電脳仕入れツール「セドリオン」を使ってみた。

井上です。


インフォトップの売り上げランキングの上位に、


「セドリオン」


という転売(せどり)ツールが出ていました。


電脳仕入れツール「セドリオン」

https://sedorion.com/


見たところ、この「セドリオン」というツールには、
5日間、無料で利用できる無料のお試し版がありましたので、
早速、そちらの方をダウンロードして使ってみました。


以下、その感想を含めた「セドリオン」のレビューです。

電脳仕入れツール「セドリオン」レビュー。


まず、実際に使ってみた上での率直な感想ですが、
転売して稼げる商品を探すためのツールとして、
私はあまり「効率性」がよくないように思いました。


ここで言う「効率性」というのは、
ツールを実際に利用していく際の「手間(労力)」と、
その上での「所要時間」の両方を踏まえての効率性です。


強いて転売によって「稼げる商品」を探すために、
このようなツールを利用して商品探しをする上では、
ちょっと手間と時間がかかり過ぎるかな、と思った次第です。


その「手間」と「時間」について、それぞれ言及していきますが、
まずこの『電脳仕入れツールセドリオン』というツールは、


・Yahooショップ

・楽天市場



この2つの市場(サイト)で出店をしているショップを対象に、
そのショップの出品商品をリサーチの対象にしていきます。


この2つの市場(サイト)に出店しているショップが、
合計で約40万店舗ほどになっているという点で、
この『電脳仕入れツールセドリオン』の販売ページには、


「リサーチ対応は驚きの40万店舗!」


という表記が大きく掲げられているわけです。


まあ、確かにこれは嘘ではないのですが、
平たく言ってしまえば、このツールは単純に、


・Yahooショップ

・楽天市場



この2つのサイトのみから商品を探すツールというだけの話で、
この2つのサイトに商品を出品しているショップが、
現在、40万店舗くらいあるというだけの話なわけです。


ただ、ここで「手間」の部分の落とし穴があり、
このツールは、その40万店舗を対象に、
ツールが自動的に商品を探し出してくれるわけでは無く、
その対象となる店舗を利用者が自分で指定しなければならないんです。


それこそ40万店舗もあるショップの中から、
稼げる商品を販売していそうなショップを自分で見つけて、
そのショップの「ショップID」にあたるものをサイトから取得し、
それをツールに貼り付けていかなければなりません。


そのような「ショップIDの指定」という動作を経て、
初めて、その自ら指定したショップのみを対象に、
条件に見合った「稼げそうな商品」を探してくれるわけですね。


当然、指定したショップに「稼げそうな商品」が無ければ、
また自ら40万店舗の中から目星を付けてショップIDを取得し、
それを指定していく作業が必要になります。


そういう作業を何度も何度も繰り返す必要があるわけです。


要するに40万店舗の中から、


「稼げる商品を安く売っていそうなショップ」


を自分で見つけだしていく事が出来ない限り、
このツールで稼げる商品を見つける事は出来ないんです。


更に、ショップIDを1つ指定した際の「リサーチ時間」も、
そのショップの商品数によってはかなりの時間を要します。


1回(1つのショップ)の商品のリサーチに、
30分、40分ほどの待ち時間を要するのもザラでした。


そういった「手間」と「時間」の両方を踏まえて、
私は「あまり効率的なツールではない」と判断した次第です。


正直、Yahooショップ、楽天市場のショップの中で、
転売によって稼げる商品を扱っているショップなどは、
その40万店舗の中のほんの一部に過ぎません。


そういう「稼げる商品を仕入れられるショップ」を、
結局のところ、自分で探し出していく必要がありますので、
転売によって稼げる商品をリサーチするツールとしては、
私はあまり意味がツールだと思ったのが率直なところです。


結局、そういったショップを探すのも大変な事ですし、
そのために手間、労力も決して馬鹿にはなりません。


また、それを見つけだすまでに要する「時間」も
総数40万もの店舗がその対象である中、
1つの店舗に30分、40分もの時間を要するのですから、
これはハッキリ言って時間が幾らあっても足りないです。


1日寝る間を惜しんでツールにショップIDを入れ続けても、
1日にリサーチできる店舗はせいぜい50店舗ほどですからね。


それこそ40万店舗、全てをリサーチするまでには、
25年ほどを要してしまうという計算になります。


全ての店舗の商品を調べ終わるまでに25年も要する時点で、


「リサーチ対応は驚きの40万店舗!」


という謳い文句がいかに空虚なものか分かりますね。


まあ、決して「嘘」ではありませんけど(苦笑)


電脳仕入れツール「セドリオン」を使ってみた。まとめ


以上、私がこの『電脳仕入れツールセドリオン』を使ってみた感想です。


まあ、こうして無料のお試し版を公開してくれているのは、
この手のツールの販売者としては非常に良心的だと思いますので、
その販売の姿勢は純粋に評価できるところだと思います。


この手のツールの販売者の多くは、明らかに「使えないツール」を
巧妙な謳い文句だけを並べて売りつけようとしてきますからね。


無料のお試し版はおろか、その「商品探しのロジック」さえ、
一切明かさずにお金だけを先に払わせるツールも少なくありません。


そして、いざ手元に届いたツールを使ってみると糞ツールだった・・・。


そんな経験をされている人も多いんじゃないかと思います。


その点で、この『電脳仕入れツールセドリオン』は、
ツールにおける「商品探しのロジック」も全て明かした上で、
無料のお試し版を用意してくれているのは本当に良心的だと思いました。


ですが、ツールそのものは、実際に使ってみた上で、
どうしても「微妙」だと思ってしまうところが目についたので、
そこはレビュアーとして、率直に批評させて頂いた次第です。


少なくとも、私がこのブログで推奨している、


「転売で稼げる商品を見つけだせるツール」


に該当する、こちらの転売ツール(せどりツール)は、
ここで挙げたような「手間」や「時間」を要する事もありませんからね。

>せどりインサイダー専用ツール「転売稼業」


何より、この「転売稼業」というツールは、


「不特定多数の人に利用してもらう事」


を、その大前提に秀逸なロジックが確立されていますので、
興味があれば、一度、私のレビュー記事だけでも読んでみてください。


転売系のツールで「仕入れ」を促進する事を前提としているツールは、
随一の仕組みが確立されているツールだと思いますので。


井上太一


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2017年11月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材批評

このページの先頭へ