アフィリエイトしていく情報商材は多様化させるべきか、絞り込むべきか。

井上です。


私はこのブログや自身のメールマガジンで
時折、情報商材アフィリエイター向けの講座もやっているのですが、


「アフィリエイトの際に扱っていく情報商材の数について」


の質問を、比較的、よく頂いております。


「アフィリエイトしていく商品(情報商材)は多い方がいいのか。」
「商品数が少なければ、いつか頭打ちになるのではないか。」


このような質問やご相談ですね。


確かに情報商材を扱っているアフィリエイターは数多くいますが、
そのアフィリエイターが実際にアフィリエイトしている商品の数は、
それが多岐に渡る人から、少数に絞っている人まで、多種多様です。


ただ、大抵、情報商材のアフィリエイトを始めていく人は、


・何かの情報商材のノウハウに沿って始めていく人
・既存の情報商材アフィリエイターを模範して始めていく



このいずれかの傾向にありますので、
そのアフィリエイターの扱う商品数の傾向は、
その基盤となった情報商材の方針やアフィリエイターの方針によって、
概ね、それに近い方針になっていく傾向にあるようです。


ただ、長期的にアフィリエイト活動を進めていくと考えた際、
やはりアフィリエイトしていく商品の「数」については、
冒頭に羅列したような懸念や疑問を抱く方も多いようですね。


ですので、今日は情報商材アフィリエイトにおける、


「アフィリエイトしていく情報商材の数について」


のテーマに講義してみたいと思います。

アフィリエイトしていく情報商材の「数」について。


まず、基本的な考え方として、
情報商材のアフィリエイトをしていく上で、
あえて「数多くの情報商材をアフィリエイトする事」を
その「目的」にしていくような人はいないと思います。


あくまでも目的は「稼ぐ事」であり、
その「稼ぐ」という目的の達成を最大化する上で、


「たくさんの情報商材を扱った方がより多くの収入を稼げる」


という考えに至っている人は、その商品数を増やしているはずです。


ですが、仮にアフィリエイトしていく情報商材の数を絞っても、
ほぼ同じくらいの収入を普通に稼いでいく事が出来るのであれば、
その数は少ない方がいいに決まっています。


扱っていく情報商材の数が多くなればなるほど、
その1つ1つの情報商材を売り込む為の労力が増えるからです。


・その商品を売り込む為のレビューを書く労力
・その商品をより販促する為の特典を作る労力
・その商品を売り込むコンテンツへの集客の労力



扱う商品が増えていけば増えていくほど、その労力は増えていきます。


ただ、今回のテーマにおいて重要な視点として、ここで挙げた


“その商品を売り込むコンテンツへの集客の労力”


を1つの視点として捉えると、
実質的に数多くの情報商材をアフィリエイトしていく事は、
単純に「アクセスの出口」を増やしているだけである事が分かります。


自分自身のメディアの集客力が100であるとすれば、
アフィリエイトしている情報商材の数が多い事は、
その100の集客力をただ分散する事でしかないわけです。


10個の情報商材をアフィリエイトしていれば、
その10個の出口にアクセスが分散していくわけですね。


つまり、どんなにアフィリエイトしていく情報商材を増やしても、


「その入口(集客力)を増やさない限り収入の向上は図れない」


という事です。


仮に集客している見込み客の属性がある程度一律している場合は、
見込み客に対して最も高い成約を見込める商品だけを売り込むべきであり、
その場合は、必然的に出口を分散するメリットはあまりありません。


あえて出口を分散して多くの情報商材を扱うメリットがあるとすれば、
それは多用な属性やニーズを持っている見込み客を集客している場合で、
その場合に限り、そのニーズに沿った商品をそれぞれ扱う事で、
より多くの成約、収益を見込んでいく事が出来るようになります。


つまり、多数の情報商材を扱っていく事がメリットになるかどうかは、
自身のメディアにどういう属性の見込み客が集まっているか次第であり、
その属性がかなり一律して絞り込まれていれば、
多用な情報商材を扱う事はただただマイナスにしかなりません。


そして、多用な情報商材をアフィリエイトしていくとしても、
その範囲は、集客出来ている見込み客の属性に沿ったものに限るべきであり、
やみくもにその数を増やしていっても利益には直結せず、
むしろ「適さない出口への誘導率」が高まるほど利益は下がってしまいます。


言い方を変えれば、実際に扱う商品に適した見込み客だけを
そのメディアに対して集客していくべきであり、
そこでアフィリエイトしていく情報商材を多用化させるほど、
その「集客の幅」もそのまま広げていかなければならないという事です。


扱う情報商材の多様化=集客していくターゲットの多様化


基本的に「集客」はターゲットを決めて行うものですので、
ターゲットを多用化していくような場合は、
当然そこにも相応の労力を要するようになっていきます。


つまり、あまりにアフィリエイトしていく商品の幅を広げ過ぎても、
自身の「集客」におけるマーケティング面の手間や労力を
そこに割いていく事が出来なければ、何の意味も無いという事です。


となると、結局は、


「自分自身の労力をどこに割くか」


が1つの視点になってくるという事であり、
扱っていく情報商材を多用化させ、


・その商品を売り込む為のレビューを書く労力
・その商品をより販促する為の特典を作る労力
・その商品を売り込むコンテンツへの集客の労力



この3つを常に割いていく事が、
より多くの収入を見込める「最善の労力」になるなら、
アフィリエイトしていく情報商材を増やしていく事は、
そのまま「利益の最大化」にも繋がっていくという事になります。


ですが、そのメディアの「メインテーマ」から、
大きく外れた情報商材を扱い、
その集客を図っていく行為は実質的には


「1から全く新しいメディアを作っていく労力」


とさほど変わりませんので、これは得策ではありません。


よって、基本的には、自身のメディアのメインテーマに対して、
ある程度の関連性、繋がりのある情報商材のみの幅を広げ
集客面での相乗効果を狙っていく事が最善であると言えます。


私のブログで言えば「ネットビジネス」がテーマなので、


「アフィリエイで稼ぐ為のノウハウ」


をメインに扱いながら、


「せどりで稼ぐノウハウ」
「YouTubeで稼ぐノウハウ」
「ツイッターのツール」



このようなジャンルの情報商材も扱う事で、
その集客の幅を広げて、相乗効果を狙っていくようにしています。


そして、そのジャンルにおいて「推奨する情報商材」は、
なるべく重複させずに1つに絞り込むようにしています。


「こういう稼ぎ方をしたい人はこの情報商材がお勧め」


という形で、しっかりと出口を明確に分けているわけですね。


アフィリエイトしていく情報商材の「数」について~結論~


アフィリエイトしていく情報商材を多用化していくべきか、
それを絞り込んでいくべきかの結論としては、


「ただその数を増やす事だけが収益化に繋がるわけではない」


という事であり、


「扱う情報商材の多様化は集客の多様化と併せて検討するべき」


という事です。


よって、自身のメディアに集まっていく見込み客が、
ある程度、既に多用化されているような場合や
そこに幾つかのニーズが見て取れるような場合には、


「そのニーズを満たす情報商材をそれぞれ扱っていく」


というのは普通に「アリ」だと思います。


ただ、とくにそうではないという場合は、
新たに扱う情報商材を増やしていくと共に、
その情報商材の見込み客も併せて
新たに集客していかない事には何の意味もありません。


それが「出来ない」もしくは「出来る余裕がない」のであれば、
その情報商材を新たにアフィリエイトしていく意味は無いという事です。


よって、メディアの立ち上げ段階であまりに手を広げて
多様な情報商材をアフィリエイトしていっても、
それに応じた集客を併せて行えなければ意味がありません。


それでなくとも、メディアの立ち上げ段階は、
色々とコンテンツの作り込みが大変な時期になりますので、
最初はそのテーマに沿った確固たるキャッシュポイントを1つ作り、
その情報商材1つを売り込んでいく為の集客をしていくべきだと思います。


そうして実際にアクセスが入り始めた段階で、
改めて、そこに集まっている「既存の見込み客」の、
別のニーズを満たせる情報商材を新たに扱っていけばいいと思います。


そのニーズがほぼ全て埋まった段階で、
ようやく近い範囲からその幅を広げていけばいいのではないでしょうか。


少なくとも私はそういうステップを踏んで、
徐々にこのブログで扱う情報商材の幅を広げてきました。


最初は、アフィリエイトで稼ぐ為のスキルとして、


「コピーライティングの教材」


のみを確固たるキャッシュポイントにして、
そこから同様の見込み客を対象に、
別のニーズを満たせる情報商材を徐々に扱っていきました。


具体的な商材で言うと、


>The Million Writing(ミリオンライティング)


これを皮切りに、


>Copyrighting Affiliate Program


などを扱い、そこから、


>SEOマニュアル+テンプレート「賢威」

>本質のビジネスSEO術 


あたりで「集客面のニーズ」を満たしつつ、


>イメージングアフィリエイト


などで、別分野のアフィリエイトで稼ぎたいニーズも押さえ、
この辺りからようやく「別ジャンル」に幅を広げて


>Twitter Brain(ツイッターブレイン)

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

>Youtube-Ads Capture Sheet CLUB


などを扱って、


・ツイッターに興味がある人

・せどりで稼ぎたい人

・YouTubeで稼ぎたい人


なども集客していくようになったというイメージです。


あまり最初から手を広げ過ぎても大変なだけですので、
まずは1つ、これというものを決めて、
そこから幅を広げていくようにした方がいいと思います。


是非、参考にしてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年1月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

月収100万円のビジネス(収入源)を作る現実的な方法。

井上です。


ネットビジネスやアフィリエイトを始めていく人が、
とりあえずというか、当面の目標的な目安にするものとして


「月収100万円」


というものがあります。


「ひとまずの目標とか、ありますか?」

「う~ん。まずは月収100万円は稼ぎたいです。」



こんな会話はもう、何人の人としてきたかわかりません(笑)


ただ、これはそう答えている人もそこまで深い意味は無く、
とりあえずの目標としてサッと挙げる数字が、
何となく「月収100万円」なんだと思います。


勿論、本音を言えば月収1000万でも1億でも、
それこそ稼げるなら、もっともっと稼ぎたいんでしょうけど、
自分的に「非現実的な数字」を言っても仕方がないので、


「何となくイケそうな気がしなくもない金額」


となると、その数字は「月収100万円くらい」になるみたいです。


「実際、それくらい稼いでいる人は結構いる(っぽい)業界だから」


というのもあるのかもしれません。


そんな多くの人が目標とする月収100万円という数字ですが、
今日はそれを実現する「現実的なビジネス(仕組み)の作り方」を
私なりにプランニングしてみたいと思います。

月収100万円のビジネス(収入源)を作る現実的な方法。


まず、この「月収100万円のビジネスモデル」といのは、
ネットビジネスというくくりで言えば、
私は「アフィリエイト」でしかクリアした事がありません。


今現在もこのブログやメルマガを介して行っている、
DRMを主体とした情報商材のアフィリエイト。


これであれば、それこそ「今現在やっているメディア」を
全て無しにして1から仕組みを作り始めても、
ほぼ100%、3~4カ月以内に達成出来る自信があります。


私自身、実際にそれを達成してきた経験とスキルを持っているからです。


ただ「たぶん、やれば達成出来るだろう」と思うビジネスは、
とくに今現在の手法に特定しなくても幾つかは思い当たります。


・せどり

・YouTube(YouTubeアドセンス)

・情報販売(インフォプレナー)


この辺りでも月収100万円は普通に達成出来るでしょうし、
それを継続的ビジネスモデルの構築も可能だと思います。


ですが、やはり今現在やっている「アフィリエイト」が、
最も早く、少ない労力で目標を達成出来る方法だと思いますし
私以外の人にそれを達成させるという観点でも答えは同じです。


せどりで月収100万円はそれなりの「資金」を要しますし、
YouTubeはちょっと労力がかかり過ぎます。


情報販売はそもそもの「ネタ」などが必要になるので、
誰にでもクリアさせられるかと言えば難しいですからね。


そうなると「月収100万円の仕組み作り」は、
やはり「アフィリエイト」こそが


「誰もが今すぐにでもその仕組み作りを始められるビジネス」


だと思います。


だからこそ、私は無料のメルマガ講座でも、
最も力を入れている有料講座でも、
私自身が実際に実践しているDRM主体の、
情報商材のアフィリエイトビジネスを推奨しているんです。


ただ、ここで漠然と、


「情報商材のアフィリエイトなら、
 月収100万円の仕組み作りも余裕ですよ!」


という事だけを伝えても、
まずピンと来ない人が大半だと思いますし


「実際、やってみたけど、全然稼げなかったけど?」


という人も多いと思いますので、
今日はもう少し現実的な視点でそのプランニングというか、


「どれくらいの仕組みを作ればアフィリエイトで、
 月収100万円が見えて来るのか」


という話をしてみたいと思います。


アフィリエイトで月収100万円のビジネスプラン


まず、私のアフィリエイト戦略では、基本的に、
メールマガジンを「ステップメール」にした上で、
そのメルマガ配信のプロセスを完全に自動化させます。


極端な話、30日分、60日分、90日分と、
そのステップメール講座を作り込んで、そのメールを順次、
メルマガ登録してくれた人に対して発行していくわけです。


その中で、特定の商品を売り込んでいく流れを作るわけですが
例えば30日間のステップメール講座の中で、
10日おきに単価1万円のアフィリエイト報酬の商品を
計3つ紹介していくメール講座を作り込むとします。


要するに読者登録をしてくれた人に対して、
30日間のメール講座の中で、
単価報酬1万円の商品を10日おきに3つ紹介していくわけです。


それを全て購入してもらえれば3万円の報酬。


1つしか購入してもらえなくても1万円の報酬という計算ですね。


そして、このメルマガ講座への「読者」を集めていくわけですが、
1日あたり10人の読者を集める事が出来る仕組みを作ると、
1カ月の読者数は300人という計算になります。


その300人全員が3つの商品全てを購入してくれれば、
計900万円という売上が上がるのですが、
当然、そんなにうまくいくはずがありません。


ただきちんと質の高い読者を集め、
読者との信頼関係をきちんと作れるメルマガを用意しておけば
平均して10人に1人くらいが3万円の商品を買ってくれる比率。


要するに読者一人あたり3000円くらいの単価報酬くらいは
現実的なラインで普通に達成していくことが出来ます。


読者3人に一人が計3つの商品の紹介を受ける中で、
1つでも購入してくれればその比率はクリア出来るわけですから。


つまり、DRMを主体とするアフィリエイトであれば、


・平均読者単価3000円のメルマガ講座作り

・1日平均10人の読者を集められる仕組み作り



この2つを作る事が出来れば、
その時点でおおよそ月収100万円は達成出来るわけです。


そして1日平均10人の読者を集める仕組みの方ですが、
これは10%くらいのオプトイン率のブログを作り、
1日300アクセスくらいを集めれば普通に達成出来る数字です。


10人の訪問者の一人が読者登録してくれるようなメディアを作り、
そこに1日300人のアクセスを集めればいいわけです。


これも全く持って非現実的なものでも何でもありません。


1日300アクセスくらいのメディアは、
平均して1日3~4アクセスくらいを集められる記事を
計100記事くらい投稿出来ていれば達成出来るからです。


要するに・・・


・平均読者単価3000円のメルマガ講座作り

・10人に1人の訪問者が読者登録してくれるメディア作り

・1日平均3~4アクセスの記事を100記事投稿



この3つクリアを出来れた時点で、
月収100万円を稼げる仕組みが普通に完成するという事です。


1日1記事のブログ更新を徹底していくだけでも、
3カ月ほどで月収100万円は達成出来てしまうわけですね。


現に私はそうやって月収100万円のステージを経て、
今は200万、300万円というステージに上がっているわけですから、
これは何ら非現実的な数字を上げているわけでも何でもありません。


仮にその読者の平均単価が半分の1500円になっても、
20人に1人しか読者登録してくれなくても、
1記事あたり1~2アクセスしか集められなくても、
それ以外の条件をクリア出来ていれば月収50万円は達成出来るんです。


ただ、実際はメルマガ講座を60日分、90日分と、
どんどん延長して増やしていく事は幾らでも出来ますし
ブログの記事もその絶対数を増やしていく事は幾らでも可能です。


記事の絶対数、メルマガ講座の絶対数を増やせば、
それだけ読者数も売上が上がる可能性も増えていきますので、
その仕組み全体の数字を向上させていく事自体は、
そこに時間と労力を割いていくだけで幾らでも可能なわけです。


つまり「月収100万円を稼ぎ出せるの仕組み」は、
その労力と時間さえそれなりに投じていけば、
実質、誰でも現実的に「可能」なんですね。


ただ、それがもし「出来ない」という状況になるとすれば、
それは、


・根本的にアクセスに繋がらない記事しか書けない場合

・根本的に成約が取れないメール講座しか作れない場合



です。


「0」に対して「0」を幾ら足しても、
それが「0」以上になっていく事はありません。


逆に言えばそれが「0」でさえ無ければ、
アフィリエイトは本当に誰でも稼げるビジネスなんです。


では、その「0」を最低限「1」以上にするにはどうすればいいのか。


その「0になってしまう労力」を決して作らない為にするべき事。


それは他でも無く、私がこのブログでも度々その重要性を説いている


「コピーライティングのスキルを身に付ける事」


だと思います。


少なくとも、コピーライティングのスキルを
しっかりと身に付けた上でコンテンツ(記事)や
メールマガジンの文章を書いていく事が出来ていれば、


・根本的にアクセスに繋がらない記事しか書けない

・根本的に成約が取れないメール講座しか作れない



という事は無くなるはずです。


裏を返せば、ブログやメルマガをやっているのに、
一向にアクセスも上がらず、成約も取れないという人は、
コピーライティングのスキルが至らないが為に、


・根本的にアクセスに繋がらない記事

・根本的に成約が取れないメールマガジン



を作ってしまっていると考えられます。


少なくとも、コピーライティングのスキルをしっかりと身に付け、
その上でブログの記事やメールマガジンを作り込んでいけば


・平均読者単価3000円のメルマガ講座

・10人に1人の訪問者が読者登録してくれるメディア

・1日平均3~4アクセスの記事



などは、ごく普通に作り上げていく事が出来るようになります。


あとは、そこに必要なほんの少しの戦略。


これでアフィリエイトで月収100万円という数字は、
本当に「拍子抜け」するほど簡単に達成出来てしまいます。


勿論、それを達成する前の段階では、
色々、不安に思うところもあるかもしれませんが、
実際にこれを達成している人の多くは、
そのほとんどの人がそこにさほど「苦労」を感じていません。


何故なら、当たり前の事を当たり前のようにやっていった先に、
結果として収入が普通について来ているだけのはずだからです。


きちんと「アクセス」に繋がる記事を書き、
その一部の人が読者登録をしてくれるブログを作り、
その読者の一部の人が価値を感じてくれた商品に対し、
自然にお金を払ってくれるようなメルマガ講座を作っていく。


言ってみれば「これだけの事」ですからね。


少なくとも必要最低限のコピーライティングのスキルを身に付けて、
その原則に沿った文章を書いてコンテンツを作っていけば、
これくらいの事は本当に「普通に」達成出来てしまいます。


そしてそんなコピーライティングのスキルを学べる環境と共に、
その為に必要な戦略の全てをコンテンツ化し、提供しているのが、


「井上太一アフィリエイト倶楽部」


という、私自身が実施しているアフィリエイト企画です。


井上太一アフィリエイト倶楽部


今日の私の話に「現実的な可能性」を感じられたようなら、
是非、一度、その案内ページの方だけでも読んでみてください。


おそらく、あなたが今、感じている可能性を、
より強固に出来るような提案をそこで出来ていると思います。


そして、是非、一緒に今日、ここでお話ししたようなプランを、
そのまま「実際に」「一緒に」作っていきましょう。


「アフィリエイト」というビジネス。


「DRM」というマーケティング戦略。


そして「コピーライティング」というスキルには、
本当にそれだけの『可能性』があるという事です。


私がやっている事はその「可能性」をありのまま伝え、
それをそのまま再現、体現しているだけですから。


今日の話でその可能性を少しでも現実的に感じられたなら、
是非、その可能性に対して「進んで」みて頂ければ幸いです。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年10月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

アフィリエイトで「不労所得の実現」は可能なのか。

井上です。


標題でも掲げた通り今日は


「アフィリエイトで不労所得の実現は可能なのか。」


というテーマで講義してみたいと思います。


それでは早速いってみましょう。

アフィリエイトで「不労所得の実現」は可能なのか。


まず率直に可能か不可能かで言えば私の答えはハッキリしています。


「アフィリエイトで不労所得の実現は可能」


これが私の答えです。


勿論、その「根拠」も明確にお話し出来ますが、
それよりもまず確認しておきたいのは「不労所得の定義」です。


“働かずにほったらかしでお金が入り続ける状況”


不労所得というキーワードで誰もが浮かべるのはこういうものでしょうか。


ただ、この「働く」の定義がまた人それぞれなのですが
私がここでお話しする「不労所得」における「不労」の定義は、


「その収入を生み出す為に何の労力も伴わない事」


を意味しますので、当然これはブログの更新作業なども含めて、
ネットビジネス的な活動も一切伴わない事を1つの定義とします。


そう考えると、今現在の段階で私は
不労所得を得ている状況にはないように思われるかもしれません。


こうして実際にブログを更新している状況にあるからです。


ただ、こうしてブログを更新し続けている事が
日々の収入にそのまま「直結」しているわけではありません。


つまり、実際はこうしてブログを一切更新しなくても、
私の元には収入は入り続けるわけです。


「既にそういう仕組みを作り上げているから」ですね。


そこを踏まえて、


「じゃあ、何でわざわざブログを更新してるの?」


と問われるなら、その答えもハッキリしています。


端的に言えば「もっと収入を増やしたいから」です。


私のビジネスモデルにとって、このブログの「役割」は、
検索エンジンから見込み客を呼び込む為の「集客の入口」であり、
メルマガのリストを集める為の「読者収集の入口」でもあります。


既にブログそのものがある程度、形になっていますので
ここで更新を辞めたところでアクセスはそこまで下がりません。


上位表示されている記事が既に幾つかありますので、
その順位が一気に下がらない限りは、
そこからのアクセスは入り続けると考えられるからです。


ただ、当然、そういう記事をもっともっと増やしていけば
もっとアクセスを集められるようになりますので、
アクセス数が増えれば読者数も増えていきます。


読者数が増えていけば収入も増えていきますので、
私がブログに記事を投稿する理由は、
単純に「集客の入口を増やしている」というだけの話なんです。


集客の入口が増えていけば「もっと稼げるから」ですね。


そういう集客の入口になる記事を増やしていくごとに、
私の収入は基本、右肩上がりで増え続けていますから。


要するに私がブログの記事を更新し続けているのは、
より収入を増やしていく為に行っているのであって
実は「不労所得を得られる仕組み」は既に出来合っているんです。


実際、今日を境にまる1カ月、2カ月、
強いては1年間、全く記事を更新しなくなっても、
このブログにはアクセスが入り続けますし、
アクセスが入り続ければ当然売上も上がり続けます。


まさに「不労所得」を得られるだけの仕組みは
こうして既に出来上がっているという事です。


既にこうして出来上がっている「不労所得」の仕組み


では、私がこうして実際に作り上げている、
この「不労所得の仕組み」をもう少し具体的に紐解いておきます。


まず私が作り上げている不労所得の仕組みは、
検索エンジンからアクセスを呼び込み、
そのアクセスをメールマガジンの方に誘導していく
このブログがまずその「軸」になっています。


このブログで先立つ見込み客を検索エンジンから集めて、
その見込み客をメルマガの方に落としこんでいるわけです。


そしてメールマガジンの方では
ステップメール化されたメール講座が自動で配信され、
見込み客との信頼関係の構築から「売り込み」までを
言わば「ほったらかし」で行ってくれるようになっています。


先立つ集客と読者リストの収集はブログ媒体で。


読者との信頼構築と売り込みはステップメールで。


この2つのメディアで現に私は
ほったらかしで収入が上がり続ける仕組みを
こうして既に作り上げているわけです。


要するに「集客を継続出来る仕組み」と、
そこから「商品を売り込める流れ」を作ってしまえば
アフィリエイトで不労所得を実現する事は
こうして実際に可能だという事です。


それを私は「ブログ」というメディアと
ステップメールという仕組みで作り上げています。


そしてまだまだ収入を伸ばしていきたいので、
こうしてブログの更新を続けて集客の入口を広げていますし
ステップメール講座の方も時折、追加しているわけです。


ただ、もしも私が月収100万円くらいで十分だと思えば、
もうかなり前にブログの更新もメルマガ講座の追加も辞めて
このメディア全体をほぼ完全に「ほったらかし」にしていても
それくらいの収入は十分にクリア出来ていたと思います。


要するにある程度の「仕組み」が出来あがってしまえば、
あとは「どこまでその収入を伸ばしたいか」で、
メディア構築における「ゴール」も変わってくるという事です。


どこまで「稼げる仕組み」を構築したいか。


例えば1年分のステップメール講座を作り込み、
その中で総額30万円分ほどの教材を紹介した場合、
客単価は年間で最高30万円という計算になります。


ただ、集めていった全ての読者さんが30万円分、
全ての教材を買ってくれるような事は現実的にありませんので
1年間の講座を通した客単価の目安が1万円だとする場合、
100リストを得た際の年間収入は100万円に相当します。


この控えめな目安でも1000リストを集めれば
年間1000万円という計算になるわけです。


つまり1年間を通して新規のリストが
年間1000人集まってくるブログを作る事が出来れば、
年間1000万円の収益を見込めるようになるという事です。


あとはこの「集客数」を更に伸ばしていけば、
当然、その数に比例しれ収入も伸ばしていく事が出来ます。


また、こうして例にあげた1年分、総額30万円、
平均単価1万円分に相当するステップメール講座の方を
2年分、総額60万円、平均単価2万円に引き延ばすだけでも
単純計算で言えばその収益力はそのまま2倍になるわけです。


まさに今、私はこういう視点で
ブログの記事を更新して集客の入口を増やしながら、
時折ステップメール講座を追加していっているわけですね。


何にせよ今回の記事のテーマ。


「アフィリエイトで不労所得の実現は可能なのか。」


これについての結論としては、
私自身が実際にそれを実現させているわけですから、


「出来る」


というのが1つの答えと言っていいと思います。


あとは「どこまでその仕組みを稼げるものにするか」ですので、
私の場合は今でもまだこのメディアを


「もっと稼げる仕組みにしたい」


と思っていますので、その構築を続けています。


そしてそのノウハウ、方法をそのまま公開しているのが、
こちらの「井上太一アフィリエイト倶楽部」です。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


私としてはとくに「不労所得を作りましょう!」という
安易なコンセプトで進めているものではありません。


ただあなたが実際にそういうものを望むのであれば、
現実としてその実現も可能なノウハウを提供しているという事です。


興味があれば、その案内ページだけでも
一度、目を通してみてください。


私が実際に行っている事は何ら特別な事でも何でもない、


“やれば本当に誰でも出来る事を徹底的にやっているだけ”


という事は少なからずお分かり頂けるんじゃないかと思います。


実際、私がやってきた事なんて本当にそれだけですからね。


こうした「不労所得」も現実的に目指していく事が出来る
このような「情報発信ビジネス」に興味があれば、
是非、参加を検討してみてください。


一緒に「長く稼げる仕組み」をしっかりと作り込んでいきましょう。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧


タグ

2015年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

情報発信型のアフィリエイトで稼ぐ事は本当に「誰でも」出来るのか。

井上です。


私がこのブログで行っている事。


それは紛れも無く「情報発信」であり、
その情報発信を行いながら、
私は「アフィリエイト」で収入を得ています。


そしてそのノウハウを惜しみなく公開して提供しているのが
こちらの「井上太一アフィリエイト倶楽部」です。


井上太一アフィリエイト倶楽部


既にこちらへの参加者は500名を超え、
実際に成果を上げている方もどんどん出て来ていますが
この企画の発足当初より多く頂いているのが


「自分なんかに情報発信が出来るでしょうか。」


という、情報発信という行為そのものに対してのご相談です。


さして得意分野も極めた分野も無いような自分が
人が価値を感じるような役立つ情報を発信できるのか。


そんな懸念、不安を抱いてしまい、
なかなか一歩を踏み出せないという人がいるわけです。


これはアフィリエイト倶楽部への参加前はもとより、
実際に参加された上で相談してくる人もいますので、


「自分に人が価値を感じる情報発信が出来るのか」


という不安、懸念は、私が提唱するような、
情報発信を主体とするネットビジネスを始めていこうという際、
おそらく多くの人が思い悩むポイントなのではないかと思います。

情報発信型のアフィリエイトは本当に誰でも出来るのか。


という事で、今日のテーマは記事タイトルでも掲げた通り


「情報発信型のアフィリエイトは本当に誰でも出来るのか。」


こちらをテーマにお話ししていきたいと思います。


ただ、私のスタンスとしては既にその「答え」は明白に出ています。


情報発信は100%誰でも出来る。


そして、その情報発信でアフィリエイトで稼いでいく事も
私は間違いなく「誰でも出来る」と思っています。


要するに


「人が価値を感じる情報の発信は、
 実際に誰でも行っていく事が出来る」



というのが私の考えです。


ではその「根拠」と「方法」をお話ししていきます。


まず、そもそもの考え方として、
価値のある情報を「誰か」に提供していくには、
少なくとも自分がその「誰か」より
その分野について情報や知識を持っている必要があります。


既に知っている知識や情報に価値を感じる人はいませんので、


価値のある情報=自分が知らない役立つ情報


という図式は当然の理屈として成り立つと思います。


つまり情報発信を行って人に価値を感じさせていくには、
少なくともその情報発信を行っていく分野において、
自分自身が人よりも情報や知識を持っていなければ、
根本として「価値を与えられる情報発信」は出来ないわけです。


逆に言えばその「知識」さえ持っていれば
情報発信で価値を与えていく事は「出来る」という理屈になります。


少なくともその分野における「実績」と言ったものは、
価値のある情報を発信していくという事に関しては
強いて必要不可欠なものでは無いという事になりますね。


そういった実績等を一切持ち併せていなくても
人が知りえない「知識」さえ持っていれば、
価値の情報発信そのものは「出来る」という事です。


つまり情報発信において重要なのは
その分野における「実績」では無く「知識」であるという事です。


情報発信に必要不可欠なものは実績では無く知識である。


いざ情報発信を始めていく事を考えた際、
よく「自分には実績が無いので」という事を言う人がいますが、
そこは情報発信を行っていく上ではそこまで重要ではありません。


実績等は自分の話を聞いてもらう為の、
その「興味材料の1つ」でしかないからです。


本当に必要なものは「実績」では無く「知識」なんですね。


そして「実績」はすぐには手に入らないかもしれませんが、
「知識」は実際のところ誰もがすぐにでも手に入れる事が出来ます。


知識をインプット(勉強)すれば、それが「知識」になるからです。


例えば今から1時間でも何かの分野における
知識、情報のインプットに時間を費やせば、
個人差はあれどその1時間勉強した分の知識、情報は
間違いなく自分の頭の中にインプットされます。


少なくともそれは「1時間前の自分」は、
知らなかった知識、情報という事になりますね?


それが2時間分、3時間分になっていけば、
更にその知識量、情報量は膨大になっていきます。


基本的にはそうやって積み上げていった知識、情報を、
ただそのまま自分の言葉で発信していけばいいんです。


少なくともその「インプット(勉強)」を始める、
1時間前、2時間、3時間前の自分くらいの知識レベルの人は
世の中に間違いなく「たくさん」います。


そういう人達にとっては、
あなたが1時間、時間を費やして
インプットし、勉強してきた知識、情報は、
十分に「価値のある情報になりえる」わけです。


例えばそれを1年間、毎日1時間でも続けていけば、
相当な知識、情報が自分の頭の中に蓄積されていくはずです。


そうなれば、3カ月前の自分レベルの人、
1年前の自分レベルの人にも
しっかりと価値のある情報を発信できるようになります。


情報発信で人に価値を与えるという事は「そういう事」なんです。


誰も知り得ない希少価値の高い情報や知識なんて、
情報発信には実質的に全く必要ありません。


どこかの「誰か」が知らない知識。


実際のところ、それで十分なわけです。


それはその勉強(インプット)を始める前の


「1時間、2時間前の自分が知らなかった情報」


で十分なんですね。


実際に1時間、2時間をインプット(勉強)に費やして、
自分が「為になった」「価値を感じた」情報や知識は
同じように価値を感じる人が世の中にたくさんいるという事です。


昨日の自分、数時間前の自分に情報を届ける。


要するに情報発信の基本は、
必ずしも階段の遥か上から情報を届ける必要は無く、
ほんの1段上から1段下の人に向けて、
自分の言葉で情報を発信していけばそれで問題ありません。


1日、インプット(勉強)に時間を費やし、
昨日の自分よりも何かの知識、情報を培ったなら、
その情報を「昨日の自分」に届けるイメージで問題ないわけです。


それが数時間なら、数時間前の自分でも構いません。


情報のインプット(勉強)という形で、
1段、知識の階段を上ったなら、
その階段をまだ上れていない人達に対して
自分なりの言葉でその階段を上らせてあげればいいんです。


実際にあなたの発信する情報で、
その知識の階段を1段でも上れた人は、
間違いなくあなたの情報に「価値」を感じます。


その価値の積み重ねが信用や信頼に繋がっていき、
それが「収入」に繋がっていくわけです。


常にブログやメルマガの読者さんより1段先の階段を昇りながら
その1段1段を上る事が出来る情報を提供をしていけばいいんですね。


それが最初は物凄く低い階段でも問題ないわけです。


そこから1段1段上がっていけばいいんですから。


要するにしっかりとインプット(勉強)をしていく意欲があれば、
誰でも「価値のある情報発信は出来る」という事です。


今日1日、あなたが情報のインプットを行ったとして、
そこで得た知識、情報を知り得ない人は世の中にたくさんいます。


その1日分の情報に価値を感じる人はごまんといるわけです。


まさにそんな「昨日の自分」に情報を届けていくイメージで
しっかりと「自分の言葉」でその情報を発信していけばいいんですね。


その積み重ねで収入を得ていく方法を提唱しているのが、
私の「井上太一アフィリエイト倶楽部」です。


井上太一アフィリエイト倶楽部


「何か、自分でも出来そうな気がしてきた・・・」


そんな意欲が少しでも湧き出て来ているなら、
是非、その意欲を「チャレンジ」の方向に向けてみてください。


人に価値を与えていけば、その「対価」が収入になっていく。


あなたの好きな分野、興味のある分野の情報を集めて、
それを発信していくだけでお金が稼げてしまうんですから、
これ以上、やり甲斐のあるビジネスはなかなか無いと思います。


少なくとも、私はそういう気持ちでこのビジネスをやっていますので。


是非、参考にして頂ければ幸いです。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年6月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

ネットビジネスにおける集客は「費用対効果」「労力対効果」が全て。

井上です。


今日はネットビジネスにおける「集客」について、
これまでとはちょっと違った視点でお話ししてみたいと思います。


題して『集客における費用対効果と労力対効果について』です。


早速いってみましょう。

集客は「費用対効果」と「労力対効果」が全て。


ネットビジネスで収入を得ていく上で欠かせないものは


・販売力

・集客力



主にはこの2つだと思います。


少なくとも直にモノを売るようなビジネスや、
私がこのブログでやっているような
成約型のアフィリエイトにこの2つの要素は欠かせません。


どっちが重要か、という議論も出来ますが、
最終的に行きつくところは「どっちも重要」であり、
どちらが欠けても大きな成果は上げられないと思います。


そんな「販売力」と「集客力」の2つの要素のうち、
販売力という要素についてはほぼ私は


「コピーライティング」


という“スキル”がモノを言うと考えています。


人を動かせる文章を書ければ実質的に
販売力というところで「困る事」はなくなります。


では「集客力」という要素は“何が”モノを言うのか。


コピーライティングというスキルと同じ目線で言うなら


「マーケティング」


がモノを言う、、、のですが、
これはもう少し「掘り下げ」が必要だと思います。


例えば私のブログで言えば主なマーケティングは


・アクセスを集めるマーケティング

・リスト(読者)を集めるマーケティング



に細分化されます。


それらを併せて「DRM」と呼ばれる戦略を取っていますが、
実質的には上記2つのマーケティングを同時に行っているわけです。


アクセスを集めるマーケティングは、
主にこのブログで行っているものであり、
検索エンジンからの集客をメインにしています。


リストを集めるマーケティングは
主にこのブログ“内”でアクセスを循環させ、
オプトインページに誘導していく「流れ」を作っています。


要するにアクセスを集めるマーケティングは、
結局のところリストを集める為に行っているわけで、


“リストを集める為にアクセスを集めている”


というのがDRMを主体とする私の主な戦略です。


アドセンスや物販などを主体とするブログなどであれば、
アクセス数そのものが「収入」に直結していく余地もありますが
私のような高額な情報商材などを扱うブログであれば、
まずは「リストを集める事」を重視するのが集客のポイントになります。


つまり情報商材系のアフィリエイターにとっては、
オプトイン(読者登録)に繋がらないようなアクセスは
それをどんなに大量に集めてもあまり意味が無いという事です。


オプトイン率の高い質の良いアクセスをいかに集められるか。


これが集客(マーケティング)における1つのポイントになってきます。


そして基本的に「集客」はお金をかけるか労力をかけるか、
この2つに1つが基本になってくる為、


・費用対効果(費用に対してのリターン)

・労力対効果(労力に対してのリターン)



何よりもまずこの2つがモノを言うと言っても過言ではありません。


費用対効果、労力対効果の高い「集客方法」とは。


お金をかける集客は言わば広告を利用するもの。


労力をかける集客は私がこのブログでやっているような、
記事の更新作業などを主とした検索エンジン集客などが該当します。


というより広告を利用しない集客は全般的に「労力をかける集客」です。


今はツイッターなどのSNSからの集客を
完全に自動化出来るツールなども登場していますが、
これはその「労力」をツールで自動化させているだけですので、
基本的には「労力をかけた集客」である事に変わりはありません。


そして実際にどういう集客を行っていくべきかは、
そのお金、労力に対する「対比効果」で判断するのが適切と言えます。


極論を言えば最も費用対効果の高い広告にだけお金をかけ、
最も費用対効果の高い集客作業にだけ労力を費やすべき、、、なんです。


ただ、広告にせよ、集客作業にせよ、
その「最も効果が高いもの」が見分けられず、
無駄な費用や無駄な労力を費やす人は後を絶ちません。


そもそもネットビジネスで上手く稼げなかった人達は
大半、そういう人達と言ってもいいと思います。


もしくは「正しくその広告を使えていないケース」や、
「正しくその集客作業を行えていないケース」もありますので
一概に「その選択肢が間違っていた」とは言えない側面もあります。


例えばPPC広告などは使い方次第では大きなリターンを生みますし
SEO対策などの検索エンジンからの集客も
SNSを利用した集客なども結局はその「やり方次第」です。


そういう点を踏まえると「集客」には


“難易度がある”


という事が分かります。


よって初心者の人やあまりスキルがない人はその「難易度」が低い、


「誰が利用しても大きなリターンを得られる広告もしくは集客方法」


を選んで集客を行っていった方が良いという事になります。


となると、そもそも「お金をかけて集客をする」という考え方自体が
ある意味「リスクを取ってリターンを得る行為」とも言える為、
その広告の良し悪しを判断出来る知識、経験も無いという観点から、
最初の段階からそこを狙っていくのは得策ではないと思います。


ではどういった集客方法が「難易度」が低く、
誰が実践しても大差の無い集客効果を得られるのでしょうか。


私が考える労力に対する集客効果の高い初心者向けの集客方法。


私が考える限り何だかんだ言っても


「検索エンジンからの集客」


は、難しいと考える人も多いようですが、
その集客効果を考えるとやはりこれは避けるべきではありません。


ただこれにはそれなりの労力と時間と「文章力」が
必要最低限、必須になってきている傾向にありますので、
出来る限りこれを「避けたい」となると、
私は以下の2つがそれに代わる方法として挙げられると思います。


・ツイッターを使った集客

・YouTubeを使った集客



これらは私が実際に「リスト集め」に活用している方法であり、
質を伴った集客という観点での労力に対する集客効果は
いずれも検索エンジンほどでは無いにせよ「高い」と思います。


ただそれぞれの「集客効果の高さ」はその性質が異なり、
ツイッターはそれこそこのブログでも紹介している


Twitter Brain(ツイッターブレイン)


というツールでほぼ完全に自動化が出来ている為、


“0の労力でそこそこのリターンがある”


という状況です。


ただ労力0に対するリターンというのは、
絶対的にやっておいて損は無い集客作業とも言える為、
これは十分取り入れておく価値があるものだと思います。


ただしこの自動化にはTwitter Brainのようなツールが必要になりますので
そこには最低限の設備投資的な費用がかかる方法になります。


逆にそのような自動化ツールを用いなければ、
労力に対してのリターンはそう大きくは無い為、
強いてお勧めするほどの集客効果を発揮出来るとは言えません。


対してもう1つの「YouTubeからの集客」に関しては、
動画さえ投稿してしまえばそこが自動的な集客の入口となり、
その動画の観覧者がその集客対象になっていきます。


その投稿動画を作成し、投稿していくのがその「労力」になりますが
その集客効果は動画ジャンルによる属性の絞り込みなどによって、
十分に高いものにしていく事が出来ますので、
やり方次第では検索エンジン集客にも匹敵する効果も見込めます。


ブログ記事の更新などとはまた違う作業や労力がありますが、
既存の動画素材を編集して動画を作るノウハウなどをマスターすれば
この集客戦略の方に手軽さを感じる人も少なくないと思います。


私はもともと文章を書き続けるような集客戦略に
そこまで苦痛を感じる方ではありませんが、
そこに苦痛を感じる人には打ってつけの集客戦略かもしれません。


この戦略は私も以下の「GigaTube」という教材をきっかけに
主には「リスト収集」を目的として活用し始めるようになりました。


GigaTube(ギガチューブ)


ある程度のポイントを押さえた動画を投稿してしまえば、
その動画が再生され続ける限り集客効果を発揮してくれますので、
ある意味これは「継続性」のある集客方法と言えます。


そういう点では非常に労力に対しての集客効果は高く、
また、検索エンジン集客には無い「即効性」があります。


検索エンジン集客の一番のネックは、
やはりそこにある程度の時間を要してしまうところであり、
多くの人はその集客効果が現れる前に挫折してしまう傾向にあります。


そのインターバル期間的なものがほぼ無いに等しいのが
YouTube集客の大きなメリットかと思います。


あとはその集客効果を発揮しながら、
再生回数に応じたYouTubeアドセンスの広告収入を得られる事。


これは先ほど紹介した「GigaTube」で詳しく解説されている戦略ですが、
これも「稼ぎながら集客が出来る」という大きなメリットかと思います。


意外にもこの「YouTubeを利用した集客」が、
私が行っている情報商材アフィリエイトには相性が良く、
この「GigaTube」の登場を皮切りにその風潮も広がっていますので


「新たな集客ルートを開拓したかった」

「これまでに無いアプローチで出来る集客方法を求めていた」



という人はやってみる価値は十分にあるのではないかと思います。


一度こちらの教材案内の方にも目を通してみてください。


GigaTube(ギガチューブ)


以上、ネットビジネスにおける『集客効果についての講義』でした。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年5月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

物販アフィリエイト、情報商材アフィリエイトのメリット、デメリット。

井上です。


ここ数日、物販系のアフィリエイト教材を
連続して取り上げていったところ、
そっち系(物販系)の質問を立て続けに頂いています。


「やっぱり物販アフィリエイトよりも、
 情報商材アフィリエイトの方が稼ぎやすいですか?」



やはり現状、進めているビジネスがうまくいっていない人は、


「隣の畑が良く見える」


的な感じの考えになってしまう傾向にあるようで、
私が書いているやや辛口な批評記事などを読むと


「やっぱり物販より情報商材なのかな?」


と思ってしまう人が多いようです。


ただ物販のアフィリエイトか情報商材のアフィリエイトかは、
やはり人それぞれの適正による部分が大きいと思います。


少なくとも初心者段階の人が「まず始める」という点では、
どっちが良いという事は本当に一概には言えません。


ですので、その「一概には言えないところ」を、
今日はしっかり掘り下げてある程度の指標を立てておきたいと思います。

物販アフィリエイトか情報商材アフィリエイトか。


以前には「トレンド系のアフィリエイト」と、
「情報商材のアフィリエイト」を対比する形で、
その特性や向き不向き等をお伝えする記事をこちらに書きました。


トレンドアフィリエイトか情報商材アフィリエイトか


実際のところ「物販のアフィリエイト」は
その手法によるところもあるのですが、
比較的トレンド系のアフィリエイトに近いところがあり、
おおよその見解はこの記事の内容に一致してきます。


その一番の共通点は、


「淡々とした記事をとにかく大量に書き続けていくところ」


です。


これはちょっと私の私情が入った言い表し方になってますが、
これを「良い捉え方」をしている人の言葉で言い表すと


「強いて訴求性の高い記事を書いていく必要が無い事」


という感じになるんじゃないかと思います。


要するにトレンドアフィリエイトや物販のアフィリエイトは、
あまり読み手の「興味を引く」とか、「共感を得る」とか、
そういった「文章による訴求性」を求めなくていいわけです。


究極的に言えば「強いて商品を売り込む必要が無い」という事です。


物販のアフィリエイトを全く経験していない人などは、


「アフィリエイトとは言え、何で売り込む必要がないの?」


と思われるかもしれませんが、基本的に
物販のアフィリエイトで「売り込み」は必要ありません。


少なくとも、初心者の人が「まず最初に」で始めていく、
オーソドックスな物販のアフィリエイトノウハウであれば、
まず「売り込み」を前提にするような事はやらないと思います。


むしろ物販で売り込みを前提にするのであれば、
それはもう情報商材のアフィリエイトとさほど変わりありません。


「売り込まない」が基本の物販アフィリエイト。


何故、物販のアフィリエイトは「売り込まない」のか、
そして「売り込まなくても商品が売れるのか」というと、
基本的に「初心者向けの物販アフィリエイト」のノウハウは、


「既にその商品を欲しがっている人を集客する事」


が、ほぼほぼ「集客の前提」になっているからです。


そもそも情報商材と違い、物販のアフィリエイトは、
誰もが知っているような有名商品や
テレビCMをバンバンやっているような
抜群に知名度が高い商品まで紹介する事が出来ます。


そこが既に情報商材とは違うわけです。


なので、いざ集客の戦略を立てていく上でも、
既にそういった知名度の高い商品や
買おうと思っている人が多い商品を狙っていけば、
お客さんも集めやすく、商品は勝手に売れていきます。


要は「買おうとしている人」と「その販売元サイト」の間に入り、
ただ右から左へアクセスを流せばそれで成約になるわけです。


この理屈だけを聞くと簡単に稼げそうな気がするかもれません。


少なくとも「情報商材のアフィリエイトよりは稼ぎやすそうだ」と、
多くの人が実際にそう考えて物販のアフィリエイトを始めていきます。


でも、そこから実際に稼げる人はほんの一握り・・・。


要するにクチで言うのは簡単でも、
いざやってみるとこれはこれでマイナス要因もあるわけです。


物販アフィリエイトのデメリット。


まず第一に挙げられるのは「競合の多さ」でしょうか。


むしろこれは「競合の域を超えるもの」なのですが、
知名度が高く、誰もが知っているような商品は、
とくに「ネットじゃなくても買えてしまう」という現実があります。


“家電でも食料品でも何でもアフィリエイトが出来る!”


というのはメリットと言えばメリットなんですが、
そういう商品はネット以外でも普通に買えてしまう為、
そういった「リアルな店舗」さえもライバルになってしまうわけです。


更にネット上でもアマゾンや楽天などの大手ショッピングモールは
これらのサイト自体が物凄くSEOに強いので、
商品名の単体キーワードなどではまず、負けてしまいます。


要するに横一列のアフィリエイターの競合だけじゃなく、
リアルな店舗から大手のショッピングサイトまでもが
物販のアフィリエイトでは「ライバル」になってしまうんです。


ですので、知名度が高いというメリットは、
それと同じくらいのデメリットも引き連れているんですね。


その点、情報商材は「リアルな店舗」でなど売り出されていませんし、
ほぼ全ての商品がそのインフォプレナーの独占商品です。


その独占商品をアフィリエイト出来るわけですから、
物販市場のような「勝ち目のない大敵」はハナから存在しません。


これが「知名度の低さ」を補う情報商材市場特有のメリットです。


要するにこれはどっちをどう見据えても、
メリット、デメリットが相反しているという事ですので、
必ずしも物販系の知名度の高さが売り易さに繋がるわけでは無く、
情報商材の知名度の低さがマイナスになるわけでもありません。


意外に多くの人が捉えている


「物販アフィリエイトは稼ぎやすい」


という観点は、偶像に近いものだと言える側面があるという事です。


その「決め手」にするべき指標。


ではその「決め手」としていくべき指標は何なのか。


やはりそこはやはり「自分に合っているかどうか」であり、
その判断は「継続的に行っていくべき行程」を
その一番の指標にするべきだと思います。


そして、そこが冒頭でもお伝えした、


「どういう記事(文章)を書いていく事が得意か」


だと思います。


強いて「得意」という観点で考える必要はありませんので、
どちらが「苦手か」で消去法的な考えをしてもいいと思いますが
物販のアフィリエイトで書いていく記事は、とにかく


「淡々とした紹介記事」


であり、冒頭でもお伝えしたように、
そこに訴求性や売り込み色を持たせる必要は全くありません。


対して情報商材の紹介記事は、


「訴求性のある信頼性の高い記事」





「しっかりと商品の価値をアピール出来る売り込みの記事」


などを書いていく事が出来なければ、大きくは稼げません。


ここで多くの初心者層の人は大抵、


“それなら断然、物販の記事の方が楽に書けるでしょ。”


と思いがちですが、実はそうでもない側面もあるんです。


例えばもしも私が最初に物販のアフィリエイトから始めていたら、
まず間違いなく今のようには稼げずすぐに挫折していたと思います。


理由は「そういう記事を淡々と書き続けていく事が苦手だから」です。


何というか、あまり内容もメッセージ性も無い無機質な記事を
ただただ毎日書き続けるなんて、私からすれば苦痛でしかありません。


要するに私はせっかく文章を書くなら「頭を使いたい」んです。


まあ、これは本当に人それぞれの考え方ですが、
私にとって物販のアフィリエイトなどで「更新作業」は


「ウンともスンとも言わないロボットに、
 毎日、興味の無いものの話をしてください。」


と言われて、それをひたすらやっていくに等しいイメージです。


これを聞いても「それでお金を貰えるなら全然いい」という人は、
それこそ物販やトレンド系のアフィリエイトに向いている人です。


どうせなら、私は「自分の興味のある話」を
聞き手の反応を考えながら話していく方が「楽しい」ですし、
そういう仕事でお金を貰えるなら全く苦痛を感じません。


だから、私はこういった情報商材のアフィリエイトをやっているんです。


ですので、物販のアフィリエイトか情報商材のアフィリエイトかは、
まさにそれぞれの「更新作業」をどう捉えるか。


今の私の例え話で自分がどう感じるか、が重要な指標かと思います。


ただ、1つだけ付け加えておくと、
物販のアフィリエイトはどんなにやっても
せいぜい月に数十万円クラスが限界だと思いますし
どんなに続けても、ほとんど「継続な収入源」にはなりません。


基本は労力を掛け捨てして稼ぐものだと思ってください。


対して情報商材のアフィリエイトは、
やる気とやり方次第では月に数百万円は悠に稼げますし
その戦略次第では「継続した収入源」も構築していけます。


現に私は3日に一度くらいのペースで更新しているこのブログと
既に出来上がっているステップメール講座で、
月に300万円近い継続収入を1年近く稼ぎ続けてますので、
情報商材のアフィリエイトにはそれくらいの「可能性」があります。


なので、チャレンジするべきは断然、
こっち(情報商材)というのが私の本音です。


ただまずは自分に合った手法から、、、というのであれば、
物販のアフィリエイトが性に合ってそうな人は
まずそこから始めていってもいいと思います。


一応、物販のアフィリエイト教材では、
私の特典付でこちらをお勧めしていますので興味があれば。

>疾風アフィリエイト(込山剛史)


情報商材のアフィリエイトは言うまでも無くこれですね。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


物販のアフィリエイトをスタートラインにしたとしても、
先々はもっと大きなステージを目指して、
私のアフィリエイト倶楽部に参加して欲しいというのが私の本心です。


勿論、最初からその選択肢を選んでいただくのも大歓迎。


私は最初から情報商材市場オンリーでしたので。


あとはご自身の適正を考えて進むべき道を選んでください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年3月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

初心者が情報商材アフィリエイトで稼ぐ為の最速ステップ。

井上です。


ご存知の通り、私はこのブログを軸として、
情報商材のアフィリエイトで稼いでいます。


理由は私が考える限りでは最も少ない労力で、
最も大きなリターンを得られているからです。


収入的には月収で300万円くらいですが、
このブログをご覧頂ければお分かり頂ける通り、
私はせいぜい3~4日に一度くらいしか更新していません。


更新に要している時間もせいぜい1~2時間ほどです。


あとはほぼ「ステップメール」で自動化させている
メールマガジンが勝手にお金を稼いでくれているわけです。


現にそういう仕組みを作っているんですね。


そしてその仕組みを作る為のノウハウやツールなどを
このブログやそのメルマガ講座でご紹介しているわけですが
そのメルマガ講座受講者様からは時折、


「どのようなステップを踏めば最短で井上さんのように稼げますか?」


というようなご相談を受ける事があります。


確かにこのブログでもネットビジネスや
アフィリエイトを進めていく上で
役立つノウハウやツールを幾つかご紹介していますので、
どれから手を付けていいか迷われてしまうのは無理もありません。


ですので、今日は現時点で私が考える限りの


「初心者が情報商材アフィリエイトで稼ぐ為の最速ステップ」


を講義していきたいと思います。

初心者が情報商材アフィリエイトで稼ぐ為の最速ステップ


以前はこのブログでもこちらのような講座で、
ネットビジネス、アフィリエイトを進めていくにあたっての
その「合理的なステップ」についてを解説しています。

>ネットビジネス、アフィリエイトの「ベストな進め方」を考える


ある程度、順を追ってしっかりとネットビジネス、
アフィリエイトを進めていくのであれば、
こちらで解説した内容で何ら問題は無いと思います。


ただ「今現在、私が構築しているビジネス基盤」を、
より早く構築していきたいと言うのであれば、
もう少し「駆け足」なステップも考えられますので、
教材はその「最速ステップ」を優先して解説していきます。


と言っても、私のノウハウやそのビジネス基盤の全容は
実質的にこの2つの講座の方で
事実、余す事無くその全てを完全に公開しています。


井上太一アフィリエイト倶楽部

井上太一ブログ解体新書


時折、この「違いは何か」というご質問頂く事があるのですが、
この2つはその趣旨も目的も全く異なる講座であり、
そもそも「比較するべきものでは無い」というのが率直なところです。


まず「井上太一アフィリエイト倶楽部」の参加条件としている、
コピーライティングアフィリエイトプログラムが
私のノウハウ面での軸となっている教材である事は間違いありません。


対して「井上太一ブログ解体新書」の参加条件としている、
「賢威」はあくまでも「ブログのテンプレート」であり、
そこに付属している「井上太一ブログ解体新書」は、
そのテンプレートの特性を最大限に活かす


「集客」


に役立つノウハウを解説しているマニュアルになります。


ですので、まず私と同様のノウハウ、環境を揃えて、
最短で同レベルのビジネス基盤を築いていきたい場合は、


「井上太一アフィリエイト倶楽部」

「井上太一ブログ解体新書」



上記2つを手にして頂くのが「鉄板ルート」になると思います。


そしてそこに加えて推奨しているのが以下2つの「ツール」です。


キーワードスカウターS

ツイッターブレイン


キーワードスカウターはその「集客活動」の際の
キーワード選びに活用できるツールであり、
そこに付属している私の「特典」は
そのキーワード選びの際に役立てていただくものになります。


対してツイッターブレインはツイッターからの
集客ルートを作成するツールであり、
この特典についてもそこに役立てるものになります。


これらに「優先順位」を、、、というのであれば


まずは


「井上太一アフィリエイト倶楽部」


で私のノウハウの全体像を把握してください。


その内容を実践する為のブログを構築していく段階で


「賢威+井上太一ブログ解体新書」


を導入してブログを構築。


集客作業を開始していく段階で


「キーワードスカウターS」


を導入してキーワードリサーチを効率化します。


そこにツイッターからの集客ルートを追加して
即効性と集客力を増強していきたい場合は


「ツイッターブレイン」


を導入・・・という流れで良いのではないかと思います。


ただ「ツイッター」の方をその入口として、
ビジネス基盤を構築していく事も可能ですので、
そのような進め方をしていきたい場合は


「ツイッターブレイン」



「井上太一アフィリエイト倶楽部」



「賢威+井上太一ブログ解体新書」



「キーワードスカウターS」



という順序で進めていっても問題ありません。


以上が現状、私が考える限りの
初心者が情報商材アフィリエイトで稼ぐ為の
その「最速ステップ」ではないかと思います。


参考までに。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年3月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

キーワードスカウターS(株式会社Catch the Web)松井宏晃、手厚い特典付で。

井上です。


今日は「トレンドアフィリエイト」をやっている、
トレンドアフィリエイターさん。


ターゲットとなる属性を特化したブログやサイトで、
キーワード重視で記事を書いているような人。


あとは、一生懸命記事を書いているのに、
一向にアクセスが伸びず、集客に苦労をしているような人。


そういう人達にはかなり役立つ「即戦力になるツール」が
ちょっと「驚きの価格帯」でリリースになっていたようなので、


「私のオリジナル特典付き」


でご紹介させて頂きたいと思います。


今回もかなり「手厚い特典」(勿論「質」の方。)を
バッチリと作り込ませて頂きましたので、


・トレンドアフィリエイトをやっている(または始めようとしている)
・キーワード重視で記事を書いている
・アクセスアップ、集客に苦労している



上記に該当するようなら特典の詳細だけでも読んでみてください。


私の特典と併せてツールの価格帯を考慮すると、
これは「お得どころじゃないオファー」じゃないかと思います。


では本題の「ツールの紹介」からいってみます。

キーワードスカウターS(株式会社Catch the Web)


先程のような条件に当てはまる人達に対し、
かなり役立つであろう「即戦力になるツール」というのは、
こちらの「キーワードリサーチツール」になります。


キーワードスカウターS
http://az.ctwpromotion.net/amc/keyword/top.html


ザックリと言えば、


「検索数が多く、競合の薄い上位表示を狙い易いキーワード」


を効率的にリサーチ出来るようになるというツールで、
お値段は驚きの「4980円(税抜)」というプライスになってます。


思わず月額利用料??と思ってしまうような価格帯ですが、
一度ポッキリの「買い切り」価格というお得ぶり。


しかもこの「キーワードスカウターS」はPC上で起動する
「PCツール}なのでサーバーなどを借りる必要もありません。


要するに4980円という価格で一生涯使い倒せるツールという事です。


まあ、一生涯使い倒す価値があるかどうかはここから判断してください。


まずその「機能」ですがこのキーワードスカウターSには、
5つのリサーチ機能(4つの基本機能+追加機能1つ)が付いてます。


機能1:キーワードアドバイスツールからのキーワードリサーチ

Yahoo!キーワードアドバイスツールの出力情報を元にして、
その対象キーワードの関連キーワードを抽出できると共に


・PCとスマホを対象にした月間検索数


が一覧表示されると共にそのキーワードを狙って
コンテンツを作っているライバルサイトの数を示す


・対象キーワードの一部をタイトルに含んだ検索サイト数(intitle数)
・対象キーワード全てをタイトルに含んだ検索サイト数(allintitle数)



に加え、その同じくライバルサイトの「強さ」の目安を図れる


・対象キーワード検索時のTOP10位のページランクの平均
・被リンク数の平均
・MOZデータの平均(MOZという米国法人の評点)
・TOP10サイトのタイトルに該当キーワードが含まれている比率



上記のような情報も一覧表示してくれます。


Yahoo!キーワードアドバイスツールは、
ヤフーが提供している無料のフリーツールで、
キーワードを入力するだけで様々なデータを出力してくれるのですが、
そのデータをそのままツールにドラック(貼り付ける)するだけで、
上記のようなデータを一括で一覧表示してくれます。


あまりこういったデータ解説をしていない人が、
上記のような数値データを一気に示されても
どこを見て何を判断していいか迷ってしまうかもしれませんが
そこは「ザックリとした目安が数値化されているもの」と捉え、
以下のいずれかの基準で見ていくのが効率的です。


1:検索数、関連記事数に対して
  特化したライバル記事が少ないキーワードに目星を付ける
 (検索回数、intitle数に対してallintitle数が少な目のキーワード)

2:上位表示サイトの「強さ」を表す数値が低いキーワードを狙う
 (ページランク、被リンク数、MOZ数値が低めのキーワード)


この流れは私の特典マニュアルではこの辺りも図解入りで、
より詳しく解説していますので


「ツールの数値を効率的に見てお宝キーワードを掘り出していく事」


は、そちらを参照頂ければわりと簡単に出来るようになると思います。


基本的にはそれぞれの数値をザックリと
「高いか低いか」で見ていけばそれで問題ありません。


これはこの「キーワードスカウターS」に限らず。
この手のツールで出てくる数値データは、
それくらいの基準で見ていくくらいが丁度いいと思います。


実際、ザックリとした数値で十分「お宝キーワード」は判断出来ますから。


機能2:競合が薄い「複合キーワード」の発掘

これはメインキーワードに対して、
複合キーワードとして狙っていくべきキーワードを
一気に出力してくれるという機能になります。


対象となるのは、


グーグルの「関連キーワード」




ヤフーの「虫眼鏡キーワード」




kizasi.jpの「連想キーワード」




メインキーワードに対してこれら全てを
「複合キーワードの候補」として3つまで出力してくれます。
(意外と「kizasi.jpの連想キーワード」がお宝キーワードを出してくれます)


グーグルの関連キーワードと虫眼鏡キーワードを
手動で追いかけて検索結果をリサーチしているような人は、
わりと多くいると思いますのでこれはその「手間」を大幅に省けます。


更にその複合キーワード3つ分までの出力結果も
キーワードスカウターSではそのまま先ほどの
「機能1」で解析できてしまうという仕組みになっています。


この2つの機能の時点でもかなり多くのトレンドアフィリエイターや
属性ごとのキーワード重視で記事を書いているような人にとって
「このツールの利便性」はかなり明確になってきているかと思います。


ですが、キーワードスカウターSでは
ここからもまだ3つほど「手厚い機能」が続きます、、、。


機能3:トレンドキーワードの検出

トレンド系の情報をいち早く発信している、
7つほどの情報源をもとにトレンドキーワードを
ワンクリックで一気に出力してくれるという機能です。


セールスレターで7つの情報源を伏せた理由がよくわかりませんが
トレンドキーワードを引き出すには悪くはないサイトだと思います。


トレンド系のアフィリエイターさんの一部(わりと多く?)が
実際にトレンドキーワードを見つけていく際にも利用しているサイトなので、


「トレンドキーワードを探す手間を軽減させる」


という点ではかなり役立つ機能かと思います。


キーワードスカウターSではこの機能での検出結果も「機能1」で、
各キーワードごとのライバルチェックが出来ますので、


「手薄な(ライバルの少ない)トレンドキーワード」


も併せて見つけだしていく事が出来るというわけです。


機能4:ライバルサイトが狙っているキーワードを検出

これは、若干「上級者向け」の機能かと思いますが、
特定のサイトを対象にしてそのサイトが
意図して狙っているであろうキーワードを検出する機能になります。


要はそのサイトで出現頻度の高いキーワードを抜き出す機能ですね。


この機能で検出されたキーワードが
その対象サイトの運営者が意図して狙っているキーワードとは
100%は言い切れないところがありますが、
それでも気になるサイトの「キーワード観点での分析」は可能です。


勿論、私のブログも(笑)


ただこの機能はそもそも対象にするべきサイトや、
そのサイトのその他のSEO対策まで全てがわかるわけではないので、
そこまで「有益な情報を引き出せる機能」というわけではありません。


あくまでも特定のサイトの出現頻度の高いキーワードを
一覧で検出できる「だけ」の機能だと思っていいと思います。


有効に使う方法もあると言えばありますが、
それ自体が少々上級者向けですしあまり効率的とは言えない為、
私はキーワードスカウターSの機能の中では
あまり使い勝手を感じない機能です。
(まあ、中にはそういう機能もあるというくらいで。)


追加機能:上位10サイトの詳細解析

セールスレターでは何故か「追加機能」として紹介されていますが、
私的にこれは1~2を争う、利便性の高い重要な機能だと思います。


その対象キーワードの検索結果として表示される上位10サイトから
以下の情報を一覧として検出してくれる機能です。


・サイトタイトル
・サイトURL
・ページランク
・被リンク・MOZデータ
・タイトルにキーワードが入っているか



サイトタイトルやURLを見れば、
それが大手のサイトか無料ブログかなどもわかります。


またそのタイトルにキーワードが入っているかなどは、
わりと多くのトレンドアフィリエイターが
キーワードリサーチの際、チェックしているポイントです。


これも一覧で表示されるようになっていますので、
おそらくトレンドアフィリエイト系の情報商材として、
「あの商材」や「あの有名商材」などを実践している人などは
まさに手動でコツコツとやっている事、やってきた事を
より高精度な解析情報と共に一覧表示してくれるツールかと思います


これらの機能を備えたツールに加え、
販売者さんの方から付与されている特典が以下の3つ。


・トップアフィリエイターが実際に稼いでいるアフィリエイトジャンルで
 月10万円を稼ぐまでの具体的な動画講座

・キーワードスカウターSでお宝キーワードを見つけだす動画講座

・トップアフィリエイターが使っているツール&サイト集



動画講座の内容はスッキリとまとまりがあり、
ツールの解説などはかなり分かり易い内容になっていました。


こういうツールの使い方などを解説する動画講座は、
初心者層の人にとっては非常にありがたいと思います。


以上5つの機能を備えたツールと3つの特典、
全てをパッケージにして「税抜4980円」という価格です。


このようなキーワードリサーチツールはこれまでもありましたが
大抵価格帯としては2万円代前後というのが相場でした。


ただこのキーワードスカウターSはこれまでのどのツールよりも
その情報の解析精度や「痒いところに手が届く機能」が付いて、
これまでの相場の4分の1くらいの価格帯で提供されています。


こういう「価格破壊」は私達にとっては本当にありがたいですね。


アフィリエイターとしても紹介のし甲斐があります。


まあ、アフィリエイターさんによっては、
「報酬が安くなる」という観点で、
高額なだけの精度の低いツールを紹介し続けるんでしょうけど(笑)


更に私からの「手厚く」「即戦力」になる特典。


これはトレンド系のアフィリエイターさんや、
日々、キーワード重視で記事を書いているような人、
検索エンジンからの集客に行き詰っている人には
本当にお勧め出来るツールなので私も本気で特典を作りました。


以下、私からの特典コンテンツの一覧になります。


井上限定特典1:キーワードスカウターS活用講座~ゼロの視点~

この手のキーワードリサーチツール的なものは、
わりと精度が高いものもこれまで幾つか出ているのですが、
それでも「うまく使いこなせていない人」が多い傾向にあるのは、
そもそもの根本的、原則的な「ゼロの視点」が
疎かになっている事が大きな要因になっている傾向にあります。


この「ゼロの視点」というのは、要するに、


“そもそもどのキーワードをリサーチしていくか”


という根本的な視点です。


この手のキーワードスカウターSのようなキーワードリサーチツールは、
あくまでも「こちらが指定したキーワードを解析するツール」なので
そもそもの「検証対象にしていくキーワード」の的が外れていると、
どんなに精巧なキーワード解析をしても全く意味を成しません。


これが言うなれば「ゼロの視点」です。


これは決してトレンドになっているキーワードを
どんどん調べていけばいいとか、そういった事ではありません。


重要なのは「自分のサイト、ブログの特性、ターゲットを知る事」と
その「目的」をしっかりと明確にしてその道筋を立てる事です。


狙っていくべきキーワード、解析していくべきキーワードは
その道筋を辿れるものでなければいけないわけですね。


これはトレンド系のブログだろうと、
私のような情報商材系、ビジネス系のブログでも同じです。


どんなブログにも特性、ターゲット、目的があるべきですし、
それらがあって初めて「狙うべきキーワード」が決まるんです。


かなり根本的なところですが「ネットビジネスで稼げてない人」は
この視点がそもそもズレていたり、ブレていたりします。


今回はせっかくこのような有益なツールを手に出来るんですから
その根本的なところからしっかりと講義を進めて、
ガチであなたをこのツールで「稼がせる」講座を用意しました。


まずはこの講座の内容をしっかりと頭に擦り込んで、
自分がどういったキーワードを狙って
キーワードスカウターSというツールを活用していくべきか。


その視点をしっかりと定めるところからスタートしてください。


井上限定特典2:キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
        ~トレンドアフィリエイト・物販編~

この手のキーワードリサーチツールを最も有効に活用出来るのは、
やはり「トレンドアフィリエイト」だと思います。


初心者層にも取り組みやすく、また即効性も高い点で、
トレンドアフィリエイトにこの手のツールの相性は抜群です。


むしろトレンドアフィリエイトで稼げていない人の半数くらいは
キーワードリサーチが上手くいっていないか、
それが面倒になってしまい途中で辞めてしまった人かと思います。゙


その労力と手間をほぼ完全にクリア出来るとなれば、
トレンドアフィリエイトの成功確率は格段に上がります。


またトレンドアフィリエイトの中でも、
「ターゲット」をピンポイントに絞り込みやすいい点で、
物販を主体にしたトレンドアフィリエイトは
更にこの手のキーワードリサーチツールには打ってつけです。


物販、トレンドアフィリエイトには興味が無いという人は
こちらを飛ばして次の講座にステップしても構いませんが
初心者層の人はまずここからスタートしてみてください。


キーワードスカウターSのようなツールがあれば、
その成功確率はかなり高くなるはずです。


それこそ「その商品を欲しい人」「欲しがる人」を
ピンポイントに集客していけますので、
さほど「売り込み」などをしなくても売上を上げられます。


この講座ではそういう「購買意欲の高い見込み客」を
キーワード集客していく戦略を解説しているという事です。


キーワードスカウターSを活用していく事を前提として、
私が以前ある商材の実践検証で結果を出した手法を
その商材顔負けのレベルで公開しています。


勿論やり方次第ですが物販アフィリエイトの集客戦略としては、
初月で5~10万くらいを目指せる即効性があるノウハウです。

※実践はワードプレスをお勧めしますが無料ブログでも問題ありません。


井上限定特典3:キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
        ~トレンドアフィリエイト・アドセンス編~


こちらは「グーグルアドセンス」を主体にしたトレンド系の記事投稿で
更に収入の幅を広げて頂けるアフィリエイト講座になります。


同じトレンドアフィリエイトでも「物販」を主体にする戦略と
「アドセンス」を主体にする戦略はキーワードの狙い方、
記事の書き方が少々ながら異なる部分があります。


また一見はクリック課金型のアドセンスの方が、
初心者には稼ぎやすいように思われがちです。


ですが、私の経験則、またノウハウの特性的には、
キーワードスカウターSのようなツールを利用するのであれば、
物販の方がある程度の成果を上げるのは「早い」と思います。


ただそこにアドセンスを主体とする記事を加えていく事で、
数カ月周期の長い目で見ていった際に、
アドセンスからの収入の方が
記事投稿を重ねるごとにじわじわと収入を上がってきます。


なので、初心者層の人はまず物販を主体としたトレンドブログを作り、
そこである程度の結果を出せて余裕が見えてきたら
そのブログにアドセンス広告を主体にする記事を追加していくか、
別にアドセンスに特化したブログを作成していく事をお勧めしています。


ただ、これは双方のノウハウや戦略等をご覧になって、
自分に合いそうな方、向いてそうな方のみを実践しても構いません。


やはり人には相性や記事の性質などによって向き不向きもありますので。


それこそ私的に「最も実践して欲しい」のは次の戦略ですから。


井上限定特典4:キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
        ~情報商材アフィリエイト編~

キーワードスカウターSのようなツールがあれば、
ある程度属性を絞り込んでキーワード集客を重視した
情報商材系のアフィリエイトでも十分に成果を出せると思います。


勿論、前項2つのトレンドアフィリエイトに比べれば、
情報商材系は多少なりと「ブランディング」や「売り込み」が必要なので
当然それなりに上級者層向けのノウハウにはなってしまいますが、
やはり最終的にはこちらにまでシフトしてもらいたいですね。


現に私は「情報商材系のアフィリエイト」で実績を積んで、
今はこのブログを3~4日に一度更新して、
稀にこういうコンテンツを提案していくくらいの活動で、
一般サラリーマンの年収を「月収」で稼げるようになっているわけですから。


意欲がある人はいきなりここから始めても構いません。


是非、これをスタートラインに、
アフィリエイトで生計を立てられるステージ、
そして私くらいのステージまで昇ってきて頂ければと思います。


以上、今回の特典は「ゼロの視点」講座を皮切りとした、
3つのアフィリエイト戦略を前提とした集客講座で構成されています。


価格帯は4980円と本当にリーズナブルなツールですが、
私の特典だけでもそれ以上の価値は
十分以上に感じてもらえるものになっているかと思います。


というか、何でここまで「手厚い特典」を、
この価格帯のツールに付けてしまったのか・・・。


ツールの出来が良かっただけに、
その辺りの損得勘定が完全に度外視になってしまいました(笑)


何にせよツールの精度、私の各特典コンテンツの完成度、
共に自信を持って推奨出来るものになっています。


良い意味で「価格に見合わないもの」を提供させて頂きますので、
是非、ツール、特典コンテンツ共に有効にご活用頂き、
あなたのアフィリエイター人生を大きく飛躍させるきっかけにしてください。


>キーワードスカウターS+井上太一特典講座

タグ

2014年12月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

アダルトアフィリエイトは本当に「初心者向け」なのか。

井上です。


何故かここ最近、たまたまだと思うのですが


“アダルトアフィリエイト”


についての相談や教材のレビュー依頼が続いたので、


「そういえば、アダルトアフィリエイトは取り上げた事無かったな」


と思い「アダルトアフィリエイト」について、
始めてこのブログで言及してみる事にしました。


ただ、私はアダルトアフィリエイトは「やっていません」。


理由は「自分には合わないから」です。


とは言え、市場の傾向や稼ぎ方や戦略などは
ある程度は理解しているつもりですし、
実際にアダルトで稼いでいる知人もいますので、
その辺りの実状や情報も含めてお話ししていきたいと思います。

アダルトアフィリエイトは本当に「初心者向け」なのか。


アダルトアフィリエイトの情報商材や教材は、
その市場規模から考えるとかなり少ない方だと思います。


もっとたくさん公開されていてもいい気がするのですが、
本当に世に出ている教材が数得るほどしかありません。


実際、アダルトアフィリエイトで稼いでいるアフィリエイターは、
アフィリエイター全体から見るとわりと多いはずですし、
それなりのノウハウを確立している人も多いはずなんです。


でも、それを「情報」として世に出さない理由は、


・戦略的に真似されると自分の収入が下がる

・アダルトアフィリエイターである事を実名で明かしたくない



この2つが大きいと思います。


そしてこの2点がアダルトアフィリエイトという市場を
そのまま表していると言ってもいいかもしれません。


要するにアダルトアフィリエイトは、
ある程度の戦略を立てて実践していくと、
わりと「誰でも」それなりの結果を出しいけるジャンルなんです。


努力、センス、スキルに左右される要素が
他のアフィリエイトより薄い傾向にあるんですね。


勿論これはあくまでも「ある程度」までの話であっても、
やはり月に何百万円を稼ぐようなステージにいくには
それなりの努力もセンスもスキルも必要になります。


ただ初心者が手始めて数万、10万円そこそことか、
それくらいの収入を目指していく分には、
その「手始めの目標はクリアしやすい市場」だと思います。


世間的には「トレンドアフィリエイト」なんかが
初心者向けとか初心者でも稼ぎやすいと言われていますし、
私もある意味ではその意見に賛同している部分もありますが
実は「アダルト」の方がその上をいっているところはあると思います。


理由は簡単です。


アダルト系キーワードは「探しやすく狙い易いから」です。


言ってみればアダルト系キーワードは
あらゆるキーワードが常に「トレンド状態」みたいなもので、
それが「探しやすく」また「狙い易い」んですね。


そういう意味では真面目にトレンドキーワードをリサーチして
記事を書いているのが馬鹿らしくなるほど、
簡単にキーワードを見つけて上位表示を狙っていけます。


要するにターゲットを「集客しやすい」という事です。


アダルトアフィリエイトで集めたいターゲットは
言うまでも無く、決まり切ってます。


「エロい男子」です。


というかほぼ全ての男子がエロい(笑)ですが、


“そういうものにお金を払ってくれそうな男子”


こそがアダルトアフィリエイトサイトのターゲットになります。


そしてそういう男子を意図して集客していくのは、
トレンド系キーワードの集客よりある意味簡単なんです。


なのである程度のレベルまでであれば、
アダルトアフィリエイトは実際に稼ぎやすく、
そういう市場なので本当に稼いでいるような人は
なかなかそのノウハウを世に公開したくないと思っています。


それがアダルトアフィリ系情報商材の少なさに現れてるんですね。


そしてそういうアフィリエイトで稼いでいる事を
あえて実名を公開してまで世に出したくない。


そういう人が多いのも当然の事かと思います。


仮に私がアダルトアフィリエイトで稼いでいても
間違いなく実名でその事は公にしたくないですもん。


ただ、結論としてアダルトアフィリエイトは
稼いでいる人は本当に稼いでいますし
集客やターゲットの狙い易さから、
初心者でも稼ぎやすいというところは一理あると思います。


あとはその市場への抵抗感云々が1つのハードルだと思いますが
そこに抵抗が無い人は手始めに狙っても良い市場かと思います。


下手に今からトレンド系のアフィリエイトを始めるより
アダルトアフィリエイトの方が手堅いところはあると思います。


とは言え、私があまりやる気がしないのは、
やはりアダルトアフィリエイトで実践していくべき事は
トレンドアフィリエイトに近いレベルの


「とにかく淡々とした記事更新の継続」


というところにあります。


まあ、アダルトアフィリエイトの場合は
月額動画サイトの紹介アフィリエイトなどで、
ある程度、継続した収入源を構築出来る優位性はありますが
それでも日々の作業の「張り合いの無さ」は否めません。


私はこういうブログで自分なりの考えや思考を凝らして


「価値のある情報の発信」


を前提として文章を書いて投稿していく方が好きなので、
やっぱりトレンド系やアダルト系のような
無機質な記事を日々書いて投稿していくのは性に合わないです。


まあ、アダルト系はそういう記事を書く事が好きな人には
決して「無機質な記事」には感じられないのかもしれません。


ただ私的にはとくに「自分が本心で伝えたい事」ではない情報を
日々、文章にして記事にしていくのはやっぱり苦痛なので、
アダルトアフィリエイトはやはりやる気にならないです。


「いやいや!アダルト系の記事なら幾らでも楽しんで書けますよ!」


という人は、それこそ適しているんじゃないかと思います。


もしくはそういう観点を抜きにあまり思考を凝らさず
淡々と無機質に記事を書ける人のどちらかですね。


アダルトアフィリエイト推奨教材。


今日の記事を読んで「アダルトアフィリエイトもアリかな」という人は
一応、アダルトアフィリエイトの教材としてはお勧め出来るものとして、
初心者向けと上級者向けの教材をそれぞれ紹介しておきます。


(初心者向けアダルトアフィリエイト教材)

Continuation Affiliate


(上級者向けアダルトアフィリエイト教材)

アダルトアフィリエイト~究極~


アフィリエイト、アダルトアフィリエイトの基礎知識はほぼゼロで
本当に1からという人はContinuation Affiliate。


多少の知識や経験、既に関連教材を1つは持っているという人は
アダルトアフィリエイト~究極~がお勧めです。


Continuation Affiliateは無料ブログのみで始められる、
完全なブログ簡潔型のシンプルで王道的なアダルト戦略教材で、
アダルトアフィリエイト~究極~はメルマガを連動させる、
かなり「戦略的」なDRMの要素を絡めたノウハウになってます。


私のアフィリエイト倶楽部などに参加されている人で
アダルトアフィリエイトもアリかな、、、という人は、
アダルトアフィリエイト~究極~などは
私のアフィリエイト倶楽部のノウハウを活かせる余地もあるかと思います。


ただこちらは本当に上級者向けなので、
まだアフィリエイトでろくに稼いだ事も無い、、、という人は
まずは「Continuation Affiliate」の方をお勧めします。


こちらでまずは月収10万円あたりを目指して、
それを達成してから次のステップでいいと思います。


まあ、あくまでもアダルトアフィリエイトという選択肢が
自分にとって「アリ」だという人は、、、ですけどね。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年11月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

どっちが稼げる?トレンドアフィリエイトか情報商材アフィリエイト(DRM)か。

井上です。


ここ最近、私のブログもどんどんコンテンツが充実して、
以前にも増してアクセスが増えてきているせいか、


“初心者目線の相談や質問”


を比較的、頻繁に頂くようになっています。


その中でもとくに多いご質問が、


井上太一アフィリエイト倶楽部への参加を悩んでますが、
初心者は井上さんが推奨しているイメージングアフィリエイトで
トレンドアフィリエイトから始めた方が良いのでしょうか?



というような質問です。


要するに私のブログを見て「アフィリエイトをやってみよう」という人が、
こちら2つの選択肢で悩まれているケースが多いという事ですね。


井上太一アフィリエイト倶楽部(情報商材アフィリエイト)

イメージングアフィリエイト(トレンドアフィリエイト)


確かに私はトレンドアフィリエイト系であれば、という前提では、
イメージングアフィリエイトの方を推奨しているのですが、


“井上太一アフィリエイト倶楽部とどっちがお勧めか”


という聞かれ方をすると、答えはどうしても
今現在の段階で私が行っているのは、


「DRMを主体とした情報商材のアフィリエイト」


なわけですから当然ですが、率直な回答は
「井上太一アフィリエイト倶楽部」という事になります。


ただ確かに情報商材のアフィリエイトや
コピーライティング(文章)を主体とするDRM戦略は、


「自分にはちょっと敷居が高い」


と思っている人が多いのも事実として間違いありません。


では「初心者は」どちらから始めるのが適切なのか。


また、どういう人がどちらの方向性が向いているのか。


その辺りについてを私なりの考えをお話しさせて頂ければと思います。

どっちが稼げる?トレンドアフィリエイトか情報商材アフィリエイトか。


まず、先程もお伝えしたように率直な回答としては、
私は現時点で情報商材アフィリエイトしかやっていませんし、
これまでの経歴的にもほぼ情報商材オンリーで稼いできています。


トレンドアフィリエイトは教材の再現性チェックで
それこそテスト的に実践するくらいで、
ある程度の有効性が見えた(もしくは見えない)段階で、
構築したブログは「サイトM&A」などで売り払ってしまっています。


要するに稼げる兆しが見えようと見えまいと、
どっちにしても継続的に「やる気」にはならないわけですね。


それこそブログやメルマガの「ネタ」として、
また教材のレビューの為に実践しているだけで、
それ以上の「稼ぐ」という目的では
ハッキリ言って全くやる気にさえならないわけです。


理由はどうせ文章を書いて投稿していくなら、
今の自分のブログやメルマガの方に文章を書いていく方が
あらゆる観点で遥かに効率的に稼いでいけるからですね。


まあ、これはあくまでも「稼ぎ」を目線にした話なのですが
それ以外にも私がトレンドアフィリエイトを
積極的に「やらない理由」がもう1つかあります。


それは「書いて行く文章が自分に合わない」という点です。


私は自分のブログやメルマガに書いているような
自分なりの考えやノウハウなどを文章にして、
自分なりに「価値がある」と思える文章を書いていくのは、
それこそ苦でも何でも無く、むしろ「楽しい」と思っています。


でもトレンドアフィリエイトで書いていく記事には
そういう楽しさが全く無く、むしろ「苦痛」しかありません。


ただ淡々とトレンドキーワードを狙って、
淡々と商品の紹介や芸能人のネタを記事にしていくのが
何といか「楽しくない」わけですね・


要するにそういった「無機質な文章」を書くのが苦手なんです。


まあ、厳密には「苦手」という事は無いんでしょうけど、
とにかくは「楽しくない」んですね。


だからトレンドアフィリエイト系の教材は初心者向きという事で
一応「イメージングアフィリエイト」を筆頭にお勧めしてはいますが
私自身は「検証」レベルで軽く実践したくらいで
それ以上のレベルで継続しては一切手を付けていません。


なので私はイメージングアフィリエイトのような教材は
初心者には向いている部分はあると思いますが、私は


「楽しんで実践出来ない」


という観点で決して「好き」ではありません。


ただ初心者層の人の多くは
ああいった「無機質な文章」を淡々と書く方が楽という人も多いので
そういう人には向いているノウハウだとは思います。


でも私はそういうタチではないので、
今のブログのような自分の考えや商材の批評などを行う


「価値のある情報発信を主体とするブログ」


で稼いでいるというわけです。


そのノウハウを体系化しているのが私のアフィリエイト倶楽部であり、
その推奨教材である「Copyrighting Affiliate Program」なんですね。


Copyrighting Affiliate Program


要するにイメージングのようなトレンドアフィリエイトか、
私のブログで行っているような情報発信を主体としていく、
情報商材アフィリエイトかを選ぶ基準としては、
初心者の人はとくに


「どっちが稼げるか。」


と言う観点では無く、


「どっちが自分に合っているか。」

「どっちが継続できそうか。」



で考えた方が良いと思います。


キーワードや商品の情報などをひたすら追って
無機質な文章を機械的に書いていく方が良いと思うか、
私のように自分の考えや学んできたノウハウなどを
自分の言葉で発信していく方が得意だと思うか・・・ですね。


「どっちの文章を書くのが自分にとって苦ではないか」


どのアフィリエイトをやっていこうか迷われた際は、
これを一度、冷静に自己分析してみた方がいいと思います。


一見は私の手法の方が大変そうに見えますが
無機質な文章を淡々と書いていく事が苦痛という人も確実にいます。


トレンドアフィリエイトで挫折しているような人は
大抵こういうタイプの人ではないかと思いますね。


現に私は完全にそのタイプで、
自分の考えを文章にする事は苦ではありませんが
書きたくもない記事を機械的に書いて行くのはどうも性に合いません。


そこはもう「適正」だと思いますので、
まずは自分がどっちに向いているかを自己分析してはどうかと思います。


でも井上さんのような情報発信が出来る自信がありません。


こういうご相談もわりと多く頂いています。


確かにその不安なお気持ちは十分に分かりますよ。


まだ実績も経験も知識も無い自分に、
価値のある情報の発信なんて出来るのだろうか・・・と。


ただ私のアフィリエイト倶楽部への参加を検討し、
「自分にも出来るか」と悩んでいる人に良く言っている事があるのですが


今の私のブログやメルマガを見て頂ければわかりますが
メルマガはほぼステップメール化した講座になってますので
ブログは3日に一度更新しているくらいです。


それでも月に200~300万は稼げているわけです。


仮に私にアフィリエイトの「センス」があったのだとしても
私の10分の1くらいは普通に「出来る」と思いませんか?


それでも月に20~30万円になるんです。


少なくとも私のブログの更新頻度は3日に1回くらいです。


記事を書くのに要している時間は1時間ちょっとですよ。


つまり私は3日に1時間しかアフィリエイトに時間を使ってないわけです。


私よりセンスが無いと思うなら
私の10倍やることだって可能だと思います。


それでも1日3~4時間です。


私の10倍やって月に200~300万だとしても十分ですよね?


仮にその結果も10分の1の月20~30万だとすれば、
労力と収入を考えれば私の100分の1ですよ?


私の100分の1くらいの結果は幾らなんでも出せると思いませんか?


100人がかりで私の3日に1時間の労力に適いませんか?


幾ら何でもそれは100%ありえないと思います。


まあ、だから頑張りましょうという話です(笑)


どっちにしてもやってみなければ結果なんてわかりません。


もしこれでやらずに諦めてしまった場合、
もしやっていたら大成功できていたかもしれないんです。


少なくとも私のアフィリエイト倶楽部の参加費用は
コンテンツ一式を手にするレベルならたったの9800円です。


人によっては経済的に大変な状況にあるかもしれませんが
それでもちょっと節約等で捻出できる額だと思います。


逆にそれさえ本当に厳しい経済状況にあるなら
それこそ死ぬ気でそんな状況は抜け出さないと駄目です。


それが出来るノウハウ、方法、環境はこうして
目の前に広がっているインターネットの世界に広がっているのですから。


いずれにしても9800円程度の出費で人生は狂わないと思います。


それくらいのリスクならちょっとくらい背負ってみましょうよ。


ダメでも人生が悪い方向になんていきませんから。


まあ、実際はうまくいくまで頑張ればいい話だと思いますけどね。


何にせよまずはチャレンジしていく事。


行動していく事が大切です。


それをしなくなった時点で、それこそ「終わり」ですからね。


実際に私のアフィリエイト倶楽部では
本当にど素人レベルの状況から月収にして5万、10万、20万・・・


更には100万円単位の実績を出してきている人も出て来ていますから。


それくらいは今の私の10分の1、
労力によっては100分の1の結果でもイケるんですからね。


これくらいの収入を稼げないはずがないんです。


そういう意味でもゼロからのスタートを切る方こそ、
私の提案しているアフィリエイト倶楽部の環境は
成功への最速、最短のルートであると自負しています。


私もネットビジネス、アフィリエイトの世界は
ある程度、いつでもサポート等で相談が出来る人を見つけ、
困ったときはその人に相談しながら進めてきました。


一人では悩んだり躓く事も多いものですが
そういう人が一人でもいてくれるだけでも
ビジネスの加速度は全く違います。


私でよければそんな相談相手になっていきたいと思っています。


そしてそれくらいのコンテンツと環境は用意してるつもりです。


よろしければ是非、一緒に頑張っていきましょう!


井上太一アフィリエイト倶楽部


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年7月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト総合

このページの先頭へ