの購入代金は回収出来てますね。


これが先ほど私がお伝えした「1つ目」の使い方になります。


ただ私的にはこの1つ目の使い方より、
2つ目の使い方の方が長い目で見て
このせどりツールを長期的に使っていると踏んでいます。


ツールの特性を利用して逆引き的に
稼げるプレミア商品を見つけるという方法ですね。


何故、私がこの2つ目の方法の方を
長期的に使える活用法と見ているかというと、
1つ目の使い道は正直言って競合の可能性がかなりあります。


先ほどはこのツール全体による競合の心配は不要と言いましたが
それをプレミア音楽CDのみを対象に行ってしまうと、
さすがにそれは仕入れ段階の競合が生まれてしまうと思います。


勿論、今はまだこのせどりツールも売り出されたばかりですし、
れお☆さんのせどりインサイダー実践者組が
このせどりツールを手にしている比率は
そうそうそこまで高くは無い状況だと思いますから、
現時点では1つ目の活用法でも普通に稼げると思います。


れお☆さんのようにただ仕入れて転売していけば
すぐにでも利益が出せるような「お宝商品」を
このツールがバンバン探し出してくれるのではないでしょうか。


ただもしこのせどりインサイダー実践者組が
次から次へとこのツールを手にしていったら・・・
やはり先ほど言ったような競合が起きると思うわけです。


だからこそ私は2つ目の方法を推奨します。


こちらの方法なら「競合は起きない」と断言できるからです。


何故ならその活用法があくまでも「逆引きリサーチ」だから。


今回はこの「逆引きリサーチ」による
この「サヤ取りせどらー最終バージョン」の活用法を
私、井上太一からの購入特典としてお付けしたいと思います。


「サヤ取りせどらー最終バージョン」特典


活用法① すぐにでも利益を生み出せるお宝商品発掘法

これは先ほどもお伝えした1つ目の活用法です。


今のところは普通に有効ですがこの特典が出回り過ぎたり、
純粋にこのツールを利用している人の数が増えて
音楽系の商品を狙う人の相対数が増えても競合は生じます。


ですので、これは極端な考え方としては
「今だけ有効なノウハウ」と捉えてササッと実践してください。


現状であればまだまだすぐにでも稼げる商品は
普通にツールにヒットしていく状態ですので、
ササッと購入代金を回収していくには手っ取り早いです。


ただこの活用法のみでは、
競合によって商品の仕入れが困難になる可能性があり、
その時がいつか来るかもしれないという事は念頭に置いてください。


活用法② 稼げるプレミア商品の逆引きリサーチ


これはせどりインサイダーの実践者は必見のノウハウです。


本来であれば私のせどりプロジェクト参加者さんには
無条件で無料提供していきたいくらいの内容ですが
この方法に関してはノウハウのみを頭に入れても
このせどりツールが無ければ実行できません。


なので、いずれにしてもこのせどりツールが
この方法の実行には必要不可欠になります。


この方法でこのせどりツールを活用していけば
本当に次から次へと「稼げるプレミア商品」が
バンバン見つけられるようになりますので、
せどりインサイダー実践者組で、
商品のリサーチに手間がかかっているような人は
是非、これを機にゲットしておいてください。


この方法はまず競合の可能性はありませんので
このツールを手に入れる事が出来れば、
今後一生涯、半永久的に活用していく事が出来ます。


このツールそのものも十分に価値のあるものですから
決して損な買い物にはならないはずです。


こちらのノウハウも是非有効に活用してください。


井上太一のメールサポート

最後に3つ目の特典が私、井上のサポートです。

私から1つでも何かの教材を購入してくれたなら、
その瞬間からあなたは同じ教材をもとにビジネスを進めていく仲間です。

あなたが望む限り私は私の知っている限り、
そのノウハウやスキルを惜しむことなく提供させて頂きます。

実際に私は近い友人やその知人などを
しっかりと稼がせている実績もありますので
稼がせる」という点のスキルもある程度は持っています。

稼ぐため、稼がせるために必要なスキルと
その正しい道筋をしっかりと持っているという事です。

本人にやる気と行動力さえがあれば他に必要なものなの何もありません。

ですので何か聞きたい事などがあればいつでもこちらに相談してください。

可能な限りあなたの環境にあった的確なアドバイスをさせていただきます。


>サヤ取りせどらー最終バージョンを購入する<


尚、この特典はれお☆さんのせどりインサイダーのノウハウ
もしくは私の「せどりインサイダープロジェクト」に
参加していなければあまり意味がありません。


どちらも「まだ」という人は、
これを機に併せて検討頂ければと思います。


>せどりインサイダーマニュアルのレビューはこちら/

>井上太一せどりインサイダープロジェクトの案内はこちら/

タグ

2014年3月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ